樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

鳥の別名

2021年11月25日 | 野鳥
バードウォッチャーの特に初心者の間で人気が高いカワセミには「飛ぶ宝石」という別名があります。その由来は漢字で「翡翠」と書くからでしょうが、この文字は宝石のヒスイを意味するのではなく、元々カワセミのために作られた漢字です。2文字のいずれにも「羽」があるのはそのためですし、「翡」は雄のカワセミ、「翠」は雌のカワセミを表します。
つまり、「翡翠」はカワセミが先で、それに例えて後から宝石のヒスイを意味するようになり、別名として先祖返りしたわけです。そのカワセミの鮮やかな色に連動してでしょうか、青緑色のブッポウソウには「森の宝石」という別名があります。下の動画は2012年の四国ツアーで撮影した「森の宝石」。



また、当ブログでも度々ご紹介しているセイタカシギは「田園の貴婦人」とか「水辺の貴婦人」と呼ばれています。「水辺のバレリーナ」という別名もあるようです。スラリとした体形と優雅な動きがその由来でしょう。
一方、タゲリの別名は「冬の貴婦人」。ピンと立った冠羽が高貴な女性がかぶる帽子飾りのように見えたり、メタリックグリーンの羽衣が高級なドレスを連想させるからでしょう。下の動画は3年前に隣の市の田園で撮影した「冬の貴婦人」。



鳴き声から付けられた別名もあります。コヨシキリは「草原のジャズシンガー」。かわいい声で「ピピピピョピョ、ピュチャピリリリリ…」などと多彩なメロディで長くさえずるので、ジャズの好きなバードウォッチャーが名付けたのでしょう。
その連想からか、ミソサザイには「森のジャズシンガー」という別名があります。小さな体なのにハリのある大きな声で複雑なメロディを森に響かせます。下の動画は5年前に栃の森で撮影した「森のジャズシンガー」。



以上のような美称とは逆に、蔑称の別名もあります。タカの一種ノスリは、昔は「まぐそだか」とか「くそとび」と呼ばれていたそうです。主にネズミを捕獲するノスリは、鷹狩りに役に立たないのでこんな名前を与えられたのでしょう。確かに、猛禽らしい眼力(めぢから)や精悍さには欠けますが、気の毒な別名です。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

宇治周辺の野鳥

2021年11月18日 | 野鳥
私が住んでいる地域は文化活動が活発です。20数年前に引っ越してきた際、その旺盛さに感心しました。活動の拠点となる集会所の利用率も7割以上。つまり、365日中260日程度は何かの催しで使っているのです。
さすがに、ここ2年ほどはコロナで活動できなかったものの、地域の年史の編集には私も深く関わり、昨年11月に第3号を発行した上に、第1号と第2号の復刻版も印刷して住民に配布しました。
週末からは、2年ぶりに文化祭が始まります。地域の住民の絵画や書道、クラフトなどの作品、子供たちの夏休みの自由研究の作品なども展示されます。
私も役員として毎回ポスターを作成したり、飾り付けのお手伝いをするのですが、野鳥の動画を出品することにしました。前回はノートパソコンで展示したものの、容量不足で短いものしか披露できず、画面も小さかったので、今回は自宅のDVDプレーヤーを持ち込んで集会所の大型テレビにつないでエンドレス再生することにしました。
そのコンテンツが以下。これまで当ブログでご紹介した動画のうち、宇治周辺で撮影したものを編集しました。



文化祭は作品展示だけではなく、囲碁大会、グランドゴルフ大会、輪投げ大会、演芸発表会も開催されます。日曜日に行われる歩こう会には、夫婦二人で初参加するつもりです。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋の色part-2

2021年11月11日 | 樹木
10月の栃の森行は「秋の色」と題して木の実をご紹介しましたが、11月の森歩きのテーマはやはり紅葉。ほぼ北陸に位置する森なので、下界に比べると季節が1カ月ほど先に進んでいます。今年は紅葉が遅れているようで、例年はピークを過ぎた頃に野鳥調査に入るのですが、今回はちょうどピークを迎えたところ。樹種によってはすでに落葉したものもありますが、紅葉や黄葉が十分楽しめました。
まず、林内の様子。トチノキやブナはほぼ落葉していますが、所々に赤や黄の葉が見えます。



