湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

3/29 火曜災害ミニカフェ6月分ポスター仕上がる

2018-05-30 05:42:54 | 地震津波災害ボランティア
2018/05/29 記
--------------
「火曜災害ミニ・カフェ6月分」を作る。早いもので、7月1回目で通算100回目を迎える。最近は災害と障がい者・高齢者の関連番組が少なく、被災地の現状が見えにくくなっている。一度包括的に見直してみようと番組を選んだ。放送大学の講義のなかに再整理に合った番組を見つけたので、敬遠されそうだが取り上げた。また2回目の番組は福島原発事故避難のため、精神病院に社会的隔離されていた時男さん(仮名)の39年目の退院を追う。福島県立矢吹病院だ。時男さんが入院当時知り合った職員やともに入院していた友を訪ねる。


<6/5 14時~>
●地域福祉の現状と課題・第7回「災害と地域福祉」
 2018/05/24 放送大学 45分

<6/19 14時>
●ETV特集「長すぎた入院」
2018/02/03 ETV 60分

------------------------------------------------------

母の鍼治療に同伴。早く家に戻りたいとタクシーに乗るが、財布をわすれていて、冷や汗をかく。母の財布に頼ることに。明日の母の東京のリハは体調が悪く中止。

来月24日・日曜の恩師の7回忌、外出空きの母の見守り、いつものヘルパーさんが空かないことがわかり調整。初めての人が入ることに。母にたぶらかされないか心配。しかし金がかかる。

次回の懇話会の「医療ケア児者の被災」の話が進まない。外出が難しい親御さんの事情と、ゲストが鶏が先か卵が先かの空転半年。打開策に団体県支部訪問を行うことにした。

夜間傾聴:ひとり

(校正1回目済み)

コメント   この記事についてブログを書く
« 5/28 熊本の高齢者施設からの... | トップ | 5/30 市関係課に懇話会の近況... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震津波災害ボランティア」カテゴリの最新記事