三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者の追悼碑を建立する会と紀州鉱山の真実を明らかにする会

海南島月塘(ユエタン)村の追悼碑建立基金第二期募金に協力してください

2007年10月21日 | 月塘村追悼碑
 日本軍と日本企業がアジア太平洋の各地でおこなった侵略犯罪の一つひとつは、具体的にはほとんど明らかにされていません。
 海南島でも、日本軍は、多くの村落を襲撃し、住民虐殺、放火、略奪、性的暴行などの犯罪をくり返しました。
 しかし、海南島の村むらで、日本軍が殺害した村人の数や名前は、住民によって明らかにされ、墓標などに記録されている場合もありますが、多くはまだ闇のなかです。
 みどり児や幼児をふくむ人びとを殺傷した日本兵の名や所属部隊名は、隠されたままです。

 日本敗戦わずか3か月半前、「沖縄戦」のさなか、1945年5月2日(農暦3月21日)に、海南島万寧市万城鎮月塘(ユエタン)村を、佐世保鎮守府第8特別陸戦隊万寧守備隊の日本兵が襲い、住民を虐殺しました。
 日本軍に襲撃され村民が虐殺された海南島の村むらには、村民が自分たちで追悼の碑を建立しているところもありますが、月塘村にはまだ追悼の碑がありません。
月塘村の人びとは、いま、176人の犠牲者の名と年齢を刻んだ追悼碑を建立しようとしています。

 わたしたちは、日本軍の残忍な犯罪事実と日本政府の侵略責任を明らかにするためにも、月塘村の追悼碑の建立に参加させてもらいたいと思います。
 月塘村で1945年5月2日に虐殺された犠牲者を追悼する碑を建立することに参加させてもらう過程で、月塘村のみなさんとともに、日本政府に真相糾明にかんする公開質問をし、月塘村虐殺の事実を明らかにさせ、謝罪させ、賠償させ、責任者を処罰させる運動をすすめていきたいと思います。

 海南島近現代史研究会は、ことし8月5日の創立集会以後、みなさんに募金への協力をお願いし、9月末までに、在日朝鮮人と日本人から、総計51万円の寄金をいただきました。ありがとうございました。この51万円は、10月10日に、月塘村で直接、籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑領導小組にお渡ししました。
 追悼碑建立のためには少ない金額でしたが、月塘村の人びとは、海南島の民衆と朝鮮の民衆と日本の民衆が、未来に向かってともにすすむきっかけができたと言って、よろこんでくれました。

 追悼碑建立基金は、まだまだ十分ではありません。
 2007年10月から12月まで、2回目の募金をおこないます。ご協力をお願いします。

    募金第1期  2007年8月~9月    寄金   51万円
    募金第2期  2007年10月~12月   目標金額 70万円
    募金第3期  2008年1月~3月     目標金額 50万円

 月塘村追悼碑の除幕は、2008年農暦3月21日(陽暦4月26日)を予定しています。

 海南島近現代史研究会                  
   連絡先:大阪産業大学経済学部 斉藤日出治研究室
              大阪府大東市中垣内3-1 
   郵便振替:海南島近現代史研究会 00960-5-280485
コメント   トラックバック (1)

二人の影と私と-三重県木本での朝鮮人虐殺-その5(2002・4)

2007年10月20日 | 木本事件
《「あの故郷」から「いつかの故郷」へ》
 相度さんと李基允さんにとび口を付き立てたもの、飯場を襲撃させたもの-襲撃・虐殺に加わった一人一人の行為であり、またその背後にあるもの-、それは今も熊野に有形に、無形に残っています。熊野市が発行する『熊野市史』は、この木本事件を「素朴な愛町心の発露」として、虐殺に理解を示す記述を残しています。
 「三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・相度)の追悼碑を建立する会」は、これまでこのような記述を書き改めるよう要請してきました。しかし、いまだ書き改められていないこの現状は、地域社会に生きる人々の意識の反映でもあるでしょう。私はそのなかでこの地域社会を「私の世界」、私の「あの故郷」として育っていったのです。
 熊野の地域社会には、虐殺を批判する声もありました。また、木本トンネルの工事に朝鮮人労働者とともに従事していた日本人労働者のなかには、襲いかかる消防組、在郷軍人会への、ダイナマイトでも反撃に加わった人もいました。しかし、沈黙する地域社会は、地域社会による朝鮮人虐殺事件を越えることなく、虐殺が行われたその暴力構造を残してしまっています。それは私が見出すことのないまま、私と「私の世界」にすべり込んでいた暴力の根でもあったのです。

