ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




Log20100130

自宅に太陽光発電を導入しようという方々の関心が高いのでしょうか、毎月アクセスが多いのですが、私は耐用年数について明確な説明などできませんので検索にヒットして開かれただけと思います。ごみ記事にアクセスされた方には申訳ない。

暴力団に関心を持つ方が一定数おられるようで、関係記事にコンスタントなアクセスが続きます。検索してみると親分子分の関係とか、ヤクザ映画のような話題で掲示板が続いているようです。この世界に入りたい方もおられるのか、私にはわかりません。

確定申告については国税庁サイトなどに詳しい記事があります。「甲府税務署」で検索されて記事を開かれる方のアクセス理由は税務署のホームページアドレスを調べておられるだけかも知れません。先進各国の納税制度は全く知りませんが、私は源泉徴収制度が廃止されて全ての国民が申告納税になったら税金を使う方々の意識も変わるのではないかと思っています。

既に年度末モードに入っていて気持ちばかり焦って仕事がなかなか進みません。そんな中でもチェックしているのはインターネット、パソコンのセキュリティ問題ですが、この関係はここでは書かないことにします。スパムについては Infoweb oska と FreeBit(yournet) が相変わらずで、同じプロバイダーを使う方々が見えない被害を受けているでしょう、いろいろなサイトにアクセスできなくなっているとか・・・ 理由は隣組にスパマーがいるからです(^o^)

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




この記事は前の記事、「富士見大橋完成で山手通りは渋滞解消」を継承しています。

甲府市議野中一二さんの 山梨県の「都市計画区域マスタープラン」 から山梨県庁へのリンクは、「ご指定のページは見つかりませんでした。」となります(2009年1月に山梨県庁サイトが再構築されたためです)が、この場合は2つの方法があります。
1.「都市計画区域マスタープラン」のキーワードでサイト内検索してみます。
2.サイトマップ (上欄に並んでいる[くらし防災]・・・なども同じ) から該当しそうな項目を開いて確認していきます。
検索結果として、トップ > まちづくり・環境 > まちづくり > 都市計画・水道 > 都市計画道路 > 都市計画道路の整備(パン屑ナビを記録しておきます)
サイトマップの大項目 [まちづくり・環境] からは [道路] ではなく [まちづくり] から入れます。

山梨県庁サイトは実に情報が豊富だと思います。サイトマップでは主として行政の目的別に分類されていて、パン屑ナビもそれに合わせた作りになっているようです。その一方で前記事に書いたように組織から調べる時は職務分掌に詳しくないとなかなか目的のページにたどり着けません。
いっそのこと組織別ページは業務内容の説明だけに特化して、その組織が担当する[サイトマップ項目]にリンクしておくだけでもよいのかなと感じます(俗に言う縦割り行政はそのまま見せずに、横断的に情報を見せているサイトマップに任せる)。

「組織から探す」を主体にしてパン屑ナビを構成すれば、トップ > 県土整備部 > 都市計画課 > 都市計画道路の整備 となるでしょう。この方法なら機械的に簡単な設定です。しかし県庁サイトのパン屑ナビは上記のように、この仕事の目的が「まちづくり」にあることを明確に示しているし、それは素晴らしいと思うのです。仕事の本意を理解せねばこのようなパン屑ナビは構成できません。

