樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

聞きなしの国際比較

2016年02月25日 | 野鳥
予定がキャンセルになった先週のある日、天気がいいので宇治川に鳥見に出かけました。川面にはキンクロハジロやホシハジロが浮かんでいます。コガモは早くも繁殖期を迎えたようで、オスがピーピー鳴きながらソワソワしています。
その岸辺の灌木のてっぺんにホオジロが止まりました。この鳥は警戒心が強いので、普段は目立つ場所には現れませんが、繁殖期となれば話は別。私のすぐ前で堂々とさえずり始めました。コガモの声をバックコーラスにして、ラブソングを歌っているようです。



このホオジロのさえずりは、古くは「一筆啓上つかまつり候」とか「源平つつじ白つつじ」と聞きなしましたが、最近は「札幌ラーメン味噌ラーメン」と聞きなすようです。
聞きなしとしては、ホトトギスの「東京特許許可局」やイカルの「お菊二十四」など秀逸なものがいくつかあります。
先日ご紹介した本『鳥たちの博物誌』には、海外での聞きなしについて興味深い記事が掲載されていました。
イギリスではキアオジのさえずりを“little bit of bread and no cheese”(小さなパンひとかけチーズ抜き)と聞きなすそうです。そう言われても実感が湧かないので、Youtubeでキアオジのさえずりを探しました。



確かに後半のフレーズは「チーズ」と聞こえます。
そのほか、アカライチョウはハンターを追い返すように“go back, go back”(帰れ、帰れ)と鳴き、シジュウカラは“teacher, teacher”(先生、先生)と鳴くそうです。
面白いのは、同じ鳥の聞きなしが英語とフランス語で全く異なること。アフリカに生息するアカメジュズカケバトは、英語圏では強く主張するように“I AM a Red-Eyed Dove”( 私はアカメジュズカケバトだ)と聞きなす一方、フランス語圏では“Je PLEU-re-re-re-re”(私は泣いているんですぅ~)と聞きなすそうです。
聞きなしの国際比較は一つの研究テーマになりそうですね。鳥類学だけではなく言語学からもアプローチできそうです。誰か研究していないのかな?
コメント (2)

ホオジロたちの楽園

2016年02月18日 | 野鳥
寒くても、空が晴れているとウズウズして、近くの田園へ鳥を見に出かけます。
広い干拓地には草が伸び放題になっている草地があちこちに散在しているのですが、なぜか下の写真の一角にだけ鳥が集まっています。



最も多いのはオオジュリン。関西では冬羽しか見られませんが、20羽くらいいるようで、草陰から入れ代わり立ち代わり草の茎や穂に上ってきます。



たま~に、カシラダカも姿を見せます。挙動はオオジュリンと同じですね。



先日は、ホオアカも1羽出てきました。



みんなホオジロの仲間です。そのホオジロもいるはずですが、ここにいる鳥の中ではいちばん臆病で、ほとんど姿を見せません。
ホオジロ類は基本的に草の種を食べるので草地に集まるのですが、なぜ他の草地には分散せず、ここだけに集中するのか不思議です。草の種類が他と違うようには見えませんが、彼らにとっては居心地がいい場所のようです。
この10m×20mほどの一角は、ホオジロたちの楽園。それをのんびりと見ている私にとっても楽園です。
コメント (2)

さすがNikon

2016年02月11日 | 野鳥
長年使っている双眼鏡をクリーニングに出しました。普通に鳥を見る分には問題ないのですが、青い空や白い雲を背景に飛ぶタカなどを見ると、ゴマ粒のような黒い点が現れたり、視界の周囲がボケるのです。
見積りは16,000円。年金暮らしの身には高額ですが、思い切ってお願いしました。
2週間後に受け取った納品書を見てビックリ。「処置内容」の欄に次のように書いてあります。
・対物・接眼レンズキズ・ヤケのため交換しました。
・対物鏡筒変形のため交換しました。
・内部清掃いたしました。
・各作動部グリス入れ替えました。
・光軸調整及び各部点検いたしました。
そして「交換部品」の欄に「対物レンズ、第四接眼レンズ、第一接眼レンズ、第二接眼レンズ、、第三接眼レンズ、対物鏡筒」と書いてあります。双眼鏡の構造はよく知りませんが、私には「ボディ以外はほぼ全部取り換えました」と読めました。しかも、紛失していたキャップも補充してあります。



