樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

田んぼ巡り

2020年08月06日 | 野鳥
「そろそろ来てるかな?」と思って、昨日1年ぶりに近くの干拓地にシギ・チドリ観察に出かけました。コロナ禍で半年ほど野鳥の会の探鳥会を実施していないのと、調査も雨で中止になったため双眼鏡を使うのが久しぶりで、慣れるのに少し時間がかかりました。
まずは予想どおりのアオアシシギ。しかも9羽の小群。昨年も同じエリアにずーっと9羽がまとまっていたので、同じ群れかもしれません。というか、この干拓地ではアオアシシギが越冬しているので、ひょっとすると9羽がそのまま留鳥化したとも考えられます。本来は日本には春と秋に渡来する鳥ですが、全国的に越冬例や留鳥化した例があるようです。



今年初めてのシギ・チドリ観察なので、干拓地の環境変化にも注視しました。鳥は水を張った休耕田で採餌するのですが、最近は水田が九条ネギの畑になったり、減反政策が終了したため休耕田が少なくなる傾向が続いています。「去年よりさらに休耕田が減っただろうな」と予想していましたが、意外にも新しい休耕田ができていて、枚数も面積も昨年より多くなっていました。
その一つで、コチドリがのんびりとくつろいでいました。農耕地という2次的な自然環境ながら、鳥たちがこうして自由に平和に過ごしているシーンを目にすると、何ともいえない安堵感が得られます。



バードウォッチングの楽しみは人それぞれですが、私自身は、野鳥が本来いるべき場所にいて、何の脅威もなくくつろいでいる姿を眺めながら一体感に浸れるのが一番の醍醐味です。
休耕田が増えたので、今年は昨年以上に田んぼ巡りして、その醍醐味を味わう機会が増えそうです。日焼けは覚悟の上ですが、熱中症には注意しないと…。
コメント

江戸の博物画

2020年07月30日 | 野鳥
前々回の記事「浮世絵の中の鳥」に、日本の野鳥画には花鳥画、浮世絵、博物画の3つの系譜があると書きました。江戸時代には博物学(当時の言葉では「本草学」)がブームになり、動物、植物、魚、虫などを記録・研究する人が増えました。
平和が続いて他にすることがなかったのか、特に大名の間で博物学が広まり、さまざまな図譜(図鑑)が編さんされます。中には、自ら絵筆をとって描く大名も現れます。
その一人が、伊勢長島藩5代藩主の増山正賢(まさかた)。植物や昆虫の図譜のほか、鳥類図譜としては『百鳥図』を発行。下はシマアジの図ですが、その精密さと技量の高さは大名の余技とは思えません。


国立国会図書館提供

また、下野佐野藩の藩主・堀田正敦(まさあつ)は、『堀田禽譜(きんぷ)』と呼ばれる江戸時代最大の鳥類図鑑を編さんする一方、自ら絵筆をとって『観文禽譜』を著しています。
江戸時代の鳥の図譜の白眉は、毛利梅園による『梅園禽譜』。この人は大名ではありませんが、将軍の身辺を警護する旗本の身分。下はその中のミゾゴイ。精緻な筆使いと美しい彩色による生き生きとした鳥は、バードウォッチャーの目を釘付けにします。


国立国会図書館提供

こうした図譜の発行は、鳥の名前の確定という副産物をもたらします。それまで、同じ種類に複数の名前があったり、地方によって異なっていた鳥の名前が、徐々に統一されるようになります。私たちが現在共通した鳥の名前で呼べるのは、江戸時代に編さんされた鳥類図譜のおかげです。
その一方で欠点もありました。たくさんの鳥を水禽、原禽、林禽、山禽など生息環境で分けただけで、科学的な分類が行われなかったのです。その点について、専門家は以下のように述べています。
西洋的な分類をもたなかった江戸時代においては、ある目や科に分類される鳥が日本に何種いるのか把握するすべはなかった。今の図鑑に相当するような網羅的な図譜はついにつくられることはなかったのである。
そうだとしても、江戸時代に博物画家が描いた美しい野鳥画の価値に変わりありません。
コメント (3)

