私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

掲示板 2003年3月分過去ログ (46〜74)

2003年03月31日 23時13分06秒 | 掲示板過去ログ2003年分

74.対中ODA、累計で2兆9504億8900万円
名前:forest 日付:3月31日(月) 23時13分
対中ODAの本年度分は1212億1400万円であるそうです。核兵器を保有する軍事大国中国になんで巨額な援助を継続するのでしょうか。昭和47年に日中国交正常化を成し遂げた、当時の田中角栄首相は、中国側が、戦争の賠償を放棄する代わりに、約10兆円の経済援助という名の賠償を約束したという噂があります。今までの対中ODAは、累計で約3兆円ですから、残りは7兆円です。これからも中国は感謝もせず援助を当然のように受け取るでしょう。


73.Re:爆撃能力について
名前:forest 日付:3月29日(土) 13時54分
18の若造さん、管理人のforestです。
私の主張 第165号北朝鮮のミサイル攻撃に座して死を待つのか
~政府は発射基地攻撃兵器の保有を検討せよ~
という少し過激な主張を書いてしまいましたが、北朝鮮ミサイル基地攻撃能力を自衛隊が保有して来なかったとうことより、その保有を妨害し、検討すらさせなかったのは誰かという問題をマスコミは報道しません。
戦闘機の爆撃照準装置を外させ、空中給油機導入にも反対してきたのは誰でしょうか。昨日28日に打ち上げに成功した情報収集衛星へも反対しているのは誰でしょう。このように、北朝鮮が喜ぶようなことばかりしてきた輩に、日本の安全は脅かされてきたのです。左翼と反日日本人の罪は万死に値します。

18の若造さんは、大学に入学されるそうですね。遊んでばかりいないで真面目に勉強してくださいよ。では、またの書き込みをお待ちしております。


72.爆撃能力について
名前:18の若造 日付:3月29日(土) 2時18分
「私の主張」にありました北朝鮮ミサイル基地攻撃能力についてなんですが自衛隊勉強家としましては防衛庁長官の発表後のマスコミのあの何で攻撃能力もってないんだ!発言に一言。貴様らいまさら何を言いうとんや!お前らのせいやろうが!侵略兵器の要素が強いとかほざく社会党の話にのったのはお前らやろうがゴラァ!
すいません感情的になってしまいました。爆撃能力を加えることはさほど難しい話ではありません。まあ空中給油能力すらいまの所有している機体にはないようですから。それでもやっと空中給油機導入らしいです。今までなかったほうが驚きですが。最近左翼が我慢できないほど気にさわります。まず爆撃するべきはあいつらの頭上では・・こんな感情的な事を掲示板に書くのは無礼なのはわかっていますがもう大学に入るのでしばらくはお邪魔できませんので一発思いをはかせていただきました次第です。


71.若造のゴー宣の感想です
名前:18の若造 日付:3月29日(土) 2時0分
実はゴー宣の戦争論を呼んだ時感動したんです。しかし最近小林氏とは意見が違っています。やはり対米の考え方でしょうか。保守紳士さんと同様で私は対米重視というか残念ながらアメリカ抜きでは日本はなり立たないという考えの持ち主でして。教師になりたい身ながら自衛隊が好きでいろいろ本を読んでいるのですが軍事面だけを見てもアメリカ抜きでは笑ってしまうほど日本はなにもできません。話題のイージス艦もF-15もその他兵器は必ずアメリカが核となるシステムを握り自衛隊の所有物にもかかわらず解析分解修理もできません。それはそれで正直腹も立つんですがスパイ防止法もない国に簡単に国家機密を渡すわけにもいかんわな、と社会党その他左翼も恨みつつ、話がそれましたが軍事面でも日々のアメリカ本土での練習場提供、さらに共同訓練、日本が知り得ない情報などアメリカの貢献は非常に大きいものがあります。貿易も言うまでもなく。小林氏の感情論だけの漫画はもうたくさんです。しかし保守紳士さんが漫画から抜粋してこのページにのせておられましたが漫画抜きにすると間抜けですね彼の持論は(笑)


70.イラク攻撃は正当である
名前:保守紳士 日付:3月28日(金) 23時38分
以前に書いた「反米保守派の管理人」とイラク攻撃について論争していますが、この管理人氏は今回米国がイラクへ行った「予防攻撃」、つまりイラクが大量破壊兵器を多数、あるいは核を保有してしまう前に攻撃することを強く批判しています。管理人氏曰く、「イラクは確かに国連決議を無視し、国際法に違反してきた。しかし、だからと言って米国もまた国連決議もなしに攻撃し、フセイン政権転覆を目的とした攻撃を行うような国際法違反を容認することはできない」と。

しかし、以前にでじゃ・ぶさんが「イラク攻撃は国際法と国連規約違反か?」という書き込みで述べていたように、すでにイラクは幾多の国連決議を不履行しており、特に決議1441は「もし違反した場合、深刻な結果に直面することになるであろう」とあるのですから、こうしたことからもイラク攻撃の理由になるでしょう。

それとも管理人氏はイラクが国連決議無視・国際法違反をしており、さらに大量破壊兵器を多数隠し持っていると知っていても、米英は査察の継続を容認し、武力行使容認の国連決議を待ち、さらに国際法違反の予防攻撃をしてはいけないというのでしょうか。イラクと関係しているテロ組織に大量破壊兵器が渡り、使われてしまってからでは遅いのです。


69.ゴー宣読みました
名前:ナベ 日付:3月28日(金) 9時44分
 保守紳士さん私も読みました。ご指摘の通り酷いものでした。副島氏からの吹込みを素直に受け入れているのでしょうか?話が飛躍しすぎていて「何でそうなるの」と問い返したい程のものです。

 イラクや北朝鮮内部の実状を知ったら取敢えずの解放望むのに何の理屈も要りません。戦争の犠牲者よりも見えない所で多くの国民が消されています。それに思いを馳せられない幼い人達が多すぎます。


68.トンデモ「新ゴーマニズム宣言」(2)
名前:保守紳士 日付:3月28日(金) 4時41分
>はっきり言ってやろう。
>今のアメリカはカルト集団に政権をのっとられたようなものだ!
>
>そしてアメリカのマスコミは権力をチェックする機能を
>放棄している。
>なんとなればアラブ諸国のすべてをテロ支援国家とみなして
>先制攻撃できる現政権の危うさを検証できない。
>9・11同時多発テロによって恐怖を飢えつけられた国民は
>マインドコントロールされやすい。
>恐怖のイメージで心理操作するのはオウム真理教で見た通り、
>カルトの手口だったではないか!

これほど米国に対する口汚い言い草は、今まで見たことも聞いたこともありません。仮にも一国の国民が「マインドコントロールされた」などとはどういう思考をすれば出てくるのでしょうか。

>日本はアメリカを明確に支持した。
>そのリスクを政府は国民に説明したか?
>
>アラブの原理主義グループのテロの標的になるリスクを!
>今後、中東で起こすアメリカの戦争のすべてを支持しなければ
>ならなくなったというリスクを!

これって、日本国民に「アメリカに追従するとこうなるぞ!」という脅しのつもりでしょうか?

>アラブ社会の敵となるリスクを背負ってでも、
>北朝鮮の脅威がある限り、日本はアメリカに従うしかないと
>考える者にはこう問うてみたい。
>
>北朝鮮が挑発行為をすると、最も得をする国はどこか?
>案外、アメリカではないのか!?
>
>不思議なことにアメリカは、年内に北朝鮮に、10万tの食糧支援を
>行うことになっている。
>イラクよりははるかに危険な国に、なんて優しいんだ、アメリカは!

核兵器を保有している北朝鮮が挑発をしたら、米国が本気で喜ぶと思っているんでしょうか。それに北朝鮮に食糧を送ったりしているのは、イラク問題や日韓との連携が取れないことが理由にあります。

そして、いざ朝鮮有事が始まった場合、北朝鮮が日本と韓国を攻撃して両国に甚大な被害が出て、それから米国が自軍の損害を最小限に留めて空爆すると述べてこう続けます。

>まず、韓国と日本が犠牲(いけにえ)にならなければならない。
>それが今、日本の保守派が言っている「国益」の正体である!

どうしてここまで話が飛躍するんでしょうかねえ…。

>ならば日本はどうすべきか?
>そんなことは、もし日米同盟がなかったとしても、
>まさか日本人が絶望して、ただ滅びるのを待つだけに
>なるわけないのだから、打つ手は考えつくはずだろう。

そうだといいんですが、現状ではまず無理でしょうね。そのための日米同盟だというのに、小林氏はそこがわかっていない。

>わしが考えついても公表するはずがない。
>敵に読まれたら意味がなくなるからだ。

あれだけえらそうに言っておいてこれですか。無責任極まりないですね。親米保守派をあれだけ馬鹿にしたんだから、せめてご自分の意見をはっきり言ったらどうですか。

>「国益」の前には正義もなく、善悪もなく、道徳もない…
>ただ強者の言い分のみを丸呑みで信じていろとは、
>日本の保守派もよく言った!

新米保守派はそこまで言ってましたっけ?

>わしはリスクを考えもせずに、冒険に出る者たちを
>「保守」とは思わない。
>それはやっぱり「ポチ・保守」である。

じゃあ彼にとっての「保守」って一体どういうものなのでしょうかね?ぜひとも聞いてみたいものですよ。

そして最後にはお決まりの「ごーまんかましてよかですか?」と言い、

>「保守」とはもっと、したたかで用心深いものだと思う。
>勇ましいようでいて、アメリカ頼み一辺倒で、自前の戦略も
>考えないようなバカが「国益」など言う資格はない!!

「ただ感情的に反米を叫んでいるあんたこそ「国益」などと言う資格はない!」と言いたいですね。


67.トンデモ「新ゴーマニズム宣言」(1)
名前:保守紳士 日付:3月28日(金) 4時37分
『SAPIO』4月9日号の「新ゴーマニズム宣言」第180章「中東「民主化」が日本の「国益」だって?」を皆さんご覧になられたでしょうか?大体予想はしていましたが、まさかここまでヒドイとは…。

以下、気になった箇所を引用します。

>ブッシュとその政権を支えるネオコンと呼ばれる新保守主義の
>グループは、これから歴史の展開を加速させ、
>猛烈なスピードで書き換えていくつもりなのだ。
>中東の「民主化」ドミノ理論によって!
>
>チェイニー副大統領、ラムズフェルド国防長官らが、
>このネオコン=ネオ・コンサバティブ=新保守主義の連中で、
>「外交」でなく「武力」で世界秩序を打ち立てようと考えている。
>このネオコン派が反アラブでイスラエル・ロビーなのだ。

副島隆彦の影響でしょうか。出てきましたよ、反米保守お決まりの「ネオコン」が。しかしこの新保守主義ネオコンって、そんなに危険なものでしょうか。反米派の連中が「危険だ、危険だ」と煽っているように思えますが…。

>アメリカの中東変革のための戦争によって、一番得をするのは、
>もちろんイスラエルである。
>
>最近では、アメリカに3000万人いるという
>キリスト教原理主義者が、ハルマゲドンを待望して、
>強烈にイスラエル支持になりブッシュ政権のネオコン派と
>結びついているらしい。
>ブッシュ大統領自身もキリスト教原理主義者である。
>
>石油メジャーと武器産業とイスラエル・ロビーが今の
>ブッシュ政権を突き動かし、中東「民主化」戦争を開始したのだ!

「ネオコン」の次は「石油メジャー」「武器産業」、おまけに「キリスト教原理主義者」ですか…。しかも彼らが「ハルマゲドンを待望している」って?妄想もいい加減にしてほしい。

で、この「キリスト教権利主義者」とはどういうものなのか?小林は欄外でこう述べています。

>キリスト教原理主義者の主張では、イスラエルとアラブの戦争が
>ハルマゲドンとなり、その結果、イスラエルのユダヤ人の
>3分の2が死ぬ。残りの3分の1はキリスト教に改宗する。
>その時、イエス・キリストがこの世に復活して千年王国が実現する。
>この教えを本気で信じて、キリスト教原理主義者は今、
>熱烈なイスラエル支持となっている。

…もう何も言うことはありません。本当に大丈夫なのでしょうか、小林氏は。そう言えば、「原理主義者」と聞いて思い出しませんか?そう「あの9・11同時多発テロを起こしたアルカイダの「イスラム原理主義者」です。あの時、小林氏は必死になってイスラム原理主義者を擁護していました。イスラム原理主義は良くてキリスト原理主義はダメ、というのは見事なまでのダブルスタンダードですね。


66.テンポさんへ
名前:forest 日付:3月27日(木) 21時7分
書き込みありがとう。forestです。イラクに行ったNGOのジャミーラ高橋という「人間の盾」の連絡役が、今朝のテレビに出ていましたよ。名前を見ても、男か女か分かりませんでしたが、尼さんのような格好をしていた女性でした。でもテレビでは、言っていることが新聞と違っていて「イラクに人間の盾として残ることにします」と言っていました。それはおそらく、他に人間の盾として残るとテコでも動かない人がいるので、自分だけ先に逃げる訳にはいかないからでしょう。残るのは当たり前ですよ。

外務省は、人間の盾がイラクから脱出する時は自動車を提供するようなことを言っていましたが、危ないからほっとけば良いのです。
そういえば、真紀子・宗男騒動の時にテレビに出た大西某なる太った男はその後どこで今何をしているのでしょうかね。NGOとは、良いことをしているとは思いますが、中には怪しい輩や日本政府に迷惑を掛ける輩がいるようです。そんな輩にも外務省は補助金を出しているのでしょうかね。非政府組織なんだから、日本政府の援助や補助金などあてにしないで活動しなければ尊敬されないでしょう。


65.管理人さんへ
名前:テンポ 日付:3月27日(木) 11時24分
おはようございます。
トップページのコラムを読みましたよ。

そうですか。「自ら進んでイラクへ赴いたはず」の人達がそんな事を言っているとは。
まさに、僕が前レスで言った「NGOには怪しい輩がいる」との言葉どおりですね。
思い出せば、あの”真紀子・宗男騒動”の渦中に登場した大西某なる人物が率いた組織も、その名前とは裏腹に外務省となにやら関係があった様ですし。

「非政府組織」を掲げつつも、いざ困った時にはお上頼みの輩が”幼稚”なのか、それともそんな輩に手を差し伸べようとする政府、いや外務省がアホなのか・・・・?

