三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

韓国外相「日本が和解・癒やし財団への拠出金の残額の使用に反対」

2021年10月22日 | 日本軍隊性奴隷
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41468.html
「The Hankyoreh」 2021-10-22 07:16
■韓国外相「日本が和解・癒やし財団への拠出金の残額の使用に反対」
 21日、外交統一委の外交部国政監査で明らかに 
 日本と協議してきた案も初めて公開

【写真】チョン・ウィヨン外交部長官が今月21日、国会外交統一委員会の外交部・統一部などに対する総合監査で議員の質疑に答えている/聯合ニュース

 チョン・ウィヨン外交部長官が21日、2015年の韓日政府間「慰安婦」合意により日本政府が拠出した基金(10億円)のうち残額(56億ウォン)を被害者記念事業に使うことを「日本が反対している」と明らかにした。また、「慰安婦」被害者問題の解決のために韓国政府が日本政府に提案した内容も公開した。
 チョン長官は同日、国会外交統一委員会の外交部・統一部総合国政監査で、国民の力のチョ・テヨン議員が「和解・癒やし財団の解散後、3年間そのまま残っている56億ウォン(約5億4千万円)を、被害女性たちを記念できる事業に使ってほしい」という意見を示したことを受け、このように述べた。チョン長官は「(日本が)他の目的で使ってはならない」という立場を貫いているとし、「日本と様々な案について協議してきた」と付け加えた。
 チョン長官は「被害者の方々が『(基金を)受け取らない』と拒否したため、男女平等基金の名目で韓国が100億ウォン(日本政府の拠出金に代わる予算を)を作り、そのお金をそのまま日本に送る方法、あるいは10億円と(和解・癒やし財団の基金残額)56億ウォンを合わせて慰安婦被害者たちを記憶に残すための別の活動をする方法、または日本が心から謝罪した場合、被害者たちに補償として支払う方法など、そのほかにも様々な現実的案を引き続き日本と協議している」と明らかにした。
 チョン官は今年4月、寛勲クラブの討論会で、「慰安婦」被害者交渉の過程で、「非常に現実的な代案を示したが、日本側は一貫して自分たちの主張だけを繰り返した」と述べ、注目を集めた。しかし、具体的にどのような提案をしたかについては明らかにしなかった。日本政府もこれまで「基金は韓日合意を履行する観点で使用しなければならない」という立場を示しているとされたが、具体的な協議内容が公開されたのは今回が初めて。
 チョン長官は同日、チョ議員が「2017年当時38人だった被害者の方々が今は13人しか残っていない。被害者中心主義を主張する文在寅(ムン・ジェイン)政権が結果的にみると、被害者のために何もしていない」という趣旨の発言をしたことに対し、「そんなに簡単な話ではない」と反発する過程で、こうした発言をした。チョン長官はまた「日本がそのお金(10億円)も受け取ろうとせず、このお金(56億ウォン)も絶対に他のものに使ってはならないという」とし、「この問題を解決するため、さまざまな現実的方策を提示しており、被害者や代理人とも引き続き協議している」と述べた。
 文在寅政権は2018年1月、韓日政府間の「慰安婦」合意は問題の真の解決にはならないとして、日本政府が拠出した10億円を政府予算で賄い、基金の処理は日本と協議する方針を決めた。その後、同年11月に和解・癒し財団の解散を公式発表し、103億ウォン(10億円)を用意した。財団には、合意当時に生存被害者47人のうち34人、死亡被害者199人のうち58人に支給した44億ウォン(約4億3千万円)と運営費に使われた金額を除いた56億ウォンが残っていた。
 チョ議員とチョン長官は同日、被害者問題が解決していないことについて、「原罪」がどこにあるのかをめぐって舌戦を繰り広げた。 チョ議員が文在寅政権が「慰安婦」問題について「右往左往」したとし、「文在寅政権の原罪も非常に大きい」と指摘したことに対し、チョン長官は「原罪がどこにあるかというと、2015年の合意に根本的に問題がある」と述べながら声を荒げる場面もあった。
 チョン長官は「文在寅政権は2015年慰安婦合意を破るとは一度も言ったことがない。合意の枠組み内で日本を説得し続けている」とし、「慰安婦問題を解決する上で最も重要なことは被害者の名誉と尊厳を回復することだ。(こうした)根本的な問題を解決しなくてはならない」と強調した。
キム・ジウン記者(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
https://www.hani.co.kr/arti/politics/diplomacy/1016180.html
韓国語原文入力:2021-10-21 22:13


https://japanese.joins.com/JArticle/283980?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.10.19 10:52
■韓日NGO、日本政府の慰安婦関連答弁書撤回要求に「明白な強要」
「子どもと教科書全国ネット21」など韓国・日本の190余りの市民社会団体は「従軍慰安婦」の代わりに「慰安婦」、「強制連行」の代わりに「徴用」という表現を使うことが適切だとする日本政府の答弁書を撤回するよう岸田文雄首相と末松信介文科相に求める要求書を18日、文部科学省に提出した。
 日本政府は今年4月27日、「政府としては『従軍慰安婦』という用語を用いることは誤解を招くおそれがあることから『従軍慰安婦』または『いわゆる従軍慰安婦』ではなく単に『慰安婦』という用語を用いることが適切であると考えている」とする答弁書を閣議決定した。
 韓日非政府組織(NGO)は答弁書閣議決定以降、中高の教科書を作る出版社5社が社会、地理歴史、公民など29種類の教科書における従軍慰安婦、強制連行などの表現を削除・変更すると申請し、文科省がこれを承認したとして「自主的な形を取っているが明白に政府・文部科学省による強要」と規定した。
 日本政府は答弁書を国会に提出した後、これに沿うように教科書を修正しない場合、文科省が訂正の申請を勧告することができるという見解を明らかにし、出版社15社の編集担当役員を対象にした臨時説明会で修正申請日程を提示するなど圧力を加えたというのが市民団体の主張だ。
 18日、文科省で開かれた記者会見で「子どもと教科書全国ネット21」の石山久男代表委員は「答弁書の閣議決定を後援した勢力ともいえる『新しい歴史教科書をつくる会』などの本当の目的は河野談話の撤回というのが明白だ」と主張した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

