YS Journal アメリカからの雑感

政治、経済、手当たり次第、そしてゴルフ

総括、オバマ大統領の8年

2017-01-15 10:55:25 | アメリカ政治
一番残念だったのは、大統領として成長しなかった事である。就任から退任まで、全く変わらなかった。これは、オバマが真面目に執務しなかった証拠であり、自尊心、自惚れが強い性格の反映である。

2008年の大不況からの立ち直りは、ブッシュ政権が成立させていた TARP に依る所が大きく(GM、クライスラーの再建はこのプログラムを利用している)、就任一か月目に成立した大型景気刺激策は、ただ署名をしただけだ。

この大型景気刺激策と Obamacare に関しては、民主党が連邦下院の過半数、そして、上院の絶対過半数を背景に法案を通し、オバマは署名しただけであり、民主党議会幹部の傀儡に過ぎなかった。

2010年のTed Kennedy の死去に伴うマサチューセッツ上院補欠選挙で民主党が絶対過半数を失った事で、Obamacare 法案は成立前に矛盾点の整合や改良する機会をなくし、歪な法案のままで成立せざるを得なかった。

就任から2年間の民主党独裁でのハチャメチャぶりで、2010年中間選挙で民主党は過半数を失い、2014年には上院の過半数もうしない、州レベルを含めて議席を減らし続けている。2010年以降、怠け者のオバマは議会に働きかけて法案を通す努力をしていない。

一期目の後半は、再選に向けてのキャンペーンをしていただけである。

そして、再選に成功するのであるが、再選後は、全く仕事をしていない。気まぐれに思いついたような大統領命令、コメントを出し、引っ掻き回しているだけだ。

"Hope and Change" のスローガンだけで大統領になったオバマは、8年間世界最高のポジションで遊んだだけだ。
コメント (2)
この記事をはてなブックマークに追加

New Wedges 購入

2017-01-01 11:27:17 | ゴルフ
先週、Miles of Golf の Wedge Fitting に行ってきた。

Cleveland RTX588 Rotex 2.0 の 50-10, 60-08 (Cavity Model) を2年使って、グルーブがすり減って来ていた。CG16 からの買い替えだったので、ここ5年位はずっと Cleveland。これといった欠点は無かったのだが、RTX588 では、ライが少しアップライト気味だったのと、トウに外した時の感触が悪いのが気になっていた。

新モデルのRTX-3 では、スイートスポットをクラブの真ん中に揃える改良がされているので、使い慣れている Cleveland を本命に考えていた。一方で、数週間前に Callaway MD3 の試打の感触が良かったので、これを対抗として考えていた。

結局、購入したのは、Cleaveland RTX-3 50-10 (V-MG) Black Satin (Blade Model) と Callaway MD3 60-08 (C-Grind) Black Matt。

どちらのロフトも、Cleveland, Callaway, Titleist を打ち比べ、60度は Callaway に絞った後バウンス違いを試した。それぞれ10球程度売った時点で、自分の好みがはっきりしてくる。不思議なもので一番気に入ったクラブが、モニターでもキャリーと回転数が安定している。

1.Cleaveland RTX-3 50-10 (V-MG) Black Satin

Blade なのに自分の Cavity よりもスイートスポットが大きいと感じるくらい打ちやすかったので、即決。先っぽに外しても、感触、飛距離ともそんなに悪くならない。

2. Callaway MD3 60-08 (C-Grind) Black Matt

同じバウンスでもグラインド、デザインの違いで感触が全く違うのにはビックリ。結局、現在使っている Cleveland と同じ感覚で振れる上に、より感触の良い MD3 を選択。私は、バウンス角よりも幅の方により敏感なようだ。

意外だったのは、Titleist Vokey Wedge の感触が全くしっくりしなかった事。構えた時の見た目が合わないので使ったことが無かったが、試打をしても全く使える気がしなかった。

Fitting での一番の収穫は、自分のライを正しく認識出来た事。通常 Wedge のライ角は64度であるが、2度フラットに調整して貰った。

もう一つ重要な教訓は、Wedge を同じメーカーで揃える必要が無いという事。同じメーカーなら、ロフト違いでも同じ感覚で使えるという先入観に取りつかれていた。

Fitting Fee が $100 で、購入すれば $25 を戻してくれるとの事だったが、なぜか全額戻してくれてくれた上に、下取りが2本で $60 となり、定価$129.99 を2本購入したのに $199.98 (+Tax $15.60 (Tax は定価に掛かっている))の支払いとなった。

