ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




Log20110228 昨2010年2月のアクセス記録でも同じことを書いたようですが、やはり確定申告に関する記事にアクセスが多いです。昨年は気付かなかったのですが、太陽光発電記事にアクセスが多いのは、太陽光発電売電収入の総合課税と確定申告について検索している方からのアクセスだと感じます。

「確定申告 甲府税務署」などの検索でヒットして確認し、自分用に一番良いと思ったページをブックマーク(お気に入り登録)しておくことはされていると思うのですが、時期的にこれだけアクセスが集中します。Internet Explorer でお気に入り登録をバックアップしておいて、別なパソコンや買い替えたパソコンでもそれを使えるようにするという方法も確認しておくと便利です。
マイクロソフトには、Internet Explorer でのお気に入りのインポートとエクスポートというページがあります。これは Internet Explorer 8 と 7 について解説されています。

Internet Explorer 8 では黄色い☆のマーク、IE7 ではもう一つ別に緑のプラス記号付きの☆マークがありますが、設定済みのお気に入りをエクスポート(別なファイルに保存する)方法が説明されています。その保存したファイルをUSBメモリーに転記しておいて、それを別な Internet Explorer にインポート(ファイル読み込み)する方法で、使い慣れたお気に入りを再生(共有)できます。
同様なことは Outlook Express に設定したメールアドレス帳を保存したり転用したりする場合にも応用できます。アドレス帳を開いて、「ファイル」 から 「インポート、エクスポート」 で処理していけばよいのです。「Outlook Express アドレス帳移行」  を検索語にしてマイクロソフトのページが見つかります。

数日前からネットで話題になっているのに気付いたのは、水島朝穂さんのホームページ-平和憲法のメッセージ、ここにある 2月5日:「新聞を読んで」 に書かれている内容です。
2.大相撲の「八百長」と「強制起訴」 の項目で、『同じことは政治についても言えます。2月1日付各紙一面トップは、小沢一郎元代表の「強制起訴」でした。各紙社説はほぼ横並びで、・・・・』に続いて書かれています-以下引用

今回はネットを使って地方の38紙の社説も読みましたが、よく似たトーンでした。 ・・・特に『琉球新報』2日付社説は、「検察審査会の在り方には首をかしげたくなる点が少なくない」として、「『疑わしきは罰せず』ではなく『疑わしきは法廷へ』という図式になりかねない」と指摘。この制度は「特定人物に狙いを定め、被告席に追いやることも不可能ではない」「司法への市民参加は意義があるが、だからといって『大衆迎合主義』が横行し、裁かれなくてもいい人まで『被告人』にされたのではたまらない。現在の仕組みが妥当なのか、よく検証すべきだ」と書いています。 ・・・『琉球新報』社説の指摘は重要です。

私は琉球新報のこの社説を読んだ時にも疑問はありました。『小沢元代表は「何一つやましいことはない」と断言した。ならば今からでも遅くはない。国会で堂々と身の証しを立てるべきではないか。国会での説明に後ろ向きな態度は大いに疑問だ。』 何について説明責任があり、身の証しを立てることを求めているのかがわかりません。これでは中央の大手メディアが言っている事と同じです。石川さん達と共謀していない事を説明せよとの意味なら、それは既に石川さんの裁判が2月7日に始まることが分かっているのですから、私には理解し難い主張です。
『今回のケースがそうだとは言わないが、現行制度の下では、特定の人物に狙いを定め、被告席に追いやることも不可能ではない。』 「そうだとは言わないが」 とはかなり遠慮した書き方かも知れませんが、検審起訴についてきちんと社説で述べた事を水島朝穂さんは評価されたのかも知れません。

それにしても、ネットで38地方紙の社説が読み比べられる時代、『各紙社説はほぼ横並び』 というのが分かってしまうのも、国策ブロードバンドのひとつの成果かもしれません。
『新聞は瞬発力ではネットに到底かないませんが、立ち止まってじっくり考えるのには適しています。』と水島朝穂さんはお書きになっています。私は「新聞」を「図書」と置き換えて、じっくり考える力を養いたいと思っています。偉大な知性と格闘するために図書館に出かける、そこで他人と交流したいなどという気持ちはさらさらありません(^o^)

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2011年2月28日の東洋経済オンラインで、「日本の人口、都市圏で増加の一方、地方での減少が顕著、10年国勢調査速報」がでていました。同様なデータは既にどこかに出ていたのかも知れませんが、私はこの記事が初見でした。
2005年との比較で人口の増減数と増減率とで二通りの表があります。
「人口増加率トップは35%増の三重県朝日町、その成長の理由は? 10年国勢調査速報」が分析記事です。『2位の東京都中央区・・・都心回帰にともなう超高層マンションの分譲が寄与。同様に、上位にランクした多くの自治体でマンションやニュータウン開発を背景に人口が増えたと見られる。』

私としては、都心回帰の原因はなにか、マンションやニュータウン開発で人が流入する理由は何か、そういう点に興味があります。
人が「都心」に回帰したがる心、マンションやニュータウンが出来ればその地域に住みたいと思う心、そういう人の心を引きつけるものが何かという分析こそが一番必要だと思いながら記事を読みました。箱物作れば人が集まるってもんじゃない、それを私はいつも思っています。
増減率上位100市区、昭和町、882人とはいえ人口17千人の町に人がやってきた理由は何か、山梨県の町ですからどこかに分析報告が出ているかも知れません。

都心に住んで郊外の会社に通勤する、ラッシュと逆方向だから楽です。甲府市中心に住んで市外の職場に通う、車の流れも逆になり、これっていいんじゃないかと思いますけど・・・・リニアが出来た時、誘致した会社の社員がみんな東京から通勤して来るなんてことは無いだろうとは思いますが・・・

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2011年2月25日の平成23年3月市議会定例会の招集告示に伴う市長記者会見で、宮島雅展市長から以下の報告がありました。(2月28日掲載記事)

(市長) 続きまして、甲府駅周辺拠点形成事業により整備が完了しています甲府駅北口多目的広場の愛称名が決定しましたので、発表させていただきます。
 愛称名は「よっちゃばれ広場」です。
 選定理由としまして、「よっちゃばれ」は、甲州弁で「集まる、寄り合う」を意味する「よっちゃばる」の命令形で「寄って来い、集まれ」などを意味します。甲府駅北口を利用する様々な方の交流広場であり、多種多様なイベントスペースとして、また、地域の憩いの場として「よっちゃばれ」という願いを込めています。(以下略します、記事参照)

アップロードされているPDFファイルには、「甲府駅北口多目的広場愛称名応募一覧表」などがあります。
この記者会見記事には「ココリ」に関する質疑応答もあります。

甲府市議会3月定例会は3月4日(金)開会、市議会に関する情報 に詳細日程、質問通告などが掲載されます。
市長からの発表では、『本定例会に提出を予定しております案件につきましては、平成23年度当初予算案件15件、専決処分を含む平成22年度補正予算案件8件、条例案件5件、路線認定案件1件、人事案件3件、その他の案件2件の合計34件であります。』 その他委細は記者会見記事にあります。

2月28日夕方のテレビニュースで、甲府市デマンド交通実証実験の報告会があったことが報じられていました。利用登録者は1,100人、実際の利用者は163人だったなど、詳しいことは後日の広報記事を待ちたいと思います。
私はこの実験計画の決定プロセスが未だわからないので、山梨大学-甲府市の地域連携プロジェクト報告書などもWebページで読めるなら良いと思っています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




悪質なインターネット入会勧誘にご注意ください 2011年2月21日
この記事に気が付いたのは、2月27日深夜に着信したOCNからのメールです。このページには以下の記載もあり、これは通常はOCNホームページから、右上のアイコンの「初めての方へ」-「解決編」―「お問い合わせ方法」 で開くページに書かれているのですが、このような広報記事にも掲載したという点で私は感心します。
『電話でのお問い合わせ(カスタマーズフロント) 0120-506506 (一般加入電話・携帯電話・PHSから無料) ※受付時間 : 9:00~21:00 ※土曜日・日曜日・祝日も対応』
メールの内容は以下の通り、そのまま転載しておきます---

■悪質な勧誘の具体的なケース
 <ケース1>
 「OCNのサービスがなくなる、使えなくなる」と言われた
  ⇒このような事実はありません。
   悪質な勧誘の中には、NTT東日本・NTT西日本やNTT関連会社を
   かたり、OCNのサービスが終了すると偽り、勧誘業者の
   プロバイダーへの乗り換えを勧めるといったケースもあります。
 <ケース2>
 「OCNの料金より安くなる」と言われた
  ⇒事実と異なっている場合が多くあります。
  <具体例> -光withフレッツ ファミリータイプの場合-
    OCNでは以下の料金となっています。
    OCN利用料 1,260円/月
    フレッツ光利用料(NTT東日本・NTT西日本)
    5,218~5,460円/月
    合計:6,478~6,720円/月
    勧誘業者は、プロバイダー料金約1,200円/月程度と
    合計金額を比較してあたかも料金が大幅に安くなるかのような
    偽った説明をしている場合があります。勧誘業者も
    フレッツ光利用料(NTT東日本・NTT西日本)が必要となるため
    安くなるとは限りません。

    さらに悪質なケースでは、
    年間利用の金額なのか月額利用の金額なのかをあいまいにして
    説明するケースや、乗り換え後に解約をしようとすると
    高額な違約金(5,000円程度)を請求されるケースもあります。
    十分ご注意ください。

    また正式な契約を交わす前の電話誘導のみで、
    安易にPCの接続設定を変更されないようお気をつけください。
    この場合もキャンセル時違約金を請求される可能性がございます。

業者の名前は不明ですが、検索すればどこかにブログ記事が出ているかも知れません。
尚、プロバイダーに関する問題として今後も注意せねばならないのは、IPv4 から IPv6 への移行対応です。これについては私も勉強中なのでここには書きません。「IPv4  IPv6」を検索語にして調べれば多数の記事が出て来るはずです。もっとも基本的な記事は、IPv4アドレスの在庫枯渇に関して、先日一般紙でも報じられたのをお読みになったかも知れません。

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




検索設定 早期解散 小沢一郎
時事ドットコム:早期解散あり得る=民主・小沢氏 (2011/02/26-21:55)

小沢氏は「私どもは(政権交代の)原点に返り、国民の期待に応えるようにしなければいけない」と語り、2009年の衆院選マニフェスト(政権公約)見直しを打ち出している首相を批判。「政治のテクニックでごまかして済むような状況ではない。日本のかじ取りをしっかりとやっていく政治家が必要ではないか」と指摘した。 (2011/02/26-21:55)

