ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




まちかどの近代建築写真展in藤村記念館Ⅸ
会期 2018年9月22日(土)~10月14日(日)
開館 09:00~17:00(最終日は 15:00 まで)月曜日休館(月曜が祝日の場合は火曜日)
会場 甲府市藤村記念館(甲府駅北口よっちゃばれ広場)
入場無料
主催 甲府市教育委員会・NPO法人甲府駅北口まちづくり委員会
協力 近代建築探訪メーリングリスト・まちかどの近代建築写真展実行委員会  
人は手を合わせ 祈り、拝み、願ってきました。 信仰、鎮魂、祈願の空間である教会や寺院など、 日本各地に残る、明治から昭和にかけて建てられた、 祈りの建築約400点を展示します。
やまなし・まちかど図鑑 の制作者さんが「協力者」さん達とつながるキーパーソンです。
まちかどの近代建築写真展

2017年9月に甲府市藤村記念館では 第8回まちかどの近代建築写真展が開催されました。
それ以前も今回も同じなのですが、「近代建築探訪メーリングリスト・まちかどの近代建築写真展実行委員会」さんの協力によるものです。

甲府での前回、第8回は 近代建築探訪メーリングリスト_Facebook でも紹介されています。【第66回】とは近代建築探訪の皆さんによる全国開催の写真展として66回目だったという意味です。
【第66回】まちかどの近代建築写真展in藤村記念館Ⅷ
会期:2017年9月12日(火)~9月28日(木)
会場:甲府市藤村記念館[国指定重要文化財](山梨県甲府市)
岡崎紀子_Facebook、これまで藤村記念館での写真展で何度も拝見していた撮影者(探訪者)さんです、今回も多数の写真を提供なさっておられると思います。

チラシの写真は皇居の西にある 「千鳥ケ淵戦没者墓苑六角堂」 です。
太平洋戦争の戦没者慰霊施設として、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置する納骨堂として造られた六角堂とのことです。

昨日2018年9月16日夕方でしたが、このgooサイトでニュースをチェックしていたら樹木希林さんのご逝去を知りました。富士フィルムCMのお姉さんとしか知らなかった樹木希林さんの大きさを、先年の甲府桜座や今年4月8日の県立文学館のイベントで知ることが出来たのは、私が甲府にたどり着いていたからだとも思っています。このページの再掲を本日17日(敬老の日)と予定していたのが、はからずも鎮魂の再掲ともなりました。合掌

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




【備忘メモ】(このリストは【掲載記事】以外のリンク先は別ページで開く設定です)
台風21号の暴風域に入る確率 04日15時~05日15時 山梨県53%--- (台風情報_日本気象協会首都圏 風ビュービュー 今夜いっぱい警戒 9月04日18:57
開催中 企画展「誕生50周年記念 リカちゃん展」~9月3日(月)(山梨県立博物館)
・・・8月25日 山梨県立博物館 企画展「リカちゃん展」へ(見学された方のブログ日記です)
09月02日(日) 第18回やまなし県民文化祭音楽祭(コラニー文化ホール・小ホール)
開催中 釈迦堂遺跡博物館開館30周年記念「釈迦堂遺跡の軌跡」~9月10日(月)(釈迦堂遺跡博物館)
・・・「釈迦堂遺跡博物館30周年展」へ(見学された方のブログ日記です)
09月14日(金) リニア訴訟第11回口頭弁論@東京地裁、閉廷後にシンポジウム「リニアに奪われる住民の権利」
09月17日(月・祝) 第61回山梨県母親大会@甲斐市双葉ふれあい文化館【掲載記事】
09月22日(土) 甲府市地方卸売市場・市場開放「甲府さかなっぱ市」(恒例・3,6,9月 第4土曜日予定)
09月22日(土) 第9回まちかどの近代建築写真展@甲府市藤村記念館 ~10月14日(日)【掲載記事】

