三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

「“专家”称日本爱好和平不存在军国主义 军媒驳斥」

2017年09月30日 | 海南島近現代史研究会
http://www.chinanews.com/mil/2015/12-21/7679962.shtml
「中國新聞網」2015年12月21日 09:41  来源:中国国防报
■“专家”称日本爱好和平不存在军国主义 军媒驳斥
  有些号称专家的人,对日本右翼势力颠倒是非、混淆黑白置若罔闻,对日本领导人多次参拜供奉有14名二战甲级战犯的靖国神社视而不见,却声称“日本是爱好和平国家”“日本并不存在军国主义”——如此专家,如此结论?
  这段时间,笔者远赴海南避雾霾。期间,在北京召开了一个年会,会上竟有所谓专家,说什么“日本是爱好和平国家”“日本并不存在军国主义”“日本作为高科技国家已经不需要像在20世纪大战以前那样,把国家的领土扩张作为目标”……
  雾霾天气近日横扫全国多个地区,不少地区PM2.5浓度检测值临近“爆表”,闻听此言,亦让远在海南晴空下的笔者如坠阴霾天一般不爽不畅。
  12月14日,笔者遇到南海出版公司总经理兼总编辑霍宝珍女士,谈及刚刚过去的南京大屠杀死难者国家公祭日,她告诉笔者,日军在海南也搞过多次针对平民百姓的大屠杀,令人意想不到的是,揭露这段几乎被遗忘的血泪史的,竟然是一位日本人——佐藤正人先生。
  佐藤正人没有专家桂冠,他只是一位普通的日本公民,霍宝珍女士遇见他时,佐藤正人已经73岁,17年间28次深入海南,一个村一个村地寻访大屠杀证人,一家一家地登记核对死者名单,挖掘那些埋葬着成百上千遗骸的墓地,录影留证,他的寻访一丝不苟,登记核对死者名单时,都是让死者亲属、后代签名的。
  一个日本人,为什么要揭露自己国家早年犯下的恶行? 连政府都在拼命掩盖,日本的教科书都不承认!
  为什么?
  佐藤正人回答:还原历史真相!
  “我要弄清楚1931-1945年间,日军在海南究竟屠杀了多少平民,我必须要让今天的日本人知道历史的真相。”
  整整17年,佐藤正人的生活内容就是寻访、寻访,他不是富翁,他的寻访挖掘工作极其艰苦,住在农家,饭菜简单。霍宝珍女士见到他时,他的衣着相貌与海南田间地头的老人一般无二。整整17年,几乎是人生的四分之一的时间,他用双脚丈量着海南的土地,从黑发走到白头,只为查证真相!
  让我们再瞧瞧有的“专家”怎么说:“我到过日本多次,觉得日本是爱好和平的国家,日本人自我嘲笑说日本已经患了和平痴呆症……”
  你到过日本多次,你觉得……
  于是,就可以在公众关注的年会上堂而皇之地下结论吗?
  “日本是爱好和平国家,日本不存在军国主义。”
  调查了多少日本人? 有多少日本的政府官员、自卫队员、警察、职员、商人、大学生、教师、主妇、艺术家等等在调查问卷上签名? 多次到日本,一共多少次? 每次逗留多长时间? 身处大数据时代,得拿数据说话。
  不用费17年功夫,用7年走访日本的各个领域各个阶层,我们就不敢小觑你。认真做出100万张问卷,如果60万日本公民表示患上了“和平痴呆症”,我们才能信你的结论。如果日本真的不存在军国主义,右翼分子统统不再有野心勃勃的欲望,靖国神社里不再有为恶魔招魂的祈祷,那不仅是亚洲人民的幸事,更是世界人民的幸事!
  可惜,我们有很多被尊称为“专家”的人,甚至不具备专家的基本素质,严重缺乏科学精神,整日赶场似的参会,靠一张巧嘴儿卖弄概念、制造噱头去哗众取宠,而不肯踏踏实实地进行学术研究及田野调查。
  期待多一些清风正气,雾霾本已成灾了。 (庞天舒)
コメント

「海南在世"慰安妇"最后夙愿:日本欠我1个公道」

2017年09月29日 | 日本軍隊性奴隷
http://www.chinanews.com/shipin/2012/12-13/news142011.shtml
「中新网视频」2012年12月13日 09:31   来源:中国新闻网
■海南在世"慰安妇"最后夙愿:日本欠我1个公道

  (资料图片)“慰安妇”是指二战期间被日本政府和军队强迫为日本军人提供性服务、充当性奴隶的妇女。但因日军在战败时大量销毁档案,其准确数量很难统计。一些研究人员根据现存资料推定总数在40万以上,其中,仅中国妇女就有20余万之多。

  【标题字幕】海南在世“慰安妇”的最后夙愿:日本欠我一个公道

  【解说】据相关调查显示,至2012年10月底,二战期间在海南省被日军性侵犯的老人,在世的仅剩最后的11人。而近年为讨还公道曾经赴日出庭作证的8位海南老人中,如今在世的也仅剩下4位。

  【同期】(中国慰安妇问题研究中心调查员 陈厚志)现在就海南岛 就是保亭 还有陵水 临高 澄迈 琼海 琼海的今年已经听说是去世了 澄迈那边也有一个老人逝世了 现在我们海南全省的就剩下11个 还健在的 被日军性侵犯过的老人

  【解说】此次探访海南“慰安妇”的行程,是由22次到海南调查日本侵琼史的日本海南岛近代史研究会创始人佐藤正人连同他的会员发起的。而几个生于80后的中国记者,也有幸加入到这次抢救性的探访行动中。

  【解说】这位老人名叫陈莲村,她的原名叫做陈林村。生于1926年,海南省保亭县加茂镇毛立村人。据相关资料介绍,1942年起,她在保亭县三次被日军抓到保亭加茂据点后勤服务队,被迫成为慰安妇。

  【解说】在采访期间,当佐藤一行人试图让陈莲村老人回忆一下日军当年对她的暴行时,老人的泪水瞬间夺眶而出。说着一口流利中文的日本女孩米田麻衣连忙上前去安慰老人。

  【同期】(日本女孩 米田麻衣)阿婆不要哭了 不好意思了 不问你了 不好意思了 我们不应该这样的 不能来问她的经历 这样不行的

  【解说】对陈莲村而言,惨遭蹂躏身为受害者,却又感觉无颜面对亲人和邻里。因此她不愿再回忆过去,更不愿面对镜头去诉说这深藏心中的伤痛。而这也是所有的“慰安妇”的表现。

  【解说】根据中国慰安妇问题研究中心调查员陈厚志的介绍,海南“慰安妇”多数生活在偏僻山区,常年伴随着各种不同的疾病伤痛,并且生活十分艰难。有的一生未能生育,日子过得更是孤苦伶仃。而生活在保亭县南林乡的林亚金,就是典型代表。

  【同期】(她看不清楚 眼睛不好 就没发现我们来 耳聋 还痛风 她原来是放牛的)

  【同期】(中国慰安妇问题研究中心调查员 陈厚志)她(林亚金)今年已经87岁了 她原来是住在什号村那边的她后来就搬到这边的村庄里 她因为家里有一些特殊情况 所以再不能住在那边的房子了

  【解说】陈厚志告诉我们,林亚金老人是黎族人,1925年生。1943年10月的一天,她和姐妹们在稻田里被日军抓走,押到什(zha)漏村,关在一个小茅房里,第二天就被3个日军轮奸,在什漏村10天有9天都被日军强暴。10天后又被带到南林村日军据点,关在一间小铁皮房里,继续充当慰安妇。一个月后林亚金病倒了,才得以回家。之后又多次被日军性侵犯。

  【解说】林亚金老人一辈子无法生育,如今,林亚金老人居住在患有精神疾病的养女家,女婿除了要照顾两个病人,还要耕种和照看田里的农作物,因为那是他们唯一的生活来源。由于年事已高,林亚金老人的身体每况愈下,腿部、腰部、颈部也经常发病,在大多数时间里,她很少外出走动。

  【同期】(林亚金老人)就是右边这个手臂很痛 左边这个没有痛 那个肩关节那个位置痛的很厉害 传到这个手臂 现在还在痛 (麻么)

  【解说】日本女孩米田麻衣和林亚金老人早已认识。米田麻衣告诉我们,当年她们是在林亚金老人赴日申诉的时候相互相识的。米田麻衣后来在海南学习中文期间,也时常到林亚金老人家中看望她。

  【同期】(日本女孩 米田麻衣)我开始来的时候心里也很复杂 因为我也是日本人 她看到我的话 就马上想起来 那些很痛苦的时间和体验 但是后来我每次都来 她就开始 要我住她家 睡觉吧 吃饭吧 现在 怎么说 作为一个日本人 应该做什么 我也要想一想 侵略别的国家都是错误 应该道歉 但是日本政府到现在一个都没有道歉 这样不行

  【解说】本世纪初,海南有8位“慰安妇”到日本提起索赔诉讼,而佐藤正人和他的会员们也一起赶赴东京为她们声援,抗议日本政府,希望裁判所还她们公道。而这次在探访名单里的陈亚扁,就是这8位赴日申诉的“慰安妇"之一。在我们探访她时,我们发现患有肺炎的老人说话时经常敲着脑袋。

