言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

『学校は何をするところか?』を読む

2018年08月11日 14時26分03秒 | 本と雑誌

 

学校は、何をするところか?
苫野 一徳,菊池 省三
中村堂

「学校は何をするところか?」といふ問ひだけは共有できたが、結論には共感が出来するところなかつた。

  苫野一徳氏はこれまでにも何冊か読んでゐるので結論は分かりやすい。氏の教育目標は生徒自身の相互承認による共通了解の達成である。承認といふ言葉が今回は非常に具体的に説明されてゐたので、それは勉強になつた。褒める、称賛するから、存在だけは認めるまでが承認ださうだ。ニーチェの「愛せない場合は素通りせよ」といふ言葉を引いて承認の最低レベルを示してくれたのは、極めて実践的な内容である。哲学者は実践家でもあつた。

  一方、菊池省三氏は私の最も苦手なタイプである。生徒の自主性を重んじ、授業中も立ち歩けと指示するらしい。失敗感を与へない。ほめ言葉のシャワー。などなど、見えない権力構造が透けて見えるやうである。もつとも授業そのものを見てゐるわけではないので、実際の場面は本当に生徒たちが生き生きと活動してゐるにかもしれないが。ただ、次のやうな生徒の感想は私には「協同」的とは思へなかつた。

ーーーーなにも書けなかったけど、立ち歩いてまわりの友達に聞いて文書は書けました。

ーーーーほかの人の意見が聞けたから、この子は、こんな考えをしたんだなと思えた。

 

  これに対して菊池氏は、「協同的な学びに踏み込んでいる」と評価してゐる。それには強い違和感がある。これは依存的と評していいのではないか。そもそも立歩きも対話も、本人の知の開発が目標であらう。楽しさ、がそこに繋がつてゐなければ、ストレスレスなだけではないか。そんな気がする。

  今日は、日本中で宮崎県の県北地区だけ土砂降りの雨。外に出られず、読書に集中。収穫は、……

コメント

小村寿太郎と明治の精神

2018年08月10日 21時07分46秒 | 旅行

  宮崎県の日南市に小村寿太郎記念館がある。先日そこを訪ねた。20年ほど前に生徒の引率で来たことがあるが、引率であるからゆつくりと見学することができなかつたが、今回は旅行でもあるのでゆつくりと訪れた。

  小村は日露戦争の処理のためにポーツマス条約締結に尽力した。日本国内は戦勝の気分に高揚してゐるから大幅な戦利を期待してゐる。しかし、実態は薄氷の勝利である。一日も早く条約を結んで戦争を終はらせたい。小村の役割もその一点にある。

  身長156cm、当時としても小さい体の双肩にかかつた重荷は如何ばかりであるか。記念館には実物大の写真と本物のフロックコートがあつた。現在の東京大学を出てハーヴァード大学に留学した秀才は英語に通暁してゐるのはもちろん、何より語る言葉を持つてゐた。だからテーブルの上で相手に怯むことはない。今の私たちとは決定的に違ふことである。

  記念館には、彼の言葉が展示されてゐた。うん、この言葉に出会ふだけで今回の旅は成功であつた。かういふ人物がゐた。そのことを知らせてくれた幸運に感謝した。

 

  その後飫肥城を見学し、帰りに鵜戸神宮を参詣した。折しも台風が列島に近づき波は高かつたが、コバルトブルーの海の荒々しさが心地良かつた。地元の医学部に入学した教へ子を連れて行つたが、何かを感じたらうか。それをいつか聞いてみたい。

ポーツマスの旗 (新潮文庫)
吉村 昭
新潮社
コメント

景色は変はる。

2018年08月05日 15時23分13秒 | 文学

 視点がどこにあるのかによつて、見えてくる景色は違ふ。

 そのことを東京大学教授の安藤宏氏による『「私」をつくる』によつて考へてゐる。安藤の漱石『猫』の分析は面白い。一言で言へば、斬新だ。御存じのやうに「吾輩は猫である」で始まるのだから一人称小説だが、事情により連載が長くなつたのだが、長くなるにしたがつて、猫からの視点では世間の分析やら人間観察やらを描くのに限界が来る。そこで第九章にいたつて、「読心術」を語り出すことになる。つまりは、猫が猫でありながら極めて超越的な視点を持つ、猫でない猫に変身しなければならなかつたのである。その読心術といふ虚構を設定することで猫は三人称の視点に立つことができ、全知になり得たのであつた。