この双眼鏡は15年ほど前に買ったもので、定価は確か78,000円。シリアルナンバーが98ですから、この機種が出てすぐ買ったようです。それが2割ほどの費用でほぼ新品になったわけです。心の中で「さすがNikon」と拍手しました。
この双眼鏡は4台目。最初の2台はいいかげんなものでしたが、3台目のNikonのダハ型8×20が夕方になると暗くてよく見えないので、この10×42に変えたのです。
対物レンズが42mmなので肉眼以上に明るいのですが、その分重いです。デザインもゴツゴツしていて好きになれませんが、長年使っているので愛着があります。
先日、宇治川での調査の際に使いましたが、スッキリ、クッキリ、気持ちの良い見え方です。
クリーニング中も探鳥会の担当や下見で双眼鏡が必要なので、京都支部の備品のコーワ8×30を借りました。ピントリングの赤に違和感を覚えますが、軽くて、明るくて、よく見える上に約1万円という価格。初心者にはお勧めの双眼鏡です。


この双眼鏡のコストパフォーマンスはスゴイ

仕事でプロのカメラマンとも付き合いがあって、「Cnnonに比べるとNikonは対応が悪い」という話を耳にしますが、私の場合は大満足でした。
コメント (2)

イギリス人の皮肉

2016年02月04日 | 野鳥
梶井基次郎の『檸檬』で知られる書店「丸善京都本店」が昨年8月、約10年ぶりに復活しました。以来、何度か足を運んでいますが、先日訪れた際に野鳥コーナーに行くと興味深い新刊が並んでいたので衝動買いしました。
今はなるべく本は買わないで図書館で借りるようにしていて、年末には蔵書の5分の1ほどを処分して「本棚がスッキリした」と喜んでいたのですが、目の前に面白そうな本があるとつい買ってしまいます。
タイトルは『鳥たちの博物誌』。当ブログのテーマである野鳥の雑学が満載されています。著者はイギリスのバードウォッチャー兼ジャーナリスト、デイビッド・ターナー。



内容もさることながら、イギリス人ならではの視点が面白かった。例えば、日本の図鑑について、以下のように書いています。
わたしの持っている古ぼけた野外携帯用日本の鳥類ガイドブックには、もう野外に存在しない種まで採り上げるという、いささかげんなりさせられるような突拍子もない習慣がある。(ミヤコショウビンについての説明文を引用し)そのあと、まさにこの期におよんでグサッと一突き、「現況=絶滅」とくる。
1887年に1羽採集されただけのミヤコショウビンを野外観察用の図鑑に掲載するのはバカげていると指摘しているのです。


『フィールドガイド日本の野鳥』に掲載されているミヤコショウビン

また、トキについて、日本の保護政策によって少数が、中国の保護政策によって500羽が復活したことを紹介した後、以下のように書いています。
今度ばかりは了見の狭い国家主義が(そもそも中国人を行動に駆り立てたのはこれだった)すばらしい恵みをもたらした。ニッポニア・ニッポンは中国で繁殖している。これにより中国は、数世紀に及ぶライバルとの競り合いでささやかな勝利をおさめた。現在くり広げられている宣伝合戦の勝利もトキの存続を保証することになるだろう。
最後の一文は尖閣諸島を巡る日中の争いを指しているらしく、別のところでは日本のトキ保護政策を「日本政府の善意に満ちた茶番」とこき下ろしていますが、全体としては日本にも中国にも冷たい視線を注いでいます。
イギリスの評論にはこういうアイロニーが効いたものが多く、そこが魅力でもあるのですが、その奥には大英帝国の栄光から来る傲慢とアジア蔑視があると私は見ています。
トキについて日中双方を皮肉っているので、アジア人を代表して反撃を加えておきます。
中国にも日本にも生息するトキにNipponia nipponなどと日本固有種のような学名を付けて混乱させ、中国がトキを国鳥に選べないようにしたのは、あなたの国の動物学者ジョン・エドワード・グレイですよ!
コメント (2)