ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




Facebook 安保関連法に反対するママの会@山梨 から引用です・・・
(2016年1月)今日26日、「安保関連法廃止等のための野党共闘による統一候補擁立を求める共同アピール」の記者会見を行います。
賛同する市民団体10団体のうち、6団体が会見に出席する予定です。
広く手をつなぎ、「だれの子どももころさせない」、「安保関連法廃止」のために、『ママ』たちはこれからも声をあげていきます。
(現時点のアピール賛同団体)
安全保障関連法に反対する山梨学者・大学人の会 発起人一同
安全保障関連法の廃止を求める山梨県医師・歯科医師の会
・・・(編注・安全保障関連法に反対する医療・介護・福祉関係者の会 参考)
安保関連法に反対するママの会@山梨
安保関連法廃止と安倍政権退陣を求める都留文科大学有志
子どもの未来を考える会・北杜
戦争法廃止を求めるオール北杜
韮崎市・九条の会
南アルプス市・九条の会
武川・白州九条の会・・・・(編注・山梨9条の会関係団体からのお知らせ 参照)
Yamanashi Democracy Action・・・Twitter YDA

記者会見動画が Facebook で公開されています(2016.01.26 16:51)
本日26日、「安保関連法廃止等のための野党共闘による統一候補擁立を求める共同アピール」の記者会見を行いました。 賛同する市民団体11団体のうち、ママの会を含め6団体が会見に出席しました。その様子をお伝えします。
一部画像が乱れていますが、ぜひご覧ください。

安保関連法に反対するママの会@山梨 つどい第3弾
日時 2016年1月31日 14:00~16:00
会場 山梨県立男女共同参画推進センター ぴゅあ総合(甲府市朝気1-2-2)
参加費 無料

安保関連法に反対するママの会@山梨

以下のメッセージは ママの会@山梨 Facebook 2016年1月23日記事 からの転載です。ブログやWebページ(ホームページ)を探したのですが見つからないので独断でここに転載します。HTML変換は編者が改行、文字強調、その他の再編成をしています。

このたび、ママの会@山梨は、
「だれの子どももころさせない」「安保関連法廃止」のため、次期参議院選挙で、山梨県でも野党の話し合いにより統一候補を擁立して頂くように求める共同アピールと、各党への要請行動を、 他の市民団体と一緒に行うことにいたしました。アピール文そのものではありませんが、『ママ』たちの決意をお知らせします。

昨年9月に成立した安保関連法について「憲法違反だ」「戦争できる道をひらき、殺し殺される憎しみの連鎖に身を投じることだ」と、山梨県内でも教職員、医療従事者、学者など、また戦争体験者、学生、子育て中のママ・パパ達など、立場や世代を超え多くの県民が反対の声をあげ運動を展開してきました。強行採決後もその思いは絶えることなく、県内各地で安保関連法廃止を求める動きとともに広がっています。

次期参議院選挙は、私たちのそのような思いを、具体的に政治の場に反映できるチャンスです。
自公政権に「国民の声をもっときいて」「武力でなく対話を大切にして」と対峙し、安保関連法廃止を現実にできる手だてが必要です。このままの活動だけじゃだめなんだ、でもどうしたらいいんだろう・・。ママとして、一市民として考え、たくさん話し合いました。
そしてたどり着いたのは、私たちの切なる思いを背負ってくれる、政党を超えた連帯による統一候補を国会に送り出すことだ、いう考えでした。それが実現できなければ、ますます国民の声から政治がかけ離れ、安保関連法の廃止はおろか、国民の権利を掲げ、権力から護る役割の憲法までもが、政権の都合のよいように改正されてしまうのではないでしょうか。私たちはそれをとてもおそれています。

以上のような思いから、私たちは
○ 集団的自衛権の行使容認の閣議決定の撤回
○ 安保関連法を構成する11の法律の廃止
○ 立憲主義と民主主義をとりもどす
の3点で、野党が話し合い、つながり、統一候補を擁立し、協同して選挙に臨んでいただくことを求めます。

