湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

SOFドロノワ倶楽部・子ども専科造形Pチラシ転載

2004-05-31 03:27:10 | 不登校
   ☆湘南オンラインフレネ子ども専科造形プロジェクト☆


 TOTO茅ヶ崎工場(茅ヶ崎市本村)の企業メセナ・陶芸のドロノワ倶楽部の空き時間枠を貸していただきました。湘南オンラインフレネ(『ちがさき選択登校を考える会』元会員主宰)は、小学生を中心に子どもの泥遊びを企画しました。平日の昼間ですが、ドロノワ倶楽部の工房で粘土遊びをやってみようと思います。関心のあるかたは下記にご連絡下さい。


 対 象:通学をしていない小中学生位のお子さん。
(高校生以上も歓迎。)


 場 所:TOTOドロノワ倶楽部
    (茅ヶ崎駅=辻堂駅・藤沢駅バス/松林中学校前下車)
     --- 国道1号線のラチエン通り交差点から
異人館踏切に向かう途中です。


 曜 日:6月より、
     毎月第二水曜日13時~15時
    --- 詳細はお問い合わせください。

 連絡先:Tel    0467(82)5048
           飛田(携帯電話に転送します。)
     Tel & Fax 0467(86)0113 伊坂
     e-mail    tobita@mbm.nifty.com
     adress 湘南オンラインフレネ 宛
     Home Page http://ip.tosp.co.jp/i.asp?i=tobipub2

コメント

湘南オンラインフレネ「いえにいる君へ」転載

2004-05-31 03:07:21 | 不登校
---------------------------------------------------------
★★ メール 「いえにいる君へ」 ★★ 湘南オンラインフレネ
呼びかけ人:飛田 英昭
---------------------------------------------------------


~ 自己紹介 ~

 飛田といいます。塾屋です。何十年も補習塾とかフリースクールの教員や雑用係をやっています。数年前足を怪我して中断しましたが、ご近所の伊坂さんという、僕なんかよりずっと元気な年配の方と知りあい、活動を再開しています。

 今、伊坂さんは会の代表。僕は報道官ならぬCM屋兼作家兼講師兼雑用係です。爺ィの会ではないのですが、友好関係にあるジャパンフレネの木幡さんと白髪頭の3人並ぶと、どうも言い訳け出来ないような…。(^ ^;


~ 資料集めに参加しませんか ~

 いま僕が手がけているのは、ひとりからはじめるインターネット用の学びのデザインをすることです。はじめやすく、皆にも使いやすいリンク、カビのはえたリンクではなくて、常に君の現在を定位できる、緊張を失わない命あるポータルリンク作りです。(長い!)

 僕は「バーマン」というタヌキのような猫が好きです。そこで「バーマン」を例に調べます。「バーマン」の写真の載っている書籍やHPをリストアップしていきます。あとで使えるように「出典」をかならず残し、「ひとことメモ」と「調べた日付」そして「僕の名前」を書いて貯め込んで行きます。

 ブログ(blog)って知っていますか。画像付き日記帳のようですが、もっとリンクが発達していて、お互いが調べた資料や意見を利用し合えるようにできています。出来るだけこれを皆で作って、意見や資料を寄せ合います。

 飛田「バーマン」と、伊坂「バーマン」、ノバうさ「バーマン」のURL-LINKや生資料が登場したら、雑用係・飛田が「一覧リンクのDB」にまとめます。

 一応発表の責任をもつということで本名主義で行きますが、嫌なら飛田にメールして下さい。本名とハンドル名の対応簿を非公開保存し、ハンドル名OKとします。

 「バーマン」の自作エッセイとか、自作の「写真」「絵」「論文」「詩」などのURL情報や資料をSOF(Shonan online Freinet) の貯蔵庫に貯め込みましょう。



~ 貯めるだけではないよ ~

 この資料はまだ「バーマン」というキーワードでしか引いてこれませんね。そこで「野次馬批評会」が掲示板を使って、他にも使えそうなキーワードや、ポジティブな記名批評を書き添えます。こうしておけば、あとで利用する人が少しは使いやすくなります。(勿論、全文検索のDBシステムまで、プロジェクトが成長できたらそれに越した事はありませんが。)ただ最低限、誹謗中傷や嘘は紳士協定で「ご法度(やめようね)」。

 「『バーマン』を飼っているひとが知りあいにいる、みんなで見にいこう」ということになるならば、その手の提案は大歓迎。「オフラインの探究」をどんどん作りましょう。企画を公開提案し、実行に移しましょう。提案と調整、感想の分かち合いの場をSOFは提供します。(『バーマン』は例ですが、参加と学びの流れがわかりますか?)

