きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「赤ひげ」(午前十時の映画祭11)

2021年09月19日 | 映画


長いし、朝早い回だし、見るのを迷ったけど、
やっぱり良い話だった。
保本の心がほぐれていく過程、
少女との交流が特に好き。

改めて見ると画面構成も巧み。
「ここで燭台の煙がうっすら」とか、本当に上手い。

タイトルロールを見て、
なんか見覚えがある面子だなあ、と思ったら、
あれね、五社協定中ね。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 「DREAM BOYS」(2021年9月)  | トップ | 「マスカレード・ナイト」 »

コメントを投稿