都市計画課ホームページにある「分掌事項」からサイトマップ項目にリンクすることで、「コンテンツ一覧」も「更新情報」も不要になるでしょう。
各課に割り当てられたディレクトリ(例えば /toshikei/ )の中で記事を作成・更新しても課内ではリンクせずサイトマップからだけリンクされるようにする。山梨県庁では毎日の新着更新がかなりあるのでサイトマップ各項目毎に新着更新案内してトップページでは更新があるサイトマップの当該項目だけ伝えるのが良いと思えます。
キーになる情報を一か所に集約することで見落とされる事も防げるかも知れません。更新量が少ないなら一括してホームページ(トップページ)で案内できますし、企業サイトなどではそうしているケースが多いと思います。
 「山梨県都市計画マスタープラン(仮称)」(素案)地域別意見交換会の開催します 更新日:2010年1月29日 /shinchaku/ と
 「山梨県都市計画マスタープラン(仮称)」(素案)地域別意見交換会の開催について 更新日:2010年1月28日 /toshikei/のような二度手間も省けるはずです。
 トップ > まちづくり・環境 > まちづくり > 都市計画・水道 を開いて「新着情報が無い」と表示されるエラーも解消するはずです。
この意見交換会案内のパン屑ナビは、トップ > まちづくり・環境 > まちづくり > 都市計画・水道 > 山梨県都市計画マスタープラン(仮称)」(素案)地域別意見交換会、として 「まちづくり・環境」 で新着案内のリストに含めればよいでしょう。
Webページ公開(情報公開)のナビゲーションを丹念に見ていくと、縦割りと言われる行政組織編成と業務目的との関連がどうなっているか、どうあるべきかという事も見えてきそうな気がします。話が飛びますが大学が学際的な学部、学科編成に変わっても法学部だけは昔からの地位を維持しているのではないか、日本の行政改革の根本問題にそれがあるかもしれないなぁ~とか感じます。

今日もひとつの教訓を得ました。Webページを活用して情報発信するのは難しい、部門別ページの置き方と、その業務・事業目的と、ナビゲーション(パン屑ナビ)の整合性をどうするかは大きなテーマで、私はいつも悩んでいます。自分のホームページがその点でメチャクチャなのです(^_^;)
思い付きでテーマを追加したりするので収拾つかない状態になっています。サイトの企画段階、全体設計でその後の使い勝手が決まってくるものだと考え、計画に時間を費やせば後が楽だという苦い経験を重ねています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




あいにくの雨降りでしたが横内正明山梨県知事、宮島雅展甲府市長も出席してテープカット、甲府西幼稚園の園児が太鼓演奏を披露したとのことです。1日約2万5千台の通行が見込まれ、竜王駅から県庁までの所要時間は約7分短縮されるとのこと。(3月25日午後、山梨日日新聞記事より

2010年3月25日(木・大安)、午前10時から開通式典、湯村陣場通りと愛宕町下条線の交差点が会場とのことです。Googleマップの人形アイコンが活性化してストリートビューが見える日も近い 【2010.03.24 追記】

補足です・富士見大橋は3月25日に供用開始です、ソースは山梨日日新聞:2009年12月23日、富士山NETの記事、これは気が付きませんでした。実は「Google 愛宕町下条線」(あたごまち しもじょう せん)で検索かけたら「道路開通情報 市道愛宕町下条線荒川渡河工区」(日本全国津々浦々の道路開通情報をお知らせします。) がヒットして開通日が書かれていたので更に検索を進めて上記記事がこのブログのソースらしいと分かりました。全国情報を集めているブログがあるとは驚きです。
新聞記事には「市道」と書かれていますが都市計画道路として山梨県道だと思います。しかし甲府市道なので富士見大橋の命名権も甲府市にあったのならご教示ください、私の記事は修正します。2010.01.31
この愛宕町下条線は甲府市道らしい、2010年3月21日 読売新聞山梨版の「自転車道県内初甲府・平和通り」 (甲府工高前の市道) とか山梨日日新聞の記事「愛宕町下条線、25日に全線開通」を読むと私の誤解だったようで修正しておきます。考えてみたら県道番号を見たことが無いし・・・2010.03.21


山手通り(やまのてどおり)、山梨県甲府市の県道6号線の話題でして東京の環6ではありません、検索ヒットで来られた方、ゴメンナサイ(^o^)

2009年07月24日に甲府市SNSの日記に書いた記事です・・・
 「都市計画道路・愛宕町下条線」の荒川に架かる橋の名前を、市民の皆さまから募集とのこと、2009年7月1日に掲載されていたようですが、七夕、夏祭り記事ばかり探していた私は見落としたようです。
「富士見」という地名をリストしたホームページがありましたが、良く調べたなあ、写真まで撮りに出かけたのかと感心します。137~から山梨県をリストしています。
町は「富士見」ですから「富士見橋」、でも県内には既にいくつかあるかも知れません。大橋、新橋などをつけて他と区別したらよいかも。

同じく、2009年09月01日に書きました・・・
 命名・富士見大橋  平成21年8月26日の平成21年9月市議会定例会の招集告示に伴う市長記者会見で、宮島市長が発表しておられました。

(市長)
 ご質問が無いようであれば、私の方から少しお話したいと思います。
 皆さんは、橋の入口と出口を知っていますか。橋の入口には橋名が漢字で書いてあり、出口の方にはひらがなで書いてある。ご存知でしたか。ある方に聞いたことなので、本当かどうかは分かりませんが、どの橋にも確かにそう書いてあります。
 これは本意ではないのですが、この度、愛宕町下条線の橋の名前が決まりました。
 富士見大橋。なぜ「大」をつけたか。もちろん応募からなのですが、(橋長が)199.5メートルと長いんですよ。荒川に架かる橋の中では一番長い。
 なぜそんなに長くなったのかと思い、調べてみましたら、(川を)斜めに渡っているんですよね。橋って普通、川に対して直角に造りますよね。それが一番効率的だから。
 でもこの橋は、愛宕町下条線の道路なりに造ったため、長くなっている。お金がかかっていますね。
 橋脚の大きさも、普通、橋脚というのはかまぼこというか小判型ですけど、その小判型も斜めに架けるから直角の場合より長くなるんですよね。
 荒川に架かる橋は10本以上あり、例えば一番有名なのは荒川橋ですか、それが93.3メートル、千秋橋や飯豊橋なども、大体95、6メートルといったところです。それが今度の橋は199.5メートルですからね。それと富士山が良く見えるところですね。来年の秋口には通行できるようですが、少し早まりそうな感じです。
 富士見大橋というのは、日本一の富士山が見えて、荒川に架かる橋の中では特別長いから(このような名称となりました)。

今頃これをブログに転載したのは、山梨県議会議員(甲府市選出)「こごし智子だより: 常任委員会の県内調査に参加しました」(2010年01月26日)で富士見大橋が取り上げられていたからです。『富士見大橋の供用によって、山の手どおりの交通量は20%削減されるということ。』

「富士見大橋」事業は県道愛宕町下条線という甲府駅北口地区の再開発に関係している道路計画による架橋だと知っていましたが、私はうかつにも県庁サイトで工事進捗情報の確認を忘れていました。
県土整備部から入って、中北建設事務所なども確認しながら、山梨県社会資本整備重点計画-第二次-(平成21年3月)のリストから、「4.早期に完成を目指す主な事業(PDF:126KB)」 の 「早期(概ね10 年以内)に完成を目指す主な事業」 に愛宕町下条線(甲府市)が書かれているのを見つけましたが、この方法では工事進捗情報は見つかりませんでした。
しかし、以前どこかでもっと詳しい資料を見たことがある・・・・

思い付いて野中一二さんのホームページを調べたら、山梨県の「都市計画区域マスタープラン」、これです。
結果として、山梨県庁サイトから「都市計画道路の整備」を読めました。
ここに「愛宕町下条線(荒川渡河工区)(PDF:84KB)」がありました。更にこのページの下の方で「完了期間宣言路線」という項目があり、「荒川渡河工区」については目標完成年度は平成22年度と記載されたPDFファイルがありました。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私は「武田氏館跡整備事業と信玄公祭り」をホームページとして情報を整理しています。とりあえずこれまでに分かったことをブログにも書いておきます。以後は公式サイトをご参照ください。山梨県内各市町村でも関連行事が行なわれますので、市町村リンク集などからご確認ください、私は甲府市の行事のみフォローしています。

信玄公祭り 公式サイト
第40回 信玄公祭り「ボランティアスタッフ」募集
参加条件:原則として18歳以上で心身共に健康な方(居住地は問いません)
応募締切:3月15日(月)

◇ 甲府市広報ページ-武田24将騎馬行列の参加者募集
開催日は平成22(2010)年4月12日(月)、申込締切・2月26日(金)

信玄公祭り武者絵コンテスト開催!!
受付期間・平成22年2月1日(月)~15日(月) 主催・信玄公祭り実行委員会
入選作品は4月3日(土)~14日(水) 山梨県立美術館ギャラリーCで展示され、表彰式は4月3日の展示オープニングで行なわれます。

以下のイベントがアイメッセ山梨で開催されます。主管・協同組合山梨県ジュエリー協会
◇ 第39回甲府ジュエリーフェア 開催 2010年4月8日(木)~4月9日(金)
◇ 信玄公祭り「輝きの祭典」大宝飾展 開催 2010年4月10日(土)

山梨県平成22年度当初予算各部局要求状況(更新日:2010年1月8日)には観光部の予算要求が計上されています。
○ 信玄公祭り開催事業費 第40回信玄公祭り(甲州軍団出陣事業等)へ助成する 34,920千円

◇ 信玄公祭り実行委員会など2009年12月24日発表-2009年12月25日 山梨日日新聞によると第40回信玄公祭りの「甲州軍団出陣」の武田信玄役は俳優の沢村一樹さん、山本勘助役は伊吹吾郎さんに決定

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Cofeedan753今年2010年の夏頃には見られなくなる街の風景です。

城東通り(旧甲州街道、国道411号線)と舞鶴通りの交差点、甲府市役所南東角にある甲府市本庁舎4号館に向い合ったお店、珈琲専門店ダンの店内から撮影した写真の部分画像です。

Cofeedan757 コーヒーカップの持ち手(handle)の形状がユニークです。口に含んで、「あぁ、コーヒーだ!」とその香りにうっとりしました。

38年キャリアのマスターにお願いしてコーヒーの淹れ方を見せていただきました。
湯沸かしに温度計が挿してあり※※度(伏せます)に保つとのこと。

お湯が下に落ちない程度にしてふくらまし、それから3回に分けて回すようにお湯を注ぐ、ネルドリップです。コーヒーを淹れる時には「ふくらます」というのを知っていましたが、自分ではなかなかうまくいきません、これほど奇麗にふくらむものだと初めて見ました。お湯を注いでいくと細かい泡が盛り上がってきてコーヒーが生れてきます。

Cofeedan755a Cofeedan755b Cofeedan755c

甲府市庁舎は取り壊しが始まります。窓越しに見える建物は昔の甲府郵便局の庁舎だったそうです。保存しようという動きがありましたが、かなり改築されていたり耐震の問題などで取り壊すことに決まったそうです。世の中がどんどん変わっていく中で、磨かれた匠の技はいつの時代でも心を和ませてくれます。「街の巨匠に感謝」です。

本文に書きました甲府市新庁舎建設については、甲府市議会野中一二さんが「甲府市新庁舎建設について」というホームページで情報を発信されています。1月28日の記事では「10階平面図(眺望回廊を設けた2委員会室の場合)」が掲載されていました。新庁舎は10階建の計画ですが、設計プロポーザルを通過した原案が修正され、基本設計案では最上階に市議会議場が置かれるという計画に変更されたことに関する情報です。私は単にリンク集のようにして「計画の経緯」を記録しています。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




ビッグニュースに気が付きました。総務省関東総合通信局の報道資料/平成22年1月20日、眼科専門医師不在の中山間地を救う 「眼科遠隔診療システム」の実証実験」(主題・超高速回線(JGN2plus)を利用した眼科遠隔診療の公開実験を実施)
以下省略して引用します。

山梨大学(山梨県甲府市)と東京大学(東京都文京区)を結んでの眼科遠隔診療実験を実施し、その模様を一般の方々に公開します。
この実験で使用する「眼科遠隔診療システム」は、戦略的情報通信研究開発推進制度(SCOPE)地域ICT振興型プログラムに採択(H20、H21)された「甲府盆地を中心とした中山間地を支援する眼科遠隔診療システムの研究開発」(研究代表者:山梨大学大学院医学工学総合研究部 郷 健太郎准教授)により開発されたもので、JGN2plusを使った眼科遠隔診療実験は関東管内では初めてのものです。
 なお、本実験は「関東JGN2plus懇話会※2」の活動の一環として行うものです。

開催日時 : 平成22年2月10日(水曜日) 15時00分~17時00分 (懇話会15時00分~15時50分、公開実験16時00分~17時00分)
開催場所 :  東京大学情報基盤センター 4階遠隔講義室(東京都文京区弥生2-11-16)
公開実験への参加(見学)について : 50名程度、参加ご希望の方は、2月8日(月曜日)までに以下の【連絡先】のe-mailあて「組織名」「所属名」「氏名」「電話番号」をご記入の上、電子メールにて申し込んでください。会場の都合により申込先着順とし、定員になり次第締め切らせていただきます。

私は関東総合通信局を確認していて地デジ情報もありましたが、「眼科遠隔診療システム」のタイトルを見た時にピンと来ました。以前にこの件で記事を書いていたからです。
◇ 最初は、2007年(平成19年)の情報通信月間の講演会とシンポジウムで、「NGNと地域情報化」テーマ、その時に山梨大学工学部コンピュータ・メディア工学科准教授 郷 健太郎 氏のお話もあったのです。
2008.04.06 地域ICT振興型研究開発、眼科診療、総務省関東総合通信局の報道資料から知って、山梨大学のこの研究が採択されたことを書きました。
2008.05.29 眼科遠隔診療の実験開始は、ニュースで知ったことを記録しています。2008年05月02日の山梨大学サイト記事も今、読めました。
今回の総務省記事に添付されているPDFファイル 711KB は2ページで、その2ページ目は2008.04.06記事に載せた図と同じものと思えます。
1ページ目が今回の公開実験の概要図、引用しておきます。 私のコメントは以前の記事に書いていますが、こういうブログ記事を書けるのが一番嬉しい、だからこのブログはにほんブログ村 山梨情報です!!(^o^)

20100122

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




Westus834 用足しに出かけたついでに甲府銀座の藝術庵 アーツ・コンセルバトワールの場所を確認してみました。あのポケットパークの向かい側、2階にありましたが、場所の確認だけして戻るつもりでした。
ところが、その建物の1階のお店に興味を引かれました。

Westus835 入口ガラスの反射が無いように近寄って中を見たら気持ちが動いて、そのまま店内に進入してしまいました(^o^)

店長さんから色々なお話を伺いました。なにしろ子供時代には西部劇にのめり込んでいた私です。コマンチ、シャイアン、スー、etc.久しく忘れていた部族の名前がすらすら出てきてしまいました。しかしこれらは西部劇が取り扱った部族に過ぎず、現在のアメリカでは私が名前も知らなかった部族の人々が各地に生活しているとのことで、店長は現地に出かけてそれらの民俗品を仕入れて来られるそうです。

WEST U.S.の開店は18年ほど前になるそうです。アメリカ人の方が創始され、その方が帰国されたので手伝っていた現店長が引き継がれて今日に至るとのこと。

Westus836 正面の壁に飾られているのは西部劇でおなじみ品々でした。弓矢、トマホーク、槍など、これらは武器ではなく装飾品として製作されているそうです。

Westus838 西部劇の世界に欠かせないカウボーイのテンガロンハット、長靴なども置かれています。

店長さんに見せていただいた絵葉書が欲しくなってとりあえず2枚だけ求めました。

Sioux_strangehorse Billythekid スー族の酋長、ストレンジ・ホース、そして。西部劇といえばインディアンvs騎兵隊だけじゃない、お馴染み、ビリー・ザ・キッド本人の写真があったのです!

絵葉書の裏には簡単な解説と Old West Collectors Series と表示された発行元の住所はなんと、テキサス州エルパソですよ、泣けてきます。

店内の商品は実に多品種、ひとつずつお話を伺いながら拝見したかったのですが、いつもながら時間が無くて退出しました。コインパーキングに戻って1時間200円でした、今日はこれを安いと感じました(^o^)

甲府市中央の銀座商店街にこんなお店があったことに初めて気が付きました。その気になって歩いてみなければ分からないものです。甲府銀座に「遊びに行く」という楽しみがひとつ増えました。それはインディアン文化、歴史の勉強にもなるかも知れません。土地の特産品、民芸品を通じてその土地の歴史や文化から社会事情まで学べることが多いのは甲府の宝飾、水晶を調べていて気付いたことです。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




2010年01月28日 上杉隆さんの「検察という国家権力にすり寄る記者クラブメディアの醜悪」という記事が多数のブログでも取り上げられています。記事は『「週刊朝日」先週号(検察の狂気)への反響が凄まじい。』と始まっています。
2010-01-28 「杉並からの情報発信です」によると、「東京地検特捜部暴走の真の指揮官は大鶴前特捜部長現最高検検事」
・・・とにかく追いかけきれないほどブログ記事が出ています。昨日27日にはテレビニュースが5千万円引渡の場面を再現していました、紙袋の仕様まで説明され、変声させた当事者の談話まで流していたのですが、その企業側の方々は既に検察の手にあるのでしょうか、マスコミのニュースすら追いきれません。
2010 年1月27日 「弁護士業の現場から 第二回」という記事で、『以下に掲げる文書は石川議員の弁護人になった安田好弘弁護士らが法務・検察や裁判所にあてて出したもので、初めて公開されるものです。』として膨大な文書が掲載されていました。


2010年1月23日 《THE JOURNAL》編集部 "鼠一匹"も出ない? 小沢事情聴取ーー追い詰められているのは検察である、コメントが100以上あり、両論並立という状況で問題が浮き出されているように思えました、ベンキョウになります。
小沢一郎さんの記者会見は地上波テレビ中継がなかったようですが、ビデオニュース・ドットコム インターネット放送局に、「プレスクラブ(2010年01月23日) やましいことは何もない 小沢氏が検察の聴取後緊急会見」 とのタイトルで22分の録画(説明7分+質疑応答15分)がアップロードされていました。私の環境では Windows Media Player で再生できました。今後のテレビニュースなどでは適当に編集されて放送されるだろうというコメントもあり、そういうマスコミ情報を確認する意味でもソース全部録画を見られることはインターネットのお蔭です(^o^) テキストは読売新聞の「激震民主」にも掲載されていました。


「関係者」がリークするのと記者会見で発表する違いをはっきりさせるためには、私が以前から感じていたことですがおおやけのサイトでは記者会見発表を掲載することを法的に義務づけるべきだと思います。発表内容は記者クラブが管理するものでは無いが、記者会見の参加については会見の主催者は誰かに関する別問題でしょう。2010.01.22 宮崎学・緊急告知が出ていたので追記しておきます。
ついでに、野党自民党の河野太郎さんが2010年1月21日ブログ記事で、『裁判員制度が始まったことでもあるし、日本の司法制度をもう一度きちんとあるべき姿にしていく必要がある。』と書かれているのに気が付きました。「問題を理解して声をあげる人々 >> 分かっていてとぼけている人々」という社会になるのがブロードバンド、ユビキタス(何時でも何処でも誰でも)ネットワークの日本であって欲しいと思います。


H17930v223p247s (クリックすると1頁分の画像が開きますが原寸の80%程度に縮小されています)
ソースは総務省、2004年度の官報号外第223号247ページ(PDFファイル 1,172 KB)、画像はその右上部の部分です。

「小沢一郎」と「小澤一郎」の違いを追求しているブログもありました。「小沢一郎」で検索しても出て来なかったから不記載だったとされた、などと書かれている記事もありましたが、一般的に言えば検索ツールの使い方も難しいものなのです。例えば検索設定は「小沢」or「小澤」and「一郎」のようになるかも。しかし異字体が複数あるとか、文字コードに関係する問題もありそうです。エクセルで作成した名簿を整列させる必要があるならローマ字フリガナという項目を作らないと漢字のままで整列はうまくいきません・・・このブログはアナログ(テキストと画像)がデジタル化して保存されアナログに復元して画面に表示されていて、検索はデジタル0,1の世界の一致個所を探ることで可能になっている・・・(おっと、また脱線)