これは、ミネカエデ。中央の葉が長く尖っているのが特徴です。



ミネカエデよりもさらに長く尖っているのはコミネカエデ。



黄色く色づくのはウリハダカエデ。場所によっては赤く染まることもありますが、ほとんどは黄葉です。



いちばん鮮やかに赤くなるのはハウチワカエデ。この樹は花も赤い。アントシアニンが多いのでしょうか。



森とキャンプ地をつなぐ林道。往路は早朝で薄暗いので、林道の写真はいつも復路に撮ります。



いつもは三脚をセットした望遠レンズ付きの一眼レフを担いで歩くのですが、今回は新たに購入したコンパクトデジカメだけ持って歩きました。年のせいか4~5kgの機材を担いで12~13km歩くのがつらくなってきたので、思い切って軽装にしました。
上に紹介したような風景や樹の写真は問題ないのですが、鳥の動画がどこまで撮影できるのかテストする意味もありました。たまたまオオアカゲラが登場してくれたので、撮ってみました。



30倍ズームで距離的には問題ないですが、三脚なしなので当然ながら画面が不安定です。そのほかマニュアルフォーカスできない、露出が調整できないなどいろいろ問題はあります。でも、体は楽でした。いつもは6人の同行メンバーの中で歩くのが一番遅いのに、今回は仲間に「速いな~」と言われるほど。そして、森から帰ると2~3日足腰が疲労していますが、今回は回復が早かった。
コースの途中には崖っぷちを歩く所もあって、三脚を担いでいるとバランスを失うこともあって危ないので、今後はコンデジだけにしようと思います。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ドラマで流れる鳥の声

2021年11月04日 | 野鳥
テレビドラマや映画を見ていると、例えば冬のシーンでカッコウの声が流れて違和感を覚えることがあります。ドラマの製作者に鳥の知識がないと、こういうちぐはぐなことになります。
時期的なズレだけでなく、地域的なズレずれも発生します。あるサイトで元日本鳥類保護連盟理事の柳澤紀夫さんが「よくテレビドラマで京都の背景にオナガが鳴いている場面がありますが、自然ではありえない状況です」と指摘しています。
オナガは東日本に生息する鳥で、徐々に生息域を拡大しているものの京都府内ではまだ確認されていないので、声が聞こえることはありません。下は私が野鳥の会のイベントで千葉県に行った際に撮影したオナガ。関東ではヒヨドリ並みによく見られる鳥ですが、関西で見ることはありません。



ある時代劇ファンのバードウォチャーのブログによると、シーンによって使われる鳥の声が決まっていて、夜、盗賊や刺客が登場する時はゴイサギの「ゴワッ」、危険が迫っている時はアリスイの「ツィークィー」やカケスの「ギャー」が多いと解説しています。その一方、「よくできたドラマでも真冬の枯野に行々子(オオヨシキリ)のけたたましい鳴き声が響いたりして、膝が抜けることもある」と書いています。
下はオオヨシキリのさえずり。夏の河川敷で撮影しました。冬には鳴かないどころか、そもそも日本にいません。



一般的に、NHKは時代考証だけでなく、こうした鳥の考証も行き届いているようです。私は見ていませんが、2020年の大河ドラマ『麒麟がくる』の「決戦!桶狭間」で、早朝のシーンにトラツグミの声が流れたそうです。桶狭間の戦いは永禄3年5月19日(1560年6月12日)なので、トラツグミの「ヒョー、ヒョー」という不気味な声が聞こえるのは妥当です。
その一方、同じく大河ドラマの『真田丸』でガビチョウの声が流れたそうです。野鳥録音の第一人者・松田道生さんによると、この外来種が日本に移入されて各地で声が聞こえるようになったのは数十年前のことなので、真田幸村が活躍した時代にはありえないとのこと。
時期的なズレ、地域的なズレ、時代的なズレ…。私のような者に突っ込みを入れられないように、ドラマ製作者はバードウォッチャーにチェックしてもらった方がいいですね。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

