言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

言葉の救はれ――宿命の國語21

2005年06月26日 22時25分16秒 | 日記・エッセイ・コラム
 言葉にたいして、「通じればよい」といふ程度のモラルしかない國民には、「正式な場での話し方」を教育しようといくら教師が試みても、することはできない。なぜなら、その必要を感じないからである。
 「できない」と斷言してしまへば、あるいは教育の抛棄かと注文をつけられさうだ。したがつてもう少し正確に言へば、通じればよいといふ認識を變へることなくして、正式な言ひ方を教育することはできないのである。
 「國語の傳統」は、「通じるか通じないか」といふ次元で人人が言葉を考へるうちに保たれるのものではない。言葉が手段であるといふのであれば、「より便利なのものがよい」といふことになりかねない。明治の時代に森有禮が「國語を英語に」と言つたことや、戰後に志賀直哉が「國語をフランス語」にと言つたことは、その分かりやすい例である。彼等が、その利便性に焦點をあてて、さうした結論を出したといふより、後進國家のコムプレックスと言つた方が適切であるから、細かく檢證するに値するものではないが、國語を手段で語るといふことを堂堂と當代一流の知識人が語るといふことに示される、私たち日本人の性向はどうにも情けなく、その缺點は明確にしておく必要はあらう。
 言葉は、手段ではないのである。言葉は、むしろ目的であつて、その意味も用法も、先人がいかに使つて來たかといふことのうちにしかないのである。したがつて、言葉を使ふといふのは、表面的な言ひ方なのであつて、じつは言葉に學び、言葉が私たちを育て思考させるとも言へるのである。もちろん、子供が發する或る種の言葉遣ひや、詩人がくりだす言葉の妙味は、慣習としてある言葉をたくみにずらし、異化の作用によつて、新しい意味の世界に導いてくれるといふこともある。しかし、それすらも傳統的に蓄積された言葉の意味や用法が産み出してくれるものであるから、言葉は手段としてあるといふより、目的としてあるものだと考へた方が妥當である。
 したがつて、言葉が目的であるとすれば、「通じるか通じないか」などといふことはあまりにも當然のことであつて、言葉の吟味の條件にはならない。そんなものを基準として設定しなければ「國語の傳統」が保たれないといふのであれば、その國語は相當危機的状況である。
 國語は、どう表現するのが良いのだらうか、より的確な表現はどうすればできるのだらうかといふ、より上位のものを求める精神のうちにおいて保持されるのである。
 子供達は、いや最近ではかなりの年齡の人々も、自身の鬱屈した心情を表すのに「むかつく」といふ一語で片附けてしまふやうだ。怒りの状況をほとんど條件反射的に「むかつき」として反應してしまふといふことは、最も大切な感情である「怒り」においてさへ、義憤なのか、私憤なのか、苛立ちなのか、愛情ゆゑなのかといふ吟味の機會を失はせてしまつてゐるやうである。「怒り」といふ感情に適切な言葉を與へ、心の奧に沈澱させていく言葉の力に出會ふ機會を自ら放棄してしまつてゐるかのやうである。


コメント

「昧爽」第八號改版出來

2005年06月19日 07時42分17秒 | インポート
「昧爽」第八號の改定版が、編輯部の御厚意により、發行されました。

コメント

追悼 倉橋由美子

2005年06月13日 23時59分49秒 | 日記・エッセイ・コラム
 倉橋由美子さんが亡くなつた。享年69。現代作家として長壽とはとても言へないその死はやはり殘念だ。かつては、この女史も歴史的假名遣ひで作品を書いてゐたが、最近になつて「今ごろ歴史的假名遣ひで文章を書くわがままはゆるされないだらう」(要約)といふことを書き、とんでもないことだと怒りを感じた。が、やはり氣になる作家であつた。彼女が書いたカフカに對する感想は小さなものであつたが、「ことばを消しゴムとして使う方法を発明した」といふ評言にはいたく感動した。私もまたさう思つた。
 また、かつて谷澤永一氏がかう書いてゐた。「昭和五十年前後の小説史を近い将来に”研究”する人は、当時の状況の核心を伝える最も要を得た序説あるいは索引として、倉橋由美子の『なぜ小説が書けないか』(『新潮』五十二年一月号)を珍重するだろう」と書いた。さて、これから倉橋由美子の評價が高まるかどうか、私には分からないが、いつか論じてみたい作家である。
 御冥福を祈る。

