三ムカ

2005-05-25 09:51:53 | スポーツ
1.キリンカップサッカー;日本 0-1 ペルー
  
  日本が1点取るには、あと100年かかるだろう。

   いまだに不明な選手起用・・交代で登場した、大黒・稲本の方が動きがよかったのはなぜ?
   いつも同じ作戦・・交代選手は必ずもとの選手の位置に入るので、相手は守りやすい。
   一度も相手を抜けなかったサントスの後任人事が必要ではないか?(もっともサイドバック
    という職種はロベルト・カルロスのためのポジションなので、ロべカル引退後は消滅かな)
   最後の失点を見ていると、ペルーのフォワードは、試合直前には、シュートの練習ではなく
    相手キーパーのプレーをビデオで研究しているのだろうと確信した。
   小笠原偏重の理由は、彼のポジションがジーコが現役の時のポジションであることと、体型
    が似ているからだろう。

   ところで、現日本チーム監督ジーコは南米チームに勝ったことがないそうだが、おそらく、
    日本チームに南米流は向いていないのだろう。これが致命的になる可能性があるのは、
    仮にアジアA組3位となって、B組3位とアジア5位の座を争ったあとに、最後の最後に
    行われるのが中北米のチームとの最後の椅子争いだからだ。
   
   では、後任はというと、一押しは前々韓国監督のヒディング。オランダにいる。次は、自薦
    ながらトルシエが手を上げているようだ。が、その場合、通訳のダバディも必要だ。そし
    て、第三の候補は、ダバディそのものだ。トルシエの時も実際の監督はダバディだったと
    いう説もある。そして、ギャラは格安だろう。

2.モナコグランプリで安全運転?

   F1中のF1。モンテカルロだ。通常のF1レースの3倍の価値があると言われる。そして、
    レーサーの多くが、この地に住む。市街地レースだ。日本で市街地レースができるのは内
    堀通りかも知れない。1周約4キロで、カーブと坂があってちょうどいいが、唯一の欠点
    は、ハンドル操作を過つと、巨大な水堀に転落することかな?

   全19戦中第6戦は第5戦スペインに続きマクラーレン(BMW)が2連勝。どうも今年は
    連勝パターンだ。1戦から4戦まではルノー。そしてフェラーリもトヨタもカヤの外だ。
    ホンダは重量オーバー違反で出場停止中。

   今シーズンは心を入れ替えたトヨタが健闘しているのだが、トゥルーリはまたも謎のスロー
    ダウン。クルマに違和感があったとのことだがピットインして、何もしないで、そのまま
    出て行った。用心深いのはいいのだが、第一戦もそうだった。職業間違えているのでは?

3.五月闇(さつきやみ)で闇打ちにあう
   五月の息詰まるように湿気の高い夜に、浅田次郎の小説さながらにドラマチックナイトが訪
    れるのが「五月闇」で、彼の小説は、虚実入り交じった話であるのだが、私の場合は、完
    全な実話だ。それも嵌められた感じだ。日曜の朝1時。都内某所。都合により、詳細を書
    けるのは3ヵ月後になってしまう(あるいは書けない可能性もある)。ヒントは「ケ」だ。
『コラム』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 三低主義の情けなさを考える | トップ | 1 ShotLog-13 小パンダの未来 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

スポーツ」カテゴリの最新記事