ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




リンク先確認のために久しぶりに開いた森ゆうこ議員のページで、安倍独裁の下で進む農業破壊 という記事に気付きました。この件は全く知りませんでした。
衆議院を確認・・・「主要農作物種子法を廃止する法律案」の審議経過情報 から以下の通りメモしておきます。

【平成29年=2017年】
衆議院議案受理年月日   平成29年 2月10日
衆議院付託年月日/委員会 平成29年 3月 7日 / 農林水産
委員会審査終了と結果   平成29年 3月23日 / 可決
本会議審議終了と結果   平成29年 3月28日 / 可決
賛成会派
   自由民主党・無所属の会; 公明党; 日本維新の会
反対会派
   民進党・無所属クラブ; 日本共産党; 自由党; 社会民主党・市民連合

参議院議案受理年月日   平成29年 3月28日
参議院付託年月日/委員会 平成29年 4月 5日 / 農林水産
委員会審査終了と結果   平成29年 4月13日 / 可決
本会議審議終了と結果   平成29年 4月14日 / 可決
公布年月日/法律番号   平成29年 4月21日 / 20

農林水産省 第193回国会(常会)提出法律案
平成29年2月10日 主要農作物種子法を廃止する法律案
概要(PDFファイル) | 法律案要綱(PDFファイル) | 法律案(PDFファイル) | 理由(PDFファイル) | 参照条文(PDFファイル)
この法律は平成30_2018年4月1日施行です。その時に下記は法令データ提供システム(電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ)からは消滅するでしょう。
主要農作物種子法(昭和27_1952年5月1日法律第131号) 最終改正:平成18_2006年6月7日法律第53号
「稲、大麦、はだか麦、小麦及び大豆」について『都道府県が、種子生産ほ場において生産された主要農作物の種子の発芽の良否、不良な種子及び異物の混入状況等について審査する』ことは無くなるのでしょうか。
外資系企業が種子を供給する場合など、遺伝子組換え問題への対応も変化するのでしょうか。

2017.03.30 JAcom 農業協同組合新聞記事は参考になりそうです・・・【種子法廃止】種子の自給は農民の自立

農林水産省記事の「理由」には『最近における農業をめぐる状況の変化に鑑み、主要農作物種子法を廃止する必要がある。これが、この法律案を提出する理由である。』 と書かれているだけです。
「概要」のPDFファイルを画像として引用しておきます。
JAcom が論じている国会審議の会議録(誰がどんな賛成意見を述べたか)なども確認しておきたいです。

主要農作物種子法を廃止する法律案の概要

環太平洋経済連携協定(TPP)の危機が無くなったかと思っていたら、そうは問屋が卸さなかったようです。
山梨県の関係例規も今年2017年度中には廃止あるいは改正が行なわれるでしょう。
山梨県例規集
農業立国山梨県がどのように対応していくか、私は農業関係など無知ですが注意していこうと思います。山梨県議会がどこまで地方主権を駆使して県民を守り通せるか、私にはわかりません。
県議会で誰がどのような意見を述べるか、その情報はどのように県民に伝えられるか、それにも注意していることが大切です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




ポレポレ東中野 | アクセス地図 | 上映予定 に「2017年9月2日公開~9月下旬」と記載されています。ポレポレが上映する意義は大きいです。(2017年7月22日確認、7月25日再確認、ホームページにも掲載されました、上映時刻は下記の通り)

9/02(土)~15(金) 16:50
9/16(土)~22(金)  9:30
9/23(土)~29(金) 10:20/11:40
※9/30 以降上映未定

2017.05.2 地域連携映画上映会『ひいくんのあるく町』開催! 1000人を超える来場者で満員御礼!!
4月29日、本学主催【地域連携映画上映会】が山梨県西八代郡市川三郷町で行われ、卒業製作作品『ひいくんのあるく町』が上映されました。
当日は、2回の上映の他、スタッフ・出演者を招いてのトークもあり、1000人を超える来場者で満員御礼。
・・・先月より新聞・地元TV取材を受け、地元での感心が高まる中、当初来場を800人を想定していたにも関わらず、はるかに上回る来場者で会場は一時大混乱。・・・
 素晴らしいご報告が掲載されている記事です。益々のご活躍をお祈りいたします。(5月3日追記)

市川三郷町 のホームページで広報されています。
広報「いちかわみさと」2017年4月号の裏表紙(PDFファイル版)にも掲載されています。

地域連携映画上映会・映画「ひいくんのあるく町」 | Facebook
日時:2017年4月29日(土)
 第1回開映 14:00~
 第2回開映 17:00~
 (開場は開映10分前、スタッフによる舞台挨拶あり)
会場:中央公民館(市川大門町民会館)(市川三郷町市川大門1785)
主催:日本映画大学
協力:市川三郷町
後援:市川三郷町教育委員会
入場料は無料です。会場は市川三郷町役場本庁舎の傍です。
「ひいくんのあるく町」は日本映画大学第3期卒業制作 ドキュメンタリー 47分/DCP
(※ DCP デジタルシネマパッケージ

地域連携映画上映会・映画「ひいくんのあるく町」上映とスタッフトーク(大学プレスセンター 2017/04/06)から以下引用・・・

日本映画大学(神奈川県川崎市/学長:天願大介)は(2017年)4月29日(土)に、地域連携映画上映会を、映画の舞台となった山梨県西八代郡市川三郷町で開催する。
上映作品ドキュメンタリー映画「ひいくんのあるく町」は、監督の青柳拓さんが出身地である市川三郷町の名物男「ひいくん」と彼をあたたかく見守る町民たちを描いたもので、2016年度の卒業制作として制作された。当日は、上映のほかに監督やスタッフ、出演者のトークも行われる。入場無料、事前予約不要。
ひいくんのあるく町

大学プレスセンター・株式会社大学通信・会社概要 は初めて知りました。今後のためにお気に入り登録(ブックマーク)しておきます。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2027年4月27日、南アルプス・トンネルの東側と西側で大きな動きがありました。
山梨県側では山梨県議会議員による工事視察が報じられました。NHK山梨のニュース(2017年4月27日 17時55分)から部分画像化しておきます。NHKの記事は短時間で削除されます。

