言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

ヘッセ『ペーター・カメンツィント』を読む。

2017年10月25日 16時21分35秒 | 日記
郷愁―ペーター・カーメンチント (新潮文庫)
高橋 健二
新潮社

 

 夏に読んだ本のなかで、この『ペーター・カメンツィント』が紹介されてゐたので読んでみた。一日一章づつ。八日で読み終はる。聖なるものと汚れたものとに引き裂かれて生きるヘッセそのもののやうにも思へる「カメンツィント」の生き方に引き寄せられた。ヘッセ27歳の出世作だが、私はこの年にして読んだ。ヘッセの魂の震へを感じた。彼もまたその年には詩人として自立できるかどうかの際に立ち、それでも言葉で生きることを決意し、もがいてゐた。青年期を思ひ出す。

 そしてその青年期といふことの意味は、前近代から近代へと移行する時の、田舎から都会に出る時の、無教養な人が教養主義の世界に踏み込む時の失ふことと守り抜くこととの間でたたずむ一人の人間の姿の象徴でもある。

 訳者の高橋健二が、この作品を「郷愁」と名付けたのはあまりに絶妙であらう。それは故郷を離れた青年が抱く心情だからである。

 いつも支へられ慕つてゐたが早くに死んでしまつた母、酒飲みでいい加減で嫌ひである父と、どんどん似ていく自分自身、いつでも自分の寄り添つてくれた友人、恋心を抱きつつ成就しなかつた恋人、その中で生きてゐる「カメンツィント」の言葉が心に残る。

 ヘッセの的確な言葉がこの小説の魅力である。

 

 

コメント

『矢内原忠雄』を読む

2017年10月18日 16時24分10秒 | 本と雑誌
矢内原忠雄――戦争と知識人の使命 (岩波新書)
赤江 達也
岩波書店

 卒論では、内村鑑三をテーマにした。キリスト教は、なぜ日本では受容されないのか、それを内村鑑三の生き方を手掛かりに論じた。大した内容もないので、読みかえすこともしてゐないが、内村鑑三を20歳そこそこの私は、先生もゐない中で読み進めて行つた。キリスト教の専門家から見れば見当違ひの指摘もあつただらう。しかし、唯物史観の塊であつた指導教官からは「主旨には賛同しないが、リアリティがある」と言つてもらつた。

 それから折に触れて鑑三を読んではゐたし、引つ越しの度に全集はトラックに揺られて今の我が家の書棚にある。拙い読み方では、日本のキリスト教は鑑三に止めを刺すといふのが印象であつたが、どうやらこの矢内原忠雄といふ人物は、鑑三と同じぐらゐの剛の者のやうである。卒論の時に鑑三について書いてゐた矢内原の『余の尊敬する人物』は参照したが、矢内原といふ人物は、「全面講和」論者といふ強い印象が私にはあつて、それ以上の読書欲を持たせなかつた。

 しかし、この本の存在を知り、とても興味を持つた。毎日新聞の書評である。

(以下引用)

日中戦争初期の言論弾圧事件、矢内原事件(1937年)で知られる矢内原忠雄(1893~1961年)は東京帝大教授の植民政策学者、そして無教会主義のキリスト教徒だった。講演「神の国」が右翼などによって問題とされ、帝大教授を辞職した。その信仰の面に光を当てて、生涯と思想を掘り下げた評伝だ。

 30年代後半の日本では、「キリスト教の神と天皇のどちらが上か」という「踏み絵」のような問いがキリスト教徒に突きつけられていた。矢内原は注意深く、キリスト教の「絶対的の神」の「上」に国家を位置づけることを訴えた。表面上は神が天皇を中心とする国家の「下」のようだが、「価値においてはキリスト教の神が『上』にある」。だから、矢内原の「神の国」論は「危険な主張」だった。全体主義に対しても二重化した意味を持たせることで、「キリスト教的な普遍主義の立場から」全体主義国家を相対化した。

 (引用終はり)

 かういふ存在が日本にゐたことを喜ぶ。天皇は日本の神が、その背後に絶対神が存在することを知るべきだと言つてのける勇気は、預言者のものである。聖徳太子が、天皇に仏教を信ずべきと言つた時の衝撃は、かういふものであつたのだらうと想像した。物部氏が恐怖し曽我氏と真剣に対立したのは、それが異教との対決だつたからであらう。矢内原は聖徳太子であつたが、この度は敗れた。東京大学の総長でもあつたし、天皇にも御進講する立場であつたが、キリスト教は皇室に入ることはなかつた。

 戦後社会を超えて、現在の日本人が天皇にキリスト教を信ぜよと主張することはないであらう。今それを言へば不敬として保守派から大非難を受けるに違ひない。しかし、それは明治維新が結局「革命にあらず、移動なり」と言つた北村透谷の怒りを聞き流したままであるからだ。漱石でさへ「皮相上滑りの近代」と告白したものの、それを是認してゐた立場を踏襲してゐるからである。和魂洋才とはじつにいい加減な近代といふことである。