どっちもどっち、ですよね。


64.在日イラク人はフセイン打倒を支持?
名前:forest 日付:3月25日(火) 22時12分
管理人のforestです。米英両軍はイラクの首都バクダッドに迫るにつれて、激しい戦闘により米英両軍の戦死者や捕虜数が増えているようです。その映像が世界に流れることは、このイラクの武装解除に向けた戦いに影響を与えることが危惧されます。
しかし、戦死者が出たからと言っても、ここで戦闘を中止する訳にはいかないだろう。ここで攻撃をやめて撤退したら、大量破壊兵器を保有するフセイン独裁政権が存続することになります。
マスコミは、反戦反米運動を煽るような報道ばかりしないで、イラク国民は、フセイン独裁政権のままで良いのか。あるいは打倒してもらいたいのか。すでにイラク国外に逃れた人から、フセイン独裁政権はどんな政権であったのか。米英両軍の武装解除に向けた攻撃をどう思っているのかなど聞いてもらいたいものです。
一部マスコミは、在日10年目のイラク人の「米英両軍のイラク攻撃に反対していない。フセイン独裁政権を早く打倒してもらいたい」との声を取り上げていましたが、それがバランスある報道と言えるのではないでしょうか。


63.サイレントマジョリティは健全だ!
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月25日(火) 15時7分
イラク攻撃に対する読売新聞の世論調査の結果によると以下の通りです。

【読売新聞社が22、23の両日実施した全国世論調査(面接方式)によると、日本政府がイラク戦争で米国を支持していることについて、「当然だ」は12%、「やむを得ない」は64%で、政府方針の容認派は合わせて76%に上った。「納得できない」は22%だった。】

イラク攻撃容認派が76%とは驚きました。
読売、産経以外は全てのメディアがヒステリックに反対を叫んでいる現状で、ここまでの高率になるとは思いませんでした。
日本のサイレントマジョリティの健全さが分かる数字です。
決して好戦的なのではなく、日本の将来を現実的に直視しているのです。
この勢いを、日本の再生に一気に結びつけたいものです。


62.保守論者は一致団結して現実論の先を延べよ。
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月25日(火) 14時23分
小林ヨシノリのゴーマニズムを連載しているSAPIOは小生の愛読雑誌の一つです。

皆さんが指摘される通り、このところの小林ヨシノリはチョット脱線気味ですね。大方の日本人は若い頃は皆、左翼的心情を有していました。彼が言うところの「純粋真っ直ぐ君」であり、人としての成長過程とも言えます。

バリバリの保守的論者も若い頃はなにがしかの左翼思想心情がありました。
しかし、少しでも日本の心を持ち、父祖への労りと哀惜(愛惜)の情が有る者は、早い時期に左翼の欺瞞性に気がつき保守的思考を身につけました。
その上で、日本人としてアメリカに屈折した思いを抱くのも、又当然です。
それが「アメリカ憎し」に昇華してしまったのが小林ヨシノリの現在でしょう。

日本の将来を考えたときに、アメリカに対して現実的な対応を以て処するか、「アメリカ憎し」の情念でアメリカを否定し精神論に逃避するか、のどちらかというのが、今の保守論壇の状況です。小林ヨシノリの論が後者で有ることはご承知の通りですが、なにやら彼自身、袋小路に迷い込んだ感じです。

本来、彼の主張は単純で分かりやすく、日教組に洗脳された若い人たちには日本を考える良い入門書ですので、日本原理主義から軌道修正して現実論をも大切にして欲しいものです。

一方、アメリカとの関係を現実論で処する保守の論者にも食い足りない物が有ります。それは、現実論がどこまで有効かという論点です。北朝鮮だけが敵ではありません。その先には中国という大きな敵が控えており、かつ、アメリカが常に日本に都合良く動いてくれるわけではありません。
彼らには、アメリカの思惑に一喜一憂せずに済む「自己完結」した日本を具体的に論じる責任と義務がありますが、未だに腰が引けた論しか出来ていないと言うのは、小林ヨシノリと五十歩百歩だと言わざるを得ません。


61.妾の連れっ子
名前:ナベ 日付:3月25日(火) 10時8分
 私も小林氏のゴーマニズム宣言から現在までづーと読んでいますが氏の思想的な遍歴は解る様な気がします。当初は戦後民主主義の教育を受け、どこにでもいるような心情サヨクの青年でした。それが日本の近現代史を勉強してくると、戦前、戦中、戦後とアメリカが日本にした悪行の数々を知ることになり、「アメリカ許せねー」となったようです。
 このヒガミはまるで妾の連れっ子のようです。私にもそのようなことは多少ありますが氏はそれが激しいのです。
 現在の氏はサヨクに帰ったと言うよりも「極端に心情的なアメリカ嫌い」と言うべきでしょう。私としては戦略のない氏を見て困ったもんだと思っていますが、そのうちコロット憑物が落ちたように現実に目覚めるのではないかと期待しています。
 この「極端に心情的なアメリカ嫌い」さえなければ面白いモノを描いていて、期待しているのですが。


60.Re:9.11同時テロ以後について(古鷹さんへ)
名前:保守紳士 日付:3月25日(火) 2時16分
全くおっしゃる通りです。一昨年の同時多発テロ以降この「ポチ保守」は小林氏の常套句になっています。彼の反米への執念はもはや理解できませんね。

小林氏と西部氏が左翼からの転向者とのことですが、西部氏は学生運動にも参加したバリバリの元左翼であり、小林氏もまたかつては戦後民主主義的な思想を持っていた「サヨク」でした。ですから、私はこの両名の今回の反米を「社民党の先祖帰り」と呼んでいます。かつての旧社会党は村山内閣になって与党になった時、それまでの政策を転換して自衛隊容認、日の丸・君が代容認、原発容認になりましたが、再び野党になるとまた元に戻ったからです。「三つ子の魂百までも」とはよく言ったものです


59.「反米保守」って・・・・?
名前:テンポ 日付:3月25日(火) 2時14分
表題の通り、こちらでは最近K林YのりやN部進に代表される、「反米保守」なる存在が話題になっている様ですね。
それについて、僕からも一言言わせてください。

最近の彼らは、事あるごとに「アメリカに従属するのか?」といった意味の言葉を口にします。
彼らは、我が国の選択を「アメリカの選択を支持する=アメリカ従属」という、そんな狭い視点でしか考えられないのでしょうか?

こちらの常連の皆様には既におわかりのことでしょうが・・・・
我が国があえてアメリカを支持した背景には、「やがて来る朝鮮半島をめぐる危機に対応する国家戦略」としてのアメリカ支持、少々口の悪い言い回しでは「我が国の安全保障の上で、アメリカを最大限に利用する」といった、そういった選択でしょう。
つまり、別にアメリカに平伏したのでも、ましてや脅かされたものでもない。
国際社会の冷徹な現実を見据えた上での、最善の選択である。
当然ながら、この「反テロ戦争」にかかる負担を、アメリカ一国で賄うのは難しいだろう。
それゆえの自衛隊や、あるいは赤十字社等の公的組織(NGOは怪しい輩も居るみたいなので除外)による、出来る限りの支援を行う。

それが、我が国にとっての国益となるはず。
僕はそう思っています。

僕が思うに、「反米保守」(左翼連中はもう放っておく)の連中は、「結局はどう頑張ったってアメリカには勝てないんだわさぁ~」と言った、ひがみ根性に支えられているのだろう。
そんなアメリカに、ちょこちょこと苦言を呈しては、自己満足(某2ちゃんねる辺りではもっと辛辣な表現であろうが・・・・笑)にひたっているのだろうな。

ここで、話は変わります。
最近の反戦ムーブメントに乗っかって、我が国でも有名アーティストやスポーツ選手が相次いで反戦メッセージを出しております。
しかし、どれほどの人達が、今現在我が国の置かれた状況を真剣に考えているのでしょうか?
彼らに熱狂している多く(恐らく若者だろう)の人々がそのメッセージを鵜呑みにして、安易に反戦に走る事を心配しています。

追伸:>とんび様 勇気ある内部告発をありがとうございました。

我が国のキリスト教勢力も、実は反日活動の巣窟である所が多いみたいです。
時の首相の靖国神社参拝にも、反対運動をしているようですし。
どうやら、彼らの動向にも眼を向けなくてはいけないようですね。


58.Re:保守紳士さんへ 反戦論者への踏み絵(でじゃ・ぶさんへ)
名前:保守紳士 日付:3月25日(火) 2時5分
でじゃ・ぶさん、遅レスながらありがとうございます。

この12問の質問事項、なかなか素晴らしい出来ですね。ぜひとも反米派にぶつけてみたいものです。答えるのに苦しむ様が浮かんできます。


57.FMわぃわぃのこと
名前:とんび 日付:3月24日(月) 23時37分
(テキストの色指定をミスした為再投稿させていただきます)
リアルオーディオのURLしか載せていませんでした。
FMわぃわぃの公式WEBサイトはこちらです↓
http://www.tcc117.com/fmyy/

特に反日色が強い番組は、
平日の正午~14時の「のれからチャチャチャ」(在日+日本人担当)、
火~金曜日の22時~23時半の「LIVE IN NIGHT」(この番組の出演者は
すべて反日サヨクの日本人です)、
日曜日20時~22時の「ヨボセヨ」(在日+日本人担当)
主だったところはこのくらいです。
日本語やハングル以外にも英語・中国語・ポルトガル語・
スペイン語など計8言語で放送が行なわれています。

「多文化・多民族共生の実現」という大義名分が
反日思想に摩り替わっていったのがどうにも居たたまれません。
http://lunatic_express.tripod.co.jp/


56.とんびさん、初めまして
名前:forest 日付:3月24日(月) 22時18分
とんびさん、管理人のforestです。ゲストブックに続き、掲示板へもご訪問いただきありがとうございます。「FMわぃわぃ」とう反日放送局があるとか、RealPlayerで聞いてみましたが、オンエアーは午前8時から午前0時30分までと表示されますね。でも韓国・朝鮮語か分かりませんが、日本語放送でないので理解出来ませんでした。こんな放送局が神戸に本当にあるのですか。でも日本語でも放送する時間はあるのでしょう。それは何時ころですか。
同時多発テロの頃から反日・反米路線が強調され、石原都知事の三国人発言の時には抗議の為の番組を作ったとのことですが、在日の人で組織されたメディアとは言え、そのような番組や構成の放送が日本の公共の電波を使い、この日本で流されているとは驚きました。これからPCをやっているときは、放送を聞いてどんな反日・反米路線がどんなものか確かめます。とんびさん、ありがとう。


55.こちらでは初めまして
名前:とんび 日付:3月24日(月) 21時29分
いきなり本題に入らせていただきますが、以下は内部告発です。
私にとって最も身近にある、露骨に反日・反米感情を滲ませた
ラジオ局が神戸にあります。

悪名高きニュースステーションや筑紫哲也ニュース23で
過去に生中継され、今年の1月17日の阪神大震災の時に
現場で佐古アナがレポートした「FMわぃわぃ」という所です。
この放送局は代表が教会の神父で、ゼネラルマネージャーや
プロデューサーが在日という、とても日本のメディアとは思えない
組織で構成されています。

平日の正午から午後2時に掛けては在日の為に韓国・朝鮮語と日本語で
生放送を行なっており、反日プロパガンダが平然と流されています。
しかも厄介な事にインターネットでもストリーミング放送をし、
北朝鮮向けの暗号を放送しているのか?と思えてしまいます。
http://www.jp.real.com/fm-yy/fmyy.ram

同時多発テロの頃から反日・反米路線が強調され、
石原都知事の三国人発言の時には抗議の為の番組を作ったくらいです。

なぜ内部告発なのかと言いますと、私もここでスタッフとして
活動していた(過去形)のです。私にはとても居心地の悪い場所でした。
もしもこの放送を聞く事が出来ましたらご感想をお聞かせください。
http://lunatic_express.tripod.co.jp/


54.Re:保守初級さん、はじめまして
名前:forest 日付:3月24日(月) 20時27分
管理人のforestです。初めまして、よろしくお願いします。小林よしのり氏が反米になってしまったことは、せっかく良い本を書いていたのに、これでは親米保守派から嫌がられることでしょう。
私も小林氏の戦争論や台湾論などを読んで、たかが漫画とは言え感銘を覚えたものです。しかし、小林氏がどうして感情的な反米論を繰り返すようになってしまったのか真意は良く分かりませんが、左翼からの転向した人であるそうですから、一度左翼思想に染まった過去がある人は、そんないい加減なものなのでしょう。
そんな訳で今では小林氏の著書は読んでいません。、

それとも、小林氏が一度保守派になったことは芝居であり、自らの著書を読んだ多くのファンを集めて一度保守思想に染めた後、そのファンを最終的に左翼思想にするための策謀であったのではないかとも考えられます。一度小林氏のファンなれば、小林氏の言うことだからとその主張を信じてしまうでしょう。今、イラク攻撃反対の反戦反米デモを繰り広げている人の中には、小林よしのり氏の反米作法を読んで、その気になった人もいるかも知れません。


53.こんにちは
名前:東海寒市の一市民 日付:3月24日(月) 3時59分
 イラクの市民はかわいそうです。
しかし、この戦争の責任は、イラク国民も含めて
中東の石油に利害のある皆がおうているのです。
もちろん我々、日本人も含まれるのです。
無責任に非難しておればよい物ではありません。
アメリカの判断が最善とは限りませんが、他に手だてが無ければ、
仕方ないじゃあないですか。
http://izumo.cool.ne.jp/cityproblems/


52.はじめまして。
名前:保守初級 日付:3月24日(月) 3時19分
はじめまして。拝見するだけにしようと思ったのですが、BBSのギリ番(700)だったので書き込ませていただきます。まだまだ弱輩者ですがよろしくお願いします。
私は小林よしのり氏のファンですが、今回のアメリカの行動は支持しております。戦争は必要悪です。特に独裁者に対しては容認されるべきでしょう。小林氏も反米の確認だけして対イラク戦争賛成を表明してくれれば良かったのにと思っています。
ファンサイトの方も感情的な反米が目立ちます。そんな中で古鷹さんの冷静なご意見に何度もうなずかされました。
結局何言いたいのか分からないような書き込みになってしまいましたが、これからよろしくお願いします。


51.ご参照にしてください
名前:古鷹 日付:3月23日(日) 22時24分
船橋洋一の世界ブリーフィングより
(今日の現状を怖いくらいに既に見据えております。)
題して[ 週刊朝日2001年11月16日号 ]
米国同時多発テロ緊急特集記事
最上の復讐は冷たい皿に持って出す背後のイラク

http://www3.asahi.com/opendoors/span/syukan/briefing/special/sp008.html


50.反米保守派は左翼に転向したのか
名前:forest 日付:3月23日(日) 22時21分
米国のニューヨーク貿易センタービルにハイジャックされた旅客機が突入するという、いわゆる9.11同時テロの後、そのテロ組織掃討のためアフガニスタンを攻撃した米国を非難する人が、いわゆる保守派と称する人々の中からも湧き上がりました。そのような人々が今回の米英軍のイラク攻撃にも反対し、反米反戦運動を繰り広げているケースもあるようです。

以前から反米反戦運動を繰り返していた左翼の輩は、同じ仲間が増えたと喜んでいることでしょう。今日、日本各地では、イラクへの米英軍の武力攻撃に反対するデモ(少数ですが)が行われており、マスコミは、もっと参加者が増えるように盛んに煽って米国の戦争に反対するようにし向けていますが、なかなか成果は上がっていないようです。

イラクへの米軍を中心とする武力行使も、ただ「戦争が嫌いだ」「市民が被害にあうのは可哀想だ」との考えで反戦反米運動をすることは、サダムフセイン独裁体制を存続させることだと気づいていないのです。
小泉首相はイラク問題で、日本の国益と日米同盟の重要性を考え米国支持すると明言しています。戦争より平和が良いに決まっていますが、では、ヒットラー、フセイン、金正日などの独裁者に対し、宥和政策だけではその要求を呑まされるだけです。要求に屈することで平和が保たれればそれで良いのでしょうか。イギリスのチエンバレン首相の台頭するナチスドイツのヒットラーへの宥和政策が、あの第2次世界大戦を招いたことは歴史的事実です。

ですから、ブッシュ大統領から「悪の枢軸」と名指しされたイラクや北朝鮮を、このまま放置することは、世界的な戦争に至らないまでも、大量破壊兵器を持ったテロリストが世界中に拡散するという事態を招きかねません。「戦争より平和が良い。市民を犠牲にするな。アメリカの武力行使反対」と言って、反米反戦運動を繰り広げている人々は、独裁者サダムフセインが率いるイラクが核や大量破壊兵器を保有することを容認しているのと同じです。

「戦争は多くの人が死ぬので反対だ」「正義の戦争などない」と言って、戦争と名がつけば、どのような戦争であっても反対しようというのであろうか。
どのような戦争であっても反対という考えが保守派と称する人々の一部からも出ていることは残念であり、なぜ反米・反戦になったか理解に苦しむところですが、イラクの次には悪の枢軸北朝鮮が控えていることを忘れて欲しくなく、そのような反米反戦を唱える保守派論者は、北朝鮮の脅威から日本単独では国を守れないことにどう対処しようとするのか。そんなことは考えていない発言であったとしたら、もう彼らは自らを保守派と称して欲しくないし、すでに左翼に転向したと思わざるを得ない。ですから、日本の国益と日米同盟の重要性を考え、米国を支持する親米保守派を批判することは許し難いと言わざるを得ません。

(この文はサイトの今日のコラムにも掲載してあります)