09月20日(木) 次期自民党総裁の決定【総裁選関連掲載記事】#お前が国難#ケチって火炎瓶

公開待ち 知事及び各自治体首長提出の意見、JR東海の回答 [リニア]山梨県条例による環境影響評価中間報告書
2018年度9月定例会 山梨県議会
 09月19日(水) 山梨県議会・開会 平成30年9月定例会会期並びに議事予定(会期17日間)(案) 代表質問・一般質問 9月25日(火)~28日(金)
各議員の質問項目は9月20日午後以降に議会ページで逐次公開されます。
月間予定 アニマルガイド9月のスケジュール(甲府市遊亀公園付属動物園)
募集中 第二十回酒折連歌賞~9月30日締切 問いの片歌
開催中 「辻邦生」文学者の誕生日にちなんだ資料紹介 ~9月27日(木)(山梨県立文学館)
開催中 銅版画の詩人 追悼 深沢幸雄展(山梨県立美術館開館40周年記念) ~10月8日(月・祝)(山梨県立美術館)
開催中 開館5周年記念 「主張するジュエリー」~10月8日(月・祝)(山梨ジュエリーミュージアム)
募集中 小・中学生の考古学研究・第16回「わたしたちの研究室」作品募集中~11月4日(日)(山梨県立考古博物館)
開催中 新企画展 「沖縄新基地(辺野古)問題を考える」(併催)-山梨と沖縄・沖縄戦-(山梨平和ミュージアム)~11月30日
09月22日(土) 秋の山梨県地場産業まつり~23日(日)、24日(月・祝)(山梨県地場産業センター かいてらす)
09月22日(土) 米軍が最も恐れた男 その名はカメジロー、上映会@山梨県北杜市【掲載記事】
09月22日(土) 第9回まちかどの近代建築写真展@甲府市藤村記念館 ~10月14日(日)【掲載記事】
09月23日(日) カウントダウンイベント開府500年開幕「100日前」(甲府市・県庁噴水広場 ほか)
09月24日(月) 春風亭昇太の城歩きのススメ(甲府城跡/山梨県立図書館イベントスペース)(チケットは完売)
10月01日申込開始 第10回 武田の杜トレイルランニングレース 参加申込サイトは RUNNET ホームページ上部の検索ツールで 開催月を12月、開催場所を山梨県 と指定して検索すればヒットします、『エントリー期間 2018年10月1日 0:00~2018年11月10日 23:59』ですが数日で定員に達して締切になるのが通例です
10月06日(土) 「出張!なんでも鑑定団 in 甲府」 開催 【掲載記事】
10月13日(土) 甲府市地方卸売市場・市場開放「甲府さかなっぱ市」(恒例予定日は 3,6,9月 第4土曜日)
10月13日(土) 企画展「文字が語る 古代甲斐国」~12月3日(月)(山梨県立博物館)
10月27日(土) 第30回甲府大好きまつりにご参加ください!(甲府市 更新日:2018年8月27日)(8月24日で募集は終了しています)
にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




高知県立大学永国寺図書館の蔵書の除却について(高知県立大学 掲載日:2018年8月18日更新)

 このたびの報道につきまして、県民の皆様の知的財産である公立大学図書館の蔵書を管理する立場にある大学として、除却に際しての配慮が十分でなく、多数の図書を焼却するに至ったことについて、お詫びいたします。

 永国寺図書館の蔵書の除却については、平成29年4月の新図書館への移転に向け、平成25年度以降、約4年にわたり慎重な討議を重ねてまいりました。しかし、結果としては多くの本を焼却してしまうこととなり、このことについては、より細心の注意を払う必要があったものと深く反省しております。

 本学の蔵書は、歴史的には高知女子大学、高知短期大学、旧高知女子大学保育短期大学部の図書を統合しつつ、このたび高知工科大学の一部の図書を含めたものであり、永国寺キャンパスの整備にあわせて新図書館を新しく開館いたしました。この新図書館は、広さを約1.5倍としたうえで、旧図書館にはなく、近年求められているディスカッションルームや集いスペースなどのグループ学習室を新たに設置し、座席数も大幅に増やすなど、大学図書館としての機能を充実させました。一方で、蔵書の収蔵能力は旧図書館と同程度を保ちつつ、将来も増加し続ける蔵書のことも考慮し、大学として慎重に検討を行い、3.8万冊程度を除却するという決断をいたしました。