芸能人バードウォッチャー

2021年10月28日 | 野鳥
「大統領はバードウォッチャー」「殿下はバードウォッチャー」「科学者のバードウォッチャー」と有名人バードウォッチャーを紹介してきましたが、今回は芸能人バードウォッチャー。
日本の芸能界でバードウォッチャーといえば、映画・テレビ・洋画の吹き替えなど数多くの作品で知られる柳生博さんでしょう。日本野鳥の会の会長を15年間も務めた後、現在は名誉会長です。
長野県に「八ケ岳倶楽部」という拠点を設け、野鳥の森やレストラン、ショップなどを開設されています。以前、鳥見ツアーで八ケ岳倶楽部に寄ったら、たまたま会長(当時)がおられたので、仲間3人と30分ほどしゃべったことがあります。とても気さくで、ずーっと私たちの話に付き合ってくれました。
会長や名誉会長はボランティアで引き受けているはずですが、タレントとして出演依頼すると当然ながらギャラが必要で、以前、京都支部でイベントを企画した際に本部に問い合わせたら結構な額でした。



もう一人、バードウォッチャーの俳優といえば、『水戸黄門』の助さん役で知られるあおい輝彦さん。10年ほど前、NHKの番組でタカの渡りを本州から九州、沖縄まで追い続ける番組でガイド役を務めていました。
2019年に出演した『徹子の部屋』では、70代の今でも毎年海外に出かけて野鳥観察していること、ニューカレドニアでは固有種カグーを撮影したことなどを語ったそうです。鳥の鳴きまねも得意で、同番組でニューカレドニアカラスの鳴きまねを披露したとのこと。
意外なことに、演歌歌手・伍代夏子さんの趣味は鳥など野生生物の撮影。冬の北海道でオジロワシとシマフクロウを撮るために車と船をチャーターし、ガイドを雇って流氷ツアーを敢行。「指が取れるんじゃないかと思うくらい寒く、船酔いで吐きそうになりながら、一睡もせず撮った」そうです。上記2種で3,000枚、その他を含めて2日間で7,000枚撮影したとのこと。



「(鳥の撮影は)とにかく待つしかない。蚊に刺されながら“無”の状態で、自分を岩だと思ってひたすら待つ」とも語っています。性根のすわった本格派の野鳥フォトグラファーのようです。
いつもは新宿御苑で撮影していますが、ノーメイクの迷彩服姿で、上のような望遠レンズ付きのカメラを2台ぶら下げてウロウロするので、夫の杉良太郎さんは同行を嫌がっているそうです。
海外の芸能人バードウォッチャーとしては、ビートルズのポール・マッカートニーが有名です。小さい頃から鳥が大好きで、出身地のリバプールでは小さな図鑑を持って郊外に出かけて野鳥観察をしていたそうです。当時の自分を「私は鳥類学者のようでした」と振り返っています。


初めてのソロアルバム(1970年)

また、BBCの自然番組の熱心な視聴者で、番組宛に手紙を書いたほど。その50年後、あるラジオ番組でインタビューを受けて、子供の頃リバプールの荒れ地でさえずっていたヒバリが半分以上減少したことを嘆き、その保護を訴えたそうです。
ビートルズやポール・マッカートニーと野鳥の記事については、過去の記事「ビートルズと野鳥」「鳥とポップミュージック」をご覧ください。

コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

BIRD WATCHINGの起源

2021年10月21日 | 野鳥
前々回の記事「バードウォッチングの起源」で、その行為(あるいは趣味)のルーツを紹介しましたが、当時(19世紀末)はまだ「バードウォッチング」という言葉はありませんでした。
この言葉が生まれたのは1901年。イギリスの作家であり鳥類学者エドモンド・セラウス(1857-1934)が『BIRD WATCHING』という著書(下)を発行したのが最初です。



当ブログでも何度がお伝えしましたが、昔は鳥を研究したり絵に描く場合、銃で撃って実物を入手するのが当たり前でした。しかし、セラウスはある時期から、科学的研究といえども鳥を撃って殺すことに疑問を抱きます。兄が有名なハンターであったことも要因のようです。そのあたりの心境の変化について以下のように書いています。
私自身、かつては鳥の殺害者であったことを告白しなければならない。しかし、鳥を注意深く観察した今、それらの殺害はとても恐ろしいものに思える。私が撃ったり、撃ちそこなって逃がした鳥のことを思うと、自分自身に対する憎しみが増大する。(中略)
鳥を観察し推論することの喜びは、他の方法で得るものよりもはるかに大きい。目と頭があるなら、銃を横に置いて、1週間でも1日でも1時間でも鳥を観察すれば、二度と元に戻ろうとは思わないだろう。鳥を撃ち殺すことが残忍であるだけでなく、ひどくバカげていると理解できるはずだ。