リニア新幹線工事視察

私は27日夕方のUTYテレビ山梨のニュースで知りました、リニア最難関の工事現場、県議が視察(2017.04.27 18:50) こちらの記事は発生土の問題も報じています。
NHKが伝えたのがそのままなら、「工事で発生した土砂は順調に処理できているか」と質問するなら塩島置き場の上に更に仮置き場を作った理由と今後の見通しを尋ねるべきなのですが、この議員さんは何もご存じなかったようです。雨畑の汚染土仮置き場も視察したかどうかは報じられていません。
山梨県議会ホームページで議員視察報告記事として掲載されると思いますので、今の時点で現地視察がされた理由や県議会としての今後の対応などをご確認ください。

長野県大鹿村では非常口(坑口)の工事着手です。リニア、県内初の掘削開始 大鹿の作業用トンネル(信濃毎日新聞 2017年4月28日)から一部を画像で引用しておきます。
NHK長野放送局には リニア 県内初のトンネル掘削(04月27日 17時32分)の記事があります。

リニア新幹線工事着手

大鹿村での工事着手には色々な問題があるので、山梨県議会が視察するなら大鹿村に出かけた方がリニア新幹線事業のポイントを確認できるので良かったと思いますが、奇しくも同じ日に早川町を視察した、この裏には何かあると感じるのは私の悪い癖です・・・

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017年4月28日に「ストップ・リニア!訴訟」の第4回口頭弁論が東京地裁で開催されます。
チラシに書かれているように、今回は山梨リニア実験線沿線におられる原告からの意見陳述があるそうです。
リニア実験線沿線で生じている問題について山梨県や地域自治体議会の会議録以外でオオヤケの記録が残るのは今回が初めてだろうと思います。
実験線の問題解決策については 山梨県リニア交通局 や県庁「まちづくり・環境」カテゴリーの リニア中央新幹線、地域自治体では 上野原市都留市大月市笛吹市 から関連情報を探してみると状況が理解できます。

訴訟の経緯などについては ストップ・リニア!訴訟原告団の公式ホームページ をご参照ください。このチラシのPDFファイルもダウンロードできます。

第4回口頭弁論/報告集会

「ストップ・リニア!訴訟」については私もWebサイトで整理していますが未完ですので、とりあえずこちらのブログに掲載しておきます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




4月14日に記事を書きました・・・ 東富士にオスプレイ6機が飛来予定、4月27日~28日(カテゴリーは「沖縄」に戻しました)

東富士演習場へのMV-22オスプレイの飛来情報について(平成29年4月13日 南関東防衛局)
 本日、米側から、米海兵隊のMV-22オスプレイ6機が、4月27日(木)及び同月28日(金)、東富士演習場において離発着訓練を実施する可能性がある旨の情報がありましたので、お知らせします。
 なお、本計画は天候等により変更の可能性があります。

南関東防衛局の広報はその後も時々確認していましたが、4月26日現在、記事の更新はありませんので、山梨県の北富士演習場まで来ることは無いと思います。
今日のチェックの時に開いてみた 低空飛行解析センター の記事で東京新聞記事を知りました。

MV22オスプレイの重大事故率増加 米海兵隊の全機平均上回る(東京新聞 2017年4月17日)
リードは次の通り・・・(数字の表記変更は引用者です)

 米海兵隊は、各地で運用する新型輸送機MV22オスプレイについて、10万飛行時間当たりの重大(クラスA)事故率が最近5年間は3.44件だったと、本紙の取材に明らかにした。2012年10月の米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)配備前の事故率は1.93件。日本政府は安全性を示す指標の一つと説明してきたが、1.8倍に増加した。(辻渕智之)

未確認ですが、東京新聞の取材記事なので他紙では報じていないと思います。
「1.93」という数値については例えば 「防衛省・東北防衛局がおくる日本の防衛Q&A」テ-マ:オスプレイ② 安全性 の中で中村局長の話として記載されています・・・
 『海兵隊のオスプレイについて言いますと大きな事故の発生率は、10万時間当たり1.93件と言うことになっております。』
防衛省 2012年9月19日・MV-22オスプレイ事故率について(PDFファイル 294 KB) 資料源:米側資料(2012年5月8日提供)として MV-22B:1.93 が記載されています。
防衛省の取組 > 日米安全保障体制 > オスプレイについて がトップページです。「MV-22オスプレイの沖縄配備について 別添5」が上のPDFファイルです。

東京新聞掲載画像

東京新聞の取材報告記事を読んで気になったことを記録しておきます。「1.93」はそのまま信頼できる数値だったのか否か・・・(強調は引用者、引用画像の「見直す可能性」がポイント)

本紙の取材に、米海兵隊側は「事故率は海兵隊の他機と大差なく、安全性や信頼性に特別な変化はない」と強調した。また、今回より前のデータについて、事故評価をしている米海軍安全センター側に「誤りがあり、再計算中」と明かし、見直す方針を示した。普天間配備前の事故率など、日本政府が「米国防総省から提供された数字」(防衛省)と依拠してきた事故率に修正が迫られる可能性も出てきた。

Windows というOS やそれを使うパソコンでも新製品、新機種発表当時はトラブルが多くて次第に落ち着いてくるという経験をしています。オスプレイも事故率は下がっていくものだと考えてよいはずです。1.93 と 3.44 の意味を考えねばなりません。
1)1.93 が 3.44 に上昇した原因はこれこれだと説明してオスプレイ配備については見直すことになる。Windows Vista 導入の失敗体験と似たようなものですね。
2)1.93 は間違えた値で 3.44 より大きな値だったが、このように下がって来て 3.44 になった、さらに下がるので良いとの説明になるなら、1.93 で国民を説得し拙速導入した責任は誰が取るのかという事になる。
どっちにしても腹を切る人が何人か出てくるでしょう。

機種が違いますが、防衛省・自衛隊:CV-22オスプレイについて(2015年8月更新?)には、2014年9月末時点でCV-22の事故率は 7.21 という数値が記載されています。

「自殺率日本一の山梨県」と報じられてきた事に私はこのブログで異議をとなえました。福島県の子供たち甲状腺がんの発生率に問題は無いと言われ続けてきました。山梨リニア実験線のリニアモーターカーは時速500キロでも静かで揺れも無く安全安心だと言われています。そしてリニア新幹線には10兆円の経済効果があるとも・・・
数値で説かれる場合には根拠の確認をすることから始めるのが天邪鬼な私のサガです。
今回のオスプレイ事故率の件は 北富士演習場関係のWebページ で整理しておく予定です。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




平和のつどい/ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」上映会
 日時:2017年5月20日(土) 14:00~
 会場:山梨県上野原市文化ホール(もみじホール)2F会議室
 入場無料
 主催:上野原9条の会
山梨9条の会 では未だ案内されていませんが 「九条の会」(メールマガジン 2017年04月25日 第254号)で知りましたので早目に記事にしておきます。】

ドキュメンタリー映画「ザ・思いやり」公式サイト
防衛庁長官だった金丸 信氏<1977_S52年11月28日~1978_S53年12月7日>の発言から「思いやり予算」と呼ばれるようになったそうで、その実相を描いたドキュメンタリー映画。
内容について「法学館憲法研究所」には、 日本が負担する在日米軍の駐留経費、通称「思いやり予算」に疑問を呈した映画がこの『ザ・思いやり』です。 という記事があります。

映画の公式サイトに解説記事があります・・・ 「思いやり予算」って何?
Wikipedia 思いやり予算 は2016年までフォローしています。

1978年6月~12月の間で 国会会議録を確認すると「思いやり」に言及された発言がありました。
◇ 昭和53_1978年06月06日 衆議院 内閣委員会から引用しておきます・・・

○上原康助委員 【編注・この当時は日本社会党】
 もう時間もだんだん迫ってまいりましたので、あと一、二点お尋ねしておきますが、これも新聞の報道によりますと、また先ほど防衛庁長官も官房長もお話があったのですが、国会の事情が許せば何か十三日ごろからNATO諸国、二十日ごろ米国を訪問をして、ブラウン国防長官といろいろ防衛問題なり在日米軍基地の問題について意見交換をするということのようです。
 そこで、今度の訪米の目的は一体どういうことなのかということ。これも後ほどお尋ねがあると思いますから、そう多くは触れませんが、その中でも、何かアメリカに弾薬を備蓄するという構想まで、ドル減らしの一役かもしれませんが、いろいろ取りざたされているわけですね。酒屋のおじさん転じて弾薬の商人になるということは金丸長官には余り似合わない御商売のように思うのですが、あるいは基地の肩がわり費用ということで三百億ぐらいは日本が負担すべきだということも長官から御発言があったとかなかったとか。地位協定の歯どめなり安保条約が軍事面で変質していくだけでなくて、経済的にも大きく拡大解釈をされている感じを受けるのですが、そこいらの問題についてどういうふうにお考えになってアメリカ側とお話をなさろうとしておられるのか。もう少し政府のはっきりした方針を明らかにしていただかないと、誠意を持ってやろうとしていることに対してまで、ますます国民の誤解を招く面もなきにしもあらずと私は思うのです。
 そういう意味で、全体的中身については時間がありませんので触れませんが、また後の方の御質問との関連もありますから、この際、基本的な姿勢、いま私が申し上げたようなこと等についてどういうふうに考え、政府はどうなさろうとしているのか、ぜひ公式の場で明らかにしておいていただきたいと思うのです。
○金丸国務大臣
 爆弾一万トン、新聞の記事で私は見ましたが、私が考えていることではございません。
 なお、今回アメリカを訪ねるということ、あるいはNATO、ベルギー、ドイツ、そちらを視察いたしまして、アメリカへ行きたいという、その目的は、特定の目的ではありませんが、日米関係は不可欠だ。不可決である以上、いわゆる日米関係の首脳ができるだけ話し合いの機会というものをつくるということは、日米関係を一層緊密にするということでございます。
 なお、分担金三百億という問題は、戦闘機五、六機と言ったから三百億という計算を記者諸君がいたしたと思うのですが、戦闘機は高いのもありますし、安いのもあるということですから、その辺は、私は金額的な考え方で言ったのではないのですが、ただ、日米関係が不可欠である以上、円高ドル安というこの状況の中で、アメリカから要求されるのでなくて、信頼性を高めるということであれば、思いやりというものがあってもいいじゃないか、ひとつ施設庁長官、考えてみろ、ことに大平答弁等もあるわけでありますから、そういうようなことについても考えてみてくださいというような話をいたしたわけでありまして、私は、その交渉で向こうへ出かけるわけじゃありません。
 なお、その分担金等の問題について、いろいろ私も施設庁長官にも指示いたしておりますので、施設庁長官からも御説明を申し上げるようにいたしたいと思います。

◇ 昭和53_1978年06月08日 衆議院 内閣委員会・・・

○中川秀直委員 【編注・この当時は新自由クラブ】
(前略)
 次の問題に移らしていただきます。
 大臣、この二十日ごろにアメリカのブラウン国防長官と御会談の予定と伺っておりますが、その会談のテーマに恐らくなるであろうと私どもが推察をしていることに、おとといの委員会でも質疑がありました在日米駐留軍の経費の問題、この問題が出てくるだろうと思うのです。私どもは、日本の防衛を確保するためには、日米安全保障条約によるアメリカとの集団的防衛体制というものはどうしても不可欠なものである、こう考えています。
 しかし、国際環境の変化とともにその防衛の能力と責任における日米間の非対称性といいますか、ある意味では片務性というもの、これはアメリカにとってもかなり耐えがたいものになってきているんじゃないかという気が強くいたします。したがって、日本は必要かつ可能な範囲においてアメリカと責任、負担を分かち合わなければならない、こう思う。そういう方向でやはり在日米駐留軍経費の問題は考えなければいけない。単に円高でこうなっちゃったから、相当損したからというだけではない、もっと幅の広い発想が必要なんじゃないかという気がするのです。大臣、ブラウン長官との会談に臨まれる基本方針、この問題についての御方針、いかがでございますか。
○金丸国務大臣
 ブラウン長官と六月二十日の日にお会いすることになっておるわけでありますが、その目的は、日米安保条約は不可欠であるということ。
ややもすれば、アメリカ訪問もあるいはアメリカから日本を訪問する関係の政治家あるいは軍人、こういう人たちも儀礼的な面もないばかりじゃない。
しかし、日米安全保障条約が不可欠である以上、この問題が儀礼的であったんでは、それは信頼性を高めるわけにはいかない。
そういう意味で、アジア離れやその他諸問題があるわけでありますが、ひとつそういう問題にはだで触れながら十分な話し合いをして、日米関係の信頼性を高めるというようなことに重点を置いて、私はブラウン長官ばかりでなくて、私は素人ですから、技術屋でないから、あるいは制服でないから、そういう面を視察してみても、いわゆるそういう技量を持った人たちが会えば、見れば、その効果はあると思うのですが、そういう意味で、私は政治家ですから、ブラウン長官とかあるいは上院、下院の委員長とか、あるいは国務長官とか、あるいはカーターの補佐官とかそういうような人たちと十二分に話し合いをしてみたいということです。

