樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

高速道路の街路樹

2013年08月29日 | 街路樹・庭木
全国の街路樹について国交省が5年ごとに調査しています。先日ネットでその報告書を読んでいたら、一般道だけでなく高速道路の調査データも掲載されていたので興味深く読みました。
まず驚いたのは、一般道よりも樹木の数が多いこと。高木だけ比較しても、一般道668万本に対して高速道路784万本。一般道には国道はもちろん、県道、市町村道も含まれています。ただ、さすがに樹種は少なく、一般道496種に対して高速道路283種。
ベスト3は、マツ(クロマツ、アカマツ)、スギ、ドイツトウヒとすべて常緑針葉樹。一方、一般道のベスト3は、イチョウ、サクラ、ケヤキ。イチョウは学術的には便宜的に針葉樹扱いですが、すべて落葉樹と対照的です。
さらに面白いのは、都市部の高速道路にはなぜかキョウチクトウが多いこと。例えば、首都高速では最多の4万本で、全体の36%を占めています。東京都全体の樹種でも1位。


都市部の高速道路に多いキョウチクトウ

「京都府はどうかな?」と思って見てみると、9800本で1位。さらに、大阪府でも1位、福岡県でも1位、愛知県では3位。なぜか大都市のある府県の高速道路にはキョウチクトウが多いのです。
国交省の報告書にはその理由が書いてないので、私が勝手に分析しました。
第一の理由は、有害物質に強いから。大都市周辺の高速道路は交通量が多く、排気ガスも相当な量になります。それに耐える樹種という条件でキョウチクトウが選ばれたのでしょう。
工場の生垣などによく使われるのもこのため。また、原爆が投下された広島でいちはやく植生が回復したのもこの樹。広島市がキョウチクトウを市の花に選定した理由もここにあります。
第二の理由は、毒性。キョウチクトウは花も葉も枝も有毒なので、一般道に植えられることは少ないですが、高速道路なら人が手にしたり口にすることがないので、管理者側も安心して植えられるのでしょう。
第三の理由は、花期とその長さ。夏に花が咲くので、渋滞が激しくなるお盆休みの頃に白やピンクの花でドライバーの気持ちをなだめようという意図があるのではないでしょうか。しかも、7月頃から10月頃まで咲いているので、長期間ドライバーの気持ちをなごませてくれます。
みなさんも高速道路を利用されるときは、キョウチクトウの花を楽しんでください。
コメント (2)

酒と鳥

2013年08月26日 | 野鳥
広島県に「千福」という銘柄の日本酒があります。そのCMソングには、いろいろな鳥が登場します。
♪~グラスをのぞくフラミンゴ  並んで見ている紅雀 千福一杯いかがです
♪~小首を曲げるピーコック おしゃべりしているミソサザイ 千福一杯いかがです
♪~オームにカナリヤ九官鳥 誰かを呼んでる山鳩さん みなさんほんとに千福一杯いかがです
このほか、ミミズクやジュウシマツなど外来種を含めて全部で10種類の鳥が登場します。犬や猫、カンガルー、シロクマなど動物も登場します。



作詞サトウハチロー、作曲いずみたく、歌ダークダックスという豪華メンバー。この酒造メーカーの社長がサトウハチローと親しかった縁でこの歌が生まれたそうです。
私も昔に聞いた記憶がありますが、現在は関西圏でも耳にすることはありません。広島県出身の知人にこのCMのことを尋ねたら、「知ってる」と言って歌い出しました。ご当地ではお馴染みなんですね。
さまざまな鳥や動物に人間の姿を重ねてお酒を勧めるという、サトウハチローらしい童心に満ちた歌詞です。
確かに、鳥は小首を曲げますし、ミソサザイはおしゃべりするようにさえずります。


コメント (2)

庭にササユリ?

2013年08月22日 | 野草
今年のわが家の庭は豊作で、例年は5株ほどしか開花しないユリが15株以上花を咲かせました。3年ほど前、妻が友達からもらって植えたもので、種類を尋ねると「ササユリだと言われた」とのこと。
しかし、ササユリは野鳥観察に出かける野山でたまに見かけるくらい希少で、開花時期も6月頃のはず。ネットで調べても「ササユリの家庭栽培は難しい」と書いてあります。
変だなと思ってさらに調べると、ササユリではなくタカサゴユリという外来種のようです。ちょっと期待はずれでしたが、15株もそろって咲くと庭が華やかになります。