著書『BIRD WATCHING』の中扉はミヤコドリの図

セラウスが鳥を殺して研究することから、鳥の行動を観察して研究するように転向したのは1898年。家の近くで鳥の行動を観察し続けて詳細なフィールドノートを残しており、それらはオックスフォードの図書館に保存されているそうです。自分の目で見ることにこだわるセラウスは、『BIRD WATCHING』の序文で次のように書いています。
この本に含まれている私が見たすべてのものは、それが起こった直後または実際に起こっている間に私が書き留めたメモから引用している。このため、私は本書を「バードウォッチング」とした。
この本は全部で12章からなっていますが、そのタイトルのすべてが「WATCHING GREAT PLOVERS(ハジロコチドリ)」とか「WATCHING GULLS AND SKUAS(カモメとトウゾクカモメ)」というようにWATCHINGで始まっています。鳥を見て(watch)その行動を観察する(observe)ことを重視していたのです。
私たちバードウォッチャーは、このBIRD WATCHINGの元祖の姿勢を真摯に受け継いでいかなければなりません。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

秋の色

2021年10月14日 | 樹木
週末、栃の森に行ってきました。7月は大雨で中止になり、8月9月は毎年野鳥調査をしないので4カ月ぶり。このところ降雨がなく、林床部が乾燥していて、歩くとザクザクと落ち葉が音をたてます。
実りの季節なので、木の実を探しながら歩きました。まず目に付いたのは、鮮やかなブルーのサワフタギ。



この場所では鈴なりでしたが、別の場所では実が少なく、結実の分布はまだらでした。鳥は青い実をあまり食べないようですが、色には意味があるはずです。特定の種類が好むのでしょうか?
同じ仲間のタンナサワフタギも黒い実を付けていました。鳥は黒い実が大好きですが、鳥の眼には黒ではなく別の色に見えているはずです。



日本の鳥が好む木の実の色は黒と赤。種子散布を鳥に依存している樹木の実の色を調べた研究によると、亜寒帯では赤58.6%、黒24.1%、冷温帯では赤と黒がほぼ同数、暖温帯では赤35.0%、黒47.0%とのこと。青い実のサワフタギよりも黒い実のタンナサワフタギの方が種子散布されやすいはずです。
一方、下のヤマボウシは鳥が好む赤ですが、『野鳥と木の実ハンドブック』の著者・叶内拓哉さんによると、オナガやムクドリ以外が食べているのを見たことがないそうです。鳥にとっては、色だけでなく、含まれている脂肪分が大きなポイントのようです。



いつもの休憩場所にはリョウブの実がたくさん成っていました。昔は葉を救荒作物として利用したそうですが、実は食べなかったのかな?



今回、2カ所でハチの巣を発見しました。ニホンミツバチの巣を見つけたのは初めて。このハチは刺されてもあまり痛くないらしいので近くまで寄って撮影しましたが、スズメバチは危険なので遠巻きにして撮りました。



今回、なぜか鳥が低調でした。カメラに収まってくれたのは、この森でいつも元気なミソサザイ。白い羽根が残っているので若鳥のようです。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

バードウォッチングの起源

2021年10月07日 | 野鳥
私が現(うつつ)を抜かしているバードウォッチングという趣味が生まれたのは19世紀末。当時の欧米では帽子など女性ファッションに羽根を使うために鳥が乱獲され、絶滅しそうな種類もあったことから、ファッション産業から野鳥を守るために女性が中心メンバーとなっていくつかの保護団体が設立されました。それがイギリスの王立鳥類保護協会であり、アメリカのオーデュボン協会。これらの団体が「鳥を撃つのではなく、自然のままの姿を見て楽しもう」という運動を始めたのが始まりです。
1889年にアメリカのフローレンス・メリアムという女性が、『BIRD THROUGH AN OPERA-GRASS(オペラグラスを介した鳥たち)』という本を出版します。モノクロの図と詳しい文章で70種類以上の鳥を解説した図鑑で、“北米初のフィールドガイド”と呼ばれています。


