樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

庭木のリスク

2007年09月28日 | 木と鳥・動物
3週間ほど前、妻の首が赤く腫れ上がったので、皮膚科に連れて行きました。
医者は「虫に刺されたのではないか」と言いますが、本人にはその記憶がありません。いろんな情報を総合すると、庭の樹にいた毛虫が何かの拍子に毒毛を飛ばして、それが首に刺さったようです。

       
           (見苦しい写真ですが、妻の首の患部)

植木屋さんが剪定作業中、虫に触ってないのに刺されることがあるそうで、それと同じ状況だったのでしょう。「そう言えば、庭に水をまいた時、カシワの葉に当たる音が面白くて長い間水をかけていた」とのこと。そのカシワの葉裏を調べたら、毛の長い虫がくっついていました。

       
            (カシワの葉の裏にいた毛虫)

こんな形で役立つとは思っていませんでしたが、前回ご紹介した『昆虫の食草・食樹ハンドブック』で調べるとマイマイガのようです。ところが、「刺されると物理的に痛いだけで、毒はない」と書いてあります。
一方、皮膚の症状から判断すると犯人はチャドクガです。でも、チャドクガの食樹であるツバキやサザンカを調べましたが、虫はいません。結局、真犯人は突き止められませんでした。
庭に樹があると気持ちがいいし、花も咲くし、夏は涼しいし、防火にも役立ちますが、落ち葉の処理や剪定など面倒なこともあります。それに加えて、今回のようなリスクもあることを知りました。
それにしても、痛がっている妻の患部を撮影し、その見苦しい写真を公開するとは、見上げたブロガー魂でしょう?
コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 名を知るは愛のはじめなり | トップ | ゴッホが描いた樹 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
弟がなったことがあります (guitarbird)
2007-09-28 09:29:28
こんにちわ、guitarbirdです
うちの弟もなんだか知らないうちに痒くなっていたことがあり、
病院に行きましたが、探すとやはり庭になにかの毛虫がいました。
私のほうがはるかにそういうものに接する機会が多いのに、
私は、指先くらいの面積の軽度のものしかなったことがありません。
ほんとはそれだって気をつけたほうがいいのですが・・・
fagusさんは立派なブロガーですが、協力してくださった奥様の
理解があってこそ、とも思いました。
私もなったよ (ゆかこ♪)
2007-09-29 00:41:16
今まで読み逃げでしたが、初コメさせてもらいます。
私も去年の6月くらいになりました。夫も。
場所は腕と脚。
私だけ皮膚科に行ったら、毛虫の仕業だと言われました。
布団を干す近くに木があるし、虫もいた、、、
毛だけでも、悪さするなんて。
まだ完治してないのでしょうか?
こんなところでなんですが、来月お会いできそうです。
guitarbirdさんへ (fagus06)
2007-09-29 08:25:24
皮膚科でいただいた新聞の切り抜きには、今年はこういう例が多いと書いてありました。これも温暖化というか、猛暑のせいなのでしょうか。
妻は「何でも木に結び付けてブログネタにする」とあきれております。
ゆかこ様 (fagus06)
2007-09-29 08:32:16
コメントありがとう。
そうですか、そちらでも夫婦ともに。それは大変でしたね。
記事には詳しく書きませんでしたが、うちでも、その日タオルケットを干していて、そのタオルケットを妻が使ったので、刺されたようです。
飛んだ毛が洗濯物のタオルケットに付着したのでしょう。
薬を塗ったり、氷で冷やしたりして、4~5日で完治しました。
リオちゃんに会えますね。楽しみです。

コメントを投稿

木と鳥・動物」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事