樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

ギネスブックを生んだ鳥

2011年10月17日 | 野鳥

世界一の記録を集めた「ギネスブック」はアイルランドのビールメーカー、ギネス社が発行していることはよく知られていますが、そのきっかけが鳥だったことはあまり知られていません。

ある時、社長のビーバー卿が仲間と鳥撃ちに出かけてムナグロを狙ったものの1羽も仕留められませんでした。「ムナグロはヨーロッパで最も速く飛ぶ鳥だからではないか」という議論になりましたが、そんな記録はどの書物にも載っていません。

「そういう記録を集めたら1冊の本になる」とひらめいたビーバー卿が、ロンドンの調査会社に記録収集を依頼。そして1951年にギネスブック第1号が完成したそうです。

次のイラストはギネスブック誕生のきっかけになったヨーロッパムナグロ。

 

 

(画像は著作権期間が過ぎたパブリックドメイン)

 

このムナグロがビーバー卿に仕留められていたら「ギネスブック」は生まれなかったわけですから、逃げ切ったムナグロに私たちは感謝しなければなりませんね。

下の動画は近くの干拓田に渡ってくるムナグロ。もう冬羽に換わっているので胸は黒くないですが、上のヨーロッパムナグロとほぼ同じです。

 

 

 

つぶらな瞳が可愛いでしょ?

ちなみに、現在のギネスブックに記載されている「世界一速い鳥」は2種類あって、水平飛行で最も速いのはハリオアマツバメで時速170km、急降下で最も速いのはハヤブサで時速300kmだそうです。

面白いことに「世界一遅く飛ぶ鳥」も記録されていて、アメリカヤマシギは失速することなく時速8kmで飛ぶことができるそうです。ホンマかいな?

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 銘木見学 | トップ | 鳥の味覚 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guitarbird)
2011-10-20 05:48:29
おはようございます
もちろんこの話は知りませんでしたが、私はビールは飲まないけどムナグロがデザインされた瓶や缶があれば買うのにと思いました。
8km/hで飛べる鳥というのはある意味すごいですね。
鳥を観察していると逆に速いから飛べるのだと思うから。
一方でハリオアマツバメもハヤブサも実際にその速度で飛んでいるのを見たことがあるのはうれしいです(笑)。
おはようございます (fagus06)
2011-10-20 07:33:51
今は知床ですか? 遠征先からありがとうございます。
ムナグロがデザインされたビールはないと思いますが、オランダでは犬用のノンアルコールビールが販売されて、犬のラベルが貼ってありますよ。ハウ&ポーラちゃんと一緒に1杯どうですか?(笑)
時速8kmって、人間の歩くスピードの2倍ですよね。そんなスピードで飛べるのか、信じられません。
最近はギネスの記録もどうでもいいような記録が多くて、食傷気味ですね。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事