除却にあたっては、複数の司書と分類ごとに専門性のある教員が、破損により補修不能であるものや重複しているため保存の必要がないものなど学内規程に定める除却の基準に基づき、除却候補リストを作成しました。その後、全学の教員に確認する工程を繰り返すなど、時間をかけて手続き的にも慎重に行った結果、重複図書約18,700冊、雑誌約12,700冊、書籍約6,600冊、合計約3.8万冊を除却することを決定しました。そして、この決定後、池図書館への配架移転や教員研究室、学生研究室への移管などを行い、大学としての有効活用にも努めてまいりました。

しかしながら、この除却に関しては、県内の公立図書館や大学図書館、県民の皆様などにお知らせして、広く活用の道を探ることも必要であったと考えています。

 今後においては、今回の除却に係るこうした課題を重い教訓として受け止め、しっかりと検証を行うとともに、公立大学の図書館として、貴重な財産である蔵書の適切な管理に努めてまいります。
平成30年8月18日

高知県公立大学法人高知県立大学 学長 野嶋 佐由美
【編注・池図書館

この学長文書では明確ではないが、「全学の教員に確認する工程」に際して「学内規程に定める除却の基準」には焼却処理が含まれている事、今回の除却でも配架移転されないものは全て焼却することを伝えていたか。
伝えていて、それを読んだ全教員が認めていたとは思えないので、おそらく情報発信の不適切と考えられる。情報発信がおろそかな図書館だからこそ起る事例だろう、何処でも何にでも起り得る事だ、他山の石としたい。

また、配架移転される図書には「高知県立大学図書館蔵書」印が無効となっている事を示す「高知県立大学図書館廃却」のような公式印が押される事も明示されていたのか。

私がこの情報を知ったのは、gooニュースの <高知県立大>蔵書3万8000冊焼却 学長「配慮足りず」(毎日新聞の配信記事 2018.08.19 11:25)です。驚いて地元紙 高知新聞 を確認。
高知県立大学で蔵書3万8000冊焼却 貴重な郷土本、絶版本多数(2018.08.17 08:45)
 『焼却したのは3万8132冊(単行本や新書などの図書2万5432冊、雑誌1万2700冊)。2014~16年度中に断続的に13回に分けて、業者に委託して高知市の清掃工場に運び込み、司書らが立ち会う下で焼却した』
高知県立大焚書 知の機会奪う 職員「移行へダイエット」(2018.08.17 08:38)
・・・過去数年間で行なわれた事が今になって明らかになったのは何がきっかけなのだろうか。おそらく新聞記事以外のネット情報が既に出ているかも知れないが、後日にする。

かなり昔ですが私が神保町などで古書店めぐりをしていた頃、ふと気になるタイトルで書架から取り出した本に「図書館印」が押されていて「廃棄処理」のような印も押されているのに気付いたことがあります。上に書いた事はそれを思い出したからです。
坊さんが簪を買う土地柄は学問・教育に携わる人々が焚書もするのでしょう。環境首都をコンクリートジャングルにしたり太陽光発電パネルでうめつくせば地域が活性化すると考える土地柄と似たようなものですね。「*** オワッタ」とか言われないように気を付けたい・・・

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ ←情報を探せます
【備忘メモ】(このリストは【掲載記事】以外のリンク先は別ページで開く設定です)
開催中 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド(山梨県立美術館開館40周年記念)~8月26日(日)(山梨県立美術館)
開催中 平成30年度夏季企画展「願いをかなえてほとけさま─甲斐の古代寺院─」~9月2日(日)(山梨県立考古博物館)
開催中 企画展「誕生50周年記念 リカちゃん展」~9月3日(月)(山梨県立博物館)
開催中 開館5周年記念 「主張するジュエリー」~10月8日(月)(山梨ジュエリーミュージアム)
開催中 新企画展 「沖縄新基地(辺野古)問題を考える」(併催)-山梨と沖縄・沖縄戦-(山梨平和ミュージアム)~11月30日
8月19日(日) 方代忌(山崎方代の命日)Wikipedia_円楽寺(方代忌催事は8月25日?)--【掲載記事】
8月19日(日) 夢窓派と甲斐の禅宗文化 2(館長トーク・山梨県立博物館)
8月20日(月) 中央東線高速化促進広域期成同盟会定期総会@アピオ
8月26日(日) 第17回サマーinこうふ(甲府駅北口よっちゃばれ広場)【掲載記事】
8月26日(日) 吉田の火祭り(公式サイト)~8月27日(月)
9月17日(祝) 第61回山梨県母親大会
9月22日(土) 第9回まちかどの近代建築写真展@甲府市藤村記念館 ~10月14日(日)【掲載記事】
10月6日(土) 「出張!なんでも鑑定団 in 甲府」 開催 【掲載記事】
10月27日(土) 第30回甲府大好きまつりにご参加ください!(各種募集)(甲府市 更新日:2018年8月13日)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




