樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

びっくりドンキーは偉い!

2011年09月15日 | 木と飲食

環境関係の本を読んでいたら、エコに積極的な企業としてハンバーグレストランの「びっくりドンキー」を採り上げていました。

店によっては地中熱ヒートポンプを利用した空調システムでエネルギー使用量を通常のエアコンの1/3に抑えたり、水環境の悪化を防ぐために食器洗いに無リン洗剤を使っているそうです。

また、食器の一つとして、果実が採れなくなったマンゴーの老木や、北海道のシラカバの間伐材を使った木皿を使い、しかも傷がつくと塗りなおしてリユースしているとのこと。その木皿が見たくて、近くの店に行ってきました。

 

 

ワンプレートランチはその木皿で供されます

 

この程度のことは他の企業でもやっているでしょうが、さらに店から出る生ゴミをバクテリアで粉末にする処理機を126店舗に設置し、有機肥料として自家利用するほか、廃油をバイオディーゼル燃料にリサイクル。一部の地域では家庭の廃油も受け付けているそうです。

 

 

完食して木皿をじっくり拝見

 

また、こうした技術やノウハウを生かして、レストラン事業とは別に、温泉熱を利用した給湯・暖房システムや工場などの排熱を利用した省エネシステム、省エネの設計・施工なども環境事業も立ち上げています。

これを知るまでは、廃材やトタン板を打ち付けたバラック小屋風の“変な店”と思っていましたが、お見それしました。これからは時々利用させていただきます。

 

 

 

マンゴーもシラカバも木材は見たことないので、出された木皿がどっちのものかは分かりませんでした。

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 舌を噛みそうな鳥 | トップ | 千鳥と遊ぶ智恵子 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guitarbird)
2011-09-15 11:22:09
こんにちわ
びっくりドンキーは札幌の企業ですね。
道民としてひとこと、ご利用いただきありがとうございます(笑)。
こちらではやはり環境活動に力を入れているとして知られていて私もそれでファミレスの中でも別格という感じで時々行きます。
でもドンキーは若い人が多くて店が混んでいるので行くとなると気持ち的に引いてしまう部分もあります・・・(笑)・・・
コーンスープが好きで食後のデザートが充実していると思います。
見ていたら私も行きたくなってきました(笑)。

全然関係ないですが今この書き込みの認証番号が私が生まれた年の西暦の数字なのがうれしかったです(笑)。
北海道の企業 (fagus06)
2011-09-16 07:23:07
だからシラカバの間伐材なんですね。
北海道の企業としては、ニトリもそうですね。
ドンキーは確かに、若いカップルとか子ども連れの家族がほとんどで、おじさん一人は場違いな感じでした。(笑)
そちらでは環境活動の企業として別格扱いになっているんですね。そういう評価を得るためにやっているわけではないでしょうが、いろんなリスクを覚悟で企業としてやっているのだと思います。

コメントを投稿

木と飲食」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事