樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

樹木が果たすもう一つの防災機能

2015年07月16日 | 木と防災
週末、例によって栃の森に行ってきました。
先月はツルアジサイがたくさん咲いていましたが、今月の森の主役はイワガラミ。名前は「岩絡み」ですが、栃の森では「木絡み」と呼びたいほどあちこちの樹木に巻きついています。
ツルアジサイとイワガラミは同じアジサイ属のツル性木本。どちらも新芽を揉むとキュウリの匂いがするらしいので、ツルアジサイの葉をちぎって試してみましたが青臭いだけ。しかし、葉柄をちぎって鼻を近づけると、確かにキュウリの匂いがしました。
匂いの成分は青葉アルコールやキウリアルコールで、虫やカビを防ぐ作用があるそうです。


ツルアジサイは装飾花が4弁(6月撮影)

実際に山里では新芽をさっと茹でて和え物にしたり、揚げ物にして食べるそうです。
江戸時代、米沢藩主の上杉鷹山は144種類の救荒植物、つまり飢饉のときに食べる植物を普及させたそうですが、その中にツルアジサイとイワガラミも含まれていたとのこと。キュウリの代用食品になったのでしょうか。
そういえば、日本では実の成る木を街路樹に植えて飢饉の際の食糧にしたという話を本で読んだことがあります。海外でも、例えばシルクロードの街路樹にクワの木を植えて救荒食にしたようです。


イワガラミは装飾花が1弁(7月撮影)

当ブログでは「木と防災」というカテゴリーを設けて、樹木の防火や避雷、耐震などの能力をご紹介してきましたが、緊急用食糧という側面でも木は人間に貢献してきたわけです。
さすがに現代の日本で救荒食は不要ですが、災害時の非常食は必要です。わが家には1週間分が備蓄してあるようです。
コメント (4)

雷電木

2014年09月08日 | 木と防災
「地震、雷、火事、親父」という言葉から察すると、昔の人は雷をかなり恐れていたようです。避雷針によって雷の被害が減った一方、温暖化による気象災害が増えた現在は、「地震、津波、台風、豪雨、竜巻、雷、火事、親父」くらいの順ではないでしょうか。
昔の人は、その2番目に恐い雷を樹木で避けていました。一つは、「くわばら、くわばら」というおまじない。その由来はこちらで読んでいただくとして、クワの木が雷除けになると信じていたわけです。
もう一つはおまじないではなく、実用的な効果を期待しての樹木。例えば、日光東照宮と上野東照宮には、雷除けとしてキササゲが植えられています。中国原産のこの樹は「雷電木」とも呼ばれ、昔から雷除けの役割を果たしてきました。


キササゲ

この樹は高木になり、しかも水分が多いので、神社など大切な建物の近くに植えておくと、雷がキササゲに誘導され、建物への落雷を避ける。つまり、現在の避雷針の機能を果たすわけです。
実際、東京の新宿御苑には落雷を受けたキササゲがあるそうです。


キササゲの葉

国宝・彦根城の城内にはキササゲが雷除けとして植えらただけでなく、楽々園という藩主の下屋敷にはキササゲの木材を柱に使った「雷の間」があります。柱にしたのは、キササゲを雷除けのシンボルと考えたからでしょう。


楽々園(3年前に行ったときは保存修理の工事中でした)

ちなみに、この楽々園には「地震の間」という離れもあって、免震構造になっているそうです。「地震の間」と「雷の間」を設けたということは、当時は真剣に「地震、雷、火事、親父」を恐れていたということですね。
コメント (2)

水の害と木の害

2012年08月16日 | 木と防災
おととい(14日)は、母の初盆のために帰省するつもりでした。前日にお供えやお土産を買いそろえ、車も借りて朝7時に出発する予定でした。
ところが、5時に起きて外を見ると、家の前の道路が川になっています。夜中に激しい雷雨があったものの、それほどの雨量とは思ってもいません。6時過ぎに家の前で撮影したのが下の動画です。



わが家はガレージに少し水が流入する程度でしたが、身の危険を感じた近所の若いご夫婦は小さい子どもさんを抱いてわが家にしばらく避難されました。
無理すれば帰省できましたが、町内の防災委員でもあるので初盆は諦め、後処理に備えました。水が少し収まってから町内(37世帯)を見回ると、床下浸水2軒、ガレージへの土砂流入6軒、土砂崩れ1カ所という状況。自宅の後片付けは妻に任せ、町内の男手を集めて特に酷かったお宅の土砂や瓦礫の処理に当りました。