 殺された二人の影から、私は「私」の居場所を知り、私を知りました。それは地域社会に織りなされる権力の網のなかにあったのです。消防組、在郷軍人会の人々による襲撃がおこなわれたとき、日本人は、正確には朝鮮人を守ろうとしなかった日本人地域社会住民は、「安全」だった。その「安全」は、私が育ったところものでもないのだろうか。
 ひとつの人間、ひとつの世界。現実の人間は、国民国家、地域社会のなかで分節化されてしまう。私が日本人であることを私に引き寄せたとき、私は言わなければならないことがあります。「私の世界」の他者のために。崩れゆく「あの故郷」に、私の声を響かせよう。ひとつの人間。ひとつの世界。
 「三重県木本で虐殺された朝鮮人労働者(李基允・相度)の追悼碑を建立する会」の運動のなかに私は、ひとつの世界を見ているように思います。熊野に追悼碑があることによって、追悼碑を訪れる人がいます。追悼碑のまわりの草を刈ってくれる人がいます。極楽寺では、住職が二人の新しい墓石を建て、花を供えに来る人がいます。私は、一人一人のこのような行為に、ひとつの世界のかけらを見るように思います。
 相度さんと李基允さん、殺された二人。「私の世界」に他者を見出した私は、その歩みを続けなければならない。日本人である私を引き受け、まだ来ない「いつかの故郷」へ。
終わり
久保雅和(立命評論 №106 2002/4発行) 
コメント

万寧市烏場郷春園村で

2007年10月17日 | 海南島史研究
 月塘村は、北側の月塘と南の太陽河にはさまれています。月塘村から太陽河に沿って北東に10キロほど行くと、烏場郷です。
 月塘村虐殺をおこなったのと同じ海南海軍佐世保鎮守府第8特別陸戦隊に所属する日本兵たちは、1945年5月2日(農暦3月21日)の月塘村虐殺の1か月あまり後の6月5日(農暦4月27日)、烏場郷でも、住民虐殺をおこなっていました。
 そのことに、ふれた記述は、2005年4月にだされた烏場郷志編纂委員会編『烏場郷誌』だけです。
 わたしたちは、10月6日に、烏場郷春園村委員会書記の劉紹学さんから『烏場郷誌』の当該記述をはじめて示されました。その翌日、わたしたちは、烏場郷春園村出身で万寧市内に住む劉光清さんに案内されて、烏場郷春園村で3人のかたから話をきかせていただくことができました。3人の証言は、つぎのとおりです。劉勝雄さんは、劉光清さんのお兄さんです。
                          佐藤正人

劉開全さん(1925年生)
 「日本兵が来たのは朝だった。2人か3人来た。母が日本兵に殺された。開朗の妻の弟の妻も殺された。
 日本軍が襲って来たのは、烏場の2人が日本軍のところに行って春園のみんな山に行って共産党に入ったと報告したからだった。それで、日本軍が村に入ってきて共産党を捜し、関係のない村人26人を殺したのだ。
 日本兵がわたしの家に来たとき、家の入り口にいた母はすぐに胸のあたりを刀できりつけられて殺された。わたしは部屋のなかに積んであった稲束の中に隠れて助かった。
 日本兵は人を見たら殺したが、家の中は捜索しようとしなかった。
日本兵は、あのとき、銃剣で刺殺した。発砲するとその音を聞いてみんなが逃げるからだ。
 あの日、壁を隔てた隣の家に1歳にならない赤ん坊がゆりかごで眠っていた。その赤ん坊を見つけると、日本兵は銃剣で突き刺して、かざした。
 日本兵がいなくなってから、2人の姉と母の遺体を草のむしろにくるんで埋めた。

 日本軍に軍用道路建設をさせられたことがある。数か月間だった。毎日ではなかった。大きなくわで土を掘らされた。日本軍は、金も食べるものもくれなかった。
 日本兵は、女性を見つけると、強姦した。
 ある日、万城の女性が親戚をたずねて村に来た。3人の日本兵がその女性をつかまえ、わたしの家で強姦した。当時、わたしは村の女性たちが日本兵を避けて歩くのを助けていたが、その女性を助けることはできなかった。
 近くの烏場港の高台に日本軍は望楼をつくって駐屯していた。10人あまりいた。日本兵はそこから毎日降りてきて、女性をさがし、共産党をさがした。
 日本軍は食料も奪った。日本軍は、村人が魚を捕るのを見つけると、いちばん大きな魚を奪った。それがいやだという人を、日本兵は、犬にかませた。
 日本軍のことを思い出すと、いまでも怖い。日本軍はとても悪かった。理由なく人を殺し、放火した。
 当時は飢饉だった。何か月も飢えて過ごした。食べるものがなく、パパイヤの樹をけずって食べたこともある。
 1947年に革命に参加した」。