 少し話が飛ぶが、今日の選挙が人気取りだつたり、同情票で当選したりする状況は、政治とは何かといふことも宗教とは何かといふことも考へずに、瞬間的な気分を生きてゐるから起きてゐる現象である。政治とは、国民の生活を向上させることに尽きる。それに利する人が担当すべきである。「某は一生懸命やつてゐるから、今回は入れてあげよう」だとか、「あいつは最近調子に乗つてゐるから懲らしめてやらう」などとしたり顔で投票するといふ行動は、まつたく近代人の所業ではない。

 「矢内原にとって『個人』『人格』『人間』といったものは、<神>と向かい合うことなしには、真の意味では成立しえない。<神>への信仰なしには、人間は真に『人間』たりえない。」(本書239頁)

 かういふ近代の用語を原理的に捉へ直していくといふ作業が重要なのだ。もちろん、西洋はそれを時間をかけてやつてきた。今の西洋もまたそのことを忘れてゐる。だから、いろいろないい加減な主張が湧き出してくる。ポリティカルコレクトネスといふのも、単に迎合主義でしかない。その迎合主義を西洋の最先端の思想としてありがたく拝聴するのが、これまた日本の「皮相上滑り」の知識人であるからやりきれないが、それと勝負していくにはやはり本物のキリスト者の言説を学ぶことが必要だらう。矢内原忠雄畏るべしである。

 

 

 

コメント (1)

『職業としての学問』を読む。

2017年10月04日 14時38分40秒 | 日記
職業としての学問 (岩波文庫)
Max Weber,尾高 邦雄
岩波書店

 

新装版 [現代訳]職業としての学問―格差が身近になった現代に「働く意味」をいかに見出すのか
三浦 展
プレジデント社

 何度読んでも頭に入つてこない。それでゐて気になるからまた手にしてしまふ。本書はさういふ本である。

 今回何度目だらうか。10年前に初めて読んだといふのは分かる。なぜならさう本にメモしてあつたからである。丁寧に、シャープペンで感想まで書いてある。しかし、何も記憶にない。不思議な本だ。

 マックス・ウェーバーといふ社会学者は有名であるが、それを読んでゐるといふ人には滅多に会はない。もちろん研究者なら読んでゐるであらうし、相当のインテリなら読んでもゐよう。しかし市井の人は読まない。

 それでゐて、本書の結論は「日々の仕事(ザッヘ)」に帰れといふのであるから、そのギャップがたいへん興味深い。学者の卵たちに語つた講演なのだからご本人としてはそれでいいのかもしれないが、岩波文庫に入つて一般の人に読まれることになつたのであるから、「日々の仕事」には「日々の学問」以外の「仕事」も入るわけで(非学問従事者の方が多いのではないか)、それを思ふと、単に勤勉の勧めになつてしまひはしないかと感じるのである。

 それでもこの尾高邦男の訳の分かりにくさ(ご本人の言葉によると、マックス・ウェーバー自身の文体が分かりにくいらしい)は、非学問従事者を寄せ付けない力があつて、意味の読み取りがたいへに難しい。何度読んでも記憶に残らないのもそのせいだらう。

 学問をやる心構へとして、これぐらゐのものは読んでおけよ、といふ試金石には丁度よいのであらう。

 

コメント

『ひよっこ』終はる。

2017年10月02日 17時40分46秒 | 日記
連続テレビ小説 ひよっこ 完全版 ブルーレイ BOX1 [Blu-ray]
有村架純
NHKエンタープライズ

 能力の乏しい脳をフル回転して一日をやり過ごして家に帰る。食事を食べたら強烈な睡魔に襲はれるので、録画を見るなら食事中に限る。その時間に丁度いいのが朝の連続ドラマである。

 『ひよっこ』が先週の土曜日に終はつた。モデルがあるわけでもないドラマなので、展開も自由だ。登場人物たちも自由に脚本化が設定できる。時代も場所も思ひ通り。あらゆる制約のない仕立てでうまくドラマが作られるといふのは存外に難しいはずだ。ところがそれがとてもうまく行つてゐた。

 桑田佳祐嫌ひとしては、あの主題歌だけは玉に瑕であるが、録画ならそこだけ早回しにすればいい。何も問題はない。宮本信子と古谷一行と和久井映見と有村架純さへ見られればいい。声と仕草と台詞とがとてもその人物らしさを表してゐて、心を和ませてくれる。

 極めて日本的なこの人情話には、ドラマティック(劇的)といふ西洋由来の構造はない。しかし、いつかも書いたが「日本人でよかつた」と感じさせてくれる場面が随所にあつて、それらの場面にはいつも先に挙げた四人が関はつてゐる。それがこのドラマを上質な仕上がりにしてゐると感じられた。

 終了は残念だ。

 音響のS君、お疲れ様。

コメント