二度目の蜂退治

2019-08-06 00:00:54 | 災害
狭い庭を蜂が飛び回るようになった。嫌な感じだ。慎重に蜂の動きを観察すると、臨家との近くの屋外水場の水桶の下に潜り込んでいく。蜂の種類はわからないが、大型の蜂でやや危険を感じるし、臨家に迷惑がかかる可能性もある。思えば、ちょうど3年前の8月3日「蜂には悪いが・・」に書いた時には、敷地の入り口にアシナガバチが巣を作っていて、各種配達員の方の安全にかかわるので、重装備で駆除したことがあった。

ということで、近づかずに望遠レンズで水場の下の空間を撮影。地上から20センチのところなので這いつくばって撮影。暗い場所なので、画像処理をしてみると、巣の形状や蜂の脚や背中の柄がわかり、普通のアシナガバチであることがわかった。

hachi2


アシナガバチは肉食で害虫も食べるということで、いわゆる益虫なのだが、刺された時の毒性がスズメバチに次ぐそうで、結構危ない。痛さはスズメバチ以上のようだ。また、アシナガバチの幼虫を狙ってスズメバチが襲撃することもあり、放置してはいけないらしい。

蝶のように美しい昆虫が害虫で、蜂のように危険な昆虫が益虫とは皮肉なものだ。今の日韓関係もK国から見ると、美しいJ国が害虫で、危険な北国が益虫のように見えるのだろうか。

さて、3年前は重装備の上、市販の噴射型の殺虫剤を使ったので、同様の作戦を考えてみたのだが、場所が閉鎖的な場所なので巣の奥の方に噴射できないのではないか、さらにその巣を片付けるときに生き残った蜂に刺されるのではないか、と心配を感じた。

そのため、区役所に相談すると、業者をとりまとめている組合を紹介していただく。こういうものにも組合があって、役所と直結しているというのが驚きだ。そして、組合に実態を話すと、「スズメバチでなければ自分で駆除した方がいい」と言われる。「作業場所が狭く失敗しないだろうか」と心配していると話すと、元テニスプロの芸能人が言うように「あなたならできる!」というようなことになる。合わせて「業者に頼むと2万円」とも念を押される。

そして、実は内心もう一つの問題点と思っていたことがあった。臨家のすぐ近くなので、事前に窓閉めをお願いし、数十秒ではあるものの殺虫剤の匂いとか蜂ブンブン状態とかのお願いに行くことが必要なのだが、仏教的な信心の強い方なので、殺生に反対とか言われたらどうしようかと思っていたのだが・・・


ということで、問題を片付けた後、冬物の防炎作業服に防護メガネ、厚手のゴム手袋の上に軍手をはめ、顔はタオル巻きで、頭部は衝撃吸収型ヘルメットで全身防御し、芝生の上をほふく前進で最大噴射距離5メートルのスプレー缶を構えながら突撃することになった。
コメント