樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

火災に強い生垣

2007年08月29日 | 木と防災
今度の土曜日、9月1日は「防災の日」。それにちなんで、樹木の防火力について2回連続でご紹介します。
以前ご紹介しましたが、京都には火災を防いだという伝説のイチョウがいくつかあります。東京にも火を防いで人を助けた「焼けイチョウ」が各地に残っています。
こうした伝説とは別に、関東大震災の事例をベースに樹木の防火力を調査したデータがあります。それによると、イチョウは葉をつけている夏はある程度の防火力を発揮するものの、落葉する冬はその効果が下るそうです。
逆に、カシ類、スダジイ、サンゴジュ、ネズミモチ、ツバキ、マサキ、アオキなどの常緑樹は1年中防火力を発揮するとのこと。サンゴジュの防火性も以前ご紹介しましたが、6月に国会議事堂を訪れた時、鉄柵の内側にズラーッとサンゴジュが植えてあるのを発見しました。国のいちばん大切な建物を火災から守ろうという意味かも知れません。

      
     (国会議事堂の生垣はサンゴジュ。白い花が咲いていました)

また、庭木や街路樹によく使われているのに防火力が低い樹は、カキ、ケヤキ、クスノキ、サルスベリ、シダレヤナギ。さらに、マツ、カイズカイブキなど葉に樹脂を含む樹やササ、タケは燃えやすく、シュロも幹の繊維に着火することがあるようです。カイズカイブキは生垣によく使われていますが、防火上は逆効果なんですね。

      
        (カイズカイブキを生垣にした家はけっこう多いです)

また、阪神淡路大震災の調査では、ウバメガシやカナリーヤシは火災への抵抗力が強く、クスノキ、ケヤキ、イチョウは中程度だったそうです。そう言えば、京都御所の生垣はウバメガシ。石垣の上には延々とウバメガシが植えてあります。国会議事堂や御所など重要な建築物は生垣にも防火性を考慮しているということでしょうか。

      
          (京都御所の生垣はウバメガシ)

樹木が火災を防ぐ要因は4つあって、①枝葉に含まれる水分が温度上昇を防ぐ、②樹体が輻射熱を遮る、③熱や煙を上に拡散させる、④火の粉を枝葉が捕らえて消火する。これを見ると、落葉すると防火力が落ちるのもうなずけます。
偶然ですが、わが家も北側の道路沿いにはアラカシを3本植えています。でも、東側は落葉樹だし南側はアジサイとブルーベリーしか植えてないから安心できないな~。
コメント (4)