残念ながら現状では、山梨県内で統一候補擁立に向けた野党の話し合いは進んでいません。
それぞれの党の立場や思いの違いはあるでしょう。ですが、どうかそれを乗り越え「安保関連法の廃止」「立憲主義と民主主義をとりもどす」ことを旗に、手をつないでいただき、私たちの願いをうけとめてくれる統一候補の擁立にむけた話し合いを進めていただくことをお願いします。
すでに市民レベルでは、さまざまな立場や思いを超え、「安保関連法反対」の一点からつながりが生まれ、育まれ、大きな力となり連帯へのうねりが高まってきています。それらを育んできたのは県民一人一人の思いや行動です。
今度は野党のみなさまが、党派をこえ「つながるちから」を産み、育くんでいく番です。私たちは、「特定の党」を応援する会ではありません。私たちの思いをどれだけ受け止め、実行力をもって示してくれるのか。その姿勢を、行動を、私たちは見つめています。

県民の皆さん、2016年の参議院選挙を「わたしたちでつくる政治の出発点」とするため、野党の連帯によって生まれる統一候補擁立を、応援し、広く手をつなぎましょう。
「だれのこどももころさせない」の思いを国会の内に響かせていただけるよう、ママ達は安保関連法廃止を求める声をあげ続け、「つながるちから」を信じ、ひろげていきます。

三点のポイントを私はブログで 「憲法改定」カテゴリー 記事にしてきました。
○ 集団的自衛権の行使容認の閣議決定の撤回 ・・・この件については水島朝穂先生の2014年7月7日「直言」 「7.1事件」――閣議決定で「憲法介錯」 で解説されています。
○ 安保関連法を構成する11の法律の廃止 ・・・私の記事で、安保法制が成立したという欺瞞を忘れない(2015-11-08) などフォローしてきました。
○ 立憲主義と民主主義をとりもどす ・・・水島朝穂先生の 平和憲法のメッセージ が必読資料(史料)です。

今、目先の経済情勢や既得権益擁護として安倍政権支持を続ける皆さんは、自分の子や孫たちも重機や電子機器を巧みに操って故郷山梨を活性化し発展させてくれると期待しているかも知れません。しかし、彼等が操るのは銃器であり攻撃兵器の制御機器、人を殺し、自分も殺される状況におかれる時代がすぐ間近だということに気付くべきなのです。
子や孫にはそうさせない方法は二つしかない・・・
 彼等が銃器を扱わず、他人にそれをさせて自分たちは安穏に暮せる政治経済的な立場にあるようにすること、子や孫がそうあるように現在の既得権益を維持し増大させる為に活動を続けることです。全国民の1パーセントの中に入ることです。
 それ以外の多くの人々にとっては、安倍政権から抜け出して日本の現状を変えることから始めて、子や孫に人殺しをさせ、彼等も靖國神社・山梨縣護國神社に帰ってくる状況が生じないようにする、それしか無いでしょう。

でも、これまでネットだけから山梨県の政治社会状況を見て来た私には、ママの会@山梨がどのようにアピールしようとも地域県民大多数のスタンスは変らず、民主党山梨県連も含めた組織利権擁護の保身的上向き目線上意下達全体主義的な人物が国会にも送り出される結末になるだろうと思わざるをえません。
だが、今年こそは日本の縮図である山梨県に変化が生じ、変革する日本を縮図として示した年になる事を願っています。 ママの会@山梨のアピールが県外にも、心ある人々、組織に届くことを願って、このブログに残します。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




宜野湾市長選挙開票結果

この開票結果PDFファイルは 22:23:42 作成と記録されています。私には残念な結果でしたが、宜野湾市は開票作業も実に迅速に進行したのだと思います。期日前投票率からみて80%くらいになるかも知れないと期待していたのですが68.72%(男・67.21、女・70.10)でした。


平成28年1月24日執行 宜野湾市長選挙 選挙管理委員会ホームページ

宜野湾市長選挙期日前投票速報

1月23日期日前投票終了後、素早くPDFファイルがアップロードされたようです。宜野湾市選挙管理委員会の皆さんのお仕事に敬服。

宜野湾市長選挙期日前投票速報

沖縄も寒波襲来予報がありましたので、期日前投票で意思表示をした有権者が多かったのだと思います。有権者の2割近い方々が投票を済ませた。
宜野湾 市長選:佐喜真・志村両候補「普天間」問題で熱い訴え(沖縄タイムス 2016年1月23日 07:26)
2氏、支持拡大へ全力 宜野湾市長選あす投開票(琉球新報 2016年1月23日 05:04)