鳥の価値

2020年07月23日 | 野鳥
前々回の記事でバードウォッチングの経済的価値についてご紹介しましたが、鳥が人間にもたらしてくれる恩恵は観察や芸術だけではありません。例えば、鳥は木の実を食べ、飛んで運び、糞として排泄することで種子を散布します。それによって、森林の更新や植物群落の維持、つまり自然環境の保護という重要な役割を果たしています。
ヤマガラやカケスのように木の実を貯食することで樹木の拡散や森林の再生に貢献している鳥もいます。スウェーデンではカケスが貯食で行う種子散布を、人間が種をまいたり植樹する費用に換算し、1つがいの貯食行動を約40万円と見積もっています。
鳥は種子を散布するだけでなく、花粉も媒介します。メジロやヒヨドリが花の蜜を吸っている姿をよく見かけますが、野鳥のこうした行動によって植物は受粉し、結実して、私たちに恵みを与えてくれます。日本にはいませんが、ハチドリなど蜜を吸う鳥は世界に950種以上いて、その鳥によって花粉が媒介される植物は500属に及ぶそうです。


蜜を吸うメジロ(Public Domain)

また、ツバメのように虫を食べる鳥によって害虫が抑制され、農作物の生産が向上することもあります。ジャマイカでは、24種類の鳥が害虫を捕食することによって上昇するコーヒー農園の収益を31,000円/ha/年と計算しています。数字としては算出されていませんが、日本のアイガモ農法も鳥による農業上の恩恵でしょう。
こうした恩恵を「生態系サービス」と呼びますが、逆に鳥が人間に不利益をもたらす場合もあり、それを「ディスサービス」と呼びます。例えば、カワウによる漁業被害や集団営巣地での糞による悪臭や植物の枯れ死などです。
こうした生態系サービスについて、ある学者が次のように書いています。
日本においては、鳥類の生態系サービスについての研究はほとんど行われていない。日本においても鳥類は有害生物とみなされる場合が多く、被害評価のみにもとづいた鳥類の個体数管理が各地で行われてきた。
日本では「鳥はいろいろな害をもたらす迷惑な存在」と認識されているので、ディスサービスが強調される傾向が強く、猟銃などで捕殺されてきたということです。そして次のようにも書いています。
今後2100 年までに鳥類の6~14%が絶滅し、その結果鳥類が担う生態系機能の7~25%が喪失されるとも言われている。鳥類が担う生態系機能や生態系サービスが失われる前に、それらを正しく理解し保全することは、古くから鳥類の恩恵にあずかってきた人間の務めであろう。

コメント (4)

浮世絵の中の野鳥

2020年07月16日 | 野鳥
日本には野鳥画の系譜が3つあります。1つは、狩野派や琳派の画家たちが描いた花鳥画。もう1つは、江戸時代の図譜(図鑑)に描かれた博物画。そして、もう1つは、浮世絵の1ジャンルである花鳥版画。
正統派の花鳥画が襖や屏風に描かれた肉筆画であるのに対して、浮世絵の花鳥版画は複数枚制作され、現在のポスターのように庶民の家に飾ったり、画集として閲覧するものでした。浮世絵といえば役者絵や美人画、風景画が有名で、その陰に隠れてあまり知られていませんが、花鳥画も数多く描かれています。その中から、喜多川歌麿をご紹介します。



歌麿といえば上の「寛政三美人」のような美人画が有名ですが、花鳥画も多く描いています。鳥をテーマにしたのが『百千鳥狂歌合(ももちどりきょうかあわせ)』という画集。2種類の鳥を対置して描き、それぞれの鳥を詠んだ狂歌と組み合わせています。狂歌は江戸時代に普及した文芸で、ユーモアや機知を身上とする短歌。
例えば、下のように鶉(うずら)と雲雀(ひばり)を対置し、それぞれの鳥にまつわる狂歌を載せています。