当日の状況を書き出すときりがないので、当ブログのテーマである樹木に引き寄せてご報告します。比較的高台にあるわが町内が水害に遭ったのは、もちろん局所的な短時間の豪雨が原因ですが、その雨を流すべき小川や側溝が流木や木の葉で塞がれて道路に溢れ出たからです。
わが町内は、行方不明者が出た志津川地区とは低い山を隔てた位置にありますが、その山の林地にあった倒木や枝、木片、木の葉、竹などが一気に流出したようです。
「宇治で水害」と言えば普通は宇治川の氾濫を想定しますが、今回は(志津川も含めて)それ以前の支流や小川、用水路、側溝での氾濫です。そういう小さい流れがない町内は被害がなく、全くの平常モード。後片付けに追われる我々を尻目に、のんびりと蝉採りをしている親子もいます。
落ち着いてから近隣を巡回すると、下の写真のように流木が散乱している光景があちこちで見られました。





動画の濁流も、小川の橋に大量の流木がひっかかったために溢れた水です。
また、下のように側溝の蓋の穴も木の葉が塞いでいます。家の前の道路の側溝はすべてこういう状態でした。穴が塞がれたために水が側溝に流れ込まず、道路を流れるのです。
橋げたに流木がひっかかって水が溢れることはテレビの災害報道で知っていましたが、今回の経験で水害のもう一つの要因は木にあることを痛感しました。



わが町内は被害が比較的軽微なため当日中に片付きましたが、濁流の下流に位置する町内は軒並み床下・床上浸水のうえ流入土砂も多いので、昨日は応援に行きました。本日も自治会のボランティア募集に応じて、さらに下流の町内のサポートに出かけます。
ありがたいことに、早くも若者たちがボランティアとして駆けつけてくれています。そういう人の存在がいかに被災地の力になるか、身を以って体験しました。物理的な力もさることながら、「支えられている」という精神的な力になることの方が大きいです。
また、私宛に電話やメール、携帯メールを通じていろいろな方からお見舞いをいただきました。この場を借りてお礼申し上げます。ありがとうございました。

コメント (10)

津波と木

2012年03月12日 | 木と防災

東日本大震災から1年が経ちました。現地の様子をテレビで見るたびに心が痛みますが、逆に元気づけられたり、ほっとさせられることもありました。

樹木では、陸前高田市の「奇跡の一本松」。写真集が発行され、特に東北地方でよく売れているそうです。

津波と樹木について最近知ったことですが、百人一首に次のような歌があります。

  ちぎりきな かたみに袖をしぼりつつ 末の松山 浪越さじとは

意味は、「約束しましたよね、涙を流しながら。末の松山が決して浪をかぶることがないように、2人の愛も変わらないと」。作者は、清少納言の父親の清原元輔。

この歌は、貞観11年(869)の巨大地震で東北地方が津波の被害を受けた史実を背景にしているそうです。貞観地震でも津波をかぶらなかった「末の松山」が不変の象徴として歌われているのです。

「末の松山」の場所は定かではありませんが、宮城県多賀城市にある宝国寺ではないかと推測されており、境内にある推定樹齢480年のクロマツがその名残ではないかと言われています。

 

宇治川べりのクロマツ

 このお寺は海岸線から2kmの地点にあり、今回の津波でも石段までは水に浸かったものの波はかぶらず、約100人の市民が避難してきたそうです。

「奇跡の一本松」はクロマツとアカマツの交配種だったようですが、昔から「白砂青松」と言われるように海岸にはクロマツを植えることが多いので、津波をかぶることも多かったのでしょう。

 

コメント (2)

森林火災

2009年02月16日 | 木と防災
オーストラリアの森林火災では死者180人、負傷者500人以上、避難者5000人以上という大地震並みの被害が出ています。ニュースは燃えている樹のことを伝えませんが、おそらくユーカリです。
コアラの餌として知られており、オーストラリア原産ですが、日本でも時々公園や街路に植えてあります。「ユーカリ」は特定の樹種を指すのではなく、フトモモ科ユーカリ属の総称で、オーストラリアには500種類もあり、全森林面積の75%を占めるそうです。

             
           (近所の植木屋さんの庭にあるユーカリ)

やせた土地や乾燥地でもよく育ち、成長が早く、植えてから3~5年で利用できるため、熱帯や亜熱帯の開発途上国でたくさん植林されています。エチオピアの首都周辺では薪のほぼ100%、建築材の90%がユーカリだそうです。
その反面、葉が分解されにくく、落ち葉のまま堆積するうえに、幹にも油分が多いので、いったん燃えると今回のように被害が大きくなるようです。

       
            (日本に多いのは葉が丸いマルバユーカリ)

森林火災の原因は樹の摩擦や落雷など自然現象だと一般的には思われています。ところが、樹木ファンとして濡れ衣を解きたいわけではないですが、実際には人的な原因が多いらしいです。
中国でも森林火災が多発し、林業局が発表したデータによると、先月の森林火災の発生件数は前年同月比49%増の651件。そのうちの9割が、野焼き、春節期間の観光客による花火や爆竹からの引火など人的な要因です。
オーストラリアの森林火災でも放火の疑いがあり、ビクトリア州警察は同国史上最大規模の放火捜査に着手したそうです。
コメント (4)

木の消防ポンプ

2009年01月26日 | 木と防災
60年前の今日、世界最古の木造建築・法隆寺の金堂が焼失しました。この災害を契機として、翌年に「文化財保護法」が制定され、昭和30年には1月26日を「文化財防火デー」にすることが定められました。それにちなんで、今日は昔の消防ポンプをご紹介します。
下の写真は、宇治市の消防本部に飾られている「竜吐水(りゅうどすい)」。放水する様子を竜が水を吐く姿に例えた勇ましい名前です。

       
           (一番上の右向きの筒から放水されるようです)

うちの近くにあるお寺で使われていた木製の消防ポンプで、安政3年(約130年前)に製作されたもの。水槽部分の材はおそらくコウヤマキでしょう。昔の水道管や風呂桶に使われた水に強い木材です。腕木部分はカシ類だと思います。
案内板によると、こうした装置は享保年間(1716年~1735年)にオランダから渡来したと推測されているそうです。左右の腕木を交互に上げ下げしながら、その圧力で水を噴射するという仕組み。
放水距離は20mくらいですが、当時は現在のように放水で消火するのではなく、周辺の家屋を壊して類焼を防ぐという方法なので、この「竜吐水」は火消しの衣類に水をかけるのが主な目的だったようです。
わが家は先日、火災報知機を2ヶ所取り付けました。みなさんも火の用心を心がけてくださいね。
コメント (4)

命繋げた木

2008年11月05日 | 木と防災
みなさんもまだ覚えていらっしゃると思いますが、4年前の10月20日に台風23号によって京都府の由良川河口で大洪水が発生し、観光バスが立ち往生しました。乗客はバスの屋根に避難し、翌21日にかろうじて救出されました。
あの時、さらに増水してバスの屋根も水没するおそれがあったため、2人の男性が近くの街路樹まで洪水の中を泳いで渡りました。バスのカーテンで作ったロープを携え、残りの乗客を木に誘導するためです。当時の模様はこちら
その街路樹が今もあることをテレビで知って、帰省の途中に寄ってきました。由良川沿いの街路樹はユリノキ。ちょうど紅葉の時期で、黄色の葉と緑の葉が入り混じって目を楽しませてくれました。

       
      (由良川沿いの道にはたくさんのユリノキが植えられています)

その近くには、洪水時の水位を示すモニュメントが立っていて、8.24mと記してあります。近所で木の場所を教えてくれたおじさんも、「うちの2階も75cmまで浸水して、屋根に逃げるしかなかった」と当時の模様を話してくれました。

       
    (水位を示すモニュメント。青い方が今回、赤い方は昭和28年のもの)

毎年10月20日になると、このユリノキにつかまって助かったご本人が兵庫県の豊岡市からわざわざ肥料を与えに来られるそうです。下の写真の札もその方がつけられたもの。ご本人にとっては、命の恩人なのでしょう。

             
           (このユリノキにつかまって助かりました)

直径20cmくらいの細い樹ですが、たまたま近くにあったので人間の命を助けることができたわけです。当時、バスの屋根から無事に救出されるニュースを見ながら、「人間、どんな状況になっても最後まであきらめたらいかん。奇跡が起こることもある」と思ったことを覚えています。

       
   (車で通れば見過ごす小さな札ですが、ご本人の気持ちが伝わってきます)
コメント (2)

地震を予知する木

2008年09月22日 | 木と防災
阪神淡路大震災が発生したのは1995年1月17日の早朝。私はその前の14日から仲間4人で九州へ鳥見旅行に出かけ、16日の夕方に新幹線で帰ってきました。半日違いで地震に遭遇しているところでした。しかも、仲間の一人が消防団員のこともあって、車中では「そろそろ大きな地震が…」という話をしていたのです。
地震の前日、兵庫県のある池にいた水鳥がすべて逃げたという話を聞きました。私たちが地震の話をしたのは単なる偶然ですが、野生動物には地震予知能力があるみたいですね。

       
                (地震を予知するネムノキの葉)

動物だけでなく、樹木も地震を予知するそうです。樹の幹とその周辺の地面に電極を刺し込み、その電位の差を観測していると地震前に大きな変化が現れると言います。
観測に使われるのはネムノキ。そのほか、電磁波を遮断するヤニがなく、根をしっかり張るケヤキやキンモクセイ、クワ、カエデなどでも観測されています。
実際に、宮城県沖地震では55時間前に電位が大きく変化して予知に成功。そのほか、2003年9月26日の十勝沖地震では、札幌で観測中のネムノキが1ヶ月ほど前から異常な電位を示していたそうです。また、根室半島沖や東海道沖の地震を予知し、予報を出して的中させたグループもあるようです。

       
               (電極を差し込むネムノキの幹)

樹木による地震予知を研究しているのは東京女子大学の名誉教授、鳥山英雄博士。この先生によると、マグニチュード5以上または震度5弱以上の地震ではかなりの確率で先行現象がキャッチできるので、観測地点をさらに増やし、他の電磁波現象と並行して観測すれば実際的な地震予知に役立つそうです。
地震は地殻変動が原因ですから、地中に根を張っている樹木がそれを予知できるのはもっともな話ですね。
コメント (4)

木のレンガ

2007年10月12日 | 木と防災
前回ご報告した通り、友人に誘われて京大宇治キャンパスのバイオマスセミナーに参加しました。午前中の研究所ツアーでは、エコハウスの実験棟も見学しました。
その中に、アルゼンチンの留学生が考案した木のレンガのコーナーがありました。アルゼンチンの住宅の材料はレンガが中心で、地震が発生するとその下敷きになって亡くなる人が多い。重いレンガの代わりに、軽い木で家を建てればそうした被害が防げるのではないか、というのが開発の動機だそうです。

      
         (約30×10cmの木のレンガを積み上げた壁)

実用化するには強度や建築構造など課題は多いようですが、木のレンガに込められた留学生の切実な思いがじんわりと伝わってきました。
このエコハウスはほとんど木製。昔ながらの壁土の欠点を、木枠で土を固めたブロック状にすることで解消する実験も行われていました。実際に学生に寝泊りさせたところ、冬は暖房が必要だったものの、今年の猛暑でもクーラーなしで過ごせたそうです。

      
            (実験中のエコハウス)

このエコハウスは昨年も紹介しましたが、柱と梁の新しい木組みや木質断熱材、シロアリ対策などさまざまな実験が行われています。将来、この実験棟から実際の私たちの暮らしに役立つ製品やシステムが生まれることを期待しましょう。
コメント (6)

空気をきれいにする並木

2007年09月07日 | 木と防災
8月29日の記事で「イチョウは防火にはあまり役に立たない」と書きましたが、名誉回復のために、きょうはイチョウの別の効用について。
日本の街路樹として最も多く使われているのはイチョウ。関西では大阪の御堂筋(みどうすじ)が有名です。両側の歩道と2つの分離帯の4列で、合計830本のイチョウが植えられています。欧陽菲菲の「雨の御堂筋」や坂本スミ子の「たそがれの御堂筋」など大阪のご当地ソングにもよく登場します。

       
         (大阪のメインストリート・御堂筋のイチョウ並木)

このイチョウ、防火性ではそれほど頼りになりませんが、空気の浄化能力はかなり高いようです。亜硫酸ガスの吸着能力について大阪市で調べたところ、防火力に優れたサンゴジュの2倍、サクラの3倍以上、また川崎市の調査でもプラタナスの2倍の吸着能力を示したそうです。
亜硫酸ガスは車の排気ガスにはあまり含まれていませんが、公害や環境破壊の原因とされる有毒物質。イチョウは空気を浄化することで、人間に貢献してくれているのです。
また、なぜか大学のシンボルに多用され、東京大学、大阪大学、熊本大学の校章はイチョウで、東大の同窓会の名前は「銀杏会」。さらに、東京都と大阪府、神奈川県のシンボルツリーに選定されています。東京にも大阪にもイチョウ並木が多いからでしょうか。
コメント (2)