私がテレビ観戦するアメリカンフットボールには、このユリの花をマークにした「ニューオリンズ・セインツ」というチームがあります。ニューオリンズ周辺はフランス人が開拓したことから、フランス王家のシンボルであるユリの花をチームのマークにしたそうです。


セインツのマーク

ヨーロッパの紋章によく登場するこのマークのモチーフはアイリスという説もあって、シルエットとしてはそちらの方が近いような気もします。いずれにしても、アメフトでもバスケットでも大リーグでも、花をマークにしたチームは他にはありません。
ライオンや虎、鷲など強い動物をシンボルにするチームが多い中、花のマークのチームはいかにも弱そう。実際、セインツは長い間お荷物球団でした。でも、最近は強くて2009年にはスーパーボウルを制覇しました。
アメフトはもうすぐ開幕。セインツには小気味よくパスを通すクォーターバックがいるので、今シーズンも応援します。
コメント (4)

鳥と隹と禽

2013年08月19日 | 野鳥
トリを意味する漢字はほとんどが鳥へんです。鳩、鴨、鷺、鶴、鷲などいろいろあります。
しかし、これ以外にもトリを表す漢字があります。例えば、雀、隼、雁など「隹」を部首にしたグループ。「隹」は「ふるどり」と呼びます。
漢和辞典を紐解くと、「鳥」は尾の長いトリ、「隹」は尾の短いトリを意味するとのこと。しかし、雉は尾が長いのに変だなと思ってさらに調べると、「矢のように飛ぶから雉という文字になった」と説明してあります。
私もキジが飛ぶところは何度か目撃しましたが、「速い」という意味での矢ではなく、尾が長くてシルエットが矢のように見えるからかも知れません。
面白いことに、「集」は「隹(とり)」がたくさん木に止まっている様子を表す会意文字だそうです。


こういう状態から「集」という漢字が生まれたわけです。集まっているのはムクドリ

さらに、「雄」「雌」が「隹」を部首にしているのも、トリに由来するようです。「雄」の左の「厷」は元々は「宏」で、羽を広げて威勢を示すオスのトリの意味。また、「雌」の左の「此」は「連れ添う」の意味で、オスに連れ添うメスのトリを表しているそうです。
トリを意味する漢字は「鳥」「隹」以外にもう一つあります。「禽(きん)」。よく使われるのは「猛禽」。水辺のトリを「水禽」と言いますし、「家禽」「野禽」という言葉もあります。
この「禽」は、網で覆う様子を描いた象形文字で、トリを生け捕りにするという意味があるようです。
だんだんややこしくなってきましたが、さらにもう一つ、十二支のトリは「酉」。しかし、この漢字は実際のトリとは関係がないようで、酒を醸す壺のことを意味するそうです。なぜそれが十二支のトリに使われたのかは不明です。
しばらく前、「翡翠」という熟語のルーツは宝石のヒスイではなくカワセミである、なぜなら「羽」を部首にしているからと書きました。
「羽」を部首にした鳥の漢字は「翡翠(かわせみ)」以外に「翟(きじ)」「翰(やまどり)」がありますが、漢和辞典にしか登場しないような文字です。また、ヤマドリは日本特産種なので、多分当て字でしょう。
それにしても、トリを意味する漢字はいろいろあるもんですね。漢字文化の豊かさをあらためて知りました。
コメント (2)

星と鳥

2013年08月15日 | 野鳥
ちょうど1年前、宇治は集中豪雨に見舞われ、わが町内も被害に遇いました。たまたま防災委員だった私は、「住民の絆が弱い新興住宅地では、防災活動の前にまずコミュニケーションが大切」と考え、昨年に続いて今年も町内の児童公園で交流会を開催しました。
また、その延長として、先月に天体観測会を実施しました。交流会で「趣味は天体観測です」と言う方がいらっしゃったので協力していただきました。
その方にお尋ねすると、今の時期は白鳥座が見られるとのこと。そういえば、鳥の名前の星座がいくつかあったなと思って、調べてみました。


天体望遠鏡2台と私の鳥見用スコープをセット

まず、その白鳥座。9月下旬にほぼ真上に見える5個の星で、十字形のため「南十字星」に対して「北十字星」と呼ぶらしいです。
この白鳥座について、20年前の出来事を思い出します。鳥の少ない夏の催しとして、野鳥の会主催で同じように「スターウォッチング」を開催しました。その案内文に「白鳥も見られます」と書いたところ、何人かの方が本物のハクチョウが見られると思って参加されたのです。
こちらは「ハクチョウは冬鳥だから夏の、しかも夜には見られるわけがない」という常識があるのでレトリックでそう表現しのですが、そんなことを知らない一般の人は「野鳥の会のイベントだから星のついでにハクチョウも見せてくれるだろう」と期待されたようです。事情を説明するとガッカリされていました。