 いま分担金の問題も出たわけでありますが、分担金の問題につきましては、先生のおっしゃられることも私にはわかります。わかるけれども、地位協定というものもあるわけでありますから、その地位協定を逸脱していくことはいかがかと思う。
ことに大平発言等もありますから、それも踏まえながら、ただこの私の考え方は、きょうこの時点における分担金の問題についてはアメリカが日本に要求するということでなくて、日本がそういう問題について、円高ドル安という問題もこれあることだから、ひとつ思いやりある配慮をするということが日米関係を高からしめるという考え方を私は持っておるわけであります。

 ですから、この分担金の問題について私はあれこれ向こうさんと話し合うという考え方は持っております。あるいは向こうが持ち出すかもしらぬ。だけれども、それはアメリカが考えることでなくて、日本がいわゆる思いやりということで考えるべきじゃないかというような話をしようと私は思っておりますが、日本の今日の安全が、あるいは独立が保てるような日米安全保障条約、これは不可欠だ、私は信念的にそう思っています。
ですから、それには深い思いやりというものが必要だという、こういう考え方の中で分担金の問題については対処していかなければならぬじゃないか。それにはいわゆる与野党、先生方にも十分な御理解を得なくちゃならぬ、私はこう考えておるわけであります。
○中川(秀)委員
 当面の問題については、私はこの分担金の問題、大臣のおっしゃること、よくわかります。私は、それでひとつ大いにがんばって、いろいろな、はだで感じ合える隔意ない対話をしてきていただきたいと思うのですが、しかし将来の問題を少しさらに考えてみますと、その思いやりというものが、先ほどお話ししたように、日本も必要かつ可能な範囲において責任と負担を分かち合う、こういう、より本質的な問題をいずれ絶対に考えるべきときが来るだろうと思う。
(以下略)

◇ 昭和53_1978年07月04日 衆議院 決算委員会・・・

○金丸国務大臣
 私はブラウン長官と会いまして、会談の内容につきましては、日米関係は不可欠であると――アジア離れをしておるということも耳にするけれども、アメリカはこれに対してどのような考え方であるかという問題、これに対しては歯切れのいい言葉で、いわゆる日米関係は不可欠である、それがアジアの安定であると、非常に歯切れのいい再確認をいたしました。
 次に、防衛分担金という問題につきまして、これは私から言い出したわけでありますが、いわゆる日米関係が不可欠ということであるならばこの信頼性を高めることは必要である。その信頼性を高めるということは、いわゆるドル安、円高というとき、思いやりという気持ちがあればこそこの信頼性が高まる。しかし、それはアメリカから要求されることでなくて、日本自体が考えるべきことだと私は思う。
(以下略)

昭和53_1978年08月16日 衆議院 内閣委員会・・・

○金丸国務大臣
(前略)
 なお、駐留軍経費の問題については、私から思いやりの立場で地位協定の範囲内でできる限りの努力を払いたいと考えており、現在具体的数字を挙げて約束することはできないが、ブラウン長官の訪日までに防衛庁の考え方をより詳細に説明できるよう努力する旨述べましたところ、ブラウン長官はこれを高く評価し、特に米側から要望はありませんでした。
(以下略)

金丸氏の発言を読むと「思いやり予算」には円高ドル安という時代の背景もあったのでしょうか。そうだとすると円安ドル高の時勢では実質は同じでも金額的には変化しているのかも知れません。そして「思いやり」の中味はどうなのかという事も気になります。 「思いやり」は日米地位協定で十二分に尽されているではないかと言えるかも。
映画「ザ・思いやり」が2015年に制作されていたことすら知らずにいましたので、時間があれば見ておきたいと思います。
リニア中央新幹線だけじゃなく「思いやり予算」も山梨県民が尊敬する金丸信氏のお仕事だと理解できたことは収穫でした。
あっ、ついでに書いときますが、私、これまでもこれからも一匹子羊でして「共謀」する人は誰もいませんので念のため。

映画タイトルをブログで見ても意味不明かも知れないので記事タイトルを変更しました。「思いやり」から「おもてなし」へとキャッチフレーズが移行したので、山梨県も今はリニア新幹線事業の「おもてなし」に注力しているようです。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨県13市、8町、6村、合計27市町村
◇ マーク はホームページを開いて話題の「弾道ミサイル落下時の行動等について」の記事だと分かるサイトです。
◆ マーク は当該記事はあるが、ホームページを開いてそれと認識できないケース。山梨県庁と韮崎市が該当します。
マーク無し 私にはホームページで確認できなかったサイト。
【以下、2017年4月24日 20:00 再確認まで、この記事は 「弾道ミサイル落下時の行動に関する日本国政府指令」(2017年4月21日記事の続報として書きました)】

山梨県 「武力攻撃やテロなどから身を守るために」を開けば良い。(情報共有精神の欠如)
「注目情報」で「弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について」と修正済みを4月25日に確認しました。ホームページに常時表示の告知です。
◇◎ 甲府市 | Twitter 甲府市役所 | Facebook 甲府市役所
富士吉田市
都留市 4月25日確認
◇◎ 山梨市
大月市
韮崎市 「全国瞬時警報システム(J-ALERT)について」(2017年4月24日)、日付からこれだろうと思って開きました。(J-ALERT には空襲警報を含むのか、私は未確認)
南アルプス市
北杜市 「暮らしの情報」4月25日確認
甲斐市
笛吹市
上野原市 「行政・新着情報」2017年4月25日 弾道ミサイル落下時の行動について、確認しました
甲州市
中央市
市川三郷町 弾道ミサイル落下時の行動について (4月25日)
富士川町 2017年4月26日 弾道ミサイル落下時の行動について、確認しました
早川町
身延町 4月25日確認
南部町 4月25日確認
昭和町 4月25日確認
道志村 「新着情報」4月25日確認
西桂町 「新着情報」弾道ミサイル落下時の行動について 2017年04月25日 更新、確認しました
忍野村 2017年4月26日 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合にとるべき行動について、確認しました
山中湖村 弾道ミサイルが落下する可能性がある場合の行動について(2017年4月25日 総務課) 確認しました (北富士演習場がある地域です)
鳴沢村
富士河口湖町 4月25日確認
小菅村
丹波山村

◎ 甲府市サイトは市民向け、観光向けに分かれていますが、そのホームページに記載があり、市民向けページにも同じ記載があるので優れています。山梨市も同様です。甲府市では Twitter と Facebook も活用されています。
甲府市ホームページが現在のスタイルに更新された時に、緊急時広報体制はどう扱われるかを心配していたのですが、甲府市Web担当部署はその杞憂を払ってくれました、素晴らしい対応です。
このミサイル警報が想定されている時期に観光に出かける日本国民はいないと思いますので、今回は市民向けだけでよいと思います。
今後もこのスタンスを忘れず、観光来県中の方々にも関係する事案の場合は市民向けと同時に観光ホームページの方でも告知なさる事を期待します。

4月25日北鮮の軍事記念日が焦点になっているようですが、とにかく、日本海、東太平洋での日米軍事行動が終息するまで、上掲サイトの記事は常にトップから見えるように維持なさっていただきたいと思います。

行政の方々はとっくにご承知と思いますが、山梨県内在日北鮮系組織への警戒態勢も整っていると思います。

全国都道府県市町村を確認してみたいですが時間が無いので原発所在地をちょっとだけ確認しました。
北海道宮城県茨城県新潟県滋賀県愛媛県 には当該記事が出ていました。
鹿児島県は「緊急情報」をクリックすれば記事が見えます。 青森県佐賀県も同じ。「防災カテゴリー」です。ホームページに「新着リスト」がある時はそれを使うのが良い。
福島県福井県、 は見つかりませんでした。
【福島県では、2017年4月21日更新弾道ミサイル落下時の行動等についてお知らせします。(危機管理課)・・・すでに新着情報の過去記事になっていることを4月25日に確認しました。】
【福井県では「災害・防災情報」を開けば 2017/04/24 【福井県】弾道ミサイル落下時の行動等について、がありました。】

ちなみに核兵器を使わずに日本に核被害を与えるなら北鮮ミサイルの標的は自ずから明らかです。秋田県沖に落ちる向きが変わるのだと思えます、ピンポイント制御の能力が既にあるなら。

安保法制下で非常時・戦時対応について山梨県内で情報の扱われ方について考察する意味でカテゴリーは「安保法制」

 政府は21日、都道府県の危機管理担当者を集めた説明会で、北朝鮮の弾道ミサイルの着弾を想定した住民避難訓練を行うよう要請した。政府は3月、秋田県男鹿市でミサイル着弾を想定した住民避難訓練を行っていたが、全都道府県に要請したのは初めて。避難先をあらかじめ決めずに住民が臨機応変に対応する訓練や退避が間に合わない住民がいるケース、自動車運転中の避難などを例示。また、内閣官房ウェブサイト「国民保護ポータルサイト」にミサイル落下時に取るべき行動を掲載し、各自治体に住民への周知を求めた。

遅れて気付きましたので 北朝鮮ミサイル 着弾想定の住民避難訓練 都道府県に要請(毎日新聞 2017年4月21日) から引用しておきました。Webサイトの周知を求められた山梨県自治体の対応状況をはからずも確認してしまったのです。(2017年4月26日追記)

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




手話通訳が配置されます。(以下は主催者さんからの追加情報です 2017.05.20)
 今回、第1回の映画(10:00~12:00)と舞台トーク(12:15~13:15)に「手話通訳」を配置することに決まりました。
 聴覚障害者の方は、映画の場合、洋画は文字スーパーがあるので見られますが、邦画はほとんど無理のようです。「標的の島」に「バリアフリー素材」はないか、配給会社に問い合わせましたが、残念ながらその用意はないということでした。
そこで、「山梨県立聴覚障害者情報センター」に相談したところ、映画にも手話を付けることができるということで、お願いすることになりました。
「障害者差別解消法」が施行されてから1年以上たちますが、講演会等では「手話通訳」も付くことも増えてきましたが、文化芸術分野の現場ではなかなか進んでいない現状もあるようです。
・・・・ということで、これが前例になって山梨県内でも文化芸術分野でのバリアフリー化が進むことを ictkofu も願っています。

昨日4月21日、弾道ミサイル落下時の行動に関する日本国政府指令が公開されました。
「日本国が標的になる原因を作ったのは、どこのどいつだ!」ということで早目の告知にしました。
上映日が近くなる頃に再掲します。公式サイトには全国各地での上映予定が掲載されています。東京では「ポレポレ東中野」で上映中です。

標的の島 風かたか
ドキュメンタリー映画「標的の島 風かたか」三上智恵監督最新作
日時 : 2017年6月10日(土)10時から3回上映されます。(119分)
会場 : 山梨県北杜市長坂コミュニティホール(JR長坂駅隣り)
料金 : 前売 1000円 当日 1200円 高校生以下無料
主催 : にらいかない北杜・・・前売券取扱所と上映時刻の案内

映画 『標的の島 風(かじ)かたか』 公式サイト | 『標的の島 風かたか』 Facebook

標的の島 風かたか

このブログでは紹介チラシの部分掲載です、映画の公式サイトからダウンロードできるPDFファイルを是非ご覧ください。

標的の島 風かたか

ご覧になった方の感想文がありました・・・「標的の島 風かたか」を観て(Miho Aida 2017年3月31日投稿)

三上智恵監督作品 | 三上智恵 Facebook
「標的の村」
「戦場ぬ止み」(いくさばぬとぅどぅみ) | 「戦場ぬ止み」監督が描く 辺野古基地問題の“不都合な真実”(日刊ゲンダイ 2015年7月29日)

これまで「標的の村」や「戦場ぬ止み」などの上映会や講演会を開催して来られた北杜市の皆さんが、その都度「◯◯◯上映実行委員会」ではなく統一した団体名にしようということで、琉球・沖縄の信仰に関係する「ニライカナイ」から 「にらいかない北杜」 と命名されたとのことです。
「ニライカナイ」という信仰(この記事の内容は私が知っていた意味に近いのでご案内しておきます)

「にらいかない北杜」さんの会合、4月25日(火)午後7時~ 高根環境改善センター1階和室。チラシ・チケット配布を含めたミーティングとのことです。ご関心ある方はご参加くださいますよう。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017年4月21日 大本営アベ総統閣下からのお知らせです。

弾道ミサイル落下時の行動に関するQ&A

問1 ミサイルは発射から何分位で日本に飛んでくるのでしょうか。
(答)
北朝鮮から弾道ミサイルが発射され、日本に飛来する場合、極めて短時間で日本に飛来することが予想されます。
例えば、平成28_2016年2月7日に北朝鮮西岸の東倉里(トンチャンリ)付近から発射された弾道ミサイルは、約10分後に、発射場所から約1,600km離れた沖縄県先島諸島上空を通過しています。
なお、弾道ミサイルの種類や発射の方法、発射場所などにより日本へ飛来するまでの時間は異なります。
問2 なぜ頑丈な建物や地下街などへ避難するのですか。
(答)
ミサイル着弾時の爆風や破片などによる被害を避けるためには屋内(できれば頑丈な建物)や地下街など(地下街や地下駅舎などの地下施設)への避難が有効だからです。
問3 自宅(木造住宅)にいる場合はどうしたらよいでしょうか。
(答)
すぐに避難できるところに頑丈な建物や地下街などがあれば直ちにそちらに避難してください。それができない場合は、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
問4 建物内に避難してから気を付けることはありますか。
(答)
爆風で壊れた窓ガラスなどで被害を受けないよう、できるだけ窓から離れ、できれば窓のない部屋へ移動してください。
問5 弾道ミサイルの情報が伝達されたとき、自動車の車内にいる場合はどうすればよいですか。
(答)
車は燃料のガソリンなどに引火するおそれがあります。 車を止めて頑丈な建物や地下街などに避難してください。周囲に避難できる頑丈な建物や地下街などがない場合、車から離れて地面に伏せ、頭部を守ってください。
問6 車から出ると危険な場合はどうしたらよいですか。
(答)
高速道路を通行している時など、車から出ると危険な場合には、車を安全な場所に止め、車内で姿勢を低くして、行政からの指示があるまで待機してください。
問7 ミサイルが着弾した後は何をすればいいですか。
(答)
弾頭の種類に応じて被害の様相や対応が大きく異なります。 そのため、テレビ、ラジオ、インターネットなどを通じて情報収集に努めてください。また、行政からの指示があればそれに従って、落ち着いて行動してください。
問8 近くにミサイルが着弾した時はどうすればいいですか。
(答)
弾頭の種類に応じて被害の及ぶ範囲などが異なりますが、次のように行動してください。
● 屋外にいる場合は、口と鼻をハンカチで覆いながら、現場から直ちに離れ、密閉性の高い屋内の部屋または風上に避難してください。
● 屋内にいる場合は、換気扇を止め、窓を閉め、目張りをして室内を密閉してください。

山梨県内住宅地に設置されている防災放送のスピーカーから「空襲警報発令」の大音量サイレンが響き渡る、そのテストも必要です。
ごちゃごちゃ説明は無用、「ミサイル警報発令」を繰り返すだけで十分。終ったら「警報解除」の繰り返しで良い。
お年寄りの方々が昭和20年の体験を思い出して子供や孫達に話して聞かせるのも良い、子供たちも心の準備が出来ます。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




柏原地区(変電所建設予定地)の果樹団地組合へのリニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が開催されました。(長野県豊丘村)

JR東海による柏原地区(変電所建設予定地)の果樹団地組合の方々を対象とした、リニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が、(2015年)2月12日(木)伴野区民会館にて実施され、当日は19名の方が参加されました。

◎主な意見・質問
 柏原地区(変電所建設予定地)の果樹団地の方々を対象とした説明会という事で、JR東海側の説明も変電所施設を中心とした説明になり、意見・質問も必然的に変電所関係に集中しました。
 変電所施設については、広範囲となる雨水への対応として、降雨の際の排水方法(調整池の設置、排水の分割化等)の検討、下流域への安全対策、施設の建屋建設による日陰地への補償問題、建設予定地内の用地及び果樹等の補償、現在ある農業施設等への補償、用地の買収方法、大きな災害等が起きた場合の責任の所在、これからの工事のスケジュール等についての意見・質問が出されました。

 その他、発生土置場への要望、JR東海のリニア建設への考え方、建設工事に伴う発生土運搬用ダンプ等による、交通集中への懸念等の意見・質問が出され、説明会は午後8時43分に終了しました。

伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺)へのリニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が開催されました。

JR東海による伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺)の、リニア中央新幹線品川・名古屋間地区別事業説明会が、(2015年)2月25日(水)伴野原会所にて実施され、当日は36名の方が参加されました。
 伴野原・大柏地区(変電所建設予定地周辺地区)の説明会という事で、JR東海でも柏原果樹団地組合への説明会と同じく、変電所施設を中心とした説明となり、意見・質問も変電所関係が中心となりました。

◎主な意見・質問
 変電所施設については、工事に伴う周辺道路の整備計画、施設内での騒音の発生への懸念、施設への電力供給方法、フェンス等による安全対策の方法、雨水の排水対策と下流域への分散による排水計画の検討、施設内への労務宿舎の設置、建設予定地内の道路・灌水施設への対応方法、又、周辺の方々から住宅・農地等への通行の確保等についての意見・質問が出されました。

 その他、設計段階での早期の説明会開催の要望、リニア中央新幹線開設工事の必要性の説明 、発生土置場の現在の状況、用地取得事務の委託方法、工事に伴う坑口付近への労務宿舎等の設置等の意見・質問が出され、説明会は午後8時2分に終了しました。

以上は長野県豊丘村リニア対策室 の記事から抜粋しました。
このページで記録されている対策委員会については、『JR東海が行うリニア中央新幹線建設に対して、生じる様々な問題・課題に対し、情報を共有し、対応を検討・協議していくため、村内の各団体から委員を選出し、豊丘村リニア対策委員会を平成27_2015年2月に設置しました。』
豊丘村Facebook もあります。
「中部電力よりリニア中央新幹線工事用電力供給のための配電線工事計画が公表されました。」と紹介されている記事は、中部電力よりリニア中央新幹線工事用電力供給のための配電線工事計画が公表されました。(2015年4月1日)
さらに、中部電力より平成29年1月以降のリニア中央新幹線工事用電力供給のための配電線工事計画が公表されました。(2016年12月5日)が豊丘村の最新情報です。

喬木村では 中部電力の配電線工事の施工計画変更 について (お知らせ)(2017年3月23日)
『中部電力株式会社では、リニア中央新幹線建設工事に伴うトンネル掘削等の工事現場への電力を供給するため、配電線工事を平成29年1月より着手しておりますが、このほど、施工計画が見直されましたのでお知らせします。』

「暴対」という言葉があります。地域の人々の安全・安定・安心を守るべき行政には「L対」も必要なのです。それを理解している行政も議会も山梨県内にはほとんど無いのが実情と思いますのでご紹介しました。
・・・ということで、この記事のカテゴリーは「行政・議会」

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨高圧線計画 都留市~富士川町まで41キロ(PDFファイル 8,854 KB) という記事が 4月17日作成のPDFファイルで公開されていました。
東京電力パワーグリッド株式会社から住民に資料が示されたものだそうです。
これもリニア新幹線工事説明会の開催通知と同様に行政を経由せずに企業から直接配付されたのでしょうか?

送電線計画
送電線計画

リニア中央新幹線環境影響評価では送電線も変電所についても明確に説明されていないことが気になっていましたが、こんな形で出てくるとは思っていませんでしたので驚きました。
私には事情がわかりませんので、とりあえず情報提供だけにします。 リニア中央新幹線事業というのは魑魅魍魎の世界だと、あらためて感じております。
この際ハッキリ言っときますけど、山梨県内のリニア新幹線関連事業は、アルプス・トンネルが完成する状況を見てから始めるのが良いです。2027年開通など夢のまた夢かも知れない・・・

【追記】
東京電力報 2017/06/16 電柱のない安全で美しい街並みを目指す、無電柱化への取り組み だそうです。
同じサイトの記事ですが、2016年10月12日午後3時30分頃発生した埼玉県新座市野火止付近の洞道火災、これは地下送電線関連の火災でした。私もテレビニュースを見ていた記憶があります。ネットには「埼玉新座市の変電所の場所や火災の原因は?停電を含む現在の状況は?」 と記事がありました。
「当社サービスエリア内の154kV以上のOFケーブル緊急点検」との記述から確認したら「城北線3番」という 275kV(27万5千V)の送電線です。
山梨県でも洞道(地下)設置は可能でしょう。富士山の写真に送電線が映り込まない場所探しは観光客にも迷惑です。美しい街並みは山梨県にも大切です。
山梨県政は東京電力にはダンマリでしょうか、あの計画停電の時のように。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「リニア新幹線事業で長野県関係市町村長とJR東海の意見交換会」 の続報です。リニア中央新幹線で地元市町村長とJR東海の幹部が意見交換(信州・長野県のニュース:SBC信越放送 2017年4月19日20時18分)

飯田・下伊那地方の市町村長とJR東海の意見交換会が開かれ、リニア中央新幹線の工事について市町村長側から、「残土の安全性を高めてほしい」といった要望が出されました。
飯田合同庁舎で開かれた意見交換会には、14の市町村長とJR東海の宇野護中央新幹線推進本部長など幹部5人が出席しました。
会議は冒頭を除いて非公開で行われ、県の水間武樹リニア整備推進局長によりますと市町村長からは「JRの現地体制を強化して欲しい」「残土の安全性を担保して欲しい」といった要望が出されたということです。
これに対しJR東海の宇野本部長は「現地の人数は多くは望めないが、内容について出来ることをやっていきたい」「残土については長期にわたって管理していきたい」との考えを示しました。

前記事で早川町塩島発生土置き場の記事を書いたので、関連して長野県意見交換会の速報として書いておきます。委細が分かればリニア新幹線情報で整理しておく予定です。
長野県で「残土の安全性」とは今までのところ土砂崩れの誘発を意味していると思いますが、山梨県早川町の雨畑仮置き場は汚染土が出た時の対策用ですから、中部横断道の汚染土問題とも絡んで山梨県は厳しい問題をかかえています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




長野県でJR東海と地域自治体の意見交換会があることを4月16日に記事にしました。その時に「山梨県では発生土処分には問題が無い・・・」と書いてしまったのですが、どうやら情報距離が遠い私の勘違いだったようです。
この件については 2017年04月18日の NHK山梨のニュース「リニア 土砂搬入先確保できず」と報じましたが既に記事はリンク切れです。