リニア中央新幹線の情報ブログで、リニア計画の環境破壊・風景を失うという事は歴史を失う事 をアップロードしました。ほとんど全文が引用なのですが、「風景を失うという事は歴史を失う事」という色川大吉氏の言葉が使われていて、沖縄での環境破壊の凄まじさに想いを馳せながら記事をまとめました。
明日24日が沖縄県にとって、歴史ある琉球・沖縄を取り戻す一歩になることを願っています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




沖縄タイムスで気付いたので2015年12月の記事ですがリンクしておきます・・・ 骨は折れても心折れず「暴力」はびこる沖縄・辺野古
この記者さんが書いている 『沖縄で起きていることは、今後本土に広がるだろう。安保法制が「本土の沖縄化」を加速させる。いま黙認すれば、いざ本土の番になって自治体が抵抗しようとしても、手段は全て奪われた後だ。』
2016年1月23日記事では 「腐った血流れてる」辺野古排除で機動隊員が暴言か


平成28年1月24日執行 宜野湾市長選挙 選挙管理委員会ホームページ

宜野湾市長選挙期日前投票速報

これを見て驚きました。22日(金)の22時にページを開いたら、既に22日の投票情報が公開されていると気付いてビックリです。
「期日前投票時間:午前8時30分から午後8時まで」ですから、PDFファイルをダウンロードして確認したのが下の画像です。
宜野湾市選挙管理委員会の皆さんのお仕事に敬服しました。

宜野湾市長選挙期日前投票速報

開票速報ページ にリンクしておきます。23日に予報されている甲府の降雪がどのようになるか分かりませんが、24日20時以後は沖縄情報に集中したいと思っています。

遠く山梨にいて自分には何もできません、山梨地域行政からは何らの情報も発信されない 北富士演習場オスプレイ訓練情報 をフォローしている程度です。
そんな関連で、オスプレイ事故最多 普天間基地所属と同型-----米海軍安全センター( 2016/01/14)のような情報にも気付きます。

宜野湾市有権者の皆さんのパワーで地方からバカべぇ(bakABE)政権を倒し国政を変革することが可能なのだとお示しいただければ幸いです。

参照:シムラ恵一郎 候補が沖縄米軍基地問題に取り組む「オール沖縄」の顔にふさわしい( 村野瀬玲奈の秘書課広報室ブログ 2016/01/22)

参照:宜野湾市 > 基地政策部 > 基地渉外課(部は名ばかりかも知れません)
参照:普天間基地@米軍飛行場がある暮らし(多くの人が持つ素朴な疑問と現地の状況を「宜野湾市民の目線」ですっきりわかりやすい内容にしてご紹介しています。)
参照:名護市作成のパンフレットについて(米軍基地のこと、辺野古移設のこと)(名護市公式ページ)



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「日本と原発」公式ホームページ

「日本と原発」上映会
 日時:2016年1月30日(土) 10時~ / 14時~
 会場:東京エレクトロン韮崎文化ホール 小ホール(韮崎市藤井町坂井205)
 定員:120 名(各回)
 料金:500円
 主催:「日本と原発」韮崎上映実行委員会
「日本と原発」公式サイトの「上映会予定」に韮崎市を含む各地の詳細情報があります

私はこのブログでは以下の記事でこの映画についても書いていますが、映画は未だ観ていません
映画「日本と原発」試写会@山梨県北杜市 3月11日(2015年)
さよなら原発まつり 2015、3月8日(日)@山梨県甲府市



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




gooニュースで 震災復旧工事で談合容疑…道路舗装各社を捜索(読売新聞配信 2016.01.20 11:27)に気付いてYahoo!ニュースも確認してみました。
東京地検、独禁法違反の疑いで舗装各社を強制捜査へ 震災復旧談合(産経新聞 1月19日(火)7時55分配信 )
舗装談合 震災復興を「食い物」に(産経新聞 1月19日(火)7時55分配信 )
産経新聞の2本は同時刻ですが、産経新聞サイトでは該当する記事が見つからなかったので、Yahoo!記事に掲載された分かり易い画像を引用しておきます。(このgooブログの画像フォルダーにアップロード)

震災復旧談合 震災復旧談合

産経新聞サイトでは以下の2本がYahoo!掲載記事の内容と同様でした、いずれも 2016.1.19 05:00 掲載です。(編者・引用では元号と西暦併記に修正)
震災復旧談合で強制捜査へ 東京地検
震災復興を「食い物」 不正に利益分け合う
『20社には平成17-2005年末に「談合決別宣言」を出した大手ゼネコンの系列会社も含まれていた。実際は翌年の18-2006年から、すでに談合が始まっていたと公取委はみている。ある検察幹部は「価格を下げ、品質を向上させるという競争原理が談合で阻害される。結局、自分たちで自身の首を絞めていることに気づいていないのだろう」と指摘する。』

日本経済新聞も確認してみました。「上位、下位」の表記は産経新聞と同じです。
大手・中堅に分かれ受注調整 震災復旧談合で舗装各社捜索(2016/1/20 12:26) 『下位グループの会社関係者は日本経済新聞の取材に「2006年ごろにグループ分けを決めた」などと話している。大手ゼネコン各社は談合事件の続発と2006年1月からの独占禁止法の罰則強化などに合わせ、2005年末に「談合決別宣言」を出していた。今回の談合の仕組みは決別宣言の直後に作られたとみられる。』
『公取委などのこれまでの調べでは、各社が舗装原料のアスファルト合材工場に近い区間をそれぞれ受注できるよう、工事の地域別に調整していたことも判明している。アスファルト合材は長時間運搬すると固まって劣化するためで、談合に関与したとされる会社幹部も「工場立地を考慮した」などと認めている。』・・・などの内容は産経新聞と似ています。

朝毎読やテレビ、お馴染みの週刊誌関係も確認しておきたいと思いますが、時間が無いので今回はここまで。
談合必要悪な風土などはアタリマエですが、東日本大震災5周年を間近に控え、今、この時期に、検察・公正取引委員会が何故? という疑問を解き明かす記事を探すのが私の最大のポイントです。
大震災に関係して私のブログに書いていた「食べて応援」とか「絆」とか・・色々な話題を思い出します。
国民の目をそらす必要があるとき、メディアが賑やかになる・・・毎度のことです



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




とりあえず届いた情報を掲載しておくだけにしておきます。

安保関連法に反対するママの会@山梨 つどい第3弾
日時 2016年1月31日 14:00~16:00
会場 山梨県立男女共同参画推進センター ぴゅあ総合(甲府市朝気1-2-2)
参加費 無料

安保関連法に反対するママの会@山梨

検索してヒットしたページにリンクしておきます。詳しい情報はこちらから・・・
Facebook 安保関連法に反対するママの会@山梨
Twitter 安保関連法に反対するママの会@山梨
新日本婦人の会 山梨県本部 過去のイベント記録があります
アベ政治を許さない安保関連法案に反対するママの会 ホームページ | Facebook 安保関連法案に反対するママの会 | 同 Twitter
「戦争反対の広がり、子どもたちに見せたい」安保法案に反対する「ママの会」が会見(弁護士ドットコム ニュース 2015年07月13日)

そして、当然のことながら、つぎのような想定内の記事も出ている・・・・
【西郷南海子】安保関連法案に反対するママの会が発足だとぉ?何、それ? - NAVER まとめ
「NAVER まとめ」を使っている記事はあちこちで見かけるのですが、NAVER.JP は LINE株式会社 の登録ドメインで NAVER についても Wikipedia記事など参照できます。
情報を基本の基本から確認しておく必要性は、バカべぇ(bakABE)政治であろうと原発、リニアであろうと、どんなケースでも同じです。リンクをたどれば誰でもソースが手に入り理解し判断できるのがインターネット社会だと思います。リンクが切れる時、ソースが隠されている時、そこに問題があるものです。

例年なら元旦から記事を書くつもりで準備もしていましたがやめました。元旦早朝に着信した電話は私が母親代わりのように思っていた女性が急逝されたとの連絡でした。彼女の通夜・葬儀などに三日間ほど東京に出かけてきました。これまでのように心を集中して仕事をこなしつつ、Webページやブログをまとめていくことで平常心を取り戻したいとは思います。そんな中でアベ政治ニュースなどを見ると余計に心が滅入りますので用心しています。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )