樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

木陰はなぜ涼しいか?

2014年08月28日 | 街路樹・庭木
東芝のエアコンのブランド名は「木かげ」。「木陰は涼しい」というイメージからのネーミングでしょう。
では、実際に木陰はどれくらい涼しいのか? ツリーウオッチャーとしては気になるので調べてみました。
ある人が公園で夏の正午に、ケヤキの木陰の外と内の路面温度を計ったところ、以下のような数値を示したそうです。ケヤキは樹高9.5m、枝張り11mの孤立木。
・快晴(気温32.0度)…木陰外61.3℃、木陰内31.5℃~32.5℃
・晴(気温28.0度)…木陰外54.5℃、木陰内30℃~35.0℃
・曇(気温29.0度)…木陰外36.9℃、木陰内32℃~36.0℃
快晴の場合、倍ほどの温度差があるわけです。環境省も同様の調査を行っていて、日なたの路面が約53℃、木陰の路面が約36℃と似たようなデータを出しています(樹種は不明)。


ケヤキの木陰

次の疑問は、日陰であればどこでも涼しいのか? つまり木陰でなくても涼しいのか? これについても環境省が調べています。
テントで陽射しを遮った日陰と木陰で比較すると、テントの日陰が40.5℃、木陰が31.4℃。木陰の方が9℃涼しいわけです。
日射によってテント自体が熱くなるのに対して、樹木は葉から水分を蒸散するので熱くならないのです。このテストではテントの裏面が約60℃まで上昇したのに対して、木の葉は気温とほぼ同じ33℃だったそうです。
面白いことに、樹種によって日射の遮蔽機能に差があるという研究も行われています。テストされた10種類の樹を日射遮蔽率の高い順に並べると、シラカシ、ナンキンハゼ、タブノキ、クスノキ、アメリカフウ、プラタナス、ポプラ、イチョウ、サクラ、ケヤキ。
常緑樹の方が遮蔽率が高いということは、葉の大きさよりも厚さが影響するようですが、樹高が高くなると樹種による差はなくなるとのこと。
いずれにしても、東芝のネーミングには科学的根拠があったわけで、ツリーウオッチャーとしては嬉しいのですが、コピーライターとしては、三菱の「霧ヶ峰」や日立の「白くまくん」の方が涼しそうに思えます。
コメント (2)

獄中の鳥類学者

2014年08月25日 | 野鳥
前々回、「刑務所と鳥」と題して受刑者の更生に鳥が役立っていることをご紹介しました。それと似た話で、ある囚人が獄中で鳥類学の世界的権威になったという実話があります。
1909年のアメリカ、ロバート・ストラウドという人物が、恋人に乱暴した男を殺して12年の懲役刑を受けます。獄中でも、母親を侮辱した囚人を傷つけた上に、看守を刺し殺したため死刑を宣告されます。
ある日、ストラウドは中庭で嵐に打たれてズブ濡れになったスズメを拾い上げ、独房に持ち込んで世話をしたり、芸を仕込んだりします。
そこから鳥への愛情が芽生え、鳥の専門書を読んだり、許可を得てカナリヤを飼い、観察や研究を続けます。そして、独房内に鳥小屋や研究室を設けることも特別に許可されます。
その結果、カナリヤの熱病の治療法を発見。その論文を雑誌に発表したことで、ストラウドは鳥類学者として認められます。
この実話は映画化されています。ロバート・ストラウドを演じるのはバート・ランカスター、映画の邦題は『終身犯』。You Tubeにその一部がアップされています。



その後も、獄中にありながら鳥のさまざまな病気の治療法を発見し、鳥類の病理学に関する国際的な権威になります。その実績が評価されて、死刑から終身刑に減刑されます。
最終的には有名なアルカトラズに収容されますが、病気のため連邦刑務所メディカルセンターに移送されて1963年に76歳で亡くなります。映画の原題は『Birdman of Alcatraz』、直訳すれば「アルカトラズの鳥男」。
この獄中の鳥類学者が生きていたら、鳥インフルエンザの治療法を発見していたかも知れませんね。
コメント (2)

