ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




和穀菜汁

この猛暑はいつまで続くのだと、去年のブログを見ながらハッと思い出した。
新米だよ、和穀菜汁 魁 に行ってこよう・・・

米袋をみながら熊本県の「森のくまさん」は災害支援の気持ちも込めて買ったのだったとか思い出したけど、最近は和穀菜汁に出かけてもブログには書いていなかったので、久しぶりの記事になりました。
佐賀県の新米・七夕こしひかり

いつもなら 「なんかありますか?」 と店長さんに尋ねてご紹介の銘柄から選ぶのですが、今回は 「七夕、ありますよね」 で話が通じてしまいました。米袋には今年産のシール初登場しました。七夕コシヒカリ、店長さんのブログです。

前に訪問した時に撮っていた写真が手元にあったので、ついでに掲載しました。以前とは店内のレイアウトが変わっていたのです。広々とした雰囲気になりましたが商品点数などに変わりないとの事でした。

炊いたご飯がどんなものになるか銘柄を示して分類した表にびっくりしたのを思い出しています。平成28_2016年度五ツ星お米マイスター に合格した店長さん、さすがです。ありがとうございます。
和穀菜汁

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




はくばく直営店 【和穀菜汁 魁】の9周年祭☆開催!! 記事が出ていました(2017年5月5日)。5月7日~10日はお休みです。
私は4月末ゴールデンウィーク前にお米を半月分ほど補充していましたが、また購入時期になるのでチャンスを活かそうかと思っています。

和穀菜汁9周年感謝祭

昨年の8周年感謝祭 を記事にしていました。
今年の9周年で大きな違いの一つは、和穀菜汁魁の店長が三つ星から昇格されて「五つ星お米マイスター」になられた事でしょう。そしてお米以外の食材も種類が多くなり、「白州の野菜、卵」 を4月末にお米と一緒に購入しました。
益々のご繁昌をお祈りしています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和穀菜汁 ふらりと立ち寄ったのは甲府市千塚の音羽橋近くにある和穀菜汁 魁 です。お店の前を通りかかった時に来週10日・11日が定休日だと気付いたから・・・
米びつが空になるのは避けたい、何があるか分からないご時世ですから、危機管理のかなめで食料確保。

「何かありますか・・・」と毎度の如く店長さんに訊きながら、「嵐にしやがれ」に気付きました。

「あれは?」「テレビドラマで使われたお米です」と店長さん。
ということで、2キロ求めたのですが帰宅して検索したのはネットオタクのサガ、日本テレビ「嵐にしやがれ」、視たことも無いドラマでした。

和穀菜汁 まあ、とにかく、これで嵐が来ても大丈夫だと思いながら、ふと気付いたのは店長さんが抱えている分厚い物・・・
和穀菜汁
「認定証書」の文字が気になって見せて欲しいと強引に、開いてビックリ・・・・

和穀菜汁

日本米穀小売商業組合連合会 から お米マイスター全国ネットワーク
平成28年度五ツ星お米マイスター合格者を発表します。 で店長さんのお名前も。
お米マイスターのいるお店案内、全国都道府県別一覧

手塚店長が三ツ星お米マイスターとは知っていましたが、さらに研鑽を重ねて取得された「五ツ星」、一定の実務年数が必要な資格です。心からお祝いを申し上げます。食べることしか能が無い私、頼りにしてます。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和穀菜汁

お盆休みに入る前に和穀菜汁 魁 から情報があり、今年の新米佐賀県産「七夕こしひかり」が割安で販売されるとのこと。

7月末に求めた福井県産の「特別栽培あきさかり」3キロが未だ残っていたのですが、七夕コシちゃんは毎年恒例なので出かけました、2012年からのお付き合い

5キロ単位特売なので店長さんに二袋に分けていただけるか伺ったら快諾、2:3分割でラベルも両方に貼ってくださいました。

和穀菜汁

月に2回ほどしか和穀菜汁さんには行かないのですが、訪問のたびに店頭も商品構成も変わっているのが興味深いです。

和穀菜汁

精米してからすぐに食べるという方針で以前は2キロずつ購入していましたが、根が出不精なので、いつしか3キロずつにしてしまいました。店内にあるお米を全品走破するには、やはり2キロずつに戻そうかと思いながら店内撮影をさせていただきました。2キロ X 2回/月 X 何か月 で全種走破成るか?
和穀菜汁さん、まだまだお世話になります。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨県甲府市にある「和穀菜汁 魁」ホームページで 8周年感謝祭5月14日開催!!(2016年5月1日)に気付きました。

もう8年も経ったのだなぁと思い、2009年5月26日に書いた 和穀菜汁、美味しいご飯 を開いてみました。和穀菜汁カテゴリー で初めて書いた訪問記です。
ホームページからチラシ画像を拝借しました・・・

和穀菜汁8周年祭

「和穀菜汁 魁(サキガケ)」は、株式会社はくばく の直売店舗、「はくばく]は ヴァンフォーレ甲府 のスポンサー企業です。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




いつもの 和穀菜汁 魁 へお米を買いに出かけました。これまで見なかったものが店頭に並べてあり、なるほど!と感心して撮らせていただいたものです、

精米サンプル

スーパーのお米売り場に置かれているのと違って和穀菜汁では玄米が並んでいて、価格は玄米1キロで表示されています。

和穀菜汁 和穀菜汁

今日は峡北産コシヒカリにしました。山梨県北杜市長坂の産出です。

和穀菜汁の米袋を私は使い回しています。手元には2袋あって残量が乏しくなると、別な袋を持って買いに行くので、貼られたラベルは日付順ではありませんが、自分が求めた米の銘柄が一覧できます。

米袋の片側には購入品の明細が記載されたラベルが並びます。この購入日から自分がお米を食べるペースの確認もできます。

ご飯は玄米から搗きたてのお米で炊くのが一番美味しいと聞いたことがあるので1キロでも買える和穀菜汁さんとの付合いが始まったのですが、最近は買い物に出かける時間も不規則になり、3キロになっています。

子ども時代の学校理科室にあった色々な標本を思い出したので、今度出かけたときは、精米プロセス見本について詳しく尋ねてみたいと思っています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回購入したのは「いくよちゃん」です。いつものように玄米3キロを精米していただきました。
いくよちゃん_宮城県産新米 宮城県庁に トピックス(H22)/ササニシキタイプの良食味米「東北194号」(掲載日:2012年9月10日更新)
農業・食品産業技術総合研究機構の平成21年度記事に、食味特性が「ササニシキ」に類似した耐冷性が強い良食味水稲新品種候補「東北194号」 がありましたので引用・・・

「東北194号」は、宮城県古川農業試験場において、「ササニシキ」に替わる品種を目標とし、「ササニシキ」を母、「ひとめぼれ」を父として、2001年6月に人工交配を行い、その後代の小集団から炊飯米特性と耐冷性を重点に選抜して育成した系統である。

日本経済新聞サイトに掲載された記事 「ササニシキ・つや姫・あきたこまち 東北のコメ三国志」(2014/4/28) には、『「194号」として12年に品種登録した』と記されていました。ネット検索では「ささ結」と「いくよちゃん」と両方が愛称として出てきます。
誕生の地 宮城県大崎市の記事では 『本市では、東日本大震災後の復興のシンボル米として位置づけ、市民より愛称を募集し「ささ結(ささむすび)」と愛称を決定、平成26年5月に商標登録を済ませました。』とあります。 大崎市長コラム平成26年10月「ササニシキ復権物語」、市長さんも気合いが入っています。

「お米」として宮城県「ささ結®」と言われればすぐに「ササニシキ」と結びつけられると思いますが、私は「いくよちゃん」と呼びたいです、何人目かの初恋の人と同じ名前だから。
和穀菜汁 魁(さきがけ)の店長さん、今回もありがとうございました。私をセンチメンタルジャーニーに導いてくれるなど、さすがに 「三ツ星お米マイスター」です。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




8月半ばのお盆休みの前、甲府市千塚にある和穀菜汁 魁(わこくさいじゅう さきがけ)も数日間休業と情報を得たので、お米の補充に出かけました。毎度のことで「何かありますか?」「新米入ってます!」で「七夕こしひかり」に案内されました。即決です。
使い回しているお米の袋には最後の1回分ほど残っているので、新しい袋に入れていただきました、その画像です。

新米、七夕こしひかり

日本各地のお米の銘柄を知りご飯を炊くというのは、こちらに来て和穀菜汁さんとお付き合いするようになってからの充実した食生活です。このブログのカテゴリー「和穀菜汁」に数本の記事があります。(上欄で記事投稿日時の左にあるカテゴリー名をクリックすると全記事が開きます)
佐賀県産「七夕こしひかり」は 2012-08-11 平成24年産の記事 でチラシ画像などもアップロードしています。
その記事に書きました・・・「入荷が限られているので毎年すぐに売切れます」 と言われれば、玄海原発もお休みしているし乗りました。と・・・

七夕こしひかりチラシ

鹿児島県川内原発に続いて佐賀県も愚かな原発行政と協働するなら、私としては最後の「七夕こしひかり」かもしれないなぁと思いながら今日のブログに残します。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和穀菜汁 この2キロ入り米袋は使い回しています。「島根県 石見銀山特栽つや姫」は昨年12月末に購入し、「佐賀県 特栽さがびより」は1月半ばに購入したものです。
甲府で降雪ありという天気予報が出ていることも考えながら、「和穀菜汁 魁」にでかけました。

「なんかありますか?」と店長さんに意味不明な質問をして店内お米のスペースを歩き回るのが私の習わしです。「これは新種です、まだお米屋さんにしかありません」と紹介されたのが秋田県産「秋のきらめき」でした。
今回も2キロ(玄米ベース)求めて精米していただいたのが、写真の袋に入っているお米です。

秋田米のブランドといえば「あきたこまち」の名前を知っています。「秋のきらめき」もおそらくブランド戦略の一環だろうと思いました。

秋田県サイト内検索をかけたら、秋田県議会質疑応答がヒットして加藤鉱一議員の質問と秋田県知事の答弁が読めました・・・2013年2月定例会の議事録抜粋『先般、県では「あきたこまち」並みの食味を持つ「秋のきらめき」と「つぶぞろい」の2つのオリジナル品種を発表いたしました。今後、秋田米ブランドの再構築に向け、食味向上対策や新品種の活用に、どう取り組み、秋田米の振興を図っていくのか、知事の基本的な考え方についてお聞かせをください。』
2012年12月10日農林水産委員会議事録、「秋のきらめき」と「つぶぞろい」のネーミングについて質疑応答があります。
正直言って驚きました。秋田県議会サイトの議事録公開システムは立派な「秋田ブランド」だと思います。とくに街づくりについて委員会議事録を読んでみたいです。

秋田県農業試験場で[2014年4月2日 登録]記事、○育成品種 「秋のきらめき」があります。『「秋のきらめき」は早生の早、やや長稈、穂数型で耐冷性極強、良食味の粳種です。既存の品種「でわひかり」、「たかねみのり」に比べ耐冷性、いもち耐病性ともに強く収量性も高い。玄米の外観は「でわひかり」、「たかねみのり」並に良質で、タンパク質含有率は「でわひかり」、「たかねみのり」より低い。食味は「あきたこまち」並に良好です。栽培特性、熟期からみて県内の中山間地などが普及見込み地帯となります。』

秋田県チラシ

◇ 上の掲載画像のソースは、秋田県庁サイトでkirameki.pdf

東北農業研究センターで・・・
◇ 研究成果情報≫平成22年度早生で耐冷性が強く良食味の水稲新品種候補「秋田96号」の育成
◇ 研究成果情報≫平成24年度早生で良食味の水稲新品種「秋のきらめき」の採用
(自分はこちら方面も全く無知ですがリンクだけしておきます)
そして・・・
◇ 2012/11/22 ニュース記事で、秋のきらめき・つぶぞろいに名称決定、27年産デビューに向け原種生産=秋田県
◇ 秋田県北秋田地域振興局職員による地元大館市・北秋田市、上小阿仁村の紹介ブログ・・・2013/8/14 記事 「秋のきらめき~コメの花~」、新品種の「秋のきらめき」の稲の栽培場所の写真と記事がありました。

未だ見ぬ遠い国、秋田県がなんだか身近に感じられたネット情報でした。さて、これから「秋のきらめき」で夕食です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和穀菜汁_2014-02-18 15日から17日、仕事の合間を見て少しずつ埋もれた車を掘り出して動けるようにはしておきましたが、面倒な仕事に追われていたので閉じこもり。17日に炊いたご飯でお米が無くなったし、タバコも切れるので本日18日、買い物に出かけることにしました。

いつも通る幹線道路も路肩に雪が積み上がっていて片側一車線走行でした。
ニュースで知ってはいましたがスーパーは食品、食材の棚はほぼ空っぽで、なんとお米も無い

実はいつも行く 和穀菜汁 魁 055-252-8593 に電話したのですが繋がらず、月曜日は定休日ですが本日火曜日も開店できない状況かと思っていました。
荒川に架かる音羽橋のたもとにセブンイレブンがあります。駐車場も広いので立ち寄ってタバコなど求めようと車を走らせたら、隣にある和穀菜汁が営業していました。出勤できているスタッフさんが一人で対応しているようで電話に出られなかったようでした。お米は「売るほど」ありました
無事に買えたお米の記念写真を残します。米袋は3キロ入っています。最近は秋田県産の「淡雪こまち」にはまっていて、毎回2~3キロずつ求めていますが、今回は2月始めに買った分がちょうど無くなる頃に想定外の大雪だったのです。

私は仕事に熱中すると食事が面倒でタバコとコーヒーで一日過ごすこともあります。お米があってご飯が炊ければ、あとはなんでもよいという食生活ですが、大雪災害でお困りの方々の報道には心が痛みます。災害用非常食が山梨県防災新館屋上ヘリポートからピストン輸送されているだろうと思いながらネット記事に目を通しています。
19日~20日にまた南岸低気圧の予報が出ていますが、内陸には雪が降らないように願いたいものです。

既に更新されているWikipediaの記事を見ていて思いました。甲府盆地の積雪49cmを想定して計画された交通インフラ(リニア中央新幹線)も、今次大雪の114cmで計画修正の必要があるのか、無いのか。まさに福一原発の津波想定と同じようなことが考えられます。今後のリニア情報に要注意でしょう。
もう一つ今次大雪ニュースを見ながら考えたことは、高速道路の通行止が何故必要なのかということです。以前東京の大雪のときに同じ体験があります。首都高速から降ろされる車と私のように下道をのろのろ走る車とのバッティングで渋滞が延々と続く。障害物が無い高速道路こそ除雪車を先頭にして走らせればよいじゃないかと、その時は思ったのです。戦車を先頭に歩兵部隊が進軍するようなもんです。地震で崩壊するならともかく、高速道路はそういう役目もあるのではないか。非常時に役立たない高速道路に何の意味がある。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




シバ犬 いつもの、和穀菜汁 魁 にお米を買いに行った時に、レジのそばに置かれていたチラシを貰ってきました。

「ぎん」くんという名前の2才のシバ犬が、8月23日から行方不明で、和穀菜汁さんにも数日前にチラシが届けられたとのことです。

チラシには飼い主さんの連絡先も書かれていますが、カットしました。「ぎん」くんの消息をご存じでしたら、和穀菜汁さんに電話してください。ホームページにありますが、055-252-8593 夜7時まで営業です。

つぶらな瞳で見つめられるシチュエーションには、からきし弱い私なのでチラシをいただいてブログに載せることにしました。

新米・一番星 本日の目的は、この新米「一番星」で達成しました。

8月には既に佐賀県産の新米「七夕コシヒカリ」を求めていました。その時ブログに書き忘れたので昨年の記事にリンクしておきます。

この茨城県の「一番星」は千葉県の「ふさおとめ」から生れた新種とのことです。
山梨に来て葡萄や桃の品種の多いこと、それらには生み出された歴史がある事を知りましたが、お米でも同じような歴史があるのですね、それを和穀菜汁とのお付合いで知る事ができます。しかし興味があっても私には農業参入はできないから「食べる人」に徹します。

福島県における多くの家畜たちの悲惨な状況を知りましたが犬や猫までも見捨てられたケースも多いと思います。
子供たちまで見捨てている人々は一体何を大切に思っているのか、私には理解不能です。
私は福島、茨城その他東日本地域の食材を、太平洋の魚を含めて、こだわり無く求めています。これからもそうするでしょう。膨大な情報を読んで分かった上でのことです。
しかし身内の子育てママ達には厳しく言っています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




七夕こしひかり
JA佐賀の品種紹介ページ は見つかりました。

七夕こしひかり

和穀菜汁
お米の在庫が無くなりまして、空になった袋を持って甲府市千塚の「和穀菜汁 魁」に出かけました。「なんか、ありますか」といつもの調子で自分で考えて選択するの回避。
「新米が入っています」 と言われて、「えっ?」未だ8月の初めです、私の知識ではそんなのアリエナイ。説明を伺いチラシをいただいて納得、「入荷が限られているので毎年すぐに売切れます」 と言われれば、玄海原発もお休みしているし乗りました。
前回は山梨県の武川コシヒカリでした、和穀菜汁の袋を何回か使い回して履歴が分かります。5キロほど入る袋ですが、いつも2キロずつ購入して店頭での精米から日数が経たないうちに食することにしています。

これまで「逸店逸品」カテゴリーにしていましたが、お米はこのお店でしか買わなくなっていますので、「和穀菜汁」カテゴリーとして独立させることにしました。そうしたら、昨年も「七夕こしひかり」を求めていたことがわかりました。私の脳細胞はやはりFAT16程度に劣化しているのかも知れません。
ちなみに、ラベルの「国内産うるち米」とは、北斗米「ゆきのつや」で、ラベル制作が間に合わなかったらしいです。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




北斗米 ゆきのつや 北斗米「ゆきのつや」の産地は北海道 (※)
特徴―ゆめぴりか・ななつぼし・おぼろづき・あやひめ・きらら397 の5品種の種もみを1つの田んぼに混ぜて育てた栽培方法で病害虫にも強く、農薬・化学肥料の使用回数も減らすことができました。
北斗米とは、大雪山の澄んだ水と魚カスを主体とした有機肥料をたっぷり使い、さらに安全を求め農薬を最小限に抑えて栽培しています。

お米のストックが切れて、いつもの和穀菜汁 魁に出かけました。私は2か月間に3回くらいお米を買うペースですが、1回に2~3kgにして、お店が用意している色々な銘柄から選んでいます。とは言っても大抵は「今日のお勧めは何ですか?」という問いかけで始まるのですが。今回は北斗米「ゆきのつや」を選択したのです、ふとオリンピック五種競技イメージしたのかも知れません。

北斗米 「ゆきのつや」 は植物が本来持っている力を引き出す栽培方法で育てたお米だとのことです。「混植栽培」と書かれている記事もあります。
★ お米を収穫してから混ぜる「ブレンド」ではなく、種もみの段階で混ぜ合わせて植える。
★ 異品種間の競争による相乗効果が生まれ、根の張り方から競い合い、元気に育ち、倒状にも強くなる。
★食味のいいもの、病害虫に強いもの、収量の多いもの、粘りが強く、つやがあるものなどの品種の特徴が充分に発揮される。
★ 有機肥料をたっぷり使っているので、農薬も減らせるし、玄米で混ぜるより美味しくなる。

(※)【北斗会】 ~ 有機栽培米研究グループ
 『北斗会』 は、米どころ 北海道上川郡東神楽町 を中心に70名の農家が参加して作られた、有機栽培米の生産者の会です。会の結成は平成3(1991)年ですが、有機栽培は昭和63(1988)年より本格的に取り組んでいます。毎年研修会を何度も行い、各地の視察や情報交換しながら無農薬栽培をめざしているグループです。
主な栽培品種は「ほしのゆめ」「ななつぼし」「きらら397」「混植米(ゆきのつや)」です。
東神楽町サイトのリンク集に東神楽町米麦改良協会があります。

株式会社 大地を守る会から Youtube 動画、米レポ 11.6.29 北斗会(北海道旭川市・東神楽町) などもありました。
東神楽町は旭川空港をかかえています。

東神楽町は大雪山連峰のふもとに広がる上川盆地の肥沃な土壌を生かし、北海道でも有数の米どころとして知られ、稲作を中心とした農業が盛んです。(概要|町の情報|東神楽町
北海道庁の農業ホームページ初めて開きましたが、泊原発があるのでずっと測定を続けていたのでしょう、「<参考>過去3年(H19~21年)の北海道の精米等における放射性物質モニタリング結果」も記載されていました。

福島の事故により、原発が破綻した時には大地がどのように汚染されるかがはっきり分かりました。営々と築かれて来たであろう農業は壊滅だろうと思っています。
発電をやめている原発も休火山みたいなもので、廃炉が決定されても死火山になるまでの何十年かの間に天変地異が襲いかかれば、何が起るかわかりません。溜まっている放射性廃棄物も後世に引き渡すだけらしい。
そんな状況の中で美味しい安全なお米つくりに励む方々の様子を、北斗米「ゆきのつや」を手がかりに知る事ができました。
「混植栽培」 いろいろと考えさせられるヒントをいただきました。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和穀菜汁 魁 2011年10月25日(火)、届いていたDM(葉書)に引き寄せられて、甲府市千塚にある和穀菜汁「魁」までお米を買いに行きました。
先週はお米のストックと食事回数を考えながら、買い物に出かけるタイミングをはかっていたのですが、その時にDM葉書が着信して本日まで延ばしたわけです。

● 10月25日~30日(日) 新米増量フェアー、私はサイコロで(1)の目が出まして、購入した佐賀県産の「夢しずく」を2割増量していただけました。

● 10月29日(土) フリーマーケット、野菜市の開催、野菜市は30日も開催とのことです。

パンとおむすび 今日は新しい発見がありました。店頭に朝日工房 ココットのパンも置かれていたのです。このお店は朝日通り商店街のイベントの時などに知ったのですが、最近はご無沙汰でした。

お米屋さんでパンを売っているってのが、スゴイ画期的な出来事じゃないか?(^o^) それで仇同士が並んだ一枚。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




和穀菜汁 このブログで時々ご紹介している「和穀菜汁 魁」、お米とおむすび&カフェのお店です。

甲府市千塚、山の手通り交差点から南に、音羽橋の手前、セブンイレブンの隣にあります。
駐車場がありますが、契約駐車場と共用なので、私は来店用が満車の時は隣のセブンイレブンに停めて、後でタバコとか買うことにしています(^o^)

画像はお米の紙袋です。「米袋」で検索するとすぐ分かりますが、厚手のクラフト紙で窓付き、袋の口は折畳んで紐で縛るような構造です。
「和穀菜汁」でお米を買うようになるまで、スーパーでポリ袋入りのお米しか知らなかったので、この袋はとても気に入っています。2キロ入りの小さなものもありますので、最初はそれに入れてもらっていたのですが、何度も使える大きめの袋にして、図のように銘柄のラベルが貼られるのを愉しんでいます。

この袋では、今年の5月から6回購入(1回に2キロから3キロです)、先日9月の最終として「石垣島ひとめぼれ」、その前は佐賀県のお米でした。袋の反対側には購入日や数量が記載された同じサイズのラベルが貼られていますから、私の米食の履歴書になるわけです。
最近は少食で、特に5月~9月が猛暑で食欲も無かったので数量的には少なかったです。

店内には十数種類の各地のお米があり、それを選んで玄米から精米してもらって購入します。営業時間は18時までですが、精米時間があるので余裕をみて17時半にはお店に入るようにしたほうがよいです。(月曜日が定休日)
価格帯は1キロ300円台から500円台ですから、懐具合とも相談しながら色々な銘柄を楽しんでいますが、 最近は時間が押している時に入るので、店長さんに今日のお勧めを尋ねて決めてしまうことが多いです。
今年の新米については、「たっぷりセシウムが入ったのをください」 と冗談を言えるのも対面販売のお店ならではでしょうか。

お店にはお米の外にも色々な食品がありますが、産地とか製造元などそれぞれに意味があるので、スタッフさんに尋ねると良いです。
「おむすび」はその日のお米が表示されて具の違う十種類ほど、100円~160円位ですが、チケット3千円を求めておくと、どれも100円で3個単位で買えますのでお得です。
「カフェ」ではランチタイムがあって、2009.05.26 和穀菜汁、美味しいご飯 に写真を載せました、今でもこの味は変りません。今年の5月には3周年記念のイベントもありました。

北海道から沖縄まで、食の安全に関心が高まるなか、私のように生産の事は何も知らない消費だけの者にとって、販売の第一線におられる方を信頼できる事が、なによりの安心だと思っています。

今回の石垣島のお米は初体験なので、これから炊いてみますが、ふと思い付いてブログに残す事にしました。 未だ見ぬ沖縄の香りがするかなぁ・・・
「ひとめぼれ」、良い言葉ですね。私は甲府に来て「ひとめぼれ」が多かったですが、最近は「アクジョノフカナサケ」になってしまったような記事が多くて・・・・

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら 人気ブログランキング  ブログ記事索引


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