湘南オンラインフレネ日誌

フリースクール湘南オンラインフレネの地域学習活動・就労支援活動の実践試行を書き溜めていきます。

4/15 嵐去り…/地元ティーンズの防災木綱教室」実行委作り招請状

2018-04-16 05:32:12 | 地震津波災害ボランティア
2018/04/15 記
--------------
母の嵐騒動は最悪の経過となった。母が出発する時点では、嵐が通り過ぎて、雨が止んだのだ。私が土曜日のイベントを2つ封じて、仕事の訪問指導を変更して行った意味が無くなってしまった。とどめに、近隣駅に車で迎えにいくという母の友人のメールが飛び込み、私は帰宅時、辻堂で母を待てばいいだけのことになった。何をやっているのだろうと、自己嫌悪している。母を送り出し、家に戻り「わーく」の加筆を始めた。

以下は、月曜日から「地元ティーンズの防災出会い教室」の招請状である。賛同者が出るように、説得しつつ配布する。

------ここから-------

★★★災害対策関係者と地元ティーンズの
現場の対話教室を実現しよう!
~今年の夏までに「防災教室」
の実現を~★★★

ティーンズの防災対話を実現する会(仮称)

防災関係者 各位
------------------
熊本地震から2年経ちました。東日本大震災から7年、だいぶ復興の地域差が出てきました。一方、東南海トラフ地震や首都直下型地震の発生が近未来高率発生の予測が出ており、防災対策が急務となりつつも、以前の大地震からの経験が、防災関係者のところに留まって、市民の間まで広がっていない状態に、いわゆる災害ボランティアも停滞しています。災害が起きた時、また一からやり直しということにならないようにしておきたいと考えます。

<防災訓練に加える人材種まき活動を>

 この間、防災活動は、急性期と呼ばれる発災直後から避難所生活までの時期に集中し、それ以降の避難生活についての議論は低調です。過去の大規模地震から分かってきたことは、経験が継承しにくいこと、外部災害ボランティアが去った後の地元活動に落差が生まれていること、防災関係者を除いて被災記憶が風化しやすいことであり、ここに意識的な手を打つ活動がなかったことがあげられます。

~まず地元若手「ティーンズ」に注目しよう~

 被災時、地元の若手の「ティーンズ(中高生等)」は、大人の避難所運営・環境改善活動等の自発的お手伝いを始めています。ところが彼らには、学校単位や、集団行動単位の動員人材としてしか、改めて取り上げて来なかったように思います。発災時、家族の一員として、個人の災害ボランティアの卵として考え、自分がやるべきことを自活的に考え動き出していることを大人はきちんと拾い上げていないように思います。

~防災関係者とティーンズの出会いを実現する地域研修~

 集団行動を身に付けさせる防災研修とともに、若手個々人の、発災時誰とつながればいいか、どこの場に向い何をすればよいか、それをイメージしてもらう「行動の契機作」りの防災教室(指導者公募分科会形式)を開きましょう。「若手キー・パーソン」を、防災リーダーよりも柔らかい、参加イメージ作りの体験学習です。活動の「若手キー・パーソン作り」が主眼。発災時同世代の友人とともに活動をする積極的な子を育てます。

 県立鶴嶺高校の「ボランティア塾」という授業の一貫として、自由公募の独立分科会形式で行われている企画は、授業であるがゆえに学校外に出ることがなかったのですが、市単位で現場にたち、分科会それぞれの場で体験を行うところに独自性があります。この活動を、まずは年1回、そして年数回行う運営実行委員会を作りましょう。まずは夏休み前後に1回「出会いの防災教室」を開きましょう。指導プランを持ち込んで下さい。始めましょう・


   「地元ティーンズ出会い防災教室」運営実行委スタート
 
2018年5月17日(木)18時~19時半
茅ケ崎市民活動サポートセンターにて
問い合わせ先:本ブログ・コメント機能にて 飛田

ぜひ、ご参加下さい。

------ここまで-------

元「思想の科学」(プラグマチスト系月刊誌)の関係者とFBで久々に再会した。車いす生活になっていると聞いて、時の流れを感じる。奥さんが子ども食堂を始めて、手伝っているというので、「地域コミュニティ作り」か「貧困生活保護」策か、どちらの関心で行っているのかと問いかけた。戸惑ったようなので、自然消滅かいなと余計なことを書いたので、怒らせてしまった。生活の痛みを感じていない人の善意は針のような痛みを伴うことに無自覚だ。

夜間傾聴:ふたり(ひとりが酒を飲んでいて、傾聴時は、やめてくれと注文したら怒り出した。今夜は私は山嵐らしい。)

(校正1回目済み)


コメント   この記事についてブログを書く
« 4/14 常総市訪問日程決まる/... | トップ | 4/16 ティーンズ防災教室チラ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

地震津波災害ボランティア」カテゴリの最新記事