ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




変わる「チェーン規制」の定義、冬タイヤのみはNGへ 国交省、冬道のルールより明確化(2018.11.17 乗りものニュース編集部)という報道に気が付きました。
「タイヤチェーンを取り付けていない車両通行止め」(310-3)標識の画像を掲載しておきます。

チェーン規制等に関する改正案のパブリックコメントを開始します~「道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令案」について~(国土交通省 平成30_2018年11月15日)
チェーン規制標識 1.改正の背景

・大雪時における道路交通の確保を図ることを目的として、本年11月1日に国土交 通省で開催された第4回冬期道路交通確保対策検討委員会で、大雪時の道路交通の確保のためにいわゆるチェーン規制を実施すべき旨が示されたことを踏まえ、道路標識、区画線及び道路標示に関する命令(昭和35年総理府令・建設省令第3号)の改正を 行うことを予定しております。

・大雨等に伴う道路の保全や交通の危険の防止のために一時的に通行の禁止又は制限 を行う場合等において、可変式の道路標識を活用するニーズは高まっております。ま た、近年のLEDを用いた電光表示は、表示できる画像の色彩や精度が向上し、多彩 な表現で分かりやすく画像を表示することが可能なことから 、大雨等の発生に合わせ て電光表示により速やかに道路標識を表示できるよう、同命令の改正を行うことを予 定しております。

【以上、パブコメのページに掲載された文書から引用】

パブリックコメント:意見募集中案件詳細(電子政府の総合窓口e-Gov イーガブ から)
道路標識、区画線及び道路標示に関する命令の一部を改正する命令案に関するパブリックコメントの募集について、意見・情報受付締切日 2018年11月28日
【パソコン環境によってはコメント投稿出来ないかも知れません、Windows 10 の Internet Explorer 、Google Chrome ならOKを確認しました】

国土交通省の報道発表資料、2018年11月15日に掲載されています。
冬期道路交通確保対策検討委員会、時間があれば審議状況を確認しておきたいと思います。

私は12月になればスタッドレスに交換して3月にはノーマルに戻しています。タイヤチェーンが必要なルートが明確になったら自分の予定と照合してチェーンの購入も検討したいと思いますが、値上がりしそうですね。
お客様により通行ルートが変わるタクシーなどでは面倒な状況が多発するのは予想されるでしょう。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




JR、富士山麓に直通特急新設へ スーパーあずさ廃止(共同通信 2018/11/3 15:45)

 JR東日本が来年3月のダイヤ改正で、主に中央線の新宿(東京)と富士急行の河口湖(山梨県)を結ぶ特急の定期列車を新設することが3日、分かった。世界文化遺産の富士山や、山麓にある河口湖などの富士五湖が訪日観光客に大人気であることに対応し、快適な移動を売りにする。
 この列車を含む中央線特急は新型車両E353系に原則として統一。主に新宿と松本(長野県)を結ぶ列車名を「あずさ」に一本化し、速達タイプに付く「スーパーあずさ」の名称は廃止する。
 新設の特急は3両編成で毎日運転し、1日に数往復させる計画だ。

富士山麓に直通定期特急新設へ 来春改正でJR東日本(産経新聞 2018.11.3)

 JR東日本が来年3月のダイヤ改正で、主に中央線の新宿(東京)と富士急行の河口湖(山梨県)を結ぶ特急の定期列車を新設することが3日、分かった。
 この列車を含む中央線特急は新型車両E353系に原則として統一。主に新宿と松本(長野県)を結ぶ列車名を「あずさ」に一本化し、速達タイプに付く「スーパーあずさ」の名称は廃止する。
 新設の特急は3両編成で毎日運転し、1日に数往復させる計画だ。中央線では主に新宿と甲府を結ぶ特急「かいじ」と連結して12両編成で走行。大月(山梨県)で切り離して富士急行に入り、行楽客の乗降が多い富士山、富士急ハイランドの両駅に停車する見通し。
 河口湖には千葉県の成田空港を発着する特急「成田エクスプレス」が土曜と休日に一部乗り入れているが、「平日にも特急を設けて利便性を高める」(関係者)という。

共同通信の記事を読んで疑問を感じた事が、産経新聞の記事で明確になりました。だだそれだけの記録ですが、ブログに残します、ネットの時代ですから・・・

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 2 ) | Trackback ( 0 )




胆振150年記念フォーラム ~『次の50年』のグランドデザイン~(北海道胆振総合振興局 最終更新日:2018年8月22日)
私が仕事しながら馴染みになった番組で 「欅って、書けない?」 を思い出しながら 「胆振って、読めない」 ので調べてヒットした北海道庁の胆振総合振興局サイトでした。
『今年は「北海道命名150年」、また、明治政府により胆振国(いぶりのくに)が設置されてから150年に当たります。これまでの胆振の歴史を振り返りながら、「次の50年」を考えます。』
そうなのだ、明治150年は北海道150年でもあるのだ。
北海道ニュースリンク をチェックしたのですが今次震災の後でも予定した企画は実施されるケースも多いでしょう。被災者の方々への想いを忘れずに次の50年に向けた地道な地域再生・活性化が沸き上がっていく北海道であることを心からお祈りいたします。