 

「私」をつくる――近代小説の試み (岩波新書)
安藤 宏
岩波書店

 私は『猫』をあまり愛読してこなかつたから、第九章の変身などまつたく気がつかなかつたが、なるほどと思はされた。

 それで私はもつと平易な文章でそのことを考へて見る。それは新美南吉の「ごんぎつね」だ。

 きつねの「ごん」が兵十の母親が食べたいと言つてゐたうなぎを盗み、そのことを兵十に詫びるために今度は鰯売りから鰯を盗んで兵十の家に届ける。すると、鰯売りから兵十が疑はれ殴られてしまふ。ごんはますます申し訳なくなり、いろいろなものを兵十の家に届ける。そして以下の場面である。全文の最後の章だ。

(引用始め)

 その明くる日もごんは、くりを持って、兵十の家へ出かけました。兵十は物置でなわをなっていました。それでごんは、うら口から、こっそり中へ入りました。

  そのとき兵十は、ふと顔を上げました。と、きつねが家の中へ入ったではありませんか。こないだうなぎをぬすみやがった、あのごんぎつねめが、またいたずらをしに来たな。

  「ようし。」

  兵十は、立ち上がって、納屋(なや)にかけてある火なわじゅうを取って、火薬をつめました。

  そして足音をしのばせて近寄って、今、戸口を出ようとするごんを、ドンとうちました。ごんはばたりとたおれました。兵十はかけよってきました。家の中を見ると、土間にくりが固めて置いてあるのが目につきました。

 「おや。」と、兵十はびっくりしてごんに目を落としました。

 「ごん、お前だったのか。いつもくりをくれたのは。」

  ごんは、ぐったりと目をつぶったまま、うなづきました。

  兵十は、火なわじゅうをばたりと取り落としました。青いけむりが、まだつつ口から細く出ていました。

(引用終はり) 

ごんぎつね (日本の童話名作選)
黒井 健
偕成社

 この最後の「うなづきました」とは、誰の視点で書かれたものだろうか。主語は何かと言へば、「ごん」である。だから「うなづいた」のは「ごん」である。しかし、それは「うなだれた」のかもしれないし、「首ががくつと落ちた」のかもしれない。それを「うなづいた」と見たのはだれか。

 考へられるのは三つ。

 一つは、兵十。この場面の4文目に「きつねが家の中へはいった」とあるから、ここから視点は「ごん」から「兵十」へと移つてゐると考へられるからである。

 二つは、この話のすべては「村の茂平」が語つたから、その茂平である。

 三つは、その茂平の話を「わたし」が聞いたといふ設定だから、「わたし」である。

 この三つが考へられる。それぞれによつて、この「ごん」の行動の意味が変はつてくる。視点によつて景色が変はる。小説においては、とても大事な事柄である。

コメント

ないやうであるもの。

2018年07月31日 20時04分56秒 | 日記・エッセイ・コラム

 先日、以前勤めてゐた学校の教へ子の披露宴に出かけた。すると、一つのテーブルはその卒業生たちで固められてゐた。話題は専ら高校時代の話。初めて聞く話、そして何度も聴いてゐるがいつ聴いても笑へる話、時間はあつといふ間に過ぎた。とても楽しい時間であつた。

 「先生、卒業した後の俺らがそれぞれの場所で頑張つてゐる姿を見てどう思ひますか」と突然切り出した男がゐた。自分たちのことを「頑張つてゐる」と表現するのがいかにも今どきの青年らしかつたが、訊かれて嫌な気持ちにはならなかつた。そして「嬉しいよ」と一こと言つた。でも学生時代の彼らもとても一所懸命だつた。叱つてもそれを真直ぐに受け止めてくれる生徒たちだつた。その場でそのことを言葉にしてあげればよかつたが、なぜだか言葉が出てこなかつた。言へば嘘になつてしまふと感じたからであらうか。