28回目と14回目の追悼集会に参加してください

2021年10月22日 | 集会
■28回目と14回目の追悼集会に参加してください■
 1994年11月20日に李基允さんと裵相度さんを追悼する碑が除幕されてから27年になり、2008年3月9日に紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼するはじめての集会が開かれてから13年半あまりが過ぎました。
 李基允さんと裵相度さんを追悼する28回目の追悼集会と紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する14回目の追悼集会を開きます。
 みなさんの参加をお待ちしています。  
     三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・裵相度)の追悼碑を建立する会        
     紀州鉱山の真実を明らかにする会

■李基允さんと裵相度さんを追悼するつどいのご案内
 李基允さんと裵相度さんを追悼する28回目の集会をひらきますので、みなさん、ぜひ、ご参加ください。
 と き:2021年11月14日(日) 午前11時 開会
 ところ:李基允さんと裵相度さんの追悼碑の前(木本トンネル熊野市側入り口)
       JR熊野市駅から左に出て尾鷲方面に歩いて10分ほどです。


■紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する追悼集会のご案内
 紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する14回目の追悼集会を開催します。
 ぜひ、参加してください。
 と き:2021年11月14日(日) 午後14時 開会
 ところ:紀州鉱山で亡くなった朝鮮人を追悼する碑の前
        熊野市紀和鉱山資料館(三重県熊野市紀和町板屋110)から徒歩2分です。


 今年も、新型コロナウィルス感染防止のため、2つの集会を同じ日に開催します。

主催:三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・裵相度)の追悼碑を建立する会
      http://www5a.biglobe.ne.jp/~kinomoto/
   紀州鉱山の真実を明らかにする会
      http://www.kisyukouzansinjitu.org/index.html
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「長崎市に「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」建立へ」

2021年10月21日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211013004000882?section=news
「聯合ニュース」 2021.10.21 12:45
■長崎に韓国人原爆犠牲者の慰霊碑 来月6日除幕式
【東京聯合ニュース】長崎への原爆投下で犠牲になった韓国人を追悼する慰霊碑が長崎市の平和公園に建立され、来月6日に除幕式が開かれる。長崎韓国人原爆犠牲者慰霊碑建設委員会と在福岡韓国総領事館が伝えた。

【写真】慰霊碑のイメージ(在福岡韓国総領事館提供)=(聯合ニュース)

 1945年8月9日の長崎市への原爆投下では、約7万4000人が死亡。このうち朝鮮半島出身者が数千人から1万人程度含まれていたと推定される。
 日本の植民地だった朝鮮半島から長崎に強制動員された労働者などが巻き込まれた。
 同じく原爆が投下され多くの犠牲者が出た広島市には、韓国人原爆犠牲者慰霊碑が建立されており、毎年、広島に原爆が投下された前日の8月5日に犠牲者を追悼する慰霊祭が開かれているが、長崎にはまだ韓国人犠牲者の慰霊碑がない。 
 そのため2013年に在日本大韓民国民団(民団)の長崎県本部を中心に建設委員会が構成され、慰霊碑の建立が推進された。
 ただ韓国人原爆犠牲者が発生した歴史的背景を説明する強制徴用に関連した碑文の内容や慰霊碑のデザインなどを巡り市側が難色を示し、建設許可がなかなか得られなかった。
 市当局のこのような態度はインターネット上での署名活動などを通じて慰霊碑の建設を阻止しようとした団体があったことと無関係ではないとみられる。
 また同市の端島(通称・軍艦島)などで構成される産業革命遺産の世界文化遺産への登録を巡り、韓日の間であつれきが生じたこともあり、市が政府の顔色をうかがったものとみられる。
 慰霊碑建設委と総領事館による交渉の末、今夏に建設許可が出された。
 碑文の内容については、市が反対した「強制徴用」という表現の代わりに「本人の意志に反し」という文言が使われることになった。
 ただ慰霊碑の説明は韓国語、日本語、英語で記述され、英文では「強制的に労役させられた(forced to work)」という表現が使われた。 
 現在、長崎市の平和公園には1979年に在日本朝鮮人総連合会(朝鮮総連)の主導で建設された小さい「朝鮮人犠牲者追悼碑」があるものの、韓国政府の支援を受けて民団の主導で建立される慰霊碑は初めてとなる。
 建設委は除幕式に姜昌一(カン・チャンイル)駐日大使など韓国側の関係者だけでなく、長崎県知事や長崎市長などを招いた。


https://japanese.joins.com/JArticle/284031?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.10.20 11:51
■長崎市に「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」建立へ
 長崎市に「韓国人原子爆弾犠牲者慰霊碑」が建てられる。
 韓国の聯合ニュースは20日、長崎韓国人原爆犠牲者慰霊碑建立委員会と福岡総領事館を引用し、11月6日に長崎市平和公園で慰霊碑の除幕式が行われると報じた。
 長崎では1946年8月9日に原子爆弾が投下され、約7万4000人が死亡した。このうち数千人-1万人は当時日本の植民地だった韓半島(朝鮮半島)出身者と推定される。
 広島では韓国人原爆犠牲者慰霊碑が平和記念公園に建立され、毎年、広島原爆投下の前日の8月5日に犠牲者を追悼する慰霊祭が開かれているが、長崎には韓国人犠牲者慰霊碑がなかった。
 このため2013年に在日本大韓民国民団長崎本部を中心に建立委員会が結成され、長崎市平和公園内の慰霊碑設置が推進されてきた。しかし長崎市側は韓国人原爆犠牲者が発生した歴史的背景である徴用関連の碑文内容と慰霊碑のデザインに問題を提起し、建立許可が出なかった。慰霊碑建立委と福岡総領事館が粘り強く市当局と議会を対象に説得作業をした結果、今年の夏についに許可が出たという。


http://japan.hani.co.kr/arti/international/41454.html
「The Hankyoreh」  2021-10-21 07:34
■長崎に「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」建設
 来月6日に除幕式 
 建設推進から30年で成果

