樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

玩物喪志

2016年10月27日 | 野鳥
先日、宇治在住の3人の会員と共に宇治川の野鳥生息調査を行いました。その帰り、観光客や散歩の人たちが行き交う道の街路樹に小鳥が出入りしているのを発見。双眼鏡で確認すると、エゾビタキとサメビタキの群れです。その中にムシクイも混じっていて、同行の会員が「ジッ ジッ」という声を聞いたのでオオムシクイと同定しました。
当日はカメラを持っていなかったので、3日後に同じ場所へ行って撮ってきました。



オオムシクイは、私にとっては初めての出会いですが、ほとんど感激がありません。わざわざ撮影に行ったのは、野鳥の会のホームページに動画を掲載するためでした。
もともとはメボソムシクイの亜種だったものを、4年前に鳥学会が独立した種として格上げした鳥だからという事情もありますが、それよりも見た目はメボソムシクイと同じだから。
27年鳥を見ていますが、私は細かい識別には無頓着です。さまざまな色や形や生態の鳥を見るのがバードウオッチングの楽しみだと思っているので、視覚的にわずかな差しかないメボソムシクイとオオムシクイを別の種として見ても喜びを感じないのです。
バードウオッチャーの中には、そのわずかな差にこだわって識別することに喜びを見出す人が多いですが、それはまた別の趣味だと私には思えます。例えば車の好きな人が、「○○という車の何年式は××が少しだけ違う」などと言っているのに似ています。
どの趣味の世界にも過度にディテールにこだわる人がいますが、それを目にするたびに「玩物喪志(がんぶつそうし)」という言葉を思い出します。意味は、「無用なものを過度に愛玩して、本来の志を見失ってしまう意で、枝葉末節なことにこだわり、真に学ぶべきことや学問の本質を見失うこと」。
例えば「どこそこにマミジロキビタキが出ているよ」と教えられても、私は多分行かないでしょう。眉が白いキビタキを見ても、喜びを感じられないからです。
私は鳥類学者になるつもりはないので、これからも枝葉末節にこだわらず、アバウトな識別で鳥見を楽しもうと思っています。
コメント (6)

木の実から見える動物の生態

2016年10月20日 | 木と鳥・動物
10月の連休、栃の森に行ってきました。紅葉にはまだ少し早かったものの、いろいろな木の実が成っていたり、落ちていたり…、それなりに楽しめました。
落果をつぶさに観察していて、面白いことに気づきました。トチノキの根元には堅い殻が、クリの木の根元にはイガイガの殻がたくさん落ちているのに、オニグルミの根元には殻があまり落ちていないか、半分に割られた殻が落ちています。いずれも、中の実は残っていません。


トチノキの下には殻がいっぱい


クリのイガイガ


オニグルミの殻は半割り

トチノキやクリは中の実をシカが皮ごと食べたり、小動物がどこかに運んで食べたり、貯食するので、堅い殻だけが残る。オニグルミは、リスが殻ごとどこかに運ぶか、樹上に登って食べるので半分に割られた殻が下に落ちる。そういうことのようです。
ある研究者によると、ネズミはオニグルミの堅い殻をかじって穴をあけて実を食べ、リスは殻を半分に割って中の実を食べるそうです。下の写真のオニグルミの殻にはリスが半分に割るために少しかじったギザギザの痕があります。



ミズナラの樹の下にも、あまりドングリが落ちていないか、落ちていても小さな実です。大きなドングリはクマやカケス、ヤマガラなどが食べたり、貯食するからでしょう。ネズミもミズナラのドングリが好物のようですが、ミズナラにとってありがたいネズミとそうでないネズミがいるそうです。


ミズナラは小さいドングリしか残っていない。大きい実は動物が持ち去った?

北海道での研究ですが、エゾヤチネズミはドングリの先端をくわえ、エゾアカネズミは底部分をくわえて運ぶ。先端には芽や根になる胚があるので、深くかじられると発芽できなので、エゾヤチネズミはミズナラにとっては迷惑な存在。
一方、エゾアカネズミは種子散布してくれるありがたい存在。それでもネズミが隠したドングリのうち発芽するのは1~2%とのこと。発芽しても、樹木として成長するのはさらにその数パーセントでしょう。樹木の生き残り作戦は、気が遠くなるくらい打率が低いですね。
コメント (2)

柱かヤカンか

2016年10月13日 | 野鳥
宇治市と大津市の境にあるタカの渡りの観察ポイント・岩間山に今年は4回出かけました。タカの群れが上昇気流に乗って旋回することを「鷹柱」といいます。バードウオッチャーには待望の現象で、私も今シーズンは何度か遭遇しました。



しかし、以前からこの言葉に違和感を覚えていました。なぜ、「柱」なのか?
思い至ったのは「蚊柱」。無数のカをタカに見立てて、誰かが「鷹柱」という言葉をつくったのだろうと推測しましたが、調べてみるとそうでもないようです。
「鷹柱」をネットで検索すると中国語のページがたくさんヒットします。しかし、「蚊柱」という言葉は中国語にはなく、「蚊群」と表現するようです。「鷹柱」は中国由来の言葉、「蚊柱」は日本オリジナルということです。
YouTubeにも中国の「鷹柱」の動画が掲載されています。



英語ではkettle(ヤカン)というそうです。ヤカンの口から蒸気が渦巻き状に立ち上る様子になぞらえたようですが、この表現も私にはピンと来ません。上昇気流を例えるなら分かりますが、その気流に乗って旋回するタカの群れがイメージできる言葉ではありません。
YouTubeで「hawk kettle」で検索すると、いくつかの動画が出てきますが、例えば以下の動画には「ヤカンの湯気」の類似性は感じられません。むしろ、「蚊柱」に近い。



「柱」でもないし「ヤカン」でもない。もっとピッタリした言葉はないのかな?と頭をひねって出てきたのが「トルネード」。Hawk Tornadoなら、ピッタリきます。
トルネードは竜巻なので、日本語では「竜」を「鷹」に変えて「鷹巻」。いまいちかな?
コメント (2)

樹をめぐる物語

2016年10月06日 | 木と作家
8月11日の「スペインはスゴい!」の記事に、「岐阜県美術館で『樹をめぐる物語』という展覧会をやっていますよ」というコメントをいただきました。樹木が好きな上に、もともと絵が好きなので、こんなチャンスを逃したら2度と見られないと思って、先日行ってきました。岐阜県に行くのは久しぶり、岐阜県美術館は初めて。
まず嬉しいのは入場券。葉っぱの形に切り抜かれています。こういうのは「トムソン加工」といって結構コストがかかることで、主催者の意気込みを感じました。



スケッチや習作も含めると110点もの樹の絵が展示されています。いつもどおり、ざーっと一覧してから気になる作品の前に戻ってじっくり鑑賞しました。モチーフが樹木なので、当然風景画が多いのですが、中には人物画や樹木だけを描いた作品もありました。
樹として最も迫力があったのは、フェリックス・ヴァロットンの『オンフルールの眺め、朝』。村を望む峠を描いたようですが、生き物のようにクネクネと幹を伸ばす樹には圧倒的な存在感があります。



印象派では、レオ・ゴーソンという作家が気になりました。下の『樹木の向こうの村』はスーラ風の点描ですが、ほかにもマネ風、ゴッホ風、ゴーギャン風の樹木の絵が展示されていました。樹が好きだったのかな?



出口の横にあった最後の展示品も私の目を奪いました。クリスチャン・ロールフスの『春の樹』。抽象画に近いですが、樹木の勢いを感じさせるパワフルな油絵です。私は写実的な絵よりも、作者の表現意欲が感じられるこういう系統の絵に惹かれます。



ほかにもじっくり鑑賞した作品があって、樹と絵を楽しんできました。お名前はわかりませんが、情報をくださった方、ありがとうございました。
コメント (2)