将棋入門ドリル1・2・3

2019-10-19 00:00:17 | しょうぎ
新しい将棋教室が始まるので、資料を調べていると、将棋連盟の公式ドリルというのがあることがわかった(というか、前から知っていたのだが)。

とりあえず、ステップ1(入門から10級)・ステップ2(10級から8級)・ステップ3(8級から6級)を買ってみる。



くもん出版である。将棋で「くもん式」という駒がある。大きな駒で駒に矢印が書かれていて、矢印の方向には動いていいという方式なのだが、これが将棋講師にとって苦難の初めなのだ。将棋教室にきて、「矢印のない駒は動かせない」という親子がいるわけだ。

実際にまったく初めての子がきても40分位でルールを教えて20分間の実戦形式で動きは覚えるのだし、将棋の駒が動かせれば、くもん式は卒業になるのだが、くもん式でないと指せないというわけだ。

要するに親は「自分の子は将棋のような難しいゲームはすぐには指せないはずだ。なぜなら、私(父または母)も指せないからだ」という論理を持っているわけだ。つまりこどもの能力を信じていないわけだ。

このドリルも、よほど頭の悪い子を想定して作られているような気がする。9×9のマスではなく、4×4とか5×5の盤で解説しているが、それは将棋とは違うゲームのような気がする。

「将棋を孫に伝える会」というのがあるようだが、「将棋を親に教える会」とか「将棋を囲碁将棋部担当教師に教える会」というのが必要な気がする。こどもに将棋を教えて一攫千金を狙うために、まず自分で将棋を勉強して、たちまち挫折した母親の話を聞いたことがあるが、逆にこどもより熱中してしまった母親の話も聞く。こども相手に連勝を続けた結果、こどもが将棋をやめてしまい、相手を失ってしまい将棋熱も冷めたようだ。

今度、始まる教室には、くもん式の駒は家にあるが、両親とも「将棋倒し」しか教えてくれないという子が二人(男女)いるのだが、どうしよう。

といっても、どうしても、まわりに将棋を指せる人がなく、将棋教室にもいけない子には、このドリルが最後の砦のような気もする。


さて、10月5日出題作の解答。





上の記事の中で、4×4や5×5の盤は邪道と書いておきながら、こちらは盤面が3×3あれば十分という図。豆腐が欠けた図である。

動く将棋盤は、こちら

GIF版も掲載中。




今週の問題。




まあ、便宜的に入玉図を作ったが、あまり難解さはない。指の運動で解けてしまうかもしれない。

わかったと思われた方はコメント欄に最終手と総手数とご意見をいただければ正誤判定します。
コメント (7)