占振鵬さん(1924年生)
 「1945年農暦4月27日、日本軍が村に来たとき、畑から家にもどる途中だった。
 家に戻ると日本軍はすでにいなくなっていたが、家のなかの物が奪われ、父が床に倒れていた。すでに息がなかった。手首を切られ、心臓を刺されて即死していた。父の名は、占維賢。ちょうど60歳だった。母は、その前に病死していた。
 あの日、日本兵は、占家輪と占振后を銃で撃って殺した。父の占家輪に抱かれていた1歳の子どもの修雄が、父の身体の血をなめているのを、わたしは家に帰る途中に見た。
 日本兵は、占振楓、占振裕、振裕の妻の3人も銃で殺した。

 わたしは、日本軍に道路をつくらされたことがある。仕事にいかないとなにをされるかわからないので、行かないわけにはいかなかった。金はくれなかった。食べ物もくれなかった。毎日ではなく、交代で働かされた。数か月働かされた。女も働かされていた。女の数は、あまり多くなかった。工事排水路を掘ったり、土盛りをさせられた。女も働かされていた。みんな、一日仕事をして、殴られないと、その日は幸運だと感じていた。
 1944年の飢饉のときには、ほんとうに苦しかった。村人がおおぜい餓死した。一家が全員餓死した家もあった。さつまいもの葉、パパイヤの樹の幹など、なんでも食べた。わたしの祖父は、丘にさつまいもを植えたが、まだ小さいうちに全部盗まれてしまった。
 ジブンギャ ナゥティウー(日本仔を徹底的に憎む)。思い出すだけで、怖い。
 若い女性は、年寄りのような格好をしていた。そうしなければ、みつかったら強姦された。
 日本軍がいなくなってからは、それまでのように怖がらなくてもよくなり、みんな安心して暮らせるようになった」。

劉勝雄さん(1939年生)。 
 「兄と瓜に水をやるために水を担いで行く途中、日本軍に出会った。わたしたちは日本軍に敬礼したので、殺されなかった。そのあと、日本軍は村に入った。銃声がなんども聞こえた。その少し後に、お爺さんが村から逃げて出てきた。そのお爺さんになにが起こったかと聞くと、村人を日本軍がおおぜい殺していると言った。
 それで恐ろしくなって草むらに隠れた。
 1時間ほどたつと、銃声が聞こえなくなったので、村に戻った。7人か8人の遺体があった。日本軍は、奪った食料を入れた竹でつくった籠を、烏場村の村人に担がせて運ばせていた。
 わたしの家にあった200キロのもみも全部日本軍に奪い去られていた。
 わたしの家には田んぼがなかったので、あのもみは、母がどこからか交換してきたものだった。
   
 当時、わたしの家の家族は8人だった。食べものがなくなったので、父と兄とわたしの3人は別のところにいって物乞いをした。あのときはそれ以外に方法がなかった。父はわたしをほかの人に預けようとしたが、その人は断った。
 母は、飯や米麺(コメ粉でつくった太い麺)などをつくって売り、それで家の人たちのめんどうをみていた。しかし、家の人の人数が多くなって、めんどうをみきれなくなり、弟が餓死した。
 日本軍がいなくなってからは、村人は安心して農業をして生活した。
 日本軍は、性格が荒く、凶暴だった。
 強く日本軍を恨む」。
コメント

2007年10月10日 月塘村で

2007年10月16日 | 月塘村追悼碑
 2007年10月10日午前10時半から、月塘村集会場で、籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑領導小組が主催する会議がもたれました。
 出席したのは、村民や小組員15人と、海南島近現代史研究会の佐藤正人と通訳してくれる林彩虹さんの計15人でした。
 はじめに、組長である月塘村委員会書記朱進平さんが、次のような挨拶をしました。
    「追悼碑を建立することは、これまでずっとみんなの願いでし
    た。しかし、いくつかの原因で、これまで建立を実現すること
    ができませんでした。
     今年1月に佐藤さんたちがわたしたちの村に来たときに、み
    んながあらあためてこのことを話ししたとき、佐藤さんたち
    は、このことに強い関心をよせ、熱心に支持しようとしまし
    た。
     今回ついに、籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑領導小組が成
    立しました。
     わたしたちは、佐藤さんたちが月塘村に来て支持してくださ
    ることに感謝します」。