コメント

言葉の救はれ――宿命の國語20

2005年06月05日 10時45分43秒 | 日記・エッセイ・コラム
 國語學といふ學問はあるが、國語はその國語學者のものではない。當り前のことだ。ましてや假名遣ひは國語學といふ學問の對象ですらない。言葉の使ひ手たる一人ひとりの私のものである。それだから、國語學者が内閣訓令などによつて政府の文書を統制することもをかしいし、それをあたかも國民への義務であるかのやうに、新聞社や出版社が自己規制したといふ經緯はきはめて由々しき事態である。
 昭和二十八年小泉信三が文藝春秋に書いた「日本語」を發端に、金田一京助と福田恆存との間で論爭が行はれたが、その底流にあるのは、國語を愛すると言ひながら、じつは自己保身に過ぎなかつた一國語學者への批判である。
 もちろん、金田一は福田の敵ではなかつた。慇懃無禮な書き樣は異臭を放つてゐるが、その詳細は別の機會に述べる。福田は、おためごかしの知識人の、鼻持ちならない自惚れがどうにもたまらなく、なんとかこれを處斷しようとしてゐたのではと私は想像する。それはちょうど手ぐすね引いて餌食を求めてゐたところに、ひ弱な蝶々が飛んで來たといふ印象である。
 昭和二十五年に書かれた喜劇一幕物に『堅壘奪取』がある。ある宗教家のもとに一人の狂人が表はれ、意味不明の議論を繰り廣げるうちに常識とはなにか、論理とはなにかが分からなくなる一種ドタバタ劇であるが、その制作意圖を福田はかう記してゐる。

 人間はいつも自分の本當の姿を見まいとしてゐる。それも、まだそのことを意識して、人間とは自己欺瞞なしでは生きられないものだといふことを多少でも自覺してゐるのならいいけれども、例へば理想と現實の關係と同じで、理想通りいけばいいけれど、そんなことをやつてゐたら飢ゑ死にしなきやならない、ま、背に腹は代へられない、ここは一つ自己欺瞞をやる、現實主義で行かうと後めたい思ひでそれをやる、それからまた理想に立ち戻るといふことがあればいいのだけれど、自己欺瞞をしてゐる意識すらないといふのがおほかたの人間の姿で、それをぼくはやつつけてゐるんです。
           (劇團昴「福田恆存囘顧パンフレット」より)

 現實の國語改革論者の姿勢が、その通りであると結論を出しても、事情を知らない讀者には通じないかもしれない。しかし、いささかも惡びれることもなく、母國語の學習に歐米の子供達の何倍も時間がかかるのは、「損」であると言つてはばからない言説は、學者の自己欺瞞であらう。言葉はそれ自體が文化である。その修得に時間がかかるから漢字を少なくし、表記を發音どほりにしようとするのは、文化が生き方であることを知らない、きはめて平板な合理主義のなせる技である。そして、國語改革は日本の近代化を進める上で最重要課題だと輕信できるのは、言葉が文化であることを知らないからである。
 近代化は確かに合理主義に貫かれてゐるが、言葉は文化であるといふこともまた普遍的な眞理である。言葉を合理化すれば近代化が成立すると考へるのは思考怠惰であり、近代化を進めるのが知識人の使命だとするのは自己過信である。したがつて、怠惰にも過信にも氣附かない知識人は自己欺瞞に陷つてゐるのである。


コメント   トラックバック (1)