49.9.11同時テロ以後について
名前:古鷹 日付:3月23日(日) 21時33分
古鷹です。小林氏が9.11後、親米保守派を、米国の犬として「ポチ保守」と呼んで蔑んでいることはご承知のとおりです。
この米国に対するテロを彼は、神風特攻隊の如くなぞらえ「アイデンティティの戦い」であると賛美し我国の保守を批判する態度は承服できない点があります。
曰く、まず第一に、テロの容認は、世界平和にとり絶対に容認できません。
そして第二に、神風は国家間の正式な戦争行為の中で已む無く行なわれたものです。更に第三として、テロを行なった彼等は己が神に召されるという利己主義に根ざしているのに対し、神風攻撃は、あくまで国を守る為己を散らすことも厭わない崇高な精神に基いているものではないのか、と言う点です。
しかも彼等とて、真正面からの反米は唱えることが出来るはずもなく、せいぜい「作法としての反米」と言っているに過ぎないのです。
そのようなことは、多くの保守は承知しており、今なさねばならぬ事は、国民の独立心と愛国心を呼び覚まし、米国流の占領憲法を廃棄し、我国の歴史文化に根ざした自主憲法の制定を推し進めていくことが最も肝要なことであると思料致します。
そして、一言付け加えさせていただきますと、保守の末席を汚すものとしては、悠久の歴史と言の葉を大事にしてまいりたい立場から「ポチ保守」なる浅薄で相手を動物になぞらえ美意識のカケラも無い言葉は好みません。
まるで、極左集団が使った「プチブル」「日和見」「修正主義」などとおなじであり、思考停止の危険性を孕むレッテル貼りは議論を低劣にし引いては自分の首を締める結果になることを知らねばなりません。
聞く所に寄れば西部小林氏共に左翼からの転向者であり、彼等の本質を見る思いがしたのは私だけでしょうか?
http://www2.tba.t-com.ne.jp/sng/


48.Re:お邪魔します!
名前:forest 日付:3月23日(日) 19時47分
kenさん、管理人のforestです。 本格的な硬派論調に驚きましたか。私は、まともなことを分かり易く書いているつもりですが、はやり硬いですかね。本当に硬い話ばかりで申し訳ありません。

このサイトを訪問されている方は、皆さん真剣に日本のことを思い、論議を戦わせています。偏向マスコミ、反日日本人(本人達はそうは思っていないでしょうが)などがいかに日本の進路を誤らせてきたかを検証し、批判を続けていかなければならないと考えています。

今度のイラクへの米軍を中心とする武力行使も、ただ戦争が嫌いだとの考えで反戦反米運動をすることは、サダム独裁体制を存続させることだと気づいていないのです。日本の国益と日米同盟、安全保障をなどを考えると米国支持以外に選択肢はありません。

kenさんの
サダム独裁体制は速やかに打倒せねばなりません!
ワシントンの対イラク戦争を支持します!
に全面的に同調します。


47.Re:どうにもわかりません
名前:forest 日付:3月23日(日) 16時31分
保守紳士さん、管理人のforestです。いわゆる9.11同時テロ以後にいわゆる保守派と称する人々の一部が、反米反戦になってしまったケースがあるようです。
左翼の輩は、仲間が増えたと喜んでいることでしょう。日本でも、イラクへの武力攻撃に反対するデモ(少数ですが)が行われており、マスコミは盛んに煽って米国の戦争に反対するようにし向けていますが、成果は上がっていないようです。小泉首相のイラク問題での所信のとおり、戦争より平和が良いに決まっていますが、では、ヒットラー、フセイン、金正日などの独裁者に対し、宥和政策ではその要求を呑まされるだけです。それで平和が保たれれば良いのですが、ヒットラーへの宥和政策が、あの第2次世界大戦を招いたことは歴史的事実です。

ですから、ブッシュ大統領から「悪の枢軸」と名指しされたイラクや北朝鮮を、このまま放置することは、世界的な戦争に至らないまでも、大量破壊兵器を持ったテロリストが世界中に拡散するという事態を招きかねません。ですから、「戦争より平和が良い。市民を犠牲にするな。アメリカの武力行使反対」と言って、反米反戦運動を繰り広げている人々は、独裁者フセイン政権を擁護することになることに気づいていないのです。

ただ戦争で多くの人が死ぬのは反対だ。正義の戦争などないとか言って、戦争と名がつけば、どのような戦争であっても反対しようというのであろう。ですから、その辺のことが分かっていないのでしょう。
どのような戦争であっても反対という考えが保守派と称する人々の一部からも出ることは残念であり、なぜ反米・反戦になったか理解に苦しむところですが、次の悪の枢軸北朝鮮が控えていることを忘れて欲しくなく、特に反米反戦を唱える保守派論者は、北朝鮮の脅威から日本単独では国を守れないことにどう対処しようとするのか、そのことを良く考えて発言や行動をして欲しいと思います。


46.保守紳士さんへ 反戦論者への踏み絵
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月23日(日) 11時31分
保守紳士さん でじゃ・ぶです。
反戦論者の視点が何処にあるのか分かりませんね。都合の良い情報だけを頼りに主張することは賛成派も反対派も慎むべきですが、それにしても反対論者には広い視点が見あたりません。イデオロギーに支配されているからでしょうね。そこで反戦論者に自己チェックの為の質問を作りました。一種の踏み絵です。如何でしょうか?

米英のイラク攻撃に反対を表明している人達に伺いたいものだ。
アメリカへの屈折した感情をベースにして下記の質問にお答えになるのは適当でないとおもう。我々人類が普遍的に平和や人権を追求するためには、平和や人権の敵とは何なのか、許される戦争が有るのか、有るとしたらどの様な戦争か、を知りたいのである。

小生は今までの多くの投稿で表明したように、アメリカに対する日本人としての屈折した感情が有ることを認めた上で、今回の米英によるイラク攻撃を全面的に支持する者である。
もちろん、来るべき北朝鮮問題と切り離して考えることは出来ないと言う立場だ。

質問事項は以下の通りである。

1 イラクがイランに侵攻したイランイラク戦争は許される戦争だったのか?
2 イラクのクエート侵略は許される戦争だったのか?
3 アメリカを中心とした多国籍軍による湾岸戦争は許される戦争だったのか?
4 サダムフセインがイランイラク戦争で化学兵器を使用したことは許されるのか?
5 サダムフセインがクルド人の反乱に化学兵器を使用したことは許されるのか?
6 サダムフセインがイラクを統治する過程で、政敵を裁判の手続きもなく処刑し人権を蹂躙したことは許される行為か?
7 サダムフセインが秘密警察や密告制度を使い、政権を批判する者を無条件で処刑する人権蹂躙行為は許されるのか?
8 サダムフセインの独裁恐怖政権が言論、結社の自由を奪い人権を弾圧していることは許されるのか? 
9 イラクが安保理決議687を受諾し、自らの武装解除を世界に約束したにも拘わらず、12年間にわたりこの約束を守らずに決議違反を続けたことは正しい行為か?
10 イラクが大量破壊兵器(核兵器以外)を持つことは許されるのか?
11 イラクが核兵器を持つことは許されるのか?
12 戦争で多少の犠牲が有ったとしても、言論、結社の自由、人権が認められる民主主義の国に生まれ変わる方が良いと考えるか?

相対論は論点が呆けてしまい宜しくないので、単純にYESかNOかで答えて頂けると有り難い。その上で攻撃反対論を堂々と述べて戴くのが宜しいかと思う。

コメント

すでに約3兆円の対支那へのODA

2003年03月31日 23時11分29秒 | 支那関連
  3月28日に、わが国の対支那向けの政府開発援助(ODA)の本年度の供与に関する文書が北京において日支両政府の間で調印されたとのことであり、前年比 24.9%の削減とは言え、総額は驚くべきことに1212億1400万円であるそうで、今までの「特別円借款」を含んだ対支那ODAは、累計で2兆 9504億8900万円に達したとのことである。

 支那は核兵器を保有する軍事大国であり、チベットを侵略し、フィリピンから米軍が撤退すると、南沙諸島を支配するなど勢力圏を広げている共産党1党支配の国である。また安い労働賃金により低価格の製品を世界に輸出している経済大国になりつつあるにもかかわらず、なぜ、わが国政府は、未だに援助を続けるのであろうか。

 日本からの援助が、人民解放軍の増強に貢献し、わが国固有の領土である尖閣諸島の占領が画策される程になり、さらには恐るべきことに支那は「沖縄は元からわれわれのものだ」と思っているのである。わが国を恫喝する支那にこのような多額な援助を継続しているとは許し難いものがある。

 また、支那は、日本からの援助に対し、感謝を表しないばかりか、援助で完成した施設に、日本側が設置した「この施設は日本からの援助により完成しました」などとのレリーフを勝手に撤去してしまうなどの暴挙に出ているのである。

 本来ならば、そのようなレリーフは支那側が日本政府に感謝を表す意味で設置しなければならないのに、日本からの援助で出来たことを、支那政府は隠して自国民に分からないようしている訳だ。であるから、そのようなことを知らない支那国民は、日本政府に感謝をすることはないであろう。

 支那政府は、今でもすさまじい反日教育を行っており、過去の戦争による被害をネタに、日本を永遠に批判し、経済援助という名の恐喝の対象として、日本から援助をせしめ、今後も決して感謝をすることはあり得ないだろう。昭和47年に国交正常化を成し遂げた当時の田中角栄首相は、支那側が、戦争の賠償を放棄する代わりに、約10兆円の経済援助という名の賠償を約束したという噂があるが、今までの対中ODAは、累計で約3兆円であり、であるから残りは7兆円になるのである。日本政府は、何年かかろうと払うつもりであろうか。
(2003/03/31) 

この記事は「今日のコラム」
「すでに約3兆円の対支那へのODA」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

「2行で書く今日の主張」(2003年3月分)

2003年03月30日 12時40分06秒 | 「2行で書く今日の主張」過去ログ

◆内閣府が行った世論調査で、戦争に巻き込まれる危険性に8割があると回答。憲法9条があるから安全だと言った輩は何とか答える。2003/03/30

◆情報収集衛星の打ち上げ成功。北朝鮮は「日朝平壌宣言に違反」と論評。衛星がなぜ脅威なのか。北朝鮮こそ宣言破りの常習犯だ。2003/03/29

◆成田空港の暫定平行滑走路の延長予定地に残る一坪地主。社会党が煽り、混乱させた反対運動の爪跡。今では平気で成田を利用。2003/03/28

◆イラク攻撃で報復テロが国内で起こる恐れ。警察が米軍や原子力施設を警戒中だが不安だ。自衛隊に警護出動を命じ厳重警戒せよ。2003/03/27

◆イラク軍は軍服を着ず民間人を装いゲリラ活動を展開。中国軍の便衣兵と同じ一般市民を戦闘の巻き添えにする国際法違反の戦法だ。2003/03/25

◆米英両軍を主力とするイラクの武装解除は順調。金正日は戦況をテレビで見ていて寝不足らしい。とても枕を高くして寝られないだろう。2003/03/23

◆イラクに人間の盾となって残留する人。なぜ、マスコミは取り上げるのか。太平洋を横断しようとした風船おじさんと同じだ。ほっとけば。2003/03/22

◆米英両軍を主とするイラク攻撃開始。早期の終結を望む。この期に乗じて、暴発の可能性あるテロ国家北朝鮮の動向を厳重に警戒せよ。2003/03/20

◆米国のイラク攻撃を支持します。フセインが追放され、イラク国民は弾圧から解放されます。次は同胞を拉致し、殺害した金正日です。2003/03/19

◆政府は、新決議なしで米英両国のイラク攻撃を支持。他に選択肢はないので最善の決定だ。悪魔の北朝鮮に対する大きな抑止力となる。2003/03/18

◆小泉首相が靖国神社に代わる追悼施設の建設へ向けて前向き発言。中国訪問を果たしたいがための発言か。建設は絶対に反対だ。2003/03/15

◆北朝鮮の脅威が迫る。日本は米国の軍事力の後ろ盾なしに対抗出来るのか。最近の反戦反米運動に危機を感じる。米国を断固支持。2003/03/14

◆拉致被害者の家族が川口外相と面会し、拉致はテロと明言せず。拉致は誘拐であり北朝鮮国家ぐるみ。制裁できるように法整備をせよ。2003/03/13

◆昨年12月に茨城県で北朝鮮の船が座礁し、無保険、無線機故障、海図なし。船体の所有権を放棄。こんな船の入港規制は当然だ。2003/03/11

◆北朝鮮による拉致被害者の家族と救う会の代表者が米国から帰国。拉致はテロと明言した米高官。政府の対応と余りにも違いすぎる。 2003/03/09

◆今日昼過ぎ、我が家の上空を海上自衛隊のP3C哨戒機が西の空に向かった。北朝鮮のミサイル発射に備えた警戒か。ご苦労様です。2003/03/08

◆「世論はマスコミが作る」との思い上がりがマスコミにあるのか。小泉首相の国益を考えて世論に反し米国を支持する発言は当然だ。2003/03/07

◆筑紫哲也がイラクから帰国。米英両軍の攻撃から市民を守るため人間の盾となり、死ぬ気で踏みとどまるために行ったのではないのか。2003/03/06

◆ブッシュ大統領が対北朝鮮対応に軍事行動を言明。北は核、ミサイル開発を継続し、譲歩しないだろう。有事法制なき日本の危機が迫る。2003/03/05

◆北朝鮮のミサイル「テポドン2」発射に備えて米軍はイージス艦の配備を検討。日本は災害派遣で対処。これでは国民は不安ではないか。2003/03/04

◆今日は女の子の健康を願う「ひな祭り」。男女共同参画条例を推進し、男、女らしさを否定する人は、我が子だけは祝っていないだろう。2003/03/03

◆韓国での反米運動の高まりは、在韓米軍の撤退を検討されるいる。反米ムードは、朝鮮半島の安全に有害。真の敵は金総書記だ。2003/03/02

◆衆院憲法調査会で「憲法前文の精神で有事生じさせない努力が大事」との発言あり。憲法や反戦デモが国を守り有事を防げるのか。2003/03/01

この記事は
「2行で書く今日の主張 」としてHPに掲載されていたものです。
なお、作成した各月の分をまとめて当該月の最終作成日に登録しています。

コメント

政府に脱出の安全確保を求める人間の盾

2003年03月26日 23時09分10秒 | 売国奴・反日日本人
  米英両軍のイラク攻撃が始まったのに、未だに「人間の盾」として、イラクに居残っている日本人がいるようである。日本政府は、そのような人達にイラクに入国しないように説得を繰り返したが、聞き入れず、攻撃が始まっても入国しようとする人もいて、政府は、頻繁に連絡を入れて安否を確認することは、イラク政府に人間の盾とはいってもスパイなどではないかとのあらぬ疑いを掛けられる恐れがあると判断してやめたようである。

 イラクに拉致された訳ではなく、自分の意志で、イラクに入国したのだから、戦乱に巻き込まれ死亡したり怪我をしたり、行方不明になったとしても、自己責任であり、政府の説得を無視した行動をとった人に、政府は責任をとる必要はない。

 このような人達は、自ら「人間の盾」となり、戦争を防止しようという使命感を持ちイラクに行ったのであろう。それならば、米英両軍の攻撃からイラクを守るために死んでも構わないとの覚悟がある筈である。だが、バクダッドに滞在しているジャミーラ高橋という「人間の盾」の連絡役をしている非政府組織(NGO)の代表は「市街戦となればサイト(拠点施設)にいる意味がない。盾の人間を説得して一緒に出たい」と日本国内の支援者に伝えたという。(産経新聞3月26日号)

 なんとも可笑しい話だ。あの筑紫哲也氏は米英両軍の攻撃が始まる前にすでに逃げ出しているが、「人間の盾」の連絡役をやっている方が、そんな弱気では困る。市街戦が始まろうと、イラクに踏みとどまり、最後まで抵抗したらいかがなものか。イラク市民が戦闘に巻これないように体を張ってこそ「人間の盾」ではないであろうか。

 また、このNGOの代表は、「市街戦が始まれば、空爆からライフラインを守る行動は一定の目的を果たし、終わったことになる。脱出の安全が確保されることを日本政府に訴えるとともに、空爆の即時停止、無謀な市街戦突入の放棄を米政府に申し入れるように働き掛けてほしい」との緊急声明を支援者を通じて発表したという。(産経新聞3月26日号)