やはり 二・二六 でした。

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




1936年(昭和11年)2月26日の二・二六事件(ににろくじけん)を記念するわけでは無いでしょうが、2011(平成23)年2月26日(土) 10時00分-12時00分 (予定) を皮切りに、菅直人政権による開国フォーラムが、 さいたま | 金沢 | 仙台 | 大阪 | 札幌 | 高松 | 名古屋 | 広島 | 福岡 の各地で開催されます。

いつもの通り、KAIKOKU-FORUM.JP を確認してみました。登録年月日は 2011/02/03
◇ 登録者名、公開連絡窓口は、株式会社base
twitter.com/basetokyo があります

ちなみに、これは日本国政府内閣官房 国家戦略室によるプロジェクトで、 2011/2/3 「開国フォーラム」が掲載されました。と広報。KAIKOKU-FORUM.JP ドメイン登録日に国家戦略室としてのホームページが公開されたようです。「詳しい募集要項はこちらより・・」から KAIKOKU-FORUM.JP サイトにリンクされています。

万一株式会社base が倒産したら、あるいはこのプロジェクトが終ったら、ドメインはどうなるか?なんて考えない方がよいでしようが、私が日本国CIOだったら、go.jp 以外に各省庁が計画する公的なサイトで使うドメイン登録は一括して管理する、登録者は安全保障・危機管理を担当する内閣官房にするでしょう。政権交代にも関係なく日本国の財産として管理する。
それぞれのドメインを使用してサイトを構築する省庁が、どんな会社に制作・運営を任せるかは各省庁が考えればよいのです。

「国家戦略室」から「募集要項」に入り、「開国フォーラム 応募フォーム」https://kaikoku.sakura.ne.jp/form/index.phpに入れます。
私のコメントは省きますが、サーバー管理に慣れた方々ならこの応募フォームのURLを見てwww.kaikoku-forum.jpも確認されるでしょう。アクセスログ解析をするにはどういう設定をするかもご検討なさるでしょう。公的な事業で個人情報を扱う時に使用するサーバーなどについても考えが及ぶと思います。

ニュース検索 開国フォーラムを試みたら以下のような記事が読めました。
◇ 産経新聞 26日から開国フォーラム 政府がTPP参加への地ならし
◇ 時事ドットコム 農業所得補償の拡大示唆へ=「開国フォーラム」概要判明-TPP
◇ 朝日新聞 農業所得補償の拡大示唆へ=「開国フォーラム」概要判明―TPP(時事ドットコム配信)
◇ 日本経済新聞 全国9カ所でTPP説明会 政府、26日から
ネット記事であっても、「開国フォーラム」へのリンクはありません。e-Japan、u-Japan、地デジ・・・「ポチコミ」が同じように尻尾を振っているらしいTPP(てっ!ペッペッ-甲州弁)でもこの有り様という現実にぞっとします。テレビはどう報じているか?・・・私はテレビニュースはナガラでしか見ないから気が付きません。

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




太平洋の奇跡 「太平洋の奇跡 -フォックスと呼ばれた男」を「グランパーク東宝8」で観てきました。ロビーの看板をケータイで撮影したもので雰囲気のみの写真です。映画館にはデジカメは持たず、李下に冠を正さずのやせ我慢(^o^)

2011.02.14 ワークショップ@山梨 文学シネマアワードで平山秀幸監督と若松孝二監督のことも書きましたが、この催しで知るまで私はこの映画があることを知りませんでした。サイトにはリンクしていましたがトップページを見たきりで中は読まずに出かけました、唯一のソースは平山監督のインタビューを掲載した産経新聞の記事でしたが、それも内容を忘れていて、大場大尉という名前も映画の中で分かったほどです。

ラストに近い部分、日の丸を掲げて軍歌を歌いながら行進して来る場面で涙が止りませんでした。何故泣けるのか自分でも分からないまま・・・そして、軍刀による礼法なのだと思いますが、大場大尉の所作も美しかった。
その前段で収容所にいる女性たちが「兵隊さんに着ていただくのよ」と軍服を繕い、畳み、揃えているシーンがありましたが、それが密かに収容所から陣地に届けられたことは察しがつきます。討ち入り後の赤穂義士が泉岳寺まで行進するシーンは芝居の創作だとしても、サイパンのこれは史実として記録されているもの、同じ47名。
戻ってから産経新聞を読み返してみると、「撮影していて、ぼくもスタッフも何だかぞくぞくっとした。だいぶ悩んだがうまくいってよかった。あれは彼らの儀式であり、最後の戦いなんです」と平山監督の言葉がありました。

テレビドガッチ > 映画 > 注目特集 > 「太平洋の奇跡‐フォックスと呼ばれた男-」特集ページに平山秀幸監督のインタビュー動画があります。

サイパンの米軍の中に当時の日本、日本軍人の精神を理解している将校(ルイス大尉)がいたこと、米軍司令官が交代させられてその将校の考え方を理解する司令官が赴任したこと、この辺の展開を観ながら「菊と刀」をふと思い出していました。
大場大尉が最終的に投降を決断したのは総司令官から届いた降伏命令書だったのですが、それが1945年11月末にサイパンの山地に隠れている残留部隊に届いた経緯を推測すると、大きな政治力が働いているような気がします。物量戦だけではない部分で日本は負けたのかと考えさせられます、今の時代も、これからの時代にも・・・原作を読んでみたいです。大場栄大尉のことも知りたい。

ヒーローがいない映画というのは見終ってからいつも重苦しいものが残ります。
でも、山梨 文学シネマアワード2011、平山秀幸監督のお蔭で良い映画を観ることができました。次は3月26日の「キャタピラー」だ。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




参議院議員 森ゆうこさんのブログに2011年2月23日 気味の悪い空き巣という記事が出ていました。
2011.02.22 民主党内紛は国民不在だと言えるマスコミだろうかに追記したメモで、森ゆうこさんが提示された「小沢一郎元民主党代表に対する審査の前に検察審査会の問題点についての精査を要望する申し入れ」(全文と添付資料)にリンクしておいたのですが、最高裁に小沢一郎さんに関する検察審査会の資料を提出させ検証しておられます。検察審査会の情報公開のあり方は酷いものです。
そういう調査などに協力された森さんの支援者の方が奇妙な空き巣被害にあったというブログ記事です。「人たちの所に先日空き巣が入った」、「彼らは怯えている」と複数被害であることを示されています。被害が一人だけなら「偶然だよ」と言われておしまい。「物言えばくちびる寒し」の世の中にしておくことが利益になる人々が確かにいる、彼等に尾を振る人々も。ネット用語ではそれをポチと呼ぶらしい。

空き巣に入られたなら盗聴器が仕掛けられたことも考慮するのは当然だと、テレビで時々報じる盗聴器除去会社のレポートからも分かります。
私は空き巣に入られなくてもインターネットのセキュリティはいつも考えています。それは世の中のセキュリティ全体について学ぶにも役に立つことです。
ちなみに 森ゆうこ公式サイトからブログ記事に入れます。
同じく、取調べの全面可視化を実現する議員連盟ホームページにも入れます。

取調べの全面可視化といえば、先日の山梨県内ニュースで、甲府地検が一部の取り調べの様子を録音・録画したDVDを証拠として提出することを撤回したと報じられました。2011年02月19日 朝日新聞山梨版記事
「弁護側は取り調べの一部の可視化は裁判員らに誤解を与える可能性があるとも主張した」と書かれていましたが、映像を傍聴席にも公開するかどうかの方に検察と弁護側の重点があったように、記事からは読み取れます。それでは問題の本質が違います。
一部可視化公開では証拠にならないという事が既に全国的に知れ渡っていることです。あの村木さん事件で証拠改ざんした検事が自分が取り調べを受ける時には全面可視化を要求したとかでネットで笑われていました。マスコミがこういう記事にするなら紙面だけにしてネット記事にはしない方が山梨のためかも知れません・・・て、ブログに書いちゃうって何なの?(^o^)

甲斐犬はポチにはならない甲州一揆のDNAが息づいているはずだ、いつかは必ず甲斐犬が牙をむきポチを駆逐する、私はそう思って甲府に居候しています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2011年2月22日、小沢一郎さんの党員資格停止関連のブログを見ている時に気が付いたので記録しておきます。
この件については、「ヘリパッド」(ヘリコプター着陸帯)を検索語にすると良さそうです。

nohelipadtakae.org は表紙で本体はブログになっています・・・やんばる東村 高江の現状―ロハスな暮らしの上空に戦争のためのヘリが舞う --Google Map 国頭郡(くにがみぐん)東村(ひがしそん)高江 〒905-1201
◇ 2011年02月20日に新橋~アメリカ大使館でデモが行なわれた- 2011年02月22日 東京デモ・主催者報告
 2.20「高江にヘリパッドを造らせるな!」アメリカ大使館抗議の暫定報告
 ネット巡回していて、このデモを取材した人のブログに最初に行き当たったのが、この記事を残す理由です-2011年02月20日19:44 日本の報道の惨状を目の当たりにした日曜日
20110220taiho  2・20アメリカ大使館前弾圧救援会、上記のデモの時に公務執行妨害で二人が逮捕され、その救援を訴えるブログが既に公開されています。
 Youtube 02.20アメリカ大使館前(JTビル前)での弾圧 、4分20秒頃~ 髪の毛を掴んで引きずった画像

沖縄の基地問題について私は普天間、辺野古などの地名しか知りません・・・ヘリパッド問題は2006年頃から・・・
ヘリパッド移設問題(資料) 『陸域の環境劣化は海域にも影響、また、計画されている普天間飛行場の辺野古(名護市東海岸)への移設計画ともリンクされていて、計画されているオスプレイ等ヘリコプター運用による騒音問題などは、確実に、沖縄ジュゴンにとっても、その生息環境を著しく悪化させる。・・・【注】当ページは2007年1月頃までの情報提供であり、その後については次のサイトをご参照ください』 と書かれています。2007年末くらいで更新は止っていますが、この期間に公開請求して入手した資料が多数、主としてヘリパッドと環境影響評価法令との関係を追っているようです。

◇ インターネット新聞JanJanの旧バージョン-2009/01/23 沖縄 ヘリパッド建設反対 県民集会ひらかれる、関連記事が多数残されています
◇ 沖縄タイムスには、高江ヘリパッド というカテゴリーがあります
◇ 琉球新報にカテゴリーは見つかりませんでしたが、2011年2月2日 高江ヘリパッド、磁気探査を強行 反対住民ともみ合い など関連記事

やんばるの森にヘリパッドはいらない ―住民の会の軌跡― これは2010年花園大学人権週間のディレクトリに掲載されている記事
『沖縄本島北部にあるやんばるの森林地域は、米軍の北部訓練場であるが、地球上でここだけにしかいないヤンバルクイナやノグチゲラなどの固有種や絶滅危惧種が生息している。世界的にも生物多様性に富んだ自然環境を有する森である。そこにある北部訓練場は、総面積約7800ヘクタールにも及ぶ世界で唯一のジャングル戦闘訓練施設である。やんばるの中にある東村高江区。東村には15ヶ所のヘリコプターが離着陸する「ヘリパッド」があり、そこへまた新たに6ヶ所のヘリパッド建設が予定されている。それらは、高江集落を取り囲むようにしてつくられようとしている。』--何故人権週間で取り上げられたのかは記事を読めば分かります。
◇ 2011年2月16日 「しんぶん赤旗」 主張 米軍ヘリパッド建設 たらい回しやめて計画撤回を

アメリカ大使館前で沖縄問題のデモがあり、これだけ多数の警察警備が行なわれても東京メディアは報じない? 県民がこんな形で逮捕されたのに地元版でも記事にはならないのか、私には記事が見つからなかった
朝日新聞沖縄版
毎日新聞沖縄版
読売新聞沖縄版
47ニュース沖縄
沖縄防衛局が平成19(2007)年9月から新たにスタート

沖縄県庁サイト-ヤンバル『沖縄本島の北部地いきのことです。ここは、海岸まで森林が続く場所で、大昔からほとんど変わらない深い森の中では、たくさんの生きものたちが生きています。』 世界遺産登録に向けて やんばる野生生物保護センター ウフギー自然館 世界遺産登録と言えば富士山が思い浮かぶ。こちらは文化遺産登録に移ったが、ヤンバルは自然遺産登録も可能な地域、それをぶっ壊しておいて環境保護を語る人々が確かにいるという事実。だから日本全国、沖縄じゃなくても他人事ではない。

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2011年2月22日夕方のニュースで、裁判が終るまで小沢一郎さんの党員資格停止が決定したと報じ、国民不在の政治だとコメントしていた。一つのニュースとコメントだけで書くのは私の情報処理スタントとしては憚られることだが、ここに「私の脊髄反射」を書いておくことにする。

主権者国民を考えているからこそ小沢一郎さんや支持する議員達が菅直人氏やそれに同調する人々と争うのだと私は考えている。
あまたの情報から自分達が肥えるようなつまみ食いで報じ、国民を「政治とカネ」で洗脳している大メディア自身こそ国民不在なのではないか。

『小沢さんの処分問題を議論した常任幹事会。仙谷さんの重大な事実誤認が明らかになった。仙谷さんは、東京地検の小沢さんへの処分を「起訴猶予だった。だから検察審査会が事件として取り上げ、起訴議決をしたのだ」と発言。事実は、「嫌疑不十分による不起訴」が正しい。処分の前提が間違っている。』 (8:38 AM Feb 15th webから) 川内博史さんのツイートがある。マスメディア(記者クラブ)の皆さんは、この常任幹事会の各員に「検審起訴」の最初からの経緯と理解を個別インタビューした記事を掲載してから、コメントを述べた方がよい。

【追記】 中塚一宏議員のブログに、小沢一郎さんが倫理委員会に提示された意見全文が掲載されている-「倫理委員会の皆さんへ 私の主張」(平成二十三年二月二十二日)
『倫理委員会におかれましては、ただ今申し上げました私の主張について、書面によりご回答下さいますようお願い申し上げます。』 と終っている。民主党本部が求められた回答をホームページにも掲載することは、小沢一郎議員に投票した有権者に対しても当然の義務だと私は考えている。川内博史さんのツイートに関して各員へのインタビュー記事云々は小沢さんの質問に対して答えることに等しいわけだ。
マスメディア自身が小沢さんの質問に対応する形で「小沢一郎問題」を国民に解説する特集記事を掲載するのも当然とも思える、ガチンコ勝負の開始ベルが鳴った・・・ここでマスメディアが逃げたらこれまでの記事は八百長でしたと認めることになる、だから小沢さんの主張を否定する記事も私は歓迎したい、小沢支持者の側が間違えていたのだとここで理解できるならそれでもよい、全てのメディアはこの土俵から逃げることはできない。

【追記-2】 2011年2月22日、森ゆうこ議員のブログで 「小沢一郎元民主党代表に対する審査の前に検察審査会の問題点についての精査を要望する申し入れ」、全文と添付資料が公開された。『倫理委員会における説明を断られたので、13:45に本部6階エレベーター前で各委員に、「小沢一郎元民主党代表に対する審査の前に 検察審査会の問題点についての精査を要望する申し入れ」を手渡した。』 これで委員にも逃げ道はない。この申し入れ書には検審起訴の問題点がきちんと書かれている。その一つ一つに反論するマスコミ記事も期待したい。


TVNewZealand からの Youtube 動画が検索できた・・・現地の方々の被害が少ないことをお祈りしたい。日本国の激震は国民がマスコミに汚染された頭を切り替えれば収まる。
Earthquake Hits South New Zealand 6.3 Quake Massive Damage, Many Deaths Reported
Major Earthquake has hit Christchurch, New Zealand
◇ CNNニュース-ニュージーランドで強い地震、建物倒壊で死者も
◇ 地震データがある-Large 6.3 Magnitude Earthquake Strikes Christchurch
Google blog 検索1時間以内 christchurch earthquake

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




地域の情報発信とまちづくり -素敵を伝える新しい地域コミュニティ形成手段の可能性-
平成22年度山梨大学・山梨県連携 地域活性化戦略プロジェクト
開催日時 : 2011年3月8日(火) 開場17:00~ 開会18:00
会場 : 甲府市社会教育センター(舞鶴城公園東南角の向かい側) 駐車場無し

先日のガチンコジウムVで甲府市景観計画について報告された山梨大学大学院医学工学総合研究部准教授 石井信行さんの研究室(NPDL)の主催です。
私は石井研究室のイベントでは、甲府の公共交通シンポジウム、2010年3月3日に参加して、都市計画と交通計画、環状道路北部区間を書きました。

パネリスト
高杉’Jay’二郎さん、Wikipediaに紹介記事があります。
株式会社ネオスペースの樋口光仁さん、岡島百貨店でヨンさまのイベントを仕掛けられ、風林火山博にもたずさわられた方です。
◇ 佐藤浩一さんのブログ-地域を楽しむ、家族を楽しむ、少しだけ仕事を楽しむ。
◇ 外川智恵さんのブログ-colourful diaryが見つかりました。

パネルディスカッションのタイトルは、「まちづくりへ繋がる情報発信」です。趣旨をここに引用(改行のみ編集)して掲載させていただきます---

まちづくりには将来像や意識の共有が大切です。それらを促したりサポートしたりする手段として,まちづくりや地域に関連する情報発信に着目しました。
過去には行政などが作成する観光案内や旅行ガイドブック,著名人や専門家によって書かれた旅行記や随筆などが地域に関する情報発信のメディアの中心でしたが,近年ではそれらはインターネットのウェブページを通じて提供されることが一般的になってきています。
また,一般の人々から行政までブログやツイッターで,即時的な情報を発信するようにもなってきています。
さらに注目されるのが,これらのインターネットのツールを使って,まちづくりに関わる人々がネットワークを形成する状況が見られることです。
そこで,まちづくりにおいて重要度が増して来たと見られる,新しいメディアを用いた地域の情報発信について,その特徴や問題点について議論したいと考えています。

ちなみに、『甲府市と笛吹、甲州、山梨の峡東3市は17、18の両日、雑誌記者を招いて観光名所をPRする合同エキスカーションを開いた。』 と報じられた山梨エキスカーションについて、参加された編集プロダクションスピンドリフトさんのブログが既にあります。まさに「論より証拠」です。甲府市副市長さんが実証されておられることも確認できます、私も Twitter 始めようかなぁ(^o^)

この時間ではまだお仕事中なので参加できない方々も多いとは存じますが、万障お繰り合わせの上・・・って書く私自身はどうなるか・・・年度末追い込み中、確定申告未だ手つかず・・・(^_^;)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




山梨県甲府市の地元イベント情報を追いかけていたので、鳩山由紀夫さんの海兵隊抑止力に関した「方便」発言はスルーしていたのだが、ブログ巡回を再開してみたら論調の様子がおかしい。小沢一郎さんの「政治とカネ」のように、鳩山さんが「方便」と言ったと書かれたその言葉だけが一人歩きして、普天間問題の本質が隠されているように思えた。私の悪い癖でソースを探した。

沖縄基地問題を真摯に考えている国民が読んでおくべきは次の2つの記事だと私は思う。国民がソースの確認できない記事ばかり読んでそれを信じていると、日本沈没は加速するだろう・・・
「在日米軍の抑止力が大切」、「だから基地が必要だ」と語るのは、日本国民の稼いだカネを進貢し冊封により成り立つ政権維持の「方便」だということを自分で確かめたいものだ。
◇ 沖縄タイムス 2011年2月17日 [視点]「抑止力」の検証こそ必要 鳩山氏発言の波紋(政経部・黒島美奈子)
◇ 琉球新報 2011年2月18日 【特別評論・鳩山「方便」発言が問うもの】 検証すべきは「抑止力」 政局の陰で埋没する核心(松元剛・琉球新報政治部長)


以下、私の検証を記録しておく。
新聞に掲載されたインタビュー記事が火元のようだ・・・
◇1. 2011年2月13日 沖縄タイムス、 鳩山氏「抑止力は方便」本紙インタビュー 辺野古回帰 理屈付け 普天間移設 戦略の欠如 陳謝
◇2. 2011年2月13日 琉球新報、「抑止力は方便」断念理由後付け 鳩山前首相、普天間で証言
◇3. 2011年2月13日 琉球新報、鳩山前首相一問一答 見通しなく「県外」発言
◇4. 毎日新聞 2011年2月14日の記事によると、鳩山前首相:米軍抑止力発言、「方便でした」と釈明 の見出しで、『インタビューしたのは共同通信と、琉球新報など地元紙』となっている。
◇5. 共同通信、鳩山由紀夫前首相のインタビューの一問一答は次の通り。 これは(3)と同じ
◇6. 共同通信、海兵隊の「抑止力」は後付け 鳩山氏、普天間の全容語る

在京中央紙の朝毎読日経では一問一答の記事が出たのかどうかは確認できないが、毎日新聞(4)が書いたように、『インタビューで鳩山氏は「辺野古しか残らなくなった時に理屈付けしなければならず『抑止力』という言葉を使った。方便と言われれば方便だった」と述べ、「後付け」の説明だったと明かした。』 という部分だけが報じられたなら「方便」が一人歩きするのが理解できる。

すなわち、(1)、(2)、(6)に書かれたような、『移設先を名護市辺野古と決めた理由に挙げた在沖海兵隊の抑止力について「辺野古に戻らざるを得ない苦しい中で理屈付けしなければならず、考えあぐねて『抑止力』という言葉を使った。方便と言われれば方便だった」と弁明し、抑止力論は「後付け」の説明だったことを明らかにした。』(1) と要約されたインタビューの全文を確認できない報道の引き起こした問題だろう。

(記者)―県内移設理由として在沖米海兵隊の抑止力は唐突感があった。
(鳩山) 「徳之島も駄目で辺野古となった時、理屈付けをしなければならなかった。海兵隊自身が(沖縄に)存在することが戦争の抑止になると、直接そういうわけではないと思う。海兵隊が欠けると、(陸海空軍の)全てが連関している中で米軍自身が十分な機能を果たせないという意味で抑止力という話になる。海兵隊自身の抑止力はどうかという話になると、抑止力でないと皆さん思われる。私もそうだと理解する。それを方便と言われれば方便だが。広い意味での抑止力という言葉は使えるなと思った」

私は下線部分の言葉の使い方に疑問を感じた。
(鳩山) 「海兵隊自身の抑止力はどうかという話になると、抑止力でないと皆さん思われる。私もそうだと理解する。 」
(記者)―そうすると、抑止力とおっしゃったのは方便ですか
(鳩山) 「それを方便と言われれば方便だが。広い意味での抑止力という言葉は使えるなと思った」

この記者の質問が間に挟まっているはずだ。それを省いて鳩山さん自身の言葉として一括の発言として掲載した手腕、「方便」という言葉を使った質問で「嘘も方便」的な印象を与える応えを引き出した記者は記者クラブから金鵄勲章ものだ(^o^)

共同通信からの配信で全国版記事が掲載できる地方紙では、共同通信の組み立てたシナリオで記事にするしかあるまい。そして冒頭にリンクした二本の論説で地元紙としての姿勢を明確に示した。ジャーナリズム精神をまっとうされたのだと私は理解した。
中央各紙がこの件についてどんな論説を書いたかは確認しておくべきだが、おそらく無駄な時間になるだろう。


「方便」 という言葉を久しぶりに聞いた気がするので思い付いたことを書いておきたい。この言葉で鳩山バッシングする方々はブーメランも予想しているはずだ。
押し紙、高給社員を養うための「方便」
視聴率調査、番組内容を切り替えてスポンサーを守り広告料を高めたり国営放送の組織維持を計る「方便」
審議会、『国民各層の利益を代表する事業者・生活者団体委員と、実務・学識経験者などのいわゆる公益委員により組織』したと国民に思わせることにより、行政の施策をそのまま通過させる「方便」
その他、「公聴会」とか「パブコメ」などの「方便」も活用されている
・・・・と思っているのだが・・・

にほんブログ村 ITニュース←ITについて情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「やまなし映画祭2010」、3月18日(金)~20日(日)、3月26日(土) は中止になりました。
「パチャママの贈りもの」、3月20日(日) 上映会も中止になっています。


やまなし映画祭2010 ホームページが出ています。
山梨県立大学が事務局を担当する2010年度のプロジェクトとして、2011年3月18日(金)~20日(日)、3月26日(土)の4日間に甲府市で開催されます。【画像はサイトから借用しました】

やまなし映画祭2010

スケジュール : 内容紹介はサイトに記事があります
3月18日(金) : 会場・甲宝シネマ
 19:30-「キングコング対ゴジラ」 (無料です)
 
3月19日(土) : 会場・岡島ローヤル会館(岡島百貨店の北側エレベーター利用)
 13:00-「plus one vol.3」
 16:00-「東宝特撮ファンミーティング」
 
3月20日(日) : 会場・岡島ローヤル会館
 13:00-「脚の生えたおたまじゃくし」
 14:30-「電話番号が必要だ!!」
 15:15-「大拳銃」
 16:15-「サムライ・アベンジャー復讐剣盲狼」
 
3月26日(土)
 13:00-「キャタピラー」 会場・岡島ローヤル会館・・・2011.02.14 ワークショップ@山梨 文学シネマアワード をご参照ください
 16:00-「孤高のメス」 会場・甲宝シネマ
 16:00-「ヤーチャイカ」 会場・岡島ローヤル会館

キャタピラー チケット発売 : 2011年2月19日(土)から前売開始です。前売期間は上映日の1週間前まで、余席がある場合は当日券が発行されます。
3月19日:1日通し券 1,000円
3月20日:1日通し券 1,000円
3月26日:「キャタピラー」 と「孤高のメス」 は各1,000円、「ヤーチャイカ」 は 2,000円
私はファミリーマートで「キャタピラー」のチケットを入手しました。


やまなし映画祭とは別枠ですが・・・・
 「パチャママの贈りもの」 3月20日(日) 午後2時から甲斐市敷島総合文化会館 前売中 1,000円
2010年公開された映画『パチャママの贈りもの』。これは日本人監督がボリビアで撮影した映画です。俳優さんは全員現地の素人。ボリビアの素晴しい自然と、そこに暮らす人々の生活を特にドラマチックでもなく淡々と映し出しています。
上映案内ページがあります、県内での公開が無かったので、山梨在住の人たちから「観たかった!」という意見が多く、『グルーポ・モンターニャス』がこの映画の一度だけの上映権を得て山梨で一回限りの上映をする事になりました。

関連情報-富士の国やまなしフィルム・コミッション 山梨ロケ作品のオンエア予定日案内

関連情報-「山梨 文学シネマアワード2011」 に関して、「夏木マリ チャリティコンサート」の中止とチケットの払い戻しについてお詫びメッセージがございましたので、お心あたりの方はご確認ください。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )




2011/2/18 18:53 山梨放送のニュース
『石和温泉旅館協同組合によると、運行開始直後に社団法人日本バス協会が全国の加盟業者に対して、高速ツアーバス事業に関する通達を行った。通達は特定の事業を指してはいないが、「観光なしに決まった場所を移動するだけのツアーバスは実質的に国の許可が必要な路線バスであり、道路運送法に抵触する恐れがある」と指摘している。組合などでは「見解の違いであり法令違反には当たらない」としているが、通達を受けて今月いっぱいでの運休を決めた。』

関連記事を調べてみました--
格安バスで温泉客誘致 石和旅館組合が11日から運行 石和-東京を片道1000円(山梨日日新聞 2011年01月05日)
片道1000円のシャトルバス、石和温泉―東京・新宿間(旅行新聞新社 2011/01/24)
格安シャトルバス というホームページが既に公開されていて、2011年1月26日(水)には「 サービス休止のお知らせ」も掲載されていました。
株式会社キャブステーション がこのプロジェクトの中核のようです--「格安シャトルバスの運営主体である株式会社キャブステーション・・・」

日本バス協会通達の後ろには国土交通省(旧運輸省)がいることは誰にでも推測できることです。「自動車による公共交通」のテーマでは従来からの路線バス、タクシー以外にも、スクールバス、通勤バス等々、近年では福祉タクシーとかデマンド交通の問題もあります。甲府シティーシャトル(レトボン)などの街バス、100円バスのような地域のプロジェクトもあります。特殊な業務では運転代行も必要な地域があります。

タクシー業界も2001年許認可行政の規制改革が挫折して次々と問題解決に追われているようです。単純に「格安」だけが売り物ではなく、ハンドルを握る人にも乗客にも、その車と出会う街の人々にとっても、安全で快適な「公共交通システムの価格」は、誰がどこでどのように決めればよいのか、今回のニュースからも考えさせられます。
国民が自分達の生活環境を誰に委嘱してどのように整えていくか、主権を発揮するのは選挙の投票しかないとは言えないICT社会になって欲しいといつも思っています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引
<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




「夢を繋ごう!甲府中心街の未来」 ガチンコジウムⅤ の開催情報を確認した時に私が興味をもったのは、「甲府中心街歩行量調査結果」に関するテーマでした。ニュース記事ではたびたび見てきましたが、この調査について公式な情報は 甲府市中心市街地活性化基本計画(平成22年11月12日変更認定版) の中で 「1.中心市街地の活性化に関する基本的な方針-[2]中心市街地の現状分析」 にあります。(PDFファイル)

Chosa01 丸数字は調査地点番号で、下の地図に参照番号が付されています。
「甲府中心街歩行量調査結果から」 伊東洋晃さん(山梨学院大学現代ビジネス学部准教授)のご報告は中心市街地活性化基本計画掲載のテーブルに加えて平成22年までのデータを用いた分析がされたものでした。特に21年と22年の比較では歩行量増加が顕著だったことを踏まえて、調査地点を結ぶ街路をゾーン化して増減傾向を分析されたお仕事が大変興味深いものでした。
オリオン通りからかすがも~るに至る南北方向での顕著な増加に対して、甲府銀座商店街(東西方向)、岡島百貨店南側の城東通り(東西方向)では減少傾向、JR北側の朝日通り商店街地区も減少しているなどが示されていたようです。【メモをとりませんでしたので間違いがあるかも知れません】

Chosa02 それらがどんなことに起因するのかというような検証は、地元商店街の方々などを含めた歩行量調査結果検討会で丹念に考察される必要があるでしょう。データを集めて死蔵しているだけでは何の意味も無いので、フィードバックできるから調査の意味があるのですから、今回のご報告の正式な公開と活用を甲府市のしかるべきセクションにお願いしたいと私は思いました。

Chosa03 「甲府駅南口の景観将来像」 というテーマに関しては、甲府駅南口周辺地域修景計画策定県市共同事業が関係していると思います。既に 2010.12.20 「甲府駅南口周辺地域の修景の方向性(素案)(PDF:1,591KB)」が出ています。
甲府市中心市街地活性化基本計画でも 「甲府駅南口市街地再開発検討事業―甲府駅南口の土地の高度利用を目指し、市街地再開発事業を検討する。」 が含まれています。

「甲府駅南口の景観将来像について」 を報告された石井信行さん(山梨大学工学部准教授)は、3月16日まで実施中の 甲府市景観計画(原案)への意見募集、この計画策定に関わっておられたとのことです。「甲府市にとって周辺の山並みが財産だ」と言われた石井さんの言葉が印象に残りました。
「修景計画策定県市共同事業」と「甲府市景観計画」とを読み比べるのは大変ですが、年度末の仕事が終ったら挑戦してみたいと思っています。
【ガチンコジウムVに参加できたので当初の記事を補足してあります】

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 1 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