YS Journal アメリカからの雑感

政治、経済、手当たり次第、そしてゴルフ

撃沈

2017-04-17 11:13:26 | ゴルフ
トリが二つあり、88で撃沈です。(結果はこちら

予想通り、予選通過ラインは79。

グリーンが固くて早く感覚が合わず、寄せワンのパーが拾えずズルズルボギーを重ねてしまった。バーディ一つが僅かな救い。

オフにアイアンを新調し、今シーズン3戦目という言い訳もあるが、この辺が実力と言う事だろう。

今年中にハンディを3つ減らして、来年は US Senior Open ローカル予選参戦を目指します。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

鷹之台カンツリー倶楽部

2017-04-11 22:00:34 | ゴルフ
US Senior Open へは出場申し込みさえ出来ないのだが、日本シニアオープンはドリームステージがあるので出場が出来る。

そういう訳で、4月17日鷹之台カンツリー倶楽部で行われる日本シニアオープンドリームステージ(1Cブロック)に出場します。

由緒ある倶楽部なので服装から厳しく、それだけで10ストローク位のハンディがある感じ。日本ゴルフ協会からのお知らせ(抜粋)は、こんな感じ。

■選手へのお知らせ
  以下URLよりご確認願います。
  https://entry.dreamstage.co/upload/product_pdf/sub_pdf4_20170407134210759.pdf

■組み合わせ・スタート時刻
  以下URLよりご確認願います。
  https://entry.dreamstage.co/upload/product_pdf/combination_pdf_20170411134657888.pdf

■鷹之台カンツリー倶楽部 ドレスコード
  ご来場の際は開催倶楽部のドレスコードを順守願います。
  以下URLよりご確認願います。
  http://www.takanodaicc.or.jp/tcc/images/2016-03-27.pdf

既にほかのブロックでは競技が始まっている。(結果はこちら

ハンディが 3.9 以下だと地区予選から出場出来る。よって、ドリームステージはそれより高いハンディのプレヤーばかりとなるので、私の 6.5 も捨てたものでは無いかも。98 で地区予選進出の人もいる。

鷹之台カンツリー倶楽部へのエントリーは70人なので、予選通過ラインが厳しくなりそうだが、70台ならひょっとするかも。

と言う訳で、今週金曜日から日本出張です。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

hickok45

2017-04-11 06:29:26 | 雑記
3月上旬に CPL (Concealed Pistol License:ピストル所持許可証) を取得した。アメリカ市民もしくは永住権保持者で犯罪歴や精神病歴が無ければ、講義を一日受けて申請をするだけだ。総費用は講義、申請料わせて $300 程度だ。(ミシガン州の場合)

厳密に言うと CPL とピストル購入とは直接関係ないのだが、購入申請用紙に記入が必要だったりする。もっと言うと、Open Carry つまり、Conceal しない(隠さない)で見えるようにピストルを携帯すること自体に規制はない。(ピストルの持ち込み自体に制限がある場所(学校、シアター、スタジアム等々)が多いが)

CPL 取得目的が購入を前提にしていたので、俄然その気になり、調べているうちに行き当たったのが、ユーチューブセンセーション hickok45 である。

このおじさん、兎に角、楽しそうに撃ちまくる。元英語(アメリカなので国語?)の先生であり、雰囲気自体は穏やかな上にピストル、製造メーカーの歴史や背景や、個人的な思い出など蘊蓄を語るので深みがある。銃世界であるアメリカでさえ、銃器を所有する権利(合衆国修正憲法第二条)に関して正しく理解してない人のだが、実情は、彼の様に安全に細心の注意を払ったうえで権利を行使し射撃の腕を磨き、楽しんでいる人がほとんどである。

さて、購入の方だが、ある程度候補を絞った段階で、自分が初心者である事と実際に使ってみない分からないと思い、ピストルの試射を含めた一時間の個人レッスンを受けた。候補は Sig Sauer 320, Walter PPQ, Smith and Wesson M&P 2.0 の三つで Caliber は全て 9mm。

先ず、グリップ、スタンス、照準との基礎中の基礎を教えてもらった。ピストルばかりでなく射撃もユーチューブで研究していたので、それなりに様になっていたようで、講師に褒めてもらった。レッスンは候補のピストルをローテンションで撃ちながら進んでいった。

レッスン前の本命は Walter PPQ だったが、Smith and Wesson M&P 2.0 が握った感触と着弾の正確性が一番良かった。やっぱり、道具は実際に使ってみないと分からない。(このレッスン終了時で総発射数710発)

レッスン後、Smith and Wesson M&P 2.0 に絞って気持ちを固めていった。

その中で一番影響されたのが hickok45 のレビューであった。



彼は、自他ともに認める Glock ファンであるのだが、このビデオの最後の方で、もし、真っ新な状態で Striker-Fired ピストルを購入するなら、Smith and Wesson M&P 2.0 かもしれないと言っている。これがダメ押しとなった。

