交渉人(1998年 映画)

2019-08-08 00:00:00 | 映画・演劇・Video
この映画とは別に1997年に『ネゴシエーター』というエディ・マーフィー主演の映画がある。それはカリフォルニアの話しで、こちらはシカゴの話。紛らわしいことにどちらも警察の中にいて犯人と各種交渉を行う「交渉人(ネゴシエーター)」が主人公。



いずれにしても、日本ではネゴシエーターは弁護士以外はやってはいけないことになっている。日本では交通事故とか離婚とか日照権の仲裁とかそういうのが多く、犯罪者との交渉人というのはいまのところ多くない。

ということで、今回の映画の交渉人の仕事は、最初はなかなか理解するのが難しかった。人質をとった立て籠り事件だ。そして立て籠もったのが警察の交渉人そのもので、それを説得するのも交渉人。一方、事件の背景には警察署の年金を200万ドルくすねた(実際にはちょっと手口は違うのだが)集団犯罪があり、その口封じのための殺人事件があった。

そして、ストーリーとしては予想通り、じっくり交渉を進めようとする人たちと、さっさと突入して撃ち合いをしようとするグループがあって、突入を主張するグループはその集団ピンハネグループなのだ。

つまり、ビルの中での打ち合いとか爆発とかのアクションが観たいものの、少しは犯人捜しの知能を使えるようなものでないと、家族で映画館に行けない、という人向きなのだろうか。

最後に、主人公のダニー・ローマン(サミュエル・L・ジャクソン)が撃たれて血の海に沈むのだが、5分ほど後に痛そうに立ち上がって登場するのは、ちょっとリアリティに問題があるように思った。あと、人質だった女が黒なのか白なのかちょっと気になったが、それは後で警察が調べればわかるだろうから深く思い出すことはやめておく。
コメント