樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

芸術と自然は別物

2019年08月15日 | 野鳥
嵯峨嵐山文化館で開催されている「いろトリどり~描かれた鳥たち~」を観てきました。嵐山を訪れるのは久しぶりで、この美術館も初めて。
入館して驚いたのは、「撮影OK」の表示。以前から展覧会にいくたびに「今はスマホやデジカメで簡単に撮影できるのだから撮影OKにすべき。SNSで拡散されて来場者増につながるのに」と思っていましたが、ようやくそんな美術館が登場しました。
展示は、伊藤若冲、円山応挙など江戸期から、川合玉堂、加山又造など近現代までいろいろな作品があって、それなりに楽しめました。
しかし、バードウオッチャーの悪い癖で、あり得ない題材が気になります。例えば、下の絵は桐の花とルリビタキが描かれていますが、桐の開花は初夏、ルリビタキは冬鳥なので季節が合いません。



また、梅の花と夏鳥のオオルリという取り合わせもありました。画家は題材として花や鳥を選ぶので、季節が合わなくても芸術的価値が劣るとは思いませんが、俳句の季語に使われる鳥と同じく、芸術と自然は別物ということでしょう。
今回、最もインパクトがあったのは、中野大輔という1974年生まれの画家の作品。下の『ひかりあまねく』という屏風図は、伊藤若冲の精緻と尾形光琳の絢爛豪華が統合されたような迫力があり、圧倒されました。



右の二曲は白藤と孔雀、左の二曲はベニバナトチノキ(多分)と雉。世界で最も派手な鳥と日本で最も派手な鳥が題材に選ばれています。キジが木の枝に止まることはあり得ないですが、そういう突っ込みを跳ね返すだけの威厳と情熱を感じます。
今回の観覧のもう一つの目的は、山階鳥類研究所所長・奥野卓司さんのギャラリートーク。



実は、奥野さんとは、私が京都の広告代理店にいた頃一緒に仕事をしたことがあります。私が企画した若者向けのラジオ番組のパーソナリティとして、当時、京都のサブカルチャーの旗手であった奥野さんを起用したのでした。もう40年以上前の話です。
その頃は仲間内で「卓ちゃん」と呼んでいた人が、今は山階鳥研の所長であり、関西学院大学の名誉教授。出世したね~、卓ちゃん。
コメント (2)

死ぬまでに見たい鳥

2019年08月08日 | 野鳥
バードウオッチングを始めて30年。これまでに見た鳥は、海外も含めて約350種。
それでも、見ようと思いながら遭遇できていない鳥がいくつかいます。その一つがヤイロチョウ。名前のとおり8色のカラフルな鳥で、独特の声でさえずります。



関西でも時々出現しますし、栃の森でも何度か声を聞きましたが、最も密度が濃いのは高知県の四万十川周辺の森。その姿を求めて、いつもの仲間3人でツアーに出かけたこともあります。しかも、2003年と2012年の2回。
2003年はガイドを雇って候補地を回りましたが、各地でさえずりを耳にするものの、結局姿は見られず。
2012年は、宿の近くの山に登るとすぐ近くから声が聞こえてきました。スマホでヤイロチョウの声を流せば、縄張りを侵されたと思って姿を現すはずですが、そういう人工的な働きかけは野鳥をかく乱するのでバードウオッチングの世界ではご法度。じっと我慢して待ちましたが、約10mの至近距離から声を聞くだけで終わってしましました。せめて声だけでもと思って撮った動画が以下。



高知県まで2回も出かけて、2回とも振られたわけです。数年前、滋賀県の森に出現したことがありますが、フォトグラファーが押し寄せていたらしいので行きませんでした。
あの世に行くまでにはどこかでお目にかかりたい鳥です。
コメント (2)