野生のハクチョウは冬しか見られませんよ~

9月には南の空に鷲座が見られるそうです。1等星のアルタイルは七夕の「彦星」。ギリシャ神話では、全能の神ゼウスが化けたオオワシとされているそうです。
5月の南の空に現れるのは烏座。これにもギリシャ神話が絡んでいて、このカラスは銀の翼を持っていて人の言葉を話したものの、嘘をついたため翼は黒く、ただ「カーカー」と鳴くようにされたと言います。
このほか鶴座、鳩座、さらに日本ではほとんど見えない孔雀座、風鳥座、巨嘴座、鳳凰座もあるとのこと。夜の空にもいろんな鳥が飛んでいるんですね。
コメント (4)

宇治の観光がピンチ

2013年08月12日 | 木造建築
宇治市の観光客数は年間約500万人。京都市の10分の1です。
ところが、昨年の秋から急激にその数が減っています。宇治観光のドル箱、平等院鳳凰堂が屋根の葺き替え工事のため、9月から内部拝観を停止しているからです。12月の拝観者数は前年比6割減の37%。
工事は来年3月まで続きます。私は散歩コースの大吉山から毎日無料拝観していましたが、現在は写真のように工事用の素屋根に覆われて見られません。



加えて、宇治のもう一つの世界遺産である宇治上(うじがみ)神社も、今年の2月から屋根の檜皮葺のリニューアル工事が始まり、同じく工事用の素屋根で覆われています。
写真の拝殿は今年末に完了しますが、引き続き本殿の葺き替え工事で来年末まで、合計約2年間も素屋根に隠れるわけです。



宇治上神社は「日本最古の神社建築」がウリで国宝や世界遺産に選定されているためか、工事用建屋の足場も鉄パイプではなく、すべて丸太です。どういう構造になっているのか分かりませんが、柱も立てずに拝殿を外側からすっぽり覆っています。
平等院も同じく足場はすべて丸太。文化財修復の技術を継承するため、丸太と針金だけで幅55m、奥行き42m、高さ17.5mの足場が築かれています。
使われているスギの丸太は5000本。足場を組むだけで70日かかったそうです。昔の木製の電柱も再利用されているとか。
たまたま重なったようですが、平等院と宇治上神社の2つの観光資源がこういう状態なので、宇治の観光産業はかなりピンチです。
そんな中、宇治に最も多くの人が訪れる「宇治川花火大会」が先日開催されました。例年は17万人程度ですが、今年は金曜日ということもあって21万人の人出だったようです。わが家から徒歩5分の場所でよく見えるので、今年も観覧してきました。



みなさんに宇治に来ていただきたいのですが、そんな訳で今はお勧めできません。再来年には平等院も宇治上神社も新しい屋根で美しい姿を見せますので、ぜひ来てくださいね。
コメント (2)

フルーツの街路樹

2013年08月08日 | 街路樹・庭木
仕事先への道筋にヤマモモの街路樹があり、例年のように先月も実をつけていました。
ポピュラーな果物ではないので誰も関心を示さないのか、熟した実がいくつも歩道に落ちていました。少しだけ松脂臭いものの、ほんのり甘く、ゼリーみたいな食感です。



「街路樹にフルーツが成る樹を植えたらいいのに」という着想は時々実行されるようで、例えば、青森市にはリンゴ並木が何カ所かあるようです。しかも、結実すると袋掛けして育て、熟せば市民が自由に獲って食べられるらしいです。うらやましいですね。
リンゴの街路樹として有名なのは、長野県飯田市。1947年に大火が発生した後、中学校の生徒が防火帯としてリンゴ並木を提案し、1953年に植樹したのが始まり。現在、約400mのリンゴ並木があり、飯田市のシンボルになっています。
収穫したリンゴは生徒たちが給食として食べたり、最近はリンゴジュースにするとのこと。ところが、どこにでも心ない人はいるもので、1965年の初収穫では結実45個のうち、落実と盗難のため収穫できたのは5個のみ。現在もそういう被害があるそうです。
飯田市をお手本にして、札幌市でもリンゴ並木がつくられ、収穫した実は区役所で市民に無料配布されるほか、日本ハムファイターズにも寄贈されるそうです。
フルーツの街路樹は海外にもあります。例えば、モスクワにはリンゴ並木があって毎年実が成るそうですが、排気ガスまみれのリンゴだからと誰も見向きもしないとか。もったいないですね。また、スペインのセビリアとイタリアのシチリアにはミカンの街路樹があるようです。
宇治市も果物が成る街路樹を植えてくれないかな~。できれば、モモとナシがいいな~。
コメント (2)