【写真】広島平和公園にある韓国人原爆犠牲者慰霊碑/ 聯合ニュース

 来月6日、日本の長崎に「韓国人原爆犠牲者慰霊碑」が建てられる。在日コリアンが中心となって建設を推進してから30年目の実現となる。
 長崎韓国人原爆犠牲者慰霊碑建立委員会と駐福岡大韓民国総領事館などは20日、来月6日に長崎市平和公園で慰霊碑の除幕式を行うと発表した。今回建てられる慰霊碑の案内文には「太平洋戦争末期には本人の意思に反して労働者や軍人・軍属として徴用・動員される事例が増えた。長崎市とその周辺地域に(朝鮮人)約3万5千人が居住していた」とし、「1945年8月9日、長崎市上空で爆発した原子爆弾は約7万4千人の尊い命を奪った。数千人から1万人と推定されるわが同胞たちも亡くなった」と記述される。
 長崎の韓国人慰霊碑の建設は1990年代から進められた。もう一つの原爆投下地域である広島市には、1970年に韓国人原爆犠牲者慰霊碑が現地の平和記念公園に建てられたが、長崎には慰霊碑がなかったためだ。慰霊碑の建設に向けた議論が始まったが、方式をめぐる在日コリアン社会内の意見の相違と敷地確保問題が重なり、当時は進展がみられなかった。2011~2012年に韓国原爆被害者協会と福岡総領事館が長崎市に平和公園内の建設場所の提供を要請し、建設事業が本格的に進められた。
 しかし、今度は長崎市側が、韓国人被爆者が発生した歴史的背景である強制動員被害者に対する碑文の内容などを問題視し、建設許可を出さず、論議を呼んだ。慰霊碑建立委を中心に市当局と議会に対して再び説得作業に乗り出し、今年3月、敷地提供の承認が出たのに続き、先月には碑文の文言などに対する細部協議も終わった。碑文には市当局が反対した「強制徴用」という表現の代わりに「本人の意思に反して」という表現を入れることで折衷した。
 建立委と福岡総領事館側は「戦争と被爆の歴史を後世に伝えられる大切な証になる」と述べた。

東京/キム・ソヨン特派員(お問い合わせ japan@hani.co.kr)
https://www.hani.co.kr/arti/international/japan/1015933.html
韓国語原文入力:2021-10-21 02:32
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

三菱重工業、韓国内の資産売却命令を不服として抗告へ

2021年10月21日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://japanese.joins.com/JArticle/284043?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.10.20 16:10
■三菱重工業、韓国内の資産売却命令を不服として抗告へ
日本の三菱重工業が韓国裁判所の資産売却命令を不服として抗告した。
 20日、韓国法曹界によると、三菱重工業は強制労役被害者の梁錦徳(ヤン・クムドク)さん(92)とキム・ソンジュさん(92)が出した商標権・特許権特別現金化(売却)命令申請を認容した大田(テジョン)地裁民事28単独キム・ヨンチャン部長判事に即時抗告状を提出した。
 これに先立ち先月27日、キム部長判事は三菱重工業側から差し押さえた約5億ウォン(約4900万円)相当の債権(商標権・特許権)を売却するよう命じた。これは三菱重工業側が梁さんとキムさんを相手取って起こした商標権・特許権差押命令再抗告事件を先月10日に韓国大法院(最高裁)第1部が棄却したことに伴う後続手続きだった。


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211020004800882?section=news
「聯合ニュース」 2021.10.20 21:01
■三菱重工 挺身隊訴訟の売却命令で即時抗告=韓国
【ソウル聯合ニュース】韓国大法院(最高裁)が三菱重工業に元朝鮮女子勤労挺身隊員らへの賠償を命じた訴訟で大田地裁が原告の2人が求めていた同社の商標権と特許権の売却命令を出したことに対し、同社が20日、地裁に即時抗告したことが分かった。
 大田地裁は9月27日、原告側が差し押さえた三菱重工業の韓国内の5億ウォン(約4900万円)相当の商標権と特許権の売却を認めた。強制徴用訴訟を巡り、韓国の裁判所が日本企業の資産売却を命じるのは初めてだった。
 同訴訟を巡っては、2018年11月に大法院(最高裁)で同社に賠償を命じる判決が確定した。





コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「元朝日記者のドキュメンタリー 監督が韓国で自由言論賞受賞」

2021年10月20日 | 日本軍隊性奴隷

「聯合ニュース」 2021.10.18 20:31
■元朝日記者のドキュメンタリー 監督が韓国で自由言論賞受賞
【ソウル聯合ニュース】日本のドキュメンタリー映画「標的」の西嶋真司監督が第33回アン・ジョンピル自由言論賞の本賞受賞者に選ばれた。賞を主催する東亜自由言論守護闘争委員会が18日発表した。

【写真】映画「標的」の西嶋真司監督が第33回アン・ジョンピル自由言論賞の本賞受賞者に選ばれた=(聯合ニュースTV)

