ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




2011.05.12 足柄茶の放射能汚染を想定外にしないために の補足です。
神奈川県内の放射線等の情報(大気、水道水、食品など)
『モニタリングポストが設置されていない地域についても、当分の間、簡易型測定器を用いて補完的に測定することとしました。(平日の9時、13時に測定)』 として、厚木市の総合防災センター、開成町の足柄上合同庁舎、小田原市の小田原合同庁舎での測定値が5月11日分から掲載されています。ページで、「県央、足柄上、西湘」 とリンクされたPDFファイルです。

この追加情報は、経済産業省の各自治体が公表しているモニタリングデータ-神奈川県情報には未だ追加されていませんが、神奈川県内のリンクを追っていけば分かります。

既存の神奈川県内のデータは以下で確認できます・・・
茅ヶ崎市 これは文部科学省の委託による全国版の一つ
横浜市内における放射線量の測定状況について 横浜市独自の監視体制
川崎市、横須賀市 神奈川県独自の監視体制
川崎地区設置場所と環境放射線リアルタイム表示
 東芝の原子力事業に関係する施設が川崎市浮島にある
横須賀地区設置場所と環境放射線リアルタイム表示
 (株)グローバル・ニュークリア・フュエル・ジャパンが横須賀市内川にある
◆ 放射線・原子力教育関係者有志による全国環境放射線モニタリング 神奈川県のPDFファイル

神奈川県内で生産された農畜水産物について検査結果の広報ページ

ちなみに、長野県産農林畜産物の放射性物質の測定結果 がありました。
ふと気になりましたが、各地の「道の駅」地産農産物販売所では、このようなデータは掲出されているのでしょうか。

竹中英太郎記念館 竹中英太郎記念館の館長さんが沖縄からブログを発信されました。5月19日、竹中 労さんのご命日(1991年没)に合わせて、そのご功績を偲ぶ「語やびら島唄」が開催されます。会場は那覇市泉崎の琉球新報ホール

宮崎学さんが 2011-05-15 報道されない4号機の危機的状況についてをお書きになっています。
鈴木邦男さんの最新記事は 5月16日の対談 『北一輝とは何者なのか』 です。
私は竹中労さんの繋がりでこのお二人のサイトをいつも訪問しています。歴史に「もしも・・・」は無いから今この時に言葉を発する事ができる方々からの発信を気合を入れて読み続けたいと思っています。



コメント ( 3 ) | Trackback ( 0 )


« 東京電力、今... 食品中の放射... »
 
コメント
 
 
 
こんにちは。 (Unknown)
2011-05-28 13:43:08
こんにちは。
一体放射能はどこの範囲まで来てるのか全く分かりません。東電は相変わらず嘘八百言ってごまかしてますし、政府は政府で全く頼りにもへったくれにもなりません。と言って海外の情報は単にヒステリックかもしれませんし、何を信じていいのか何を頼りにしていいのか全く見当もつかないのは困ったことですね。
 
 
 
コメントありがとうございます。 (ictkofu)
2011-05-28 16:47:07
コメントありがとうございます。
東京電力や政府のこれまでの発表がその時その時点で得られたものを隠さずそのまま発表していたと考えてみる、
そうすると彼等は、情報収集と判断力は欠如していますと言っていることになります、
そのことが私は恐ろしい、彼等にはもう任せておけないのです。

見える全てのデータから、洞察力と判断力で現実はこうなっているはずだと描ける本物の専門家と、それを素材にして発信してくれるブログを私は頼りにしています。
 
 
 
日本経済新聞 2011/6/2 記事で、「神奈川県内市町... (ictkofu)
2011-06-05 18:56:19
日本経済新聞 2011/6/2 記事で、「神奈川県内市町村、独自で放射線量測定 不安に対応」 が出ていました。
http://s.nikkei.com/iIplYX URLの短縮表示
神奈川県内の市町村で独自に放射線量を測定する動きが相次いでいる。横浜市は6月中に市立小学校の給食用食材の検査を開始し、平塚市は全市立小中学校で大気の測定を始めた。放射線量は県が測定しているが地点は限られている。5月には県内産茶葉から国の暫定規制値を超える放射性物質が検出されており、子育て世帯を中心に広がる不安感の解消には、きめ細かな観測が必要だと判断した。

として、横浜市、平塚市、大和市、川崎市の状況を伝えています。
神奈川県庁サイトでは、
http://www.pref.kanagawa.jp/cnt/f160259/
「県内市町村の震災関連情報はこちら」 のページがリンク集になっています。

http://www.city.yamato.lg.jp/web/k-hozen/radiation.html
大和市の記事、環境放射線量の測定について ※6月3日更新
http://www.city.atsugi.kanagawa.jp/information/d017844.html
厚木市、放射線量の測定結果について 最終更新日:2011年6月4日(土曜日)

などが確認できました。私は仕事の関係で県央、湘南地区はしばしば出張しますので気になる地域です。
--------------------------
茶葉検査拡大 生産現場は前向き
2011年06月04日 朝日新聞山梨版記事がありました。
http://mytown.asahi.com/yamanashi/news.php?k_id=20000001106040003
この記事から 南部町、大月、上野原での茶葉放射能測定は国の要請によるものだったことを知りました。
「荒茶」や「製茶」も検査対象になることで、山梨県としては困っているという話のようです。
山梨県がお茶以外の農産物にも測定を広げているかどうか私は確認していません。

この話、前にも書きましたが、お茶を入れて飲む時の Bq/Kg は人畜無害になっても、茶を出した後の茶がらのごみ処理には問題が無いか、それが放射性廃棄物になるのか、ならないのか、静岡県川勝平太知事のご意見を私は未だ知りません。




 
コメントを投稿する
 
現在、コメントを受け取らないよう設定されております。
※ブログ管理者のみ、編集画面で設定の変更が可能です。