 小学生も歓迎。難しかったら飛田や親、世話好きのひとの手をかりてもいいのです。でも原則は、自分なりの学びの相互尊重が基本。おとなより面白い見方をする子はたくさんいるのですから。

 そうそう飛田ら「世話人」の役割をもっと書いておきます。

 「バーマン」のホームページを開いているひとは、結構「バーマン」には詳しいはずですね。そのひとと君とバーマングループを仲介する働きをします。面倒だけど大事なのは「著作権」の保護。判断は素人ですが線審の役をします。著作権のことがあるから、法に明るいひとが手伝ってくれると助かるのですが。

 もうひとつは、情報の真偽判断。インターネットは本物もニセモノもごちゃまぜになっているからです。でもこれは、みんなで話したいな。
 
 愚かでもいいから、倒れるまで「バベルの塔」の「知のレンガ」をつんでみましょうよ。(別に倒れなくてもいいですが…(^ ^;  )だから何になるかは、作るひとのセンス次第。「今回のお題」という、世話人お勧めテーマも追っていきます。「このテーマ、付き合ってもいいな」と思ったら、調べに参加しましょう。よかったらグループを組みましょう。

 というわけで伊坂・飛田で切り盛り出来ることはすぐにパンクするでしょう。だから外野は、おっさんを笑ってみてないで「世話人会」を作って欲しいのです。主にオンラインサポート、できたら地域で時々集まって案を練りましょう。そして企画ができたら、積極的に集まり出かけましょう。僕らは実費だけで付き合います。SOFを「祖父」化しないように。これは蛇足。返事(レス)下さい。
 
>>> tobita@mbm.nifty.com 飛田まで
コメント

湘南オンラインフレネの紹介リーフレット

2004-05-31 03:06:03 | 不登校
リーフレットの文章を転載します。長くて悪文、失礼!

---

呼びかけ人:飛田 英昭

●不登校・引きこもりの子の支援運動は、数十年の歴史を持つようになりました。私はその初期からこの運動に参加しています。運動は、当人の居場所作りを重点においたフリースペース型の運動であったり、個々人に合わせた学習を求めるフリースクールであったりしていました。私が作ってきた塾も、補習塾にフリースクールを重ね合わせたような活動をしていました。この塾の活動には、学校教育そのものが子どもとかみ合わなくなって来ている時流から、学校外から新たな学びを生み出していきたいという私の願いが込められていました。

●「新たな学びなどというものは学校教員が授業改革ですればいいことで、むしろ地域の私教育の場では教科を『わかりやすく』、少人数で『きめ細かく』教えていけばいい、授業がわかるようになれば彼らは復学する」という、「学習のわからなさ原因論」とでもいうべき素朴な運動論が不登校の運動の当初から幅をきかせていました。しかし、よくわかり・面白い学校なら、不登校・いじめは解決するのだろうか。その発想への違和感は、私の脳裏にどんどん膨らむばかりでした。

●「読み・書き・計算」能力獲得を基礎にして、「将来のため」に教科に細分された知識を記憶し、それを効率よく吐き出していく能力を身につけていくこと、これを「学び」であるとする学習観が、現在に至るまで、大人のみならず当事者たちをも呪縛していたように思います。

●「今」を我慢して「勉強」を行なっていけば、大人社会に脱落することなく、将来の「安定した生活が得られる」というような生活観は子どもに説得力を失ってきているように思います。先行きの見えない細分化された学習を「将来のため」に我慢するという構造自身が実感とずれ始めています。変なものは、やはり変ということです。「将来のため」に自分は、いつまでも「宙吊り」でいなければならない。先送りの論法のおかしさが白々と浮き上がってきています。

●私の塾には、ある時期、白血病の子が通っていました。若い命が病魔に奪われるまで、クラスは、その子と友だちの明るい笑顔に包まれて活気付いた学びが育まれていました。親御さんの話では、その子は学校では決して笑わなかったそうです。葬儀のあと、その子を教室で撮った笑顔のスナップ写真を届けたとき、親御さんが号泣されました。ともに過ごした時間を、今も思い出すと胸が張り裂けそうになります。「将来のため」と言ってしまえば、その授業は意味を失ってしまいます。他にも例はあります。夜間中学や定時制高校では高齢者の方々が熱心に学んでいます。こういうことも従来の学習観からは、理解の範疇をはみ出してしまいます。

●不登校・引きこもりの人たちは、いじめや様々な理由を契機にして、「黙々と時をこなす人々と自分との距離」を感じ取っているように思います。ここに問われている「現在(今)」の価値を、僕ら大人は忌避してきたようです。しかし、「学び」は実はその「現在(今、ここ)の充足」の中に生命があるように思えるのです。

●子どもの教育を製品生産になぞらえる方もいます。学校という場に子どもを拘束して、知識を頭に流し込むというわけです。集団を効率よく加工する方法としての一斉授業、仕上がり具合を検査する試験。それを体現する「知識脳内蓄積モデル」が、「現在を充足させる」発想を封じ込めているように思います。「充足=浪費・享楽」というレッテルがそれです。消費文化の価値観から出ることができないのです。

●「知識脳内蓄積モデル」は、学校教育の批判者も深々とはまっている論理です。私は脳が記憶の座であるか否かという設問は、指導者自身の「神の座」のことを見逃しているように思います。外側から子どもを観察・操作する硬直した構造から抜け出ましょう。学びは同時代を生きる者の「響き合い」の中にあるのです。土俵の外側に身をおく大人も、倫理的にではなく本質的にその場の当事者なのです。

●私は若い頃、セレスタン・フレネというフランスの教育者を知りました。自主課題を自由作文にまとめ、ゼミナール形式の議論をふまえて印刷し、大人や子どもの間にそれを公表していくというような「自主探究の学び」を創った人でした。残念なことにフレネは1966年80才で生涯を閉じました。しかしここに現出した学びは、子どもの関心に沿い、学ぶものにとって常に生きた全体性を持ったものでした。取材し議論し成果を共有するという対話的な構造を持つ学習活動だったのです。

●このフレネ教育を塾の中に再現できないものかと、私は様々な試みを行ないました。しかし子どもが塾で出会う日々は、学校の授業時間数と比較するべくもなく短時間なものでしたし、その授業も学校の数カ月おきの学力試験に中断されてしまうのです。探究の授業は非常に時間がかかるのです。間をおくと再開がむずかしいのです。こうした事情から、塾は「補習塾」と「フリースペース」というふたつの方向へと流されていく困難な時期がありました。そこで問題になったのは、子どもが学校教育と塾の教育の二重の価値観の下で学ぶ、その困難さでした。このような経過を通して、私は矛盾の最前線である不登校を選択した子たちの学びに活動を絞るようになりました。

●こうしてまた十年が過ぎました。しかし不登校・引きこもりの人への支援運動は、特区の活用による第二の学校つくりに流れを変えたようです。学校教育現場も指導の選択メニューを増やしたり体験授業を導入したりという動きがあり、地域のフリースクールの教育活動との質的な差異が見えにくくなっているようにも見えます。勿論、しつけと愛国心によって、怠惰な子どもを管理統制しようという時代錯誤な流れも強まっています。しかし学校という場をつくることが子ども状況を改善していくことなのでしょうか。場があれば運動が安定することは勿論あるでしょう。しかし新たな学校で何をするのでしょう。その中身を論じる声がきこえません。内容が数十年前と変わらないのだとしたら…。

●私は子どもをモラトリアムの部屋から誘い出し、「子どもの現在が充足する学び」を生み出したいと思います。大人社会への子どもの参加学習を作りたい。大人社会が見える学びを作りたいのです。それはときに取材活動であったり、体験活動、表現活動であるでしょう。その運営を家庭とオンラインで取り結び相談し、関心を共にする者が必要に応じて集まり活動する学びのグループ活動を生み出したいのです。

●インターネット資源を活用し、社会に参加の場と講師を求めます。探究成果をフレネが学級文庫つくりをしたように、オンライン上に共有財産として蓄積していきます。時間と空間の制約、情報源の制約、ひとの出会いの制約をテレコムによって超えつつ、「活動としての学び(為すことによって学ぶ)」を組織していこうと思うのです。

●この運動を「湘南オンラインフレネ」と呼びます。気軽に集散できるようにするために「湘南」という地域を設けています。「世話人会」と、「学びのグループ(短期のイベント or 長期のプロジェクト)」、「支援者交流会」をおきますが、その大人の議論は基本的に子どもに対して公開性を取ります。掲示板などを活用し公開します。また運営費はカンパで行い、活動費は実費人数割り負担とします。

●賛同者は是非、ご連絡下さい。世話人会・支援者交流会を作りましょう。


>>>>>>>>>>> いろいろな企画 <>

●ドロノワ倶楽部・子ども専科造形プロジェクト(SOF)
  --- TOTOドロノワ倶楽部の協力で、粘土遊びをします。
    毎月第二水曜日・13:00~15:00 (小学生中心)
    場所:TOTO茅ヶ崎工場内ドロノワ倶楽部
    連絡先:e-mail: tobita@mbm.nifty.com

◎ドロノワ倶楽部・子どもサポートあねもね陶芸ワークショップ
  --- TOTOドロノワ倶楽部の協力で、陶芸を楽しみます。
    (あねもねの企画に合流します。)
    毎月第四水曜日・10:00~15:00 (支援者と混じります)
    場所:TOTO茅ヶ崎工場内ドロノワ倶楽部
    連絡先:TEL: 0467-51-2022 (FAX共通)中西さん
        e-mail: tobita@mbm.nifty.com 飛田まで

☆図書館で話をしよう!!(SOF)
  --- 毎月2回、飛田が図書館談話室でお茶を飲んでいます。
    話題は何でも。学習相談OK

    毎月第1・3週(日程はHPで確認して下さい。)
    藤沢大庭市民図書館   14時~17時 無料
    連絡先:e-mail: tobita@mbm.nifty.com
     湘南オンラインフレネ




***********************************************************

コメント

7/8~14に三井昌志さんの写真展があります

2004-05-30 23:11:16 | フリースクール
湘南オンラインフレネの親HPの「独習教材ヒント集」の中で紹介した三井昌志さんの写真展があります。ちょっとご紹介。

●三井昌志写真展 『アジアの瞳 Pure Smiles~少女たちとの再会~』
会期/2004年7月8日(木)~7月14日(水) am10:00~pm6:00
最終日はpm3:00まで 入場無料 日曜・祝日休館
(※日曜はお休みです。ご注意ください!)
会場/アイデムフォトギャラリー 「シリウス」(新宿御苑)

三井昌志写真展 『アジアの瞳 Pure Smiles~少女たちとの再会~』

AiDEM PHOTO GALLERY SIrius

開館時間
10:00AM~18:00PM
休館日
原則として日・祝
住所
東京都新宿区新宿1-4-10
アイデム新宿御苑ビル2F
TEL:03-3350-1211
FAX:03-3350-1240

交通機関 
A:地下鉄:丸の内線 「新宿御苑前」
大木戸門方面出口 徒歩1分
B:地下鉄:丸の内線 「新宿御苑前」
新宿門方面出口 徒歩2分
---

なんで「フリースクール」か、わかるかなあ…。
コメント

5/26県青少年サポートプラザフォーラムに参加して

2004-05-30 17:06:56 | 不登校
 少し前の話になりますが、5月26日(水)、県の青少年サポートプラザのフォーラムに行ってきました。県下の不登校・引きこもり関連支援団体など70名ほどの交流会だったのですが、見たことのある方ばかり。しかし久々の顔合わせでした。

 センター担当者の呼びかけで、フロアーを神奈川県に見立てて地域別に並んでみたのですが、やはり横浜・川崎に参加者が密集しました。県北・西湘地区はまばらな感じでした。しかし横浜・川崎の北部も予想外に少なかったのは、この集まりが伝わっていない新しい会が多いのか、それともまだ会が生まれていないのか判断がつきませんが、気になります。

 活動歴の長い会が多いことが印象に残っています。そういう僕も会としてのSOFは新しいものの、個人としては中古の部類。フリースペースという居場所作りは欠かすことの出来ない大事な活動だと思いますが、フリースクール的な学びの膨らみは、楠の木学園を除いて元気が無いように見えました。活動チラシを沢山仕込んできましたが、横須賀が元気かなと。まあ野次馬やっていても仕方の無いことですが、湘南もなんとかしたいなあと湘南憧のMさんたちと夕食をご一緒させてもらいながら考えていたのでした。

 SOFは、いえにいる子が「何かを始めてみようかな」と思ったときに、学校の教科の勉強とは違った学びを味わってもらおうというところにひとつの焦点があります。もうひとつはフリースペースの諸企画より、ひと味理屈っぽい筋を単発主義で企画していくところに焦点があります。(もちろん、継続してやってもかまいませんが。)関心のある支援者の方はいらっしゃらないかなあと、きょろきょろしながら竿かついで帰ってきたというところです。(一本釣りじゃありませんね。 (^^; )まあ、ともかく「やろう」主義でいきます。

 これからしょっちゅうお邪魔することになりそうなプラザのリンクです。


青少年サポートプラザ

コメント

『フリースクール白書』完成記念フォーラムに行ってきました

2004-05-23 21:58:15 | 不登校
5/22(土)東京シューレ新宿で行なわれた『フリースクール白書』完成記念フォーラムに参加してきました。

王子の方には以前何回かお邪魔していたのですが、新宿は初めて。1Fフロアーいっぱいの活気にあふれた会でした。

福島・会津の寺子屋方丈舎/東京シューレ/埼玉のりんごの木/東京の僕んち/神戸フリースクール/フリースクール全国ネットワーク

などからの報告や、ちょっとびっくりSSWではなく社事大のと紹介された山下英三郎さんなどの講演をきき、元気をもらって帰ってきました。

東京シューレの奥地圭子さんとは、足の怪我をする前でしたからもう4・5年ご無沙汰していました。前に在籍していた馬込の塾の教員たちとお邪魔していたのです。

修正箇所だらけのリーフレットを渡して、冷や汗をかきつつ挨拶をしてきました。会の話の中で問題が出ていた経費の件、運営費・交通費の問題(SOFは通学型ではないので定期とはいいません。)など、SOFが動き出したらたちまち問題化する件、覚悟してかからねばなりません。しかし、通っているお子さんのアンケートが「楽しい」という感想が圧倒的なのには元気付けられますね。

またお邪魔しようと思っています。

会の詳細は東京シューレのHPの方をご覧下さい。(下記)

東京シューレ
コメント

5/24ぼけっと神奈川の皆さんと鎌倉山へ

2004-05-21 04:34:02 | 就労支援
5/24に「ぼけっと神奈川」の親子グループのみなさんと鎌倉山・広町の森を歩いてきます。

広町の湿地はホタル観察のポイント。湘南モノレール「西鎌倉」から離れていないので、交通の便もまあまあ。少し時期がはやいのでチェックもついでにしてきます。


広町の森地図


SOFの企画はテレコムを使うため中高生向きですが、小学生との接点をどうつくろうかと思案中。(ドロノワ・子ども専科造形Pもそのひとつですが。)

野外企画に参加するたびに、3年前、交通事故で損傷した右足がなんとかならないかといつも考えてしまいます。スポーツクラブのリハを重ねつつ、夏までの見極めをしています。平地なら走れませんが大丈夫なんですがね。

企画者のホトトギスさんとメールで話を煮詰めつつ、今回も平地路からの現地合流となります。

以下、予定です。

●5月24日(月)11時~
==ぼけっと神奈川==
お出かけ企画 鎌倉の里山へ行ってみませんか?
 集 合:JR鎌倉駅東口改札口
 持ち物:お弁当・飲み物・敷物など
 注 意:歩きやすい靴でいらして下さい。
 --- 「広町」から「鎌倉中央公園」に行く
    予定です。
--- 雨天の場合は 5/31(月)に延期します。
   (ここの掲示板でご確認下さい。)
 連絡先:045(842)1467(FAX 兼用)
コメント

茅ヶ崎市市民活動サポートセンターの印刷機

2004-05-19 06:14:55 | 活動理論
会の設立趣意書などと大げさなものではないが、SOFに込められた思いをまとめたリーフレットを作った。背景に取上げたのは時代の価値観の転換の話。だからすべてを言い尽くしているとはいえないしろものだが、大枠は語ったと思っている。数回シリーズ。後日HP版を作る予定。

もうひとつは、当人宛てのチラシ。最後にTOTOドロノワ倶楽部内に入れ物ができた「子ども専科造形プロジェクト」という大仰な名前の粘土遊びテーブルへのお誘い。

しかし、影の力になったものがある。それは市民活動サポートセンターの印刷機だ。紙持込、500枚までで、原版・印刷インク代が1枚100円なのだ。これは助かった。僕は塾をやってきた関係で印刷機とは縁が深い。謄写ファックスという粘性液体インクの印刷機が多かったが、印刷してすぐ紙面に触ると汚れてしまったり、紙ににじんだりした。そこでそれはそれなりのテクを身につけるのだが、センターの印刷機は様子が違って戸惑った。紙面に触っても平気なのだ。裏写りも少ない。

僕が古ぼけたんだなと思いつつ、機能を十分に使わせてもらった。一番の魅力は「両面印刷」が可能なことだ。コンビニの静電コピーは解像度が高いが、裏面をコピーさせてくれない。帯電で紙詰まりが多いからだ。だから値段より、まずこの点が助かった。次が値段。

ここしばらくは、この印刷機のご厄介になる。ただ使用条件がある。利用者は市民活動を目的にして、その内容の印刷をする場合に限られることだ。営業用もダメ。

ここに子どもといっしょに来るようになりたいなあと思いつつ、紙の束を格好よくしごいてみたのだ。誰も見ていないのに、アホである。
コメント

ドロノワ倶楽部・SOF子ども造形プロジェクト

2004-05-13 04:19:30 | フリースクール
昨日は「子どもサポート・あねもね」の定例会、「あねもね陶芸ワークショップ」を任されていました。といっても、当人、一輪挿しの偏心直しに夢中だっただけでしたが。レギュラーの方のお留守番。

しかし、話が少し進展しました。SOFは、第二水曜日の午後に「子ども向き」粘土遊び企画を6月からスタートさせようとしていますが、当人が下手ではしょうもない話なので、あねもねの会で「修行(?)」させてもらっています。

この子ども用にSOFと「あねもね」の両方の時間、一部のテーブル・スペースを提供してもらったのです。ただ、水曜日の昼間という学校に通っている子には使えない時間帯。でも貴重な場ができました。

遊びながら雑談もできます。

そんなこんなで参考テキストを探しています。当座のテキストを決めましたが、なにやら品切れらしい。テキストの表紙を載せました。面白い粘土遊びのテキストがあったらご紹介下さい。
コメント

3倍接写用コンパージョンレンズ購入

2004-05-09 04:48:47 | 不登校
僕は携帯電話のカメラしか、デジカメを持っていない。SH505iS なので、かなり拡大できるが、広角系マクロなので被写体との距離が近すぎ、動物なら逃げてしまう。

そこで接写用のアダプタレンズを携帯電話の先に押し付け、距離をかせぐことにした。SHは設計が悪く、撮影しにくい機種だ。そこにレンズを押し付けながら撮るのだから、なおさらグリップが不安定になる。周囲に「けられ」も出る。

日誌を書くときの撮影に、活躍してくれるだろうか。約2千円也。

会のリーフレットを、地元の小学校教員のみなさんの教材研の場で配布。

県青少年サポートプラザが横浜・紅葉坂にオープン。記念講演会が
5月26日14時半に開かれる。交流会もある。

「こどもの危機をどうみるか」講師:尾木直樹氏

詳細は TEL: 045-241-3131 内3221-3 へ。(要予約)

SOF 代表の伊坂弘氏と打ち合わせ。これから忙しくなる?なってほしい。


コメント

県青少年課にお邪魔して

2004-05-07 05:14:47 | 不登校
オンラインフレネ新設のご挨拶をしてきました。
Mさん、びっくり。(すみません、Mさん)

神奈川交流会のこころみ。なかなか素敵です。
4/30 主だった県の運動体が集まっていた。とか。

今、以前からの会の知り合いのお子さんたちと
会員制の交流を始めています。オンラインフレネ
の実験というところ。気に入ってもらえるといい
んですが。そのうちトピックを紹介しますよ。

コメント

湘南オンラインフレネの日々の話題や出来事を

2004-05-05 04:36:09 | フリースクール
「湘南オンラインフレネ」の日々の話題や出来事を合間を見て書き込んでいきます。正確には日刊とはなりません。ご容赦を。

オンラインフレネは、知的関心のおも向くまま調べたり、表現したりしていきますから、系統性は、あえて問いません。共通の関心を持つ小グループを基本に、ゼミ活動を試みていきます。

集まっては調べ、イベントチームは集散をくり返しますから、あたかも波間を漂うクラゲのようです。そこから学びが育っていくのです。

まずは第一声。今後ともよろしくお願いします。


コメント