 開いた口がふさがらないとはこのようなことを言うのだろう。このNGOの代表は「人間の盾」の役目は終わったので、安全にイラクを脱出できるように日本政府に要求している訳である。日本政府の説得を聞き入れずイラクに入国したのに、逃げ出す時は、日本政府に安全確保を求めるとは、だったら最初からイラクに行くなと言いたい。政府をあてにしないからNGOと言うのであろうが、危険になれば、政府に助けを求めるとは、この人達の頭の中の構造はどうなっているのか。NGOとは良いことばかりしていると思ったが、そのような人達だけではないようである。
(2003/03/26) 

この記事は「今日のコラム」
「政府に脱出の安全確保を求める人間の盾」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

反米保守派は左翼に転向したのか

2003年03月23日 22時51分24秒 | 未分類
  米国のニューヨーク貿易センタービルにハイジャックされた旅客機が突入するという、いわゆる9.11同時テロの後、そのテロ組織掃討のためアフガニスタンを攻撃した米国を非難する人が、いわゆる保守派と称する人々の中からも湧き上がった。そのような人々が今回の米英軍のイラク攻撃にも反対し、反米反戦運動を繰り広げているケースもあるようである。

 以前から反米反戦運動を繰り返していた左翼の輩は、同じ仲間が増えたと喜んでいることであろう。今日、日本各地では、イラクへの米英軍の武力攻撃に反対するデモ(少数だが)が行われており、マスコミは、もっと参加者が増えるように盛んに煽って米国の戦争に反対するようにし向けているが、なかなか成果は上がっていないようである。

 イラクへの米軍を中心とする武力行使も、ただ「戦争が嫌いだ」「市民が被害にあうのは可哀想だ」との考えで反戦反米運動をすることは、サダムフセイン独裁体制を存続させることだと気づいていないのだ。

 小泉総理は、イラク問題で日本の国益と日米同盟の重要性を考え、米国支持すると明言している。戦争より平和が良いに決まっているが、では、ヒットラー、フセイン、金正日などの独裁者に対し、宥和政策だけではその要求を呑まされるだけである。要求に屈することで平和が保たれればそれで良いのであろうか。イギリスのチエンバレン首相の台頭するナチスドイツのヒットラーへの宥和政策が、あの第2次世界大戦を招いたことは歴史的事実である。

 であるから、ブッシュ大統領から「悪の枢軸」と名指しされたイラクや北朝鮮を、このまま放置することは、世界的な戦争に至らないまでも、大量破壊兵器を持ったテロリストが世界中に拡散するという事態を招きかねない。「戦争より平和が良い。市民を犠牲にするな。アメリカの武力行使反対」と言って、反米反戦運動を繰り広げている人々は、独裁者サダムフセインが率いるイラクが核や大量破壊兵器を保有することを容認しているのと同じである。

 「戦争は多くの人が死ぬので反対だ」「正義の戦争などない」と言って、戦争と名がつけば、どのような戦争であっても反対しようというのであろうか。どのような戦争であっても反対という考えが保守派と称する人々の一部からも出ていることは残念であり、なぜ反米・反戦になったか理解に苦しむところだが、イラクの次には悪の枢軸北朝鮮が控えていることを忘れて欲しくなく、そのような反米反戦を唱える保守派論者は、北朝鮮の脅威から日本単独では国を守れないことにどう対処しようとするのか。

 そのようなことは考えていない発言であったとしたら、もう彼らは自らを保守派と称して欲しくないし、すでに左翼に転向したと思わざるを得ない。であるから、日本の国益と日米同盟の重要性を考え、米国を支持する親米保守派を批判することは許し難いと言わざるを得ない。
(2003/03/23) 

この記事は「今日のコラム」
「反米保守派は左翼に転向したのか」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2003年3月分過去ログ (22〜45)

2003年03月23日 09時07分04秒 | 掲示板過去ログ2003年分

45.お邪魔します!
名前:ken 日付:3月23日(日) 9時7分
突然、投稿させて頂きます。
うわさ通り本格的『硬派論調』に
軟弱なる小生にとりましては
”やや後ずさり感”を覚えてしまいます。

【所感】
①世界的に吹く荒れている「反戦の運動」は極めて
 正常なる市民レベルでの反応と考えます。
②しかし本質的には単なる“牧歌的反戦運動”に酔いしれる
 べきではなく第一義的には「反サダム独裁体制」を
 批難すべき部分が明らかに欠損しています。
③フランスに代表されたUNの「優雅なるサロン場」で実りある
 axis of evilの駆逐はあり得ない。
④ブレア首相の議会での開戦宣言に感動した。

我国はインド洋上で『無料軍事ガソリンスタンド』を運営、
最強の『高性能イージス艦』を静かに提供しアメリカ軍を始め
各国賛同軍に協力している。
この程度までが平和憲法理念に沿う良識的な限界点と思わます。

サダム独裁体制は速やかに打倒せねばなりません!

イラクを始めアラブ諸国にアメリカ民主主義を根付かせる事は
困難きわまる作業ですがワシントンから見た彼らの国益の為にも
そうするでしょう。
現代日本は日米安保体制=米日軍事同盟を基軸にした極めて
限定的選択肢の中で国際戦略を立て生きてゆかざるを得ません。

ワシントンの対イラク戦争を支持します!


44.イラク攻撃は国際法と国連規約違反か?
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月23日(日) 0時32分
米英のイラク攻撃に対して仏、独、露など反対した国々や平和団体などは国際法違反と国際連合規約違反として米英を糾弾している。反対の拠り所としている国際法がどの様な経緯を辿っているか、検証してみよう。

1907年に『国際紛争の平和的処理条約』(ハーグ条約)が締結され「国際 紛争の平和的処理を確保するに付き全力を尽くす」とし、征服戦争の放棄や 紛争の平和的解決、更に債務取り立ての為の出兵の禁止が定められたにも拘 わらず第一次世界大戦の勃発を防ぐことが出来なかった。
1919年に『ベルサイユ平和条約』が第一次世界大戦の反省として締結され 国際連盟 規約が発効した。
1924年に『国際紛争の平和的解決に関する議定書』(ジュネーブ議定書) が出来、
1928年に『国策遂行の手段としての戦争放棄に関する一般条約』(不戦条 約)により、「国際紛争解決の手段としての戦争」と「国策遂行の手段とし ての戦争」が違法とされたが、結局第二次大戦の勃発を防ぐことが出来なか った。
1945年に『国際連合憲章』が制定された。これは国際連合の目的の一つと して「国 際の平和及び安全を維持すること」を掲げ、「全ての加盟国は、 その国際関係において、武力による威嚇又は武力の行使を、如何なる国の領 土保全又は政治的独立に対するものも、又国際連合の目的と両立しない他の 如何なる方法によるものも慎まなければならない」と定めた。(西修著「日 本国憲法を考える」より抜粋)

戦争を廃絶するために国際間で取り決めてきた上記の国際法や憲章は、人類の英知の結晶であることは疑いがないが、実際にこれが有効であったかどうかと言うと、二度の世界大戦が如実に示しているように殆ど守られていないと言って良い。
1945年の『国際連合憲章』設定以降を検証してみても、武力が国際紛争解決の手段であることには変わりはないのだ。

1946年~1954年インドシナ動乱(フランス軍とベトナム軍)
1948年~1949年第1次中東戦争 イスラエル共和国の成立(イスラエルとアラブ連合)
1950年~1953年朝鮮戦争の勃発(連合軍と北朝鮮軍、中共軍、ソ連軍)
1950年 中共がチベット侵攻
1951年 スエズ戦争(イギリス軍とエジプト軍)
1956年 ポーランド政変とハンガリー動乱(ポーランド、ハンガリーとソ連)
1956年 スエズ戦争(イスラエルとエジプト)
1960年~1975年ベトナム戦争(ベトナムとアメリカ他)
1962年 中印国境紛争(中共とインド)
1965年 インドとパキスタンが軍事衝突
1967年 第3次中東戦争(イスラエルとアラブ連合)
1971年 インドとパキスタンの戦争
1973年 第4次中東戦争勃発(イスラエルとエジプト)
1979年 中国がベトナムを攻撃(中共とベトナム)
1979年 アフガニスタンでクーデター(ソ連の軍事介入)
1980年~1988年イラン・イラク戦争の勃発
1982年 フォークランド紛争(イギリスとアルゼンチン)
1983年 アメリカがグラナダを占拠

上記の戦争の歴史を見れば、米、英他、仏、露(ソ連)、中国(中共)が武力を国際紛争の解決の手段として来たことがよく分かる。中国の場合はチベットを侵略したのみならず、台湾に対しては武力侵攻の威嚇を繰り返している。
従って仏、露、中国が自国の歴史を棚に上げて、米英を国際法違反などと批判することは出来ない。イラン・イラク戦争やイラクのクエート侵攻を忘れて、米英の国際法違反を論っても説得力に欠けるというものだ。

国連規約違反であると言う非難も、イラクによる湾岸戦争の停戦条件違反と安保理の過去の決議に至った状況を冷静に辿ってみれば、これで武力行使は十分可能であり、従ってイラク攻撃は国連規約違反ではないといえる。


43.どうにもわかりません
名前:保守紳士 日付:3月22日(土) 23時38分
多くの日本人が、とりわけ保守さえもがどうしてここまでイラク攻撃に反対するのか、どう考えてもわかりません。以前のメールと重複するかもしれませんが、どうしてここまで反米反戦に走るのでしょうか?戦前戦後の米国からの仕打ちに対する恩讐?世界最強の軍事力を持つ米国への嫉妬?やっぱりわからない。

最近ではこうした人々は相手にしない方がいいのかも、などとさえ思ってしまいます。


42.上手い詩ですね
名前:forest 日付:3月22日(土) 16時43分
しんしんさん、管理人のforestです。上手い詩ですね。その通りですよ。国連決議を無視し、国際社会に真っ向から挑戦しているイラクをなぜ偏向マスコミは批判しないのでしょうかね。それだから偏向マスコミというのですね。ありがとう。


41.Re:広めて(tekusuさん)
名前:しんしん 日付:3月22日(土) 0時46分
上手い詩ですね。私はそういう才能がないのでうらやましいです。
まあ、下手なりに詩を作りましたので見てください。

左翼偏向マスコミさんへ
戦前の日本の特高は非難しても
イラクの秘密警察には知らんぷり。
アメリカの攻撃は非難しても
イラクのクルド人虐殺には知らんぷり。
アメリカがイラクの石油を狙っていると言うけど
イラクがクウェートの石油を狙ったことは忘れたふり。
普段やかましく人権人権というけれど
イラクの人権弾圧には知らんぷり。
国はマスコミの言論弾圧をするなというけれど
イラクの言論弾圧は知らんぷり。
アメリカはイラクの人民を殺すなと言うけれど
フセインが殺した人民のことは知らんぷり。
アメリカは国連決議を守れと言うけれど
イラクが国連決議を無視し続けたことには知らんぷり。
どうしてこんなに偏っているのだろう?


40.Re:理解できない反戦反米派(保守紳士さん)
名前:forest 日付:3月22日(土) 0時12分
保守紳士さん、管理人のforestです。米英両軍のイラク攻撃は、戦争ではなく武装解除のためとの認識です。大量破壊兵器の廃棄を求める国連決議をイラクが無視し続けたのが原因で、反対運動をしている人は、「アメリカはイラクを攻撃するな」ではなく「フセインは退陣せよ。国連決議を守り査察を無条件で受けよ。イラクは大量破壊兵器を廃棄せよ」と叫ぶべきなのです。
反戦反米のサイトの管理人はすごいことを言っているのですね。大量破壊兵器を持つことを容認するフセイン独裁政権を延命させるだけですね。


39.理解できない反戦反米派
名前:保守紳士 日付:3月21日(金) 23時50分
ついに始まったイラク攻撃ですが、この期に及んでもなお、米国反対・イラク攻撃反対を唱え、あるいはデモを起こしている連中がいることには辟易します。本来ならばイラクに対してこそすべきなのに。彼らは自分たちのしていることが結局はフセインを利しているだけだということがわからないのでしょうか。
ある反戦反米のサイトの管理人などは日記にこう記しています。
「作戦名は「イラクの自由」と名付けられているらしい。なんと独善的な名前だろうか」
「湾岸戦争に敗戦して以来、兵力は大幅に減少している。国連による査察の拒否はしたが、ミサイル一発たりとも撃っていない。空爆したのは米英軍のほうである」
さらに挙句の果てには、
「サダムさえいなければイラク国民は米国の言うことをほいほい聞くと考えているのだろう。イラク国民は意地を見せて徹底的に抗戦してほしい」
こういう連中には何を言っても無駄でしょうね。forestさんもそう思いませんか?


38.Re:イラクの次はどうなるんでしょう?(18の若造さん)
名前:forest 日付:3月21日(金) 22時32分
18の若造さん、管理人のforestです。「イラクの次はどうなるんでしょう?」についてですが、 米国は、イラクの次は北朝鮮と考えていることは間違いありません。ですから、イラクと同じように、米国は北朝鮮の核武装を絶対許さないと思います。もし、北が核武装に踏み切った場合には、武力行使が現実となる可能性があると思います。


37.イラクの次はどうなるんでしょう?
名前:18の若造 日付:3月21日(金) 2時33分
とうとう始まってしまいました。馬鹿の集団の共産、社民などとはちがいますがやっぱりなんとかフセインが亡命しないかな、と期待していました。始まってしまったものはしかたありません。やるからには最後まで、イラクが民主国家になるまで見届けるのがアメリカ、その他の国の義務ではないでしょうか。とにかく早期終結かつどちらの兵士、市民の犠牲が少なくすむ様にいのるばかりです。
さて、若造ゆえにこの先どうなるかわかりません。イラクの次はすんなり北朝鮮に行くでしょうか?アメリカは日本が攻撃されたら動くとは明言していますが果たして一連の核開発騒動を理由とするだけで武力行使に踏み切るでしょうか?アメリカにとって北朝鮮を攻撃するメリットがないような・・石油もないですし韓国も本気で統一をかんがえているのか怪しいところですし。北朝鮮がなくなれば在韓米軍も撤退せざるを得ないでしょうし中国の脅威がますます日本にふりかかってくるような気がします。今もほとんどパフォーマンス程度のグアムに戦略爆撃機24機増派などしかしていません。ほんとにアメリカは北朝鮮を何とかする気があるんでしょうか?ご意見をお聞かせください。


36.Re:また、ニュース23ですが…(しんしんさん)
名前:forest 日付:3月21日(金) 1時25分
しんしんさん、管理人のforestです。筑紫がまたバカなことを言っているのですか。イラク攻撃が始まり普段はあまり見ないテレビを見ていますが、筑紫と久米は見ません。だって気分が悪いですからね。筑紫も、安全な日本のテレビ局のスタジオで偉そうなことを言っていないで、イラクに戻り人間の盾となり、反戦反米を訴えれば戦争が早期に終結するかもしれませんよ。


35.Re:共産党、社民党、朝日新聞は今一度自らの責任を反省すべきだ (テンポさん)
名前:forest 日付:3月21日(金) 1時7分
テンポさん、管理人のforestです。米国のイラク攻撃が始まりましたが、左翼の輩はあいも変わらず反戦反米運動です。共産党も社民党も確かにその前にやることがありますね。私も山際澄夫著の拉致の海流を読んでいますが、北朝鮮の体制に手を貸した罪は万死に値します。朝日新聞も同じで、テロ撲滅のアピールが必要なら、テロ支援国家のイラクを攻撃した米国を支持すべきです。反戦反米運動を支援する朝日新聞は、テロリストを支援し、大量破壊兵器が拡散するのを黙認するのと同じです。


34.また、ニュース23ですが…
名前:しんしん 日付:3月21日(金) 0時57分
管理人さん、レスありがとうございます。文字色は失礼しました。これからは注意します。(^^;
しかし筑紫君は姑息ですね。北朝鮮ニュースがバンバン流れていたときは街頭インタビューなどしなかったくせに、イラク攻撃というときになって異論反論オブジェクションを復活させ、一般の人に反戦をアピールさせています(中には賛成の人もいますが)。まあ、自らダブルスタンダードであることを証明したわけですから、そのうち筑紫君がどういう人か分かるというものですね。