鳥の保育園

2019年07月25日 | 野鳥
白神山地から帰った翌々週、いつもの栃の森に行ってきました。前夜から降り続いていた雨は、翌日も降ったり止んだり。鳥もあまり出てきませんが、湿原の林でカラ類の混群に出合いました。
よく見ると、ほとんどが幼鳥。シジュウカラ、ヒガラ、ヤマガラの幼鳥が30羽ほど入れ替わり立ち替わり、樹の枝先で採餌しています。すぐ近くにはキバシリの幼鳥も2羽いました。
保育園のお散歩を見ているようで、心なごみます。そのうちヒガラ組の1羽をカメラに収めることができました。無邪気で可愛いですね。



私はいつもは樹と鳥しか撮影しませんが、支部の記録用動画を撮っている仲間がお休みだったので、代役として冬虫夏草やタゴガエル、マムシなども撮影しました。アナグマとテンの頭蓋骨も撮りました。
帰路、トチノキの巨木があるせせらぎでカワセミに遭遇。こちらも幼鳥です。こんな山奥にもカワセミはいて、以前から鳴き声を聞いたり飛ぶ姿を一瞬目撃したことはありますが、じっくり観察できたのは初めて。



何度もせせらぎに飛び込んでいたので、多分、親離れした後、餌を捕る練習をしていたのでしょう。
幼鳥たちがこうして一人前になって、来年また私たちの目を楽しませてくれるとうれしいです。
コメント (4)

白神山地の野鳥

2019年07月11日 | 野鳥
先日、いつもの仲間と3人で白神山地に行ってきました。青森県に足を踏み入れるのは初めて、飛行機に乗るのも、同じく3人の沖縄ツアー以来11年ぶり。
1日目は世界遺産のブナ林を堪能し、2日目は早朝から鳥見。いつものことですが、5時頃に部屋を出てひと回りし、いったん宿へ戻って朝食とチェックアウトをすませて再び鳥見というパターンです。
その2日目の朝飯前、電柱に止まるクマタカに遭遇。これまで何度も飛ぶ姿を下から見上げたことはありますが、止まっているクマタカを見るのは初めて。車を降りると逃げるので、乗ったままフロントガラス越しに撮った映像が以下です。



仲間によると、頭の色から若鳥とのこと。成鳥は人工物に止まったりしないそうです。
その後、暗門の滝へ寄った際に、カケスを発見。珍しい鳥ではありませんが、警戒心が強くてまともに撮影できたことがありません。
葉裏に付いている虫を探しているようですが、川の音に交じって「チ、チ、チ…」と聞こえるのはキセキレイの声で、カケスがヒナを襲わないように警戒しているようです。



3日目は十二湖でアカショウビンとヤマセミを期待したのですが、朝から雨。朝飯前のラウンドではオシドリの親子を見つけました。この鳥も珍しくはないですが、関西で見るのは越冬中の個体で、子連れを見ることはありません。
その後、場所を変えてアカショウビンの声が聞こえた湖のほとりで、傘を差してねばりました。期待通りというか、予想外にもすぐ近くを2羽が飛びましたが、そのまま対岸の森に入ったまま出てきません。一瞬ながら、アカショウビンにお目にかかれたのは、確か7年ぶり。
赤い“幻の鳥”はカメラに収められなかったのですが、この湖でもオシドリの親子がのんびりと泳いでいたので、暇つぶしに撮影しました。
前半の朝飯前の家族はヒナが5羽いますが、後半の家族は3羽。多分、天敵に襲われたのでしょう。また、オシドリは仲のいい夫婦の象徴ですが、オスは子育てには関わりません。



このほか、美しい景色を楽しんだり、意外な出合いがあったり、2泊3日の白神山地ツアーはアッという間に終わってしまいました。
コメント (6)

モーツァルトと鳥

2019年07月04日 | 野鳥
興味があって、モーツァルトと鳥の関係を調べていました。『神モーツァルトと小鳥たちの世界』という本には、「モーツァルトの作品には鳥の声が存在する」と書いてあります。また他の本には、モーツァルトとホシムクドリとの謎めいた出合いが記されています。
ある時、ウィーンの街を歩いていたモーツァルトは、1軒の小鳥屋の前で足を止めます。自分が1カ月前に作曲したばかりの、つまり初演前で誰も知らないはずの旋律を歌う鳥がいたからです。声の主はホシムクドリ。


ホシムクドリ(Public Domain)

モーツァルトはそのホシムクドリを買って持ち帰り、さえずりを採譜しました。一方、1カ月前に完成したのは、ピアノ協奏曲第17番ト長調(K453)。その第3楽章のテーマと鳥の声を比較した楽譜が下。ほとんど同じです。



ホシムクドリはものまねが上手な鳥ですが、未公開の曲をどこで覚えたのか?という疑問が湧いてきます。
昨年、アメリカのある野鳥研究家が、この謎を解くために自らもホシムクドリを飼い、ウィーンやザルツブルグなどモーツァルトが暮らした街を取材して1冊の本を上梓しました。タイトルは『モーツァルトのムクドリ~天才を支えたさえずり~』。



その中に、モーツァルトが窓を開けて作曲していたので、その音を聞いてまねしたのではないかなどいくつかの推論が披露されています。そして、この天才作曲家がいかにホシムクドリを愛していたかについても詳しく述べられています。
例えば、ホシムクドリが死んだとき、父親の葬儀にさえ出席しなかったモーツァルトが葬儀を挙行し、次のような追悼の詩をつづります。「その死を思うとこの胸はいたむ。(中略)憎めないやつだった。ちょいと陽気なお喋り屋。ときにはふざけるいたずら者…」。
また、ホシムクドリだけでなくかカナリアも飼っていたなど、モーツァルトと鳥に関する面白いエピソードが書いてあります。偉大な作曲家の頭の中には、鳥のさえずりがいっぱい詰まっていたのかも知れませんね。
コメント (2)

サギのコロニー

2019年06月27日 | 野鳥
「宇治」という地名は、第15代応神天皇の皇子、菟道稚郎子(うじのわきいらつこ)に由来するといわれています。本来は第16代天皇に即位するはずでしたが、異母兄弟である仁徳天皇との政争によってこの地に逃れてきましたが、結局非業の死を遂げました。その死について、自殺説のほかに仁徳天皇による謀殺説もあります。
その陵墓が家のすぐ近くにあります。現在は宮内庁が管理していますが、この森がサギのコロニー(集団繁殖地)になっていて、今の時期、多数のサギで賑わいます。



宇治川に面しているので、巣材となる木の枝もあるし、ヒナに与える魚も豊富。サギたちにとっては理想的な繁殖地なのでしょう。
昨年の調査では、アオサギ79羽、ダイサギ69羽、チュウサギ13羽、コサギ10羽、アマサギ6羽、ゴイサギ26羽、合計203羽が確認されています。それでも、2005年には498羽がカウントされているので、13年間で半分以下に減少したことになります。
堺市にある「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産に登録されるようです。その中には、仁徳天皇の陵墓もあります。世界遺産になりそうな日本最大の墓に眠る仁徳天皇、その政敵に謀殺されて周囲わずか200mの小さな墓に眠る菟道稚郎子。その運命の分かれ道はどこにあったのでしょう。
コメント (2)

相変わらず元気な鳥たち

2019年06月20日 | 野鳥
前回ご紹介した栃の森は、野鳥の調査が本来の目的なので、樹や花だけでなく当然鳥も観察します。この20年で、姿を見かけなくなった鳥や、声が聞こえなくなった鳥がたくさんいます。
そんな中、ほとんど変化なく、いつもどおりあちこちで元気に鳴いているのはアカショウビンとオオルリ。アカショウビンはなかなか姿を見せてくれませんが、オオルリは樹のてっぺんでさえずるので見つけるのは容易です。
以下の動画の前半は朝5時頃。まだ薄暗いのと霧で、色がきれいに出ていません。後半は帰路の2時頃。多分、同じ個体です。



ミソサザイも相変わらず多いです。日本で最も小さい鳥の一つですが、声が大きいのですぐに分かります。チョロチョロ動くので動画に収めるのは難しいですが、1羽だけ目立つ場所でさえずっていたので何とか撮れました。



最後の休憩ポイントで仲間とくつろいでいると、キバシリが目の前の樹にやってきました。名前のとおり、樹に止まって下から上へ走りながら、餌となる虫を探しています。色が薄いので幼鳥でしょう。



このキバシリは京都府内では比叡山や鞍馬山でしかお目にかかれませんが、栃の森では結構頻繁に現れます。この鳥もほとんど変化なく元気にしているようです。
このほか、ヒガラの親子連れやカケスを見たり、ヤマドリのホロ打ちを何度も耳にしました。
鳥獣保護区の調査では、比較のために少し離れた場所に対照区を設定して調査します。前日に行った対照区の調査でも、アカショウビンやオオコノハズクの声を確認することができました。
この森を鳥獣保護区から外す動きもあるようですが、この状態をいつまでも保全してほしいものです。
コメント (2)

アートウォッチング

2019年06月06日 | 野鳥
「花鳥虫魚を描く~応挙・広重・シーボルト~」という展覧会があったので、大阪府和泉市まで出かけてきました。会場の和泉市久保惣記念美術館は、地元の有力企業が土地やコレクションを寄贈して開設されたそうですが、美術館以外に市民ホールや茶室なども併設され、庭園も手入れが行き届いており、和泉市の市民がうらやましく思えるような施設でした。





私の目的は花でも虫でも魚でもなく、もちろん鳥の絵。例えば、下は円山応挙の写生図。右の2体はチゴハヤブサのようです。左2体はツミかな。



ただし、以前ご紹介したように、応挙は実物の鳥を見て描いたわけではなく、先輩である渡辺始興(しこう)の『真写鳥類図巻(しんしゃちょるいずかん)』を模写していたので、この猛きん類のオリジナルも始興だと思います。
下は、葛飾北斎の「鵙(もず)翠雀(るり)虎耳草(ゆきのした)蛇苺(へびいちご)」。モズが小鳥を追いかけている図ですが、翠雀(るり)と書かれた鳥の種類が不明です。



北斎といえば富岳三十六景など大胆な構図の風景画のイメージが強いですが、動植物も丹念に描いています。このほか、重要文化財に指定されている宮本武蔵の「枯木鳴鵙図」も展示されていました。
展示室の隣にある図書室にもおじゃまして、日本画に描かれた鳥についていろいろ調べてきました。宇治市立図書館はもちろん、京都府立図書館でも所蔵していないような貴重な画集が平然と並んでいて、大変勉強になりました。
コメント (2)

生物の改名

2019年05月30日 | 野鳥
絶滅しそうになったアホウドリの保護に取り組まれた長谷川博さんの講演会が近くで行われたので行ってきました。
伊豆諸島最南端の鳥島にわずかに残っていたアホウドリを増殖するため、営巣地に草を植えたり、デコイと鳴き声で呼び寄せたり、40年以上活動され、当初69羽だったアホウドリが昨年5,000羽以上に増えたという感動的なお話しでした。


アホウドリ(Public Domain)

長谷川さんは「アホウドリ」という標準和名を「オキノタユウ」に変える運動も展開されています。昔、羽毛や肉を取るために人間が近づいても逃げなかったのでアホウドリと命名されたのですが、鳥に対して失礼なので、長崎県の地方名「オキノタユウ」(沖の神様)に変更したいそうです。
そういう微妙な名前の鳥は他にもいるのではないかと思って調べてみました。ひっかかったのは、トウゾクカモメ。他の鳥がくわえている餌を横取りする習性があるので「盗賊」と名付けられましたが、当のカモメにすればそれが生きる方法なので、人間の価値観で盗人呼ばわりされるのは不本意でしょう。トウゾクカモメを研究する鳥類学者がいたら、長谷川さんと同じように改名したいと思うはずです。


トウゾクカモメ(Public Domain)

「ハゲワシ」も微妙です。一般的には「ハゲタカ」という名前が知られていますが、そういう名前の鳥はいません。いるのはハゲワシ。私自身も年とともに髪が薄くなってきたので、気になる言葉ではあります。
魚の世界ではそういう名前の変更がすでに行われていて、例えば「バカジャコ」が「リュウキュウキビナゴ」に、「メクラウナギ」が「ホソヌタウナギ」に、「オシザメ」が「チヒロザメ」に改名されているそうです。
樹木の世界にも似たような話があります。昔、材木の展示会場でアカシアの名前でハリエンジュ(別名ニセアカシア)が出品されていました。ある学者が「これは正確にはニセアカシアです」と言うと、出品者が「ニセとは何だ!」とケンカになったそうです。
ハリエンジュの学名が「アカシアに似た」という意味なのでそう呼ばれていたのですが、今ではこの名前を口にする人はいません。一般に売られている「アカシアの蜂蜜」も、正確に言えば「ニセアカシアの蜂蜜」あるいは「ハリエンジュの蜂蜜」。アカシアは全く別の樹木です。


ハリエンジュ(ニセアカシア)の花

アホウドリをオキノタユウに改名すると、コアホウドリもコオキノタユウに、クロアシアホウドリもクロアシオキノタユウになるはずです。しばらくは混乱しそうですね。
コメント (2)

13億円の鳥の画集

2019年05月23日 | 野鳥
2010年にロンドンで行われた競売で、印刷物としては過去最高額の9億6千万円で落札された本があります。さらに、昨年ニューヨークの競売でも10億6600万円の値段がつきました。
それは、アメリカの鳥類学者であり野鳥画家のオーデュボンが制作した画集『アメリカの鳥類』。下のフラミンゴなども実物大で描かれているため、本のサイズも縦1m×横68cmと超大型です。本を開くと、縦1m×横1.3mになるわけです。



そんな高価な画集を盗むというスリリングな映画『アメリカン・アニマルズ』が現在公開されています。しかも、実話に基づくストーリーで、実際の犯人もインタビュー形式で登場するとのこと。興味津々で観に行ってきました。
『アメリカの鳥類』やダーウィンの『種の起源』初版本を所蔵しているアメリカの某大学。「人生を変えたい」という学生4人が、その貴重な収蔵品を盗むという大胆な計画を立てます。
1回目は、4人とも老人に変装して図書館の特別室に入ろうとするものの、1人しかいないはずの司書が3人いたために急きょ中止。一旦は強奪をあきらめますが、計画を練り直して再び犯行に及びます。



その結果は映画を観ていただくとして、バードウオッチャーの必見はオーデュボンが描いた鳥の絵。特にエンドロールでは、イヌワシ、ハヤブサ、フラミンゴ、クロエリセイタカシギなどの美しい絵が画面いっぱいに映し出されます。
上の予告編にも出てきますが、映画では「1200万ドルのヴィンテージ本」という設定になっています。つまり、昨年のニューヨークでの落札価格からさらに値上がりして、13億2000万円と評価されているわけです。
初版本は世界に120セットしかなく、日本では明星大学が保有していて、それを原画にした原寸大の復刻版が420万円で販売されています。鳥の絵が435枚あるので、1枚1万円と考えれば安いのかもしれません。
下はこの映画のポスター。4人の犯人の顔部分がメンフクロウ、カイツブリなど鳥の絵になっていますが、稚拙なのでオーデュボンの作品ではないと思います。


コメント (4)