ピストンエンジンは永遠か!な?

バイクを中心に話題を紹介します

パンヘッド スプロケットシャフトシール

2018年05月13日 | クランクケース

 

 

1953年のFL、いわゆるパンヘッドのクランク左側、たぶんコロニーのシールキットが装着されていると思われますが、シールのリップはもともとの形状とサイズが心もとないし硬くなっています。

 

そこで2017の120mm径の丸棒の在庫があったので・・・・。

 

シャフト径は1インチなので25mmシャフト用の汎用シール(200円くらい)をはめ込み・・・・。

 

オープンプライマリーなのでプライマリーカバーの取り付け穴を利用して固定しました。

ドライブスプロケットと干渉しなければOKです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

バルブのシートカット

2018年03月03日 | シリンダー、シリンダーヘッド

 

 

 

 前回はバルブガイドの交換をいたしましたが、その作業を行なうとほとんどの場合バルブシートとバルブの相対位置が変わり修正が必要となります。ご覧のように光明丹を使ってチェックするとバルブフェイスの半分くらいしか当っていません。ヘッドのクラックが気になりますが浅そうなので今回はこのまま作業を進めます。


 

まずは45°のカッターで軽く削ります。 

 

 

光明丹を塗って削ると分かりやすいかもしれません。

 

 

45°で全周にあたりが出たら30°と60°のカッターを使いバルブフェイスのあたり幅と位置を調整します。

 

 

仕上げにダイアモンドやすりを使うと、この後の擦り合わせ作業が簡単になります。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

パンヘッド バルブガイド交換

2018年02月25日 | シリンダー、シリンダーヘッド

 

 

このパンヘッドは私より1歳若いだけの1953年モデルでかなり老朽化しています。過去に何回かリビルドされているとも思われますが、今回はバルブガイドの消耗は無視できないので交換することにしました。

 

画像の順序は逆になりましたが、ヘッド全体をストーブに載せて160℃くらいに加熱し燃焼室側から適切な当て棒を使い押してやればガイドを抜くことができます。

 

抜いたガイドは入っていた場所を間違えないようにして外径を測定し、新しく挿入するガイドの選定をします。小さな穴の内径を測定するのは困難なので、古いガイドを抜く際の手ごたえを参考に今までの締め代(0.02~0.03mm)が適切だったことが前提です。

 

ガイドを挿入するのはまたヘッドを加熱して行います。新しいガイドの選定が悪くて、締め代が小さい(緩い)とガイドとヘッドの隙間からオイルが抜けたり、大きすぎたり(きつい)するとヘッドに亀裂が生じるなどの2次災害が起きることがあります。

 

バルブステムシールを付けることも考えましたが、バルブのリフト量に対してステムの長さが足りないので今回は諦めました。その代わりにガイド上端部をテーパーに仕上げてオイル下がりを減じる策を講じました。もっと尖らせると効果は高いのですが、ガイドを挿入するときに潰れてしまいますのでホドホドに。

 

コメント
この記事をはてなブックマークに追加

オープンプライマリードライブのクラッチハブ

2017年12月23日 | トラブル

 

 

 

 TWIN-CAMエンジンのハーレーですが、某PMブランドのオープライマリードライブキットです。

 

 

クラッチは独特の”BALL BEARING LOCK UP CLUTCH”となっておりますが・・・・・。

 

 

クラッチ全体がグラグラしているのでよく見てみると、ミッションのメインシャフトと勘合するスプラインがかなり傷んでいます。

 

 

新品ならこんな感じです。そもそもここまでアルミでいいのか?

 

 

クラッチハブだけ(とベアリング)を入手できたので早速交換です。

コメント (1)
この記事をはてなブックマークに追加

マニホールド固定ジグ

2017年11月19日 | 吸気系


コチラの記事などでも分かるように、10年前からインテークマニホールドからの2次エアーに苦労させられました。

 

 

で、これはショベルの1200ヘッドと80cu,inヘッド用S&Sマニホールドの組み合わせ。

 

 

そして、こちらは同じ車両に1200ヘッド用のSUキャブマニホールドの組み合わせでシールに太いOリングを使います。

事情によりキャブレターの換装をします。

 

 

過去の経験ではOリングをバンド式のシールにコンバートすると碌な事がないと分かっているのですが、Oリングのタイプではすこぶる作業性が悪いのでつい手軽な方向に走ることも。

そこでマニホールドを一時的に固定するジグを作ってみました。ありあわせの材料なので見てくれは良くないのですが・・・・・。

 

 

効力は悪くないようです。

コメント
この記事をはてなブックマークに追加