33.Re: アメリカに正義はない。しかし支持せざるを得ない(ソフィストさん)
名前:forest 日付:3月21日(金) 0時47分
ソフィストさん、管理人のforestです。確かに米国は、かって日本を占領した時、日本を徹底的に破壊するため、事後法で東京裁判を行い、国際法を無視して憲法を作り、交戦権も持たせず、軍隊は持てないとも読める憲法を持たせました。しかし、共産主義の脅威が迫った朝鮮戦争で、あわてて警察予備隊を持たせたことは事実です。ですから、米国は最大の敵は共産主義国であることを知り、日本に憲法第9条を持たせたことは失敗であったと思っているのです。米国は敵を間違えたのです。

イラクに武器を米国は援助していたこともあり、やはり米国の政策判断には失敗があります。イラク戦の後、米国はイラクにどんな政権をつくるのでしょうか。良く分かりませんが、またフセインみたいな人が出てくるのでしょうか。

阪神大震災のときに喜んでいた奴らは韓国人ですか。人の不幸がそんなに嬉しいのでしょうかね。韓国人に告ぐ!という本にのっていますか、図書館で探して見ます。


32.Re:気になる米国の北朝鮮対策(保守紳士さん)
名前:forest 日付:3月21日(金) 0時24分
保守紳士さん、管理人のforestです。米軍のイラク攻撃が始まりましたが、北朝鮮の動向にも注意が必要です。米国は対北朝鮮政策は平和的解決を模索しているようですが、それは、北が暴発したら、日本や韓国を防衛できないと考えているからでしょう。

韓国は米軍のイラク攻撃は支持しましたが、米軍の北朝鮮攻撃を支持するかは疑問です。それは日本も同じで、反撃を受ける恐れがあるのに、日本は北朝鮮攻撃を支持しないと米国は考えているからでしょうか。しかし、米国は北朝鮮をこのまま放置しておかないでしょう。その時に、日本や韓国に覚悟はあるかということです。ですから、米国は今のところ「日本への攻撃は米国への攻撃とみなし反撃する」と言って北を牽制して様子を見ているのです。

日本は、有事法制の早期成立、集団的自衛権の行使を明言、非核三原則のうちの持ち込ませずの廃止など、お金もかからないでやれることはあります。

米国は北朝鮮をどうするか判断に苦しんでいることでしょう、でもイラクが片づけば、次は北朝鮮であることは間違いありません。米国は大量破壊兵器の拡散は許さないと思います。


31.返信機能について設定変更
名前:forest 日付:3月20日(木) 23時56分
管理人のforestです。返信機能について設定を変更したい思います。それは元投稿の後にレスが付くため分かりやすいのですが、新しいレスを書き込んでも、元投稿のすぐ下になることから、かなり前の投稿だとレスを見落としてしまう恐れがあります。ですから、新しい投稿やレスが常に上になるようにしたいために返信機能を付けないことにします。レスする時は、どなたの投稿に対するレスか必ず書いてくださるようお願い致します。


30.共産党、社民党、朝日新聞は今一度自らの責任を反省すべきだ
名前:テンポ 日付:3月20日(木) 23時21分
まずはお返事ありがとうございました。

既に各メディアにて報道されている通り、イラク攻撃が始まりましたね。

本日、所用にて街を歩いていたところ、共産党が「イラク攻撃反対」を唱えて街宣をやっておりました。
幟には、同党所属の市会議員らしき名前が。
どうやら、反戦運動を兼ねた統一地方選の宣伝活動だったのかも知れませんが。
ここで、声を大にして言いたい。
あなた方はその前に、少なくとも北朝鮮の体制に手を貸した事実こそを反省すべきではないのか?
いくらビラで”あれは公明党の言い掛かり”と弁明しても(『拉致の海流』でも共産党が指弾されているが、なぜこの本には抗議しないのだろうか?)少しでもこの辺の事情に詳しいものならば、もはや弁明の余地はない旧社会党=社民党同様、共産党とて言い逃れは出来ないはずです。
彼らが”戦争反対”と偽善ぶって叫ぶ前に、まず自分たちの過ちを猛省すべきではないか?

朝日新聞とて、例外ではない。
元々この戦争は、一般市民を巻き添えにするテロリズムという卑劣な行為を封じるのが一つの目標である。
その発端は、あの9.11の事件であることは言うまでもない。
あの事件では、数千人の一般市民の命が失われてしまった。

大体朝日新聞は、かつてその卑劣なテロにより、一人の記者を殺された経験があるのではないのか?
ならば、率先してテロ撲滅を紙面にてアピールするのが本筋なのではないのでしょうか。
それとも、自らの子飼いの記者が殺されるのは不条理で、自らが気に入らないアメリカの市民が殺されるのは、大統領に問題があるから仕方ない。
そういった論法なのでしょうか。

その辺も、きっちり解るように説明して欲しいものです。


29.Re: 小泉首相の命運
名前:forest 日付:3月20日(木) 22時41分
管理人のforestです。今日、米英両軍のイラク攻撃が始まりましたが、小泉首相は、米国支持を打ち出しました。このイラク問題で、米国の攻撃支持は当然ですが、その他の問題では、首を傾げることがあります。

まず靖国神社への参拝問題です。これは公約通りにしなかったので、はやり中国韓国の顔色を伺い過ぎたことで、がっかりしましたが、これを挽回するのは天皇皇后両陛下のご親拝の実現しかありません。それを小泉首相が実現させるようにしたら、中国韓国は何も言ってこなくなるでしょう。

次は、訪朝問題です。悪魔と握手した訳ですが、約束を破ることなど平気な金正日と「平壌宣言」に署名したことは、間違いでした。あの内容は、日朝間の不正常な関係は日本にも責任があると言う侮辱的なものでした。これも小泉首相の失敗です。

3番目は田中真紀子という史上最低の外務大臣の件です。社民党の辻元と同じように、国民というかマスコミがもてはやす人ほどたいしたことはないことが分かったのではないでしょうか。これもミス人事でした。

4番目の金正男の件ですが、不法入国したのですから、徹底的に取り調べ、拉致被害者と交換するくらいの取引きをすべきだったと思います。

小泉首相は、以上のようなダメな部分はありますが、イラク問題で、米国の攻撃支持をしていますので、これは○ですね。ですから、私はもう少しやらせてやったらと思っています。


28.広めて
名前:tekusu 日付:3月20日(木) 21時30分
アメリカとイラクへ
なぜ闘うのだろう
同じ星にうまれた命同士が
なぜ争うのだろう
人は心を持つ生き物なのに
彼らの宗教の神が望むのだろうか
人種の違いがそうさせるのだろうか
なぜ戦争をするのだろう
命を奪う事になってもいいのだろうか
命より大切なものを得られるのだろうか
聞えないのだろうか悲しみの声が
聞かないふりをしてるのだろうか
心を痛めないように
怒りを押さえられないのだろうか
子供のように
幼すぎたのだろうか私たち人類は
進化によって得られたはずではなかったのか
人と人が手を取り合うための言葉を
見詰め合う事はできなかったのだろうか歴史を
きずくことができなかったのか
我々の未来を
どうか皆に知って欲しい
多くの人に
多くの命に
全てに
里夢


27.Re: アメリカに正義はない。しかし支持せざるを得ない。
名前:ソフィスト 日付:3月20日(木) 17時48分
返信ありがとうございます。今度は具体的な話しをさせていただきます。
私が今回のアメリカの行動を批判的に見ている最大の理由は計画性のなさです。
アフガンのときは北部同盟という勢力があり、新たな政権をスムーズに作ることができました。しかし、イラクの場合は北部同盟にあたるしっかりとした新たな勢力が存在しません。
かつてマッカーサーは<東京裁判は間違いだった。彼らに非はなかった。>と後悔したことは有名ですし、憲法に第9条のような条項をもりこんでおきながら日本に軍隊を持たせたのは彼です。
そもそも、イラクでフセイン政権を築くのに協力したのはアメリカです。当時の国情を考えて、独裁者がいなければ国がまとまらないとアメリカは判断したのでしょう。それほどあの地域は荒れているのです。
民主主義国家を作るといってもカリスマは必要です。日本の統治が円滑に進みまた大したトラブルもなく民主化に成功した背景には天皇陛下という存在を語らないわけには参りません。イラクでは新しいカリスマはいるでしょうか。

一つ訂正したいことがあります。
>阪神大震災のときに喜んでいた奴ら
というのは韓国人です。あの文面だと主語が二通り解釈できましたね。申し訳ありません。
彼らの詳しい喜びようを知りたい場合は金文学・金明学さんの共同著作<韓国人に告ぐ!>という本にのっています。また、あの年に地震で日本が滅びてしまうフィクション小説(反日小説)がベストセラーになったことを申し上げさせていただきます。


26.ついに始まった
名前:ナベ 日付:3月20日(木) 13時14分
 始まりました。21世紀にあってはいけない国、独裁者が支配する国
イラク、北朝鮮、一党独裁の国、中華人民共和国を潰す戦いです。
 情けないのはこれに日本が絡めないことです。


25.Re: 若者の戦いに思いを馳せて。
名前:forest 日付:3月20日(木) 12時11分
でじゃ・ぶさん、管理人のforestです。原宿の竹下通りは、昨年の3月に歩いたことがあります。私たち中年のオヤジには、場違いですね。若者の街で、のぞいてみたい店はありませんでしたね。

戦争が始まると言うのに、テレビは相変わらず娯楽番組をやっており、街の中にも、ボーとして生気がない若者、いや良い大人も同じである。
戦争はない方が良いに決まっている。しかし、ブッシュ大統領は、自国の若い兵士に命を掛けて戦うことを決定した。苦渋な決断であったろう。戦死者が出ないという保証はない。それでもブッシュは決断した。戦争がなければ死ぬことがなかった若者を死なせることになるかも知れない。

テロ支援国家のイラクを攻撃するために命を掛ける兵士達、またこの日本にも、PKOで、対テロ支援で命を掛けている自衛隊員が日本の誇りのために汗を流しています。わずか60年前にも、そんな若者が沢山おり、その礎により今の平和があるのです。日本の永遠の安泰を願って英霊となられた若者が、嘆くことがある国になってはなりません。これを書いていましたら、イラク攻撃が始まりました。どうか戦争が短期間で終わるように。でじゃ・ぶさんありがとう。


24.Re: アメリカに正義はない。しかし支持せざるを得ない。
名前:forest 日付:3月20日(木) 11時29分
ソフィストさん、管理人のforestです。初めまして、よろしくお願いします。今日は、イラクのフセインに退陣と亡命を求める期限に日ですが、果たしてアメリカ・イギリス軍の武力攻撃がいつ始まるか、もう午前10時は過ぎましたが、まだ開戦の報道はされていないようです。

イラク戦が終わった後、アメリカは、イラクにどんな民主主義国家を作るのでしょう。アメリカという国は、独裁政権は許さず、世界に民主主義国家を広めて行くという考えがあるのでしょうが、確かに、ある国が他国から、「あなたの国はそんな独裁政権の国ではダメだ。こんな国にしなさい」と言われて、確かに頭にくるでしょう。それは国情によって統治方法がことなる訳ですから、当たり前の話で「他国からとやかく言われることはない」とその国の国民は憤慨してしまいます。

では、アメリカという国は、イラクが戦後にどんな民主主義国家にするか、占領政策を考えて攻撃をすると思います。それはアメリカ単独ではなく、国連のPKO活動などが中心となるのではないでしょうか。アメリカは攻撃するだけで、あとは知らないではなく、戦後復興や民主主義の確立を考えていると思います。
私もアメリカのイラク攻撃を支持しますが、それは、日本は反米、反戦でアメリカの足元をすくう訳にはいかないからです。北朝鮮の脅威が迫る中、国連は何もしてくれません。せいぜい非難決議をするくらいです。その脅威に対抗するには、アメリカの軍事力しかないのです。日本単独では、北朝鮮の脅威に対抗が出来ないのに左翼の反米反戦論者は、中国、ロシアなどを交えて話し合いをすれば解決できると言っていますが、おめでたい話です。

北朝鮮と話をする時は、右手で握手しても、左手はポケットに入れて、いつでも殴る準備をしておくことが必要でしょう。左翼の連中の集会は、反日、反米、反韓で、日本人でありながら祖国日本を貶めるために気勢をあげています。こんな連中を信じることができませんね。阪神大震災の時に、海上自衛隊の艦艇の入港を妨害し、災害派遣要請も約4時間後であったとか。同胞が苦しんでいる時に喜んでいたとのことですが、どのような行動があったのでしょうか。知っていたら教えて下さい。
このサイトもそのような左翼の連中を批判するために立ち上げたものです。左翼の連中が、今日まで日本人としての誇りを失わせる事ばかりしてきたことを反省しないばかりか、次の嘘を考えています。左翼どもは今まで日本のため、同胞のため何か良いことしたことがありますか。あるはずはありません。そんな奴らを私も信じるわけにはいかず、これからも徹底的に批判します。そんな訳です。今後ともよろしく。


23.Re: 戦争…でも、悲観はしていません。
名前・forest 日付:3月20日(木) 10時33分
しんしんさん、管理人のforestです。おじゃまではありませんよ。でも全部にレスできるかどうかわかりませんが、どんどん書き込んで下さい。また書き込みの字の色の気を付けて下さい。この薄い緑の字ではコピーしなければ見えませんよ(笑い)

北朝鮮は恐怖、弾圧、密告制度の恐ろしい国であることを知りながら、また独裁者と特権階級だけの楽園である国であることも知りながら、我が国の偏向マスコミは北朝鮮を礼讃してきました。イラクの場合も同じで、フセイン独裁政権がどんなことをしているか目をつぶり、アメリカの武力攻撃を批判しています。

テロ支援国家を放置したら、世界中に大量破壊兵器が拡散したら、テロリストが核や生物兵器を持ったら、007の映画のようなことが現実になる可能性があります。その時、映画のようなジェームス・ボンドはテロリストをやっつけてくれません。ですから、米国のイラク攻撃は、石油利権の確保とか言われていますが、それより9.11の衝撃から、米国は、テロリストから攻撃を受ける前に、その支援国家を先制攻撃しようという政策に転換したのでしょう。

我が国の偏向マスコミは、北朝鮮礼讃報道を反省しないまま、フセイン独裁政権を擁護し、米国のイラク攻撃に反対する反戦反米運動を支援する報道をして、同じ過ちを繰り返しています。


22.気になる米国の北朝鮮対策
名前:保守紳士 日付:3月20日(木) 3時37分
ついにあと数時間をきったイラク攻撃へのカウントダウン。forestさんもよくおっしゃるように攻撃が行われれば、同じ「悪の枢軸」北朝鮮へ大変なプレッシャーをかけることになるでしょう。それだからこそ、国内で反米連中が「日本は米国のポチか」などと叫んでも、日本は米国をほぼ無条件で支持した訳ですが。

しかし、それでも気になることがあります。最近の米国の対北朝鮮政策はどうも軟化しているきらいがあります。「平和的解決」だとか「対話の用意がある」とか…。考えてみれば、イラクには世界最大の原油が眠っていても北朝鮮には何もないですしね。まあ、米国してみればイラク攻撃の最中に二正面作戦はしたくないし、おまけに日本は集団的自衛権を行使しないと言っているし、韓国に至っては「北は我が同胞、米国は出て行け」ですからね。反米連中のそこを突いて盛んに「米国は北朝鮮とはことを構えない」と言っています。

とは言うものの、米国とて核と弾道ミサイルを持っている北朝鮮をこのまま放置しておくとは思えないし、いざとなれば日米安保で守ってくれるでしょう(と思う)。日本政府にはイラク攻撃支持に当たり、この辺をしっかりしてくれるよう米国と交渉してもらいたかったのですが…。と言うよりも、日本が有事法制を持って集団的自衛権の行使を明言していればこんなややこしいことにはならなかったんですがね。

forestさんは最近の米国の北朝鮮対策についてどう思われますか。

コメント

米国は北朝鮮の核武装を許すか

2003年03月22日 22時44分09秒 | 北朝鮮関連
  米英両軍の武装解除のためのイラク攻撃は、今のところ順調に進行しているようだ。米国は、イラク問題が片づけば、次は北朝鮮問題と考えていることは間違いないだろう。であるから、イラクと同じように、米国は北朝鮮の大量破壊兵器の拡散や核武装を絶対に許さないと思うからして、もし、北が核武装に踏み切った場合には、武力行使が現実となる可能性があると思う。