  【同期】(陈亚扁老人)她说她每一次打针 才能睡 如果没有打的就睡不了 她当时因为被日军强暴 她不是叫么 就被打 把头打坏了 现在她的头就老是痛

  【解说】陈亚扁老人同样是黎族人,生于1925年,陵水祖关镇祖孝村人。1942年时她17岁,被日本兵抓到三亚市,关进一座慰安所。交谈中老人一边擦着眼中的泪水,一边向我们只言片语地说着那些她不愿想起的经历。

  【同期】(陈亚扁老人)她现在是这样子 她有恐惧症 她一听说日本人来 她就全身就觉得很痛 她就是现在心情非常地恐慌 她看到有人来 她就感到恐惧

  【解说】从2001年7月16日到现在,海南岛“慰安妇”多年来多次在日本起诉日本政府,陈亚扁也曾多次到日本出庭作证,希望打赢官司,讨回公道。而每次的判决都如出一辙地被宣告败诉。每当想起这些不公正的审判时,老人总会一边流泪一边嚷着说“如果生前没得到日本政府的道歉,我死了都闭不上眼睛。”

  【同期】(海南师范大学历史学教授 张兴吉)最近几十年来 对日本的起诉 几乎都没有太大的进展 这些原因是包括日本社会 主要是日本政府为主导的 包括它的司法机构 它就在主观上认定 有两个认定 第一个认定是它认为战争赔偿问题 作为日本 已经结束了 引用了所谓的司法时效的概念 说战争问题已经结束了 那么第二个问题就是说 在慰安妇问题上就更加突出了 就是一种狡辩的嘴脸 就是坚决不承认 征用慰安妇的过程 是强行的 暴力的 来征用的 它为这些人(慰安妇)打上了自愿从事这种职业的妓女的一个标签 一旦打上这个标签以后 她是自愿职业者 那么就没有法律赔偿的问题 当然我们知道这是完全不合理的 现在我们有很多证据 (她们)是受日本军方控制的 显然不是自由职业 他们(日本军方)有专门的慰安所 这种慰安所是有严格的组织的 而且它的领导人 是日本军官 那你怎么能讲它是一个民间的自愿行为呢 所以这是日本政府完全的一个狡辩

  【解说】在这次的探访过程中,老人们告诉我们一个同样的夙愿,希望有生之年能够得到日本政府的道歉,还自己的一个公道。而对于我们而言,一个巨大的问题却在我们几个80后的中国记者心中反复徘徊着。是再次询问她们那些痛苦的经历?还是不问?人性化的顾虑与记者的职业要求一次次碰撞。每当我们面对着那些苍老的面孔时,总能感到她们内心的挣扎与无助,但是却很难再一层层地拨开她们从未痊愈的伤口。

  【同期】(海南师范大学历史学教授 张兴吉)我们也采访了她们(海南“慰安妇”)的一些家人 她们的家人当然也为了这段历史 不愿意把自己的祖辈 和长辈的一些事情说出来 这也能够理解 但是我们希望 这些受过残酷迫害的老人们还是应该勇敢地站出来 为了自己受到的这种迫害 为了人所最要求的最基本的平权 而站出来 我们也当然也应该呼吁社会 (希望)社会上的有识之士 对于这个问题的关注 对于这些老人们有所关注 对于这些研究的项目有所关注 使这个问题真正成为社会所关注的问题 使这些老人们能够饱受了日军的摧残之后 能够平平安安地走向人生的终点 我觉得是非常必要的

  【同期】(日本海南岛近代史研究会 创始人 佐藤正人)日本国就是个从虾夷 琉球开始侵略其它地方的国家 1931年开始侵略东北 然后1937年全面发动 对中国大陆的战争 对以上所说的这些侵略历史 日本政府都没在真正的意义上 认真反省承认赔偿谢罪 不仅仅是中国 包括韩国 朝鲜 菲律宾 印尼在内 都没建立真正的友好关系 日本政府完全没有承认 并正视历史现实 没有道歉 也没有赔偿 就算是赔偿了 也绝对没有意识到错误 日本侵略海南的时候 同时海南岛的人民也在持续抗争 所以了解侵略历史这件事 就是反对侵略战争本身 有必要让日本政府 人民都知道这点 我们认为 这样一来 才能实现真正的日中友好 以及日本和亚洲的友好

  【字幕】据11月9日中新网消息,日本右翼媒体人士樱井良子所在的历史事实委员会最近与39名日本国会议员一同在美国新泽西州当地报纸《Star Ledger》上刊登了题为“我们记得事实”的广告,继续否定和歪曲慰安妇问题。

  王淼 林士杰  中国新闻社  2012年11月
コメント

「海南“慰安妇”老人:等不到日本道歉死不瞑目」

2017年09月29日 | 日本軍隊性奴隷
http://www.chinanews.com/gn/2012/11-07/4309107.shtml
「中国新闻网」2012年11月7日 11:42 中新社海南保亭11月7日电 中新社记者 张茜翼 
■海南“慰安妇”老人:等不到日本道歉死不瞑目

【相片】87岁的海南省陈亚扁老人近日流着泪对前来访问的日本历史学者说:“如果生前没得到日本政府的道歉,我死了都闭不上眼睛。”中新社发 张茜翼 摄

  “当年那些欺负过我的日本鬼子,我永远都恨!”第22次到海南调查日本侵琼史的日本海南岛近代史研究会创始人佐藤正人探望86岁的海南“慰安妇”林亚金时,老人说话间充满愤恨。
  面对“慰安妇”的称呼,曾受日本侵略军迫害的女性受害者,心头永远充满着仇恨。在多次寻访中,令佐藤正人印象最深的是关于“慰安妇”的记录。
  在保亭黎族苗族自治县南林乡罗葵村,林亚金老人身着蓝色布衣,拄着拐杖,扶着墙,颤颤巍巍地在家门口的小路上走着。
  日本海南岛近现代史研究会的研究员、来自韩国的金静美、日本大阪产业大学经济学部教授齐藤日出治、日本女孩米田麻衣也一同前来探望“慰安妇”老人。
  2001年7月,“慰安妇”老人陈金玉与7名受害的黎族、苗族姐妹一起,于日本东京地方法院对日本政府提起诉讼,要求判令日本政府在中、日两国媒体上公开赔礼道歉,并赔偿每位原告2300万日元。2008年12月,陈金玉老人还远赴日本作证,希望打赢这场官司,讨回公道。然而,日本法院罔顾历史事实,先后两次驳回原告要求日本政府谢罪并给予赔偿的诉求。
  中国慰安妇问题研究中心调查员陈厚志不定期过来看望林亚金老人。他说,老人十分勤劳,很少闲下来,前几年还自己做饭洗衣,甚至还去田里割猪草。由于年事已高,她的身体每况愈下,腿部、腰部、颈部也经常发病,在大多数时间里,她很少外出走动。
  如今,林亚金老人居住在患有精神疾病的女儿家,女婿除了要照顾两个病人,还要耕种和照看田里农作物,因为那是他们唯一的生活来源。
  在陵水县本号镇祖关村,87岁的阿婆陈亚扁正在自家门口烧柴火做午餐——一锅已经煮了很多遍的西红柿汤。
  “现在生活好过么?”金静美拉着阿婆的手问道。
  “难过,不好过。我一辈子都忘不了日军的侮辱。怎么都不能放下,伤痛太深了。”陈亚扁说着,眼眶慢慢红了,“每天都会想起那个衣服还未穿好就跑下山躲避日军追捕的画面。”
  “官司输了,我不甘心。只要我没死,我就要继续讨回公道!”患有肺炎的老人说话时敲着脑袋,捂着胸口不停搓揉,痛得闭着眼睛唤着:“啊,痛啊。”
  均已年过八旬的“慰安妇”老人邓玉民、陈莲村、黄有良已经“不敢多想了”。
  记者看到87岁的邓玉民老人时,她正坐在椅子上静静地看着子孙们玩耍,不愿再多说。
  保亭县加茂镇的陈莲村阿婆当被佐藤问起是否能说说过去时,老人摇摇头,伤心地哭了。
  佐藤提前联系85岁的黄有良阿婆时,老人果断地回绝:“不见日本人!”
  陈厚志说,当年遭受日军侵害的慰安妇大多病痛缠身,老景凄凉。海南省如今只剩下10多位健在的被日军性侵犯的老人。当年状告日本政府的8名黎族、苗族“慰安妇”中,已有4人抱憾离世。
  “作为日本人,我为这段历史感到忏悔。”佐藤说,他在听到老人们当面的呵斥时,心中涌动的是对老人的同情。21世纪初,海南“慰安妇”林亚金到日本提起索赔诉讼,佐藤和会员们一起赶赴东京为林亚金声援,抗议日本政府,希望裁判所还她公道。
  记者随行探访了4位“慰安妇”老人,内心触动最大的,是陈亚扁老人流着泪说的那句“如果生前没得到日本政府的道歉,我死了都闭不上眼睛。”(完)
コメント

「老去的慰安妇:日本欠我一个公道」

2017年09月28日 | 日本軍隊性奴隷
http://www.chinanews.com/shipin/2012/11-21/news129446.shtml
「中新网视频」2012年11月21日 18:02  来源:中国新闻网《中新播报》
■老去的慰安妇:日本欠我一个公道  
简介:
  【口播】中新社记者20日从南京市白下区政府相关部门获悉,位于南京利济巷2号—18号的慰安所将得到立项保护,今后将建成慰安妇历史陈列馆。与此同时,日本学者近日发起了探访海南“慰安妇”的行程,中新社记者也加入到了这次抢救性的探访行动中。

