きんちゃんの観劇記(ネタバレだよ)

思いつくまま、適当に。

「マスカレード・ナイト」

2021年09月19日 | 映画


前作と同じく、映画としての盛り上げ方と登場人物の捌き方は上手いんだけど、
ミステリー部分の見せ方が弱いというか、
「ああ、コレがああなるよね」が、わかりすぎちゃうのが惜しい。
仕方がないけど。

前回の松さんほど役者の顔ぶれでのネタバレは無かった。
かな。

前回はあまりにも「明石家さんま(友情出演)」がわかりづらかたせいか、
今回はバッチリわかるような親切設計です。

テルは大画面で見ても美人だった。
意外に大柄には見えなかった。


それにしても、前回も思ったけど、
ホテルって本当にあそこまで我儘が通るものなの?
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
«  「赤ひげ」(午前十時の映画... | トップ | 「大ベルセルク展」 »

コメントを投稿