第17回サマーinこうふ
第3回フラフェスティバル/音楽と踊りのカーニバル 
日時 2018年8月26日(日)14:00~20:00
場所 甲府駅北口 よっちゃばれ広場
主催 NPO法人甲府駅北口まちづくり委員会
甲府市藤村記念館 押し花作品展 を開催 8月21日(火)~26日(日) 10:00~16:00
第17回サマーinこうふ

「サマーinこうふ」の名前で開催されているイベントは、「自らの街は自らで作る」と言う事から始まったお祭りです。
甲府駅北口地域の皆さんにより1999年に「サマーフェスタin北口」として始まり、2003年の第5回まで毎年開催されていました。会場は山梨県立図書館のある場所が未だ空き地だった広場でした。(ちなみに県立図書館は2010年11月起工~2012年11月開館です)
2004年~2006年の3年間は甲府市歴史公園建設工事の為に中断され、2007年に「第6回サマーinきたぐち」として復活しました。
2008年は諸般の事情で中止され、2009年からは甲府市歴史公園の山手御門前広場を会場として開催されるようになりました。
国土交通省による甲府地方合同庁舎など建設事業と平行して山梨県、甲府市による甲府駅北口拠点整備事業が始まっていて、2010年8月に今のペデストリアンデッキが完成、「サマーinきたぐち」は「サマーinこうふ」と改名されました。
2010年12月末までには藤村記念館の移築や「よっちゃばれ広場」が完成し、この甲府駅北口地区の指定管理者は自らの街を自らつくって来た「甲府駅北口まちづくり委員会」に決定されて2011年4月1日から正式活動を開始したのです。

この整備事業の継続といえるのが横沢通りの拡張工事であり、それが完成した後で朝日通りから穴切通りに繋がるJR中央線ガードの拡張整備事業になるはずです。その完成で第三次甲府市中心市街地活性化事業の完了だと私は考えていますが、それはまた別な話。

【元甲府市議会議員野中一二さんのホームページに、北口街づくりの歴史が記録されています。今でも私の学習素材としてありがたいサイトです。】

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




7月30日に記事を書きました、今日は直前のご案内です。

第33回湯村ふるさと祭り
開催日・2018年8月5日(日) 
会 場・湯村温泉の湯谷神社下(参道の脇)にある駐車場広場
プログラム
 11:00 神事
 16:00 子供みこし
 17:00 大道芸人。縁日・子供広場・羽黒太鼓・大人神輿
 19:00 音楽イベント もえ&ごうwithちはるトリオ、NYT
 第33回湯村ふるさと祭り
にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まちかどの近代建築写真展in藤村記念館Ⅸ
会期 2018年9月22日(土)~10月14日(日)
開館 09:00~17:00(最終日は 15:00 まで)月曜日休館(月曜が祝日の場合は火曜日)
会場 甲府市藤村記念館(甲府駅北口よっちゃばれ広場)
入場無料
主催 甲府市教育委員会・NPO法人甲府駅北口まちづくり委員会
協力 近代建築探訪メーリングリスト・まちかどの近代建築写真展実行委員会  
人は手を合わせ 祈り、拝み、願ってきました。 信仰、鎮魂、祈願の空間である教会や寺院など、 日本各地に残る、明治から昭和にかけて建てられた、 祈りの建築約400点を展示します。
やまなし・まちかど図鑑 の制作者さんが「協力者」さん達とつながるキーパーソンです。
まちかどの近代建築写真展

