私の主張・ひとりの日本人として

新聞やテレビの報道で特に偏向マスコミや反日日本人などに憤慨することが多くなり、暇な時に思いつくまま書き綴ったブログです。

立憲民主党は必要ないと言われないためには

2021年05月09日 21時34分34秒 | 民主党関連

蓮舫氏、「立憲は日本に必要ない」と発言した日本維新の会・馬場伸幸幹事長へ「何様?」

2021/05/07

 立憲民主党の蓮舫参院議員が7日、自身のツイッターを更新した。
 
蓮舫氏は「維新・馬場氏『立憲は日本に必要ない』国民投票法改正案賛成で」と題したネット記事をアップした。記事は、日本維新の会の馬場伸幸幹事長が6日の記者会見で、立憲民主党が6日の衆院憲法審査会で国民投票法改正案に賛成したことに関連し「日本に必要ない政党だと思います」などと述べたことを報じている。

 蓮舫氏はこの発言に「何様?でしょうか」とツイートしていた。
(スポーツ報知)

写真:蓮舫氏

(引用終了)


 立憲民主党とか言う政党があるようだが、幹部連中の顔ぶれを見ると、かって民主党にいた連中ばかりで、やっていることは政権を批判するだけだし、気に入らないと審議をサボって休暇を楽しむのを得意としており、高額な歳費を貰いながら国会議員としての責務を果たしているとは到底思えない。

 悪夢の民主党政権と言われているのは、政権与党となって野党から批判される立場になったものの、どうして良いか分からず、下野した自民党に聞く訳にはいかず、何とか自分たちだけで、政権運営をしようとしたが、何の経験もない素人が家を建築するようなもので、最初から無理だったのである。だから、批判だけで存在感を示していた国会議員しかいなかった民主党が、僅か3年4カ月で政権与党の座を失ったのは当然と言えるだろう。

 偏向メディアによる世論調査で、どの政党を支持しているかを問うものがあるが、立憲民主党の支持率は3%程度であり、これでは、再び政権与党になるのは無理であり、野党第一党のまま推移するだけで、また偏向メディアの調査が正確であるとは言えないものの、どうすれば支持率が上がるか党内で論議している様子もないし、反対に有権者の立憲民主党離れに拍車を掛ける言動が目立つようである。

 前にも書いているが、立憲民主党の支持率低迷に貢献しているのは蓮舫参院議員であり、謙虚さもなく人を見下すような態度で、お早うからお休みまで批判ばかりしているからで、蓮舫氏が人の批判に熱心なのはおそらくやましいことがあって、批判の矛先が自分に向けられないようにするためではなかろうか。

 スポーツ報知によれば、日本維新の会の馬場伸幸幹事長が、立憲民主党が6日の衆院憲法審査会で国民投票法改正案に賛成したことに関連し「日本に必要ない政党だと思います」などと述べたこと関して、蓮舫氏は「何様?でしょうか」とツイートしていたと報じている。

 立憲民主党は日本に必要ない政党と言われて「何様?」とだけ反論したのはいつもの蓮舫氏らしいが、もし謙虚さがあれば「そう言われないために立憲民主党は努力して参ります」とか言った筈で、国会議員でありながら日本の安全や国民の幸せのための論議もしないのは、蓮舫氏が国会議員になった目的が日本のためではないからだとしか思えない。

 蓮舫氏の二重国籍疑惑は解消されておらず、未だに外国籍それも支那籍である疑いがあり、要するに支那からの司令によって諜報活動を行っている工作員と言っても良いし、だから民主党政権時代に蓮舫氏が行った事業仕分けは日本を衰退させる目的であったと言って良いであろう。

 立憲民主党は必要ないと言われないためには与党を批判するだけの党であってはならず、まともな野党第一党として対案を出したり論議することで、なぜならば与党が言っていることが必ずしも正しいとは限らないからであり、それをせずして批判だけしていれば党は安泰だと思っているのであれば付ける薬はない。

 まともな野党第一党に立憲民主党がなるには、外国籍の疑いがある蓮舫氏の排除が必要で、また帰化議員も同様であり、なぜならば日本のために働く気がないし、それを現に自認する議員が立憲民主党に存在するからである。維新の馬場氏から立憲民主党は必要ないとされて、蓮舫氏は「何様?でしょうか」と反発している訳だが、馬場氏は「立憲民主党は必要ないし、特に蓮舫氏はもっと必要ない」と本当は言いたかったかも知れないが、それを言われなかっただけでも良かったではないか。
(2020/05/09)

コメント (4)