NHK報道のソースを探してJR東海の広報に気付き、前記事で適当なことを書いた責任があるのでこのブログでとりあえず書いておきます。
以下、2017年4月17日にJR東海が広報した発生土置き場の計画変更について・・・(関係自治体に送付・公表する、とされていますので委細はそちらをご確認ください。)
「地元の皆様へお知らせしたうえで、資料に発生土の仮置きに関する内容を一部追加して、関係自治体に送付しました」 という手順は逆だと思います。まず行政に説明して了承されてから地元民に説明するのが筋だと思います。しかし県庁や自治体からはプロセスに異議は出ないらしく、沿線各地すべて同様な状態で、事業者はまるで天下人のようです。

事業者のソースは以下から確認できます・・
中央新幹線関連プレスリリース | 山梨県・環境保全の計画

 当社では中央新幹線建設工事に係る具体的な工事計画に基づき、環境保全措置を具体化し、その内容について工事説明会で地元の皆様に対して説明するとともに、資料としてとりまとめ、関係自治体に送付・公表することとしています。

 山梨県早川町内の塩島地区発生土置き場については、「塩島発生土置き場における環境保全について」として、平成27年12月に、その後内容を一部更新して平成28年11月に、それぞれ関係自治体に資料を送付・公表しました。
 この度、同発生土置き場の盛り土部分の上部に発生土の仮置きを行うことから、地元の皆様へお知らせしたうえで、資料に発生土の仮置きに関する内容を一部追加して、関係自治体に送付しましたのでお知らせします。

1.主な更新内容 ※詳細は別紙參照
   工事の規模
   工事の概要
   工事工程
   工事用車両台数
   仮置き時の環境保全措置

2.その他
   更新した資料については、当社のホームページにおいて公表いたします。
塩島発生土置き場

工期の変更を示した画像は省きます。

塩島発生土置き場

「仮置き時の環境保全措置」資料画像がありますが、ここでの掲載は省きます。いずれリニア中央新幹線情報サイトで整理しておく予定です。

間もなくゴールデンウィークです。リニア新幹線工事は休止でダンプも走らないと思いますが、観光客向けの情報発信はJR東海ではなく、山梨県観光部や地域自治体の仕事でしょう。何も知らずに出かけて来たらダンプが多くて不愉快・・・などとTwitterで騒がれたら日頃の観光アピールが台無しになります・・・

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




記事に気が付いて動画を探しました、「日本一ウィンカー出さない県」皮肉動画で警鐘(読売新聞 2017年04月18日)
岡山トヨペットが制作した動画をYouTubeの共有ツールで・・・

日本一ウインカーを出さない県の驚きの安全策とは・・・?Bubblepack Town

山梨に来て車を使い始めた時に知人から言われたのは、山梨ではウインカーが遅いから注意しなさい、ということでした。甲府市内を走った時にこの忠告を納得しました。

岡山トヨペット、ホームページですが、『本日の読売新聞に、弊社が制作しましたウィンカーの点灯を啓発する動画「Bubblepack town」の記事を大きく取り上げていただけました。また、読売オンラインのトップページにも掲載されました。』(< お知らせ >2017.04.18)がありました。

情報のネットワークを熟慮活用すれば多額の広告宣伝費以上の効果が得られるようです。
山梨県のリニア中央新幹線活用事業も、甲府市の開府500年記念事業も、日頃からの情報ネットワーク活用、その延長で全国版になるはずです・・・ ということで、この記事も「街づくり」カテゴリーとします。

首都圏各地に出かけることは多いのですが、近年は都内幹線道路でも車道の自転車走行が増えていて、それが正当ではあっても命知らずだなぁと思うことが多いです。 この他に私が感じたのは、左折でいちど右にふくらむ場合が多いこと。道幅が十分ある十字路の左折でも右ふくらみがあるので用心しています。
右折信号待ちでは交差点の中心まで進まずに横断歩道上で停止していて、そのまま斜め右折するケースも見かけます。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




長野県庁からのプレスリリースです・長野県(建設部)プレスリリース平成29年(2017年)4月14日
リニア中央新幹線事業にかかる長野県内の建設については、南アルプストンネル長野工区の安全祈願・起工式、伊那山地トンネルの坂島工区の工事説明会が開催されるなど動きが本格化しています。今後の本事業を円滑に推進するため、事業主体であるJR東海と関係市町村長との意見交換会を開催します。
日時・平成29年4月19日(水曜日)午後3時15分から午後4時45分まで
場所・長野県飯田合同庁舎講堂(飯田市追手町2-678)
当日は冒頭のみ(県、市町村代表、JR東海の挨拶まで)公開で行います。意見交換会終了後に取材に応じます。

長野県関係市町村長とJR東海の意見交換会

この意見交換会の主催者である長野県建設部リニア整備推進局には、「リニア中央新幹線の工事の状況」でこの説明会に参加する市町村の状況が広報されています。(資料更新は遅いようですが)

大鹿村からは 大鹿村内のリニア工事・道路状況(平成29_2017年3月31日現在)が出ています。そしてこのページは上のリニア整備推進局にリンクされていて相互リンクなのです。
このページにはありませんが大鹿村の仮置き場から村外に搬出される発生土(残土)の置き場は未解決ですし、工事に必要な保安林指定解除は未確定です。そんな問題も意見交換会で話し合われるのでしょう。

ちなみに山梨県リニア交通局リニア推進課には リニア中央新幹線最近の動向 があります。資料は出ていませんが発生土処分地も保安林関係も言及されていませんから、何も問題無いようで粛々と事業が進んでいるようです。

「日本で最も美しい村」の大鹿村、送電線や付帯施設、工事の爪あとで美しい村では無くなっても、トンネル工事の10年間さえ我慢すれば2027年以後はリニア新幹線飯田駅や中央高速ICから、新幹線開通に合わせて整備された道路で続々やってくるお客様を迎えて賑わう村の繁栄が約束されている。その期待が大鹿村行政に早期トンネル起工式承認の決断をさせたのだと思います、例え2027年が5年、10年先に延びても・・・

長野県内リニア新幹線事業の諸問題は南信州新聞が リニア中央新幹線 記事一覧 で整理されています。
例え行政サイトからリニア記事が消え去っても、この貴重な南信州新聞記事サイトは20年、30年後も残ることを願っています。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