 審査委員会は受賞の理由について、西嶋監督が同作品の製作を通じて真実の報道と言論の自由を実践したと説明した。
 同作品は旧日本軍の慰安婦被害者である韓国人女性、金学順(キム・ハクスン)さん(1997年死去)の証言を最初に記事にした元朝日新聞記者の植村隆氏が、歴史修正主義者の攻撃に屈せず闘う姿を描いた。
 アン・ジョンピル自由言論賞は権力などに屈することなく、言論の自由の促進や真実の報道で卓越した業績があった人に与えられる賞で毎年授与している。1987年に始まった。
 授賞式は22日に韓国プレスセンター(ソウル市中区)で開かれる。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「徴用韓国人を慰霊…三井三池炭鉱、民団福岡主催で」

2021年10月19日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://www.mindan.org/news/mindan_news_view.php?cate=4&number=27180
『民団新聞』 2021-10-13 11:32:00
■徴用韓国人を慰霊…三井三池炭鉱、民団福岡主催で

【写真】慰霊碑の前で手を合わせる参列者 

【福岡】第2次大戦中、三井三池炭鉱で過酷な労働のすえ亡くなった徴用韓国人をしのぶ民団福岡本部(李相鎬団長)主催の慰霊祭が9月26日、大牟田市甘木山公園内に建つ慰霊碑の前で営まれた。民団のほか自治体関係者など110人が参列した。
 慰霊碑の建立は「在日コリア大牟田」(禹判根代表、当時)が三井系企業に5年間通い詰めて説得した。費用は企業が全費用を負担し、土地は大牟田市が無償で提供した。
 主催者を代表して李団長は「当時は日本人も朝鮮人も市民ではなく、皇民でした。よって炭鉱で働かされた朝鮮人も日本人も皇民として徴用されたのです。そこに区別はありません。当時の歴史背景を十分に研究し、お互いがその歴史を共有することが平和への1歩なのです」とあいさつした。
 駐福岡総領事館からは南宮煥副総領事が参席し、李煕燮総領事の追悼辞を代読した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「「強制労働綿使用」議論のユニクロ、「韓国での販売製品には使っていない」」

2021年10月19日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://japanese.joins.com/JArticle/284001?servcode=300&sectcode=300
「中央日報日本語版」 2021.10.19 16:42
■「強制労働綿使用」議論のユニクロ、「韓国での販売製品には使っていない」

【写真】ソウル江西区(カンソグ)ユニクロ・スカイパーク店。ムン・ヒチョル記者

ユニクロが中国・新疆ウイグル産の「強制労働綿」使用議論に包まれた。韓国ユニクロ関係者は19日、これと関連し「(韓国販売製品のうち)ウイグル産の綿を使ったものはない。縫製工場や2次取引先工場も新疆地区にはない」と釈明した。

 ユニクロがウイグル人の強制労働で作られた綿を使っているという議論はオーストラリアで起きた。オーストラリア政府系シンクタンクのオーストラリア戦略政策研究所(ASPI)は昨年発刊した報告書で、ユニクロの中国の取引先とされる雅戈爾色紡科技公司と青島即発華錦服装の工場で、ウイグルから強制移送された労働者数千人が勤務していたと疑われると指摘した。

◇「ウイグル人強制労働で綿花生産」
 新疆地域は中国の綿花生産量の85%、世界生産量の20%を占める代表的な綿花生産地のひとつだ。人権団体は中国当局が強制的に動員したウイグルの住民数百万人を、綿花の収穫や太陽光パネルの原料であるポリシリコンを作る仕事に動員していると主張する。国際労働機関は1930年以来「不利益の脅威の下で行われたり自発的に行われていないすべての労働」を強制労働と規定し、協約批准国にこれを禁止している。
 外信によると、米関税国境警備局(CBP)は1月にウイグル自治区関連衣類の輸入禁止措置に違反した容疑でユニクロのシャツ輸入を禁止した。CBPは同月ロサンゼルス港で押収したユニクロの男性用シャツが新疆の軍事地区のひとつである新疆生産建設兵団(XPCC)を通じて供給されたとみた。フランス検察も6月、ユニクロ、ZARA、スケッチャーズなどアパレル企業の強制労働関与容疑に対し捜査に入った。

◇ユニクロ「人権侵害容認しない」
 ユニクロは関連疑惑を否定している。日本メディアによると、ファーストリテイリングの柳井正会長は15日、「人権侵害を絶対に容認しない」と強調した。韓国ユニクロ関係者は、「ユニクロは児童労働と強制労働を禁止する行動綱領を順守する生産パートナーと取引先が調達する綿を使っている。米CBPには疎明資料を伝達した状態」と説明した。
 ユニクロだけでなく世界のファッション企業数社も「ウイグル強制労働綿」使用疑惑で苦しんでいる。これを否定すれば中国市場で怒りを買い、肯定したり沈黙すれば米国や欧州などで非難を受けるためだ。実際にスウェーデンのSPAブランドのH&Mは昨年3月に「納品過程に強制労働が確認されれば納品を中断する」と明らかにして中国の通販サイトのタオバオから製品が削除され、SNSで不買運動が起こるなど集中砲撃を受けた。
 新疆ウイグル自治区は中国北西部に位置した地域だ。新疆地域に住むウイグル人1200万人の大多数はムスリムで、彼らは中国語ではなくウイグル語を主に使う。20世紀初めにウイグル人は独立を宣言したが1949年の中国国共内戦が中国人民解放軍の勝利で終わり中国に再び編入された。
 国際アムネスティやヒューマン・ライツ・ウォッチなど国際人権団体はこの数年間に100万人以上のウイグル人が「再教育施設」に抑留されたと指摘している。英BBCなどによると、再教育施設ではウイグル人を対象に強制労働、睡眠制限、暴行、集団強姦などが強行され、女性の場合、強制的に不妊手術を受けさせられたりもした。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「韓国外交部 岸田首相の汚染水放出方針に「憂慮伝える」」