 わたしは、
    「月塘村追悼碑建立のための海南島近現代史研究会の協力
は、基金の額はとても小さいけれども、その意味は大きい
と思います。
     8月5日に海南島近現代史研究会が創立されてから、8月と
    9月の2か月間で、ある人は1000円、ある人は10万円の寄金
    をおこないましたが、金額よりも寄金をよせる民衆の数が
    重要だと思います。
     基金をよせたのは、日本に住む日本人と朝鮮人です。日
    本人と朝鮮人とでは、寄金をする意味が異なります。朝鮮
    は以前、日本に侵略されていました。だから、日本にいる
    朝鮮人は、同じような被害を理解する心情で、月塘村のみ
    なさんに協力したのだと思います。
     海南島の民衆、朝鮮民衆、日本民衆が共同で、日本の侵
    略犯罪を明らかにし、その犠牲者の追悼碑を建立すること
    の歴史的意味は大きいと思います。
     月塘村の追悼碑建立に協力させていただくことになり、
    ありがたく思っています‥‥」
という意味のことを話しました。それを林彩虹さんは、漢語にではなく海南語に通訳してくれました。村人のなかには漢語をよく聞きとることができない人もいます。
 その後、わたしは、海南島近現代史研究会の寄金を朱進平さんに手渡しました。

 このとき、手渡すことができたのは、9月までに海南島近現代史研究会あてに月塘村追悼碑建立基金として寄せられた総額51万円でした。
 少ない金額でしたが、月塘村の人びとは、海南島の民衆と朝鮮の民衆と日本の民衆が、未来に向かってともにすすむきっかけができたと言って、よろこんでくれました。

 会議のあと、朱学基さんに案内されて、日本軍襲撃時の月塘村の中心部に行きました。そこには、当時の家が廃墟になって残っていました。
                                     佐藤正人
コメント

籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑公告

2007年10月15日 | 月塘村追悼碑
 10月7日、月塘村に「籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑公告」がはりだされました。
 それは、10月6日付けで籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑領導小組によって作成されたもので、「籌建(チョウジェン)」とは、計画して建設をすすめるという意味の漢語です。
 そこには、
   一、籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑領導小組が成立したこと、
   二、建設費は、1、村民全員の捐献、2、海南島近現代史研究
    会の協力によること、
   三、建碑地は、月塘朱氏祖祠の西側であること、
   四、建碑地にいまある樹木や建物などは、商議して移転するか
    取り壊すこと、
   五、日寇殺害村民の実数と名前を確認すること、
の五項目が書かれています。
 籌建月塘“三・廿一”惨案紀念碑領導小組の組長は、月塘村委員会書記の朱進平さん、副組長は朱振華さんと朱学基さんで、成員は朱進春さん、朱建華さん、朱全治さんら「幸存者」をふくむ15人です。

 10月6日午後2時半から、朱振華さんと朱学基さんらが立ち会って、風水師による追悼碑建立予定地の観測がおこなわれました。その場所は、追悼碑を建てるのにたいへんよいとのことでした。
 そこは、月塘に面した広場で、日本軍が襲ってきたとき朱学平さんの家があった場所のすぐ近くです。62年まえは、深い林だったそうです。

 その前日、10月5日に、わたしたちは、朱学孔さん(1934年生)に、虐殺現場で話を聞かせてもらいました。朱学孔さんは、ときどき声をつまらせながら、つぎのように話しました。
    「あのとき、日本軍が家の門から侵入し、すぐに小さな部屋で
   殺人をはじめた。9人が殺された。母、父の2番目の弟(朱開賢)、
   朱開賢さんの妻、朱学訓の父(朱開椿)、華蓮、東魯、朱学遊の
   母(呉氏)、学遊の兄(名前はまだなかった)、鴻勝が、庭で銃
   で撃たれて殺された。家のなかも、庭も、血だらけだった。
    日本兵が来たとき、母はわたしを寝台の下に隠し、自分は戸
   板で体を隠した。当時の戸板は、竹でできていたので、日本兵
   が家を焼いたとき、母は見つかってしまった。
    日本兵は母を刀で何度も刺した。母は、気を失ったが、醒め
   て水がほしくなって、わたしを抱いて水のところに行った。這
   って水のところに行って、一口飲んだら、すぐに母は死んだ。
    一人の大人が二人の子どもの遺体をかごにいれて運び、大人
   の遺体は二人の大人がかごで運んで、いっしょに埋めた。
    日本が敗けたあと、遺骨を探して、埋葬しなおした。
    あの日、父と弟は、やまに芋を見張りに行っていたので助かっ
   た。そうでなければ、家にいて殺されただろう」。
                                  佐藤正人
コメント