樹液と蜂蜜

2014年08月21日 | 木と飲食
7月21日の「盗蜜者」の記事で、tidoriさんのコメントに「メープルシロップと蜂蜜は成分がどう違うんでしょうね、今度調べてみます」と書きました。実際に調べてみると、私の知らない自然の不思議がありました。
まず、メープルシロップはサトウカエデの樹液を採取し、煮詰めて濃縮したもの。樹液段階の糖度は2~25%ですが、煮詰めることによって65%くらいの糖度になるそうです。
主成分はショ糖で、蜂蜜よりもカロリーは低く、カリウムやカルシウムを多く含んでいるとのこと。


メープルシロップといえばカナダ

一方蜂蜜は、花蜜の段階では糖度40%未満のショ唐ですが、花粉が混じったり、ミツバチの唾液に含まれる酵素によって、ミツバチの体内で糖度80%前後の果糖やブドウ糖に変わるそうです。しかも、殺菌力が強いため腐らないとのこと。
樹液も花蜜もショ糖ということは、植物が生成する糖分はショ糖ということのようです。


トチノキの蜂蜜

ここまではほぼ想定内でしたが、調べるうちに、樹液と蜂蜜を掛け合わせたような特別な蜜があることを知りました。それが、「甘露蜜」。
例えば、ブナにはカイガラムシが居付いて樹液を吸い、その虫が分泌する甘い液体をミツバチが集めたものが甘露蜜。日本では生産されていませんが、ヨーロッパでは昔から利用しているようです。
ネットで検索すると、蜂蜜と同じようにブナ、モミ、マツなど樹種ごとの甘露蜜が販売されています。例えば、ニュージーランド産のブナの甘露蜜は500gで2600円。そんなに高くはないですね。


ブナからも蜜が採れる?

甘露蜜にはブドウ糖や果糖が少なく、オリゴ糖が多く含まれていて、ミネラル分も豊富とのこと。濃厚な甘さで、少し酸味があるそうです。
ミツバチが花蜜以外に虫の分泌物まで採取しているとは知りませんでした。甘露蜜は言わば、樹木と虫とミツバチの共同生産。そのことに自然の不思議を感じます。
と同時に、樹木→虫→ミツバチと受け継がれた甘い蜜を、最終的には人間がおいしいとこ取りするわけですから、自然に感謝しなければ…とも思います。
コメント (4)

刑務所と鳥

2014年08月18日 | 野鳥
『ショーシャンクの空に』という脱獄映画に、囚人が鳥を飼うシーンが出てきます。食堂で囚人服の懐に隠したヒナに餌を与えるシーンと、刑務所内の図書室に居付いたカラスを格子窓から逃がすシーン。
私はお世話になったことがないので分かりませんが、塀の向こう側でも鳥と接する機会はあるようです。
南アフリカでは受刑者の更生に鳥を活用しています。ある刑務所では、十数人がオカメインコやボタンインコの世話をするというプログラムに参加。孵化したヒナを約5週間に渡って、昼夜を問わず1~2時間ごとに餌を与えるそうです。
成長したインコは一般社会で販売するのですが、中には鳥に愛着が湧いて、別れる時に涙を流す受刑者もいるといいます。
札付きのワルが、小鳥に話しかけたり、世話を続けるうちに、目に見えて優しく穏やかになったり、ある窃盗犯が鳥の世話をすることで親としての責任に目覚めたとのこと。「鳥に忍耐と自制を教えられた」と語る受刑者もいて、鳥が更生に大いに役立っているようです。


オカメインコ(画像はパブリック・ドメイン)

逆に、もともと温和だったのに鳥がきっかけで粗暴になった人物もいます。ボクシングの元ヘビー級チャンピオン、マイク・タイソン。
彼は少年時代、伝書鳩を飼っていましたが、その大切なハトを年上の不良グループに虐殺されたため、逆上して不良たちを殴り倒します。そのことで自分の強さに気づいたタイソンは、徐々に荒々しくなり、ボクサーの道を進むことになったそうです。
現役時代は相手の耳を噛み切るような凶暴なボクサーでしたが、引退後は元に戻ったようで、1000羽もの伝書鳩を世話しながら穏やかに暮らしているとか。
鳥はいろんな人の人生を変えるんですね。私も大きく変えられました(笑)。
コメント (2)

世界一幸せな国をつくった木

2014年08月14日 | 木と作家
キリスト教思想家である内村鑑三が、100年ほど前に『デンマルク国の話』という一文を発表しています。副題は「信仰と樹木によって国を救いし話」。
それによると、19世紀中頃ドイツとの戦争に敗れて南部の肥沃な土地を失い、荒地しか残らなかったデンマークは植林による国土豊穣化に取り組みます。
しかし、ノルウェー産のモミを植えたものの数年で枯れ死。その後研究を重ねて、アルプス産の小さなモミと混植し、ある程度成長するとアルプス産を伐採するという植林方法を考案。これによって国土の約7%を緑化しました。
その結果、まず気候が変化。寒暖の差が穏やかになったため、それまでジャガイモやライ麦しか栽培できなかった土地で、小麦などの穀物、砂糖大根、各種の野菜が栽培できるようになりました。
また、海岸から吹きつける砂塵をモミ林が防ぎ、砂の害を一掃。さらに、木材も国内調達できるようになりました。


内村鑑三

そして、内村鑑三は次のように書き進めます。

しかし、木材よりも、野菜よりも、穀類よりも、そして畜類よりもさらに貴いものは、国民の精神です。デンマルク人の精神は、植林成功の結果として、ここに一変したのです。失望していた彼等は、ここに希望を回復しました。彼等は国を削られて、さらに新たに良い国を得たのです。
しかも、他人の国を奪ったのではありません。自分の国を改造したのです。自由宗教から来る熱誠と忍耐と、これに加えて大モミ小モミの不思議な力によって、彼等の荒れた国を挽回したのです。


昨年9月に国連が発表した「世界幸福度レポート」では、デンマークが第1位にランクされています。つまり、世界一幸せな国はモミによってつくられたわけです。
ちなみに、同レポートの評価基準は、富裕度、健康度、人生の選択における自由度、汚職に関するクリーン度などで、日本の順位は43位。


デンマークを救ったモミ

『デンマルク国の話』の中で、鑑三は次のようにも書いています。

エネルギーは太陽の光線にもあります、海の波濤にもあります、吹く風にもあります、噴火する火山にもあります。もしこれを利用することができれば、これらはことごとく富の源であります。

100年も前に、太陽光発電や波力発電、風力発電、地熱発電を示唆しているのです。しかも現在、デンマークは電力の2割を風力でまかなう風力発電大国。内村鑑三の慧眼に驚かされます。
コメント (2)

子どもの名前

2014年08月11日 | 野鳥
私が知っているバードウォッチャーの中には、お子さんに鳥の名前を付けている方が何人かいらっしゃいます。
たとえば、娘さんに「つぐみ」と命名した人もいれば、「のじこ」と名付けた人もいます。「可愛いな~」と思ったのは「あいさ」。ミコアイサやカワアイサのアイサです。
いずれも聞いた話なので、どんな漢字やかなで表記するかは知りませんが、素敵なネーミングですね。「あいさ」ちゃんの由来はミコアイサかな?



私が感動したのは、男の子の「渡(わたる)」。命名したご本人から聞いた話ですが、そのお子さんが生まれた日の朝、病院の窓からタカが渡っていくのが見えたそうです。その方が熱心なホークウォッチャーだけにドラマチックです。
私には子どもはいませんが、もし男の子がいたら「いかる」と命名します。理由の一つは、私をこの世界に引き込んだのがイカルだったから。
もう一つは、イカルの鳴き声が好きだから。「お菊、二十四」と聞きなす独特の声が、私にはノホホンとした、何の悩みもない呑気な声に聞こえるのです。ノホホンと生きるのが一番幸せでしょう。



もう一つ理由があります。これまでに私が聞いた中で最もかっこいいと思った名前が「怒(いかり)」。友人の知り合いが息子さんに付けた名前です。
ノホホンと生きるのが幸せと思う一方、「人間は(不正や理不尽への)怒りを忘れてはいけない」と考えているので、私にとっては憧れの名前です。表記は「怒」ですが、イカルにあやかって読みは「いかる」。
でも、女の子だったらどうしよう? 「怒(いかる)」なら男女共用できるかな? 私の本名も男女共用の名前ですし。
わが子に鳥の名前を付けられるのは、結婚や出産の前から鳥を見ている若いバードウォッチャーの特権です。私のように中年になってから始めた人間には望むべくもないです。
コメント (2)

樹の神経

2014年08月07日 | 樹木
樹木の本を読んでいると、「樹にも神経がある」とか「樹は感覚を持っている」いう話が出てきます。
樹木が別の特定の樹木に近づくのを嫌がるという現象で、専門用語で「アレロパシー」、日本語では「他感作用」と呼ばれています。つまり、樹には他者を感じる神経があるわけです。
よく知られているのは、オニグルミの下では他の樹木が育たないという現象。
私が通っている栃の森にもオニグルミがたくさん生えていて、以前から「本当かな?」と気にしながら観察していますが、1カ所、確かに樹下に他の樹が生えていないオニグルミがあります。



このオニグルミの大木の下には他の樹木が生えていません。わずかに生えているのはトリカブトくらいで、樹の下が広場のようになっています。私は勝手に「オニグルミ広場」と名づけて、いつもここで朝食を食べます。
オニグルミは他の樹木から嫌われているわけですが、そのしくみは、葉や幹からユグロンという物質を出し、それが土の中に入ると毒性を発揮して他の植物を排除するというもの。
ユグロンはすべての植物に作用するわけではなく、ササ類やハルニレには作用しないそうです。多分、トリカブトにも作用しないのでしょう。
ただ、栃の森には他にもオニグルミの大木がありますが、樹下にサワフタギなどが生えていて、広場状態にはなっていません。サワフタギもユグロンの影響を受けないのでしょうか。
あるいは、すでに他の樹木が生えている場所に後からオニグルミが生えてきた場合は、つまり成木にはユグロンが効果を発揮しないのかも知れません。
イチョウの下にも他の植物が生えないと言われますが、イチョウは街路樹や公園樹として立っていて、他の植物が生える環境にはないことが多いので、私は確認したことはありません。
また、一時「森林浴はフィトンチッドを吸収するから健康にいい」と言われましたが、このフィトンチッドもアレロパシー物質の一つ。樹木から放出されて菌を殺します。その殺菌性が健康に役立つわけです。「フィトンチッド」という言葉は「殺す植物」という意味の造語だそうです。
人間にもアレロパシーがあるのではないでしょうか。「あの人には近づきたくない」とか「あの人は嫌い」という感覚が生まれるのは、きっとそのせいですよ(笑)。
コメント (4)

暑中お見舞い

2014年08月04日 | 野鳥
毎日暑いですね~。みなさんは、この暑さ、大丈夫ですか?
私は、少しは夏痩せしたいのですが、食欲は衰えませんし、夏バテもありません。夏生まれだからでしょうか、単に鈍感だからでしょうか。
暑中お見舞いの代わりに野鳥の水浴シーンをピックアップしましたので、涼んでください。
まずは、シロチドリ。



次は、メダイチドリ。



そして、シメ。顔は強面ですが、ビクビクしながら水を浴びています。



最後はコサギ。



少しは涼しくなったでしょうか。
コメント (4)