鶉の狂歌は「うづらふのまだらまだらと口説けども 粟(あわ)の初穂の落ちかぬる君」。「うづらふ」は「鶉の斑点」、「まだらまだら」は「まだら模様」と「ダラダラ」の掛け言葉。意味は「鶉の模様みたいにダラダラ口説いても、餌の粟がなかなか落ちないようにあなたはなびいてくれない」。
これに対する雲雀の狂歌は「大空に思い上れるひばりさえ ゆうべは落ちる習いこそあれ」。「思い上れる」は雲雀が高く舞い上がることと思い上がりを掛けたもの。意味は、「空高く舞い上がる雲雀も夕方には降りてくるのだから、気位の高い相手も私のもとに落ちるかもしれない」。
次は雀と鳩を並べた絵(下)。雀の歌は「定めなき君が心のむら雀 ついにうき名のぱつとたつらん」。「心のむら」と「群雀」、雀が一斉に飛び立つ様子とうわさがパッと広まることを掛けています。意味は、「あなたの心はむらがあって定まらないので、雀が飛び立つように恋のうわさがパッと広まる」。



これに対する鳩の歌は「鳩の杖つくまで色は変わらじな たがいに年の豆くうとも」。「鳩の杖」は当時の老人が使った鳩が彫られた杖。「年の豆」は節分に食べる豆と鳩の餌の豆を掛けた言葉。「毎年節分に豆を食べ、鳩の杖をつくまで年老いても、二人の仲は変わらない」という意味です。
『百千鳥狂歌合』には、こうした鳥と狂歌のセットが13枚つづられています。江戸時代には、こういう洒落の効いた面白い文化が花開いていたわけですね。
コメント (4)

バードウォッチングの経済的価値

2020年07月09日 | 野鳥
鳥をはじめ自然界の生物の価値を経済学的に捉えようという考え方があります。2007年に欧州委員会とドイツが提唱したTEEBです。The Economics of Ecosystem and Biodiversity(生態系と生物多様性の経済学)のイニシャルからそう呼ばれています。
生物が担う生態的機能のうち、人間が恩恵に浴しているものを「生態系サービス」と言います。鳥の生態系サービスのうちバードウォッチングは、芸術や宗教などと同様、人間に精神的な価値を与えています。それを経済学的に算出した研究もいくつかあります。
例えば、アメリカでは8兆2千億円と試算されています。これは4800万人のバードウォッチャーが支出する旅費や関連商品の支出総額として計算されたもの。アメリカにバードウォッチャーが4800万人もいるのか疑問ですが、観察種を競うコンテストのために多くの人が何百万円も使って国内を移動することや、毎年クリスマスシーズンに5万人もの人が一斉に鳥をカウントすることを考えると、野鳥観察に関するこの国の経済的価値は他の国とは別格なのかもしれません。



スコットランドでは、バードウォッチングとハンティングの市場規模が算出されていて、前者は2億2,500万円、後者は3億1,500万円。野鳥を見るより撃つ方が多いわけです。
日本でも「バードウォッチングの経済的価値」という論文が発表されています。珍鳥のメッカ・舳倉(へぐら)島にやってくるバードウォッチャーの観光的な価値を算出したもの。1994年4月から11月までに来島したバーダー838人にアンケートを行い、回収した260通を集計・分析しています。それによると、舳倉島の探鳥地としての価値は年間4,372万円。算出方法によって数字は変動するようです。
また、豊岡市におけるコウノトリの野生化事業を経済学的に分析した研究もあります。それによると、豊岡市を訪れる観光客のうち、コウノトリ郷公園を目的とした客は日帰り客で34.7%、宿泊客で6.7%。この研究では、そうした観光分野での経済波及効果を10億3千万円と推計しています。
自然観察をお金に換算することに抵抗を感じる方もいるでしょうが、TEEBは自然の大切さを一般社会に訴える方法の一つです。環境省はTEEBを紹介するパンフレット「価値ある自然~生態系と生物多様性の経済学~」の中で次のように述べています。
これまでの経済社会では、「自然」は“タダ(無料)”同然のものとして扱われてきました。「自然」を守り、これからもその恵みを持続的に享受していくため、その価値を認識・評価して、様々な意思決定に反映させていく必要があります。
コメント (4)

バードウォッチングの先駆者

2020年07月02日 | 野鳥
「鳥を撃つのではなく、見て楽しもう」と提唱した英国王立鳥類保護協会が設立されたのは1889年。ドイツの光学器メーカー・ツアイスが世界初の商用双眼鏡を発売したのは、その5年後の1894年。そして、Birdwatchingという言葉が生まれたのは1901年。私の趣味の歴史はたかだか120年です。
しかし、そのはるか以前から野鳥観察に明け暮れた人がいました。その一人が、ギルバード・ホワイト。1720年にイギリスに生まれ、長じて牧師になったものの、野鳥観察に現(うつつ)を抜かしたために副牧師のまま生涯を終えた人物。バードウォッチングという概念が生まれる150年ほど前から、日々野鳥を観察し続けました。その著書『セルボーンの博物誌』が「世界初のバードウォッチング記録」と呼ばれるゆえんです。