パッケージにはマガジンが二つしか入っていないので一つ追加して、税金等を入れて、$591.48。

既に500発撃ったのだが、腕はなかなか上がらない。(生涯発射数1,200発になったが、まだまだド素人の域。扱い自体は慣れてきたが、音や衝撃に対して気持ちが強張っている感覚が抜けない)

ゾンビ襲来に備えて鍛錬していく心意気なので、ユーチューブや本で研究を重ねている。(上達に時間は掛かるが結果的に身に着くと思う)目標は何らかの競技会への出場だ。(練習方法、競技参加意欲ともに、気分的にはゴルフと一緒。)一方で、物欲的な刺激もあり、いろいろなタイプや Caliber を所有してみたい気もするが、取り敢えず封印。

練習用の銃弾は一個20セント程度だし射撃場も一時間20ドル位なので、ピストル持ち込みで撃つだけならゴルフに比べて高くはない。でも、両方やるのは時間的にも経済的にも厳しいかも。


関連エントリー

射撃体験 (2017-2-11)
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

2017 ANA Inspiration: Lexi Thompson のペナルティ

2017-04-05 07:47:41 | ゴルフ


LPGA のメジャートーナメントである ANA Inspiration で最終日トップだった Lexi Thompson に、前日のラウンドに対して4ストロークのペナルティが課された。プレーオフには進んだものの、結果的に So Yeon Ryu (柳簫然)に敗れた。

ペナルティの内容は、グリーン上でボールを元の場所にリプレイスせず間違った場所からプレーした事で2ストローク、間違ったスコアカードにサインをした事で2ストローク。

間違ったスコアカードへのサインは以前であれば自動的に失格であったが、数年前にルール改正がありペナルティ扱いとなっている。(正確に言えば、実際より少ないスコアカードにサインした場合)

本質である誤リプレイスのペナルティであるが、本人にその意図が無かったという事で同情を集めている。

しかし、それは違うと敢えて言わして貰う。映像を観ればハッキリ分かるが、元の場所にリプレイスする気は毛頭なく、意図的に場所を変えている。バディパットを外し、タップインするには微妙な2フィートほど残したグリーンの凹んだ所にボールは止まっている。その状態を嫌って、わざわざマークして平らな場所に置き直している。

今回の出来事は、テレビ視聴者から届いたメールが発端となったペナルティであり、それも前日の分を最終日のラウンド途中で通告する措置となったため、プロゴルファーの間でも LPGA の対応に批判が多い。そういう事情があり、Lexiへの同情と、負けたけれど凛とした態度が称賛されている。

経緯はどうであれ、彼女が意図的に元の場所にリプレイスをしなかったのは明白であり、そこを誰も追及出来ない状況はちょっと嘆かわしい。

この件で、彼女はより強くなるというコメントが多いが、意図的にやっている事を糊塗しているので、逆に精神的なダメージは大きいのではなかろうか。


グリーンには凸凹があり凹んだ所にボールが止まるのは物理的に当たり前である。体験的にも、マーク後リプレイスするときに窪みを避けている。(明確にルール違反と言う意識が無かったので、私だって意図的にやっていた。元の辺り(マークの右側か左側かと言う程度ではあるが)にリプレイスと解釈していた)

今回はちょっとやりすぎ(動かしすぎ)で、その上、窪みに入った状態を認識したので、お先に失礼パットをわざわざ中断しぞんざいにマークすると言うエチケット上の問題もあり、テレビ視聴者も気が付いたのだろう。

プロは一挙一動が撮影されているので大変だが、ゴルフと言うスポーツの本質を考えさせられるペナルティではあった。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

おでかけにっき

2017-03-21 13:49:04 | ブログ探索
当ブログの「非常に個人的な昔話」で紹介したことのある ninoko さんのブログ「おでかけにっき」が引っ越しされていたので、改めて紹介しておこう。

この辺が生まれたところ。桜の季節だ。

この駅は高校への通学で利用していた。

わらぐろを親父が作るのを手伝ったことがあるので、自分でもやれると思い込んでいる。

山田薬師の”元”副住職(住職の息子)とは来月会うことになっている。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

明間小学校 閉校

2017-03-12 20:34:25 | 非常に個人的な昔話
平成29年3月31日で、わが母校、明間小学校が閉校となる。(ホームページはこちら

私が卒業したときは、全校生徒80人程度で同級生は15人。随分前に複式学級になっていた様だ。

野村ダム建設に伴い、校舎もすっかり新しくなっているし周りの風景も変わっているので、帰省する度に、タイムスリップした上にパラレルワールドに迷い込んだような感覚になる。新しいと思っていた鉄筋校舎も、耐震対策が取られておらず再利用の道も閉ざされているようだ。