『BIRD THROUGH AN OPERA-GRASS』

タイトルが示すように、当時はまだ双眼鏡が一般的ではなかったので、オペラグラスでの野鳥観察を勧める図鑑です。鳥を見て楽しむのは肉眼だけでは難しいので、オペラグラスを使うことを提案しているわけです。


オペラグラス(イメージ・Public Domain)

著者のメリアムは若い頃から野生の鳥とその行動を研究することに興味を持っていました。米国最大の女子大学・スミス大学に入学すると、鳥の羽根を飾った帽子に反対するために、オーデュボン協会のスミス大学支部を組織し、鳥の羽根の代わりにリボンで帽子を飾る運動を始めます。
そして、ほとんどの学生がオペラを鑑賞するような裕福な家庭の子女なので、オペラグラスによる野鳥観察を勧めるべく本書を発刊したのです。まだ26歳の若さでした。その序文で、次のようなことを書いています。


フローレンス・メリアム(1863-1948)(Public Domain)

鳥がいて人がいる場所ならどこでも、羽の生えた隣人と真剣に向き合うことで美しい野鳥に出会えます。オペラグラスとノートを用意し、目立たない色の服を着て、小川の土手や牧草地へ行って下草の中に座ったり、木の幹に隠れて静かに見たり聞いたりしてください。鳥はめったに姿を現さないので、囀りがどこから届くのかを見つけ、その動きを観察すれば種類が分かります。ノートに鳥の大まかな図を描き、姿や声の特徴を書き留めておくと役に立ちます。
「オペラグラス」を「双眼鏡」に置き換えれば、現在の私たちがやっていることと全く同じです。私たちバードウォッチャーは、フローレンス・メリアムをはじめこの趣味を確立してくれた大先輩たちに感謝しないといけませんね。
コメント (4)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

シギチシーズン終了

2021年09月30日 | 野鳥
8月初旬から通い始めて昨日まで計10回、シギやチドリを観察するために近くの巨椋(おぐら)干拓地に通いました。昨日はほとんどの田んぼの水が抜かれていて、採餌する場所がなくなったので、もうシギやチドリはやってこないでしょう。
これまでシギ・チドリを2回掲載しましたが、そのほかのハイライトシーンをご紹介します。まず、トウネン。今年は見る機会が少なかった。以下は2回目の出会い。5羽が忙しく採餌していました。



次はタシギ。この鳥も、いつもは5羽~10羽の小群を見ることができますが、今年は単独のことが多かった。この場所には5枚の休耕田がありますが、撮影時(9月21日)には他の4枚は水が抜かれていて、最後の1枚。アオアシシギ、コチドリ、サギ類が集まっていました。



この干拓地で見られるシギで、私がいちばん好きなオグロシギにようやく出会えました。毎年2~3個体渡来しますが、今年はこの1羽のみ。それでも、他に誰もいないので、1対1でじっくり交歓できました。



昨日、今年最後のつもりでひと回りしてきました。シギやチドリは少なくなりましたが、ノビタキが増えてきました。この鳥が目立ち始めると、この干拓地のシギチシーズンは終了です。また、来年に期待したいと思います。
コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

ホークウォッチング

2021年09月23日 | 野鳥
先日、1年ぶりにタカの渡りを観察してきました。遠くを飛ぶものが多い中、時々近くを旋回する個体もいて、これまでの中でもベストショットが撮影できました。
まずは、サシバ。近くを飛ぶ鳥をフレームから外さずに追い続けるのは難しい上に、ピントが合いにくく、空バックで撮影すると鳥の色や模様が出にくいのですが、比較的にきれいに撮れました。後半の個体は幼鳥ですが、胸の縦斑がしっかり見えています。



ハチクマ(成鳥♀)も、時間は短いものの、後半で下面の模様が再現できました。



ホークウォッチャーが最も感動するのは、タカが数十羽の群れになって旋回する「タカ柱」。この日は遠くや近くで何度か現れて楽しませてくれました。



この場所はタカ以外に、渡り途中の小鳥も立ち寄ります。いちばん多いのはエゾビタキ。タカの渡りが中断したとき、その可愛い姿と挙動で心を和ませてくれます。


コメント (2)
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする