湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

8/22 すみません、エディタ事故、午後書き直します

2019-08-23 05:35:00 | 地震津波災害ボランティア
K君、朝、代理電話ありがとう。

コメント

8/21 母は東京の通院をとりやめ、やむなく在宅見守りに

2019-08-22 04:45:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/21 記
----------------------
母が東京の主治医の通院を、体調不良で「休む」といいだした。これは後で、白髪を染めていないからが原因と判明するのだが、寝室のカーテンを閉めてねむりこけているので、県薬剤師会訪問を諦め、在宅作業をすることに切り替えた。明日がわからないのが介護と言いつつ、陰腹の空転のような気持ちが頭を擡げては、その勝手さを戒め深呼吸する。煮詰まっているなあと、庭をみる。

私の目は近々白内障の分の手術する必要がある。読み上げ機の利用は、フォントが小さい時や縦書きの時だが、他の時は、スタンド付き拡大鏡を使う。球面収差が激しいので視野が狭く、疲れる。その読書環境に追い打ちをかけるように、白い霞がかかってきたので、照明を複数にする改造を試みていた。その机上環境を整え、ブックスタンドを買い換えたので、全体調整をすることにした。

明日、平塚で子ども支援フォーラムがある。母に食事をだすから、絶対に間に合わない時間だが、遅刻して参加しようと思う。

FBに西谷修氏が現れたので、承認してもらった。今、BS3で、ロジェ・カイヨワの戦争論の解説をされている。丁度タイミングが合った。

静岡訪問調整、あす、仕掛ける。

夜間傾聴: なし
(校正1回目済み)



コメント

8/20 介護食配達に縛られつつ、火曜災害ミニカフェへ

2019-08-21 05:50:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/20 記
----------------------
母が介護食配達を申し込んでから、思いがけないトラブルが潜んでいることがわかった。火曜日は、月2回、14時からの火曜災害ミニカフェを行うために、母を趣味のサークルの☆☆さんのところに預けて、その足でサポセンにくるのだが、中海岸のため、母の昼食は早めにすませて送るのだが、配達時間が合わないために、毎回タクシーで母を送り出さざるを得なくなることだ。ましてや、今日は5当日、私も相乗りして、駅南口でおりて北口 から路線バスに乗るのが駅前渋滞にはばまれてアウト。今後は、母を降ろしたタクシーにのったまま、サポセンまで行くことになる。高い。

きょうは、倉敷市真備町の都市計画と災害を追った。輪中のコミュニティと、新興住宅地が混在するコミュニティに変貌していく地域が、バブル崩壊の構造不況の中で衰退していく中の被災だったことなどが描かれていた。

夜間傾聴: なし
(校正1回目済み)









☮️✡️✡️💕
コメント

8/19 母がリハ先にスマホを忘れ/ 雲仙から故@@さんの礼状メールが届き

2019-08-20 06:10:00 | 地震津波災害ボランティア
教材屋の執筆陣入れ替えの通知あり。高齢化と、経営合理化が原因。私のチームには関係なし。薄皮が剥がれていくように、時代が変わっていく。

雲仙の故災害看護師@@さんの喪主の娘さんから、故人の回想を含んだ礼状メールが届いた。長い道のり。私の災害ボランティアも、ここから始まった。


今夜は妙にしんみりしてしまった。

ビッグイシュー配達がてら、母のリハ先に、母の忘れ物のスマホを回収しに、事業所に立ち寄り、古参PTさんと話した。母は隣の出席者の世話をやいているらしい。さすが親。

地域包括ケアの障害者版資料整理中。
9月分、火曜災害ミニカフェの作品選択中。

夜間傾聴: なし
 (校正1回目済み)

コメント

8/18 家庭内冷戦、やっと停戦/今夜閖上のドキュメントあり

2019-08-19 05:46:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/18 記
----------------------
母との冷戦は、介護食配達の休みの日曜日という条件があって、いつの間に解消した。冷蔵庫の葉物は全て切ってから冷凍室へ、パックではない惣菜は、思い切って捨てた。問題は簡易冷凍の牛肉生肉。変色する前に、甘辛く佃煮。

キャンベルのオニオンスープ缶と、とろけるチーズを使って、パン粥&ポテトサラダ+キウイと紅茶。1/3残して食べ終えた。パンはサンドイッチ用のパンをちぎったもの。

----------------------
鳥取県 令和新時代創造本部 新時代創造課経由で地域包括ケア関係者と話をしている。今週には資料と補助説明をもらう交渉が進むだろう。

静岡は担当者次第。待っている。

今夜、BSで、閖上のドキュメントあり、注目。

夜間傾聴: なし
(校正1回目済み)


コメント

8/17 冷蔵庫整理の一日

2019-08-18 05:44:00 | 地震津波災害ボランティア
母の介護食弁当切り替えの関係で、母用の日持ちがしないものを捨てて、野菜葉物はカットして冷凍。

デモとして、飯抜きの野菜炒めを食べてきた。 母は年季の入った元主婦である。介護食に、海苔の佃煮を添えて、食事を済ませていた。

無言冷戦は、続く。

日曜は配達が休みだ。さて、どうなるか。

夜間傾聴: ひとり
(校正1回目済み)

コメント

8/16 大殺界か?勝手にせいと居直りつつ

2019-08-17 05:13:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/16 記
----------------------
母が歯がない間、介護食の店から弁当を取ったと突然言い出した。リハをしていた時、友達に勧められて、その場で電話したという。寝耳に水。買い込んだ食材が一瞬にして私に被さってくる瞬間だった。母は偏食+少食ゆえ、高カロリー食にしている。医師からもエンシャリキッドが処方されているが飲まない。そこに介護食が飛び込んできた。

配達は日に2回、朝は9時過ぎ、夜は16時すぎという。母はほぼ連日、リハか通院している。昼夜逆転生活をしている私には、寝不足と行動制限の食事に日々が終わるとんでもない日程。食材始末も、糖尿病の私には、高カロリー食など毒をあおるようなものと猛反対した。

手間を省かせようとしたのに怒ったと、母が切れて、冷戦状態に。

そんな中、夕食がとどいた。ムース食である。業者に断ろうとする私の間に入って、料金先払い、夕食はクーラーボックスに入れていく、という約束をしていた。朝は自分が受け取るからいいと母はいう。枕元でやりとりされてはかなわないので、それもクーラーボックスでと私は失言。母の術中にはまってしまった。

画して母は弁当を完食。無言冷戦の一夜を迎えている。
-----------
静岡訪問は、留守中見守りの@@さんの都合で、9月頭にもつれ込んだ。金曜日なので、先方との日程調整連絡をしたが、担当者は休み中。空回り。

次回の懇話会の参考にと、館外取り寄せをしていた書が、時期外れに届き、取り置き期間切れ間際になっていたので回収した。

●「緊急事態 ストレス・PTSD対応マニュアル」(ISBN: 4772407588)<3ヶ月遅れ

●「実践パーソン・センタード・ケア 認知症をもつ人たちの支援のために」
(ISBN: 9784948742949)<半年遅れ

ビッグイシュー配達、茅ヶ崎図書館以外、全員空振り。

最悪の一日が過ぎていった。

夜間傾聴: ひとり
(校正2回目済み)
コメント

8/15 墓参・門前仲町・逗子 映画「主戦場」と

2019-08-16 05:45:00 | 地震津波災害ボランティア


2019/08/15 記
----------------------
分担墓参という変則的な事態は、動かない台風10号の影響だ。亡き父の新興宗教入信を契機に、あれほど血縁の制約(干渉)をしていた親戚と絶縁してからとはいえ、さすがにわたしひとりが墓前に手を合わせているのは、不可解な感じがする。

私や母は信者ではない。関係が壊れたことを恨んでもいないのに、馬鹿野郎と父に念じつつ、生活に重なりのない親戚同士が、社会的成功を喜び、失敗や非常識をなじるべったりへばりついたような人間関係は、直接的な利害がなくとも脈々といきている不可解さを思う。

野球ファンのそれのように、直接的なつながりのなさを情熱もどきで偽装して、寄りかかり合う味方作りと似ているのかもしれない。私という蝶の羽ばたきが嵐を、いやいや、ローレンツの子孫の頭に鳩のうんこを落とすやもしれぬとか、私が語っているのは日本語だとか、わけのわからない独り言を墓前でつぶやいた。

我が家は代々4世代の介護を済ませて消えていくのだなと思いつつ、家族や友の鏡像が見えて、それを超えいでる、私を結びつける絆なるものの姿を見たいと思っている私がある。このことは、弟と話してみても、全くつうじない。それが慣習というものだ。

