湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

4/29 懇話会薬剤師招待の意義説明の番組試写招待が、連休がじゃまをしている

2019-04-30 05:42:26 | 地震津波災害ボランティア
2019/04/29 記
--------------
4/30 の薬剤師の非常時の仕事と要援護者の接点を明らかにし、受益者と地元災害ボランティアとの連携の企画化の可能性を感じさせる番組(釜石方式)の試写を、明日行う。

その連絡をこの数日行ってきたのだが、地区自治会・地区社協・福祉行政・防災行政・地域高齢者関連ボラ有志・精神障碍関連団体いずれも情報を受け取るが、連休明けにならないと応答ができない、が、関心はある《この辺が今までと違う)という応答。肝心の薬剤師会が休み、これも痛い。とどめの雨が降ったが、来てくれることを祈って資料を作っている。

追加する資料
●「薬剤師のための災害対策マニュアル(2011)」
https://www.nichiyaku.or.jp/assets/uploads/activities/saigai_manual.pdf

-----------------------

第一類医薬品>医師の治療処方で、薬剤師には災害時について処方を認める通達が出ている。

弟二類医薬品>薬剤師の使用注意の説明を受けてから使用できる医薬品

第三類医薬品>整腸剤・ビタミン剤などの安全性が高い医薬品

この第一・二類医薬品が災害時、服薬治療者が必要とするもので、これに衛生用品などを配給することになる。背景に生活破綻があるために、費用負担がどうされていくのかなどをゲストにきいてみたい。また必要者との仲介は、外部ボランティアには無理。システムモデルを作っておく必要がある。

-----------------------

ティーンズの仕事づくりの中の「ペット・レスキューとシェルター管理」は、獣医・

動物看護師の管理下でシェルターを維持する。このとき、私が話を聴いた心臓マッサージや人工呼吸法は、感染症発症動物の管理の次元に跳んでしまいそうだ。獣医と相談してみたい。

熊本地震の際の徳田竜之介医師の話をチェックしている。

夜間傾聴:なし
(校正1回目済み)

コメント   この記事についてブログを書く
« 4/28 ハイティーンズの被災ペ... | トップ | 4/30 懇話会事前試写 »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震津波災害ボランティア」カテゴリの最新記事