地域を楽しむ、家族を楽しむ、少しだけ仕事を楽しむ。

自分の住んでいる「甲府」、出身地である「大月・猿橋」、そして自分と関係のある人々の故郷に関連する出来事を綴る場所。

2016ー29|デフレの正体|藻谷浩介

2016年06月18日 | 
2016ー29|デフレの正体|藻谷浩介

サトーおすすめ度★★★

2010年6月発行
日本政策投資銀行参事役であり、私費で国内のほぼすべての市町村を訪問した経験を持つ地域振興に関する分野の研究者。
行政機関などからの要請により多数の講演を行い、その明確な視点と鋭い指摘が有名。
本書では日本人の多くが信じ込んでいる常識に反論して、独自の論点で日本経済の再生を提案している。各章を読み進めるごとに「なるほど、その通り」と思うことが増え、実践すべきことや政策として実行した方が効果が高いと考えられる。
著者の主張する「日本はブランド力で世界と勝負すべき」、「高齢富裕層から若者への所得移転の推進」、「女性の就労と経営参加の促進」、「外国人観光客・短期定住客の増加」などは、現代日本の再生には必須のことであると私も思う。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加