ICT甲府
全ての自由を奪えても、自由を求める自由だけは奪えない




2007年06月12日の山梨日日新聞記事は朗報でした。そろそろ梅雨入りの情報もありますので、ツアー客などの動向が心配ですが、屋内施設であることは強みだと思います。県外からバスで4千人とすれば、バスは延べ80台くらいになりそうです。時間的に集中する可能性もあります。大型バス駐車場の容量は足りているでしょうか。


 甲府・県民情報プラザで開かれている「甲斐の国 風林火山博」に10日、一日としてこれまで最高の5464人が来場した。
 この日は県内外の観光客が、大河ドラマ「風林火山」を紹介するゾーンに入ろうと長い列をつくった。9日も3395人と記録を更新したばかり。4-5月の一日平均の来場者数は約1300人となっている。
 実行委の上原伊三男専務理事によると、サクランボ狩りなどに合わせて来場する人が多く、この日は8割近くが県外からの来場者とみられる。


バス駐車場については実行委員会さんにお尋ねしてみました。素晴らしい対処をされたようです。
甲府駅北口にある駐車場は30台のキャパはあるが、日曜日は甲府市役所の駐車場を使わせて貰うように市役所の協力も得ていて、日曜開庁で来庁する一般の方に混じってバス13台分確保、舞鶴城公園北側(JR脇)の駐車場を開放などで対応ができた。
なにより旅行会社さんとは事前の予約体制があり、予約だけで4千人の予想が出来ていたので到着時間調整などのお打合せも出来ていたとのことです。

<script type="text/javascript" src="http://e-yumura.saloon.jp/js/blogzine_ext.js"></script><script type="text/javascript">ext();</script>


コメント ( 0 ) | Trackback ( 0 )


« 甲府市新庁舎計画 市議会一般質問 »
 
コメント
 
コメントはありません。
コメントを投稿する
 
名前
タイトル
URL
コメント
コメント利用規約に同意の上コメント投稿を行ってください。
数字4桁を入力し、投稿ボタンを押してください。