ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない
  だからネットの使い方も 工夫 したい こうふ のブログ




2024年3月2日 06:00 山梨県とメディアの戦いに出口見えず、「取材規制」への抗議に当局は〝事実誤認〟の反論(産経新聞)【文字の赤はページ作成で付けたものです】

 山梨県の長崎幸太郎知事へのインタビューを巡る「取材規制」の問題が泥沼化している。県側が長崎氏自身の政治資金収支報告書への不記載問題について質問しないよう求めたことが発端で、山梨県政記者クラブの抗議に対し、県側は質問事項に関する「調整の提案」などと反論。県側の要請に応じず、実際にインタビューが実施されなかった社もあり、記者クラブが再抗議する可能性も高まる。問題収束の道筋は全く見通せない事態に陥っている。

「報道側は理解」 県側の不可解な主張
 県側の回答は2月27日に、県地域ブランド・広聴広報統括官の小林徹氏の名で文書で出された。そこではインタビューは「限られた時間内で、その年の県政方針を取材いただく」という趣旨を強調。長崎氏の政治資金収支報告書への不記載問題など「県政に関する内容以外の質問は定例会見で質問するよう調整を提案し、この点を理解いただいたうえで取材をしていただいたものと理解する」とした。
 だが、実際には報道各社は長崎氏が知事就任6年目に入る節目でのインタビューだと、県の広聴広報グループから説明を受けていただけ。インタビューを行った社を含め、「県政以外の質問は定例会見で」との認識はなかった。こうした「取材規制」とも受け取れる要請を報道側が了解していたという事実もなく、「報道側が理解していた」という県側の主張は全くの事実誤認といえる。

局長が議会でも答弁
 記者クラブ加盟のある記者は「もはや妄想レベル」と批判し、別の記者も「事実誤認じゃなく完全に虚偽、捏造(ねつぞう)という次元だ」と怒りを隠さない。
 さらに2月28日に県はこの回答をホームページで公開。同日行われた2月定例県議会の一般質問で、志村直毅県議がこの問題について質問。これに対し、石寺淳一知事政策局長が「調整を提案し、この点を理解いただいたうえで取材をしていただいた」と答弁するなど、事実誤認のままで、県の公式的な見解としている。

ローカルな問題が全国的なニュースに
 この「取材規制」を巡る問題は山梨県内にとどまらず、全国的な関心事となっている。国内の新聞社などの労働組合でつくる 日本新聞労働組合連合(新聞労連)が、今回の問題を受け、別の自治体でも首長への取材で同様の事象が起きているとして、「言論の自由を保障した憲法に違反する悪質な行為」と、抗議声明を発表した。
 日本の新聞、放送、通信の企業・個人で構成する 日本新聞協会も「会報に今回の問題を掲載する」と記者クラブに連絡してきた。また、全国ネットの民放の報道番組でも、この問題を取り上げる予定で取材を進めているとされる。

 こういった形で問題が大きくなっている最中に、県側がさらに事実誤認に基づく見解を示したことに、記者クラブは対応を協議しており、再度の抗議や質問状を出し、報道側が事前了承していたとの県の認識の撤回を求める方向だ。(甲府支局 平尾孝)

山梨県知事インタビューを巡る「取材規制」の問題
 長崎幸太郎知事の就任6年目入りのインタビュー取材に際し、自らが代表である資金管理団体でパーティー券のキックバック1182万円の不記載があったことについて県側がメディア側に質問しないよう求め、質問項目から削除しない場合は取材に応じられないと「圧力」をかけたことをきっかけに始まった問題。2月5~14日に記者クラブ加盟の11社が取材し、産経新聞を含め、数社は不記載問題を質問し記事化した。

 一方で質問しなかったケースや、不記載問題関連を記事にしなかった社もあった。さらに地元民放のテレビ山梨は、質問削除の要請に応じないことを通告したためインタビューは実施されなかった。

 一連の事態を受け、山梨県内の14社の報道機関が加盟する山梨県政記者クラブは臨時のクラブ総会を開催し、「県の対応が意に沿わない報道に圧力をかけ、取材活動を規制するもの」として抗議し、一連の対応についての経緯などを質問する文書を県側に提出した。これに対し、県側が2月27日に文書で回答していた。
 
2024年2月28日 18:28 山梨県の長崎幸太郎知事「趣旨伝わってなかったこと遺憾」 インタビュー質問規制に言及(産経新聞)

 山梨県の長崎幸太郎知事のインタビューに関し、県側が報道各社に対し、政治資金収支報告書不記載関連の質問を規制した問題をめぐり、長崎氏は28日に行われた2月定例県議会の一般質問の答弁で、「インタビューの趣旨は県政の中長期的方針を県民に知らせるためと、あらかじめ報道機関に伝え合意を得ていたと考えていたが、その趣旨が伝わっていなかったことは遺憾だ」と語った。

 この問題をめぐっては、山梨県政記者クラブが質問制限への抗議・質問状を県側に提出。これに対し27日に県側が回答を出し、「限られた時間内で県政方針を取材いただくため、それ以外の質問は定例知事会見で質問いただくとの理解だった」として、「取材活動の規制ではない」と主張していた。

 今回、質問制限問題について長崎氏が言及したのは初めて。さらに「今後は報道機関とコミュニケーションをとるべく一層職務に遺漏なきよう(担当部署に)指示した」と続けた。
 一方、記者クラブの中では、27日の県側の回答を了承できないとの意見もあり、今後対応を協議する予定だ。
 
山梨県議会の確認
令和6年2月26日(月曜日)代表質問
未来やまなし 清水 喜美男 【この方はWebページ無いらしい】
 1.長崎知事の政治資金収支報告書の不記載問題について

令和6年2月28日(水曜日) やまなし県民会議 志村 直毅
 質問・10.政治資金に対する知事の考え方について
 志村直毅
 志村直毅(SHIMURA Naoki) 本日の一般質問、傍聴・視聴してくださった皆様ありがとうございました。こちらのサイトで少し映像をご覧になれます。
 知事の政治資金収支報告書の不記載問題については、取材規制ともとられる県の対応や、政治とカネの問題についての知事の見解を質すとともに、毎年、政治資金収支報告書の提出のほか訂正も何度かある中で、使途不明金の確認もされず、失念し続けたということを県民に信じていただけるでしょうか、と申し上げました。
 カネのかからない政治の在り方を追求し、切り拓いていく姿を見せるべきとの問いかけへの答弁は、範たる見解を述べられていたと思います。
 ぜひその思いで、政治とカネの問題がつきまとう県政と言われないように改善をお願いしたいと思います。
【志村直毅議員は、ご自身のサイトでこのようにお書きになっておられる。】

令和6年2月28日(水曜日)
日本共産党 名取 泰【なとり やすし氏はご自身のサイトに記録なさっています】
 7.政治資金をめぐる問題について
 2月28日に行なわれた山梨県議会2月定例会での日本共産党の一般質問の内、知事の政治資金をめぐる問題についての部分の要旨を紹介します。(以下の図は質問で使用したパネルです。)
【実に長文の記録で、長崎知事との質問・回答も多数の記録を残された】
 

私が記録した限りでは2月議会で知事と議員が政治資金収支報告書の件について話しをされ、議員はもちろん、傍聴の市民や報道人も聞いたと思います。
産経新聞の記事からは、知事との面談を望む報道機関を県庁職員が止めているとしか思えませんが、それを知事はどの程度ご承知なのか。

2024年2月26日 日本新聞労働組合連合(新聞労連) 地方自治体で相次ぐ「質問封じ」に抗議する
 山梨、徳島の事案とも首長による直接の取材拒否の指示は確認されていませんが、選挙で県民・市民の負託を受けた公人としての説明責任に背を向ける首長の姿勢が広報担当者に伝染し、トップの顔色を伺う忖度が自治体にまん延していることを伺わせます。【部分引用です】
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




YBS山梨放送 (https://www.ybs.jp/ ニュース・https://news.ntv.co.jp/n/ybs, YBS NEWS NNN)

2024年03月01日 19:20 資金管理団体の不記載で知事告発 判断は東京地検へ 山梨県
 長崎幸太郎知事の資金管理団体の不記載で、知事らが刑事告発された問題に動きです。告発した市民グループ側は1日、甲府地検から「告発は東京地検が判断する」と回答が届いたと明らかにしました。
 長崎知事の資金管理団体は2019年8月、自民党派閥「二階派」から受け取った現金1182万円を収支報告書に記載せずその後、訂正しました。
 この問題を受け、県民有志の市民グループは今年1月、政治資金規正法違反などの疑いで長崎知事ら2人を甲府地検に刑事告発しました。グループの代表によりますと、甲府地検から先月29日付で「告発状は東京地検に回付した」とする通知が届いたということです。
 今後は東京地検が刑事告発について判断するものとみられ、東京地検特捜部が捜査する可能性もあります。
 市民グループによりますと、東京地検の担当者は「1か月以内に経過を伝える」と回答しているということで、甲府地検は取材に対し「回答を差し控える」としています。
2024年02月21日 19:28 記者クラブが抗議文 知事の政治資金問題巡り 県が質問しないよう要請 山梨県
 山梨県が長崎幸太郎知事への取材を巡り、複数の報道機関に対し、 知事の政治団体による不記載が発覚した「政治資金問題」について質問しないよう、要請していたことが分かりました。
 報道機関が加盟する「県政記者クラブ」は21日、「取材活動を規制しようとするもの」として、知事と広聴広報統括官宛ての抗議文を提出。
 県側は抗議文を受け取り「2人に文書を渡して回答する」としました。
【YBSニュースを記録しておきます】
2024年02月10日 19:00 立民県連が長崎知事に申し入れ書 不記載問題の説明求める 山梨県
 長崎幸太郎知事の資金管理団体による収支報告書の不記載問題を巡り、立憲民主党県連は10日、詳細な説明を求める申し入れ書を知事に送りました。
 長崎知事の資金管理団体は2019年8月、自民党派閥「二階派」から受け取った現金1182万円を収支報告書に記載せず先月19日に訂正しました。
 立憲民主党県連の小沢雅仁代表は10日、拡大常任幹事会の後、知事に詳細な説明などを求める申し入れ書を送ることを明らかにしました。
 申し入れは合わせて6項目からなり、知事に自民党を離党することも求めています。
 一方の長崎知事は、不記載問題について「すでに説明責任は果たした」という認識を示しています。
2024年02月08日 19:54 市民団体が県議会に全容解明求める要望書 長崎知事代表の資金管理団体不記載問題 山梨県
 長崎幸太郎知事が代表を務める資金管理団体の1千万円以上の不記載問題を巡り、市民団体は8日、県議会に対し問題の全容解明を求める要望書を提出しました。
 この問題は、長崎知事の資金管理団体が自民党派閥二階派から受け取った現金1182万円を収支報告書に記載せず、二階派関係者の立件後に訂正したものです。
 市民団体「県議会ウォッチャー」が県議会を訪れ議長宛ての要望書を提出。要望書では「知事の説明に納得できない」など、議会に対し真相究明を求めています。
 要望書を受け取った水岸富美男議長は「告発の動きなどもあるため、動向を注視したい」と述べるに留めています。
2024年01月29日 19:14 資金管理団体の不記載問題 立民県連が長崎知事に説明を要請へ 山梨県
 長崎幸太郎知事の資金管理団体の1100万円を超える不記載問題について、立憲民主党県連は知事に説明を求めることを決めました。
 長崎知事の資金管理団体は2019年8月、自民党派閥「二会派」=志帥会から現金で1182万円を受け取りましたが収支報告書に記載せず、志帥会の元会計責任者らが立件された今月19日になって訂正。知事は「預り金として保管しそれを忘れていた」などと説明しています。
 27日、取材に応じた、立憲民主党県連の小沢雅仁代表は「到底理解できない」などと批判。 県連として知事に対し、経緯の説明と自民党籍を抜くよう求める申し入れ書を提出する考えを示しました。 求めていきたい
 この問題を巡っては市民団体が30日にも甲府地検に刑事告発するほか、共産党県委員会も知事に対し県議会での説明を求めるよう、 県議会議長に申し入れる予定です。
2024年01月23日 20:01 長崎知事 説明求める要請書返す 1000万円超の不記載巡り 山梨県
 長崎幸太郎知事の政治資金管理団体による1千万円を超える不記載について、説明を求める要請書を提出した共産党県委員会に対し、知事は回答しない考えを示し、要請書を返しました。
 長崎知事は22日夜、取材に応じ、自身の資金管理団体による政治資金収支報告書への1182万円の不記載について、共産党県委員会から提出された経緯などの説明を求める要請書について「すでに会見していて回答しない」と説明。要請書が「裏金問題」と指摘していたため、「事実をミスリードする要請には対応できない」として、23日、県委員会に要請書を返しました。要請書では「裏金と言われても仕方がない」としていました。
 ただ長崎知事は、報道陣の取材にも現金を受け取った詳細について「公判前で詳細は答えられない」としました。
 要請書を返された共産党県委員会の花田仁委員長は「全く不誠実で無理やり幕引きをはかっているように感じる」としています。
2024年01月20日 20:23 長崎知事が代表務める政治資金管理団体 不記載1182万円明らかに 山梨県
 長崎幸太郎知事は20日、自らが代表を務める政治資金管理団体が、1182万円の収入を政治資金収支報告書に記載していなかったと明らかにしました。
 長崎知事によりますと、自身が代表の政治資金管理団体「日本金融経済研究フォーラム21」が、2019年に二階派の派閥から受け取った1182万円が政治資金報告書に記載されていませんでした。
 説明によりますと、2019年5月に二階派の政治資金パーティが開かれ、派閥の参与だった長崎知事にもパーティー券の販売ノルマ50万円が科せられました。
 これに対し、長崎知事が売り上げたパーティー券は1774万円で、売上金はいったん全額が派閥の銀行口座に振り込まれました。その後、6月には派閥から長崎知事サイドに販売ノルマ超過分として500万円が振り込まれ、この寄付については政治資金報告書にも正しく寄付として記載されました。
 しかし、8月にノルマ超過分として、現金1182万円が事務所関係者に渡され、この現金について政治資金報告書の記載がなかったということです。長崎知事は派閥から取り扱いの指示がなかったため「処理の未確定のまま放置され失念していた」と説明しています。
 長崎知事は、現金は手つかずの状態で事務所に保管されていて「裏金化して使う意図はなかった」と説明しました。
 一連の自民党派閥の裏金問題を受けて行っていた、知事の政治資金の総点検で発覚し、19日付で、収支報告書を修正したということです。
2023年
2023年12月26日 16:24 自民党県連からの交付金300万円が記載漏れ 長崎知事代表の政治団体 山梨県
 山梨県の長崎幸太郎知事が代表を務める、政治団体の去年の政治資金収支報告書に300万円の記載漏れがあったことが分かりました。
 記載漏れがあったのは、長崎知事が代表の政治団体「自民党山梨県ふるさと創生支部」で、去年、自民党県連からの交付金300万円が収支報告書に記載されていませんでした。
 日本共産党県委員会が指摘し、支部は25日付で収支報告書を訂正しました。また、県委員会は、県議5人がそれぞれ代表を務める5つの自民党支部でふるさと創生支部から30万円の交付金があったにも関わらず「不記載や過少記載があった」としたほか、今年の知事選直前に支部から県内55の自民党支部に総額1170万円が交付されたとしました。
2023年12月11日 19:14 長崎知事「監督者」設置へ 自民党パーティー券問題を受け 山梨県
 自民党安倍派の政治資金パーティーを巡る問題を受け、長崎幸太郎知事は第三者の立場で政治資金収支報告書をチェックする「法令遵守監督者」を配置することを決めました。
 県議会で11日、長崎知事が示したもので、政治活動の透明性の向上へ年明けにも自身の資金管理団体などに第三者の立場から政治資金収支報告書をチェックする弁護士などの「法令遵守監督者」を配置するということです。
 県議会で、知事は自身の政治団体が今年、政治資金収支報告書を訂正していることを踏まえ「改めて課題意識を重く受け止めている」とした一方、「政治資金パーティーを行うべきではない」とする指摘に対し、引き続き開催する考えを示しました。
2023年12月06日 19:47 自民党派閥の収入不記載問題 長崎知事「記載していて問題はない」 山梨県
 自民党派閥の収入不記載問題について、二階派所属の長崎幸太郎知事は6日、取材に応じ、派閥からの交付金について「記載していて問題はない」との認識を示しました。 Qキックバックの仕組みがあったことは知っていたか?
長崎知事 「もちろん存じ上げている。最初からそういうルールで我々もパーティー券の購入をお願いし、買っていただいてますので」
 長崎知事は、パーティー券収入の政治資金収支報告書の不記載が指摘されている二階派「志帥会」の参与で、派閥からの交付金については「記載している」と説明して「問題はない」との認識を示しました。
 また知事は「今年の志帥会の政治資金パーティーに出席した」としつつ「事実上、活動にはほとんど参画していない」としました。
2023年11月20日 19:13 次世代型路面電車「市街地でも走らせたい」 富士登山鉄道構想に関連 長崎知事が政治資金パーティーで私案示す 山梨県
 山梨県が進める富士山登山鉄道構想に関連し、長崎知事は19日、登山鉄道に導入を考えている次世代型路面電車(=LRT)を富士北麓の市街地でも走らせる考えを示しました。
 長崎知事の政治資金パーティーで出席した国会議員や県議・支援者らに説明しました。長崎知事は、富士山登山鉄道構想に関連し、富士北麓地域は各鉄道の駅から観光地までの交通網の整備が進んでいないと指摘。私案として、富士山登山鉄道に利用するLRTを市街地にも走らせることで、観光客の利便性を高める考えを明らかにしました。
 LRTを市街地にも走らせる考えは、21日から行う富士山登山鉄道構想の地元説明会でも行う予定です。




2023年10月6日 14:05 富士山の登山鉄道構想 富士河口湖町長が改めて賛成姿勢 山梨県
 富士山登山鉄道について町民を対象にした講演会が5日夜、富士河口湖町で開かれ、町長が改めて構想に賛成の姿勢を示しました。
 町内の観光施設「河口湖 音楽と森の美術館」が、富士山登山鉄道構想について理解を深めてもらおうと開催しました。冒頭で富士河口湖町の渡辺喜久男町長が「ぜひ推進してもらいたい」と賛成の姿勢を改めて示しました。また、県の担当者に対して「地元に丁寧な説明をしてもらいたい」と地元理解へ努力を行うよう釘をさしました。
 一方、参加住民から構想が富士北麓地域で分断を招いているとの意見が出され、県の担当者は「今月に発足する検討会議の中間報告が出れば、地元にも説明していきたい」などと話しました。
2023年10月4日 19:14 県議会一般質問 富士山登山鉄道と県有地訴訟で議論白熱 山梨県
 県議会は4日、一般質問が行われ、富士山登山鉄道と県有地訴訟について論戦が繰り広げられました
 長崎幸太郎知事 「まずは議員が安全走行が可能であるとは到底考えられないとするしっかりとした科学的根拠をお示し頂かないと議論のしようがありません。いずれにしろ専門家の意見を伺いながら調査・検討を行いしっかりと確保する」


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




2024年03月01日 19時26分 「新山梨環状道路」の一部 事業化候補として検討開始 国交省(NHK山梨)
 甲府盆地を一巡する幹線として建設が進められている「新山梨環状道路」の一部区間について、国土交通省は1日、新年度・令和6年度の事業化に向けた候補として検討を始めたと発表しました。 長崎知事は臨時会見を開き、事業の推進に全力を尽くす考えを示しました。
 「新山梨環状道路」は、甲府市周辺を一巡し、自治体間の連絡を強化するために建設が進められている全長43キロメートルの幹線道路です。
 県によりますと、このうち国が整備を請け負う甲斐市牛句と甲府市桜井を結ぶ北部区間は、大規模なトンネル工事が必要で多額の費用がかかることもあり、事業化が進んでいませんでした。
 国土交通省は1日、この区間の一部、甲府市の桜井と塚原の間の5.5キロについて、新年度の事業化に向けた候補として検討を始めたと発表しました。
 国土交通省は今後、山梨県など候補事業のある自治体や学識経験者などで作る委員会の意見を聴いた上で、審議会を開いて新年度の新規事業として採択するかどうか判断することにしています。
 全線整備に向け新年度の事業の候補になったことを受け長崎知事は1日、臨時会見を開き、「未事業区間が、事業化に歩みを進めることになりました。交通の円滑化のためには全線整備が重要です。県は、環状道路に関するさまざまな事業の推進に全力を尽くします」と話していました。

【注】3月3日に読んだ時に記事タイトルだけが変更されていました・・・「新山梨環状道路」の一部 事業化候補として検討開始 国交省 ←「新山梨環状道路」 事業化に向けた候補として検討へ 国交省【これを書き換えました】

新山梨環状道路(北部区間)(国土交通省)
事業の概要
 新山梨環状道路(北部区間)は、甲府市中心市街地から半径およそ5km〜7kmの位置に計画された、環状道路の一部をなす延⻑17kmの国道20号のバイパス事業です。
事業の効果
 新山梨環状道路(北部区間)が完成することにより、甲府中心市街地の通過交通の排除や流入交通の分散により、国道20号や国道140号、(主)甲府韮崎線など甲府圏域内の幹線道路の朝夕の慢性的な交通渋滞の緩和や事故の減少が期待されます。
 新山梨環状道路(北部区間)の地図画像
 
国土交通省の発表内容

新山梨環状道路(広瀬〜桜井)
事業の概要
 新山梨環状道路(広瀬~桜井)は、甲府市東部の市街地を通過する道路事業で、交通容量確保による交通渋滞緩和と、交通渋滞に起因する交通事故の減少を整備の目的とした、笛吹市石和町広瀬から甲府市桜井までの延長2.0kmの道路です。
 新山梨環状道路(広瀬〜桜井)の概要図等
事業の効果
 リニア中央新幹線(東京-名古屋間)の開業により、甲府-東京間を約25分で移動可能となります。
 新山梨環状道路(広瀬~桜井)とリニア中央新幹線の整備の相乗効果により、峡東地域の名勝である恵林寺やモモ・ブドウの生産を活かした観光果樹園へのアクセス性向上など、観光促進が期待されます。
画像で説明・山梨県駅(仮称)から峡東地域までのアクセス性の向上

新山梨環状道路(牛句〜宇津谷)
事業の概要
 新山梨環状道路(牛句〜宇津谷)は、甲府都市圏の交通渋滞の緩和、地域間の連絡強化による連携・交流の促進、中央自動車道とのアクセス・ネットワーク効果の発現等を図ることを目的とした、甲斐市牛句から同市宇津谷までの延⻑5.0kmの道路です。
 新山梨環状道路(牛句〜宇津谷)の概要図等
事業の効果
 新山梨環状道路(牛句~宇津谷)の整備により、日本有数の景勝地である昇仙峡への最寄ICとして、牛句IC(仮称)が新たに整備され、高規格道路を利用した観光客のアクセス性の向上が期待されます。
画像で説明・主要観光施設(昇仙峡)までのアクセス性の向上
 
国土交通省による新山梨環状道路(北部区間)事業計画について
 山梨県庁及び関連自治体(笛吹市、甲府市、甲斐市、韮崎市)での対応

山梨県 新山梨環状道路・・・新山梨環状道路北部区間
関係自治体については確認する予定
笛吹市

甲府市

甲斐市  都市計画マスタープラン

韮崎市


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




記事の分野別一覧表ご案内【】【】【】
ABC abc「Shiftキー」を押しながら「Caps lock(英数)キー」を1回押します 


【山梨県庁と議会の記録】
 山梨県庁や議会の各分野を確認は出来ません、興味ある事業などを報道も確認して記事にしています。

【大震災 能登半島・阪神淡路・関東大震災 etc】
 NHKが2月19日現在の石川県被害状況を報じたが恐ろしい数値だ
  能登半島地震 被災地からの声(NHK 3月1日更新)
  このNHK連載記事を記録する為に【能登半島地震 被災地からの声(NHK連載)】を設定しました。

【リニア中央新幹線&ストップ・リニア!訴訟】
 山梨の YBS NEWS 社で関連記事が多数あり追加掲載を進めます
【リニア工事・駅その他 JR東海のYouTube動画】

【ロシア関連の記事】
 【ウクライナの状況・支援】にプラスしてロシアです
【ウクライナの状況・支援】
 ウクライナの状況確認が疎かなままでした。これまで記録した記事を整理し現状を確認していく予定です。

【山梨県甲府市・塩澤寺厄除地蔵尊大祭】
 山梨に来て間もない2007年、塩澤寺ヤクヨケ地蔵尊祭りに出かけて記事を書いていました。初めて知った祭りでしたから書いていたのだと思います。

【NPO法人 山梨平和ミュージアム】
 山梨平和ミュージアムが市民から提供される資料や講演など多数の情報が掲載されます。
 NPO法人様のサイトの多数記事を一覧表的に確認したい私が設定したものです。

【日本の原子力発電】
 日本で原子力発電が始められた歴史を確認したいと2011年からのブログ記事を整理・・・
【福島第一原発事故】・・【日本の原子力発電と福島事故】
 福島の原発事故については学習不足、日本の原子力発電のありかたを学習せねば

【全国知事会の状況と情報】
 全国知事会が緊急広域災害対策本部を設置(2024年1月2日)

【山梨近代人物館のご案内】
 施設は山梨県庁舎別館 入館・無料 開館・9時~17時 休館日・第2・第4火曜日

【笹子(ささご)トンネル事故】2012年12月2日から2024年・12年目に

【備忘・都道府県】 報道機関のリンクもあります

【備忘メモ・山梨】 山梨県内組織の一部ですがリンクしています

【各種開催など案内】【←別ページで個別事業の記録など掲載しています】
このページで【分野別一覧表】に書いているのは記事の一覧表です。

 このブログ右側に書かれている「CATEGORY」は一つのカテゴリーに登録すると他のカテゴリーに登録はできません。記事それぞれ全文表示ですから目的の記事に到達するに時間がかかる事もあります。

 十数年前から始めたブログですが、記事の案内にタイトルの「分野別一覧表」を思い付きました。
 同じ記事を複数の一覧表に掲載するのも可能です。使いやすい方法も考えながら継続するつもりです。
備忘メモ
 3月1日は『山梨いのちの日』 山梨県 福祉保健部 健康増進課 担当:心の健康担当
 山梨県自殺防止センター 山梨県 福祉保健部 精神保健福祉センター


コメント ( 0 ) | Trackback ( )




『戦雲(いくさふむ)』(三上智恵 監督)本予告篇
 「いくさふむ」をファイル名にした ikusafumu.jp ホームページです。

 3月16日(土)よりポレポレ東中野、3月23日(土)より桜坂劇場ほか全国順次公開

 開いている記事が「予告編」「特報」が表示されたサイトに戻ってしまったら、ページ右上にある「共有の丸印」をクリックすると指定したページに戻ります。
監督など公開のサイト
 監督:三上智恵(みかみ・ちえ) 語り:山里節子
 プロデューサー:橋本佳子、木下繁貴
 撮影:上江洲佑弥 イラスト:山内若菜
 編集:青木孝文  監督補:桃原英  CG:比嘉真人
 音楽:勝井祐二
 製作協力:沖縄記録映画製作を応援する会
 製作:DOCUMENTARY JAPAN、東風、三上智恵  配給:東風
 2024年/日本/132分/DCP/ドキュメンタリー
 © 2024『戦雲』製作委員会
 
合同会社 東風(製作・配給の担当業者)
 2024.02.28 三上智恵監督 最新作『戦雲』本予告解禁&絶賛コメント到着
 三上智恵監督 最新作『戦雲』(いくさふむ)
  2024年3月16日㊏~ポレポレ東中野ほか全国順次公開 三上智恵監督 最新作『戦雲』(いくさふむ)最新情報をお知らせします!
戦雲-いくさふむ- 要塞化する沖縄、島々の記録
 集英社からは本の発売 2024年1月17日発売 1,320円(税込)新書判/320ページ
サイトに以下のページがあります・・・
 開いている記事が「予告編」「特報」が表示されたサイトに戻ってしまったら、ページ右上にある「共有の丸印」をクリックすると指定したページに戻ります。
menu

 最新情報 映画会社 東風 のサイトです

 予告編 表示されたサイトの「特報」をクリックすると YouTube にリンクされています

 作品解説 本当の「国防」とは何か? 圧殺されるのは沖縄の声だけではない 【文章の表示です】

 スタッフ 監督 三上智恵様と多数メンバーの紹介です

 コメント 外部の方々のメッセージが集まっています

 製作をご支援くださったみなさま
 たくさんの方にご支援をいただき、映画『戦雲』を製作することができました。
 三上智恵監督をはじめ製作者一同、心より御礼申し上げます。
 掲載をご了承いただいた方々のお名前・団体名を本ホームページに記させていただきます(敬称略・順不同)。
 【多数の人々と団体名、数の確認が出来ないほど多数です】

 劇場情報 地域ごとの劇場一覧です 北海道・東北~関東~中部~近畿~中国・四国~九州・沖縄
 


コメント ( 0 ) | Trackback ( )


« 前ページ