2017年9月に甲府市藤村記念館では 第8回まちかどの近代建築写真展が開催されました。
それ以前も今回も同じなのですが、「近代建築探訪メーリングリスト・まちかどの近代建築写真展実行委員会」さんの協力によるものです。

甲府での前回、第8回は 近代建築探訪メーリングリスト_Facebook でも紹介されています。【第66回】とは近代建築探訪の皆さんによる全国開催の写真展として66回目だったという意味です。
【第66回】まちかどの近代建築写真展in藤村記念館Ⅷ
会期:2017年9月12日(火)~9月28日(木)
会場:甲府市藤村記念館[国指定重要文化財](山梨県甲府市)
岡崎紀子_Facebook、これまで藤村記念館での写真展で何度も拝見していた撮影者(探訪者)さんのお名前だとすぐに分かりました。今回も多数の写真を提供なさっておられると思います。

9月末に始まる写真展案内を8月早々に掲載したのは、チラシ写真が「千鳥ケ淵戦没者墓苑六角堂」だと分かったからです。
太平洋戦争の戦没者慰霊施設として、遺族に引き渡すことができなかった遺骨を安置する納骨堂として造られた六角堂とのことです。
私は甲府に来てからは靖國神社には行かれませんが山梨縣護國神社のお参りをしています。 今年は平成最後の夏になりますので千鳥ヶ淵も忘れてはいけないと思いながら、この記事を8月に掲載しました。9月に再掲する予定です。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




【備忘メモ】(このリストは【掲載記事】以外のリンク先は別ページで開く設定です)
山梨県内の花火大会開催情報(富士の国やまなし観光ネット)
開催中 魔法の美術館 光と遊ぶ、真夏のワンダーランド(山梨県立美術館開館40周年記念)~8月26日(日)(山梨県立美術館)
開催中 平成30年度夏季企画展「願いをかなえてほとけさま─甲斐の古代寺院─」~9月2日(日)(山梨県立考古博物館)
開催中 企画展「誕生50周年記念 リカちゃん展」~9月3日(月)(山梨県立博物館)
開催中 開館5周年記念 「主張するジュエリー」~10月8日(月)(山梨ジュエリーミュージアム)
開催中 新企画展 「沖縄新基地(辺野古)問題を考える」(併催)-山梨と沖縄・沖縄戦-(山梨平和ミュージアム)~11月30日
8月5日(日) 第33回湯村ふるさと祭り@甲府の湯村温泉郷【掲載記事】
8月6日(月) ゆうなちゃん(多発性ポリポーシス症候群)信州大学付属病院で手術予定【掲載記事】
8月11日(祝) 2018小江戸甲府の夏祭(甲府市)
8月15日(水) 小出裕章さんを迎えての8.15集会(山梨平和ミュージアム・甲府市朝気)
8月19日(日) 夢窓派と甲斐の禅宗文化 2(館長トーク・山梨県立博物館)
8月26日(日) 第17回サマーinこうふ(甲府駅北口よっちゃばれ広場)
8月26日(日) 吉田の火祭り(公式サイト)~8月27日(月)
9月22日(土) 第9回まちかどの近代建築写真展@甲府市藤村記念館 ~10月14日(日)【掲載記事】
10月6日(土) 「出張!なんでも鑑定団 in 甲府」 開催 【掲載記事】

山梨県内催事の情報ソースをあまり知らないので、とりあえず分かる範囲から抜き出したメモ
「八月や六日九日十五日」 この記事を書きながら思い出した。いつ、どこで、聞いたのか読んだのか記憶は無いが、乏しい脳細胞が保存していたらしい。

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




第33回湯村ふるさと祭り
開催日・2018年8月5日(日) 
会 場・湯村温泉の湯谷神社下(参道の脇)にある駐車場広場
プログラム
 11:00 神事
 16:00 子供みこし
 17:00 大道芸人。縁日・子供広場・羽黒太鼓・大人神輿
 19:00 音楽イベント もえ&ごうwithちはるトリオ、NYT

昨年、第32回8月6日(日)の写真です。
この年は初めてお神輿を追いかけました。宮出し・湯村温泉通りを通って甲府富士屋ホテルの駐車場から入って玄関にお旅所、次は常盤ホテルお旅所、そして温泉通りから柳屋を経由してお祭り広場(湯谷神社下)に宮入り。撮りまくった写真たちは別サイトで保存する予定がもう1年を経過して・・・いつもの事です。数枚ここに掲載しておきます。
(今年のチラシは写真が撮れたら追加予定、プログラムは昨年と同じようです。)