  小标题:亚洲最大规模“慰安所”将建"历史陈列馆"

  【解说】《南京沦陷八年史》作者、全面系统研究南京慰安所问题第一人、南师大历史学教授经盛鸿表示,南京利济巷一带的慰安所,是二战期间日军在亚洲建立的最大规模、并且是目前保存最完整的慰安所。中新社记者20日来到慰安所遗址处时,这里破败不堪,所有窗户只剩下窗框,部分屋顶已坍塌,残留的屋顶瓦片四落。门和窗户被木板钉死,在上面用红色毛笔新写上了“遗址保护,禁止入内”字样。

  【同期】南京师范大学 历史学教授 经盛鸿

  它非常典型的表现慰安所的特征,一个一个的小房间,楼上楼下有几十个房间,每个房间不大,只能放一张榻榻米的日本式的床。

  【解说】据经盛鸿教授介绍,当时在利济巷一带共有3处慰安所,慰安妇数量超过200人,其中一处被拆除后改建为科巷菜场,当时主要关押中国妇女;利济巷2号,以朝鲜妇女为主;利济巷18号,则主要是日本妇女。

  目前利济巷慰安所旧址保护工程已经开始进行专家论证,2013年将完成设计方案,力争2014年建成开放。

  小标题:海南“慰安妇”:希望生前得到日本政府的道歉

  【口播】慰安所是日本侵华罪行抹不去的铁证,在经历坎坷命运之后得到保护总算让人有些欣慰,我们可以通过历史陈列馆让更多人了解铭记那段历史。而相关调查显示,至2012年10月底,二战期间在海南省被日军性侵犯的老人,在世的仅剩最后11人。在近年为讨还公道曾赴日出庭作证的8位海南老人中,如今在世的仅剩下4位。

  【解说】此次探访海南“慰安妇”的行程,是由22次到海南调查日本侵琼史的日本海南岛近代史研究会创始人佐藤正人连同他的会员发起的。

  据介绍,海南“慰安妇”多数生活在偏僻山区,常年伴随着各种不同的疾病伤痛,并且生活十分艰难。有的一生未能生育,日子过得孤苦伶仃。本世纪初,海南有8位“慰安妇”到日本提起索赔诉讼,而佐藤正人和他的会员们也一起赶赴东京为她们声援。这次在探访名单里的陈亚扁,就是这8位赴日申诉的“慰安妇"之一。这位患有肺炎的老人说话时经常敲着脑袋,并总是捂着胸口不停搓揉。

  【同期】(陈亚扁老人)(陈亚扁)她说她每一次打针 才能睡 如果没有打的就睡不了 她当时因为被日军强暴 她不是叫么 就被打 把头打坏了 现在她的头就老是痛

  【解说】从2001年7月16日到现在,海南岛“慰安妇”多年来多次在日本起诉日本政府,陈亚扁也曾多次到日本出庭作证,希望打赢官司,讨回公道。而每次的判决都如出一辙地被宣告败诉。每当想起这些不公正的审判时,老人总会一边流泪一边嚷嚷着说“如果生前没得到日本政府的道歉,我死了都闭不上眼睛。”

  【同期】(日本女孩 米田麻衣)作为一个日本人 应该做什么 我也要想一想 侵略别的国家都是错误 应该道歉 但是日本政府到现在一个都没有道歉 这样不行

  【口播】在这次探访中,陈亚扁、林亚金等老人告诉我们的记者一个同样的夙愿,就是希望有生之年能够得到日本政府的道歉。而这一位位曾是慰安妇的老人正逐渐离我们而去。就在10月中旬,山西太原就刚刚送走在世时曾是中国最年长慰安妇的老人尹玉林。而就在最近,日本历史事实委员会与39名日本国会议员在美国新泽西州当地报纸上刊登广告,继续否定和歪曲慰安妇问题。我们希望日本能够正视历史和事实,深刻反省自己所犯下的错误,让这些老人能得偿所愿地走向人生的终点。
コメント

「消えた名簿  長崎 被爆徴用工」

2017年09月28日 | 国民国家日本の侵略犯罪
https://mainichi.jp/articles/20170922/ddp/041/040/031000c
『毎日新聞』2017年9月22日 西部朝刊
■消えた名簿  長崎 被爆徴用工/上  被爆の証し、葬った日本 95歳韓国人「もう時間ない」
 「本当に悔しい」。韓国・ソウルの南約70キロの安城市にある老人ホーム。戦時中、長崎市の三菱重工長崎造船所に徴用された韓国人の李寛模(イグァンモ)さん(95)は今月15日、支援者から渡された1枚の紙に目を通し、体を震わせた。長崎地方法務局が今年7月、同造船所に徴用されるなどして被爆したとみられる朝鮮半島出身者約3400人の名簿を「廃棄した」と認めた証明書だ。
 李さんは2014年、徴用された長崎で被爆したとして被爆者健康手帳の交付を長崎市に申請したが、「被爆したことを確認できる資料がない」などとして却下された。法務局が「廃棄」した名簿は、同造船所が朝鮮半島出身者への未払い賃金などを1948年に法務局に供託した際に作成された。広島市は15年、広島法務局が保管する供託名簿を基に元徴用工に手帳を交付しており、李さんも名簿に名前があれば被爆したことを証明する証拠になるはずだった。
 李さんは44年夏に朝鮮半島の黄海道(現在は北朝鮮)から徴用された。長崎造船所では、鋼板の接合部に熱した鋲(びょう)を打つ「カシメ」と呼ばれる作業に従事した。当時収容された「キバチリョウ(木鉢寮)」という宿舎名や、毎朝出勤時に工場の門で裏返した札に書かれた自らの番号「サンマンロクセンキュウヒャクジュウニバン(3万6912番)」を日本語で覚えている。
 45年8月9日、爆心地から約5・5キロ離れた木鉢寮で真っ赤な光と爆風に見舞われ、窓ガラスが割れた。数日後、救護活動を命じられて灰の山と化した爆心地近くに入った。終戦後、帰国するために乗った木造船は暴風雨で故障し、4日間漂流したという。
 戦後、日本の被爆者援護のことなど知らず、05年に強制動員被害の調査に訪れた韓国政府機関から教えてもらい、14年に手帳交付を申請した。日本政府は手帳申請者に被爆を証明する公的書類や証人を探すよう求めているが、被爆後の70年余を朝鮮半島で生きた李さんには高すぎるハードルだった。長崎市の調査に李さんは造船所での番号など覚えている限りの記憶を述べたが、市は信用しなかった。
 李さんは昨年12月、別の元徴用工2人に続き手帳交付を求める訴訟を長崎地裁に起こした。長崎地方法務局の名簿廃棄は、被爆の「証拠」を示すよう求めてきた国自身がそれを闇に葬り去っていたことを意味する。「私にはあまり時間はない。なんでこんな野蛮なことをするんだ。先進国がすることか」。薄暗い老人ホームの部屋に、李さんの無念の叫びが響いた。

     ◇

 8月8日付毎日新聞の報道で、長崎地方法務局による名簿廃棄が明らかになった。韓国の元徴用工らを訪ね、問題の影響や背景を取材した。
   【このブログの8月23日の「日本、被爆朝鮮人徴用者名簿をこっそり廃棄」をみてください】
   http://blog.goo.ne.jp/kisyuhankukhainan/e/12797e241c7305ff33ace39be9d04838

■ことば 名簿廃棄問題
 旧労働省の資料などによると、三菱重工長崎造船所は1948年6月、朝鮮半島出身者約3400人分の未払いの給料など85万9770円78銭を長崎地方法務局に供託した。この供託について問い合わせた市民団体に対し、同法務局は今年7月、時効(10年)を理由として59年に供託金を国庫に納付し、供託の際に作成された名簿も70年8月末に廃棄されたとの証明書を発行した。しかし、戦後処理が未解決であることを踏まえ、法務省は58年、朝鮮半島出身者への未払い金は10年が過ぎても国庫に納付せず、既に納付した場合も書類を保存するよう通達している。


https://mainichi.jp/articles/20170923/ddp/041/040/031000c
『毎日新聞』2017年9月23日 西部朝刊
■消えた名簿 長崎 被爆徴用工/中  国・企業、責任逃れ
 朝鮮半島出身の元徴用工が長崎で被爆したことを証明するための重要な証拠となる三菱重工長崎造船所(長崎市)の供託名簿を、長崎地方法務局はなぜ廃棄したのか。
 法務局や法務省の説明はこうだ。法務局に現存する資料から、1948年6月2日に供託された3418人分の未払い金85万9770円78銭に関する書類を廃棄したという事実は認めるが、その供託が朝鮮半島出身者に関するものだったかどうかは書類が廃棄されてしまったので分からない--。
 だが実は、廃棄された供託書類が朝鮮半島出身者のものであることを示す公文書が国立公文書館つくば分館(茨城県つくば市)に保管されている。「朝鮮人に対する賃金未払債務調」。全国の事業所ごとに、朝鮮半島出身者への未払い金がいくらあるのかを旧労働省が調査し、53年に作成した報告書だ。
 東京の国立公文書館で黄ばんだファイルをめくると、「三菱重工長崎造船所」の欄があり、朝鮮半島出身者3406人分の未払いの給料などとして48年6月2日に85万9770円78銭が供託された、とあった。長崎地方法務局が廃棄したものと供託の日付と金額が一致し、人数もほぼ同じだ。
 資料を廃棄したとする「証明書」を法務局から受け取り、公文書館で旧労働省報告書も掘り起こした市民団体「強制動員真相究明ネットワーク」の小林久公(ひさとも)事務局次長(75)は「資料を照合すれば、廃棄したのは朝鮮半島出身者のものであることは明白だ。言い逃れはできない」と批判する。
 廃棄されたのが朝鮮半島出身者の供託書類ならば、法務局の行為は法務省の通達にも違反する。同省は58年、戦後処理が未解決であることを踏まえ、朝鮮半島出身者への未払い金については時効(10年)によって国庫に納付しないよう求め、既に納付した場合も書類を保存するよう通達していた。ところが、長崎地方法務局は翌59年、時効を理由に供託金を国庫に納め、名簿も70年に廃棄したとする。
 毎日新聞は法務省に対し、旧労働省報告書の存在を伝えたうえで改めて見解を求めたが、同省は「廃棄した書類が朝鮮半島出身者に関するものかどうか分からない」とする従来の見解は「変わらない」と答えた。
 供託名簿などの重要書類は供託の当事者である企業も保管しているはずだ。しかし、三菱重工広報部は取材に「確認のしようがなく、コメントできない」と回答した。3000人を超す被爆者の存在を示す資料が消えた責任を、国も企業も負おうとはしない。


