樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

木はエライ!木はスゴイ!

2014年10月23日 | 木のイベント
19日(日)、大阪・茨木市主催の環境フェアでツリーウォッチング教室の講師を務めてきました。昨年12月に真如堂・吉祥院の「メダカの学校」に招いていただいて以来、講師は2回目。
そのフェアを受託した友人のイベント・プロデューサーがプログラムの一つとして企画し、私に依頼してきたという経緯です。講師のほか、フェアのパネルに使う樹木の画像を提供したり、本職のコピーライターとしてパンフレットの文案も作成しました。
1時間15分の教室を2回実施。最初の30分はホールでパワーポイントを使っていろいろな木の恵みを説明しました。
そのタイトルが「木はエライ!木はスゴイ!」。環境フェアなので、地球温暖化や生物多様性に対する樹木の効用を説明した後、当ブログのテーマである「人間の暮らしや文化に樹木がいかに役立っているか」という話をしました。
残りの45分は外の公園へ出て、クスノキの葉の匂いを嗅いだり、エノキの実を食べたりしながらツリーウォッチングを実習していただきました。


エノキの実を実食

参加者の反応が高かったのは樹木の防火能力。「火を防ぐ木はどれですか?」と熱心に質問する方もいらっしゃいました。酒田の大火や関東大震災、阪神淡路大震災での事例を紹介しながら、タブノキやサンゴジュの話をしました。
2回目はキャラクターショーの開催時間と重なったため、参加者は少数でした。そりゃあ、ツリーウォッチングよりも「列車戦隊トッキュウジャー」の方が面白いですよね、家族連れにとっては(笑)。
コメント (2)

木々、花々、そして鳥たち

2013年05月30日 | 木のイベント
5月19日に野鳥の会主催で「京都府立植物園自然観察会」を行いました。鳥の種類が少ない時期なので樹木や野草も観察しようという会です。
昨年までは大阪市立大学附属植物園や神戸市立森林植物園で実施していましたが、今回は地元で開催しました。その案内キャッチフレーズが「木々、花々、そして鳥たち」。
午前中の催しですが、「昼ごろから雨」という微妙な天気予報。参加者は少ないだろうとタカをくくっていたところ、植物園の門前には約30名が集合。担当者としてはうれしい誤算でした。


後姿で説明しているのが私

今回は少しでも樹木に親しんでもらおうと、テーマごとに樹木を紹介しました。例えば、「花を愛でる」というテーマでは、ハクウンボクやヤマボウシ、ヒトツバタゴ(通称ナンジャモンジャ)などを紹介。「匂いを愛でる」では、ミズメの枝の樹皮を剥いでサロンパスの匂いがすることをご紹介しました。


ミズメの枝の匂いを確かめる参加者

トウオガタマの花ではバナナの匂いを確かめていただきましたが、満開ではないためか、「果物の甘い匂いがする」という方と「何も匂わない」という方に分かれました。私自身も匂いに鈍感ですが臭覚には個人差があるようです。
「歌を思い出す」というテーマでは、ちょうど白い花が咲いていたので、西田佐知子や石原裕次郎、レミオロメンの歌に登場するアカシア(ハリエンジュ)を紹介。関西では少ないものの、関東や北海道では街路樹に使われたために歌詞によく登場することを説明しました。


アカシアは別名「ニセアカシア」、図鑑では「ハリエンジュ」

「まだら模様の樹皮で覚える」では、アキニレやカゴノキ、ナツツバキを紹介。植物園にはアキニレの巨木があり、手で樹皮を触って確かめる方もありました。


アキニレの樹皮

「誰もがお世話になる木」というテーマでは、古代の王族の棺に使われたコウヤマキと、現代の一般的な棺に使われるモミを採り上げました。
参加者のほとんどがバーダーなので「樹木に関心を持ってもらえるかな?」と不安でしたが、メモをとったり、質問をされたり、けっこう熱心で、私としてはやりがいのある観察会となりました。
案内するのに忙しくて写真が撮れなかったので、使用した画像はもう一人の担当者からいただきました。
コメント (4)

木の町KYOTOフォーラム

2011年01月06日 | 木のイベント

1223日に「木の町KYOTOフォーラム21010」というイベントが、地元の放送局KBS京都で行われたので行ってきました。テーマは「木材の有効利用と地産池消で地球と地域の元気を取り戻そう!」。要するに京都府産木材の消費拡大をアピールする催しです。
屋外の会場では、薪割り体験、北山杉の間伐材で作った迷路、バイオマス燃料を使った足湯など、いろいろ工夫をこらしたコーナーがありました。


薪割り体験コーナー


木の迷路


足湯コーナー

ホール内では歌やお笑いのステージのほか、さまざまな木工品のブースが並んでいます。クリスマス直前だったので、ホール中央には北山杉で作ったクリスマスツリーも飾ってありました。モミの木である必要はないですし、国によって樹種が違うようですから、京都府民は北山杉のツリーでいいのではないでしょうか。


北山杉のクリスマスツリー

ある木工品のブースでは、端材で作った楽器が展示してありました。ドラムセットとエレキギターには食指が動きましたが、家の飾り棚や書棚は鳥のぬいぐるみや木製の置物だらけで場所がないのでグッとガマンしました。


ドラムセット(3000円)


10cm
くらいのエレキギター(1000円)

このほか木を使った新製品や開発中の技術なども展示されていて、なかなか興味深いイベントでした。

コメント (2)