とにかく下車したところから、寺の建物まで200m通り雨。ずぶ濡れになって、帰る頃には、晴れ上がって、これで2回目だとふてくされつつ、大手町経由で門前仲町へ。

居酒屋ミニコミ主催者☆☆君と久々に会い、防災の話を聞いてきた。これはいずれまた。

門前仲町と横須賀線は繋がりが悪い。路線バスで東京に出て丸善に寄る。

●「津波災害と再定住ーコミュニティのレジリエンスを支える」
(ISBN: 9784876988969)

を仕込み、逗子へ。シネマアミゴは駅から遠い。帰りはタクシーを拾ったが、「主戦場」をみてきた。桜井よしこのドアップは、身が引く。これも後日。

帰宅時、弟夫婦は帰ったあとで、厨房は山のよう。洗い物している後ろで、母が話し出す。うなづいて話を受けるが、水音の中、耳が遠くなった母に返事をする地獄。

やはり、東京の地下鉄の階段が足に来て、夜中は、こむら返りにのたうち回り、翌日は、ビッグイシュー発刊日で、寿町の祭りに参加し、雑誌を引き受けて、帰宅する頃は、まさにゾンビ状態だった。

夜間傾聴: ふたり
(校正1回目済み)
コメント

ばてています

2019-08-15 05:01:00 | 地震津波災害ボランティア
2019/08/14 記
----------------------
ばてて、寝ています。
レポートは午後に。

コメント

8/13 火曜災害ミニカフェは雨の中/明日墓参/門前仲町から逗子へ

2019-08-14 05:32:00 | 地震津波災害ボランティア
通り雨に母と機材を乗せ、母の趣味のサークルに預けて、節約して路線バスで茅ヶ崎駅を目指したのが失敗。通り雨、どしゃぶりになり、タクシー長蛇の列、到着15分遅れ。全身濡れ、器材無事。

閑散としたサポセンで上映中、友人は案の定こなかった。駅からタクシーで、母を拾い帰宅。
-----------
明日は墓参。母はいかないで、いえにいるといいだした。私は東京。帰りに門前仲町に寄ってから、逗子で、映画「主戦場」を見てくる。

夜間傾聴: なし
(校正1回目済み)

コメント

8/12 母のリハの留守中に

2019-08-13 05:50:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/12 記
----------------------
暑いが、母は介護度のリハが復活して出かけていった。浜見平の@@さんが間違えて我が家にやってきて、「アナゴ」の蒲焼きを届けてくれた。感謝!歯が無くても食べられそうだ。母のカレンダーの読み違えが原因とわかったが、このまま帰すのは、あんまりなので、31のアイスクリームをプレゼント。月末は台湾に行くから交代できないよと念を押されて、ひたすら平頭、平頭。すみませんでした。

しかし、考えてみると、静岡取材がかかる可能性があり、1泊は無理、日帰りだなと思う。

茅ヶ崎に出て買い物。野菜が不足しているので、飯抜きの野菜炒めとノンアルビール。鬼の居ぬ間の洗濯。

10/27に、ばかにはでな防災講演会が小田原である。共済😓金募集も熱心。眉唾かなと思いつつ、申し込んだ。

https://pro.form-mailer.jp/lp/40c956f4175633

夜間傾聴: ふたり
(校正1回目済み)

コメント

8/11 お盆さばいばる

2019-08-12 05:10:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/11 記
----------------------
夏バテを起こしたのは、何年ぶりだろう。たまっていた家事を片付けた。暑いし、身体がふらついて、斜め後ろに流れる症状はまだ続いている。母の歯が悪くなって、入れ歯作りに1ヶ月が過ぎ、食事内容が母に引きずられて、偏った影響かと思う。

母の体力を落とさないために、買い物、通院等への外出をうながしているが、暑い!夕方を狙うと診療時間にかかったり、お盆休みの肩透かしがあって、うまくいかない。

我が家の墓参話は、弟夫婦が、徘徊していた妻方の母親の他界で、ふたりが介護の手を離れたこともあって、分担墓参となり、相模原は弟が車で、都内の方は私が電車で行くことになった。都内の方は、門前仲町の##君たちのミニコミに、ご無沙汰していたので、寄り道禁の習慣破りの、はしごの約束をした。母は弟夫婦の車で面倒を見てもらうことになった。

故・父の腕力で、我が家は無理やりクリスチャンに改宗させられたので、入り盆のこだわりはない。13日は、火曜災害ミニカフェでサポセンにいるが、当日、横国大職員だった○○が、茅ヶ崎に来るので招待した。(来るかなあ?)

