ICT工夫
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




甲府市ホームページで甲府市自治基本条例推進研究会(仮称)の市民委員を募集しています

甲府市自治基本条例の附則には『1 この条例は、公布の日から施行します。 2 市は、この条例の施行後4年以内に、市民の意見を反映したこの条例の見直しを検討し、その結果に基づいて必要な措置を講じます。』とあります。平成19(2007)年6月21日条例第21号として制定され、平成19年7月5日付け甲府市公報 第1294号で公布、同日施行されました。これからの1年間で見直しを検討する時期に入ったということです。

今回の推進研究会委員募集については、『平成19(2007)年6月に制定された甲府市自治基本条例の検証を行います。この条例が社会状況などの変化に対応し、制定の趣旨に沿った内容を維持しているかを検討・協議する委員を募集しています。』とのことです。募集人員3名、応募締切りは2010年6月18日(金)です。

平成23(2011)年3月にこの研究会からの提言が予定されているようです。
今回の推進研究委員としても「自治基本条例を育てる市民の会」の皆さんが貢献なさるような気がしますが、この会の活動内容は私にはわかりません。

私のホームページでは自治基本条例の第2期としてフォローしていきたいと思っています。甲府市自治基本条例制定の過程をWebページに残してきましたが、「自治基本条例構造図」というのが私にはとても参考になりました。小さなプログラムひとつ書く時にも、こういう構造図を描き全体像を考察しながら組み立てていくというのが基本だと思っています。「新しい公共」とか「地域のことは地域で」と言うような場合でも同じだろうと思っています。
しかし全体構造と各パートの機能を考慮したWebサイトが満足に作れるかどうかという点で、私はいまだに未熟なのがつらいです。



コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 山梨水晶会議... 戦場の記憶と... »