札幌市内の道路で陥没があったと報じられた画像、液状化という言葉も聞こえた気がしますが、私の聞き違いか後日確認したいと思います。

最初に報じられたのが札幌市東区の道路で向こう側も歩道との段差が生じています
道路陥没
その後で「北37西4」という場所でしようか、同様な状況が報じられました
道路陥没

北海道庁、「ハザードマップ(防災マップ)について」 を確認して 土砂災害ハザードマップ・ホームページURL一覧 (平成29年8月現在) などがあるのを確認しました。
札幌市公式ホームページ は2018年9月6日の6時現在アクセスしても表示されませんでした。停電の影響か通信回線のトラブルと思えます。
ちなみに 北海道のホームページ/道内179市町村 -総合振興局・振興局別- | 北海道庁 から自治体サイトを確認できます。札幌市は石狩振興局圏内です。私は北海道には仕事先も無く知人もいませんが、念の為にマークしておきます。

被害に遭われた皆様にお見舞い申し上げ、被害が拡大しないようにお祈りします。

今朝は4時前に目が覚めてしまい起きることにしたのですが、思いもしなかった地震情報でした。
3.11で千葉県浦安や内陸部での被害を知った時から「液状化」という災害があるのを知りまして気になっていますので、早朝から唐突な記事になりました。

【追記 札幌市ホームページを確認 9月6日】
札幌市・地震防災マップ、市内地域別に「液状化危険度図」(PDFファイル)がアップロードされています。
札幌市の液状化被害をふまえて 山梨県市町村のハザードマップ(リンク集)を再確認して更新しました。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




避難準備の情報・勧告・指示 避難に関する3つの情報とは(みなさまのNHK 2018年9月3日 14時26分)
『自治体が住民に避難を呼びかけるために発表する情報は、「避難準備の情報」、「避難勧告」、それに「避難指示」の3つがあります。』(以下略)

早川町全域に避難準備の情報(NHK甲府放送局ニュース 2018年09月04日 13時13分)
 山梨県早川町は、台風の接近に伴い午後1時に町内全域の合わせて626世帯、1077人に対して避難準備の情報を出しました。
 町は町内の6か所に避難所を開設し、高齢者や体が不自由な人などに早めに避難を始めるように呼びかけています。

画像は 09月04日 23時38分 県内の避難まとめ からの引用です

NHK甲府放送局ニュース

台風に関する情報(平成30年9月5日0時30分現在)
山梨県庁ホームページから入れる特設ページがありましたので画像記録です。

山梨県庁

2018年9月4日 県道南アルプス公園線及び県道雨畑大島線の通行止めについて(早川町)
 規制雨量に達したため、県道南アルプス公園線及び雨畑大島線は全面通行止めとなります。また、通行止めに伴い、早川町乗合バスは、当面の間、運休となります。

早川町では『「避難勧告」は、速やかに避難するよう呼びかける情報です。避難勧告が出たら、自治体などが用意する避難所や安全な場所に速やかに移動してください。』 に該当したのです。台風21号襲来 のニュースを時々チェックしながら、私はリニア中央新幹線南アルプストンネル山梨工区の現場で工事に従事され、早川町に滞在しておられるはずの方々の事を考えていました。
自治体が全世帯避難勧告を出したことは工事の方々にも伝えられていると思いましたが、万一のときに消防・警察・自衛隊が救援活動をするパワーと同じレベルの能力をお持ちの方々が早川町におられるのだとも思いました。
そしてその方々が今回の台風21号の情報で既に全員が現場を離れてしまっておられるとも考えられませんでした。
私はリニア事業には批判的な立場から考察していますが、現場で汗を流す人々を批判する気持はありません。その皆さんはもちろん留守家族の方々にも早川町ひいては山梨県政の台風21号対策状況・情報が的確に伝わっていたことを願うのみです。

【追記・長野県大鹿村の状況】
リニア中央新幹線情報(私がいつもチェックしている大鹿村の情報です)
このページから「大鹿村内のリニア工事・道路状況」を確認しても特に問題は出ていませんでした。
長野県・災害情報・お知らせ 台風第21号による県内への影響について(9月4日16時30分現在)(PDF:130KB)があり、ここで大鹿村は入っていないことが確認できました。大鹿村にも災害対策本部が設置されたことは記録されていました。
なお、南アルプストンネル静岡工区は未着手なので台風21号の影響は関係しません。

にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




午後の仕事が一段落した頃、ちょうどニュースの時間になりました。熊谷で 41.1度には驚きましたが、甲府でも40度を越えていたとはびっくりです。私は室温33度程度に慣れてきたのでエアコンも時々使うだけ・・・
ニュースに驚いて瞬間キャプチャーした画像で引用しておきます。
甲府で40.3度