2021年10月18日 | 
https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211018002200882?section=news
「聯合ニュース」 2021.10.18 14:51
■韓国外交部 岸田首相の汚染水放出方針に「憂慮伝える」
【ソウル聯合ニュース】韓国の外交部当局者は18日、岸田文雄首相が東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水を海洋放出する方針を改めて示したことについて、「日本側の決定は周辺国と十分な協議なく行われ、国民の健康と安全、海洋環境に影響を与えるため、深刻に憂慮し反対する立場」として、「今後も日本側に対しさまざまな機会をとらえわれわれの立場と憂慮を継続的に伝える」と述べた。

【写真】韓国南部の慶尚南道統営市で6月2日、漁船約200隻が日本の汚染水の海洋放出決定に抗議する海上デモを行った(市民団体提供)=(聯合ニュース)

 また、国民の健康と安全問題を最優先とし、汚染水の海洋放出の推進に対応していると強調。「国際原子力機関(IAEA)など国際社会と協力し、汚染水処理の全過程を透明かつ徹底的に検証する」との方針を示した。
 韓国政府は日本に対し、汚染水問題に関する詳細な議論を行うための2国間協議体の設置を促してきた。
 IAEAが7月に構成した調査団に韓国側の専門家が加わり、今後、汚染水の安全性などを確認する。


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20211017000500882?section=news
「聯合ニュース」 2021.10.17 11:42
■IAEA事務局長「韓国と緊密な意思疎通」 福島汚染水の海洋放出で
【ソウル聯合ニュース】国際原子力機関(IAEA)のグロッシ事務局長は、東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の安全性検証を行う際に、これまでと同様に韓国を含む関連国と緊密な意思疎通を続ける意向を示した。韓国外交部が17日、伝えた。

【写真】グロッシ事務局長(右)と韓国外交部の咸氏(同部提供)=(聯合ニュース)

 同部によると、グロッシ事務局長は15日にオーストリア・ウィーンで、咸相旭(ハム・サンウク)多者外交調整官と面会した席で、処理済み汚染水の安全性検証でIAEAが積極的な役割を果たすとしたうえで、関連国との連携に言及した。
 IAEAは処理済み汚染水の安全性を検証するため、7月に調査団を立ち上げた。調査団には韓国を含む各国の専門家が参加している。
 咸氏は日本が処理済み汚染水を海洋放出することへの韓国側の懸念を伝え、問題の円満な解決に向けてIAEAが建設的な役割を果たすよう求めた。


https://japanese.joins.com/JArticle/283436?servcode=A00&sectcode=A00
「中央日報日本語版」 2021.09.30 14:16
■韓国水協会長、国際協同組合同盟に日本原発汚染水への共同対応を要請
 国際協同組合同盟(ICA)水産委員会委員長のイム・ジュンテク韓国水産協同組合中央会長が、第33回世界協同組合大会の開催点検のために29日に来韓したブルーノ・ローランツICA事務局長に会い、日本政府の福島原発汚染水海洋放出問題や協同組合関連発展案などについて議論した。
 この日、イム・ジュンテク会長はローランツ事務局長に、日本政府の一方的な福島原発汚染水海洋放出決定についてICAレベルの共同対応を要請した。
 ローランツ事務局長は「日本原発汚染水関連事案については十分に理解していて、ICAレベルでも全世界会員団体と力を合わせて問題の解決に協力する」と約束した。
 1895年に設立されたICAは110カ国・317会員機関で構成され、世界で約10億人が加入している世界協同組合を代表する非政府国際機関。ICA水産委員会はICAの水産分野分科機構で、2009年から韓国の水産協同組合中央会会長が委員長を務め、現在20カ国・22会員団体が参加している。


https://japanese.joins.com/JArticle/283242?servcode=A00&sectcode=A00
「中央日報日本語版」 2021.09.24 09:49
■中国「日本の汚染水放出計画、極めて無責任」
 中国が日本の原発放射能汚染水の海洋放出計画を受け入れないと強調した。
 中国外交部の趙立堅報道官は23日、定例記者会見で「日本は何のつもりで汚染水放出計画が技術的に可能だというのか」と反問した。
 趙報道官は続いて「日本が核汚染水の海洋放出準備を強行するのは自分の間違いを国際社会が受け入れるように強要することだ。極めて無責任で完全に容認できない」と話した。
 趙報道官は「日本は利害関係国および国際機構と十分に協議を経て合意を形成する前までは独断的に汚染水を放流するべきではない」と強調した。


https://jp.yna.co.kr/view/AJP20210922000800882?section=news
「聯合ニュース」 2021.09.22 10:02
■韓国政府 福島原発汚染水の海洋放出「再考」促す=IAEA総会
【ソウル聯合ニュース】韓国科学技術情報通信部の竜洪沢(ヨン・ホンテク)第1次官は21日、オーストリア・ウィーンで開催された国際原子力機関(IAEA)総会でオンライン演説を行い、東京電力福島第1原子力発電所の処理済み汚染水の海洋放出の決定に懸念を示すとともに、海洋放出を再考するよう促す内容を加盟国に伝えた。

【写真】福島第1原発の敷地内にある汚染水のタンク=(共同=聯合ニュース)

 竜氏は演説で、韓国政府が一貫して反対してきたにもかかわらず、4月に日本政府が隣国の韓国と十分な協議を行わず、一方的に汚染水の海洋放出を決定したと指摘。汚染水の処理過程で客観性、透明性、安全性を向上させるためにIAEAが担う役割の重要性を強調。IAEAによるモニタリングと安全性の点検活動に韓国が参加することを希望すると述べた。
 また、原子力の安全保障の重要性を説き、韓国で初めて推進される古里原発1号機(蔚山市)の安全な廃炉に向けてIAEAの安全基準を基に規制指針を開発し、加盟国と緊密に協力していくと述べた。
 竜氏はこのほか、朝鮮半島の完全な非核化に実質的進展をもたらすための韓国政府の努力について言及し、IAEAと加盟国、国際社会の変わらぬ支持を呼び掛けた。


https://japanese.joins.com/JArticle/283067?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.09.17 07:02
■日本の水産物原産地違反、福島以降最多…60%は韓国産を偽る