法人格の無い任意団体が数千万、数億というお金を動かしている政治の世界は私には全く無縁のものです。収支報告だけではわからないので貸借対照表、財産目録の年次推移も見る事が出来るなら普通のビジネスマンでもこういう組織の財務状況は判断できると思います。
単年度、予算重視で使い方とその結果はなおざりにされているような感じを受ける公的会計について、私は未だ勉強が進んでいません。会計システムそのものを「仕分け」してみたら、国も自治体も全滅するのではないかな(^o^)

「阿修羅」というサイトに「拍手ランキング画面/阿修羅ランキング」というページがあって記事に対する読者の反応が拍手数という形でランキングされているようです。

便所の落書きと笑い飛ばすのは簡単でしょうが、そうばかり言っていると大事な情報を見落とすことになりそうだと思います。少なくとも新聞など紙媒体とテレビ情報だけに頼って何かを考察し自分の立ち位置を決めるのは難しい社会になったと思います。そのことを分かっているから国策ブロードバンドが進められたはずだ・・・地デジは逆に国民に与える3S(スリル、スピード、セックス)の役割を担わされているかも・・・両者の上に立って巧みに操る人々がいることは当然・・・

このブログは数日前に準備したのですが、それが下の部分です。これ以後もかなりの記事を読んでいますが私には未だよく理解できていません。気にかかっていた政治資金報告について確認できたところで終りにします。下にリンクした記事もその意味では中途半端です。

最初の頃の報道では、「政治資金報告に法令違反があった」と伝えられていたように理解したのですが、こうして色々読んでいったら、その違反とは何を示しているのかが私には分からない。
公共事業に関係して裏金(贈収賄)が動いた問題を追求する目的で、とりあえず別件逮捕で本筋に迫るという手法なのか、それも分からない、政治、検察特捜の世界など私には遠い霞の中にある・・・(^o^)

追記・その霞を吹き払おうとするブログで最新記事があったのでリンクしておきます-2010.01.21 「東京地検特捜部がまたデマをリーク」『身柄を拘束されている石川氏と面会した安田好弘、岩井信両弁護士によると、石川氏は取り調べにおいてそのような供述はいっさいしておらず、これまで通リに潔白を主張しているという。』


読売新聞に激震民主というシリーズがあることに気が付いた。
これは私がリンクしている植草一秀の『知られざる真実』から辿って読んでいったブログで気が付いた。その他のブログをリンクしておこうと思う。

上げたこぶしを下ろせなくなった地検特捜部の暴走(浮高亭瓢箪)
小沢一郎が民主党2010年度定期大会で心情露呈!(これでも検察が横暴でないと言えるのか!)  (この記事から読売新聞シリーズを知った)
小沢一郎をめぐる攻防は他人事じゃない
チャンスを棒に振る自民党
ムネオ日記(鈴木宗男さん)
ただの献金記載漏れでの石川議員逮捕は想定内
◇ ついでに、以前私も書いた八ッ場ダムについて、八ッ場ダム最大のタブーは品木ダムにある
まあ、こうして一つの記事からリンクを辿っていくと、マスコミからだけでは見えないものが見えてくるような気がする。自分がネット使いであることを幸いだと思う。

小沢一郎さんについては何も知らないに等しいが、以前から自分の感性とは一致しない人と感じている。私はけっこう直感的な好き嫌いが激しい(^o^)
だがそれとこれとは別問題で、私は昔から警察国家・官僚主導国家を嫌っている。植草さんの事件も今回の問題もその点で周波数が一致して、これらのようなブログに共鳴する部分がある。

二つの「取材」記事、上野原市問題
 元大月市議に贈賄依頼・上野原贈賄事件(2010年01月17日 朝日新聞山梨版)、この記事は「捜査関係者への取材でわかった」ことが書かれている。取材を受けて話した捜査関係者の立場やこういう取材記事のあり方はそれでよいのか疑問だ。小沢一郎問題に関係して被疑者供述などは検察関係者がリークしてマスコミがそのまま書いていると言われているのと似たものを感じる。

 契約継続要求 市が拒否 贈賄申し込み事件業者、書面で申し入れ(2010年1月17日  読売新聞山梨版)、この記事は「**容疑者は逮捕前、読売新聞の取材に対し・・・」と書かれている。事前に何らかの形で**氏の名前を知った読売新聞が取材したものと思う。捜査関係者が話すことと内容が同じでも読売新聞山梨版の能力はかなりのものと評価できそうだ。そう言えば山本美保さん拉致問題をきちんと取り上げているのも読売新聞山梨版だ。
「激震民主」という本紙のシリーズに気付いたので、小沢一郎問題の「真実」についても読売新聞には注意していこうかと思っている。「眼光紙背に徹す」という言葉はインターネット時代になっても死語にはならない。

相変わらずの「大本営発表」かと苦笑したくなる記事に対抗してきたのが市民のホームページ(Webページ)で、更にそういう「記者クラブ記事」を打破するに至ったのが市民のブログ(報道論評)だろう。

既存のマスメディアの力は取材力とそれによって社内に蓄積された情報の歴史・データベースにあると私は思っている。それをビジネスとして収益に結びつける方法は必ずあるはずだ。しかし「大本営発表」だけを蓄積してきた御用メディアには生き残る道があるだろうか。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング  ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




甲府市西高橋町・蓬沢町に現在埋立中(平成15年4月~)の甲府市焼却灰処分地は、「平成21年度をもって埋立完了となります。」とのことです。
埋立状況:埋立率98.37%(平成21年12月31日現在) 『埋立完了後の環境センターから排出される焼却灰などは、全量を県外で処分することになります。このことにより、平成22年度からは処分経費が本年度より増加することが見込まれます。』

「2003年3月31日 甲府の最終出口は何処か」でこの西高橋町・蓬沢町処分地の開設について読んでいました。今後の問題への対応については「新たな処分施設を求めて」に詳しい情報がありますが、甲府・峡東地域ごみ処理施設事務組合が関係していると理解しています。
しかし計画中のごみ処理施設も焼却灰などの最終処分は県外に依存することになりそうで、引き続き確認していくつもりです・・・環境問題って苦手なんだけど(^_^;)

22年度からは焼却経費が増大するのだと知ったので、指定ごみ袋により市外からの持ち込みを防ぐ手段は必須事業だったのだと判りました。UTY県内ニュース |  指定ゴミ袋でゴミ10%削減 1/14 18:50と伝えられていました。『甲府市の調査によりますと、10月と11月の燃えるゴミの量は5914トンで、前の年の同じ時期に比べて678トン、10.3%減りました。』、燃えるゴミからミックスペーパー(指定ごみ袋は無い)への分別移行がどの程度かは不明ですが、有料化したのではないので、行政が予想した通り市外からの持ち込みが減ったのでしょう。逆に周辺市町では同時期の処理量の増加があったと思えますし、こんごもその趨勢は続くでしょう。
だからごみ処理は広域でやるのが当然で、狭い行政範囲で指定ごみ袋を制定していくシステムは環境問題として考えても私には愚かとしか思えません、既にさんざん書いた通りです。甲府市外の大型ショッピングセンター(その税収は甲府市外)で買込んできたごみ処理は甲府市が引き受けている、逆も同じ(^o^)

それで思い出しましたが、2009年12月19日 山梨日日新聞で『県民情報プラザ解体廃棄物 明野でなく栃木で処分』という記事を読んでいます。県民遺産の図書館をぶっ壊して県外で処分するこの事業については、山梨県教育委員会としても生涯学習、環境問題のよい教材に使えるでしょう(^o^)

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」 人気ブログランキング
ブログ記事索引←ホームページにブログ記事索引があります


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