大変有意義で、お得な買い物であった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

立つ鳥、鼬の最後っ屁、で跡を濁す

2016-12-29 18:22:46 | アメリカ政治
オバマは、第三次世界大戦とアメリカ内戦を同時に勃発させたいようだ。

ヒラリーが大統領選に敗れ、退任後は自身の影響力も極端に低下する事を理解した上で、現職大統領の権限を最大限に悪用している。

外交面では、国連決議でイスラエルを激怒させ、パレスチナによるテロに正当性を与え、大統領選でのヒラリー敗戦で苦し紛れにでっち上げたロシアのハッキングの虚実を根拠にしたロシアへの経済制裁。国内では、北極圏内の採油禁止、国有地の拡大、キューバ戦争捕虜収容所からの囚人解放、ドラッグディーラーへの恩赦と、やりたい放題である。

オバマは自分自身を救世主と妄想していた節があるので、退任に伴って世界の終わり、アメリカの終わりを志向する可能性を全面的に否定出来ない。

本格的な精神鑑定の必要がある。
コメント (3)
この記事をはてなブックマークに追加

6.5

2016-12-27 09:31:47 | ゴルフ
去年、首を痛めるまでが生涯で一番ゴルフの調子が良く、HCP 5.5 まで下がったのだが、今年は、なぜかドライバーが当たらなくなって、6.5 まで上がってしまった。

その上、今年は、右肩を痛めたり、右膝が慢性的に不調だったりして、肉体的な年齢の限界を本格的に意識させられる事が多かった。「無事之名馬」と、丈夫な事だけを自慢にしていたが、さすがに、55になるといろいろと出てくる。

先ずは、今年の総括。

1.ボール:Callaway Chrome Soft を使い始めた事が、今年最大のトピックだ。Taylormade Lethal に比べて飛距離、スピンとも遜色ない上に、パッティングでの柔らかさが非常に心地よく、感覚に合っている。暫くは、黄色のサッカーボールパターンでのプレーが続きそうだ。

2.3番ウッド:試打をいろいろしてみたが、Adams Tight Lies を超えるクラブに出会っていない。唯一の欠点は、シャロ―過ぎて(これが一番の売りでもあるが)テンプラが出る事だ。Adams は新製品を発表しなくなったが、オフシーズンに入って、新品、中古が大安売りで放出されているので違うモデルを2本購入し(計4本)、来年の一本を模索中。

3.「藁にも縋る」:ドライバー絶不調の時、日本出張で利用した ANA の機内放送で偶然観たドラコンチャンピオン安楽拓也のレッスンが、良薬であった。日本のゴルフチャンネル等でも放映があるので、ドライバーの悩みがある方にはお薦め(ANA 専用のレッスンではないが、YouTube等で見る限り、同じような内容になっている)


で、来年の目標。

1.日本シニアオープン予選への出場:今年からドリームステージが設けられ、ハンディキャップ(USGAでもOK)があれば出場出来るらしい。一方で、5.9 で地区予選に出場出来るとの事なので、締め切り前に到達出来れば挑戦する予定。(来年限定ではなく、複数年での目標。そういう意味では、3.1で US Senior Open ローカル予選出場も改めて掲げておこう)

2.アイアンセット:Single Length Iron への挑戦。

3.ドライバー:Titleist 917 D2 に食指が動いているのだが、$550 なので、二の足を踏んでいる。

4.ウエッジ:先日試打した Callaway MD3 が良かった。2世代、5年に渡って使ってきた Cleveland からの切り替えるつもり。

5.健康:怪我無く、練習し続けられる体作り。どこか壊れると、歩く姿が爺臭くなり、自分でもゲンナリなので、ゴルフに限らず、切実。


いろんな面で限りがあるので、最大効率を意識しながら頑張るつもり。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

グリーン車、タクシー、ロマンスカー

2016-12-15 08:23:39 | 雑記
先週から出張で日本で居る。アメリカ人が同行していたので、移動ではグリーン車、タクシー、ロマンスカーを度々使った。

関東周辺をウロウロしただけなので大した金額ではない。一方で、プチ贅沢による生産性は高く、コストパーフォーマンスは抜群であった。

日本にいる頃は貧乏だったので、この様な贅沢は考えたこともなかった。そして、若かったので体力があり、効率など考えたことも無かった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おこちゃまアウワーの終わり

2016-12-02 09:09:31 | アメリカ政治
トランプが内閣人事を進めている。各分野で実務経験が豊富な実力者を、次々と指名している。(最終的には、連邦上院議会承認が必要)

日本にとっては、国防長官が注目であろう。未だ公式ではないが、海兵隊出身でオバマ政権との確執で軍を辞職したジェームスマテス氏を指名した。(あだ名は Mad dog(狂犬))

軍事的には、中東、テロ対策がアメリカ政府の最大の関心事であるが、北朝鮮、中国の動きも重要である。基本的には、強いアメリカ復活を目指す方向になるので、日本にとってはやり易くなるであろう。

オバマは、軍嫌い、戦争嫌いで、軍事力を背景とする外交は全く出来なかったので、敵になめられ、同盟国に呆れられていた。

やっとオバマおこちゃま政権が終わり、いろんなことをやれる体制になるだろう。(アメリカ軍がやることが正しいかどうかは別として)

司法長官、商務長官、文部(教育)長官、厚生長官等々、是々非々を実行し、流されない実力者が揃いつつある。
コメント (4)
この記事をはてなブックマークに追加

GOP strikes back

2016-11-13 18:43:09 | アメリカ政治
トランプ当選が最大の関心事であるが、共和党が連邦上院、下院の過半数を守った事が今後のアメリカの行方を考える上で重要であろう。

オバマ2年目の2010年にから下院は共和党が過半数を占めていたのだが、上院は絶対過半数(60議席)には達しない上に、民主党の大統領だったため、政局的には6年間膠着状態が続いていた。

選挙日までヒラリー優勢と思われていたので、議会、特に上院も民主党が過半数を取り戻す可能性が議論されていた。しかし、蓋を開けてみると、共和党がホワイトハウス、両院を取り戻し、歴史的にも稀な状況となった。

2010年以降、オバマは大統領命令を駆使して様々な政策を実施してきたが、法令ではないのでトランプが簡単にオバマが出した大統領命令を無効に出来る。又、それを公約の一つに掲げていたので、就任早々ひっくり返るだろう。

オバマ就任時から民主党が両議会の過半数(上院は、テッドケネディの逝去で共和党が補選で勝つまでは絶対過半数)を失うまでに議会を通した主な法令は、超大型の景気刺激策、オバマケアー、ドッドフランク金融再生法である。又、真面な予算案も2010年以降成立してなくて、最後の予算の延長でつないできている。

上院は共和党の単純過半数なのでそれなりの難しさもあると思われるが、何もできなかった共和党が本格的にオバマが署名した法律の改訂、廃止を含め、税法改革、社会保障改革等、長期間に渡りアメリカ社会、経済を安定させ得る重要な法案が提出されるであろう。

トランプ個人にばかり関心が集まっているが、アメリカ政局を俯瞰すれば、狂っている民主党ではなく、比較的まともな共和党の反撃のチャンスが到来したのだ。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 アメリカ大統領選(6):October Suprise

2016-10-31 13:25:16 | アメリカ政治
あと一週間に迫っているのだが、その間に何が飛び出すかわからない。

"October Surprise" は、選挙直前に飛び出すスキャンダルの事を言う。既に、期日前投票が始まっているので遅すぎる感はあるのだが、先週金曜日に、FBI がヒラリーのメール疑惑捜査を再開したとの発表は、選挙の行方だけでなく、もし、ヒラリーが当選した場合でも、後を引くであろう。

今年7月に、真っ黒に近い灰色ながら訴追せずの判断をした FBI であるが、全く別の捜査で新たな証拠が出てきたのが再開のきっかけである。その操作とは、元連邦下院議員の Anthony Weiner の児童ポルノ容疑である。

自身のヌード写真をネット上で女性に送り付けた変態行為で、辞職に追い込まれている。(その辺は過去のエントリー参照)

Are you more than 7 inches? (6-18-11)
Anthony Weiner (6-10-11)

その後、ニューヨーク市長選に落選したりしていたが、性懲りもなく、今回は15歳の少女にヌード写真を送り付けていたのだ。

現在別居、離婚裁定中の妻が、ヒラリーの二番目の娘とも言われる Huma Abedin であり、夫婦共用のコンピューターに65万通のメールがあり、国務省とヒラリーのプライベートサーバーからの送信されたメールが含まれているらしい。(iPhone のコンタクトバックアップの時に、自動的にメールファイルもバックアップされていたが本人は知らなかったらしい)

大統領選までには捜査は終わりそうもないが、ヒラリーの当確が揺らいできている。又、上下院でも民主党の優勢が怪しくなってきている。

ヒラリーを始め民主党首脳陣は、ヒラリーを訴追をしないときには FBI をこれ以上無い位に持ち上げていたが、捜査再開の発表直後から狂ったように批判をしている。

己の都合だけで、意見が180度変わる姿は、みっとも無いことこの上ない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2016年 アメリカ大統領選(5):怖いもの見たさ

2016-10-18 08:29:29 | アメリカ政治
ヒラリー、トランプ、どちらが大統領になっても、それぞれ違った風景の地獄が見えそうだ。

ヒラリーの地獄は湿っぽくて暗く、トランプのは大混乱の世界であろう。

選挙まで一か月を切り、明日最後の討論会があるだけだ。世論調査ではヒラリーがリードしているのだが、何だか当てにならない気がする。かといって、トランプが勝つ気もしないし、最低の選挙戦が展開されている。

トランプの女性問題もそろそろネタ切れ感がある。ウィキリークスが発表するヒラリー陣営のメールには、一発でぶっ飛ぶような内容がいっぱい詰まっているのに、アメリカの大手マスコミが真剣に取り上げず、時間切れになりそうだ。

唯一の希望は、もし、ヒラリーが大統領になったとしても、大したことは出来そうにないので、アメリカに決定的なダメージを与えない可能性が高いことくらいであろう。

アメリカに暮らして30年になるが、アメリカに失望感を感じるのは初めてだ。(遅ればせながら)アメリカ政治の欺瞞性にうんざりし、その欺瞞性を報道出来ない(しない)ジャーナリズムにより深く失望している。

オバマ就任以来本格的に狂い始めたアメリカ政治のリバウンドをずっと期待していたのだが、転がり落ちていくばかりだ。

トランプのスローガン "Make America Great Again" は正しい。アメリカの無邪気な正義感を発揮できる力が無くなれば、世界は住みにくくなるに違いない。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

Single Length Irons

2016-10-12 15:22:11 | ゴルフ
数年前に、わざわざオハイオまで 1irongolf を試打しに行ったことがある。結局、購入しなかった。(シャフト長は6番アイアンで揃えてあった。当時は6番アイアンをまともに打てるような腕ではなかった)

全米大学個人戦、全米アマのタイトルを獲得し、今年プロになった Bryson DeChambeau (ブライアン・シャンボー)が使っている事でちょっとだけ話題になっていた。ところが、先日 Web.com(PGA の2軍ツアー)で優勝し、来年からは PGA 参戦するので、急激に盛り上がってきている。

昨日、彼のスポンサーであるコブラが絶妙なタイミングで、Single Length Irons のマスコミ発表を行った。(サイトはこちら

アイアンセットを新調の時期であるので、候補の一つに Single Length Irons を考えていた。ずばり Sterling Irons。(これ以外に候補が無いのも事実)ミシガンのゴルフシーズンもボチボチ終わりなので、Sterling Irons のフィッテイングを計画していた。(このアイアンセット通販で買うか、クラブメーカーを通してしか買えない)

検討し始めたときは、Bryson DeChambeau (ブライアン・シャンボー)が使っている事も、ましてや、コブラが研究している事も知らなかったのだが、Single Length Irons をデザインした Tom Wishon のドライバーを一時期使っていたことがあるし、(普通の)アイアンセットの購入検討したことがあるので、ある種の安心感と過大なる期待が膨らみ始めていた。

コブラの売り出し開始は来年一月。先ずコブラを試打してから、Sterling Irons のフィッテイングに行くつもりだ。年内に Sterling Irons を購入すれば、シーズンオフの間に慣れるという皮算用もあったのだが、暫くはお預け。

この冬は、Single Length Irons に備えて、アイアンは、7番(コブラのシャフト長)、8番アイアン(Sterling Irons のシャフト長)ばかりを練習するつもりだ。(既に買うき満々。止まらんだろうなあー)


追記 (10-13-14)

アイアンの技術的な進化が、Single Length Irons を実用性に大きく貢献している。以前は、シャフト長が同じで、ロフト違いだけでは、番手間のギャップが均等にならない問題があったのだが、ショートアイアンをソリッド、ミドル・ロングを中空にし、構造の違うヘッドをセットにすることで克服している。(コブラも Sterling も)

このビデオでも、インパクトの音が全然違う。レビューを読んでいると、上級者の方がシャフトとロフトの刷り込みが強く、最初は強い違和感があるようだ。打感、音についても敏感な人には気持ち悪いかも。


コメント
この記事をはてなブックマークに追加