本書を読むと、スコープやカメラはもちろん、双眼鏡さえないにもかかわらず、その観察は微に入り細に入り、野鳥の形態から習性にいたるまで広範囲に及び、「どうやって観察したんだろう?」と思うことがしばしば。例えば、アマツバメについて次のように書いています。
アマツバメは、飛びながら交尾するということです。この推定に驚かれる方々はいずれも、御自身の眼を十分に使っていただきたい。(中略)アマツバメはほとんどたえず飛んでおります。そして、地面や、樹上や、屋根の上に止まることは決してありませんから、空中で愛に耽(ふけ)れないとすれば、交尾する機会はほとんどないわけです。
肉眼の観察だけで、素早く飛ぶアマツバメが空中で交尾することを確認しているわけです。さらに、当時アマツバメはツバメの仲間とされていましたが、これにも疑問を抱き、他のツバメ類に比べて、ひと夏に1回しか繁殖しないこと、卵を2個しか産まないこと、脚の構造が違うことなどから別の属ではないかと推測しています。


ギルバード・ホワイト

また、ある博物学者が「イワツバメは巣以外では雛に餌をやらない」と書いているのは間違いと指摘し、次のように報告します。
うっかり見ている人には目にもとまらぬ早業ではありますが、イワツバメは、まさしく飛びながら雛に餌をやっております。
つまり、ホワイトはアマツバメやイワツバメの飛翔中の習性を肉眼で確認した上で、学者の眼は節穴だと言っているのです。
双眼鏡やスコープ、望遠レンズ付きのカメラなど使って野鳥を観察し、その姿や習性を云々する私たちを見て、ホワイトはどう言うでしょう。「そんな文明の利器を使っているのに、お前たちの目は節穴か?」。
コメント (4)

鳥の命を救った図鑑

2020年06月25日 | 野鳥
日本で最も普及している野鳥図鑑は、日本野鳥の会発行の『フィールドガイド日本の野鳥』。その目次の下に、「本書の図版には、野外での識別上のポイントとなる部分に矢印↙をつけました。この工夫はDr. Roger Troy Petersonの考案によるもので、同氏とHoughton Mifflin Company(Boston)が日本野鳥の会のために使用を許可したものです」と書いてあります。
Dr. Roger Troy Petersonとは、1934年に世界で初めてフィールドガイド(野外用の図鑑)を作った人物で、Houghton Mifflin Companyはその著作物を管理する会社。ピーターソンが作ったのは、鳥をその場で識別できるよう、1ページに数種類の近縁種を並べ、なおかつ識別ポイント(フィールドマーク)を矢印で示した図鑑です。下は『フィールドガイド日本の野鳥』の中面。



それまでの図鑑は大型で、野外での使用を想定していませんでした。山階鳥類研究所の平岡考さんは次のように書いています。
現代のバードウォッチングや鳥類研究には双眼鏡とハンディな鳥類図鑑が欠かせない。しかし、野鳥とのそのような接し方はたかだか1世紀程度の歴史しかない。19世紀はもちろん20世紀の前半にあっても、研究は撃ち落した鳥体から作った剥製標本を使ってするものだった。鳥類図鑑はこの標本を手に取りながらひもとく大冊の書籍で、烏体の詳細な記述や羽毛1枚まで細密に表した部分図が掲載されていた。
アメリカの探鳥史を解説した『ザ・ビッグイヤー』も、ピーターソンの図鑑について次のように書いています。
この本が出るまで、鳥の追跡はやはり銃が頼りで、実際に鳥の死骸を手にしなければ種を確かめられなかった。しかし、ピーターソンの本は、生きた鳥を、いかにその姿と鳴き声で識別するかを教え、鳥を分類学者の研究室からふつうのアメリカ人の手に解き放ったのである。
つまり、ピーターソンのフィールドガイドが普及し、同時に双眼鏡の性能が向上することによって、識別のために鳥を撃ち落とさなくても済むようになったわけです。ポケットサイズにするため、ピーターソンは詳細な描写は省き、エリアも米国東部に限定しました。その後、西部版、ヨーロッパ版、メキシコ版なども出版されます。下は東部版の表紙。



このフィールドガイド方式にヒントを与えたのは、ある人物が1903年に作成したカモの図表(下)。簡単に識別できるよう、ペアを一覧表で掲載しています。



ピーターソンはこれを見て、近縁種を1ページに掲載すれば識別しやすいと気づいたようです。ピーターソンはすでに亡くなりましたが、野鳥だけでなく、野草、チョウ、は虫類、貝、岩石など幅広い分野でその名を冠したフィールドガイド方式の図鑑が次々に発行されています。
コメント (2)

プラスチックごみと海鳥

2020年06月18日 | 野鳥
7月からレジ袋が有料になります。京都府亀岡市はもっと先進的で、全国で初めてレジ袋を禁止する条例を制定し、来年1月から施行します。生分解性の袋も禁止です。また、内陸部の都市でありながら、2012年には「海ごみサミット」を開催。翌年に発出した「かめおかプラスチックごみゼロ宣言」では、以下のように述べています。
深刻化する海洋プラスチック汚染は、魚や海鳥などの海の生態系にまで大きな影響を与え、地球規模の問題となっています。ここ亀岡でも、大量のペットボトルやレジ袋などのプラスチックごみ問題が、保津川をはじめとする自然景観や市民の生活環境、そして観光にも大きな影響を与えているだけでなく、「市の魚アユモドキ」に代表される多様な川の生態系にも影響を及ぼすことが危惧されています。
海から遠く離れている都市なのに、海ごみや海鳥の心配をしているわけです。海洋プラスチックによる海鳥の被害は、最近大きな問題になりつつあります。以下の動画は、アメリカの研究チームがミッドウェー環礁でコアホウドリを撮影したもの。ショッキングなシーンもありますが、まず見てください。


Chris Jordan's ALBATROSS film trailer from chris jordan photographic arts on Vimeo.



日本から遠く離れた海域ですが、私たちが捨てたペットボトルやレジ袋が川を通じて海へ流れ、海流に乗ってミッドウェーまで漂います。その間に紫外線や波を受けて細かく砕かれ、それをコアホウドリの親鳥が餌と間違えて捕食し、ヒナに与えます。ヒナは自立して飛び立てるだけの栄養がとれないので、最終的には死に至るわけです。多分、親鳥も誤食して同じ運命をたどっているでしょう。
上の動画はダイジェスト版ですが、本編(約1時間40分)では、親鳥が吐き戻してヒナに与える餌の中にカラフルなプラスチック片らしきものが映っています。下はそれを切り取ったもの。



被害は海鳥だけではありません。魚、イルカ、鯨、亀など他の海洋生物も同様です。今のところ、魚が誤食したマイクロプラスチック(0.5mm以下のプラスチック)は消化器官から肉へは移動していないようで、魚を食べた人間への影響は確認されていませんが、さらに微細なナノプラスチックになるとチェックできないそうです。
魚だけでなく、食塩からもプラスチックが検出されています。つまり、私たちの体内にはすでにマイクロプラスチックが取り込まれているわけです。実際に人糞からも検出されています。
プラスチックの規制は日本では遅れていますが、ヨーロッパではかなり進んでいます。EU市場では来年から使い捨てのプラスチック製品が禁止されます。アメリカは国としては消極的ですが、州や都市によっては先進的で、例えばサンフランシスコでは21オンス(621ml)以下のペットボトルは禁止。違反者には罰金も科せられます。
便利な素材ですが、少しずつ脱プラスチックの生活に切り替えざるを得ません。
なお、上のコアホウドリを撮影したグループは、この問題を世界にアピールするため、動画や画像を無料で提供しています。
コメント (4)

日本最古の野鳥図鑑

2020年06月11日 | 野鳥
現在、野鳥図鑑の歴史を調べています。日本で最も古い図鑑は『訓蒙図彙(きんもうずい)』という書物のようです。1666年(寛文6年)に京都の学者・中村惕斎(てきさい)が著した、図鑑というよりも百科事典。鳥だけでなく、植物や動物、人体、道具、衣服など約1500項目を図入りで解説しています。
この中の「禽鳥」の部で72種類の鳥を図とともに説明しています。下の写真の右上から左下へ順に、ウミウ、マナヅル、オシドリ、カイツブリ、ツル(タンチョウ)、コウノトリ、タカ、ワシ。



面白いことに、最初に登場するのは鳳凰。そして、コウモリも掲載されています。当時はコウモリも鳥と認識されていたわけです。
『訓蒙図彙(きんもうずい)』が発行されてから約50年後、今度は『和漢三才図絵(わかんさんさいずえ)』が編集されます。同じく図入りの百科事典で、天文、生物、人物、道具、衣服などあらゆるジャンルの事物を図入りで説明した105巻81冊に及ぶ大著。編集したのは大阪の医師・寺島良安。
鳥は水禽、原禽、林禽、山禽の4つに分けて約160種類を掲載しており、それとは別に、雌雄、巣、卵など20項目の用語も解説しています。下の写真は、右から白鶴子(だいさぎ)、蒼鷺(あおさぎ)、朱鷺(とき)、箆鷺(へらさぎ)。



例えば、朱鷺については以下のように解説しています。「東北の海辺に多くいる。鷺に似ていて冠毛はなく紅を帯びている。羽軸は最も紅い。嘴は黒く長くて末は曲がり、頬にも紅色がある。脚は赤く翅は淡朱鷺色を帯びた白色。高く飛び、樹に巣くい水に宿る。肉は生臭さがある」。
当時は野鳥も食糧だったので、必ずといっていいほど、肉の味についてのコメントがあります。中には料理法や薬効を書いたものもあります。
この『和漢三才図絵』は前述の『訓蒙図彙』の図を模写している場合が多く、上のウミウ、マナヅル、カイツブリ、コウノトリはそっくりそのまま登場します。当時は著作権という概念がなく、日本画でも他の作品を模写することが当たり前だったので、不思議ではありません。
『和漢三才図絵』の後、博物学がブームになったこともあって、さまざまな野鳥図鑑が編さんされます。美しい鳥がたくさん色刷りで描かれていて、なかなか魅力的で、そちらもいろいろ調べています。
コメント (4)

調査疲れ?

2020年06月04日 | 樹木
週末に栃の森へ行ってきました。4月はコロナのために中止したので、約半年ぶり。いつものメンバーと顔を合わせるのも久しぶりでした。
昨年は自主調査に加えて鳥獣保護区としての調査をやりましたが、それが終わった今年は「モニタリング1000」という別の調査を依頼されました。全国1000カ所をほぼ5年ごとに調査して、鳥や環境の変化をモニターするという調査です。
2009年と2013年に続いて今回で3回目。私は耳が悪いので鳥の調査は他のメンバーに任せて、植生調査を担当。5つのポイントで樹木の種類や高さごとの被度(面積の割合)を記録したり、写真を撮りました。
林内は、毎年のことながら初夏の白い花があちこちに咲いていました。最初に目に付くのはヤブデマリ。この樹は年による変化がほとんどなく、毎年元気にたくさんの花を見せてくれます。



いつもは林道で見かけるナナカマドが、林内の谷筋で白い花を咲かせていました。今まで気づかなかったのは幼木だったからで、今年初めて花をつけたのかもしれません。



モニタリング1000の調査はいつものラインセンサス法(歩きながら記録)と違って、スポットセンサス(5つのポイントで10分間止まって記録・往復2回)なので、いつもより歩行距離が長く、時間もかかります。
そのコースにたくさん生えているサワフタギ。この樹は花が少ない年と多い年がありますが、今年はそこそこ咲いていました。



調査の歩行距離が長い上に、前日も別グループによる宇治川の調査に参加して7~8キロ歩いたこと、前夜の車中泊でよく眠れなかったこともあって、いつになく疲れました。調査が終わった段階で、いつもの目的地まで歩くというメンバーと別れて、私一人先に帰りました。
その帰路、タニウツギがいつもどおり、白い花が多い中で唯一赤い花を咲かせて、疲れを癒してくれました。



キャンプサイトに戻って、車で1時間ほど仮眠してから帰りました。うしいことに、その途中でヤマセミに遭遇。このあたりで見るのは約20年ぶりでした。
コメント (4)