地域を楽しむ、家族を楽しむ、少しだけ仕事を楽しむ。

自分の住んでいる「甲府」、出身地である「大月・猿橋」、そして自分と関係のある人々の故郷に関連する出来事を綴る場所。

2017-09|世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる|丸幸弘

2017年03月22日 | 
2017-09|世界を変えるビジネスは、たった1人の「熱」から生まれる|丸幸弘

サトーおすすめ度★★★

2014年2月発行

2017年3月読書会の課題図書。
読書会メンバーの知人で、ユニークな論理で事業をつくり組織を経営している丸幸弘氏の著書。
まず、本書の題名がステキだ。
若い社会人やベンチャー企業の経営者などの多くはこのように考えているだろうが、そのことを論理的に、なおかつ情熱をもってまとめてくれている。久しぶりにこの手の本を読んだが、自分の中にもまだまだ「熱」があることを再認識させてもらった。
これまで私が学んできた仕事に対するスキルやチームマネジメントの基本はPDCA(Plan-Do-Check-Action)だったが、本書では根本的に違う理論に基づくQPMI(Question-Passion-Mission-Innovation)を軸とする考え方で著者が会社を経営していると書かれている。私はこの考え方に非常に共感した。
仕事をするうえでのQ(課題)に対して、なんとしてもそれを解決したいというP(情熱)がなければ、仕事も組織もちゃんと回らないというシンプルだが強力な言葉が何度もでてくることに違和感はなく、むしろどんどん納得していった。
また、「面白いアイデアをマネタイズできないのは経営層の責任」との一文もスカッとする。他にも2017年の金言とも言えるワードがいくつも出てきたので、本当に楽しく読めた。
読後の感想だけにとどまらず、行動を変えていくきっかけにしたい。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加