2010年以来の猛暑だと言われていたので、2010年7月、8月の自分のブログをチェックしてみたら、猛暑のことなど何も書いていませんでした。Wikipedia_2010年の猛暑 (日本) を見ても、私は何も思い出せません。 2011年 3.11 以前の事はすっかり忘れているほど、原発人災は私にとって衝撃だったのです。未だにそれを引きずっています。
この時の猛暑が時の国政への天の警告であり、国政の体たらくが放置された事が大震災・原発人災に至ったと考えれば、今年の猛暑も同じ警告として、アベ政権の支持率が下がるほど最高気温も下がっていくと考えればよろしい。

過去2010年7-8月の自分の記事をチェックしたことで収穫がありました。
 「いのち」未来への継承~私たちの地球のために~ワイズメンズクラブ横浜国際大会でのスピーチより(前編)
 「いのち」未来への継承~私たちの地球のために~ワイズメンズクラブ横浜国際大会でのスピーチより(後編)
この枝廣淳子さんの講演記録を拝読して(当時は別サイトからでした)感想をブログに書いていたのです。以下に部分再掲しておきます・・・

ご講演のテーマとなっている事項を抜き出しておきます・・・
 1.「バックキャスティングでビジョンを描く」
 2.「さまざまなつながりを見ようとすること」
 3.「仕組みをつくること、変えること」
 4.「本当に大切なことを大切にすること」
 5.「伝えること」
1.は理想型を目標設定して到達のスケジュールを組み立てて実行していくことでしょう
2.はネットワーク、相互連関を常に念頭に置くことでしょう
3.はまさにシステム思考の大切さ、トータルシステムから考えていくことでしょう
4.価値観の問題、経済性至上主義の再考察
5.コミュニケーションの大切さでしょう、『言葉より行動が、伝える力が大きいということです。どんなに言葉を尽くして伝えるよりも、行動を1つでも2つでも変えていくこと、そのことこそがまわりに伝える力が大きいのです。』 と講演を締めくくられています。

私は上記5の中で指摘された「言葉より行動」が苦手です。そして私の関心領域で何か行動があれば、それを言葉で伝える事にネットを活用して来ましたし、これからもそれしか出来ないでしょう。私に出来る唯一の「行動」はWebサイトの「更新行動」かも知れません。
IT機器に振り回されてしまうのではなく、情報が得やすい環境があるからこそ、それを基盤としてゆっくりと広く深く考える時間がとれるのだと、私はICTの意味を捉えています。
昔は図書館に通い詰めたりして情報を集めることに多大な時間を費やしました、それをまとめるのに原稿用紙を何枚も無駄にして時間ばかりかかっていました。
それを思えばICTの普及により「瞬時に○×で判断する」パターンになってしまうなら、そのこと自体がおかしい
昔時間を掛けていたのは集めた情報を理解するため、そして自分の考察を原稿用紙に書きながらも考え直し書き直しの繰り返しだったからです。
おそらくは情報(処理・管理取扱い)に関する教育の遅れが根底にあるものと思っています。図書館を交流の場にしようと考える発想にもその遅れが見えているのではないか(これは2010年当時の山梨県のことです)。

2010年8月にこの感想を書いた私のスタンスは変わっていない、むしろ益々強固になっていると我ながら思います。 デジタル活用の前提にあるものはアナログ、色即是空空即是色と唱えながらパソコンに向かうが如し。
それが客観的に観て良いかどうかはわかりませんが、私にはこの生き方しか無い、今も、これからも・・・
【今日の記事に「未来への継承-環境問題の考え方」と記したのは枝廣淳子さんが環境問題の専門家だからですが、私は「情報環境」での環境問題としても使いました。】

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




私の巡回先ブログ「国民の生活が第一は人づくりにあり」を開いて気付いた記事 富士山噴火は数年以内に起きる可能性があるようだ、ボランティアは情報を発信するビーコンを付けて登山する (2018/06/26 12:15)
「富士山噴火」情報かと開いたら、むしろICT活用の方に興味が湧きましたので関連情報を確認してメモしておきます。山梨、静岡の県内からの関係情報発信は未確認ですので後日にします。
7月1日(日)・富士山山開き(富士の国やまなし観光ネット 山梨県公式観光情報)
7月10日(火)・富士山お山開き(富士山のまち静岡県富士宮市の観光イベント情報)/ 富士山開山・6~9月の行事(富士山本宮浅間大社)

Facebook_一般社団法人富士山チャレンジプラットフォーム
一般社団法人富士山チャレンジプラットフォーム ホームページ準備中(2018-06-26 現在)【公開されたら山梨、静岡県内からの参画状況も確認したい】

日本工営ら11社/富士登山者の安全システム確立へ/一般社団設立し各種実証実験 (建設工業新聞 2018年4月16日)
富士登山をデジタルトランスフォーメーションする企業が設立(マイナビニュース 2018/04/18)
富士山チャレンジ2016にデータ分析・可視化を行う会社として参画しています!(2016年8月20日 IoTデータ分析プラットフォーム「 Torrentio」)・・・アクロクエストテクノロジー株式会社

