樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

樹木の多様性

2019年08月01日 | 樹木
前回の鳥に続いて、2週間前のことですが、栃の森の樹のご報告です。
森は結実の時期を迎えていて、いろいろな実が膨らんでいました。まず、この森の名前(私の勝手なネーミング)の由来であるトチノキ。昔は人間がこの実を食用にしたわけですが、今はネズミやシカの空腹を満たしています。


トチノキの実

今回、白神山地を訪ねた後なので、林相の違いが気になりました。
白神山地の森は樹種が少なかった。高木ではブナ、ホオノキ、ミズナラ、ウダイカンバなど、中高木ではハウチワカエデ、リョウブなど、低木ではオオカメノキ、クロモジなど、大雑把に数えて30種ほど。
一方、以前、栃の森を歩きながら自分で識別できる樹種をカウントしたことがありますが、約70種でした。白神山地にあって栃の森にないのはウダイカンバくらい。


ガマズミの実

樹木の多様性という点では、圧倒的に栃の森の方が豊かです。白神山地は緯度が高いので常緑樹が少ないということもありますが、それだけでは片づけられないようです。
何というか、白神山地の森が洗練されているのに対して、栃の森はワイルド。あちこちに倒木があったり、シカの食害で笹藪がなかったり、動物の骨が転がっていたり、豪雨でせせらぎのルートが変わったり、自然が常に動いているという感じ。


エゾユズリハの実

一方、白神山地の森は、均一な太さの高木が整然と並び、笹も密生していて、倒木もなく、風景として美しい。そんな印象でした。
もちろん、白神山地では主に尾根筋を歩いたのに対して、栃の森のコースは谷筋という環境の違いもあると思いますが、結果的に栃の森の魅力を再発見することになりました。
今回、木の実が目立ちましたが、花も咲いていましたので、最後にご紹介します。


イワガラミ


ヤマアジサイ


ナツツバキ
コメント (2)

白神山地の樹木

2019年07月18日 | 樹木
前回に続いて白神山地ツアーのご報告です。今回は樹木。ツアーの目的は鳥見ですが、せっかくなので、ディープなブナ林を体感すべくガイドを雇いました。
まず案内されたのがマザーツリー。当地のブナがすべてこの母樹から生まれたわけではないでしょうが、これまでに私が栃の森や各地のブナ林で目にした中で最大でした。残念ながら最も太い枝が折れて、往年の威風が損なわれていました。
その後、ガイドは林道から森の中に分け入り、腰のナタで小枝を切り開きながら奥へ奥へと進んで行きます。密林の中をヨタヨタついて行くと、立木がなく、ブナの幼木がびっしり生えた20畳ほどの空間に到着。ガイド自身が作ったという木のベンチに腰掛けていると、コーヒーをいれてくれました。
彼は客の反応や会話から案内すべきコースを選んでいるようで、鳥や樹の話をしている私たちを熱心な自然観察者と判断して、このプライベートスポットへ案内してくれたようです。
林道から眺めるだけでは把握できなかったのですが、密林の奥に分け入ると、中はブナの純林。高木はほぼ100%ブナです。その情景を動画で撮ってみました。



歩きながら目に入る低木の樹種が最初は識別できませんでした。よく見るとオオカメノキやクロモジなどですが、いつも栃の森で目にする同種に比べると葉が異様に大きいのです。しかも、栃の森ではせいぜい人間の高さ程度ですが、ここでは倍ほどの樹高。翌日に訪れた弘前大学の白神自然観察園でも同様でした。


クロモジの葉。栃の森では半分以下


マルバマンサクの葉もデカイ

帰りの飛行機の中で、「高木のブナが密生しているので降り注ぐ光が少なく、必要な光合成を行うために葉が大きくなった。そして、光をめぐる競争に勝つために上へ伸びる必要があるので樹高が高くなった」という仮説を思いつきました。
しかし、信州や東北に出かける機会が多い栃の森の同行メンバーによると、「樹木の葉は北に行くほど大きいです」とのこと。葉のサイズは、光ではなく緯度と相関関係があるようで、一度調べてみようと思います。
東北は樹の葉がデカイだけでなく、樹体そのものも大きいようで、白神山地から十二湖への移動途中に「日本最大のイチョウ」を見てきました。看板によると、樹齢1000年以上、高さ31m、幹回り22mだそうです。

コメント (6)

花盛りの森

2019年06月13日 | 樹木
週末、栃の森へ行ってきました。5月は都合で参加できなかったので2カ月ぶり。
前夜に少し降雨があり、当日も朝は霧が立ち込めて、森の中はしっとりしています。林道も森も花盛り。特に白い花のオンパレードでした。
最初に目に付いたのはサワフタギ。名前のとおり普通は谷筋に繁茂する樹ですが、林道脇に咲いていたので最初は同定できず、仲間に尋ねられて「マルバアオダモかな」などと適当な返事をしてしまいました。