https://mainichi.jp/articles/20170924/ddp/041/040/022000c
『毎日新聞』2017年9月24日 西部朝刊
■消えた名簿 長崎 被爆徴用工/下  究明、行政も一緒に
 韓国南部、南海島の海に面した一軒家。戦時中に三菱重工長崎造船所(長崎市)に徴用されていた朝鮮半島出身者の名簿を長崎地方法務局が廃棄していたことについて、今月16日、支援者から説明を受けた元徴用工の裵漢燮(ペハンソプ)さん(91)は「何でこんなことをしたんだ」と嘆いた。
 裵さんは10代半ばで、南海島から姉を頼って八幡市元城町(現北九州市)に渡り、1944年に長崎造船所に徴用された。45年8月9日、夜勤明けで寮の敷地内にある食堂に向かっていた時に被爆。がれきが腰に当たり、けがをしたという。今も一時生活した「キバチリョウ(木鉢寮)」という宿舎名や、長崎市沖にあった「カワナミ(川南)」という造船所名を覚えている。
 裵さんは2015年、長崎市に被爆者健康手帳の交付を申請したが、市は「徴用されていた記録がない」などとして却下。昨年9月、手帳交付を求めて長崎地裁に提訴した。裵さんら元徴用工の90代の原告3人は、法務局が名簿廃棄を認めた証明書を証拠として提出し「被爆者と証明することを国が妨害したことが明らかになった以上、証言を重視して手帳を交付すべきだ」と訴えている。
 訴訟の最大の争点は「長崎造船所に徴用され、被爆した」という裵さんらの証言を信用するか否かだ。市側は「本人の申述などを総合的に判断し審査を尽くしている」と主張。しかし、裵さんらはいずれも詳細に体験を証言したにもかかわらず申請が却下されており、3人を支援する「在外被爆者支援連絡会」の平野伸人共同代表は「長崎市は基本的に『証言だけでは認めない』という姿勢で、問題だ」と批判する。
 一方、3人は証言を基に韓国政府機関から、戦時中の日本による強制動員被害者として認定されている。近現代日本社会経済史の研究者で同機関で審査担当課長を務めた許光茂(ホグァンム)さん(53)は「『キバチ』や『カワナミ』などの読み方は、実際に長崎に行った人しか分からない。丁寧に証言を聞き、その人にしか分からない事実が含まれ全体として一貫性があれば、明確に否定する証拠を行政側が持たない限り積極的に認めるべきだ」と指摘する。
 許さんによると、04年に調査を始めた韓国政府機関も当初は文書記録重視だったが、資料が入手困難な状況を踏まえ、証言重視に転換した。許さんは「日本の行政も申請者が証拠を出すのをただ待つのではなく、名簿廃棄問題を機に、申請者と一緒に被害を確認するという姿勢に変わるべきではないか」と提言した。
                             (この連載は樋口岳大が担当しました)
コメント

「日本植民地時代の強制動員犠牲者を追悼する合同慰霊祭開催」

2017年09月27日 | 国民国家日本の侵略犯罪
http://japanese.yonhapnews.co.kr/headline/2017/09/22/0200000000AJP20170922003700882.HTML
「聯合ニュース」2017/09/22 18:41
■日本植民地時代の強制動員犠牲者を追悼する合同慰霊祭開催=韓国
【釜山聯合ニュース】日本による植民地時代の強制動員の犠牲者を追悼する全国合同慰霊祭が22日、韓国・釜山の国立日帝強制動員歴史館で開かれた。

【写真】合同慰霊祭で焼香する金富謙長官=22日、釜山(聯合ニュース)

 合同慰霊祭は行政安全部傘下の日帝強制動員被害者支援財団が主催したもので、同部の金富謙(キム・ブギョム)長官や与党「共に民主党」の朴在昊(パク・ジェホ)国会議員、保守系野党の自由韓国党の金正薫(キム・ジョンフン)国会議員のほか強制徴用被害者の遺族ら約500人が出席した。
 財団側は今回の合同慰霊祭を機に強制徴用被害者とその遺族に対する支援事業を拡大する計画だ。 
 金長官は「文在寅(ムン・ジェイン)政権は正義を基盤とし、国らしい国を作るため、過去の歴史の問題を最優先し、国民の目線で解決しようとしている」とし、「日帝強制動員被害者支援財団と共に遺族支援事業を中身のあるものとなるよう推進し、強制徴用の被害に対する政府レベルでの真相調査や研究も持続的に実施していく」と述べた。
 同財団の金龍鳳(キム・ヨンボン)理事長は「新政府発足後、遺族支援に対する被害者遺族の要求事項が次第に増えている。高齢である遺族たちの境遇を考慮し、『財団特別法』を早急に成立させ、遺族支援事業を拡大するため最善を尽くす」と話した。
      yugiri@yna.co.kr


http://japan.hani.co.kr/arti/politics/24878.html
「The Hankyoreh」登録 : 2016.08.12 00:26 修正 : 2016.08.12 08:28
■「お父さん」と叫び涙ぐむ遺族…釜山で強制動員犠牲者の全国合同慰霊祭
 釜山・日帝強制動員歴史館で遺族など約500人が参加 
 「お父さん」と叫びながら涙ぐむ遺族たち 
 サルプリ(厄払い)公演や追悼塔の除幕式も

【写真】日帝強制占領期の強制動員犠牲者遺族が全国合同慰霊祭を行った=日帝強制動員歴史館提供//ハンギョレ新聞社

 日本帝国主義の強制占領期に国外の炭鉱などへ強制連行され亡くなった犠牲者を悼む全国合同慰霊祭が釜山で開かれた。植民地時代の強制動員の犠牲者を悼む追悼祭はこれまで何度か開かれたが、全国の犠牲者遺族が参加した合同慰霊祭は初めて。
 行政自治部傘下の日帝強制動員被害者支援財団は11日、釜山市南区大淵(デヨン)洞の国連記念公園に近い日帝強制動員歴史館の7階の屋上で、強制動員被害者と遺族など約500人が参加した中、日帝強制動員犠牲者全国合同慰霊祭を開いた。慰霊祭はアモール合唱団の「故郷の思い」など合唱で始まった。さらに李梅芳(イメバン)舞踊保全会会長のキム・ミョンジャ氏(重要無形文化財97号)のサルプリ(厄払いの民俗舞踊)公演後、日帝強制動員の犠牲者を記憶し慰霊する追悼塔の除幕式が行われた。追悼塔は高さ8メートルの石でできた2つの柱の上層部にアルミニウムなどで作られた5羽の鳥が羽ばたいている形だ。参加者たちは海軍軍楽隊が演奏するなかで黙祷し、仏教、キリスト教、カトリックの追悼儀式に従って故人の冥福を祈った。

【写真】日帝強占期の強制動員犠牲者遺族が合同慰霊祭で涙をこらえている=日帝強制動員歴史館提供//ハンギョレ新聞社

 イ・ジュソン遺族代表は「約70年前、亡国の恨(ハン)を抱き住みなれた山河を後にして離れたここ釜山で、声をあげ父を呼びます」と述べ、「お父さん!」と叫んだ。その声に続き約500人の遺族たちも一緒に「お父さん」と叫んだ。瞬間、粛然とした雰囲気が会場を包んだ。出席者たちは焼香や献花をした後、4階に移動し、日帝の強制動員を告発する特別漫画展を観覧した。
 キム・ソンリョル行政自治部次官は追悼の辞で「日帝強制動員に対する政府レベルの真相調査と研究を継続して推め、真相を国際的に知らせる努力を惜しまない」と述べた。日帝強制動員被害者支援財団のキム・ヨンボン理事長は追悼の辞で「親に早く死なれ、世代をまたいで貧困の苦労を負った強制動員犠牲者遺族を支援するため、請求権資金の利益を受ける企業から基金を集める事業を引き続き推進する」と述べた。