40年以上も前の事で卒業以来近くに住んでいないので、思い出は淡くなっている。小学校4年の時の担任が、宿直(昔は先生が学校に交代で泊まっていたのだ)で酔っぱらって校長先生とケンカして免職になったりとか、してない万引きを校長先生に呼び出されて叱られたりとか、ランダムで奇妙な記憶がフラッシュバックする位だ。

これからも恒例の部落運動会とか、盆踊り大会とか、地域の行事は、校庭で続けられるのだろうか?閉校は、過疎、少子化、高齢化のシンボルのようなものなので、結論は見えているような気もする。自分の中でも、

アメリカの空から勝手に詮無き心配をしても仕方ないが、ちょっとだけセンチメンタルになってもバチは当たらんだろう。

ダム建設以来、植林が進み、明間小学校の周辺は今では桜の名所になっている。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

泥仕合

2017-03-06 11:17:10 | アメリカ政治
大統領選でのヒラリー敗北直後に、オバマ政権がロシア工作の可能性を示唆した事に端を発し、全く意味の無い泥仕合が展開されている。

トランプの最大のカウンターパンチは、オバマ政権がトランプを盗聴をしていたとのクレームであろう。オバマ前大統領を含む民主党首脳陣は、狂ったようにトランプ政権を毛嫌いし意味の無い疑惑を持ち出しているが、トランプがカウンターパンチャーであることを忘れているようだ。トランプは勝負勘が抜群なので、民主党首脳の勝ち目はない。暫くはうんざりする様な状態が続くけれど、落ち着きを取り戻すであろう。

最終的には、どちらも確定的な証拠は出てこないであろう。JFK 暗殺とウオーターゲートを合わせたような政治的なスキャンダルを、具体的な捜査してないのに、互いに放言しているだけだ。

一方で、どんどんスカレートしてほしい気もする。アメリカ政治は大停滞するだろうが、役不足の政治家の屍が並べば、それはそれで大成果ではないかとも思う。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

People believe what they want to believe

2017-02-21 15:02:03 | アメリカ政治
トランプ政権が発足して一か月になるが、唾棄すべきは民主党と(保守系以外の)ほとんど全ての報道機関の政権への攻撃であろう。選挙公約の実行を、大統領として出来る範囲で迅速に行っているだけだ。

民主党は、ヒラリーが敗れ多くの議席を落とした事態を正しく認識してないし、報道機関はトランプ当選の分析が未だに出来ていない。

その上、虚言で無能なオバマ政権と8年も同衾していたので、報道機関としての根本が崩壊している。トランプとの Fake News のやり取りはご愛敬であるが、伝統的な報道機関は役目を終えつつあるのではないかと思う。それは、非常に残念で危険な事だ。

バランスの取れた情報が得れなくなると、人々は自分の信じたいことだけを信じるようになる。痴呆的な啓蒙の始まりだ。

インテリから啓蒙の崩壊が始まったのは、ある意味納得が出来る。人間の理性なんて所詮その程度である。啓蒙的では無ければならないが、啓蒙思想に毒された利口馬鹿は最低である。

やっちゃうトランプに戸惑いながら発狂しているアメリカの報道機関は醜い。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

我流ゴルフ理論(4)左腕の引き下ろし方:Re-visit

2017-02-20 11:01:09 | 我流ゴルフ理論
我流ゴルフ理論(4)左腕の引き下ろし方 (12-13-2009)

アイアンのシャフトが同じ長さになったのだが、4番アイアンがスライスしてしまう。感覚とは変なもので、シャフトの長さが同じでもクラブのロフトが違うので、無意識に体が反応しているようだ。

スライスを右手の返しのタイミングで調整していたのだが、上手くいかない。いろいろと試しているうちに左腕の引きが弱くなっている事に気が付いた。

左手だけで打ってみると、インパクトでは必然的に左手の指に力を入れる事になり、両手での通常スイングでいかに左腕、左手(そして指)への意識を疎かにしていたかを痛感。

これに気を付けるとヘッドがきちんと返るではないか!

自己流なので同じ事に何回も気付きながら螺旋階段上に上達する事を目指しているのだが、これでは、ただの堂々巡りじゃないか。その上、8年も掛かっている。

気付いたことを喜ぶべきか、自分のアホ加減を嘆きべきか、悩ましい所である。スイング全体をでチェック出来るリストをラミネートしてゴルフバックにぶら下げる事を考えた事があるが、真剣に考えた方が良いかも。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

La La Land

2017-02-19 16:38:46 | 映画


非常に良い映画なので、是非ご覧下さい。

基本的にはハリウッド的なハッピーエンドなのだが、エンディングに成就しなかった恋のパラレルな成り行きをコンパクトに折り込むことで、後味の良い甘酸っぱさが残る。

出来の良いミュージカル映画が好きで、エマストーンが好きなのを認識し、LA, Hollywood って幻想な素敵な街であると心底思った。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加