富士山登山者情報の可視化「富士山チャレンジ 2017」- 日本工営(マイナビニュース 2017/08/07)
Wikipedia_日本工営
日本工営株式会社:国内No.1の総合建設コンサルタントホームページ

IoTサービス創出支援事業(平成30年度予算)に係る委託先候補の決定(平成30_2018年6月15日 総務省 情報流通行政局 情報流通振興課)
Vol.232-2 デザイン思考による地域課題解決(2017年11月30日 山梨総合研究所ニュースレター記事)【富士山チャレンジプラットフォームのFacebookで紹介されていた】
 山梨総研の記事で「4.地域における取り組み」の「(3)事例3 登山情報の可視化 「富士山チャレンジ」プロジェクト」
イベント情報・山梨県富士山科学研究所
にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




価値、後世へ決意新た 富士山世界遺産登録5年、都内でシンポ(静岡新聞 2018年6月23日)

 富士山は22日、世界遺産登録から5年を迎えた。静岡、山梨両県などでつくる富士山世界文化遺産協議会は記念シンポジウムを都内で開き、基調講演やパネル討論で、信仰の対象と芸術の源泉としての文化的価値を改めて発信するとともに、保全の課題を共有した。首都圏などから約200人が集まり、富士山を後世に継承していく決意を新たにした。
 協議会長の川勝平太知事は「富士山は日本の国土のシンボル。美しい国土を子々孫々まで継承していかなくてはならない」とあいさつ。
 副会長の後藤斎山梨県知事は価値の保全に向けて「時代のニーズに合わせて対応していきたい」とビデオメッセージを寄せた。
 基調講演で、日本イコモス国内委員会の西村幸夫委員長が世界遺産の登録手続きを振り返り「欧州にない信仰の山という概念を理解してもらうことが一つの鍵だった」と説明。現在はほとんどの登山者が5合目までバスや乗用車で登ることに触れ「神社を参拝し、麓から歩いて登るという文化的伝統を再生できるかが今後の課題の一つだ」と指摘した。
 国連教育科学文化機関(ユネスコ)元事務局長の松浦晃一郎氏は「若い人は必ずしも富士山を信仰の対象と見ていない」とし、啓発の必要性を強調した。

富士山世界文化遺産協議会、6月22日(金)13時開会、参加費無料、事前申込制・先着順で200名限定の参加募集をしていましたが、平日午後開催なので、それなりに仲間内の集いだったのでしょう。
日本イコモス委員長の指摘は鋭く厳しいと感じました。 「世界遺産登録までの道のりと世界遺産登録後の取り組み」、後日の為にリンクしておきます。
私も足腰を鍛え直していつの日か3776を克服してみたいと思っています・・・などと書きながら確認していたら 富士山登山ルート「3776」 が検索ヒットしました。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます
【備忘メモ】(このリストは【掲載記事】以外のリンク先は別ページで開く設定です)
開催中 新企画展 「沖縄新基地(辺野古)問題を考える」(併催)-山梨と沖縄・沖縄戦-(山梨平和ミュージアム)~11月末まで
6月25日(月) リニア訴訟第10回口頭弁論@東京地裁(被告・国土交通省の陳述予定)
6月25日(月) フリー記者から見たリニア新幹線と反対運動 第5回シンポジウム(裁判閉廷後)
開催中 シンボル展・山梨の明治―新しい時代の幕開け―~6月25日(月)(山梨県立博物館)
6月26日(火) 内閣府が甲府市にサテライトオフィスを設置 【掲載記事】~7月12日(木)まで
開催中 こうふ開府500年先行企画 初代甲府市長 若尾逸平展~6月28日(木)【開催期間が延長されました】(山梨中銀金融資料館)休館日:金、土、祝日
6月29日(金) 「中央新幹線品川・名古屋間建設工事」に関する大深度地下の使用認可申請案件に係る公聴会の開催、首都圏(東京・神奈川)は6月29日と30日、中部圏(愛知)は7月6日と7日、国土交通省が開催
開催中 開館35周年記念特別展「古代アンデス文明展」~7月16日(月・祝)(山梨県立考古博物館)


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨県内発見自殺者 漸減傾向、防止策を強化 イベントやFM活用(産経新聞山梨版 2018.6.12 07:03)
(下記は西暦を付記しポイントの強調など引用者が編集しています。産経新聞記事は何時でも誰でも何処からでも読めますのでご確認ください。関係省庁へのリンクは省きます。)

 警察庁のまとめで、県内で発見された自殺死亡者が平成21_2009年以降、漸減傾向にあることが分かった。県は地元自治体と協力し、青木ケ原樹海のような“ハイリスク地”で、声かけを強化しているという。それでも、人口10万人当たりの自殺死亡者数は全国平均を上回っている。県は今年度、ウオーキングイベントの開催や都内のFMラジオで命の大切さを訴えるなど、自殺防止対策を強化する。(昌林龍一)
 山梨県障害福祉課によると、29_2017年に県内で発見された自殺死亡者数は182人、人口10万人当りでは21・9人(全国平均16・7人)だった。【編注・これが「山梨県自殺率」と報じられてきた過去があるのです】

 近年で最多だった21_2009年は363人で、10万人当たりでは41・9人(全国平均25・7人)から毎年、徐々に減少している。
同課は「24_2012年に自殺防止の指針を策定し、ハイリスク地の遊歩道や駐車場で一年中、声かけなどを行ってきたためではないか」とみている。
ただ、厚生労働省がまとめた 県内に住所がある自殺死亡者数(29_2017年は131人、人口10万人当たりでは16・2人、全国平均16・4人) を上回る傾向は依然、続いている。
 特に、青木ケ原などがある富士北麓で顕著だという。県によると25~27(2013~2015)年の自殺死亡者数の合計は、県内4保健所管内別で、富士・東部保健所が、住所地ベースで135人だったが、発見地ベースでは252人と、100人超の開きがあった。他の3保健所管内は、5~19人差だった。

 県は今夏(2018年夏)、樹海のイメージアップを目的に、県外の人たちを公募してウオーキングイベントを開催するほか、年度内に都内のFM放送の番組を通して、命の大切さを訴える。

私がこのブログで山梨県の自殺率という表現に疑問を抱いて記事にした最終は 2012-03-16 自殺予防ネットワーク山梨、2012年 でした。この記事で書いたことは「自殺率全国ワースト1の山梨」を見出しにした記事批判の集大成でした。その後は山梨県自殺率報道があっても放置していました、見出しを見れば分かる、バカバカしい問題に時間を費やすのはもったいないから・・・

別件で県内各紙をチェックしている時に、この産経新聞記事に気付きました。その内容に拍手して記録しておく事にしました。
私の産経新聞報道記事への信頼度は高いのです。今回の記事からも読み取れるように、伝えるべき情報の全体像把握に優れているからです。
それらの情報をベースにして論じる産経新聞の意見記事などでは私の考え方と異なることはしばしばありますが、同じ情報の理解・解釈の違いを知るのも勉強になるものです。
そのお礼の意味もあって、記事に出ている広告もクリックしています。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




山梨県警のTwitter から 2017年11月30日のツイート とポスター画像を引用しておきます。
【交通安全】12月は『年末の交通事故防止県民運動』期間です
交通安全スローガン
 「乗せるのは 君の宝(かぞく)と その未来(あした)
運動の重点目標は、
 ① 飲酒運転の根絶
 ② 早めのライト点灯・上向きライト活用の徹底と反射材使用の推進
 ③ 高齢者と子供の交通事故防止
交通事故防止県民運動

ハイビームの活用は私も賛成で裏道通行では当り前になっていますが「時と場所を考えて」と付け足します。
交差点右折レーンで停車している時、対面の右折車がライトを点けたままというケースはしばしば経験します。直進車両の信号待ちで先頭車がライトそのままはかなり多いです。このレベルのドライバーに「いつもハイビーム」を勧めている山梨県警さんでは無いと思います・・・「上向きライト活用」を読み落とさないように。

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




笹子トンネル事故8人書類送検へ(NHK甲府のニュース 2017年11月29日 18時08分)
5年前、中央自動車道の笹子トンネルで天井板が崩落し9人が死亡した事故で、山梨県警は、トンネルの管理会社の前社長と元専務、それに点検計画を作成した支社や子会社の当時の役員ら合わせて8人を(2017年11月)30日にも、業務上過失致死傷の疑いで書類送検する方針を固めました。(以下略)

2017年11月2日のUTYで 中日本高速などの当時役員、立件見送りか という記事を読んでいたのですが、11月13日の山梨放送記事は 『山梨県警は来週中にも経緯を遺族に説明する方針で、5年に及ぶ県警の捜査は終結し、今後は検察庁が立件の可否を判断することになる。』 と報じていて 11月28日に 笹子事故、8人を30日にも書類送検へ(山梨放送)が出ていました。29日NHKも報じたので確定情報だと思います。

時系列では以下のようになります・・・
 2012年12月02日 中央道上り線笹子トンネルで事故発生
 2015年12月22日 被害者ご遺族が会社側を訴えた民事裁判で横浜地裁判決
 2016年01月05日 地裁判決に被告側は控訴しないと発表し原告側も控訴しないとのことで一審判決確定
 ご遺族が当時の会社側役員4人を訴えた民事裁判も平行していましたが、1審の横浜地裁と2審の東京高等裁判所で敗訴
 2017年05月30日 最高裁は遺族側の上告を棄却、ご遺族敗訴で終了

私がマスコミ報道から知り得た限りを書き綴った記事です・・・ 笹子トンネル事故、役員責任を問う民事訴訟は最高裁上告棄却で終了

追悼の碑
中央道下り線の初狩パーキングエリア、2014年12月中旬にお参りした時の写真です。首都圏に出張して帰りに中央道を利用する時はいつも深夜ですが寄ってお参りしていました。近年は別ルートで戻る事が多くて現況は知りません。

書類送検した山梨県警にも難しい判断があったのだろうと推察します。私が思うことは、この事故を忘れずにいたいということ、それだけです。
私にとっては原発人災も沖縄問題もリニア中央新幹線事業も同じ関心空間です。

【補足】NHK報道によると以下の通りです・・・
 トンネルを管理する「中日本高速道路」の前社長と元専務
 点検計画を作成した「中日本高速道路八王子支社」の当時の責任者ら
 道路の保全を請け負っている子会社の「中日本ハイウェイ・エンジニアリング東京」の元社長と元副社長
合わせて8人

にほんブログ村 政治・社会問題 にほんブログ村 山梨情報 人気ブログ 社会・政治問題 人気ブログ 甲信越 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




「JR最高」で宇宙も楽しめる観光列車「HIGH RAIL 1375」デビュー その特徴は?(乗りものニュース 2017.07.01 恵 知仁_鉄道ライター)の記事に気が付きました。この著者はリニア中央新幹線関連の記事をお書きになっているので私がマークしているお一人です。

この記事に書かれていて、信州デスティネーションキャンペーン公式サイトを確認しました。
星空に一番近い小海線「出発」 信州DC(信濃毎日新聞 2017年7月2日)もありました。小海線がJR鉄道最高地点(標高1375メートル)を通過することにちなみ・・・列車名に 1375 が付けられたそうです。
JR東日本長野支社の特集ページ・・・時刻表・運転日 がありました。
検索していたら 「信州デスティネーションキャンペーン」の開催について、JR西日本の記事まで見つかりました。長野県はこのような位置にあるのかと初めて知りました、私は鉄道には全く知識がありません。

山梨県では2008年4月からでした、山梨デスティネーションキャンペーンで、蒸気機関車のD51が運行され、私も甲府駅東側の踏切で待ち構えて写真を撮りました。懐かしい思い出です。

D51甲府駅
2008年3月30日 甲府駅を出発したD51

信州DCで小海線沿線小淵沢、清里方面も観光客で賑わうといいですね。

にほんブログ村 山梨情報 ←このテーマで情報を探せます


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




新幹線客の避難誘導、迅速に JR東海、三島で震災想定訓練(静岡新聞 2017/6/2)紙面画像のままご紹介しておきます。ちなみにJR東海の予告記事はPDFファイルですがニュース・リリース 平成29年4月21日 東海道新幹線でのお客様避難誘導訓練の実施 が出ていました。

2016年5月には東海道新幹線の静岡~掛川間で避難誘導訓練が行なわれました。これは訓練予告と実施結果について 「東海道新幹線で避難誘導訓練実施、5月10日深夜」 に記録してあります。
リニア中央新幹線の非常口は品川~名古屋間で5キロ間隔で設置されることはよく知られています。既に工事が始まっているところもありますが、完成しているのは山梨リニア実験線だけです。実験線ではJR東海職員による避難演習が行なわれているとの記事をどこかで読んだ記憶がありますが、非常口の使われ方など具体的な情報は確認していません。
従って2013年に 「リニア大深度地下の非常口実験設備が山梨笹子峠にある?」 と書いた記事もフォローはしていません。

東海道新幹線三島駅から1キロほどの場所、三島市加茂川町を地図で確認してみたら市街地を高架で通過している場所のようです。乗客はその線路上を駅まで歩いたのでしょう。高架線上で停車したなら乗客を地上まで降ろさねばならないケースも想定されます。歩行困難な乗客を保守用車で送る実際は知りたい。ネットのどこかに避難訓練記録動画など公開されているかも知れません。
山梨リニア実験線では保守用車は自前動力のタイヤ走行で活動していると思いますが、その動画など公開されているなら知りたい。素晴らしいシステムを支えているのはセキュリティ、メンテナンス、トラブル対策などの裏方さんなのです、ネットでも同じですから。

新幹線 三島で震災想定訓練

リニア中央新幹線の情報ブログで JR東海に第4回目無担保貸付7千5百億円を実行 を書きました。これは財政投融資資金から2年間で3兆円が無担保低利息で鉄道・運輸機構により貸付けられるものです。
鉄道・運輸機構の財政投融資資金貸付業務は2016年11月の法改正で可能になりました。
2016年度分は3回に分けて処理されましたが2017年度は2回で処理されるようです。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017年11月30日 2012年笹子トンネルの崩落事故、山梨県警が書類送検

笹子役員訴訟で遺族側敗訴確定(NHK 山梨県のニュース 2017年06月01日 14時59分)
笹子トンネル事故損賠訴訟 遺族側敗訴確定(2017/6/1 15:40 山梨放送)

平成24年_2012年12月2日に中央自動車道上り線の笹子トンネルで発生した天井崩落事故についてはご遺族から提訴された訴訟は以下の2件だと思います。訴訟の経過はマスメディアがその都度報じなかったり伝えても私が見落とした場合もありますので、単なるメモです。
 ご遺族が中日本高速道路と子会社に対して計約9億円の損害賠償を求めた訴訟は2015年12月22日の横浜地裁判決に対して被告側も上告せず確定しました。
 今回報じられたのは当時の役員達に1800万円の損害賠償を求めた訴訟です。その最高裁判決は上告棄却、すなわち役員の責任は問わない判断が下されたと私は理解します。

以下の記事を書いてきました・・・
笹子トンネル事故、民事訴訟は控訴された
 事故発生を報じた産経新聞号外に始まり2016年3月まで、私がマスメディア記事から分かっただけの情報を記録したものです。
中央道笹子トンネル事故から4年、犠牲者の慰霊式が開催されました
 2016年10月に横浜高裁でも役員訴訟が棄却されたご遺族が2016年11月に最高裁に上告したことまでを記録しました。

【山梨放送記事から】
 中央道・笹子トンネルの天井板崩落事故を巡り、4人の遺族が中日本高速道路の当時の役員らに損害賠償を求めた裁判で、最高裁は上告を退け、遺族側の敗訴が確定した。
 2012年の中央道・笹子トンネルの天井板崩落事故を巡っては、犠牲者の4人の遺族が中日本高速道路の元役員らに個人の賠償責任を求め提訴していた。裁判では1審、2審共に元役員らの賠償責任を認めず遺族側の請求を棄却していた。遺族側は上告していたが、最高裁は1日までに、上告を退ける決定を出し、遺族側の敗訴が確定した。
 原告の一人で亡くなった石川友梨さんの父、信一さんは「娘たちがなぜ亡くなったのか問うための裁判だったが、遺族の思いが届かず悔しい」とコメントした。
【NHK山梨のニュースから】
 5年前、中央自動車道の笹子トンネルで起きた天井板の崩落事故で、遺族が中日本高速道路などの当時の役員に賠償を求めた裁判で、最高裁判所は、上告を退ける決定を出し、遺族側の敗訴が確定しました。
 平成24年、山梨県の中央自動車道の笹子トンネルで天井板が崩落した事故をめぐっては、犠牲者の遺族が、中日本高速道路と子会社の当時の社長など役員4人に賠償を求める訴えを起こしました。
 1審の横浜地方裁判所と2審の東京高等裁判所は、実施すべき点検を怠った点など、会社としての問題点を指摘した一方、「役員らは天井板の構造や過去の点検結果などを認識しておらず、事故の発生を予測できたとは認められない」として訴えを退けました。
 これに対して遺族側が上告していましたが、最高裁判所第3小法廷の山崎敏充裁判長は、1日までに上告を退ける決定を出し、遺族側の敗訴が確定しました。
 笹子トンネルの事故をめぐっては、遺族が中日本高速道路と子会社を訴えた別の裁判で、おととし、横浜地方裁判所が、会社側の過失を認めて4億4000万円あまりの賠償を命じる判決を言い渡し、確定しています。
 遺族側の敗訴が確定したことを受けて、事故で亡くなった石川友梨さんの父親で、原告の1人の石川信一さんは「なぜ事故が起きたのか責任の所在を明らかにしたいと思い、訴えを起こしましたが、敗訴が確定し、悔しいです。2度とこのような悲惨な事故が起きない世の中になってほしいです」と話していました。
 また、事故で亡くなった松本玲さんの父親で、原告の1人の松本邦夫さんは「今回の結果は、予想はしていましたが、これほど重大な事故を起こしたにもかかわらず、組織のトップである当時の役員たちの責任を問えないのは残念です」と話していました。

法学部など文科系出身のトップでは理解できない問題があります。「役員らは天井板の構造や過去の点検結果などを認識しておらず、事故の発生を予測できたとは認められない」として責任を問わない判決下すのも文科系の方でしょう。
私に言わせると、そのような役員が自ら進んで現場(の技術)を理解し問題を把握しようとしなかった事に彼等自身の責任があるのです。さもなければ「最後の責任は私がとるから任せるぞ」でしょう。
この事は原発問題にもリニア新幹線事業にも共通すると思っています・・・

(※)追記です。山梨県内ニュース | UTYテレビ山梨 の 2016.12.02 18:55 記事「笹子トンネル事故から4年」は、『この事故を巡っては現在、警察が業務上過失致死傷の疑いで捜査を続けています。』 と報じていましたのでメモしておきます。・・・・と前記事の末尾に書いていましたが、その後は知りません。

【遅れて確認しましたので追記】
最高裁、役員の過失責任認めず遺族敗訴(UTYテレビ山梨ニュース 2017.06.01 18:50) から要約引用しておきます。最高裁は2017年5月30日に上告棄却

遺族が中日本高速道路と子会社の当時の役員4人を相手取り、1800万円の損害賠償を求めていた。
遺族側は、役員は点検などを指示する義務を怠った過失責任があると主張。
最高裁判所第3小法廷の山崎敏充裁判長は、事故は予見できず、重大な過失があったとは言えないとした1審と2審判決を支持、遺族側の上告を退けた。
UTYの取材--ご遺族の石川信一さんは「主張が受け入れられず、本当に悔しい、今後も真実の解明のため活動を続けていきたい」と話した。

中央道・笹子トンネル事故を巡る民事訴訟で、最高裁は中日本高速などの当時の役員の過失責任を訴えた遺族側の上告を退け、遺族側敗訴の判決が確定しました。 この裁判は2012年12月に中央道の笹子トンネルで天井板が崩落し、9人が死亡した事故を巡るもので、遺族がトンネルを管理する中日本高速道路と子会社の当時の役員4人を相手取り、1800万円の損害賠償を求めていました。 裁判で遺族側は、役員は点検などを指示する義務を怠った過失責任があると主張していました。 しかし、最高裁判所第3小法廷の山崎敏充裁判長は事故は予見できず、重大な過失があったとは言えないとした1審と2審判決を支持し、先月30日付けで遺族側の上告を退けました。 これで役員個人の過失責任を巡る民事訴訟は、遺族側敗訴の判決が確定することになります。 事故で娘の友梨さんを亡くした石川信一さんは、UTYの取材に対し「主張が受け入れられず、本当に悔しい、今後も真実の解明のため活動を続けていきたい」と話しました。
笹子トンネル訴訟:最高裁、役員の責任否定 遺族側敗訴確定(毎日新聞山梨版 2017年6月2日)この記事に書かれていました・・・「県警も業務上過失致死傷の疑いがあるとみて捜査を続けている。」
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




JR東海ニュースリリース 2017.02.07 【社長会見】会社発足30周年に伴う取り組みについて

JR東海発足30周年 ◆会社発足30周年を迎えて
 当社は4月1日に会社発足30周年という節目を迎えます。
 国鉄改革により、昭和62(1987)年4月に発足して以来、当社は、一貫して、東京~名古屋~大阪という日本の大動脈輸送、名古屋・静岡を中心とした東海地域の在来線輸送を担うとともに、これらの地域を中心とした関連事業を展開することで、日本社会・経済の発展に貢献していくことを使命としてきました。
 将来にわたり、その使命を果たしていくため、既存の鉄道事業・関連事業をより一層ブラッシュアップするだけでなく、超電導リニアによる中央新幹線の建設や高速鉄道の海外展開など、新たな取り組みも進めています。
 30周年という節目を迎えるにあたり、当社では、これまで支えていただいた多くのお客様や関係者の皆様に「感謝」するとともに、これからも当社の使命を全力で果たし続け、日本の未来へ貢献し続ける「決意」を表明する機会と捉え、以下の取り組みを行います。

「30周年ロゴマーク」は「在来線、東海道新幹線、リニア中央新幹線の「三世代の鉄道」をイメージしています。」

30周年記念イベント(予定)
「超電導リニア体験乗車付き子供学習教室」
 山梨実験センター(山梨県都留市)において、親子で参加いただく無料の超電導リニア(L0系)体験乗車付き学習教室を実施します。学習教室では、超電導リニアの概要や走行原理などについて学習いただけます。

【その他、詳細はニュースリリースからご覧ください。】

この記事は「ニュース」カテゴリーでアップロードし、リニア中央新幹線事業に関するコメントは差し控えます。
山梨県庁及び地域行政各位がこの機会を活かして観光立国活性化にご活動いただくことを期待します。

にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング 


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )




2017年2月1日に山梨県ホームページリニューアルされました
県庁Twitter県庁Facebook でも告知されています。

念の為に確認、このブログの2017年1月24日記事 「山梨県バス交通ネットワーク再生計画」に県民意見を募集中です からリンクしていた県庁ページアドレスは変更されていません。
私の古いページですが 山梨県市町村リンク集 放射能汚染から市民を守る からリンクしていた県庁ページもリンクが活きていて見易いページになっていました。

これまでの山梨県庁サイトで私が混乱していたのは、ページに記載されている記事一覧で、それがカテゴリーのトップページを示すのか、個々の事業の開始や報告などの広報記事なのかが分かり難かったことです。
私がWebサイト構築でいつも苦労するのは、それを分かり易くするための構造です。
記事に公開日が付されているサイトは多いのですが、公開日併記はこれを解決する一つの有用な手法です。
日付の無いリンクはテーマ、カテゴリートップページを示し、その一覧から全体像が把握でき、各トップページに入れば公開日表示から事業の動きが分かり易いとも考えられます。
さらに個々の記事からは別カテゴリーで関連するカテゴリー、記事へのリンクもされていることで、読者は見逃すことがない。

全体像が見えて個々のテーマ、問題について記事を探すのも分かり易い構造はどうあるべきか。この点で私のサイトはメチャクチャなのです、まさに紺屋の白袴。
リニューアルされた山梨県庁さんのサイトから学ばせていただき、県庁サイトのご発展をお祈りします。

にほんブログ村 山梨情報←このテーマで情報を探すなら「にほんブログ村」
人気ブログランキング


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 前ページ