森の中では、あちこちでヤブデマリが誇らしげに白い花を咲かせています。オオカメノキ(ムシカリ)とよく似ていますが、こちらは開花が1カ月以上遅いのと、装飾花が4弁(オオカメノキは5弁)。



エゴノキの落花がたくさんある場所に、同じ仲間のハクウンボクがよく似た花をぶら下げていました。「白雲」とまではいきませんが、結構見事です。



タニウツギはすでに花期が終わったようですが、満開のものが数株残っていました。白い花が多い中、赤系の花は目立ちます。



ヤマボウシもあちこちで白い十文字の花を咲かせていました。



アジサイ類では、ツルアジサイとコアジサイ(下)が満開。青い花はこの森では他にないので印象に残ります。



サルナシも咲いていました。一度この実を口にしたことがありますが、キウイとまったく同じ。今年の秋も食べられるかな。



栃の森の主トチノキも花はほとんど終わっていましたが、数本だけ残っていました。この森に来てこの花を見ないと何となく落ち着かない。



帰路、いつものように森の入口にある林業家で、栃のハチミツを買って家路につきました。

コメント (2)

萌木色の森

2019年05月09日 | 樹木
前回のご報告どおり、栃の森では花もいろいろ咲いていましたが、若葉も開き始めていて、森の中は萌木色に染まっていました。「萌黄色」とも書くようですが「萌木色」のほうが近い感じです。



春先の樹木が描き出すこの色と風景を見ると、毎年のことながら、気持ちが和らぎます。フーッと息が抜けていくような、安らかな気分になります。
こういう中に足を踏み入れて、その空気を呼吸し、音を聞き、匂いを嗅いでいると、樹や森を好きにならざるを得ないですね。



林道では、生まれたばかりのアカシデの葉が鮮やかな緑で、赤い枝とのコントラストを強調していました。



谷側に生えているイヌシデは、葉も花も展開しています。上のアカシデと下のイヌシデは葉も樹皮もよく似ていて識別が難しいですが、今の時期は分かりやすいです。



下は、一見するとシデ類に見えますが、ミズメ。関西で見られる唯一のカバノキ属です。枝の皮を爪で削って匂うとサロンパスの匂いがします。別名、アズサ(梓)。



この森はトチノキが多いので、私は勝手に「栃の森」と名付けました。その主も展葉し始めました。葉を包んでいる芽鱗は、なぜかネバネバしています。



これから、樹々の葉は大きく広がって、数もどんどん増えて、次に訪れる頃には森は緑一色に染まっているでしょう。
コメント (2)

雨の森歩き

2019年05月02日 | 樹木
久しぶりに樹木の話題です。週末に、栃の森に行ってきました。昨年12月2日以来、約5カ月ぶり。あいにくの雨の中、いつものメンバーが全員そろいました。
車で寝るのですが、屋根を打つ雨の音がうるさくてなかなか眠れません。朝6時、レインウェアを着用し、リュックにも防水カバーをつけて出発。雨で濡れるので動画用カメラはあきらめて、コンパクトカメラだけ持参しました。
下界はすでに初夏ですが、この森は季節が1か月以上遅く、春の目覚めを迎えたばかり。林道には、まだアセビが咲いていました。



下はイワナシの花。これでも草本ではなく、木本です。確か、日本でいちばん小さい木。



桜も満開で、下のキンキマメザクラのほか、ヤマザクラやオオヤマザクラが目を楽しませてくれました。



林内には所々に雪が残っています。でも、例年よりも少ない感じです。写真の手前の緑はバイケイソウ。有毒でシカが食べないので、どんどん増えています。



途中、オオカメノキ(ムシカリ)があちこちに白い花を咲かせていましたが、遠いので撮影を諦めていたら、折り返し地点の休憩場所の近くに1株ありました。



ヒサカキも小さな花をつけていました。この花は匂いが独特で、人によって「タクアンの匂い」とか「都市ガスの匂い」といいます。ガス漏れの通報を受けて係員が急行すると、近所の生け垣にヒサカキが植えてあったという事件が時々あるようです。



ありがたいことに復路は雨も止んで、冷たい思いをせずに歩けました。往路は気づかなかったのですが、林道ではウスギヨウラクやキイチゴ、クロモジもそれぞれの花を開いて春を告げていました。





コメント (4)

