樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

宝の持ち腐れ

2011年04月04日 | 野鳥

天気が良くて暖かい休日、久しぶりに近くに点在する鳥のポイントをミニバイクで廻ってきました。

まず、裏山の断崖絶壁。かなり前からハヤブサが棲みついて、毎年繁殖しています。数年前、写真家が集まって車で道を塞いだために住民から苦情が出たのでしばらく遠慮していました。

この日も45台停まって、大きな望遠レンズが並んでいました。大阪や神戸のナンバーもあります。私のカメラはレンズも小さくて列に加わりにくいので早々に引き上げました。肝心のハヤブサは一度飛ぶ姿を見せただけでした。

 

宇治川ではカワアイサのペアに遭遇

 

その後、宇治川へ降りてヤマセミのポイントへ。ここにも20台ほどのカメラが並んでいるので、遠慮して下流に向かうと、一心にシャッターを押している人がいます。レンズの方向を見ると、木の枝にヤマセミが止まっています。後姿ですが、私のカメラでも撮れました。

 

 

宇治川名物?ヤマセミ

 

その次に干拓田に向かいました。ここは珍しい鳥が出現する場所として全国に知られていて、昨年はアメリカウズラシギや日本で2例目というウズラクイナが出現しました。

この日もマキバタヒバリという珍しい鳥が現れたために、農道に15台ほど車が停まり、望遠レンズが並んでいました。大阪や神戸のほか水戸、新潟といったナンバーも並んでいます。

私は珍鳥を追いかけるタイプではないのと、ここでも前に写真家と農家の間でトラブルが発生したことがあったので、その列には加わらず、好きな鳥の一つタゲリでも見ようかなと別のエリアをウロウロしました。

 

鳥の成る木(ムクドリの群れ)

 

結局タゲリには出会えませんでしたが、うららかな空の下、気ままにバイクを走らせて、あっちでツグミ、こっちでヒバリと、のんびり鳥見を楽しみました。

考えてみると、遠くからバードウォッチャーや写真家が集まるポイントが半径5km圏内に3ヶ所もあるわけです。しかも、2年前にはこの圏内で日本で数例目というノハラツグミが現れて大騒ぎになりました。

 

 

マキバタヒバリではなく、ただのヒバリ

 

 こんな恵まれた環境なのに、アメリカウズラシギもウズラクイナもマキバタヒバリも見に行きませんでした。珍鳥派のバードウォッチャーには「もったいない!」と言われそうです。これも「宝の持ち腐れ」と言うんでしょうね。

ジャンル:
ウェブログ
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 白梅紅梅 | トップ | 世界最大の種子 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (guitarbird)
2011-04-04 11:51:32
こんにちわ
私はへそ曲がりなので、近くにそのような場所があれば
意識して行かないほうです(笑)。
それが元々よく行く場所なら別ですが。
カワアイサはそちらでは珍しいのですか。
こちらでは冬には川が流れている都市公園にもいて、
カワアイサ大好きなのでたまに見に行きます。
でも、その鳥を見に来た人とは会ったことがありません。
内地はほんとに鳥を求めて動く人が多いんですね、驚きました。
ヤマセミが近くで見られるのはいいですね。
私のフィールドでそれに対抗できるのはクマゲラくらいですよ。
へそ曲がりは (fagus06)
2011-04-05 07:10:27
お互いですね(笑)。
というか、群れるのが嫌いなんでしょうね。
カワアイサは「珍しい」というほどではないですが、見る機会は少ないので、カモを見に行った時に見つけると「ラッキー!」という鳥です。
人気者のヤマセミですが、クマゲラには負けます(笑)。希少度が違います。
このポイントは、行けばほぼ確実に現れるのでカメラマンが集まるのだと思います。
私も鳥を見始めた頃は、珍しい鳥が出ると、仲間の車に乗せてもらって遠くまで見に行きました。でも、今はあまり積極的には動かなくなりました。

コメントを投稿

野鳥」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事