【写真】日帝強制動員歴史館7階の屋上で日本に強制動員され亡くなった犠牲者を慰霊する追悼塔の除幕式を行う=日帝強制動員歴史館提供//ハンギョレ新聞社

 日帝強制動員被害者は約23万人と推定され、日本、サハリン、東南アジアなどで息を引き取り故国に帰国できなかった犠牲者は約2万人、負傷者は約3万3千人に上る。国務総理室所属の「対日抗争期の強制動員被害調査および国外強制動員犠牲者支援委員会」は昨年12月、国内唯一の日帝強制動員歴史館を開館した。歴史館は7万5465平方メートルの敷地に506億ウォン(約47億円)をかけて造った7階建ての建物だ。強制動員の関連文書や名簿、写真など354点と展示パネル452点、映像43点、模型展示12点などがある。

釜山/キム・グァンス記者
韓国語原文入力:2016-08-11 21:37
http://www.hani.co.kr/arti/society/area/756224.html
コメント

「釜山日本総領事館前に徴用労働者像を 韓国団体が運動開始 」

2017年09月26日 | 国民国家日本の侵略犯罪
http://japanese.yonhapnews.co.kr/society/2017/09/18/0800000000AJP20170918001900882.HTML
「聯合ニュース」2017/09/18 14:47
■釜山日本総領事館前に徴用労働者像を 韓国団体が運動開始
【釜山聯合ニュース】韓国労働組合の二大中央組織の一つ、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の釜山地域本部は18日、釜山の日本総領事館前で記者会見を開き、日本による植民地時代に強制徴用された労働者に対する日本政府の公式謝罪と賠償を求めるとともに、労働者を象徴する像を総領事館前に設置するための運動を始めた。

【写真】少女像のそばに設置された労働者像のレプリカ=18日、釜山(聯合ニュース)

 民主労総は「70年以上あまり知られていなかった強制徴用問題を今からでも伝え、歴史を正すという側面から日本政府の公式謝罪と賠償を受けたい」と表明。9歳だった1939年に父親と共に端島炭坑(軍艦島、長崎市)に強制徴用されたク・ヨンチョルさんは「大勢の強制徴用者が大豆油を搾り取った後に残ったかすを食べながら毎日長時間、炭鉱で悲惨に働き、暴行を受けた」と振り返った。
 民主労総は労働者像設置のための特別委員会を構成し、募金と署名運動を展開する方針だ。
 18日から100日間、総領事館前に建てられている旧日本軍の慰安婦被害者を象徴する「平和の少女像」のそばに労働者像のレプリカを設置して「1人デモ」を行い、少女像が設置されてから1年となる12月28日に労働者像設立宣言大会を、来年のメーデー(5月1日)に像の除幕式を行う計画だ。
 民主労総は少女像そばへの労働者像設置を強行する方針を示しており、管轄自治体との対立が予想される。
 民主労総は昨年8月、植民地時代に約3000人が強制徴用された京都市の旧丹波マンガン鉱山付近に労働者像を建て、今年8月にはソウル市の竜山駅と仁川市の富平公園にそれぞれ労働者像を設置した。
        kimchiboxs@yna.co.kr

https://www.jiji.com/jc/article?k=2017091800468&g=soc
「時事ドットコムニュース」2017/09/18-16:39
■徴用工像、来年5月に設置計画=釜山の日本総領事館前-韓国労組

【写真】18日、韓国・釜山の日本総領事館前で、慰安婦を象徴する少女像(左)と並ぶ徴用工像の模型(全国民主労働組合総連盟提供)

【ソウル時事】韓国労働組合の全国民主労働組合総連盟(民主労総)の釜山本部は18日、釜山で記者会見し、来年5月1日に釜山の日本総領事館前に、太平洋戦争中に朝鮮半島から徴用された労働者を象徴する像を設置する計画を発表した。同館前には昨年末、慰安婦問題を象徴する少女像が設置され、日韓関係が悪化しており、新たな火種となりそうだ。
 日本総領事館前で開いた記者会見で民主労総関係者は「釜山の全労働者や市民たちが痛ましい歴史(の象徴)をこの場所に建てる」と語った。少女像の横に徴用工像を設置する計画で、今後、費用の募金活動や署名運動などを行っていく。


http://www3.nhk.or.jp/news/html/20170918/k10011146061000.html
「NHK NEWSWEB」2017年9月18日 15時18分
■韓国 日本総領事館前に徴用工の像を設置する計画
 太平洋戦争中に日本の工場で働かされたとする韓国の元徴用工の問題をめぐって、日本政府に謝罪と賠償を求めるためだとして、労働団体が、南部プサンの日本総領事館の前に徴用工を象徴する像を設置する計画が明らかになり、日韓の新たな懸案になりそうです。
 韓国の主な労働組合の全国団体の1つ「民主労総」は、18日、プサン(釜山)にある日本総領事館の前で集会を開き、慰安婦問題を象徴する少女像の隣に、徴用工を象徴する像を設置すると明らかにしました。
 あいさつに立った幹部は「徴用工の問題は、被害者の数や過酷さに比べて慰安婦問題よりも関心を持たれてこなかった。問題を広く知らせるとともに、日本政府に謝罪と賠償を求める」と主張しました。
 団体では、募金活動で資金を集め、来年5月1日のメーデーに合わせて像を設置するとしています。
 太平洋戦争中に日本の工場で働かされたとする韓国の元徴用工の問題について、日本政府は、1965年の日韓請求権・経済協力協定によって、「完全かつ最終的に解決済みだ」という立場ですが、韓国では日本企業を相手取った訴訟が多く起こされています。この団体は、先月、首都ソウルにも徴用工を象徴する像を設置していて、今後の日韓の新たな懸案になりそうです。


http://www.asahi.com/articles/ASK9L3Q6KK9LUHBI00N.html
「朝日新聞デジタル」2017年9月19日05時44分
■釜山の日本総領事館前に徴用工像 韓国の市民団体が計画

【写真】18日午前、釜山の日本総領事館前で開かれた徴用工像の設置を訴える集会で公開された徴用工像の模型(右)=全国民主労組総連盟(民主労総)釜山地域本部提供

 韓国の全国民主労組総連盟(民主労総)などが主導する市民団体は18日、釜山の日本総領事館前で集会を開き、日本統治時代に朝鮮半島から徴用された労働者を象徴する像を、来年5月1日のメーデーに合わせて同領事館前に設置すると発表した。
 市民団体は18日から、像設置をアピールする1人での示威行動を交代で100日間、総領事館前で実施する。釜山市民を対象にした像設置のための募金活動も始めるという。日本政府は「外交関係に関するウィーン条約の規定に反する」として、韓国政府に適切な対応をとるよう求めている。
 総領事館前の道路の管理者である釜山市東区は昨年12月、慰安婦問題を象徴する少女像の設置に反対していたが、最終的に黙認した。同区関係者によれば、市民団体側から18日時点で設置の問い合わせはないという。関係者は「我々は賛成や反対を決める立場にない。政府がやるべき問題だ」と語った。

 民主労総は進歩系の代表的団体…  残り:158文字/全文:545文字
   ソウル=牧野愛博


https://www.nikkei.com/article/DGXLASDE18H08_Y7A910C1PE8000/
「日本経済新聞」2017/9/18 18:38
■釜山の日本総領事館前に徴用工像設置計画 韓国労組
【ソウル=峯岸博】韓国の労組の中央組織、全国民主労働組合総連盟(民主労総)の釜山地域本部は18日の記者会見で、日本の植民地支配下で日本企業に徴用された朝鮮半島出身の労働者像を、来年5月1日に釜山の日本総領事館前に設置する計画を発表した。
 同時期に北朝鮮の首都平壌にも徴用工像を建設する案で北朝鮮の団体と合意しているという。
 民主労総などは今年8月にソウルの竜山駅前や仁川の公園に徴用工像を設置した。ソウルの日本大使館前にも別の団体が設置を計画している。
 釜山の総領事館前にはすでに市民団体が昨年末に従軍慰安婦を象徴する少女像を設置し、それに反発した日本政府が駐韓大使を一時帰国させるなどした経緯がある。
 聯合ニュースによると、総領事館前の道路を管轄する釜山市東区は「(世論を考慮すれば)設置に反対するのも、法律を無視して認めることもできない」と指摘し「労組側の話を聞いたうえで代案を模索したい」としている。
コメント