目からウロコ

2018年11月22日 | 樹木
久しぶりにいい本に出合いました。ドイツの森林管理官が書いた『樹木たちの知られざる生活』。
本国でベストセラーになり、アメリカでもワシントン・ポストが「樹木に対する愛の告白であり、木々の生態へのこの上なく興味深い入門書」と絶賛したとか。当ブログの「樹と水」に書いた吸水の謎もこの本の受け売りです。
木の本はこれまでにもたくさん読みましたが、その多くは植物学者によるもので、科学的な知見が記してありました。一方、この本には森林管理官として長年森を観察し続けた経験から生まれる樹木への愛情がにじみ出ていて、その実感を言語化しているので、読んでいるとフワ~とした気持ちになります。
例えば、落葉を次のように比喩します。「樹木にとってはトイレをすませる機会でもある。私たちが夜寝る前にトイレに行くように、樹木も余分な物質を葉に含ませて体から追い出そうとする」。



科学的な知見も随所にあり、それがドイツやヨーロッパの最新の研究成果なので新鮮。例えば、樹木は香りを発することでお互いにコミュニケーションしている、地下に張り巡らされた根と菌のネットワークよってお互いを助け合っているなど、驚くべき記述に出くわします。
当ブログの「紅葉の不思議」で紅葉の仕組みをご紹介しましたが、この著者は「なぜ紅葉するのか?」まで突っ込みます。理由の一つは、害虫に対する警告。黄葉や紅葉によって「私は健全だから寄生してもムダよ」と虫にアピールしているのだそうです。
さらに、「そもそも広葉樹はなぜ落葉するのか?」まで掘り下げ、雪や樹氷の重みで枝や幹が折れるのを防ぐためと書いています。常緑広葉樹が南に、落葉広葉樹が北に分布する理由も納得できます。
もう一つ驚いたことに、ドイツの憲法には「動物、植物、およびほかの生命体を扱うときは、その生き物の尊厳を尊重しなければならない」と書いてあるそうです。環境先進国といわれる由縁でしょう。日本の憲法にも世界に誇れる条文がありますが…。
樹木を見る私の目のウロコを剥がしてくれる本でした。
コメント (2)

紅葉の不思議

2018年11月08日 | 樹木
週末、栃の森に行ってきました。本来の目的は野鳥の調査ですが、今回は都市部より一足早い紅葉に期待して…。
林内は緑~黄~オレンジ~赤の鮮やかなグラデーション。さまざまな樹種の葉の色を観ていると、自然の不思議に心を持って行かれそうになります。
カラフルなのは、やはりカエデ類。中でも、ウリハダカエデとハウチワカエデは目の覚めるような黄や赤に染まっていました。


ハウチワカエデ。バックの黄色はウリハダカエデ

同じカエデ類なのに、なぜかイタヤカエデは黄葉しても紅葉しません。イチョウと同じです。



根粒菌によって窒素を自給するハンノキ類は、葉緑素(窒素が原料)を回収する必要がないので緑色のまま落葉しますが、普通の落葉樹は葉の中にある葉緑素を来年再利用するために窒素に分解して回収し、根に蓄えます。すると、葉の中に隠れていたカロチノイド(黄)やアントシアニン(赤)が目立つ、というのが紅葉の仕組み。
しかし、この説明では納得できない葉の変色があります。私がいつも不思議に思うのは、コシアブラ。写真のように、白く変色するのです。同じ仲間のタカノツメは黄葉するので多分カロチノイドを含んでいるのでしょうが、葉緑素といっしょに回収されるので白葉するのではないかと推測しています。



もう一つ不思議なのは、赤黒く変色する葉。なぜかミズキやヤマボウシなどミズキ類に多い。街路樹や庭木に多用されるハナミズキも同様です。アントシアニンだけでなくメラニンを含んでいるからではないでしょうか。


ミズキ


ヤマボウシ

そもそも広葉樹はなぜ落葉するのか? 針葉樹はなぜ紅葉も落葉もしないのか? 鳥もそうですが、樹を観ていると頭の中に次々と「?」が湧いてきます。
コメント (2)

樹と水

2018年11月01日 | 樹木
最近読んだ本によると、ブナの成木は1日に500リットルの水を吸収するとのこと。一般的なサイズのお風呂のお湯が200リットルですから、その2,5倍です。
比較するのも何ですが、私は尿酸値が高くて医者から1日1リットルの水を飲むように指示されているので、その500倍です。


ブナの樹皮。この内側で500リットルの水が流れている

ツリーウォッチングを始めた頃、樹木はどうやって数十メートルもの高さまで水を吸い上げるのだろうと疑問でした。世界で最も高い樹は115.5メートルですから、ポンプもないのに、高層ビルの高さまで水を送っているわけです。
その頃に読んだ樹木の本には、導管の毛細管現象と葉から蒸散する吸引圧力で吸い上げると書いてあって、「なるほど」と納得していました。


