言葉の救はれ・時代と文學

言葉は道具であるなら、もつとそれを使ひこなせるやうに、こちらを磨く必要がある。日常生活の言葉遣ひを吟味し、言葉に学ばう。

時事評論 平成30年10月号

2018年10月20日 23時34分54秒 | 告知

「時事評論石川」10月号のお知らせ。

 今月号の内容は次の通り。 どうぞ御關心がありましたら、御購讀ください。
 1部200圓、年間では2000圓です。
(いちばん下に、問合はせ先があります。)

                     ●
   

   ☆    ☆    ☆

我々は安倍首相に日本を託したがトランプ大統領に託した覚えはない

        韓国語翻訳家 荒木信子

            ●

今、なぜ新たな第二次世界大戦史か?

    国士舘大学特別研究員 山本昌弘

             ●


教育隨想

 横田早紀江さんの言葉(勝)

            ●

吉田茂という反省

    日本近現代史研究家 杉原誠四郎

            ●

「この世が舞台」

 『魚服記』太宰治

       早稲田大学元教授 留守晴夫

 

            ●

コラム

  南の大統領、北の労働党本部へ行く (紫)

  「防災省」は必要か(石壁)

  何が混乱を招くのか(星)

  性的少数者の政治利用(白刃)

   
            ●

問ひ合せ

電話076-264-1119
ファックス 076-231-7009

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
« 『批評の魂』――いいな、かう... | トップ | 物を捨てるといふこと。 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

告知」カテゴリの最新記事