静岡の取材は、お盆明けだが、社協にも協力を依頼した。市民トリアージと、災害お薬手帳の件だ。

今、地域包括ケアの「パーソン・センタード・ケア」川崎の実践例を読んでいる。東京の防災の場面でも語られているが、3.11のとき、訪問支援が管轄の違う団体が多重訪問しており、互いの分担調整一つ難渋していた実際の縦割りの壁は、トップダウンでシステム構成しても、内実が伴わないだろう。この難をどうこえるか、またNPO参加の価値はと、あれこれこねまわしている。

p.s. 注目
● 「ソウルの社会的企業」    
       MignelYousukeHirata
     (57分03秒 YouTube 日本語字幕版)

夜間傾聴: 再開 ひとり
(校正1回目済み)
コメント

8/10 やっと復活のようです

2019-08-11 04:59:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/10 記
--------------------
蒸し暑い。朝10時にめざめたが、頭痛は軽くなり、身体の重さはとれた。やっと回復かと立ち上がって焦った。ゆらりと世界がゆれたからだ。直ぐに治ったが、じわり、いつもの食事準備にはいれた。やっとだ!

溜まっていた洗濯物を片づけた。





コメント

8/9 回復への道へ/9条の会##さんに出逢う、病魔との戦いにエール

2019-08-10 05:39:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/09 記
----------------------
雲仙の元看護師☆☆さんの逝去の報は、娘さんのメールによるものだったが、☆☆さんとは雲仙普賢岳噴火災害以来だから、ひどく長いが、娘さんとは初対面だった。だからか、死因がいま一つわからなかった。それが朝、娘さんから voice TEL が入り様子がわかった。

前日自転車転倒があり、翌朝起きてこないので、触ったら冷たくなっていたという。脳内出血によるものという。苦しんだ形跡はないという。さすがに長崎まで弔問に伺えないので、この電話でお別れにさせていただいた。

しかし、電話は朝8時だったため、なおりかけの夏バテが再発し、頭痛薬のお世話になっている。母をリハに送り、茅ヶ崎駅で、急ぎ買い物を済ませ、歯科へ。鎮痛剤服用中を知らせ、まずはすべて終わらせ、母を迎えに行き帰宅。沈没。仮眠。

夕食は、徹底的に煮込んだ和風野菜汁。

静岡薬剤師会の災害お薬手帳取材の日程調整メールが届いていたが、応答は堪忍してもらって就寝。同じく、もったいないジャパンの山本高大氏のフェア参加招待メールも、感謝しつつ無念の往信となった。こんなに長いダウンは、はじめのことだ。

夜間傾聴: なし
(校正1回目済み)
コメント

8/8 糖尿病検査と、サポセンの事務

2019-08-09 06:06:00 | 地震津波災害ボランティア

2019/08/08 記
----------------------
糖尿病の治療薬切れの日が、定期検査の日なのですが、我が家からは菱沼のバス停から、神大寺公園前に出てから、病院まで徒歩6〜7分はかかります。不調なときは、暑さがこたえます。

結果は、A1C やコレステロール値ともに、大幅改善。母の入れ歯事件の影響。

ひどく待たされ、陽は落ち、近隣の処方箋薬局のシャッターが閉まり始める中、クリエイトに入り、待ち時間にクリエイトの発災時のマニュアルを探った。

藤沢市との協定しかわからなかったが、医薬品供託の扱いはなく、食品・雑貨等の中に、医薬品も含む扱いになっていた。詳細は庶務の方と改めてアポ取って、話を伺えることになった。

しかし、2ヶ月分とはいえ、計2万円は痛い。

バスで茅ヶ崎にでて、乗り換えてジャスコ前から徒歩3分、サポセンで、鶴嶺高ボランティア塾の申請と、ビッグイシュー配達、8月分火曜災害ミニカフェポスター作成と掲示依頼を済ませて、じっとりと冷や汗をかきつつ、タクシーで帰宅した。薬の副作用で足がつり、食材を母に渡して沈没した。

夜間傾聴はなんとか済ませたところ。情けなし。明日は夕方から歯科だが、その前にブログを入れたい。静岡訪問の事等あり。

夜間傾聴: ひとり
(校正1回目済み)
コメント