水分を蒸発させるブナの葉

しかし、最近読んだ本には、「毛細管現象で吸い上げるのはせいぜい1メートル」、「葉による蒸散圧力説は、落葉中にも水が樹冠部に達する事実を説明できない」と書いてあって、私の頭の中にあった「樹と水」の常識はガラガラと崩れました。
この著者によると、樹がどうやって100メートルの高さまで水を吸い上げるのかは、まだ解明されていないそうです。
「樹と水」についてもう一つ、「氷点下になると樹体内の水が凍って導管が破裂し、樹が死ぬのではないか」という疑問がありました。これについては、「樹木は冬になると内部の水の糖分濃度を高めて氷点を上げる」という説明で、今のところは納得しています。
どこまで掘り下げても樹木は不思議です。だから面白いんですけどね。
コメント (2)

百果繚乱

2018年10月11日 | 樹木
久しぶりに栃の森に行ってきました。7月の予定が西日本豪雨で延期になり、私は参加できなかったので4カ月ぶり。
森はすでに実りの最盛期。さまざまな木の実が色づいていました。真っ先に目に飛び込んでくるのは、視線の高さで青い実をつけているサワフタギ。年によって少ないこともありますが、今年は5月に花が満開だったのでたくさん結実しています。



いつもの休憩ポイントでは、オニグルミの巨木に巻きついているツルマサキが可愛い実を付けています。



谷筋で目を引くのはコマユミの赤い実。図鑑によると、マユミよりもニシキギに近いようです。



反対側の斜面にはハクウンボクの実が…。エゴノキの仲間ですが、葉も実もエゴノキより大きめ。



木の実ではないですが、トリカブトの花がまだ咲いていました。この森はシカの食害が深刻で、ササはほぼ全滅、林床部に残っているのは草本ではトリカブトとバイケイソウ、木本ではオオバアサガラとテツカエデの幼木、つまり有毒な植物のみという惨状です。



折り返し地点の峠には、いつものようにタンナサワフタギの黒い実が成っていました。



ヤマボウシが赤い実をつけていたので、久しぶりに一粒口に入れました。以前に食べた時は小さな種がジャリジャリして食感がいまいちでしたが、今回は大きめの種が5~6粒しかなく、マンゴーのような食感とカキのような味が楽しめました。



往路は薄暗い早朝で気づかなかったのですが、帰路の林道でナナカマドとエゾユズリハの実を発見しました。





嬉しかったのはサルナシ。いつもサルに先を越されて食べる機会がなかったのですが、今回やっと念願が叶いました。同じ仲間ですから当然ですが、味はキウイそのもの。皮が少し固いものの、酸味のほか甘い部分もあって、サルの好物である理由が納得できます。





今回心配していたのは、集中豪雨や台風21号、25号の影響。林内はいたるところに倒木や小規模な土砂崩れがあったものの少し迂回する程度で済みましたが、林道が1カ所大規模に崩落していて恐る恐る通りました。次に大雨が降ったら、通行止めになるかもしれません。



コメント (4)

森は花盛り

2018年05月31日 | 樹木
週末、栃の森に行ってきました。タイミングが開花時期とぴったり合ったようで、たくさんの花が迎えてくれました。
まず、サワフタギが満開。この森には20年以上通っていますが、ピークに巡り合えたのは数えるほど。昨年はまだ蕾でした。



サワフタギと同じく、低木として私たちの目の高さで咲き誇っていたのはヤブデマリ。よく似たムシカリ(オオカメノキ)は先月に咲き終わったようです。



エゴノキもすでに終わっていましたが、同じ仲間のハクウンボクは咲き始め。林道や林内で数株が開花していました。



「栃の森」は私が勝手に付けた名前ですが、この森の主役トチノキも立派な総状花序を立てています。ただ、いつもより花数が少ない。このコースのランドマークである樹齢500~600年の巨木も、下から見上げる限り花が見当たりせん。毎年6月に森の入り口の農家で栃の蜂蜜を買うのですが、今年は在庫が少ないかも。



ミズキも独特のステップ状の樹形を白い花で飾っています。地面には細かい花糸がたくさん落ちていました。



歓迎できない花も咲いていました。ハリエンジュ、通称アカシア。北米原産で、日本では侵略的外来種。「関西の秘境」といわれるこんな山奥にまで分布域を広げているのです。今のところは林道までですが、林内に侵入するのは時間の問題でしょう。



今の時期は白い花が圧倒的に多いですが、コミネカエデが黄色い花をいっぱい付けていました。



このほか、ヤマボウシ、ナナカマド、ツルアジサイ、ホオノキ、タンナサワフタギなどが白い花を咲かせていました。白以外では、タニウツギ、フジ、キリ、コアジサイの花が見られました。
コメント (4)