翡翠

2013年08月05日 | 野鳥
「翡翠」と書けば、一般的には宝石のヒスイと解釈されますが、バードウォッチャーは「カワセミ」を思い浮かべます。「翡翠」にはヒスイとカワセミの両方の意味があるからです。共通点は美しい青緑色。
ここでクイズ。この「翡翠」という漢字は、先に宝石につけられ、後からカワセミに転用されたのか、その逆か、どっちでしょう? 答はこの漢字の部首がどちらも「羽」であることに着目すれば分かりますね。
普通、鳥の名前を表す漢字は「鴨」や「鷲」など「鳥」が部首になっていますが、「翡翠」のように「羽」を部首にした漢字は他にはないのではないでしょうか。それだけ、古代の中国人はカワセミの羽の色を称賛していたということでしょう。
しかも、「鴨」や「鷲」と違って「翡翠」は2文字です。これにも訳があって、「翡」はオスの、「翠」はメスのカワセミを表します。下の動画は下のクチバシが赤いので「翠」です。



雌雄一対で鳥の名前を表す漢字がもう一つあります。鴛鴦(オシドリ)。中国読みは「えんおう」で、「鴛(えん)」がオス、「鴦(おう)」がメスです。
以前もご紹介しましたように、「オシドリ=夫婦円満」というアイコンは中国で生まれたので、それが熟語の生成に表れているのかも知れません。
ちなみに、実在の動物ではありませんが、「鳳凰」は「鳳」がオス「凰」がメス、「麒麟」も「麒」がオス「麟」がメスだそうです。
このことを知った私は、「鶺鴒(セキレイ)」も雌雄を意味しているのではないかと推測しました。イザナギとイザナミがセキレイの動きを見て子どもをつくる方法(つまり生殖行動)を知ったと『日本書紀』に書いてあるからです。
図書館に出向いて諸橋版の「大漢和辞典」で確認したところ、この推測は外れでした。その代り、いろいろ面白いことも分かりました。
例えば、中国には「翠天」という熟語があって、「青い空」を意味するそうです。古代中国では「カワセミ=青」というアイコンが成立していたようです。だから、ヒスイにもカワセミを意味する「翡翠」の文字を当てたわけです。
カワセミを「飛ぶ宝石」と呼びますが、これは逆で、ヒスイを「飛ばないカワセミ」とか「羽のないカワセミ」と呼ぶべきなんですね。
コメント (5)

壁面木化

2013年08月01日 | 木造建築
昼も夜も暑い日が続いています。わが家は、普段は夫婦別々の部屋で寝るヤマドリ夫婦ですが、今の時期は冷房や除湿の効いた部屋で一緒に寝るオシドリ夫婦です。
郊外の住宅地ですらこうですから、都心部にお住まいの方はヒートアイランド現象でもっと寝苦しいのではないでしょうか。
そのヒートアイランド対策として、ビルの壁面を木のパネルで覆うという実験が大阪で行われているというので見てきました。
ビルには「壁面木化で都会熱をクールダウン」という旗が掲げてあります。数年前、「壁面緑化」が話題になりましたが、その木材バージョンということでしょう。



この6階建ての「大阪木材会館」は鉄筋コンクリート造のテナントビルですが、その南側の外壁約500㎡が特殊加工を施したスギのパネルで覆ってあります。実験だからでしょうか、パネルは縦格子、横格子などさまざまでモザイクのよう。色も黒っぽいものから黄色いものまでいろいろ使ってあります。
実験を進めているのは、「国産材を活用したヒートアイランド対策協議会」という産官学共同の組織。その研究者によると、木材はコンクリートに比べて熱容量が小さく、日中の熱をため込まず、夜間の放熱がないのでヒートアイランドによる熱帯夜を抑制する効果があるそうです。コンクリートの壁面よりも最大で5℃低いという結果も出ています。
壁面木化のもう一つのメリットは工事が簡単なこと。すでにあるコンクリートのビルの外壁を木のパネルで覆うだけですから、素人目にも簡単そうです。また、壁面緑化のようなメンテナンスが不要という点もメリットのようです。
都心のビルやマンションに応用すれば、熱帯夜が和らいで、夏場もヤマドリ夫婦が増えるのかな?
コメント (9)