神輿の前で大道芸人さんの熱演
2017年湯村ふるさと祭り

羽黒太鼓
2017年湯村ふるさと祭り

神輿の宮出し、各地からの担ぎ手さん達を示す半纏のマーク
2017年湯村ふるさと祭り

もえ&ごうwithちはるトリオさん(もえ&ごう 冒険記 をご参照ください)
2017年湯村ふるさと祭り

NYTさん(NYT Official Website
2017年湯村ふるさと祭り

編注・湯村ふるさと祭りは「宿の日」~8.10 やどの日~に近い日曜日に開催されます。「宿の日」は 国際観光旅館連盟(国観連)・日本観光旅館連盟(日観連)・全日本旅館連盟(全旅連)・日本観光協会の 宿泊観光4団体が1992(平成4)年に制定

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018年7月29日(日)19時から開催されました。(公式)隅田川花火大会_Twitter、例年の通り28日(土)開催予定が台風12号の影響で29日になりました。
今年も行かれませんでしたのでテレビ東京の中継を視ています・・・

山梨県の齊木煙火本店さん・・・今年もコンテスト参加です
第41回隅田川花火大会
第41回隅田川花火大会

平成最後の夏、やはり菊のご紋章に惹かれました・・・
第41回隅田川花火大会

色がとても良いと感じてキャプチャー・・・・20時45分過ぎ、コンテスト優勝と発表されました
第41回隅田川花火大会

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




まちなかの文化芸術イベント「まちなかサマーコンサート」(甲府市役所 2018年6月27日)
 昨年、NHK全国学校音楽コンクール山梨県大会で金賞を受賞した「相川小学校合唱部」と本市出身のバイオリンとギターのインストゥルメンタルデュオ「NYT」によるサマーコンサートを開催します。
お気軽にご来場ください!
日時・2018年07月14日 (土曜日)午後1時30分開演
会場・甲府市役所1階市民活動室
出演・甲府市立相川小学校合唱部/NYT
主催・甲府市教育委員会生涯学習課芸術係
入場無料/申込不要

まちなかサマーコンサート

湯村ふるさと祭りにて NYTのお二人
毎年8月初めに開催される「湯村ふるさと祭り」で NYT を知っていましたので、甲府市の広報ページを見てビックリしました。
『相川小学校合唱部とNYTとの共演も予定しています♪』とサイトにお書きになっていますので、可愛い子供たちの合唱とどんなコラボレーションになるか、なんとか時間を作って拝聴してみたいと思っています。
それにしても、こんなアートの分野まで行政主導でしか出来ない街って、淋 し い な ・・・と記事を書きながらつぶやく私の悪い癖・・・

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます

【備忘メモ】別サイトですが、「子どもを巻きこむな!リニアまんが訴訟」を甲府地裁に提訴 記録しておきました。

【備忘メモ】 2018年7月11日追記
毎日毎時間報道されていながら・安倍首相は今まで救援活動の指揮をしていなかったのか不思議だ
2018年7月、豪雨災害という国難の中を宴会に興じた自民党議員の言い訳コレクション
西日本豪雨という国難の中、安倍首相の「空白の66時間」・・・(元情報)政府の「空白の66時間」を視覚化
国民の命と暮らしを守る意思がない安倍内閣・・・NHKが災害特別報道体制を取らなかった理由も書かれている、さらに、オウム7名処刑前夜のアベ一族宴席の画像として朝日新聞から引用されているようだ
あほらしゅうて やがて かなしき おろかもの (2019年統一地方選挙関連記事で再掲するための備忘メモです)
◇ (備忘追記)安倍首相らの酒盛りが被害を大きくしたとパヨクたち(嫌パヨクな山梨県議員各位にご推薦申し上げておきます)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2018年7月10日から「第7回石橋湛山平和賞」の募集開始です。
 この平和賞は特定非営利活動法人 山梨平和ミュージアムにより、石橋湛山(1884~1973 山梨県出身・第55代内閣総理大臣)の平和主義思想を後世に伝えるために創設されました。

