樹樹日記

じゅじゅにっき。樹木と野鳥に関する面白い話をご紹介します。

緑のウォークラリー

2009年05月01日 | 木と子ども
一昨日、宇治の天ヶ瀬森林公園で「緑のウォークラリー」が開催されました。森の中に4ヵ所のスタンプポイントを設け、その途中でいろんな遊びにチャレンジしてもらうという、「みどりの月間」にちなんだイベントです。
       
主催は宇治市ですが、お遊びコーナーを運営したのは私が入会したばかりの森林ボランティア団体「フォレスター宇治」。約30人のメンバーが木工教室や丸太切り、ギターコンサート、緑の募金集めなどを担当しました。お天気に恵まれ、子ども連れの家族を中心にたくさんの市民が遊びに来てくれました。
       
私は主に丸太切りコーナーでお手伝い。ヒノキの丸太をノコギリで切るだけですが、子どもはもちろん、「コースターにする」とか「花瓶の台にちょうどいい」と若い女性や熟年のご夫婦もトライされました。
切り屑も布袋に詰めてお風呂に入れればヒノキ風呂になるというので持ち帰る人があり、ほとんど残りませんでした。匂いがいいからか、ヒノキは人気者です。
       
       
       
一番の人だかりは木工コーナー。間伐材の小枝や端材、竹、ドングリなどさまざまな材料と工具を用意し、メンバーが指導しながら子どもから大人まで木で工作します。小さなイス、自動車や人形、竹トンボなど、それぞれに木工を楽しんでいました。
       
             (フォークソングを演奏するのもメンバー)

地元のバードウォッチャーによる野鳥観察会も行われましたが、そちらは私はノータッチ。新緑と暖かい陽射しにつつまれて、木で遊んだり、一緒に歌ったり、お弁当を広げたり、参加者も私たちも心豊かなひとときが過ごせました。
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 巨木の最期 | トップ | 木のマルチ商法 »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
ノコギリ (guitarbird)
2009-05-02 17:36:02
こんにちわ
ノコギリで切るのは単純なようで結構人気がありますね。
木工も、簡単だけど面白い。
それはやっぱり木だからして成せるわざかなと思います。
フォークソングのギターも木ですし(笑)。
guitarbirdさんも (fagus06)
2009-05-03 09:10:47
こういう活動をされているようですから、よくご存知だと思います。特に子どもたちは、喜んで一生懸命にやってくれるので、お手伝いする側楽しかったです。
やっぱり木だからでしょうか。
この遊びコーナーには150人くらいが参加したようです。

コメントを投稿

木と子ども」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事