【写真】輸入水産物原産地取り締まりに出た京畿道の特別司法警察団。[写真 京畿道]

 韓国内で、日本産水産物を輸入して原産地を偽ったりきちんと表示せずに売ったりして摘発された事例が今年1~8月に139件に達した。2011年福島原発事故以来、最も多い。
 16日、国会農林畜産食品海洋水産委員会所属の魚基亀(オ・ギグ)議員室(共に民主党)が海洋水産部国立水産物品質管理院から提出させた資料によると、今年日本産水産物を輸入して原産地を表示しないかきちんと表示していなかったため摘発された事例は94件で合計9億ウォン(約8410万円)規模だった。原産地を偽って(虚偽)表示した場合は45件で、61億ウォン分になる。
 過去、福島原発事故以降、日本産水産物の原産地表示義務違反事例は2019年が137件で最も多かった。今年は8月までですでにこの水準を超えている。摘発件数は2016年(110件)を除いて2012~2018年二桁を維持して2019年以降、三桁数に増える傾向だ。
 2011年以降、日本産水産物の原産地を偽って表示して摘発された場合は合計370件だった。このうち日本産を「国内産」と偽った場合が全体の60%で最も多かった。日本産が「ロシア産」に化けた場合は13%、「中国産」と表記した場合が10%となった。
 虚偽表示が最も多かった品種は活タイ(マダイ・66件)だった。ホタテ(64件)、ホヤ(47件)、冷蔵メンタイ(22件)、活カニ(ズワイガニ・17件)なども摘発事例が多かった。原産地未表示と表示方法違反が多い品種はホタテ、活タイ、ホヤ、冷蔵メンタイ、活ブリの順だった。
 魚議員は「日本政府の福島原発汚染水放出決定で日本産水産物に対する国民の懸念が深い」とし「水産物食品の安全性確保のための政府の対策づくりが切実」と強調した。


https://japanese.joins.com/JArticle/283055?servcode=A00&sectcode=A00
「中央日報日本語版」 2021.09.16 15:06
■「近づけば1時間で死亡」…福島原発の格納容器から超強力放射線検出
 2011年の東日本大震災当時、爆発事故が起こった福島第一原子力発電所の格納容器の上部から1時間で人を死亡に至らせる放射線量が測定された。これは当局の想定をはるかに超える水準だ。
 15日付の朝日新聞によると、東京電力の福島第1原発事故を調査中の日本原子力規制委員会は14日、2号機の原子炉格納容器の真上にあるふたの表面付近で、従来の想定を上回る毎時1.2シーベルト(Sv)の高い放射線量を確認したと発表した。
 ふたは直径約12メートル、厚さ約60センチの円形の鉄筋コンクリート。 「シールドプラグ」と呼ばれ、炉心からの放射線を遮るために3枚重ねで設置されていた。
 規制委と東京電力が今月9日、遠隔ロボットで最も外側にある1枚目のふたの表面に深さ7センチメートルの穴2カ所に線量計を差し込んで放射線量を測定した結果、深さ4センチメートル付近で毎時1.2シーベルトの放射線量が確認された。
 当初、規制委はふたの内側にある汚染源の放射線量を毎時10シーベルト以上と推計していた。これは人が1時間ほど近くにいれば死に至る線量だ。
 しかし、今回の測定では、1枚目のふたで時間1.2シーベルトの放射線量が検出されたことから、汚染源の実際の放射線量は数十シーベルトに及ぶものと推定される。
 ふたは1枚あたり150トン前後と重く、解体が困難なだけでなく、廃炉作業時の明確な解体方法も決まっていない。
 東京電力は「高汚染部があることを前提に工法を検討する」と説明した。


https://japanese.joins.com/JArticle/282903?servcode=A00&sectcode=A10
「中央日報日本語版」 2021.09.13 10:23
■韓国入港の日本の活魚車、放射能検査は1.9%…「不安解消できない」
 この約2年6カ月間に韓国に入港した日本の活魚車のうち1.9%だけが原子力安全委員会の放射能検査を受けたことが確認された。
 国会科学技術情報放送通信委員会所属で「共に民主党」の鄭必模(チョン・ピルモ)議員が13日に関税庁と原子力安全委員会から開示された「2019年~2021年日本活魚車搬入台数」と「日本活魚車海水放射能検査実績資料」を検討した結果、2019年から今年上半期まで日本から入港した活魚車の台数は3781台に達した。このうち放射能検査を受けた活魚車は1.9%の72台にすぎなかった。
 原子力安全委員会は採取した海水試料を分析するだけで3週間ほど時間がかかるため、各四半期に10台ほどだけ調査すると説明した。検査対象もセシウム(Cs-137)の濃度だけに限定された。
 鄭議員は「全検査対象の1.9%だけ調査する現在の方式では日本の海水放射能汚染に対する国民の不安を解消することはできない。要式行為から抜け出し実効性ある検査方式に改善しなければならない」と話した。
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「106年前の日帝時代に独立運動家が起こした「慶州郵便馬車事件」の現場を訪ねて」

2021年10月18日 | 朝鮮史
http://japan.hani.co.kr/arti/politics/41424.html
「The Hankyoreh」 2021-10-18 11:22
■106年前の日帝時代に独立運動家が起こした「慶州郵便馬車事件」の現場を訪ねて
 15日、蔚山博物館「固軒 朴尚鎮、独立闘争の道」フィールドワーク 
 満州独立軍基地支援のため、郵便馬車の税金を奪取した現場など 
 蔚山・慶州一帯の光復会と総司令・朴尚鎮の縁故地を巡る