 中高生の部:石橋湛山や平和・いのちの尊さなどをテーマに400字詰め原稿用紙6枚以内
一般の部(大学生以上):石橋湛山や平和主義、国際平和などについて8千~2万字の論文やエッセー
 選考委員:5名・伊藤洋(元山梨県立大学長)他

 応募方法:住所、氏名、年齢、電話番号を明記して
  400-0862 山梨県甲府市朝気 1-1-30 山梨平和ミュージアムへ郵送か持参 【朝気=あさけ】
 締切:2018年10月10日
 問合せ先:055-235-5659 山梨平和ミュージアム 【火・水・祝日は休館(日曜日は開館)、開館時間帯は 12:30~17:00・・お電話でもご配慮よろしく】

 最優秀賞、優秀賞、奨励賞には賞状と、副賞として中高生部門は図書カード、一般部門は賞金が贈られます。

Boys be Ambitious! 石橋湛山 紹介ページ_山梨平和ミュージアム | ブログ_平和の港
第6回石橋湛山平和賞の受賞者発表(2017年12月08日)
第5回石橋湛山平和賞の受賞者発表(2016年11月30日)
第4回石橋湛山平和賞の受賞者発表(2015年12月01日)
第3回石橋湛山平和賞の受賞者発表(2014年12月01日)
第2回石橋湛山平和賞の受賞者発表(2013年12月11日)
第1回石橋湛山平和賞の受賞者発表(2012年12月06日)
【官邸サイト】第55代内閣総理大臣 1956.12.23-1957.2.25 | 石橋内閣の閣僚

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




茅の輪・武田神社 6月30日に甲府では武田神社で夏越大祓式、稲積神社で夏越大祓祭が行なわれます。
私は夏越祭(なごしのまつり)と覚えていましたが、神社本庁 | 大祓について によると『六月の大祓を夏越(なごし)の祓、十二月の大祓は年越の祓』というようです。

茅の輪・稲積神社 東京にいた頃にはこの神事は知りませんでしたので、最初は武田神社で、2010年には稲積神社で「茅の輪」をくぐってきました。私にはこれが スターゲイト に思えてしまうので生れ故郷まで瞬間移動を試みた・・・あの2011年以後は夏越祭に出かけたことがありません。

稲積神社のページに 『大祓は、これらすでに起きてしまった災厄をリセットして今年の後半を清らかにお過ごしいただく神事です。』 と説明がありました。
なるほど!「リセット」これは分かり易い、神事に行かれない時は自らの意思でリセットすることも大切だし、それが出来る自分でありたいと感じました。

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




もともとは狂言の『附子』からとったお話です。時間は30分ほど。お子さんむけではありますが、大人の方にも楽しんでいただけると思います。
お寺でやりますので、臨場感あり!日曜日のひとときを、アン、ポン、タンと一緒に過ごしませんか。
公演の合間には、縁日もあります。インドカレー、おはぎ、駄菓子などのお店がでます。
日時:2018年7月1日(日) 11:00~/14:00~2回公演
   どちらも開場は30分前
会場:安立寺(甲府市上町70)
料金:1人500円(2歳以下無料)
出演:浅川春美/笹本理恵/堀田史恵/室住香織/小河原律香(音楽)
企画・制作:おむすびシアター【Facebook があります おむすびシアター
【関連情報】
Facebook_本と珈琲 カピバラ
Yahoo!地図で安立寺を確認。 ・・Google ストリートビューでも確認
予約が必要らしいので下の画像か Facebook から読み取って、お問合せください。
Facebook に稽古中の写真もアップされています、楽しそうな音楽劇になりそうです。
・・・以上、着信した情報を引用しながらブログ記事にしました。

音楽劇・ぶす(附子)

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




今回、開館11周年記念講演として、元中国大使・丹羽宇一郎さんに「東アジアの平和と日中関係」と題して縦横に語って頂きます。
お誘い合わせ、ご参加下さい。
日時 2018年6月17日(日)13:30~
会場 山梨県男女共同参画推進センター(びゅあ総合)(甲府市朝気1-2-2)
講演 東アジアの平和と日中関係 丹羽宇一郎さん(2010~12年 中国大使)
参加費 800円

講演に先立ち、山梨憲法ミュージカル(2015年コラニー文化ホール上演)OBによる ミニミュージカル の上演があります。
現憲法下で人権を踏みにじられた人々にスポットを当て、“人間の尊厳”を問いかけます。

2007年5月26日にオープンした 山梨平和ミュージアム は今年で11年が経ちました。
2007年9月28日からブログ 平和の港 が始まり、ホームページも開設されました。
ミュージアムは展示の他に毎月、戦争と平和に関わる企画行事を行い、2012年から始まった 「石橋湛山平和賞」 も2017年は第6回になっています。今年も間もなく募集が始まると思いますのでブログにご注意ください。

山梨平和ミュージアムは私も何度か訪問していますが、多数の資料・図書などを目の前にしても「次は落ち着いて拝見します」と申して短時間で退出してしまうのです。ブログで知った講演会はメモしていますが、参加できたのは稀です。
でも「ここに これが あるのだ」と思うだけで私の気持ちは落ち着きます。不思議なものですが、このような施設を維持なさっておられる方々が歴史を語り後世に伝えておられる事への安心感なのかも知れません。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




トミヤマ ユキコ著 大学1年生の歩き方 大学1年生の歩き方 先輩たちが教える転ばぬ先の12のステップ
版元は「左右社」で、2017年4月10日 第一刷発行 定価 1400円+税
『勉強、サークル、バイト、恋愛、ながーい休み…。初めてのことだらけの大学生は、結構不安!? キラキラしたくないけど、後悔もしたくない大学生に向けて、大学講師×人気ライター×現役学生が、大学1年生の12ヶ月を徹底ガイド。著者の苦い思い出や現役大学生事情から見えてくる、大学生活の転び方と立ち上がり方とは。 「大丈夫、絶対になんとかなる!」ありそうでなかった新入生専用マニュアル!(死後くん漫画付き) 』

ネットを見ていてふと気付いたのが、「大学デビュー」の季節 不安な大学1年生に親がかけるべき言葉とは?(2017/04/03 文春オンライン)でした。
著者・トミヤマ ユキコさんのお名前に記憶があり、いろいろ確認してやはりあの方だと到達した一つが画像引用した図書です。

2017年刊行ですが、記事からも分かるように毎年読み継がれていく本だと思いましてブログに記録することにしました。

それにしても私自身の大学1年生時代はどうだったか、苦い思い出があります。身内には大学を出た者は一人も居なかったし、大学とはどういう場所かを教えてくれる人もいませんでした。受験雑誌のようなものも全く読まなかった私なので中学・高校の延長程度にしか思っていなかったのです。
高校生の時、たまたま読んだ記事でこの分野を学び仕事にしたいと考えたことから、関係する学部・学科のある国立・公立の大学に進むことにしただけでした。
受験勉強らしいこともせず予備校にも行かなかったのですが運良く入学できて、初日の学内説明会の時。「先生、***についてはどうするのですか?」と私が質問した相手は大学の事務職の方でした。中学・高校と同じように生徒に話をするのは先生だとばかり思い込んでいたほど、大学という組織のシステムすら何も知らなかったのです。
一浪、二浪の級友達から大学のシステムや世間の事を色々と教えられながら過ごした1年生でした。 その秋から体育会系の部活に入り、年上の級友達からも一目置かれるようになって以後の3年間を過ごし、ゼミの教授の意見と真逆なことを答案に書いて良を貰ったりしながら、そのまま現在に至る、です。

トミヤマ ユキコさんが文春オンライン記事の最後にお書きになっています・・・
 『めっちゃ浮かれてるように見えて、心は不安でガチガチ。そのガチガチをそれとなくゆるめるのが、大人たちの役目です。実は学生時代友だちいなかったとか、留年したとかいうエピソードをお持ちの親御さんは、今すぐそれを話してあげてください。あなたのちょっとした失敗談が、いま苦しんでいる学生を癒す可能性があります。それで彼らの不安感や視野狭窄がどうにかなるなら、親としての威厳なんて、どうでもいいじゃないですか。』

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