「サンフランシスコに慰安婦像 米大都市で初めて」

2017年09月25日 | 日本軍隊性奴隷
http://world.kbs.co.kr/japanese/news/news_In_detail.htm?No=65203
「KBS WORLD Radio」2017-09-23 13:45:46
■サンフランシスコに慰安婦像 米大都市で初めて
 アメリカ・カリフォルニア州サンフランシスコ市に、慰安婦像が建てられました。
サンフランシスコ市の中華街にあるセント・メリーズ公園の展示スペースで、現地時間の22日、旧日本軍慰安婦を象徴する像の除幕式が行われました。アメリカの大都市で慰安婦像が設置されたのは、これが初めてです。
 慰安婦像は、一昨年、サンフランシスコ市議会で設置を求める決議案が全会一致で可決されてから、中国系アメリカ人らが結成した「慰安婦正義連合」が主導し韓国系団体も協力する形で設置の準備が進められてきました。
 像は、背中合わせに立った女性3人が手をつないでいるデザインで、中国、韓国、フィリピンの慰安婦をイメージして制作されたということです。
 除幕式にはサンフランシスコ駐在中国総領事、韓国からの元慰安婦、決議案を主導した日系のマイク・ホンダ前下院議員らが出席しました。


http://japanese.cri.cn/2021/2017/09/25/162s265503.htm
「CRI(China Radio International)」2017-09-25 11:15:52
■サンフランシスコで慰安婦像の除幕式を実施
 米・サンフランシスコにある聖マリア広場で22日、外国系の市民団体である「慰安婦正義連盟」が、慰安婦の像の除幕式を行いました。米国の主要都市で慰安婦の像が設置されるのは、今回が初めてです。
 設置された像は、初めて自らの経験を公開した韓国人の元慰安婦・金学順(キム・ハクスン)をモデルにしたものと、中国、韓国、フィリピンの3人の慰安婦少女が手をつないでいるもので、大きさはいずれも等身大となっています。
 除幕式で、「慰安婦正義連盟」の会長を務めるサンフランシスコ高等裁判所の郭麗蓮元裁判官が、慰安婦像の意義を強調しました。「日本は撤去を望むだろうが、われわれは逆にさらに設置したい。日本にはA級戦犯を祭る靖国神社があり、政治関係者が毎年参拝している。われわれは慰安婦を記憶に残していく」と述べました。
 除幕式には、韓国人の元慰安婦である李容洙(イ・ヨンス)さんなど、外国系の市民300人余りが参加しました。多くの人が挨拶に立ち、像の設置に対して支持し、平和や正義を呼びかけています。 (Mou)


http://www.chinanews.com/gj/2017/09-23/8338489.shtml
「中国新闻网」2017-09-23 17:36:04  中新网记者刘丹  中新网旧金山9月22日电
■美国旧金山市慰安妇雕像揭幕 89岁慰安妇幸存者到场
  22日下午,美国旧金山圣玛丽广场,身穿韩国民族服装、89岁的慰安妇幸存者李荣洙(Yong-soo Lee)轻抚着刚揭幕的青铜雕像慰安妇少女的裸足,喃喃自语,眼泪滑下她的面庞。

【相片】旧金山高等法院华裔退休法官、慰安妇正义联盟共同主席郭丽莲(左)、邓孟诗(右)。 刘丹 摄

  陪伴她两侧的是旧金山高等法院华裔退休法官、慰安妇正义联盟共同主席郭丽莲、邓孟诗。她们都穿着黑色T恤,胸前印有象征慰安妇的黄色蝴蝶。

【相片】中国驻旧金山总领事罗林泉致辞。 刘丹 摄

  青铜立柱上的3名少女手挽手、背靠背站立,眺望远方。她们分别代表1931年至1945年间数十万被日本军队强征为性奴、并蔑称为“慰安妇”的中国、韩国和菲律宾女性。
  雕像另一侧,一名老妇仰望凝视着少女们,目光温和慈爱。
  李荣洙将一支黄玫瑰和一支白菊花轻插在老妇手腕,依偎着老妇的手臂,露出欣慰的笑容,笑眼带泪。

【相片】89岁的韩国慰安妇幸存者李荣洙(Yong-soo Lee )(左)。 刘丹 摄
  
  两年前的9月22日,同样身穿韩国民族服装的李荣洙从韩国赶来出席旧金山市议会听证会,以慰安妇幸存者的身份揭露日军暴行。当天,市议会一致通过华裔市议员马兆光的提案,在市内一处公共场地设立一座慰安妇纪念物。
  两年后的9月22日,圣玛丽广场,慰安妇雕像揭幕仪式隆重举行,李荣洙再次从韩国赶来。这也是美国主要大城市的第一座慰安妇雕像,旧金山市政府将22日命名为“旧金山慰安妇日”。
  会场一侧列放着十余个黄色、白色鲜花扎成的花环,花环旁的三段碑文用中文、英文、韩文、日文和他加禄文(菲律宾)书写。

【相片】花环。 刘丹 摄

  “我们最大的恐惧,是我们在二战时期的悲惨经历被世人遗忘”——前“慰安妇”。

  “雕塑为纪念彼等妇女而立,并以此促进全球根绝性暴力及性人口贩卖活动。”
  中国驻旧金山总领事罗林泉、前美国国会众议员本田、加州前参议员里诺、州众议员丁右立、邱信福、朱感生、旧金山前市议员马兆光、议员李丽嫦、雕像设计师斯蒂芬?怀特等,以及约500名亚裔社区各界人士出席并见证了这一历史时刻。
  罗林泉感谢旧金山湾区中国统一促进会、世界抗日战争史实维护联合会以及多个族裔的团体和个人为雕像的顺利完成出钱出力。
  他在致辞中说,“强征慰安妇是日本军国主义分子对包括中国、韩国在内的多个受害国人民犯下的反人类罪行,至今对受害者及其亲属的身心造成伤害。这段历史铁证如山,不容抵赖。”
  他希望人们“携起手来,铭记历史,珍惜和平,共同捍卫人类尊严。”

【相片】揭幕会场。 刘丹 摄

  慰安妇正义联盟共同主席邓孟诗告诉中新网记者,过去两年,联盟不遗余力推动慰安妇纪念碑进程,曾受到来自日本政府、日本驻旧金山总领事馆及部分极端团体和个人的竭力反对和阻挠。“但我们同时也得到来自韩裔、日裔、荷兰裔、非裔、犹太裔和白人团体与个人的大力支持与协助。今天我特别感慨和激动。”她说。
  “两年的时间对我来说很短,但对于数量极其有限幸存于世上的慰安妇来说,实在是太漫长了。”郭丽莲对中新网记者说,“历史不容忘记,日本政府需要真诚道歉,我们的工作还没有结束。”
  人群中不乏年轻人的身影,14岁的中学生林霄艺曾是慰安妇少女雕像的模特之一。她告诉记者,从父母和书本里了解了慰安妇的故事,“非常震惊,非常难过,无法接受。”


http://www.chinanews.com/shipin/2017/09-23/news733673.shtml
「中新网视频」2017年09月23日 14:20  来源:上海东方高清
■“慰安妇”纪念雕像在美国旧金山揭幕


http://www.cncnews.cn/new/detail/92091.jhtml
「中国新华新闻电视网」2017-09-25  新华社记者马丹、报道员谢为人美国旧金山报道
■慰安妇纪念像在美国旧金山揭幕
  美国旧金山湾区多族裔民间社团“慰安妇正义联盟”当地时间22日在旧金山市圣玛丽广场揭幕一组慰安妇纪念像,纪念在第二次世界大战期间被迫为日本军队提供性服务的各国慰安妇。这是第一个在美国主要大城市树立的慰安妇纪念物。
  这组纪念像包括一尊以最早打破沉默、公开讲述个人经历的韩国慰安妇金学顺为原型的塑像和一尊显示中国、韩国和菲律宾三名少女手拉手的塑像。“慰安妇正义联盟”联合主席、旧金山高等法院退休法官邓孟诗在揭幕仪式上说,这组真人大小的塑像象征着对和平、正义的追求。
  美国各地已树立了一些慰安妇纪念物,但旧金山慰安妇纪念像是第一个设在美国主要大城市的慰安妇纪念物。
  来自韩国的89岁慰安妇幸存者李容洙以及本地各界各族裔人士300余人参加了揭幕仪式。许多人慷慨致辞,表达对树立慰安妇纪念像的支持和呼唤和平、正义的心声。
  中国驻旧金山总领事罗林泉也出席了揭幕仪式。他发表讲话指出,强征慰安妇是第二次世界大战期间日本军国主义分子对中国、韩国等在内的多个受害国人民犯下的严重反人类罪行,至今仍对受害者及其亲身的身心造成严重伤害。
       

http://www.news24.jp/articles/2017/09/23/10373398.html
「日テレNEWS24」2017年9月23日 23:06
■サンフランシスコに慰安婦像 米大都市で初
 アメリカ・サンフランシスコで慰安婦を象徴する像が新たに設置された。アメリカの大都市での設置は初めて。
 22日、サンフランシスコの公園で、設置された慰安婦像の除幕式が行われた。像は、中国と韓国、フィリピンの少女が手を取り合い背中合わせに立っているデザイン。
 アメリカでの慰安婦像の設置は、これまでロサンゼルス近郊や南部ジョージア州などであったが、大都市での設置は初めて。
 サンフランシスコでは、中国系や韓国系のグループが推し進めてきたが、今後は市に寄贈される予定。
 サンフランシスコの日本総領事館は、「一方的な解釈を永続させているように見える」とする抗議文を発表している。


http://www.sankei.com/world/news/170923/wor1709230014-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170923/wor1709230014-n2.html
「産経ニュース」2017.9.23 11:08
■サンフランシスコに慰安婦像、米大都市で初 除幕式に中国総領事、マイク・ホンダ前議員ら出席
【写真】セント・メリーズ公園展示スペースに設置された慰安婦像=22日、米カリフォルニア州サンフランシスコ(中村将撮影)

【サンフランシスコ=中村将】米カリフォルニア州サンフランシスコ市の中華街にあるセント・メリーズ公園の展示スペースで22日、慰安婦像の除幕式が行われた。米国の大都市での像設置は初。関係者によると、展示スペースは市に寄贈されることが決まっており、米公有地での3例目の設置となる可能性がある。
 像は中国系米国人らにより結成された「慰安婦正義連合」(CWJC)が主導し、韓国系団体なども協力する形で設置された。除幕式には駐サンフランシスコ中国総領事や韓国から訪米した元慰安婦、米連邦下院で慰安婦問題での日本非難決議を主導したマイク・ホンダ前議員らが参加した。
 像は韓国・ソウルの日本大使館前などに設置されている、いわゆる「少女像」とは違って、背中合わせに立った女性3人が手をつないでいるデザイン。中国、韓国、フィリピンの慰安婦をイメージして製作されたという。
 サンフランシスコ市が承認した、像を説明する碑文には、慰安婦を「性奴隷」と明記し、「日本軍に性奴隷にされた数十万人の女性や少女の苦しみの証拠」などと説明されている。日本政府は国連などの場で「性奴隷」との表現は「不適切」と指摘している。
 22日は同市議会が像設置を促す決議を採択してからちょうど2年目にあたり、今月19日の市議会では22日を「慰安婦の日」とする決議案を全会一致で採択。像設置を推進した中韓の団体は2015年12月の慰安婦問題に関する最終的かつ不可逆的な解決をうたった日韓合意の無効化を訴えており、像設置によって、反日行動が一層活発化する懸念がある。
 米公有地の慰安婦像は、同州グレンデール市とジョージア州ブルックヘブン市の公園に設置されている。


http://japan.hani.co.kr/arti/politics/28537.html
「The Hankyoreh」登録 : 2017.09.22 04:02 修正 : 2017.09.22 08:52
■[インタビュー]「イ・ヨンスさんの『慰安婦証言』に米国人も心を打たれました」

【写真】米国カリフォルニア州韓米フォーラムのキム・ヒョンジョン局長=キム・ヒョンジョン局長提供//ハンギョレ新聞社

 22日(現地時間)、米国サンフランシスコの中心部であるセントメリススクエアパークで、慰安婦問題を象徴する少女像と碑文の除幕式が行われる。米国内で7番目の記念碑であり、大都市に建てられる初の少女像だ。慰安婦被害者ハルモニ(おばあさん)のイ・ヨンスさんやマイク・ホンダ元議員らが出席するこの行事を、誰よりも心待ちにしていた人がいる。カリフォルニア州韓米フォーラム(KAFC)のキム・ヒョンジョン事務局長(48)だ。
 少女像の建立は中国系米国人判事であるリリアン・シンとジュリー・タンが共同議長を務めている、20の多人種連合団体「慰安婦正義連帯」(CWJC)が主導した。キム局長は、同団体の執行委員として、戦略とメディア広報を担当している。ロサンゼルス郡北部のグレンデール市に住んでいる彼女は、19日の除幕式の準備のため滞在しているサンフランシスコで電話インタビューに応じた。

 「2015年9月、少女像の建立決議案がサンフランシスコ市議会で可決されてから、これまでサンフランシスコに30回ぐらいは来たと思います」。中国系が主導する慰安婦正義連帯は、決議案が通過する1カ月前に結成された。韓国系の彼女がどうやって同団体の“核心ブレーン”になったのだろうか。「多くの団体が少女像を建てるために集まったが、所属団体にはそれぞれ他の活動がありました。慰安婦の活動だけを専門とする団体はカリフォルニア州韓米フォーラムが唯一でした」。
 10年間を慰安婦のために闘いながら蓄積した経験はサンフランシスコでも生かされた。彼女は2年前の「少女像決議案」が可決された当時を振り返った。日本政府が水面下で反対ロビーを支援しており、決議案が可決されるかどうか確信できない状況だった。この時、彼女の提案で急きょ韓国からイ・ヨンスさんを連れてくることになった。「イさんの聴聞会証言が(決議案の可決の)決定打となりました」。
 その証言以降、市議会は満場一致で決議案を可決した。「ある聴聞委員は、ハルモニを侮辱する日系の証人に向かって3回も『恥を知れ』と怒鳴りました」。彼女は「開放的と言われる米国社会でも、性暴行の通報率は10%程度に過ぎません。このような状況で、年老いたハルモニが自分の苦しみを差し置き、惨憺たる経験を振り返る姿を見て、(米国人たちも)完全に心を打たれました。慰安婦被害女性が40万人だと語るだけでは、あまり実感が沸きません。ハルモニたちが水曜集会闘争を行って米国で証言する姿を見て、(米国内の世論が)大きく変わったのです」。

 22日、サンフランシスコで「少女像」除幕  
 米国内で7番目・大都市では初めて  
 20の人種連合団体「慰安婦正義連帯」が主導 
 
2015年、市議会で「少女像決議案」可決  
日系の激しいロビー攻勢に対抗する際  
「10年間に渡る慰安婦闘争の経験が大いに役立った」

 今年で設立10周年を迎えたカリフォルニア州韓米フォーラムは、キム局長が慰安婦闘争を始めた時に立ち上げたものだ。メンバーは彼女を含めて6人だけだ。事務所もない。設立目的はただ一つ、「慰安婦問題の解決」だ。2007年、米連邦下院は、日本政府の公式謝罪を要求する決議案(HR)121を可決した。キム局長は当時、同決議案の可決のために発足したカリフォルニア地域の在米韓国人タスクフォース(TF)の一員だった。
 全羅南道光州(クァンジュ)で生まれた彼女は大学生だった21歳の時、家族移民で米国に渡った。ロサンゼルス・カリフォルニア大学(UCLA)民俗音楽科を卒業した後、法廷通訳士の資格を取った。「母からいい職業だといって法廷通訳士を勧められました。試験は簡単ではありませんでした。試験を受けた100人中、私一人だけが合格しましたから」
 なぜ慰安婦のための戦いに身を投じたのだろうか。「2007年当時、学生たちとプンムル(韓国農楽)を演奏する韓国文化共同体活動をしていました。慰安婦問題については詳しくは知りませんでした。その時、日本政府が慰安婦の存在事実自体を否定していることを知って、衝撃を受けました」。
 フォーラムなどの努力が実を結び、2013年にグレンデール市に西部で初めて少女像が建てられた。これを受け、翌年日本系の極右の人物が日本政府の権力を盾に、市に対して撤去訴訟を起こした。連邦最高裁判所は今年初め、棄却決定で原告敗訴判決を下した。原告側は自治政府が外交権を侵害していると主張したが、裁判所はこれを認めなかった。キム局長は、市の訴訟合戦を支援するため、大手法務法人(シドリー・オスティン)の公益無料弁論まで実現させた。「原告側が大手法律法人を動員したので、私と業務関係にあるシドリー・オスティンに無料弁論を要請しました。特に表現の自由分野の権威者である首席弁護士の方に助けられました」。

【写真】昨年、日系の極右人物がグレンデール市に対して起した少女像の撤去訴訟で、米連邦控訴裁判所が原告敗訴判決を下した後、KAFCのメンバーらと後援者たちが弁護士たちを招待して「勝利パーティー」を開き、少女像の前で記念撮影をしている=キム・ヒョンジョン局長提供//ハンギョレ新聞社

 フォーラムは今カリフォルニア州の世界史教師たちの授業教案を作るために、専門家らと検討を重ねている。昨年、カリフォルニア州教育委員会は、10年生たちが世界史を習う際、日本軍慰安婦の被害事実が含まれるように公立学校の歴史・社会科学教育課程指針を改定した。「指針があっても先生が教えなければ意味がありません。そのため教師たちが現場で指導できるように、専門家に依頼して教案を作り、インターネットに掲載するつもりです。教師のワークショップで広報も行っています」
 フォーラムは今年30日、定例の募金行事を行なう。「300~400人ほどが後援しています。後援金は主に交通費として使っています。残りはメンバーの私費で賄っています。今回の行事には150~200人ほど参加しそうです。最近は中国系がたくさん参加しています」。
 彼女が住むグレンデールには集団虐殺(ジェノサイド)にあったアルメニア系移民者が多く住んでいる。「アルメニア係は慰安婦問題をよく理解しています。トルコがアルメニア人に対する集団虐殺を否定しているじゃないですか。アルメニア系は地域政治圏に多く、影響力があります」。日系移民者たちも「国家レベルの人権侵害は国家が謝罪すべきという原則」に同意する人が多いという。「第2次世界大戦当時、日系人にも米国で強制収用された経験があります。日系人が1980年代に国家賠償運動を展開し、連邦議会の公式謝罪と1人当たり2万ドルの賠償を受けました」
 彼女は「安婦問題は戦時における女性への性暴力であり、人権問題であると共に反人道的犯罪」だとしながら、このように語った。「安保や政治、外交問題と結びつけてはなりません。カン・ギョンファ外交部長官もそう言ったことがあります。ハルモニたちが要求した事項をきちんと反映し、日本と再交渉すべきです。日本側の徹底した謝罪を求めるのは『戦争してはならない』というメッセージでもあります」。

【写真】2013年7月31日、米カリフォルニア州グレンデール市立中央図書館前に建てられた「平和の少女像」。太平洋戦争当時の日本軍慰安婦被害者の悲劇を告発する少女像が外国に建てられたのはこの時が初めてだ//ハンギョレ新聞社

カン・ソンマン先任記者
韓国語原文入力:2017-09-21 21:50
http://www.hani.co.kr/arti/society/women/812043.html


https://this.kiji.is/283070483050349665?c=39546741839462401
「共同通信」2017/9/20 12:00
■米、市議会が「慰安婦の日」採択 サンフランシスコ
【サンフランシスコ共同】米西部カリフォルニア州サンフランシスコ市議会は19日、9月22日を「従軍慰安婦の日」とする決議案を審議、全会一致で採択した。今年だけの措置。
 市内の公園に旧日本軍の従軍慰安婦問題を象徴する少女像を設置し、22日に除幕式が行われる予定。中国、韓国系の市議らが像の設置に合わせて「慰安婦の日」を設定するよう求めていた。
 同市議会は2015年9月、従軍慰安婦の碑建設を求める決議を採択。その後、当局も少女像の設置を認めた。
 米国では近年、韓国系団体による少女像設置を促す活動が活発化。ロサンゼルス近郊や南部ジョージア州に設置された。


http://www.sankei.com/world/news/170917/wor1709170019-n1.html
http://www.sankei.com/world/news/170917/wor1709170019-n2.html
「産経ニュース」2017.9.17 10:20
■9月22日=「慰安婦の日」決議案採決へ 米サンフランシスコ市議会
【写真】米カリフォルニア州グレンデール市の「慰安婦」像(2014年4月撮影)
【ロサンゼルス=中村将】米カリフォルニア州サンフランシスコ市議会で19日、9月22日を「慰安婦の日」に制定する決議案が審議されることが分かった。即日採決される見通し。
 22日は、同市議会で慰安婦像設置を促す決議案が採択されてからちょうど2年にあたり、市内の中華街にあるセント・メリーズ公園で元慰安婦らを招いて像の除幕式が行われる。「慰安婦の日」が制定されれば、毎年の関連行事などを通じて反日活動が恒例化するおそれがある。
 市議会事務当局などによると、市議会の定数は11人で、うち3人が「慰安婦の日」決議案を共同提案している。決議案採択には全会一致の賛成が必要で、反対意見が出れば、審議継続などになる可能性がある。
 決議案の提案理由書には、慰安婦を「性奴隷」とし、「20世紀最大の組織化された制度」「日本政府は今日まで生存者らに公式謝罪をしていない」「この制度が人身売買制度への道を開いた」などと日本政府が「不適切」とする表記や、事実誤認が散見される。
 各地の「慰安婦の日」をめぐっては、韓国の文在寅(ムン・ジェイン)政権が7月に発表した「国政運営5カ年計画」にも「日本軍『慰安婦』被害者記念日」の制定が盛り込まれたほか、慰安婦像が設置されている同州グレンデール市も、慰安婦問題で日本政府を非難する米連邦下院121号決議が2007年に通過した日を記念して7月30日を「慰安婦の日」と宣言している。
コメント

「日本学者22次来海南寻找侵华罪 资料捐赠博物馆」

2017年09月24日 | 海南島近現代史研究会
http://www.hkwb.net/news/content/2012-10/31/content_947584.htm
http://www.hkwb.net/news/content/2012-10/31/content_947584_2.htm
「海口网 」2012-10-31 10:16 来源: 海口网-海口晚报  作者:陈小萍
■日本学者22次来海南寻找侵华罪 资料捐赠博物馆
 
【相片】捐赠的日军侵略海南的书籍和光盘资料 记者 黄一冰摄

  海口网10月31日消息(记者 陈小萍)30日上午,海口市博物馆二楼《日本侵占海南期间文物史料展》展厅里,来了三位特殊的参观者。他们分别是日本海南岛近现代史研究会的佐藤正人、金静美及齐藤日出治。值得一提的是,此次是佐藤正人第22次来海南,和以前一样,目的仍是要进一步调查日军侵占海南岛的历史真相。

★一腔热情 14年坚持调查日军侵琼资料
  “这里面记录着日本侵略海南的珍贵历史资料。”在展厅里,佐藤正人仔细地翻看《南支派遣军》等日本侵琼时期的史料文物。
  据介绍,佐藤是日本国朝鲜史研究所学者,从事将英文版历史、经济类资料翻译成日文的工作;金静美则是一位在日本工作的韩国人,她原本是一名公司职员;而齐藤日出治则是一名日本经济教授。他们三人有一个共同的兴趣:研究历史、寻找历史的真相。
  上世纪九十年代,佐藤参加了日本民间组织“查明纪州矿山事实真相自治会”,偶然得知日本侵略海南岛掠夺铁矿的情况。为追查真相,1998年6月,他和自治会会员、在日本工作的韩国学者金静美女士首次到海南。至今,佐藤正人和同伴们已实地调查三亚田独万人坑、石碌万人坑、“朝鲜村”、羊角岭水晶矿、日本侵琼三亚航空基地司令部、慰安所等日军侵琼遗址,走访当地乡村幸存老者。
  “从史料中可以看出,日本人在1925年就开始预谋侵略海南。”佐藤观看完展览表示,为把海南岛作为侵略东南亚、太平洋的军事基地,日军和日本企业在岛上修建机场、港口、铁路,开发矿山、电力,掠夺资源。

【相片】捐赠的日军侵略海南的书籍和光盘资料 记者 黄一冰摄

★一份礼物 捐赠走访成果寻找历史真相
  “不要忘记历史。”佐藤接受采访时表示,这些罪行就像发生在昨天一样,对亚洲太平洋地区的人民来说,日本的侵略时代就是这些国家抗日、反日斗争的时代。
  在对海南岛进行实地调查中,佐藤收集了许多海南各地人民抗日斗争史料和日本侵略军的犯罪事实。为进一步查明历史真相,2007年,佐藤创办成立了海南岛近现代史研究会,以查明海南岛被日本占领时期(1939年2月—1945年8月)的侵略犯罪史实为研究重点,此次与他同行的金静美、齐藤日出治都是该研究会成员。
  “我和同伴们走访收集的日本侵略海南资料,都发表在海南岛近现代史研究会会刊上。”昨天,佐藤将这些珍贵的走访成果,捐赠给了市博物馆。
  记者翻看会刊《海南岛近现代史研究会》看到,导言用粗体写着:“日本在海南岛干了什么?侵略、残杀、掠夺、性奴隶化。”另外,杂志还发表了《关于日本政府、日本军、日本企业所犯下的侵略罪行的(当地调查)报告》、《60年前日本军队的残杀如同昨天的事情》等文章。
  参观完《日本侵占海南期间文物史料展》,佐藤一行人将再次启程,前往下一站———儋州。佐藤告诉记者,他们此行的目的,是希望重访儋州、三亚、万宁、临高等地,走访幸存者。
  “我们希望通过努力把历史交代清楚,寻找历史的真相,帮助受害的中国人民取得日本政府的道歉。” 佐藤正人表示。
コメント

「林伯熙:屡建奇功的琼崖抗日先驱」

2017年09月23日 | 海南島史研究
http://hnrb.hinews.cn/html/2017-08/29/content_13_1.htm
『海南日报』2017年8月29日  本报记者 李磊
■林伯熙:屡建奇功的琼崖抗日先驱
 纪念中国人民解放军建军90周年暨琼崖纵队成立90周年特别报道

【资料图片】林伯熙。

  在琼崖抗日独立总队的历史上,从南京陆军步兵学校毕业的林伯熙,凭借着他专业的军事才能,在历次战斗中频频建立奇功。
  林伯熙1909年出生于文昌县重兴区重兴乡,在琼海中学(今海南中学)读书期间,就开始参加中国共产党领导的革命活动。1934年6月,林伯熙从中山大学外文系毕业后,本可以谋得一份安逸工作,但却毅然组织了9名进步青年,考取了南京陆军步兵学校,并于1936年6月毕业。
  毕业后,林伯熙被分配到国民革命军某部当连长,此时正值中国工农红军北上长征之际。林伯熙所在部队尾随追赶北上抗日的红军,沿途看到红军留下的许多宣传抗日标语和传单,林伯熙自此知道红军北上是为了抗击日军。而“抗日”正是林伯熙到南京军校学习军事技能的初衷,为了能够真正投身于抗日,林伯熙决定辞军返回家乡。
  1938年春,在中共琼东县委安排下,林伯熙只身一人远赴延安进陕北公学学习。在延安学习期间,林伯熙的思想发生了很大变化,他不再局限于用思想武装革命,而是要用武器来抗击日寇。同年秋,他从延安返回重兴,变卖了家中近百亩田地,买来70多支德国造步枪和驳壳枪,建立了文昌县经济中队进行武装抗日,并担任中队长。
  此后不久,经济中队编入重兴游击队,重兴游击队又接受改编,编为琼崖抗日独立总队第一大队第一中队,林伯熙任中队长,后任独立总队第一支队副支队长。在独立总队,林伯熙发挥着他非凡的军事才能。
  1941年3月,面对国民党反动派对琼文抗日根据地的疯狂进攻,林伯熙率领所属部队参加琼山县罗蓬坡战斗,消灭国民党保七团第八连50余人,缴获机枪2挺、步枪30多支。
  四个月后,日军进占琼文中心地区的文昌县大昌乡美德村并建立据点。为了打退进占美德村据点的日军,琼崖抗日独立总队第一支队和第二支队紧密配合,在打退国民党保六、保七团和琼山、文昌反动游击队多次进攻的同时,在运动中不断地歼击日军。
  在1942年1月的大水战斗中,林伯熙负责指挥部队打击援敌。他机智勇敢、沉着果断地指挥部队,有力地打击越来越多的敌援军。一连两天击退了救援的顽军,后因缺少弹药,主动撤出。这是琼崖抗日战争时期最大的一次反顽战斗,共歼顽军数百人,林伯熙在战斗中立下战功,充分表现了他的军事才能。
  1942年初,林伯熙被中共琼崖特委直接吸收加入中国共产党,并提升为第三支队支队长。不久,林伯熙在金鸡岭伏击日军的战斗中不幸牺牲,时年33岁。

  (本报海口8月28日讯)
コメント