【写真】106年前の大韓光復会の慶州郵便馬車事件の現場である孝ヒョン橋の入り口で、シン・ヒョンソク蔚山博物館長が当時の状況を説明している//ハンギョレ新聞社

 大韓帝国が日本帝国に国権を奪われ強制合併されてから5年後の1915年12月24日早朝のことだった。慶尚北道慶州市(キョンジュシ)の孝ヒョン洞(ヒョヒョンドン)と栗洞(ユルドン)の間の兄山江の支川にかかる孝ヒョン橋で、大邱(テグ)に向かっていた郵便馬車の現金袋が盗まれる事件が発生した。日帝が慶州郡・迎日郡(ヨンイルグン)・盈徳郡(ヨンドクグン)から徴収した税金8700ウォン(現在の推定貨幣価値で約2億5千万ウォン)だった。
 遅れてその事実を知った日本人の御者が急いで馬車を引き返して警察に通報し、日帝の警察が慶州と近隣地域に非常事態をかけ、犯人探しに乗り出したが、無駄だった。この事件は当時、朝鮮総督府の機関紙「毎日新報」が2日後に「慶州-阿火間で官金強奪」という見出しの記事を掲載し、一般に知られた。しかし、この事件が8月25日に大邱の達城公園で秘密裏に結成された全国規模の独立運動団体である大韓光復会が、満州独立軍基地支援のために起こした初の「旗揚げ」だったという事実は、さらに数年が経ってから明らかになった。
 蔚山博物館は15日、20人余りが参加した中、「固軒 朴尚鎮(パク・サンジン)独立闘争の道」と題するフィールドワークを行い、慶州市の孝ヒョン橋の現場を訪れた。固軒 朴尚鎮は光復会総司令として当時の旗揚げを企画・指示した蔚山出身の独立運動家。今年彼の殉国100周年を迎え、フィールドワーク行事を準備した。
 同日のフィールドワーク参加者は、シン・ヒョンソク蔚山博物館長の説明を通じて、当時旗揚げを敢行した光復会隊員が権寧万(クォン・ヨンマン)、禹在龍(ウ・ジェリョン)であり、禹在龍が孝ヒョン橋の木の橋を壊し、郵便馬車が橋を避けて河川沿いを行くようにし、権寧万が緊急患者であるかのように装いあらかじめ馬車の座席に乗っておいて、税金を外に盗み出して逃げた事実を知った。権寧万が部外者の搭乗が禁止されていた郵便馬車に乗り込むために「俳優顔負けの」患者の演技で日本人の御者の心を動かしたというくだりでは、皆がハラハラし、安堵のため息をついた。ある40代の主婦は「私が今立っているここが106年前に光復会の活動した歴史の現場だということが、新鮮で不思議に思える」と話した。フィールドワークの参加者は全員新型コロナの2回目の接種完了後14日が過ぎた成人たちだった。

【写真】106年前の慶州郵便馬車事件の現場の孝ヒョン橋。当時、この橋は木でできた橋だった//ハンギョレ新聞社

 彼らは、当時光復会がその後も平安北道の雲山金鉱の現金輸送馬車襲撃、大邱の親日富豪拳銃襲撃など、武装独立闘争のための軍資金集めのために様々な活動を展開したことについても説明を聞いた。そして、このような活動を指揮した総司令の朴尚鎮が後日、満州の青山里の戦闘で有名になった金佐鎮(キム・ジャジン)を副司令に任命し、満州に派遣した事実も知ることができた。朴尚鎮本人も、全国的に吹き荒れた日帝の光復会検挙の波を避け満州に渡る機会を探っていたが、母親が危篤だという伝言を受け、周囲の引き止めも振り切って慶州の実家に行き、待機していた日帝警察に捕まり母親を看取ることもできなかったという話を聞いて、参加者はみな涙ぐんだ。夫婦同伴でフィールドワークに参加した70代のソン・ウギョンさんは「歴史を忘れた民族に未来はないという言葉が切実に感じられる」とし「独立闘争の民族的大義と、子としての人間的な情の間で苦悩した朴尚鎮の気持ちを思うと胸が痛む」と話した。
 日帝に捕らえられた朴尚鎮はひどい拷問を受けて監獄暮らしをし、獄中で3・1独立運動と青山里の戦闘の知らせを聞いたという。その後死刑を宣告され、1921年8月11日、大邱監獄で死亡した。1884年12月7日生まれ、36年6カ月余りの短い人生だった。彼は獄中で死を目前に「無一事成功去/青山嘲緑水嚬(何一つ成し遂げたことなくこの世を去るとは、青山が嘲弄し緑水が眉をひそめる)」という内容の漢詩を残した。

【写真】光復会総司令の朴尚鎮の生家で、朴尚鎮の曾孫のパク・ジュンフン蔚山北区歴史文化研究所長が、フィールドワーク参加者に生家にまつわる話を語っている//ハンギョレ新聞社

 蔚山博物館のシン・ヒョンソク館長は「朴尚鎮は裕福な両班(ヤンバン)の家に生まれ、個人の栄達と幸せのために生きることもできた。1910年に判事登用試験に合格して発令を受けたが、日帝に国権が侵奪されると、『植民地の官吏にはならない』といって辞任し、財産を整理して独立運動に飛び込み、日帝の武断統治が激しかった時代に秘密結社である光復会を組織し、国内の独立運動の空白をしっかりと埋めた韓国独立運動史の先駆者だ」と評価した。さらに「それまで対立して散らばっていた全国の義兵闘争と啓蒙運動系列の独立運動家らを集め、光復会を組織した『統合のリーダーシップ』は、殉国100周年を迎える今の現実でも新たに切実に感じられる」と述べた。
 同日のフィールドワークの参加者は、シン館長の案内で、蔚山市の北区松亭洞(プクク・ソンジョンドン)にある朴尚鎮の生家(蔚山市文化財資料5号)や、慶州市で暮らした場所、妻の実家の崔家富豪の家、墓所などを見て回った。生家では、朴尚鎮の曾孫で蔚山北区歴史文化研究所長のパク・ジュンフン氏が「1925年前後の蔚山の両班家屋の一形態」と述べ、生家の意味と価値を説明した。彼は最近刊行した曽祖父・朴尚鎮に関する著書『歴史、その中の歴史』で、「(曽祖父は)最初から望んだ人生ではなかったとしても、時代が望んだのだからその荒波の中に進んで自らを投じたのだろう。日帝強占期という時代を迎え、光復のための火付け役となり燃え盛った花火のような人生だった」と語った。

文・写真/シン・ドンミョン記者 (お問い合わせ japan@hani.co.kr )
https://www.hani.co.kr/arti/area/yeongnam/1015505.html
韓国語原文入力:2021-10-17 21:01
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

「メキシコ先住民の手織り物、正当な評価を目指すプロジェクト」

2021年10月17日 | 国家・社会
https://www.afpbb.com/articles/-/3369412
https://www.afpbb.com/articles/-/3369412?page=2
「AFP」 2021年10月17日 8:00 発信地:シナカンタン/メキシコ
■メキシコ先住民の手織り物、正当な評価を目指すプロジェクト

【写真】メキシコ・チアパス州シナカンタンで機織りをする先住民のフアナ・ペレス・ゴメスさん(2021年9月8日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP
【写真】メキシコ・チアパス州シナカンタンの先住民、ベロニカ・ペレスさんの機織り(2021年9月8日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】メキシコ・メキシコ市で、先住民の女性が織った「ファブリカ・ソシアル」の布地から服を仕立てる女性(2021年9月7日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】メキシコ・チアパス州シナカンタンで機織りをする先住民の女性ら(2021年9月8日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】メキシコ・チアパス州シナカンタンで、機織りをする先住民のマリア・ロペスさん(2021年9月8日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】メキシコ・メキシコ市で、先住民の人々が織った布地で仕立てた「ファブリカ・ソシアル」の服を販売する店員(2021年9月7日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】メキシコ・チアパス州シナカンタンで製作中の布地と機織り道具(2021年9月8日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】メキシコ・チアパス州シナカンタンで、先住民の女性のためにワークショップを開く「ファブリカ・ソシアル」のダニエラ・グレミオンさん(中央、2021年9月8日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】メキシコ先住民の人々が織った布地で仕立てられた「ファブリカ・ソシアル」の服。メキシコ・メキシコ市で(2021年9月7日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 
【写真】先住民が織った「ファブリカ・ソシアル」の布地で仕立てた衣服に付けるラベル。メキシコ・メキシコ市で(2021年9月7日撮影)。(c)PEDRO PARDO / AFP 

【10月17日 AFP】メキシコ南部の高地で昔ながらの機織りをしている先住民は、ファッション業界が彼らの作品や伝統を世界中で横取りしているとして、理不尽な商慣行をなくし正当な評価を得ようと努力している。
 メキシコは先月、独立200周年を迎え、スペインによる植民地支配に抵抗した先住民もたたえられた。そうした中で、伝統的な織物に公正な評価を求める取り組みは重要性を増している。
 チアパス(Chiapas)州の町、シナカンタン(Zinacantan)にあるフリア・ペレス(Julia Perez)さんの家の中庭では、女性たちが毛布を敷いて座り、昔ながらのやり方で鮮やかな多色使いの布地を織っている。
 色や柄のデザインは「伝統と自分たちのアイデアを合わせています。私たちの伝統、文化、そして布が失われないように」と職人の女性(39)は語った。
 女性たちは陽気に屈託なく作業しているが、機織りはかなりの器用さが求められる複雑で手間のかかる作業だとペレスさんは言う。
 自分たちの作品の時代性と創造性を認識するようになったのは、二人の女性、ドゥルセ・マルティネス・デ・ラ・ロサ(Dulce Martinez de la Rosa)さんとダニエラ・グレミオン(Daniela Gremion)さんと出会ってからだ。二人は都会育ちだが、メキシコの伝統芸術を支援するプロジェクト、「ファブリカ・ソシアル(Fabrica Social)」を率いている。

◆文化の横取り
 「ファブリカ・ソシアル」ランドの下、シナカンタンの女性たちの他、メキシコ国 内の6州の作り手たちが作業環境の改善や、ビジネス上の不平等をなくすために努力している。
 中庭に椅子と机を並べて座った女性たちの前で、グレミオンさんが経費や支出など、取引の基本的な事柄の見直しを始める。目指すのはフェアトレード、つまり公正な取引。非常に重要だが、難しい目標だ。
 作り手たちは熱心に耳を傾け、製作に必要な時間、自分たちのニーズ、そして適切な価格設定の方法について話し合う。
 先住民のテキスタイルは、金銭的な価値にとどまらず、文化的・歴史的な遺産でもある。だが、世界的なファッションブランドはこぞってそれを許可なく使用してきた。
 大手ブランドによる先住民の文化遺産の流用の背景には、グローバル企業とローカルな作り手の間に存在する力の不均衡がある。デ・ラ・ロサさんは、これを古い植民地支配のなごりだと言う。「私たちは今も完全に、植民地的な経済システムの中に生きています」
 立ち上げ時からプロジェクトに参加しているペレスさんのいとこは「とても良くできているし、心が込もっているし、メキシコ産の素材でできています。私たちの仕事を認めてほしいです」と語った。(c)AFP/Jean Luis Arce
コメント
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする