ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない
  だからネットの使い方も 工夫 したい こうふ のブログ




富士山麓を「日本のダボス」に 山梨県が「自然首都圏構想」 2023年09月23日 産経新聞
 日本を代表する観光リゾート地である山梨県の富士五湖周辺地域で、リゾートと首都機能を掛け合わせる「富士五湖自然首都圏構想」に向けた一歩が始まった。世界最高峰のリーダーたちが一堂に集まる「世界経済フォーラム」の年次総会、通称「ダボス会議」が毎年開催されるスイスのスキーリゾート、ダボスに匹敵するエリアを目指す、野心的なプロジェクトだ。
 8月30日、富士吉田市のハイランドリゾートホテル&スパ最上階の宴会場。一面ガラス張りで、正面には遮るものなく富士山を臨む。ここで山梨県と富士河口湖、身延、西桂3町、山中湖、忍野、鳴沢3村の首長らが出席し、「富士五湖自然首都圏フォーラム」共同宣言を出した。  長崎幸太郎知事は「共同宣言が富士山や富士五湖地域、山梨県の価値を向上させる大きな一歩になる」と宣言した。(部分引用です)
【私は知らずにいた「富士五湖自然首都圏フォーラム」について確認してみました。】
県 富士山や周辺地域の魅力向上へ推進本部設置 2023年04月18日 NHK
 「富士五湖自然首都圏フォーラム庁内推進本部」は、世界文化遺産に登録されてことしで10年となる富士山やその周辺地域の魅力の向上に取り組むため県庁に新たに設置されました。 18日、県の幹部などが出席して初めての会議が開かれました。
富士山の魅力を向上 山梨県が産官学民連携の新組織設立へ 2022年12月02日 NHK
 富士山の世界文化遺産登録から10年になるのを前にさらなる魅力の向上に取り組もうと、山梨県は産官学民などと連携して新たな組織を設立する方向で調整を進めていて、低炭素型の交通手段の導入や国際会議の誘致などに向け議論を進める方針です。
 新たな組織は「富士五湖自然首都圏フォーラム」と名付けられ、県内外の企業や教育や美術、スポーツなど幅広い分野の関係者が参画する予定です。

富士五湖自然首都圏フォーラム
 山梨県は、富士山の「世界文化遺産登録10周年」を契機として世界に誇る富士山の裾野に広がる自然豊かな地域であり日本を代表する観光リゾート地でもある「富士五湖地域」を新たな時代に求められる「自然首都圏」へと 発展させていくことをめざし産官学労社広民※の協働組織体 「富士五湖自然首都圏フォーラム」を設立しました
 「自然首都圏構想」とは、国内最高の観光リゾート地と最先端の首都圏機能を融合させた「世界に類を見ない先進的地域」を創出する構想です

「富士五湖自然首都圏フォーラム」の設立を発表 2022.12.22
 ~産官学等による協働組織体により、富士五湖地域に自然首都圏の創出をめざす~
富士五湖自然首都圏フォーラム 山梨県公式ホームページ 山梨県知事政策局政策企画グループ
富士山NET 富士五湖自然首都圏フォーラム 2023.04.21

『富士河口湖、身延、西桂3町、山中湖、忍野、鳴沢3村の首長らが出席し、』 と産経新聞記事に書かれています。
この6町村サイトを確認して 富士五湖自然首都圏フォーラム に関するページを確認したいと思います。富士吉田市が入っていないのは気になります。
富士五湖に関与していないからかと、確認したら、本栖湖 〈もとすこ〉(富士河口湖町、身延町)/ 精進湖 〈しょうじこ〉(富士河口湖町)/ 西湖 〈さいこ〉(富士河口湖町)/ 河口湖 〈かわぐちこ〉(富士河口湖町)/ 山中湖 〈やまなかこ〉(山中湖村) という表示が 富士五湖 記事に書かれていました。富士五湖地域は何度も通っているのに、こんな事を知らずにいた私です。このプロジェクトに富士吉田市が入っていないのは富士五湖とは無関係でしょうね。
6町村についても私は不勉強なのでこの機会に学習できそうだと、相変わらずのネティズンです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( )




山梨近代人物館(山梨県庁の施設です)
展示(案内ページ)
 第十七回展示『近代日本を駆け抜けた山梨の鉄道人たち』 2023年3月25日~9月18日
 入館は無料です
 山梨の鉄道人たちを紹介しているページです(PDFファイル)
 山梨の鉄道人の活動について書かれていて、掲載画像の表示もこのページです

 過日、初めて山梨近代人物館を訪ねました。そして、ある事は知っていたのに来なかったのはミスだと感じました。歴史をひもとき理解することは大切だと・・

山梨の鉄道人たち


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




2023年07月06日 都内企業「転出」超過 3年間で約1万3,000社 脱‟東京”の動き強まる 【2020-2023年東京都「本社移転」調査】(東京商工リサーチ)
 『多様な働き方の広がりが脱“東京”を加速するか、コロナ禍の一過性の現象にとどまるのか。業績や生産性向上の実現度合いによっても、今後の東京都の転入出状況は変わりそうだ。』(記事の最終メッセージ)
株式会社東京商工リサーチ(ホームページ)

7/6(木) 18:20配信 都内企業「転出」超過 3年間で約1万3,000社 脱‟東京”の動き強まる(Yahoo! が掲載しています_東京商工リサーチ)
私は日本経済新聞を見て東京商工リサーチさんの記事を確認しました。
自分には関係ありませんが、身内の勤め先や知人の方々の企業に影響・関係あるかどうか気になるのでメモにしておきました。

2022年3月8日 首都圏から地方に本社移転は350社超に 11年ぶり「転出超過」(NHKニュース)
 『帝国データバンクの調査によりますと、去年、東京・神奈川・埼玉・千葉の首都圏の1都3県から本社や本社機能を地方に移転した企業は351社で、データが残る1990年以降で最も多くなりました。』
 『一方、逆に地方から首都圏に本社を移転した企業は328社で、転出が転入を23社上回り、11年ぶりに「転出超過」となりました。』

帝国データバンク社や東京商工リサーチ社の他にも、全国各地には同様な分野で検討・研究・報告を続けておられる組織が多数あるでしょうね。
そしてコロナ禍問題に関係無く、日本という国のこれからのありかた、将来の見通しなどについて、真剣に検討されている企業・組織が多いことは感じられます。
東京・名古屋・大阪間の直通リニア中央新幹線で我が地域はますます活性化すると考えるのは真っ当なのか否か、そんなことも思いつつ・・・
・・・自分の不勉強が恥ずかしいので、ここまでにしておきます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




2023年06月07日 山梨県 多胎児家庭支援へ 優先駐車利用期間 3年まで延長へ(NHK山梨)
 『山梨県は双子や3つ子など多胎児の家庭を支援するため公共施設やスーパーにある障害者や妊婦などの優先駐車スペースの利用期間を産後1年6か月から3年まで延長することを決めました。』【以下引用は略します。NHK記事をお読みください。】
こんな制度がある事は全く知りませんでしたので、山梨県庁サイトを確認しました。NHK記事が県庁の担当組織名「障害福祉課」と掲載していたので助かりました。
更新日:2023年5月25日 「やまなし思いやりパーキング制度」の実施について (障害福祉課)【記事から引用・・】
 公共的な施設に設置された障害者マークがある駐車場(いわゆる障害者用駐車場)に障害のない人が駐車するため、障害のある人から「停められない」という多くの声を聞きます。
 そこで、この駐車場(思いやり駐車区画)を利用可能な人を明確にして、利用証(パーキングパーミット)を交付することで、本当に必要としている人が利用できるようにします。
 この取り組みを通じて、障害のない人の駐車をなくすだけでなく、山梨に住んでいる人が思いやりの心を持ち、誰もが安心して暮らしていける社会の実現を目指します。

この記事に掲載されている 制度の概要・チラシ(PDF) というファイルがあります。その『妊産婦』の部分で、『多胎児の場合』の欄に 『出産後3年までの人』 との記載があり、NHK報道からは、これが今回の更新に該当するのではないかと思いますが・・・何処かに明示されているかも知れませんので・・・
 峡南保健福祉事務所(峡南保健所)
 富士・東部保健福祉事務所(富士・東部保健所)
 中北保健福祉事務所(中北保健所)
 峡東保健福祉事務所(峡東保健所)
県庁の記事に「対象となる駐車施設」のリンク集があります。これを開いてみました。【市町村別】協力施設一覧(令和5年3月1日現在)(PDF:400KB)【施設種別】協力施設一覧(令年5年3月1日現在)(PDF:363KB)

「障害福祉課」担当だと分かっていれば、「組織から探す」【これは県庁ホームページの中ほどに他のリンク先と共に記載されています。】
「組織から探す」を開いて担当組織をクリックすると、「やまなし思いやりパーキング制度」~多胎育児家庭の利用期限を3年に延長しました~ ページが確認できました。
私は山梨県庁サイトの記事を探す時に「組織から探す」を活用しています。山梨県庁ホームページの掲載リンク集では確認できない時に便利なページです。
山梨県内27市町村で今回の「県庁・障害福祉課」での改訂発表を住民に知らせる記事がアップロードされているかどうか、時間があれば確認しておきたいと思う私は口先ばかりのネティズン・・・


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




日本とチェコ共和国の交流100周年記念行事
2023年5月16日(火)~28日(日) 会場・韮崎市の市民交流センター(韮崎 = にらさき)
イベント情報
 合計10枚、『チェコと日本の最初の出逢いは、16世紀から17世紀にさかのぼる。・・・』と始まる歴史を解説する文書や写真が素晴らしかったです。短時間で読みつくすなど不可能で、持っていたカメラも役立たず無念。
イベント情報
2023年05月23日 日本とチェコ交流の歴史をたどるパネル展 山梨 韮崎(NHK甲府)
 2021年に開かれた東京パラリンピックの際にチェコ共和国の自転車競技の選手を支援した韮崎市で、日本とチェコ共和国の交流の歴史をたどるパネル展が開かれています。
 韮崎市は、2005年にチェコ共和国のメヘニツェ市と交流を始め、2021年の東京パラリンピックでは、ホストタウンとして自転車競技の選手を支援して交流を深めました。
 そして今月(2023年5月)16日にチェコ共和国の大使が韮崎市を訪問したことを記念して、市民交流センターで両国の交流の歴史をたどるパネル展が開かれています。
 会場には、外交関係が始まってから2020年で100年を迎えた日本とチェコ共和国が歩んだ交流の歴史が紹介されているほか、子どもたちのサッカー交流など韮崎市の取り組みも紹介されています。
 また、町全体が世界文化遺産に登録されている首都プラハや観光地として知られるチェスキー・クルムロフの美しい町並みなどの写真も展示され、訪れた人たちが見入っていました。
 韮崎市総合政策課の田村苑美さんは、「両国がどういった歴史をたどり交流をしてきたのかが分かる展示となっています。ぜひ皆さんに見に来ていただき、楽しんでいただきたい」と話していました。 このパネル展は、今月28日まで韮崎市民交流センターニコリで開かれています。
私がこの展示会をNHK報道から知った時に、『韮崎市は、2005年にチェコ共和国のメヘニツェ市と交流を始め、・・・』なのに何故『チェコとの交流100周年記念』なのかと思ったのですが、まさに大日本帝国とチェコスロバキアの交流に遡る歴史を踏まえた韮崎市の思いが交流100周年の認識なのだと理解しました。さすが「武田家発祥の地」韮崎市なのですね。
韮崎市・中欧文化交流事業 チェコ共和国メヘニツェ市
韮崎メフェニツェ友好協会
2021年8月28日 朝日新聞 チェコのパラ選手とオンライン交流 韮崎の小学生
私がこのイベントを知ったのは 韮崎市民交流センター NICORI -ニコリ- のお蔭です。
イベント情報


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




先日、NHKの記事に気付いてリンクしましたが、「大震災と子どもたち」と題するサイトに掲載された記事だと気付きました。
 「夢は廃炉に携わること」 山梨出身の私が福島に来た理由 NHK 2023年3月10日記事 「将来は技術面で廃炉に貢献し、情報発信もして福島を大人気にしたい。それが夢」 親元を離れて福島県で廃炉について学ぶ、その思いとは。
 大震災と子どもたち

大震災と子どもたち ~いま言葉にしたい気持ち~
 このサイトでは東日本大震災で、親や家族、故郷・思い出など大切なものを失った子どもたちの“いまの気持ち”を、誰かとの対話を通じて記録していきます。
 記録した対話はこちらでテキストや動画などの形で掲載します。プライベートな話などはのぞき、ありのままの言葉を残していきます。
 取材協力:あしなが育英会/みちのく未来基金

2021年3月5日 【震災遺児の10年】遠藤洋希さん×NHKディレクター 確認したら 2021年3月5日と表示されたこの記事がシリーズ最初の記事と思えます。次のようなメッセージが書かれた冒頭から始まっていました・・・
笹川ディレクターは、震災で親を亡くした方々の今の気持ちを語る場を作りたいと、このウェブサイトを立ち上げた1人。気心が知れた遠藤さんに、こうした取り組みをどう思うか率直に聞いてみたいと、今回の対話を呼びかけました。
そして、「このプロジェクトをどう育てていく?」 と題されたラストでは、
震災直後から、被災した方々を取材し続けてきた笹川ディレクター。実は、去年遠藤さんと話しているときに「震災10年という節目だからとメディアが番組を作るのは違和感がある」と言われたことが、ずっと気にかかっていました。
とのメッセージから始まる笹川陽一朗ディレクターさんと遠藤洋希さんとの話合い記録で終っていました。
2011.3.11 は私にとっても忘れられない日ですが、NHKがこんなサイトを発信しているのも知らずに過ごしてきた愚か者です。2023年3月10日の日付記事で既に56本です。

平成23年・2011年3月11日
気象庁の平成23年報道発表資料 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第60報) があるのを知りました。(報道発表日 平成23年12月8日) それで平成23年3月を確認して、
 第1報です 平成23年3月11日14時46分頃の三陸沖の地震について
 第2報 平成23年3月11日14時46分頃の三陸沖の地震について(第2報)
  概要 『平成23年3月11日14時46分頃に三陸沖で発生した地震について、気象庁はこの地震を「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」と命名しました。また、英語名称は「The 2011 off the Pacific coast of Tohoku Earthquake」と命名しました。』
・・・この内容は『本文 詳細については、下記の「資料全文」をご参照ください。』の  資料全文(PDFファイル)に同じく掲載されていました。全国各地の組織や関係者に紙の配付では遅れたり、出来ないケースを考慮してのネット掲載だと思え、さすがだと感じました。

 平成23年報道発表資料・1月から12月までの一覧ページです。始めて知りました。
 「平成23年(2011年)東北地方太平洋沖地震」について(第73報)-平成26年7月12日04時22分頃の福島県沖の地震-
この情報は2012年も続いているのかと確認してみたら・・・2014年に第73報は見つかりまして、報道発表資料は平成31年4月までありましたが、5月からは令和元年5月~です、
令和元年の一覧ページ 今後の為にリンクしておきます。気象庁情報の凄さに気付いてネティズンとして反省です・・・
「関東大震災から100年」特設サイト 初めて気付いたので記録しておきます。


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




信号機のない横断歩道での歩行者横断時における車の一時停止状況全国調査(2022年調査結果) 一般社団法人 日本自動車連盟 (JAF)
この記事は以下のように始まっています・・・
 JAFが実施した「交通マナーに関するアンケート調査」(2016年6月)の設問の中で、「信号機のない横断歩道で歩行者がわたろうとしているのに一時停止しない車が多い」と思う方は86.2%(「とても思う」が43.7%、「やや思う」が42.5%)に達し、このような場面で一時停止しない車が多い傾向でした。この実態を把握すべく「信号機のない横断歩道」に着目し、2016年から全国で実態調査をしています。
今後、横断歩行者の事故や死傷者の減少の一助となるよう「信号機のない横断歩道」における車の一時停止率の向上をはかって参ります。
2022年の都道府県調査結果では・・・
長野 82.9%、兵庫 64.7%、山梨 64.6%、静岡 60.8% の4県では 無信号の横断歩道で、横断しようとする歩行者に気付いて車を止めた、その停止率が 60% 以上だった報告です。
『調査結果 信号機が設置されていない横断歩道を通過する車両を対象(7,540台)に行ったところ、歩行者が渡ろうとしている場面で一時停止した車は3,003台(39.8%)という結果となりました。これは、前年の調査時と比べて9.2ポイントの増加となりましたが、依然として約6割のクルマが止まらない結果となりました。』 と書かれています。
この実相を調査するのにJAFはどんな方法で実施したのか、記事に明確に書かれています、素晴らしいメンバーのJAF!
本部・支部一覧【JAFサイトに掲載されています。】


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




先日も何かで知りましたが、今回NHK報道で県内の状況が報じられました・・
2022年06月24日 桃の盗難急増で警察が情報提供フォームを開設(NHK甲府放送局)
 収穫前の桃の盗難被害が急増している桃の収穫量が日本一の笛吹市にある警察署などは、車の目撃や果物の売買といった不審に感じた情報を受け付ける専用フォームをホームページに開設し、広く情報提供を呼びかけています。(以下の引用は略します)
 笛吹警察署、詳しい説明があります・・・ 笛吹警察署
 日下部警察署の説明も詳しいです。全文ご覧ください。
日下部警察署
山梨県で果実盗みは止めたほうが良い、命も危ないとお分かりになったでしょう、盗みで稼いでおられる皆様、武田信玄公の伝統は怖いですよ。上記文書は警察がそれなりに書いたに過ぎません。そこんところをお考えなさること。


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




2022年5月19日 コーセーコスメポート、山梨県南アルプス市と 「ユネスコエコパーク×PEACEFUL GREEN PROJECT」パートナー協定 を締結 
コーセーコスメポート株式会社(本社:東京都中央区、代表取締役社長:小林 孝雄)は、山梨県南アルプス市と包括的な自然環境保全に向け様々な活動を推進するために、「ユネスコエコパーク×PEACEFUL GREEN PROJECT」パートナー協定を、2022年 5 月 19 日、南アルプス市役所にて締結しました。
【以下、長文記事です、ご一読ください。】

2022年5月19日 コロナ禍で訪日観光客が激減 当初より3年遅れも「AI活用のスマート工場」2024年稼働を目指す コーセーの新工場 山梨 (TBS/UTYテレビ山梨)
 大手化粧品メーカー「コーセー」が山梨県南アルプス市に計画する新工場について早ければ再来年、2024年の稼働を目指していることがわかりました。 当初より3年遅れての稼働となります。  大手化粧品メーカーコーセーは南アルプス市野牛島のおよそ11万㎡の敷地に化粧品を製造する新たな工場の建設計画を2019年に明らかにしています。
 当初は2021年の稼働を目指していましたが新型コロナウイルスの影響で需要が高かった外国人観光客が大幅に減少したため、稼働予定を延期し現在も工場は着工していません。 この新工場計画について早ければ再来年、2024年の稼働を目指していることがわかりました。 300人から400人とする地元の雇用計画には変更はありません。
 一方、生産体制については主にインバウンド需要を想定した大量生産から、多様なニーズに素早く対応するため多品種少量生産に切り替えるということです。  コーセーは「デジタルやAIを活用したスマート工場を計画している。地域活性化や環境保全などにも協力したい」としています。  また南アルプス市も「2024年の稼働に向け全面的にバックアップしていきたい」としています。

2019年4月27日~掲載記事です・・・

コーセーが南アルプス市に新工場(2019年4月26日 NHK甲府放送局)、以下抜粋

アジアで日本製の化粧品の需要が高まっていることを受けて、大手化粧品メーカーのコーセーは南アルプス市に新しい工場を建設することなりました。
新工場は再来年度以降に稼働する予定で、300人から400人程度の雇用を見込んでいるということです。
会社の発表などによりますと工場が建設されるのは南アルプス市が造成した工業団地のおよそ11ヘクタールの敷地です。
地元、南アルプス市の金丸一元市長は「地域経済の発展や雇用の拡大とともにまちづくりへの協力にも期待している」とコメントしています。

企業サイトの記事を確認しましたので一部を引用しておきます。ソースは 株式会社コーセー・ニュース・IRリリース (2019年) に掲載されたPDFファイル・『2019年04月26日 山梨県南アルプス市に新たな生産拠点建設のお知らせ』(242 KB)です。

1.新たな生産拠点の建設目的(引用省略)

2.南アルプス工場(仮称)について
 南アルプス工場(仮称)は、南アルプス山脈で育まれた清澄な水と美しい自然に囲まれた環境の下、ISO22716 化粧品 GMP に準拠した生産環境を持ち、万全な品質保証体制の中で生産することで、新たな価値を加え、経済性・機能性に優れた環境配慮型の工場として整備します。配置される生産設備はスキンケア・ヘアケア製品を中心とし、今後の需要拡大へのスピーディな対応が可能となる工場を目指します。
 また、ここで働く社員のモチベーション向上に繋がる快適で充実した職場環境の整備、さらにIoT/AI 活用により創業以来、既存工場にて蓄積された「モノづくり」熟練技能のデジタル化による技術伝承や、研究所の開発データをシームレスに共有するインフラ環境を整備し、各拠点間のシナジーを最大化する「モノづくり」拠点を実現させます。
 なお、当社は工場周辺の恵まれた自然との共生を目指し、地域の方々と連携しながら、水資源を育む森林を守る活動にも積極的に取り組んでいきます。

3.南アルプス工場(仮称)の概要(引用省略)

4.山梨県南アルプス市について
 山梨県は世界文化遺産の富士山をはじめ、南アルプス、八ヶ岳、奥秩父などの山々に囲まれています。山に降る雨や雪は、森林を潤しながら伏流水となり、この一帯は”天然の水がめ”と呼ばれるほど豊富で美しい水を有しています。その山梨県の西側、南アルプスユネスコエコパークに属する南アルプス山麓に位置する同市は、美しい自然に囲まれた地域です。また、果樹栽培が盛んに営まれ、春から秋にかけてたくさんのフルーツが実る果樹園は、この地域を代表する景色であり、まさに、きれいな水と自然にあふれ、空気のおいしい街と称するにふさわしい理想的な場所です。

5.今後の見通し(引用省略)

おそらく平成最後になる「産業」カテゴリー記事に、この素敵なメッセージが記録できることを嬉しく思います。

『ISO22716 化粧品 GMP』、何を意味するのか、無学な私には全く理解不能なので検索だけしてみました。学習は令和時代の課題です。

薬と健康を考える(京都府薬務課) | 京都府化粧品等品質管理指導員
 化粧品GMPとは 新しく業界自主基準に採用された、ISO22716(化粧品GMP)について概要をお話しします。※GMP(製造管理及び品質管理の基準 Good Manufacturing Practice)
安全への取り組み 国際基準 ISO22716 を粧工連自主基準として2007年に採用いたしました。(日本化粧品工業連合会)
ISO22716 化粧品GMP(優良製造規範) (ビューローベリタスジャパンの記事)

【いつもの蛇足】コーセーが『”天然の水がめ”と呼ばれるほど豊富で美しい水』と認知された南アルプスの水に、もしかすると危機が迫っているかも知れないと思ったことは、私がリニア中央新幹線事業に関心を抱いた一因です。それが明確に現われたのは静岡県大井川の問題だということは、山梨県の皆様もとっくにご承知のとおりです。
南アルプス山梨県地域ではいかがなのか、未だオオヤケの情報は確認していませんので、令和時代に持ち越しました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( )




2022.05.17 ルネサス甲府工場再稼働に地元歓迎、持続的な雇用や経済効果に期待(産経新聞)
 半導体大手のルネサスエレクトロニクスが甲府工場(山梨県甲斐市)を、再稼働させると17日に発表したことを受け、山梨県の長崎幸太郎知事は同日、「地域経済の発展や雇用創出の視点から、大変喜ばしい」と、歓迎の緊急コメントを出した。(中略) 山梨県ではルネサスが平成26(2014)年に甲府工場を閉鎖した後も、「跡地の有効活用などを含め、ルネサスとの関係を継続させてきた」(成長産業推進課)。この関係持続が、今回の再稼働につながった可能性もあるとし、今後も同工場の人材確保などに協力していく考えだ。
2022.05.17 甲府工場に投資し、パワー半導体生産の300㎜ラインとして稼働再開(ルネサス エレクトロニクス株式会社の発表記事)
 ルネサス エレクトロニクス株式会社(本社:東京都江東区、代表取締役社長兼CEO:柴田 英利、以下、ルネサス)は、2014年10月に閉鎖した甲府工場(山梨県甲斐市)に900億円規模の設備投資を行い、300㎜ウェハ対応のパワー半導体生産ラインとして、2024年に稼働再開させることを目指します。(中略)
 甲府工場は、ルネサスの100%子会社であるルネサス セミコンダクタ マニュファクチュアリング株式会社(本社:茨城県ひたちなか市、代表取締役社長:小澤 英彦)の傘下として、150㎜および200㎜ウェハ対応の生産ラインを有していました。今般、ルネサスは、生産能力増強を目指して、甲府工場に現存する建屋を有効活用し、パワー半導体専用の300㎜ラインとして稼働を再開させる判断に至りました。
 ルネサスの代表取締役社長兼CEOの柴田 英利は次のように述べています。(以下、引用略)
ルネサス社については産業ページで記録していました、もう遠い昔ですが、その時書いたのは・・・
◇ 2013年08月02日 ルネサス エレクトロニクス株式会社、『当社グループが目指す方向性について』 このリリースで述べられているポイントは以下の通り(略して引用)
 この基本方針に従って、前工程については・・・那珂事業所、ルネサスセミコンダクタ九州・山口株式会社の熊本川尻工場、西条事業所を主力拠点として運営継続いたします。その他の拠点については、生産効率、コストパフォーマンスを基準に縮小または集約
 後工程については、株式会社ルネサス北日本セミコンダクタの米沢工場、ルネサスセミコンダクタ九州・山口株式会社の大分工場の国内2拠点を主力拠点として運営継続・・・
◇ 日本経済新聞 2013/8/2 20:18 『ルネサス、鶴岡など2工場を追加閉鎖 改革計画』 に詳しい。縮小または集約される事業所については・・・
 今回、新たに(3年以内)閉鎖対象となるのはゲーム機向けシステムLSI(大規模集積回路)を手がける鶴岡工場、パソコン電源向け半導体を生産する甲府工場(山梨県甲斐市)。滋賀工場(大津市)の一部ラインも閉める。いずれも半導体の回路を形成する「前工程」工場だ。
【以上の記事でした。】 この甲府工場で 『パワー半導体専用の300㎜ラインとして稼働を再開させる』 という事業者発表と思います。
2022.05.17 20:15 半導体大手ルネサスの甲府工場が再稼働 脱炭素社会に向けてパワー半導体の需要を見据える 山梨県(YBS山梨放送) 2014年10月に甲府工場を閉鎖した半導体大手のルネサスエレクトロニクスが、再来年から甲府工場を再稼働させると発表した。 甲斐市にある甲府工場は、ルネサスの子会社が運営し、パワー半導体を製造していたが、事業効率化のため2014年に閉鎖した。 脱炭素社会に向けて、電気自動車などに使用されるパワー半導体の需要が世界的に高まる見込みとなり、生産ラインの稼働を再開することにしたという。 建物は既存の建屋を活用するが、工場再開に向け900億円規模の設備投資を行う。雇用は200~300人規模の採用を予定していて、このうち半分を県内で採用する方針だ
この記事に気付いてブログに残しました。


コメント ( 0 ) | Trackback ( )


« 前ページ