 しかし、それには障害がある。まず隣国の韓国には北朝鮮核武装容認論があり、また対北朝鮮宥和政策をとっていること。次に北朝鮮の反撃を防ぐことは出来ず、その反撃が日本にも及び甚大な被害が出る恐れがあるからである。であるから、米国はそのような韓国と、自分の国は自分で守る気概も、自衛力もない日本では困るとの思いがあり、それが武力行使をためらう理由となるであろう。

 特に理解出来ないのは、韓国の北朝鮮核武装容認論や在韓米軍撤退要求、反米運動などである。北朝鮮に対しては毅然して対応しなければならないのに、隣国の韓国の腰が定まらないようでは、米国はなかなか強固路線をとれない。先日、米軍の偵察機に北朝鮮のミグ戦闘機が挑発行動をとった時、盧韓国大統領は、北朝鮮を非難せず、米国に挑発行動をとるな言っている。しかし、米国のイラク攻撃では、米国を支持し、軍を送ることを表明しており、これからしても韓国の腰が定まっていないと言えるのである。

 日本には、さすがあの朝日新聞でさえ、北朝鮮核武装容認論はとっていない。では、北朝鮮の核武装を許しても良いのかと言うと、そうは行かないであろう。北朝鮮の核に対して、日本単独では、防御することはできないので、米国の核の傘に頼ることしか生きる道がない。

 北朝鮮の核問題を米国の武力行使によって解決し、武装解除するには、日本も韓国も甚大な被害を受けるかも知れないという相当な覚悟が必要である。それが嫌なら、北朝鮮に核武装容認させることだが、その時点から悪魔のテロ国家北朝鮮の核による恫喝が始まり、世界は北朝鮮の意のままになる恐れがある。拉致問題などは解決済みとされ、永遠に経済援助という名で日本国民の税金を脅し取られ続けることであろう。
(2003/03/22)

この記事は「今日のコラム」
「米国は北朝鮮の核武装を許すか」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

北朝鮮のミサイル攻撃に座して死を待つのか

2003年03月21日 10時10分41秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障
~政府は発射基地攻撃兵器の保有を検討せよ~  

 政府は、北朝鮮の弾道ミサイルが領土領海に着弾した場合、当初は自衛隊に災害派遣を命じ対応するとしていた方針を転換し、防衛出動を命じることにしたようである。ミサイルの着弾は台風や地震ではないので、最初から防衛出動で対応すると発表しなければならないのに、方針の転換もヘチマもない当たり前の話である。

 しかし、北朝鮮が弾道ミサイルにより、我が国を攻撃する意図を持って準備しているのが分かっても、わが国の防衛方針である専守防衛に徹するならば、北朝鮮が弾道ミサイルを発射し、そのミサイルが、領海に接近し、領土にまっすぐ向かってきて、北朝鮮がわが国を攻撃したとの意図がはっきりしない限り、このミサイルを撃ち落とすことはできない訳である。であるから、発射してから数分で着弾するという弾道ミサイルを防ぐことは自衛隊の現有する装備では極めて困難であり、その第一撃により甚大な人的物的被害が生じ、わが国は大混乱となるであろう。

 政府は以前、他国からのミサイル攻撃に対し「防御するために、ほかに手段がない場合、基地をたたくことは自衛の範囲内で可能」という見解を示したことがあるが、確かに、ミサイルの第一撃を防げず、甚大な被害を受け、その国が、第二撃の準備をしていることが判明したのに、その発射基地を攻撃出来ないとすれば、国民は座して死を待つようなものである。

 石破防衛庁長官は、この程、「そのような場合、その発射基地を攻撃しても専守防衛に反しない」と述べ、「その攻撃能力を自衛隊が持つべきかどうか論議する必要がある」との考えを示したとのことである。しかし、政府は今日まで、ミサイル基地を先制攻撃することは、自衛の範囲としてきたものの、そのような攻撃能力を自衛隊に保有させて来なかった。だが北朝鮮は弾道ミサイルを開発し、すでに、わが国の上空を飛び越えたミサイルを発射しており、また核開発を継続するばかりか、わが国を火の海にするとの恫喝を繰り返している。このように、北朝鮮の弾道ミサイルは、わが国が直面する脅威となりつつあり、石破長官の発言は当然であると思う。

 ところが、小泉総理は、「攻撃の意図が分かったときに相手をたたく攻撃兵器を持ったらどうかという議論があるのは承知しているが、政府として、そういう考えはない。必要最小限度の専守防衛に徹し、足らざるところは日米安保条約、米国が大きな日本の抑止力になっている。日本は専守防衛に徹するということで行くべきだと思っている」と述べ、否定的な見解を示している。しかし、そのような論議があることを承知しながら、研究も検討もさせないというのは疑問である。

 ミサイル発射基地を攻撃しても専守防衛に反しないとしながら、そのような装備を保有しようともせず、日米安保条約による米国の軍事力に全面的に依頼するだけで良いのであろうか。であるから、今回の小泉総理の発言には同意出来ないのである。

 北朝鮮が発射したミサイルを撃ち落とすことが困難で、国民が被害を受けることになることが確実なのに、政府は防衛の基本方針を転換し、ミサイル基地を攻撃可能な装備を保有するかしないかの検討もしないのであろうか。
(2003/03/21) 

この記事は「私の主張」第165号
  北朝鮮のミサイル攻撃に座して死を待つのか
~政府は発射基地攻撃兵器の保有を検討せよ~
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

米国のイラク攻撃を支持した小泉総理相の決断は正しい

2003年03月20日 19時08分36秒 | 政治
  日本時間の3月20日午前11時30分過ぎに、米英両国軍を主力とするイラク攻撃が始まった。イラクのフセイン大統領は、国連による12回にも及ぶ大量破壊兵器の廃棄を求める決議を無視し、さらには国連による査察に対して非協力な態度をとり続けた。過去にイランやクウェートを攻撃し、自国民を化学兵器で虐殺するような独裁者が、テロリストと手を握り、大量破壊兵器を保有するようになったら世界各地でテロにより多くの犠牲者が出ることは間違いない。

 世論は、米英両国軍のイラク攻撃に反対し、抗議の矛先は米英両国に向けられ、攻撃を受けている独裁者フセイン大統領率いるイラク国民に同情している。もし、世論のように米英両国軍がイラクを攻撃しなかったら独裁者フセインをのさばらせ、テロ組織をかくまい、訓練し、武器を渡すことであろう。「独裁者フセインを倒すのは、米国や英国ではなく、イラクの市民だ」との声もあるが、フセインに反対するものは粛清されており、まして独裁国家であるから反対勢力など認めるはずはない。そのようなこと言う人は、イラクに行って「フセインは退陣せよ」と叫んでみたら良いではないか。すぐ捕まり殺されてしまうであろう。

 選挙で、フセイン大統領を信任するものは100%であったとのことで、それからしても、イラクは異常な国と言えるであろう。イラクは秘密警察による徹底的に国民を監視しており、多くのイラク国民は、フセインの恐怖政治に反対も出来ず経済制裁により困難な生活を強いられている。そのような国が、イラク国内からのフセイン大統領退陣要求運動など起こせる訳がなく、独裁者フセインのやることなすこと全てに反対する者はいないのは当然で、フセインのやるがままである。

 そのイラクを攻撃した米英両国軍が悪いのか。それを支持した小泉総理も悪いのか。イラク攻撃に反対し、人間の盾となってイラクに止まっている人や、米英両国に抗議している国や人々は、国連による決議を無視する嘘つきの独裁者フセインの延命に手を貸し、テロリストに大量破壊兵器を譲り渡すことがあってもかまわないと思っているのであろうか。

 小泉総理が同盟関係である米国のイラク攻撃を支持したことは、我が国の安全保障を考える上で当然であり、米国を支持しないという選択肢をとったならば、北朝鮮に誤ったメッセージを送ることになり、新聞世論に反した小泉総理の決断は正しいのである。
(2003/03/20) 

この記事は「今日のコラム」
「米国のイラク攻撃を支持した小泉総理相の決断」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

掲示板 2003年3月分過去ログ (1〜21)

2003年03月20日 03時21分37秒 | 掲示板過去ログ2003年分

21.小泉首相の命運
名前:保守紳士 日付:3月20日(木) 3時21分
正論大賞を受賞した中西輝政氏の近著『日本の「死」』を読んでいますが、その前書きで中西氏は「小泉首相は退陣せよ」と述べています。

確かに来月で3年目を迎える小泉首相は様々な功績を残してきました。靖国神社参拝、日朝首脳会談による金正日からの謝罪や拉致被害者5人の帰国、最近では米国のイラク攻撃への支持等々。しかし、それ以上に負の面がありました。例えば、一昨年には「8月15日に靖国に参拝する」と総裁選で公約しておきながら、13日に前倒ししてしまったこと。これで中国や北朝鮮により舐められてしまいました。また、小泉訪朝にしても米国から散々警告されていたにもかかわらず、支持率上げたさに実行してしまい、「平壌宣言」などというザル宣言に署名してしまったこと。これには中西氏はもちろん、西村真悟議員も批判しています。さらに細かく言えば、教育問題をなおざりにし、田中真紀子という史上最低の外務大臣を一年余りもクビにしなかったこと、金正男を返してしまったことなど、これらは到底目をつぶることなどできないことです。だのに、いまだに識者や多くの国民は小泉支持を続けています。私などは一昨年の前倒し参拝で「この人はダメだな」と思ったものですが、どうやら当たってしまったようです。

forestさんは小泉首相はまだまだだと思われますか?それとももう辞職すべき�セと思われますか?


20.若者の戦いに思いを馳せて
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月20日(木) 2時9分
今日は仕事の関係で久しぶりに原宿の竹下通りを歩いた。
六十二歳のおじさんには場違いの街だが、若者には人気の安売りファッションの街だ。道幅六メートル、長さは二百メートルぐらいか。この通りを向こうが見えないほどビッシリと連なって二十代前後の若者が歩いている。

それぞれ買い物の大きな袋を抱え、惚けた顔で所在なげにぶらついている。行き交う若者の目には野心に満ちた輝きや熱気は全く感じられない。世界中が賛成だ、反対だで大きく揺れ、固唾を呑んで見守っている戦争がイラクで始まるというのに、この若者達には何の関係も感慨も緊迫感も無いようだ。

ブッシュ大統領の開戦演説を、戦場に展開している若いアメリカの兵士ジョンはどんな気持ちで聴いたことだろう。世界の平和と祖国の愛する者の為に命を的にして戦う決心をしたジョンにとって、この戦争が世界を二分した事に複雑な思いが有るだろう。それでも、この戦争に勝ち抜き、祖国に凱旋することがジョンに科せられた使命だと誇りに思っているに違いない。万が一、自分が星条旗に包まれて無言の帰還をする運命だったとしても、祖国に対する義務は立派に果たした事を、祖国と家族は誇りに思ってくれると信じているだろう。

そうは言っても出撃命令を待つジョンの脳裏に死の陰が忍び寄る恐怖感は耐え難いものがあるに違いない。本当は戦争なんかしたくない。もっと、愛する者と人生を楽しみたい。こんなイラクの砂漠で死ぬなんて不条理ではないか、と考えるのも自然な事だ。しかしながら、こんな死は不条理であったとしても、その死に意義があると言うことは素晴らしいことだ。

ジョンはアメリカに生を受けたことを後悔しているのだろうか。それとも、アメリカという偉大な国家が祖国であることに誇りと喜びを感じているのだろうか。

イラクの兵士ハッサンも塹壕に潜みながらフセイン大統領の徹底抗戦演説を聴いたことだろう。圧倒的なアメリカの武力の恐怖に打ち勝つ術が無いことは多分理解しているだろう。
それでも、愛する者を守るために明日は死ぬ覚悟が出来ているのだろうか�B
イスラムの教えとアラブの大儀を守るために、超大国アメリカと戦う勇気をアッラーの神はハッサンに与えてくれただろうか。何も良いことがなかったハッサンの人生が、アッラーの神に命を捧げることで報われるのならば、ハッサンの人生にも意義が有ったと言える。
例えそれが不条理な死であっても�B

ジョンの身体にもハッサンの身体にも、祖国の為に命を懸けて戦おうとする気持ちの高まりと共にアドレナリンが満ちあふれて今晩は眠れないに違いない。眠れないままに今までの人生を振り返り、幼いときからの沢山の記憶が走馬燈のように巡っていることだろう。

戦争は無いに越したことはない。誰も戦争を喜ぶ奴はいない。しかし、ジョンとハッサンは共に、この戦争はしなければならない戦争だと理解しているに違いない。二十代のこの身を捧げるに値する戦争だと信じているに違いない。そうでなければ不条理な死の恐怖に毅然として向かうことは出来ないだろう。

竹下通りを明日も漫然と歩いている日本の太郎の身体には、アドレナリンが満ちあふれることが有るのだろうか。太郎には思いを馳せてもらいたい事がある。
インド洋や日本海にはジョンやハッサンと同様に、祖国の安寧と愛する者を守るために命を懸けている別の太郎がいることを。
日本から遙かに遠いゴラン高原や東チモールには、PKOとして世界に誇る使命を帯びて、日々活躍している別の太郎がいることを。
そして六十年前には愛する者の為にその身を捧げ、日本を名誉ある国家として世界に強烈な印象を与えた沢山の太郎が居たことを。


19.アメリカに正義はない。しかし支持せざるを得ない。
名前:ソフィスト 日付:3月19日(水) 23時55分
初めましてソフィストと申します。forestさんの意見はいつも現実的な意見なのでいつも楽しく読ませていただいております。ただ、イラク問題に関しては聞いてもらいたい話しがあります。
イラク及びその周辺国は不安定な地域で軍事力が無ければとてもじゃないが秩序が保てないところです�B
アメリカは今回の武力行使でそこで民主主義国家を作るといっておりますがはたしてそんなことができるでしょうか�B
民主主義国家というのは国民が一定レベル以上の政治的な知識をもっている必要があります。それができなくては衆愚政治におちいってしまいます。ただでさえ民族対立や派閥抗争があり国民もフセインを称える教育をひたすらやらされ政治に関する知識が乏しいのですからかなり厳しいとおもわれます。
イラクにおいてフセインにかわるリーダーは誰になるのでしょうか。フセイン打倒を掲げており、彼の代わりがいない以上間接統治は無理でしょう。しばらくはアメリカが直接統治をするとしても、民主主義国家になるまで何年かかるかメドが立たないのでは、またまた反米感情が高まり政情が不安定になってしまいます。悪い奴らをぶっとばすだけでは物事は解決しません。
・・・こんな感じで反米な私ですがそれでもアメリカの武力行使を支持します。北朝鮮の脅威に日本だけでは立ち向かうことができないからです。国際協調や国連重視と言う人がいますが、彼らが一体日本に何をしてくれるのでしょうか。朝日などの左翼系反米反戦論を読むと韓国や中国、ロシアと協力して北朝鮮問題の解決を計るべきといった論調がみられますが、毎年反日決起集会をやっているような連中を信じることができません。阪神大震災のときに喜んでいた奴らを信じるわけにはいかないのです。
そういうわけで、反米反戦ではあるが、アメリカの武力行使には賛成しているという意見です。forestさんはどうおもいますか。


18.戦争…でも、悲観はしていません。
名前:しんしん 日付:3月19日(水) 23時46分
新掲示板おめでとうございます。邪魔でなければちょくちょく書きたいと思いますが、いかがでしょうか�H
いよいよアメリカのイラク攻撃が始まりますが、フセイン政権崩壊後はその独裁ぶりが明らかになるでしょう。秘密警察、密告制度が張り巡らされ、大統領のテレビ演説で舌打ちした人が行方不明になる社会は異常です(←日経新聞)。反戦運動をしている人にイラクのクルド人弾圧や自国民抑圧はいいのか聞いてみたいです。
マスコミには北朝鮮の真実を隠し続けてきたようなことはせず、フセイン政権がどういうことをしてきたか明らかにして欲しいです。
事実はペンより強いと思っています。事実が国民全体に見えるようになってきたいい時代だと考えています。楽観できなくとも、悲観とまではいかないでしょう。


17.Re: いつもの掲示板が開かず驚きました
名前:forest 日付:3月19日(水) 23時12分
管理人です。3月17日に新掲示板を設置しました。掲示板が開かず驚きましたか。事前にもっとPRしておけば良かったですね。失礼しました。旧掲示板は閉鎖し、投稿文は過去ログにあります。今度の掲示板の方が使いやすいでしょう。

送別会のシーズンですね。私は送られる方でしたが先月やりました。

いよいよイラク攻撃です。フセインが退陣すれば戦争はないのですが、まず退陣はあり得ないでしょう。アメリカは、なぜイラクを攻撃しなければいけないのか。また攻撃しなかったらイラクはどうなるか。テロ組織は。北朝鮮はどう動くか。目を離せません。今後ともよろしくお願いします。


16.テンポさんへ
名前:forest 日付:3月19日(水) 22時55分
テンポさん、管理人です。いよいよイラク攻撃が始まるようです。フセインが退陣し国外逃亡すれば戦争はないでしょうが、おそらく退陣はしないでしょう。この戦争は湾岸戦争と同じ意外に短期間に終わるのではと思います。イラク攻撃反対を唱える人は、次の北朝鮮の事が頭にないのでしょうか。金総書記は、イラク情勢と米軍のハイテク兵器の事を固唾を飲んで見ているでしょう。次は金総書記の番です。同胞を拉致し殺害した最高責任者を絶対許してはいけません。小泉首相が、世論(新聞が作る世論ですが)と野党の反対を押し切り、米国のイラク攻撃支持を表明しました。私も小泉首相の英断に敬意を表します。反戦運動は、フセインや金総書記などの独裁者の恐怖政治を延命させるだけです。


15.いつもの掲示板が開かず驚きました
名前:古鷹 日付:3月19日(水) 22時22分分
新掲示板おめでとうございます�B
今後ともよろしくお願い致します。3月は、送別会シーズンにて度々遅くなっておりました。4月は歓迎会でまたまた飲酒の機会が増えます、体調には気を付けて行かなくては・・・・皆様も兼好にはご留意くだされませ。
ところで、いよいよ、米軍の攻撃が開始されそうですね。賛否いずれにしても戦争自体は嫌なものですが、先日「産経抄」にて「これを読めばイラク攻撃の疑問が氷解するだろう」と紹介されたボブ・ウッドワード「ブッシュの戦争」を購入いたしました。早速読んでみようかと思っております。


14.新掲示板開設おめでとう
名前:テンポ 日付:3月19日(水) 22時21分
まずは、新掲示板開設おめでとうございます。

さて、既に各方面にて報道されている様に
イラク攻撃が決定的になりましたね。

当然ながら、僕も”テロ支援勢力殲滅”としてのイラク攻撃
そして次にやってくるであろう、”北朝鮮攻撃への布石”として
その支持を明確に表明した我が国政府を支持いたします。

いまだに世界各国では、反戦運動が盛んのようですが、
半世紀以上前に、同じ過ちから”世紀の独裁者”の台頭を許した
苦い経験を忘れてはいけません。

あらためて、今後ともよろしくお願いいたします。


13.Re: 初めまして
名前:forest 日付:3月19日(水) 13時23分
ナベさん、管理人のforestです。初めまして、よろしくお願いします。イラクが異常な国であることは周知の事実です。大統領選挙では100%信任とか。反対は許さない訳で、反対者は分からないように抹殺されてしまうのでしょうね。アメリカ、イギリス軍などの攻撃でサダム・フセインとその息子たちが追放されれば、多くのイラク国民は今までの弾圧から解放されることですから、攻撃を待っているかも知れませんね。ですから、この戦争は意外に短期間に終結する気がします。

独裁者が君臨する国は日本の近くにもありますが、このイラク国民の独裁者からの解放が成功すれば、次は金正日です。今ごろ彼は、この戦争が、どう推移するかを固唾を飲んで見守っていることでしょう。同胞を拉致し、殺害した人間のかけらもない金正日よ。今度はあなたの番だよと言いたいです。


12.Re: アメリカのイラク攻撃を支持する
名前:forest 日付:3月19日(水) 12時21分
でじゃ・ぶさん、管理人です。私もアメリカのイラク攻撃を支持します。ブッシュ大統領とて、自国の兵士に多数の死傷者が出ることを覚悟して、イラク攻撃を決定したのは、苦渋の選択であることは間違いありません。

し かし、イラクをこのまま放置すれば、さらなる犠牲者を生むと考え、戦う兵士には、決して間違った戦争ではない。独裁者を追放し、世界からテロの恐怖を除去 し、その先頭にアメリカは立つのだ。だから、世界平和のため立派に戦ってくれとの印象をブッシュ大統領の演説から受けました。サダム・フセインという独裁 者がどんな男で、どんな野望を持っているかを知っているなら、話合い、決議を繰り返しても無駄であり、そんなものは全て無視されるだけです。戦争はなるべ くやらない方が良いに決まっていますが、平和構築のためには必要なこともあります。ですから、査察の継続を主張する独、仏、露などは国連の権威を失墜させ たと言えるでしょう。

ですから、国連の機能は、今回の件でかなり低下したと言えるでしょう。国連はイラクに対する、12回以上の決議を し、イラクの武装解除を求めてきたが、イラクはこの国連決議違反を繰り返して来ました。そんなならず者を指導者に持つ国を放置し、またテロ組織をかくまっ ていう国を放置できないのは当然です。私は、イラク攻撃を決断したブッシュ大統領。またそれを支持した小泉首相の決断にもでじゃ・ぶさんと同じく敬意を表 する一人です。


11.Re: 国連って何?
名前:forest 日付:3月19日(水) 11時42分
保守紳士さん、管理人です。いよいよ米英国両軍を 中心としたイラク攻撃が始まるようです。フセインが退陣すれば戦争は防げるのでしょうが、独裁者は自国民が多数死傷してもその地位を譲り渡すことはないで しょう。イラクで行われた選挙でフセインが100%の信任を得たと言いますが、それからしても民主主義の国とは言えません。

国連の機能が 停止したといわれていますが、すでに昨年11月8日の安保理で全会一致で採択された「イラクが課された義務に対する重大な違反を犯し、完全、即時に武装を 解除しない場合は深刻な結果を迎える」とした「決議1441」がありますので、アメリカが安保理によるさらなる決議は必要がないということは正しい言い分 です。国連加盟国がこれだけ多いと、人間の世界でも100人いれば100人の考え、また価値観が異なりますから、意見がまとまるはずはありません。イラク を攻撃しても、何のメリットもない国や、様々な思惑が各国にあるのでしょう。まあ国連は、確かに第2次世界大戦の反省から出来たといいますが、枢軸国と言 われた国をいまだに敵国条項として残し、平和を脅かせば武力行使の権限を国連に与えている不平等なものです。日本は敵国条項の廃止を訴えていますが、未だ に実現していません。

アメリカが、だらだらと論議を重ねて、決断を下さない国連に嫌気をさしたのは、あの9.11テロの衝撃でしょう。で すから罪もない人々を多数殺害したテロリスト組織を壊滅させなければ、アメリカも世界の安全も確保出来ないと考え、攻撃があってから反撃するのではなく、 先制攻撃をしてその組織を壊滅させなければとして、そのようなテロ組織を支援し、訓練し、かくまっている国を放置すれば、その組織に大量破壊兵器が渡り拡 散するという悪夢が予想されるからでしょう。
ですから、国連がいくら決議を出してもイラクは無視を続けてたことに、このままイラクを放置したら、イラクやテロ組織の野望が達成される恐れがあると確信したのです。

日 本では未だに国連に期待している人がいますが、フセインなどのならず者が指導者となっている国が存在し、世界に危機を招いている現状を考えても、はやり戦 争は大きな犠牲者が出るとして、ためらいが多くの国にあるのでしょうが、平和は待っているだけ、祈るだけではやってきません。自国の兵士が血を流す覚悟で ブッシュ大統領が苦渋の決断したのは、イラクを放置すれば、さらなる犠牲者を生むとしたからでしょう。ですから、国連がもたもたしているようではアメリカ は単独でもやると宣言しているのです。ですから、様々な思惑が錯綜する国連の機能はかなり低下した言えます。前の朝鮮戦争の時は、国連軍が出来ましたが、 今度はそうは行かないかも知れません。ですから今回のアメリカのイラク攻撃支持をした日本は正しい選択をしたと言えるでしょう。


10.初めまして
名前:ナベ 日付:3月19日(水) 11時34分
 ナベと申します。初めて参加させていただきます。どうかよろしく
  私もイラク侵攻を支持します。でじゃ、ぶ さんの言われる通りなのですが、それに加える事があります。それはサダムフセインの下、多くの人達が残酷な粛清 によって死んでいるということです。独裁国家の宿命ですが反対勢力を認めません。秘密警察による徹底的な締め付けで国民は悲鳴を挙げる事さえ出来ないでい るのです。我々は眼に見える戦争での犠牲者を悼むと同じように見えないところで消される人達のことも考えなくてはいけません。

 恐らく国民はイラン戦争、クエート戦争、その後の経済制裁で疲れ切っていると思われます。
 私は想像します。アメリカ軍の侵攻を一番待ち望んでいるのは普通のイラク国民ではないでしょうか。どうもそう思えるのです。


9.アメリカのイラク攻撃を支持する
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月19日(水) 3時49分
ブッシュ大統領がついに決断をした。小泉首相もすぐさまアメリカを支持すると言明した。ブレア首相は議会で戦争の決意を力強く述べていたが議会の承認が得られるのだろうか。シラク大統領は、二股かけたフランス流外交が今回も成功したと確信しているだろうか。プーチン大統領自信からは何のメッセージも無かった。シュレーダー首相は相変わらずブッシュとアメリカ政権を非難した。温家宝中国首相は平和努力を訴えたが、アメリカを直接非難する言葉はなかった。顔の見えないプーチン大統領と温家宝首相以外はそれぞれ苦渋に満ちた表情であった。

ブッシュ大統領一人が、自信に満ち、晴れ晴れとした表情だったのが印象的である。
何もしない中国と、何もできない日本はともかく、フランス、ドイツ、ロシアは舞台裏でどの様な動きをしているのだろうか。アメリカと国連の権威を失墜させたツケは大きい。
小生は、国内と国外を問わず米英を非難する者達に、もう一度1991年4月3日の国連安保理決議第687号を熟読することを勧める。
そこには、イラクは全ての「大量破壊兵器」とその「材料」、「研究施設」、「製造施設」を「国際的監視の下」で「無力化」する事を「無条件に受け容れ」なければならない。

イラクは「大量破壊兵器の全容」を明らかにしなければならない。
イラクはテロを「実行」または「支援」したり、テロ組織が「イラク国内で活動」する事を許可してはならない、とある。他に射程150km以上の弾道ミサイルの破棄や核開発の禁止なども定められている。
そしてイラクはこの国連安保理決議を受諾している事を思い出すべきだ。
この決議がイラクに科しているのは、かつて保有していた大量破壊兵器をいつ、何処で、どの位、どの様に処分したかを説明する挙証義務である。イラクは12年間、それを拒否してきたのだ。国連の査察官が200人位であの広大な国土の隅々まで探し回る義務など無いのである。アメリカが執拗にイラクに挙証責任を求めたのは、皮肉にもこれらの大量破壊兵器をイラクに与えたのがアメリカ自信だったからである。当然、これらの製造能力を熟知の上で所有量を把握しているからこそ、イラクが破棄したと申告した量では計算が合わないのだ。

アメリカがイラクの態度に納得しないのは当然である。アメリカだけではない。全ての安保理理事国もイラクの対応に痺れを切らして決議したのが2002年11月8日の国連安保理決議第1441号である。
この内容はご承知の通り、イラクが安保理決議687号に違反している事を確認し、大量破壊兵器のなどの完全なる申告(イラク自身の挙証義務)を求め、これに違反した場合は「深刻な結果」に直面する。という簡潔な内容である。イラクはこの決議の意味するところを軽視し、12年間のサボタージュが継続可能であると多寡を括ったのだ。
しかもこの決議は全安保理理事国の賛成で可決された。

挙証義務を蔑ろにしたイラクのこれほどの明確な国連決議違反を、多くの国が見逃すのみならず、国連のアナン事務総長まで無視するならば、国連の権威を自ら葬り去っていると言わねばならない。この決議を蔑ろにして、平和や人権を理由に米英の武力攻撃を非難し、イラクを擁護し、新たな決議が必要などと屋上屋を要求する者達には、平和や人権を語る資格は無い。それでも反対するフランスやロシアやドイツや中国には反対せざるを得ない不純な裏の理由が有るのは自明である。

小生は、ブッシュ大統領がイラク攻撃を決意したことにより国連の権威が何とか保たれたと思う。多くの同盟国や世界の世論の反対に一時は決心が揺らいだようであったが、予想される彼我の戦争による被害を思いながら、苦渋の決心をしたのだろうと考える。頂点に立つ者の懊悩と決意後の潔さは古今東西変わらぬものであろう。その意味で、小生は小泉首相の決断にも敬意を表する。又、サダムフセインもアラブの大儀の為に死を賭すならば、国民を省みない愚者であるとしても、それなりに評価されてしかるべきだろう。


8.国連って何?
名前:保守紳士 日付:3月19日(水) 0時41分
いやあ、本当にいいですね、この掲示板は。レスも見やすいし、ジオボードよりもずっと使いやすい。こちらにして正解でしたね。
さて、本題に入りましょう。すでにご存知の通り、米国のブッシュ大統領は日本時間の今日午前に演説を行い、イラクのフセインに「48時間以内に国外退去しなければ攻撃を開始する」という、事実上の「最後通告」を突きつけました。独仏露などはまたぞろ反対してくるでしょうが、もうここまで来れば武力行使あるのみでしょう。それにしてもだらしなかったのは国連です。決議1441を全会一致で採択しておきながら、それをイラクに実行させるだけの力が全くなかった。いえ、考えてみれば99年のユーゴ紛争を始め、国連が発足してからまともに機能したことなどあったでしょうか。せいぜい朝鮮戦争か湾岸戦争の時だけでしょう。

そもそも「国連」とはどういう組織か?それは第二次大戦時の連合国が戦後の世界の枠組みを決めるためにつくられた組織です。だからこそ、旧連合国の米英仏中露だけが常任理事国として拒否権と核を持ち、ドイツと日本にはいまだ「敵国条項」が残っています。このような成立当初からいびつな組織が果たしてまともに機能できるかなど、言うまでもないでしょう。米国が国連に嫌気がさした気持ちも、わからなくもありません。

forestさんは国連について、そして今回のイラク問題における機能不全についてどう思われますか。


7.Re: 質問ですが・・
名前:forest 日付:3月18日(火) 19時36分
管理人です。書き込みありがとう。字数の制限ですが、PCの場合は特にない思います。ただ、携帯電話で受信すると、例えばiモードの場合は250字以下でないと全文が受信できません。でも携帯画面の掲示板のURLをクリックしてインターネットに接続すれば、全文が読めます。ですから、長文でもかまいません。なお掲示板は100件まで表示され、それ以上となると自動的に削除されてしまいますので、古いものは過去ログとして保存する予定です。旧掲示板は、過去ログを作成した時点で閉鎖します。

また、携帯用URLに登録していただければ、掲示板へ書き込みがあれば、即メールとして送信されてきますし、掲示板への書き込みも出来ます。以上の通りですよろしくお願いします。


6.質問ですが。
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月18日(火) 15時55分
新掲示板は非常にすっきりとなりましたね。
ところで、書き込みには字数制限は有るのでしょうか。
長文はまずいですか?(小生 文才に乏しくつい長文になりがちで反省はしているのですが。j
旧掲示板が姿を消すのは大体いつ頃でしょうか。


5.保守紳士さんありがとう
名前:forest 日付:3月18日(火) 11時56分
管理人のforestです。保守紳士さん、書き込みありがとう。ご要望の掲示板ですが、いかがですか。色々なレンタル掲示板のサイトを訪問してシンプルなものが良いと考えて気に入ったものを探したのですが、なかなか良いのが見つかりませんでした。この掲示板なら携帯でも送受信が出来るし、良いかなと思った次第です。そんな訳で今後ともよろしくお願いします。


4.でじゃ・ぶさんありがとう。
名前:forest 日付:3月18日(火) 11時43分
管理人のforestです。でじゃ・ぶさん、書き込みありがとう。シンプルな掲示板かも知れませんが、訪問される方のメッセージがよく分かりますので、この方が良いですね。今後ともよろしくお願いします。


3.おめでとうございます
名前:保守紳士 日付:3月18日(火) 5時8分
こんにちは、保守紳士です。
新しい掲示板の開設おめでとうございます。やはりメールよりも、このような掲示板の方がやり取りが早いですね。
そんな訳で、今後ともよろしくお願いします。


2.新掲示板開設おめでとうございます
名前:でじゃ・ぶ 日付:3月18日(火) 1時44分
管理人様 いつもお邪魔して鬱憤をはらさせて戴いています。
管理人様には唯唯、感謝です。
益々のご活躍期待します。
今後とも宜しくお願いいたします。
でじゃ・ぶ


1.新しい掲示板を作りました
名前:forest 日付:3月17日(月) 23時23分
管理人のforestです。読者の方からの要望により、削除機能などがある高機能の掲示板を新規に作成しました。今後はここに書き込んで下さい。
http://www.geocities.co.jp/WallStreet-Stock/3315/

コメント

ミサイル着弾に防衛出動対応は当たり前

2003年03月18日 18時36分41秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障
 政府は、北朝鮮の弾道ミサイル「ノドン」が日本国内に着弾した場合、自衛隊を出動させる根拠として、被害の拡大防止を優先にするため「災害派遣」で対応するとしていた従来の方針を転換し、防衛出動で対応することで検討に入ったとのことである。

 当たり前の話ではないか。ミサイルの着弾という、明らかに我が国に対する武力攻撃に対して、台風や地震の時と同じように災害派遣というプレートを車の前に取り付けて自衛隊は出動するのであろうか。その場面をマスコミがニュースとして全世界に配信したとしたら、日本は世界から物笑いにされることは目に見えている。

 ミサイルが着弾した場合、被害拡大防止、死傷者の救護のために自衛隊は出動するのは当然であろうが、災害派遣というプレートをつけて自衛隊がその現場に出動したら、国民の目にどのように写るのであろうか。多くの国民は、「ミサイルの着弾という明らかな武力攻撃に対し、自衛隊は災害と見ているのか。災害はなかなか防ぐことは出来ないが、ミサイル攻撃は、迎撃体制を強固にしていれば防げるのではないか。被害拡大防止、死傷者の救護は警察、消防、自治体などに任せて、次の攻撃を受けないように、自衛隊にしっかりした体制をとってもらいたい」と思っているに違いない。

 ノドンの発射から着弾まで約10分しかないとすると総理の防衛出動命令を待っている間に着弾してしまう。防衛出動命令を防衛庁長官が代行する案もあるというが、たとえばイージス艦が発射を探知して報告し、それに対し、防衛庁長官が迎撃体制をとれとの防衛出動命令を自衛隊に発する余裕があるのか。間に合うはずがない。であるから、ミサイルが領土、領海上に着弾する前に、領空に向かい飛来して来た段階で、自衛隊法第84条の航空機に対する対領空侵犯措置のようにミサイルも即迎撃体制をとることが可能なように法を改正しておくべきである。

 政府は当初ミサイルの着弾に「災害派遣」で対応するとしていたことに思わず笑ってしまったが、国民の批判があったのであろうか。その後、防衛出動で対応することを検討しているというが、そのような分かり切ったことをこれから検討とは、政府内には平和ボケの人も相当いるようである。
(2003/03/18) 

この記事は「今日のコラム」
「ミサイル着弾に防衛出動対応は当たり前」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

イラク攻撃を決断したブッシュ大統領

2003年03月17日 22時23分42秒 | 国際問題
~米国を支持した小泉首相に敬意を表する~

 ブッシュ大統領が、イラク攻撃を決断した。また、緊迫する北朝鮮情勢を睨んで米国の武力攻撃を支持することを表明した小泉首相に敬意を表すとともに、私は今回のアメリカのイラク攻撃を断固として支持する。

 ブッシュ大統領とて、自国の兵士に多数の死傷者が出ることを覚悟して、イラク攻撃を決定したのは、苦渋の選択であることは間違いない。しかし、イラクをこのまま放置すれば、さらなるテロによる犠牲者を生むと考え、戦う兵士に「アメリカを支持してくれる国は多くないが、決して間違った戦いではない。独裁者を追放し、世界からテロによる恐怖を除去し、その先頭にアメリカは毅然として立つのだ。だから、世界平和のため立派に戦ってくれ」との印象をブッシュ大統領の演説から受けた。

 フセインが退陣すればこの戦争は防げるのであろうが、独裁者は自国民が多数死傷してもその地位を譲り渡すことはないであろう。フセインの率いる独裁国家が、今まで、いや今でも反対勢力を認めず、恐怖政治により国民を締め上げている。

 国連はイラクに対して、12回以上の決議をし、武装解除を求めてきたが、イラクはことごとくそれを無視し、国連決議違反を繰り返して来た。また、イラクは、テロ組織を支援し、訓練し、かくまっている国であり、その組織に大量破壊兵器が渡り拡散するという悪夢が予想される。戦争は大きな犠牲者が出るとして、ためらいが多くの国にあり、イラク攻撃反対の声がわき上がっているが、では、フセインというならず者と話合いで、大量破壊兵器を廃棄させることが出来るのであろうか。平和は待っているだけ、祈るだけではやって来ないのである。

 このような自国民を平気で殺す独裁者とどう向かい合うかである。自国の兵士が血を流す覚悟でブッシュ大統領が苦渋の決断したのは、イラクを放置すれば、さらなる犠牲者を生むとしたからだ。であるから、国連がもたもたしているようではアメリカは単独でもやると宣言しているのである。今回の件で、様々な思惑が錯綜する国連の機能はかなり低下した言えるであろう。

 サダム・フセインという独裁者がどんな男で、どんな野望を持っているかを知っているならば、話合い、決議を繰り返しても無駄であり、そんなものは全て無視されるだけである。戦争はなるべくやらない方が良いに決まっているが、平和構築のためには必要なこともある。であるから、査察の継続を主張する独、仏、露などは国連の権威を失墜させ、フセインを勇気づけた最大の戦犯と言えるであろう。この戦争は意外に短期間に終結する気がする。アメリカ、イギリス軍などの攻撃でサダム・フセインとその息子たちが追放されれば、多くのイラク国民は今までの弾圧から解放される訳である。

 独裁者が君臨する国は日本の近くにもあるが、アメリカ、イギリス軍などの攻撃により、善良なイラク国民が独裁者からの解放が成功すれば、次は金正日である。今ごろ彼は、この戦争が、どう推移するか。固唾を飲んで見守っていることであろう。同胞を拉致し、殺害した人間のかけらもない金正日よ。凍土の国で果てた多くの同胞のためにも日本は決してあなたを許さない。「今度はあなたの番だよ」と言いたい。

(この主張は、掲示板に書き込んだものを加筆したものです)
(2003/03/17)                  

この記事は「私の主張」第164号
  イラク攻撃を決断したブッシュ大統領
~米国を支持した小泉首相に敬意を表する~
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

日本は米国支持が最善の選択肢

2003年03月15日 18時34分39秒 | 国際問題
  イラク問題で、親米の人が多い保守層の中でも米英両国軍のイラク攻撃反対を叫んでいる人がいるが、イラクは過去に多くの国連決議を無視し続け、また国内のクルド人に対し化学兵器を使用した前歴があり、さらには大量破壊兵器の査察に対して妨害活動を繰り返してきた。であるから査察を継続しさえすれば、大量破壊兵器を廃棄させることができると思うのは疑問であり、日本よりも広いイラク国内のどこに隠してあるか分からない生物・化学兵器などをイラクの全面的な協力なしに、発見して廃棄させることなど不可能である。

 イラクが「大量破壊兵器はここにあります」と言わない限り、「勝手に調べて下さい」と言われて、査察団がイラク国内の全てを調べることなど何年どころか、永久に出来る訳けはない。

 最近のイラク攻撃反対の反戦運動は反米運動となり、大量破壊兵器を保有し、テロ支援国家としてのイラクに向けられていないという奇妙なものであり、これではイラクの独裁者フセインを利するだけである。

 イラクが自発的に大量破壊兵器を廃棄して武装解除をすれば、米英両国軍はイラク攻撃をしなくて済む訳だが、では、いつまで査察を続ければ、イラクは武装解除をするのであろうか。今までのイラクの態度からしてそんなことはあり得ない。

 米英両国軍のイラク攻撃反対の運動ではなく、「イラクは大量破壊兵器を廃棄せよ」との運動を起こさなくてはならないのに、そのような波はなく、このまま米英両国軍がイラクを攻撃しなければ、フセインが君臨する大量破壊兵器を保有したままの独裁国家として存続することを国際社会は容認することになる訳である。

 イラク攻撃反対、反米を叫ぶ日本人は、イラクと同じ、テロ支援国家の北朝鮮が化学、核兵器などの大量破壊兵器を保有しているかも知れないということには目をつぶっている。仏独には北朝鮮の脅威は感じないかもしれないが、日本は直接北朝鮮の脅威に直面しているのである。

 まさか北朝鮮が日本を攻撃することなどあり得ないと思っている人が多いであろうが、過去に北朝鮮は、「東京を火の海にする」と言って恫喝したことがあり、現に北朝鮮は、日本を攻撃出来る弾道ミサイルのノドンやテポドンを保有している。

 北朝鮮の恫喝に日本は単独で対抗できないのに、反対と叫んで脅威を防ぐことはできれば良いのだが、そのようななことは出来ない。イラクより北朝鮮の脅威が迫っていても日本は米国の軍事力が背景にないと何もできない情けない軽武装国家である。であるから、私は最近の反戦反米運動に危機を抱いているのである。日本はアメリカを断固支持する。それが最善の選択肢で、それ以外に日本が生き残る道はない。
(2003/03/15) 

この記事は「今日のコラム」
「日本は米国支持が最善の選択肢」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

小泉総理の世論批判について

2003年03月10日 22時56分26秒 | 政治
  米英両軍のイラク攻撃が迫っているが、マスコミには「世論はイラク攻撃に反対が多数を占めているのに、小泉総理は、その世論を無視して米英両国を支持するのか」との論調が多くみられる。また、小泉総理が「世論が間違っていることもある」と発言したことに対し、マスコミは「米国を含め世界各国で繰り広げられているイラク攻撃反対集会やデモを見ても、国内世論の動向は国際世論と同調するものだ」(沖縄タイムス社説・3月7日から)と、このように世論がイラク攻撃反対で盛り上がっているのに、小泉総理の姿勢はおかしいと批判している。

 確かに、イラク攻撃反対集会やデモをしている人もいるだろうし、集会やデモををしなくても、米英両軍のイラク攻撃を支持している人もいるだろう。またそのような問題には全く関心がない人まで様々である。

 だれでも戦争はない方が良いと思っているが、世界の中には、他国を侵略したり、大量破壊兵器を製造し、テロ組織に売り渡すなど独裁的な指導者がいる国があることも事実である。そのような独裁者を有する国を放置すれば、世界は、予期しない戦乱やテロなどで大混乱に陥る恐れがあり、米英両国は、そのような事態を避けるために先制攻撃をして、封じ込めておこうというものである。

 ブッシュ米国大統領は、「米国民を守るためにイラクを攻撃する」と明言しているが、9.11の悪夢の再現を米国は断固阻止するという毅然とした姿勢の現れである。米英両国がイラク攻撃に踏み切れば、自国の兵士にも多くの戦死傷者がでることであろう。それでもイラク攻撃をして武装解除して封じ込めておかなければ、さらなる犠牲者がでることを避けたいからであろう。

「イラク攻撃反対の世論に小泉総理は耳を傾け、米英両国を支持するな」と、マスコミは小泉総理の「世論に反して行動する」との言動に怒っているが、それは、その世論を形成しているマスコミの意見をなぜ聞かないのかと怒っている訳だ。いままで、マスコミによって操られた様々な反対運動で、確かに政府が方針を転換したとか、廃案となった法案もあるが、マスコミの「世論にはイラク攻撃に反対との意見が多いから、米英両国を支持するな」との論調が、正しいか正しくないか分からない。であるから、マスコミによって醸成された世論が必ず正しいとは限らないから、小泉総理が「世論が間違っていることもある」と発言したことにマスコミは批判するのは筋が違うと思う。

 政府の方針に、賛成、反対の論調をその都度かかげ、それによって政府の方針がぐらつくようでは、マスコミの論調に左右される政治が行われているのと同じになってしまう。マスコミによって醸成された世論ほど危ういものはない。国民は、小泉総理や政権政党に不満があるなら選挙によって判断するのが本当の世論ではないのか。だが朝日新聞などを読んでいる人には正しい判断は出来ないであろう。
 (2003/03/10) 

この記事は「今日のコラム」
「小泉総理の世論批判について」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント

ミサイル防御装置のないP3C哨戒機

2003年03月08日 22時53分57秒 | 防衛省・自衛隊・安全保障
  3月8日の産経新聞朝刊を広げると、1面トップは北朝鮮による地対艦ミサイル「シルクワーム」の発射が予想されることから、その警戒監視活動を強化するために日本政府は海上自衛隊のイージス艦「みょうこう」と、P3C哨戒機を日本海に緊急展開させているとの記事であった。  

 イラク情勢が緊迫する中、米軍の主力はイラク方面にあることから、その間隙をぬって北朝鮮が暴発しないように自衛隊には当分の間は普段にも増しての目を離せない警戒活動が必要であろう。  

 昼食を済ませて2階の書斎にいたところ、プロペラ機の爆音がするので、 窓を開けて空を眺めると、我が家の上空を2機編隊の海上自衛隊のP3C哨戒機が西の空に向かって飛行していくのが見えた。新聞に載った日本海方面の警戒活動のために日本海方面に向かうのだろうか。

 ところで、海上自衛隊のP3C哨戒機には、対ミサイルかく乱装置が装備されていないそうである。熱源追尾式のミサイルに対しては、空中にマグネシウムなどを放出して燃焼させ、それを標的と感知させて進路を狂わせる「フレア」と呼ばれる防御装置と、反射電波追尾式のミサイルに対しては、「チャフ」と呼ばれる大量のアルミ片を空中に散布して欺く防御装置があるという。

 P3C哨戒機は水中に潜む潜水艦を探査することを任務とする対潜哨戒機であり、潜水艦を攻撃するミサイルや爆雷は装備しているが、対空ミサイルを防御する装備はなく、80機あるP3C哨戒機に搭載が始まるのはまだ数年先だという。であるから、武装工作船と知らずに近づいたら船上から携帯対空ミサイルなどを発射されれば撃墜されるおそれがある訳である。  

 P3C哨戒機の搭乗員は、ミサイルが発射されれば急上昇や急旋回で回避する訓練を行っているというが、まず回避は出来ないと思っており、撃墜されることを覚悟している訳である。であるから、P3C哨戒機が、そのような危険な状態のまま、任務を遂行していることを国民は知らなければならない。

 今頃日本海方面は緊迫していることであろう。私は、書斎の窓から顔を出し、その機影が見えなくなるまで、空を見上げたまま「殉職を覚悟して厳しい任務を遂行中の自衛隊の皆様。ご苦労様です。お気を付けて」と思わず祈ってしまった。
(2003/03/08) 

この記事は「今日のコラム」
「ミサイル防御装置のないP3C哨戒機」
としてHPに掲載されていたものです。

コメント