 宴がおひらきになり玄関口で別れるときに、「先生頭を叩いてください」と言つてきた男がゐた。何を言つてゐるのかといぶかつたが、彼らにとつての私は、さういふ役回りだつたのだらう。以前にさういふ場面があり、とてもよい感想を抱いてゐるやうであつた。校風はとても厳しい学校だつた。だから、1年生から6年生まで厳しく指導をした。しかし、そこには忸怩たる思ひもないわけではなかつた。きちんと見極める目がこちらになければ、指導が指導でなくなるからである。そして、卒業して10年が経ち、今かうして彼らを見てゐると、改めて教育の難しさを感じる。その日に来てくれた彼らは、私のしたことを真直ぐに受け止めてくれた、冷静に言へばそれだけのことにすぎない。さうでない卒業生もゐたはずである。さう思ふとやはり心の半分には重りが乗せられてゐる。

 それから、つい今の学校の生徒と比較してしまつた。今の学校の卒業生とはかういふ出会ひはないだらう。なぜなら文化が違ふからである。ないやうであるもの、それは文化である。学び方、教へ方、そして生き方、数年間とは言へ、真剣に生きる大人と子供の作り出す空間に教育が成り立つには文化がなければならない。教へたいこと、伝へたいことがある学校には、生き方としての文化がある。それは言語化するまでもなく伝はつていく。いや、むしろそれだけが伝はつていくのではないか。

 やや感傷的な気分でこの文章を書いてゐるが、ないやうであるものがある学校こそこれからも必要とされるものなのだらう。

コメント

難しい、ね。

2018年07月30日 15時39分28秒 | 評論・評伝

 読みたいと思はせる批評家がゐない。

 新聞や雑誌、それからフSNSで熱心に書き続けてゐる批評家はゐるが、それらを真剣に読んでみようと思ふことはない。そもそも批評といふものを必要としてゐないのかもしれない。

 こんなことを書いてしまふことは自己否定そのものであるが、フィクションでもなくエンターテイメントでもなく、分析して類推して見えなかつたことを明らかにするといふ批評の行為が成り立ちにくいのではないか、そんな気がしてならない。

 もちろん私は批評を必要とする人間である。自分の自我は砂の造形のやうにもろいものであると自覚してゐる者には、批評といふ行為によつて辛うじて「生のかたち」が維持できるからである。しかし、それにしてもである。批評にはその視点となる基準が必要である。その基準自体が「人それぞれ」でいいと言ふ時代には、そもそも基準自体が存在しない。たとへば、ここに1mの物があるとして、ある人にはそれが80cmに見え、別のある人には95cmに見えるといふのであれば、それは何が正しいか正しくないか分からなくなる。いやいやそれならまだいい。mやcmといふ単位があるではないが、説明と説得とを重ねればいつしか物の長さは決まつていくと可能性もあるが、その単位自体がないのである。1某、80某、95某ではもう何も対話が生まれない。

 さういふ時代のやうな気がする。政治も経済も、それから教育も文學も、独り言をそれぞれがつぶやいてゐるだけで、「対話」が生まれない。さういふ時代だらう。それだから、言葉が溢れてゐる。読書離れは叫ばれてゐても、SNSは隆盛を極めてゐる。対話が少なくなつてゐるのに、4技能が声高に言はれる。まつたく笑ひ話である。英語を使つて話す聞く読む書く、それに熱心な文科省の高官は、ひそひそと「うちの子の入学をお願ひします」と密談する。素晴らしい時代だ!

 いつまでもかういふ時代が続くはずはない。滅びるに決まつてゐる。

 だからこそどうするか。良心の声を聞く訓練を始めようではないか。教育が出来ることは、さういふ日常倫理の実践である。

コメント